帝京大学
長阪 一憲

長阪 一憲 主任教授

所属キャンパス板橋キャンパス

帝京大学 医学部 医学科 板橋キャンパス 臨床医学講座・診療科 産婦人科学講座

連絡先

電話番号

[]

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

【経歴】──────────────────────────────

2020年

帝京大学医学部産婦人科学講座准教授

2017年

帝京大学医学部産婦人科学講座講師 〜2020年

2012年

東京大学医学部附属病院女性診療科・産科・女性外科助教 〜2017年

2008年

国連機関 国際遺伝子工学バイオテクノロジーセンター(The International Centre for Genetic Engineering and Biotechnology: ICGEB Trieste, Italy)腫瘍ウイルス学招聘研究員 〜2010年

【学歴】──────────────────────────────

2008年03月

東京大学大学院医学系研究科生殖・発達・加齢医学専攻

2000年03月

愛媛大学医学部

【受賞】──────────────────────────────

2010年

第26回 国際パピローマウイルス学会 学会賞

2007年

第59回日本産科婦人科学術講演会 優秀演題賞

所属学会

米国癌治療学会議(ASCO)

米国癌研究会議 (AACR)

日本HPV研究会

日本子宮鏡研究会

日本ロボット外科学会

日本人類遺伝学会

日本産婦人科遺伝診療学会

日本家族性腫瘍学会

日本婦人科がん検診学会

国際ヒトパピローマウイルス会議(IPVS)

日本産科婦人科内視鏡学会

日本臨床細胞学会

日本婦人科腫瘍学会

日本癌治療学会

日本癌学会

日本産科婦人科学会

専門分野

ナノテク・材料 ナノバイオサイエンス、ライフサイエンス 腫瘍診断、治療学、ライフサイエンス 産婦人科学、ライフサイエンス 腫瘍診断、治療学

研究テーマ

マイクロ流体力学、がんゲノム医療、ユビキチン・プロテアソーム経路、がん幹細胞、子宮頸がん検診、HPVワクチン、卵巣癌、ヒトパピローマウイルス、シングルセル解析、Obstetrics and Gynecology、MAPK pathway、Cell polarity and Cancer、Biomaker、Proteasome pathway、Cervical cancer prevention、Human papilloma virus、hScrib

教育方法・職務上の実績

情報がありません

著書・論文

学術論文

Machiko Kojima, Kenbun Sone, Katsutoshi Oda, Ryuji Hamamoto, Syuzo Kaneko, Shinya Oki, Asako Kukita, Akira Kawata, Harunori Honjoh, Yoshiko Kawata, Tomoko Kashiyama, Masakazu Sato, Ayumi Taguchi, Yuichiro Miyamoto, Michihiro Tanikawa, Tetsushi Tsurug

The histone methyltransferase SMYD2 is a novel therapeutic target for the induction of apoptosis in ovarian clear cell carcinoma cells.

2020年11月 | Oncology letters 20 5 153-153 

学術論文

Ayumi Taguchi, Kazunori Nagasaka, Charles Plessy, Hiroe Nakamura, Yoshiko Kawata, Sachi Kato, Kosuke Hashimoto, Takeshi Nagamatsu, Katsutoshi Oda, Iwao Kukimoto, Kei Kawana, Piero Carninci, Yutaka Osuga, Tomoyuki Fujii

Use of Cap Analysis Gene Expression to detect human papillomavirus promoter activity patterns at different disease stages.

2020年10月22日 | Scientific reports 10 1 17991-17991 

学術論文

Yoshiko Kawata, Kazunori Nagasaka, Katsutoshi Oda, Chinami Makii, Makoto Takeuchi, Shinya Oki, Harunori Honjo, Machiko Kojima, Yuko Miyagawa, Ayumi Taguchi, Michihiro Tanikawa, Kenbun Sone, Haruko Hiraike, Yoko Matsumoto, Osamu Wada-Hiraike, Takuya A

Effect of MDM2 inhibitors in preclinical models of advanced clear cell carcinomas originating from ovaries and kidneys.

2020年07月25日 | Cancer science  

学術論文

Ranka Kanda, Yuko Miyagawa, Osamu Wada-Hiraike, Haruko Hiraike, Shiho Fukui, Kazunori Nagasaka, Eiji Ryo, Tomoyuki Fujii, Yutaka Osuga, Takuya Ayabe

Rikkunshito attenuates induction of epithelial-mesenchymal switch via activation of Sirtuin1 in ovarian cancer cells.

2020年04月28日 | Endocrine journal 67 4 379-386 

学術論文

Makoto Takeuchi, Michihiro Tanikawa, Kazunori Nagasaka, Katsutoshi Oda, Yoshiko Kawata, Shinya Oki, Chuwa Agapiti, Kenbun Sone, Yuko Miyagawa, Haruko Hiraike, Osamu Wada-Hiraike, Hiroyuki Kuramoto, Takuya Ayabe, Yutaka Osuga, Tomoyuki Fujii

Anti-Tumor Effect of Inhibition of DNA Damage Response Proteins, ATM and ATR, in Endometrial Cancer Cells.

2019年12月01日 | Cancers 11 12  

学術論文

Chinami Makii, Yuji Ikeda, Katsutoshi Oda, Yuriko Uehara, Akira Nishijima, Takahiro Koso, Yoshiko Kawata, Tomoko Kashiyama, Aki Miyasaka, Kenbun Sone, Michihiro Tanikawa, Tetsushi Tsuruga, Mayuyo Mori-Uchino, Kazunori Nagasaka, Yoko Matsumoto, Osamu

Anti-tumor activity of dual inhibition of phosphatidylinositol 3-kinase and MDM2 against clear cell ovarian carcinoma.

2019年11月 | Gynecologic oncology 155 2 331-339 

学術論文

Fukui S, Nagasaka K, Miyagawa Y, Kikuchi-Koike R, Kawata Y, Kanda R, Ichinose T, Sugihara T, Hiraike H, Wada-Hiraike O, Sasajima Y, Ayabe T

The proteasome deubiquitinase inhibitor bAP15 downregulates TGF-β/Smad signaling and induces apoptosis via UCHL5 inhibition in ovarian cancer.

2019年10月15日 | Oncotarget 10 57 5932-5948 

学術論文

Makoto Takeuchi, Kazunori Nagasaka, Mina Yoshida, Yoshiko Kawata, Yuko Miyagawa, Saori Tago, Haruko Hiraike, Osamu Wada-Hiraike, Katsutoshi Oda, Yutaka Osuga, Tomoyuki Fujii, Takuya Ayabe, Soo Hyeon Kim, Teruo Fujii

On-chip immunofluorescence analysis of single cervical cells using an electroactive microwell array with barrier for cervical screening.

2019年07月 | Biomicrofluidics 13 4 044107-044107 

学術論文

Ryoko Kikuchi-Koike, Kazunori Nagasaka, Hitoshi Tsuda, Yasuyuki Ishii, Masaru Sakamoto, Yoshihiro Kikuchi, Shiho Fukui, Yuko Miyagawa, Haruko Hiraike, Takayuki Kobayashi, Takayuki Kinoshita, Yae Kanai, Tatsuhiro Shibata, Issei Imoto, Johji Inazawa, O

Array comparative genomic hybridization analysis discloses chromosome copy number alterations as indicators of patient outcome in lymph node-negative breast cancer.

2019年05月30日 | BMC cancer 19 1 521-521 

学術論文

Asako Kukita, Kenbun Sone, Katsutoshi Oda, Ryuji Hamamoto, Syuzo Kaneko, Masaaki Komatsu, Miku Wada, Harunori Honjoh, Yoshiko Kawata, Machiko Kojima, Shinya Oki, Masakazu Sato, Kayo Asada, Ayumi Taguchi, Aki Miyasaka, Michihiro Tanikawa, Kazunori Nag

Histone methyltransferase SMYD2 selective inhibitor LLY-507 in combination with poly ADP ribose polymerase inhibitor has therapeutic potential against high-grade serous ovarian carcinomas.

2019年05月28日 | Biochemical and biophysical research communications 513 2 340-346 

学術論文

Machiko Kojima, Kenbun Sone, Katsutoshi Oda, Ryuji Hamamoto, Syuzo Kaneko, Shinya Oki, Asako Kukita, Hidenori Machino, Harunori Honjoh, Yoshiko Kawata, Tomoko Kashiyama, Kayo Asada, Michihiro Tanikawa, Mayuyo Mori-Uchino, Tetsushi Tsuruga, Kazunori N

The histone methyltransferase WHSC1 is regulated by EZH2 and is important for ovarian clear cell carcinoma cell proliferation.

2019年05月15日 | BMC cancer 19 1 455-455 

学術論文

Katsumi Kozasa, Seiji Mabuchi, Yuri Matsumoto, Hiromasa Kuroda, Eriko Yokoi, Naoko Komura, Mahiru Kawano, Ryoko Takahashi, Tomoyuki Sasano, Kotaro Shimura, Michiko Kodama, Kae Hashimoto, Kenjiro Sawada, Kazunori Nagasaka, Tadashi Kimura

Estrogen stimulates female cancer progression by inducing myeloid-derived suppressive cells: investigations on pregnant and non-pregnant experimental models.

2019年03月08日 | Oncotarget 10 20 1887-1902 

学術論文

Usefulness of cell-free and concentrated ascites reinfusion therapy in the therapeutic management of advanced ovarian cancer patients with massive ascites

2018年11月 | International Journal of Clinical Oncology  

学術論文

Chuwa AH, Sone K, Oda K, Tanikawa M, Kukita A, Kojima M, Oki S, Fukuda T, Takeuchi M, Miyasaka A, Kashiyama T, Ikeda Y, Nagasaka K, Mori-Uchino M, Fujii T

Kaempferol, a natural dietary flavonoid, suppresses 17β-estradiol-induced survivin expression and causes apoptotic cell death in endometrial cancer.

2018年11月 | Oncology letters 16 5 6195-6201 

学術論文

Ranka Kanda, Haruko Hiraike, Osamu Wada-Hiraike, Takayuki Ichinose, Kazunori Nagasaka, Yuko Sasajima, Eiji Ryo, Tomoyuki Fujii, Yutaka Osuga, Takuya Ayabe

Expression of the glucagon-like peptide-1 receptor and its role in regulating autophagy in endometrial cancer.

2018年06月15日 | BMC cancer 18 1 657-657 

学術論文

Marie Sato, Ayumi Taguchi, Yamato Fukui, Akira Kawata, Satoru Taguchi, Tomoko Kashiyama, Satoko Eguchi, Tomoko Inoue, Kensuke Tomio, Michihiro Tanikawa, Kenbun Sone, Mayuyo Mori, Kazunori Nagasaka, Katsuyuki Adachi, Masako Ikemura, Yukako Domoto, Tak

Blood Vessel Invasion Is a Strong Predictor of Postoperative Recurrence in Endometrial Cancer.

2018年06月 | International journal of gynecological cancer : official journal of the International Gynecological Cancer Society 28 5 875-881 

学術論文

K. Nagasaka, Y. Matsumoto, K. Oda, M. Maruyama, M. Ikemura, T. Arimoto, K. Kawana, M. Fukayama, Y. Osuga, T. Fujii, Gynecologic Oncology Group, Endoscopic Surgery Group

Role of concurrent transcervical resection and curettage (TCR+C) in detecting endometrial cancer

2018年 | S.O.G. CANADA Inc. European Journal of Gynaecological Oncology 39 2 265-270 

学術論文

Yamato Fukui, Ayumi Taguchi, Katsuyuki Adachi, Marie Sato, Akira Kawata, Michihiro Tanikawa, Kenbun Sone, Mayuyo Mori, Kazunori Nagasaka, Yoko Matsumoto, Takahide Arimoto, Katsutoshi Oda, Yutaka Osuga, Tomoyuki Fujii

Polycystic Ovarian Morphology may be a Positive Prognostic Factor in Patients with Endometrial Cancer who Achieved Complete Remission after Fertility-Sparing Therapy with Progestin

2017年11月26日 | Asian Pacific journal of cancer prevention : APJCP 18 11 3111-3116 

学術論文

Shinya Oki, Kenbun Sone, Katsutoshi Oda, Ryuji Hamamoto, Masako Ikemura, Daichi Maeda, Makoto Takeuchi, Michihiro Tanikawa, Mayuyo Mori-Uchino, Kazunori Nagasaka, Aki Miyasaka, Tomoko Kashiyama, Yuji Ikeda, Takahide Arimoto, Hiroyuki Kuramoto, Osamu

Oncogenic histone methyltransferase EZH2: A novel prognostic marker with therapeutic potential in endometrial cancer.

2017年06月20日 | Impact Journals, {LLC} Oncotarget 8 25 40402-40411 

学術論文

Hiroe Nakamura, Kazunori Nagasaka, Kei Kawana, Ayumi Taguchi, Yuriko Uehara, Mitsuyo Yoshida, Masakazu Sato, Haruka Nishida, Asaha Fujimoto, Tomoko Inoue, Katsuyuki Adachi, Takeshi Nagamatsu, Takahide Arimoto, Katsutoshi Oda, Yutaka Osuga, Tomoyuki F

Expression of Par3 polarity protein correlates with poor prognosis in ovarian cancer

2016年11月17日 | BioMed Central Ltd. BMC Cancer 16 1  

学術論文

Kensuke Suzuki, Kazunori Nagasaka, Katsutoshi Oda, Hiroyuki Abe, Daichi Maeda, Yoko Matsumoto, Takahide Arimoto, Kei Kawana, Masashi Fukayama, Yutaka Osuga, Tomoyuki Fujii

A case of lymphangioleiomyomatosis associated with endometrial cancer and severe systemic lupus erythematosus

2016年07月 | BIOMED CENTRAL LTD BMC CANCER 16 1 390 

学術論文

Yoko Matsumoto, Yuichiro Miyamoto, Horacio Cabral, Yu Matsumoto, Kazunori Nagasaka, Shunsuke Nakagawa, Tetsu Yano, Daichi Maeda, Katsutoshi Oda, Kei Kawana, Nobuhiro Nishiyama, Kazunori Kataoka, Tomoyuki Fujii

Enhanced efficacy against cervical carcinomas through polymeric micelles physically incorporating the proteasome inhibitor MG132.

2016年06月 | WILEY Cancer science 107 6 773-81 

学術論文

Katsutoshi Oda, Kaori Koga, Tetsuya Hirata, Masanori Maruyama, Masako Ikemura, Yoko Matsumoto, Kazunori Nagasaka, Katsuyuki Adachi, Mayuyo Mori-Uchino, Kenbun Sone, Takahide Arimoto, Osamu Wada-Hiraike, Kei Kawana, Masashi Fukayama, Tomoyuki Fujii, Y

Risk of endometrial cancer in patients with a preoperative diagnosis of atypical endometrial hyperplasia treated with total laparoscopic hysterectomy

2016年05月01日 | Elsevier B.V. Gynecology and Minimally Invasive Therapy 5 2 69-73 

学術論文

Tetsushi Tsuruga, Asaha Fujimoto, Kei Kawana, Mayuyo Mori, Yoko Hasumi, Nao Kino, Kensuke Tomio, Shiho Miura, Michihiro Tanikawa, Kenbun Sone, Yuichiro Miyamoto, Yuji Ikeda, Satoko Kojima, Katsuyuki Adachi, Kazunori Nagasaka, Yoko Matsumoto, Takahide

Radical hysterectomy with or without para-aortic lymphadenectomy for patients with stage IB2, IIA2, and IIB cervical cancer: outcomes for a series of 308 patients

2016年04月 | SPRINGER JAPAN KK INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY 21 2 359-366 

学術論文

Masakazu Sato, Miyuki Harada, Hajime Oishi, Osamu Wada-Hiraike, Tetsuya Hirata, Kazunori Nagasaka, Kaori Koga, Tomoyuki Fujii, Yutaka Osuga

Vaginal Stenosis After Gonadotropin-Releasing Hormone Agonist Therapy During Treatment for Acute Lymphoblastic Leukemia

2016年04月 | LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS JOURNAL OF LOWER GENITAL TRACT DISEASE 20 2 e11-e13 

学術論文

Sato M, Arimoto T, Kawana K, Miyamoto Y, Ikeda Y, Tomio K, Tanikawa M, Sone K, Mori-Uchino M, Tsuruga T, Nagasaka K, Adachi K, Matsumoto Y, Oda K, Osuga Y, Fujii T, Molecular, clinical oncology

Measurement of endometrial thickness by transvaginal ultrasonography to predict pathological response to medroxyprogesterone acetate in patients with grade 1 endometrioid adenocarcinoma.

2016年04月 | 4 4 492-496 

学術論文

Shogo Tajima, Akihiro Kawabe, Kazunori Nagasaka, Katsutoshi Oda, Kei Kawana, Masashi Fukayama

A Case of Successful Detection of Disseminated Gastrointestinal Stromal Tumors by Ascites Smear Cytology Using Cell Block Preparation With DOG1 Immunostaining

2016年02月 | WILEY-BLACKWELL DIAGNOSTIC CYTOPATHOLOGY 44 2 137-140 

学術論文

Masakazu Sato, Kei Kawana, Asaha Fujimoto, Mitsuyo Yoshida, Hiroe Nakamura, Haruka Nishida, Tomoko Inoue, Ayumi Taguchi, Juri Takahashi, Katsuyuki Adachi, Kazunori Nagasaka, Yoko Matsumoto, Osamu Wada-Hiraike, Katsutoshi Oda, Yutaka Osuga, Tomoyuki F

Clinical significance of Gremlin 1 in cervical cancer and its effects on cancer stem cell maintenance

2016年01月 | SPANDIDOS PUBL LTD ONCOLOGY REPORTS 35 1 391-397 

学術論文

Hitomi Furuya, Ayumi Taguchi, Kei Kawana, Aki Yamashita, Eri Inoue, Mitsuyo Yoshida, Hiroe Nakamura, Asaha Fujimoto, Tomoko Inoue, Masakazu Sato, Haruka Nishida, Kazunori Nagasaka, Katsuyuki Adachi, Mari Hoya, Takeshi Nagamatsu, Osamu Wada-Hiraike, T

Resveratrol Protects Against Pathological Preterm Birth by Suppression of Macrophage-Mediated Inflammation

2015年12月 | SAGE PUBLICATIONS INC REPRODUCTIVE SCIENCES 22 12 1561-1568 

学術論文

Takahide Arimoto, Kei Kawana, Katsuyuki Adachi, Yuji Ikeda, Kazunori Nagasaka, Tetsushi Tsuruga, Aki Yamashita, Katsutoshi Oda, Mitsuya Ishikawa, Takahiro Kasamatsu, Takashi Onda, Ikuo Konishi, Hiroyuki Yoshikawa, Nobuo Yaegashi

Minimization of curative surgery for treatment of early cervical cancer: a review

2015年07月 | OXFORD UNIV PRESS JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY 45 7 611-616 

学術論文

Kazunori Nagasaka, Kei Kawana, Kensuke Tomio, Tetsushi Tsuruga, Mayuyo Mori-Uchino, Shiho Miura, Michihiro Tanikawa, Yuichiro Miyamoto, Yuji Ikeda, Kenbun Sone, Katsuyuki Adachi, Yoko Matsumoto, Takahide Arimoto, Katsutoshi Oda, Yutaka Osuga, Tomoyuk

Positive peritoneal cytology at interval surgery is a poor prognostic factor in patients with stage T3c advanced ovarian carcinoma: A retrospective study

2015年05月 | WILEY-BLACKWELL JOURNAL OF OBSTETRICS AND GYNAECOLOGY RESEARCH 41 5 755-762 

学術論文

Seiki T, Nagasaka K, Kranjec C, Kawana K, Maeda D, Nakamura H, Taguchi A, Matsumoto Y, Arimoto T, Wada-Hiraike O, Oda K, Nakagawa S, Yano T, Fukayama M, Banks L, Osuga Y, Fujii T, BMC cancer

HPV-16 impairs the subcellular distribution and levels of expression of protein phosphatase 1γ in cervical malignancy.

2015年04月 | 15 230 

学術論文

Ayumi Taguchi, Kazunori Nagasaka, Kei Kawana, Kosuke Hashimoto, Rika Kusumoto-Matsuo, Charles Plessy, Miranda Thomas, Hiroe Nakamura, Alessandro Bonetti, Katsutoshi Oda, Iwao Kukimoto, Piero Carninci, Lawrence Banks, Yutaka Osuga, Tomoyuki Fujii

Characterization of Novel Transcripts of Human Papillomavirus Type 16 Using Cap Analysis Gene Expression Technology

2015年02月 | AMER SOC MICROBIOLOGY JOURNAL OF VIROLOGY 89 4 2448-2452 

学術論文

Azuma, Y, Kusumoto-Matsuo, R, Takeuchi, F, Uenoyama, A, Kondo, K, Tsunoda, H, Nagasaka, K, Kawana, K, Morisada, T, Iwata, T, Aoki, D, Kukimoto, I

Human papillomavirus genotype distribution in cervical intraepithelial neoplasia grade 2/3 and invasive cervical cancer in Japanese women

2014年10月 | Jpn J Clin Oncol 44 10 910-7 

学術論文

Kei Kawana, Katsuyuki Adachi, Satoko Kojima, Ayumi Taguchi, Kensuke Tomio, Aki Yamashita, Haruka Nishida, Kazunori Nagasaka, Takahide Arimoto, Terufumi Yokoyama, Osamu Wada-Hiraike, Katsutoshi Oda, Tomomitsu Sewaki, Yutaka Osuga, Tomoyuki Fujii

Oral vaccination against HPV E7 for treatment of cervical intraepithelial neoplasia grade 3 (CIN3) elicits E7-specific mucosal immunity in the cervix of CIN3 patients

2014年10月 | ELSEVIER SCI LTD VACCINE 32 47 6233-6239 

学術論文

Yukari Azuma, Rika Kusumoto-Matsuo, Fumihiko Takeuchi, Asami Uenoyama, Kazunari Kondo, Hajime Tsunoda, Kazunori Nagasaka, Kei Kawana, Tohru Morisada, Takashi Iwata, Daisuke Aoki, Iwao Kukimoto

Human Papillomavirus Genotype Distribution in Cervical Intraepithelial Neoplasia Grade 2/3 and Invasive Cervical Cancer in Japanese Women

2014年10月 | OXFORD UNIV PRESS JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY 44 10 910-917 

学術論文

Aki Miyasaka, Katsutoshi Oda, Yuji Ikeda, Osamu Wada-Hiraike, Tomoko Kashiyama, Atsushi Enomoto, Noriko Hosoya, Takahiro Koso, Tomohiko Fukuda, Kanako Inaba, Kenbun Sone, Yuriko Uehara, Reiko Kurikawa, Kazunori Nagasaka, Yoko Matsumoto, Takahide Arim

Anti-tumor activity of olaparib, a poly (ADP-ribose) polymerase (PARP) inhibitor, in cultured endometrial carcinoma cells

2014年03月 | BIOMED CENTRAL LTD BMC CANCER 14 179 

学術論文

Ayumi Taguchi, Kei Kawana, Kensuke Tomio, Aki Yamashita, Yosuke Isobe, Kazunori Nagasaka, Kaori Koga, Tomoko Inoue, Haruka Nishida, Satoko Kojima, Katsuyuki Adachi, Yoko Matsumoto, Takahide Arimoto, Osamu Wada-Hiraike, Katsutoshi Oda, Jing X. Kang, H

Matrix Metalloproteinase (MMP)-9 in Cancer-Associated Fibroblasts (CAFs) Is Suppressed by Omega-3 Polyunsaturated Fatty Acids In Vitro and In Vivo

2014年02月 | PUBLIC LIBRARY SCIENCE PLOS ONE 9 2 e89605 

学術論文

Kanako Inaba, Kazunori Nagasaka, Kei Kawana, Takahide Arimoto, Yoko Matsumoto, Tetsushi Tsuruga, Mayuyo Mori-Uchino, Shiho Miura, Kenbun Sone, Katsutoshi Oda, Shunsuke Nakagawa, Tetsu Yano, Shiro Kozuma, Tomoyuki Fujii

High-risk human papillomavirus correlates with recurrence after laser ablation for treatment of patients with cervical intraepithelial neoplasia 3: A long-term follow-up retrospective study

2014年02月 | WILEY-BLACKWELL JOURNAL OF OBSTETRICS AND GYNAECOLOGY RESEARCH 40 2 554-560 

学術論文

Aki Yamashita, Kei Kawana, Kensuke Tomio, Ayumi Taguchi, Yosuke Isobe, Ryo Iwamoto, Koji Masuda, Hitomi Furuya, Takeshi Nagamatsu, Kazunori Nagasaka, Takahide Arimoto, Katsutoshi Oda, Osamu Wada-Hiraike, Takahiro Yamashita, Yuji Taketani, Jing X. Kan

Increased tissue levels of omega-3 polyunsaturated fatty acids prevents pathological preterm birth

2013年11月 | NATURE PUBLISHING GROUP SCIENTIFIC REPORTS 3 3113 

学術論文

Yuji Ikeda, Katsutoshi Oda, Osamu Hiraike-Wada, Takahiro Koso, Aki Miyasaka, Tomoko Kashiyama, Michihiro Tanikawa, Kenbun Sone, Kazunori Nagasaka, Daichi Maeda, Kei Kawana, Shunsuke Nakagawa, Masashi Fukayama, Osamu Tetsu, Tomoyuki Fujii, Tetsu Yano,

Cyclin D1 harboring the T286I mutation promotes oncogenic activation in endometrial cancer.

2013年08月 | Oncology reports 30 2 584-8 

学術論文

Satoko Kojima, Kei Kawana, Kensuke Tomio, Aki Yamashita, Ayumi Taguchi, Shiho Miura, Katsuyuki Adachi, Takeshi Nagamatsu, Kazunori Nagasaka, Yoko Matsumoto, Takahide Arimoto, Katsutoshi Oda, Osamu Wada-Hiraike, Tetsu Yano, Yuji Taketani, Tomoyuki Fuj

The prevalence of cervical regulatory T cells in HPV-related cervical intraepithelial neoplasia (CIN) correlates inversely with spontaneous regression of CIN.

2013年02月 | American journal of reproductive immunology (New York, N.Y. : 1989) 69 2 134-41 

学術論文

Nagasaka K, Seiki T, Yamashita A, Massimi P, Subbaiah VK, Thomas M, Kranjec C, Kawana K, Nakagawa S, Yano T, Taketani Y, Fujii T, Kozuma S, Banks L, PloS one

A novel interaction between hScrib and PP1γ downregulates ERK signaling and suppresses oncogene-induced cell transformation.

2013年01月30日 | 8 1 e53752 

学術論文

Yuichiro Miyamoto, Shunsuke Nakagawa, Osamu Wada-Hiraike, Takayuki Seiki, Michihiro Tanikawa, Haruko Hiraike, Kenbun Sone, Kazunori Nagasaka, Katsutoshi Oda, Kei Kawana, Keiichi Nakagawa, Tomoyuki Fujii, Tetsu Yano, Shiro Kozuma, Yuji Taketani

Sequential effects of the proteasome inhibitor bortezomib and chemotherapeutic agents in uterine cervical cancer cell lines

2013年01月 | SPANDIDOS PUBL LTD ONCOLOGY REPORTS 29 1 51-57 

学術論文

Kazunori Nagasaka, Kei Kawana, Yutaka Osuga, Tomoyuki Fujii

PDZ domains and viral infection: versatile potentials of HPV-PDZ interactions in relation to malignancy.

2013年 | Hindawi Publishing Corporation BioMed research international 2013 369712-369712 

学術論文

Kazunori Nagasaka, Shunsuke Nakagawa, Tetsu Yano, Yuji Taketani, Lawrence Banks

The mechanisms behind human papillomavirus-associated cancer: the role of PDZ recognition in malignant progression

2011年06月 | FUTURE MEDICINE LTD FUTURE VIROLOGY 6 6 675-677 

学術論文

M. Tanikawa, O. Wada-Hiraike, S. Nakagawa, A. Shirane, H. Hiraike, S. Koyama, Y. Miyamoto, K. Sone, T. Tsuruga, K. Nagasaka, Y. Matsumoto, Y. Ikeda, K. Shoji, K. Oda, H. Fukuhara, K. Nakagawa, S. Kato, T. Yano, Y. Taketani

Multifunctional transcription factor TFII-I is an activator of BRCA1 function

2011年04月 | NATURE PUBLISHING GROUP BRITISH JOURNAL OF CANCER 104 8 1349-1355 

学術論文

Miranda Thomas, Christian Kranjec, Kazunori Nagasaka, Greg Matlashewski, Lawrence Banks

Analysis of the PDZ binding specificities of Influenza A Virus NS1 proteins

2011年01月 | BIOMED CENTRAL LTD VIROLOGY JOURNAL 8 25 

学術論文

K Nagasaka, D Pim, P Massimi, M Thomas, V Tomaić, V K Subbaiah, C Kranjec, S Nakagawa, T Yano, Y Taketani, M Myers, L Banks

The cell polarity regulator hScrib controls ERK activation through a KIM site-dependent interaction.

2010年09月23日 | Oncogene 29 38 5311-21 

学術論文

H. Hiraike, O. Wada-Hiraike, S. Nakagawa, S. Koyama, Y. Miyamoto, K. Sone, M. Tanikawa, T. Tsuruga, K. Nagasaka, Y. Matsumoto, K. Oda, K. Shoji, H. Fukuhara, S. Saji, K. Nakagawa, S. Kato, T. Yano, Y. Taketani

Identification of DBC1 as a transcriptional repressor for BRCA1

2010年03月 | NATURE PUBLISHING GROUP BRITISH JOURNAL OF CANCER 102 6 1061-1067 

学術論文

Kazunori Nagasaka, Paola Massimi, David Pim, Vanitha Krishna Subbaiah, Christian Kranjec, Shunsuke Nakagawa, Tetsu Yano, Yuji Taketani, Lawrence Banks

The mechanisms and implications of hScrib regulation of ERK

2010年 | Taylor and Francis Inc. Small GTPases 1 2 108-112 

学術論文

M Thomas, N Narayan, D Pim, V Tomaić, P Massimi, K Nagasaka, C Kranjec, N Gammoh, L Banks

Human papillomaviruses, cervical cancer and cell polarity.

2008年11月24日 | Oncogene 27 55 7018-30 

学術論文

Kenbun Sone, Shunsuke Nakagawa, Keiichi Nakagawa, Shin Takizawa, Yoko Matsumoto, Kazunori Nagasaka, Tetsushi Tsuruga, Haruko Hiraike, Osamu Hiraike-Wada, Yuichiro Miyamoto, Katsutoshi Oda, Toshiharu Yasugi, Koji Kugu, Tetsu Yano, Yuji Taketani

hScrib, a human homologue of Drosophila neoplastic tumor suppressor, is a novel death substrate targeted by caspase during the process of apoptosis

2008年07月 | BLACKWELL PUBLISHING GENES TO CELLS 13 7 771-785 

学術論文

Tetsushi Tsuruga, Shunsuke Nakagawa, Michiko Watanabe, Shin Takizawa, Yoko Matsumoto, Kazunofi Nagasaka, Kenbun Sone, Haruko Hiraike, Yuichiro Miyamoto, Osamu Hiraike, Takeo Minaguchi, Katsutoshi Oda, Toshiharu Yasugi, Tetsu Yano, Yuji Taketani

Loss of Hugl-1 expression associates with lymph node metastasis in endometrial cancer

2007年 | COGNIZANT COMMUNICATION CORP ONCOLOGY RESEARCH 16 9 431-435 

学術論文

Kazunori Nagasaka, Shunsuke Nakagawa, Tetsu Yano, Shin Takizawa, Yoko Matsumoto, Tetsushi Tsuruga, Keiichi Nakagawa, Takeo Minaguchi, Katsutoshi Oda, Osamu Hiraike-Wada, Hajime Ooishi, Toshiharu Yasugi, Yuji Taketani

Human homolog of Drosophila tumor suppressor Scribble negatively regulates cell-cycle progression from G1 to S phase by localizing at the basolateral membrane in epithelial cells

2006年11月 | BLACKWELL PUBLISHING CANCER SCIENCE 97 11 1217-1225 

学術論文

Y Matsumoto, S Nakagawa, T Yano, S Takizawa, K Nagasaka, K Nakagawa, T Minaguchi, O Wada, H Ooshi, K Matsumoto, T Yasugi, T Kanda, JM Huibregtse, Y Taketani

Involvement of a cellular ubiquitin-protein ligase E6AP in the ubiquitin-mediated degradation of extensive substrates of high-risk human papillomavirus E6

2006年04月 | WILEY-LISS JOURNAL OF MEDICAL VIROLOGY 78 4 501-507 

学術論文

S Takizawa, K Nagasaka, S Nakagawa, T Yano, K Nakagawa, T Yasugi, T Takeuchi, T Kanda, JM Huibregtse, T Akiyama, Y Taketani

Human scribble, a novel tumor suppressor identified as a target of high-risk HPV E6 for ubiquitin-mediated degradation, interacts with adenomatous polyposis coli

2006年04月 | BLACKWELL PUBLISHING GENES TO CELLS 11 4 453-464 

学術論文

K Nagasaka, S Hojo, K Sakamoto, S Kakinoki, M Moriy, K Takizawa

Primary undifferentiated carcinoma arising from the retroperitoneum: a case report

2005年11月 | BLACKWELL PUBLISHING INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER 15 6 1108-1111 

学術論文

O Wada-Hiraike, T Yano, T Nei, Y Matsumoto, K Nagasaka, S Takizawa, H Oishi, T Arimoto, S Nakagawa, T Yasugi, S Kato, Y Taketani

The DNA mismatch repair gene hMSH2 is a potent coactivator of oestrogen receptor alpha

2005年06月 | NATURE PUBLISHING GROUP BRITISH JOURNAL OF CANCER 92 12 2286-2291 

学術論文

笹島 ゆう子

Detection of a single HPV RNA molecule in stratified mucin-producing intraepithelial lesion (SMILE) with concurrent cervical intraepithelial lesion : Acase report

| Virology Journal  

その他

飯村 直子, 長阪 一憲, 生井 重成, 比嘉 貴子, 瀬戸 理玄, 神田 蘭香, 杉原 武, 松本 泰弘, 木戸 浩一郎, 梁 栄治, 綾部 琢哉

採卵後の子宮内膜症性嚢胞に膿瘍ができた1例

2020年01月 | (一社)東京産科婦人科学会 東京産科婦人科学会会誌 69 1 49-53 

その他

生井 重成, 長阪 一憲, 中川 一平, 神田 蘭香, 杉原 武, 平池 春子, 松本 泰弘, 司馬 正浩, 梁 栄治, 綾部 琢哉, 笹島 ゆう子

オラパリブ維持療法が奏効した3レジメンの化学療法歴がある高齢者の再発卵巣癌の1例

2019年10月 | (一社)東京産科婦人科学会 東京産科婦人科学会会誌 68 4 653-659 

その他

小野寺 貴子, 瀬戸 理玄, 西澤 美紀, 櫻井 理奈, 生井 重成, 平池 春子, 松本 泰弘, 長阪 一憲, 司馬 正浩, 笹森 幸文, 木戸 浩一郎, 梁 栄治, 綾部 琢哉

小脳虫部低形成疑いで発見され、生後8ヵ月から次第に増大し手術治療を要したくも膜嚢胞の1例

2019年10月 | (一社)東京産科婦人科学会 東京産科婦人科学会会誌 68 4 728-733 

その他

藤井 美佐子, 比嘉 貴子, 橋本 啓, 飯村 直子, 神田 蘭香, 瀬戸 理玄, 杉原 武, 長阪 一憲, 梁 栄治, 綾部 琢哉

OHVIRA症候群が疑われた2例

2019年09月 | (一社)関東連合産科婦人科学会 関東連合産科婦人科学会誌 56 3 434-434 

その他

稲葉 洋文, 谷川 道洋, 日下部 美佐子, 水野 祥, 本城 晴紀, 川田 淑子, 曾根 献文, 長阪 一憲, 松本 陽子, 平池 修, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行

OncogenicなmRNAプロセッシング因子はDNA損傷修復経路を通してゲノム安定性を促進する(Oncogenic mRNA processing factor promotes genome stability through DNA damage repair pathway)

2019年09月 | 日本癌学会 日本癌学会総会記事 78回 E-3077 

その他

比嘉 貴子, 長阪 一憲, 飯村 直子, 瀬戸 理玄, 中川 一平, 神田 蘭香, 杉原 武, 平池 春子, 綾部 琢哉

当科で施行した日帰り細径硬性子宮鏡(BETOCCHIヒステロスコープ)手術症例に対する後方視的検討

2019年08月 | (一社)日本産科婦人科内視鏡学会 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 35 Suppl.I 212-212 

その他

福井 志保, 長阪 一憲, 宮川 優子, 川田 淑子, 小池 良子, 神田 蘭香, 杉原 武, 平池 春子, 平池 修, 笹島 ゆう子, 梁 栄治, 綾部 琢哉

卵巣明細胞癌におけるUCHL5の発現と予後についての検討

2019年06月 | (公社)日本婦人科腫瘍学会 日本婦人科腫瘍学会雑誌 37 3 454-454 

その他

神田 蘭香, 長阪 一憲, 比嘉 貴子, 飯村 直子, 瀬戸 理玄, 福井 志保, 杉原 武, 平池 春子, 梁 栄治, 綾部 琢哉

当院における子宮頸癌IVB期15例の治療内容と予後について

2019年06月 | (公社)日本婦人科腫瘍学会 日本婦人科腫瘍学会雑誌 37 3 477-477 

その他

杉原 武, 長阪 一憲, 比嘉 貴子, 飯村 直子, 神田 蘭香, 瀬戸 理玄, 福井 志保, 平池 春子, 梁 栄治, 綾部 琢哉

当院における横隔膜播種を認めた卵巣癌、腹膜癌23例の後方視的検討

2019年06月 | (公社)日本婦人科腫瘍学会 日本婦人科腫瘍学会雑誌 37 3 535-535 

その他

森田 政義, 木戸 浩一郎, 瀬戸 理玄, 櫻井 理奈, 生井 重成, 長阪 一憲, 松本 泰弘, 司馬 正浩, 笹森 幸文, 梁 栄治, 綾部 琢哉

卵子提供(ED)による生殖補助医療(ART)にて出生した軟骨無形成症(ACH)の1例

2019年04月 | (一社)東京産科婦人科学会 東京産科婦人科学会会誌 68 2 254-259 

その他

飯村 直子, 長阪 一憲, 杉原 武, 西澤 美紀, 瀬戸 理玄, 神田 蘭香, 福井 志保, 一瀬 隆行, 平池 春子, 松本 泰弘, 梁 栄治, 綾部 琢哉

プラチナ製剤抵抗性再発卵巣癌に対するトポテカン塩酸塩・ベバシズマブ併用化学療法の有効性および有害事象についての検討

2019年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 71 臨増 S-345 

その他

杉原 武, 梁 栄治, 飯村 直子, 瀬戸 理玄, 神田 蘭香, 福井 志保, 平池 春子, 松本 泰弘, 長阪 一憲, 綾部 琢哉, 喜多 恒和, 杉浦 敦

子宮体癌根治術において術中超音波検査により傍大動脈リンパ節郭清を省略した患者の予後

2019年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 71 臨増 S-427 

その他

橋本 啓, 長阪 一憲, 杉原 武, 神田 蘭香, 福井 志保, 一瀬 隆行, 平池 春子, 松本 泰弘, 竹下 茂樹, 笹島 ゆう子, 梁 栄治, 綾部 琢哉

当科で施行した子宮頸部病変に対する多部位周状生検併用レーザー蒸散術の検討

2019年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 71 臨増 S-443 

その他

瀬戸 理玄, 梁 栄治, 木戸 浩一郎, 生井 重成, 櫻井 理奈, 杉原 武, 平池 春子, 長阪 一憲, 松本 泰弘, 司馬 正浩, 笹森 幸文, 綾部 琢哉

出生前に血管輪・右大動脈弓・胆嚢拡大を認め生後ルビンシュタイン・テイビ症候群(Rubinstein-Taybi syndrome;RTS)と判明した1例

2019年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 71 臨増 S-567 

その他

橋本 啓, 長阪 一憲, 杉原 武, 神田 蘭香, 福井 志保, 一瀬 隆行, 平池 春子, 松本 泰弘, 竹下 茂樹, 笹島 ゆう子, 梁 栄治, 綾部 琢哉

当科で施行した子宮頸部病変に対する多部位周状生検併用レーザー蒸散術の検討

2019年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 71 臨増 S-443 

その他

橋本 啓, 飯村 直子, 神田 蘭香, 櫻井 理奈, 生井 重成, 杉原 武, 平池 春子, 松本 泰弘, 長阪 一憲, 笹島 ゆう子, 梁 栄治, 綾部 琢哉

術後に再発した粘液性境界悪性腫瘍(mBOT)の2例

2019年01月 | (一社)東京産科婦人科学会 東京産科婦人科学会会誌 68 1 73-77 

その他

西澤 美紀, 瀬戸 理玄, 櫻井 理奈, 生井 重成, 平池 春子, 長阪 一憲, 松本 泰弘, 司馬 正浩, 笹森 幸文, 木戸 浩一郎, 梁 栄治, 綾部 琢哉

双胎・切迫早産で母体搬送され、緊急帝王切開後に産褥心筋症を生じた1例

2018年10月 | (一社)東京産科婦人科学会 東京産科婦人科学会会誌 67 4 674-679 

その他

飯村 直子, 西澤 美紀, 瀬戸 理玄, 杉原 武, 櫻井 理奈, 生井 重成, 平池 春子, 松本 泰弘, 長阪 一憲, 梁 英治, 綾部 琢哉

月経後の周期的な下腹痛を生じる嚢胞性子宮腺筋症に対し腹腔鏡下腫瘍摘出術を施行した1例

2018年10月 | (一社)関東連合産科婦人科学会 関東連合産科婦人科学会誌 55 3 378-378 

その他

長阪 一憲, 綾部 琢哉

【婦人科がん最近の話題】婦人科がん診療に関する最近の話題 ゲノム医療の時代を迎えて

2018年08月 | (一社)東京産婦人科医会 東京産婦人科医会誌 51 26-28 

その他

長阪 一憲, 須賀 新, 伊賀上 翔太, 森 裕介, 藤岡 彩, 佐藤 杏奈, 関根 花栄, 石黒 共人, 糸賀 知子, 西岡 暢子

婦人科腫瘍専門医としての内視鏡技術認定医へのロードマップ 腹腔鏡下手術修練に対する検討

2018年08月 | (一社)日本産科婦人科内視鏡学会 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 34 Suppl.I 270-270 

その他

橋本 啓, 松本 泰弘, 生井 重成, 福井 志保, 一瀬 隆行, 平池 春子, 長阪 一憲, 梁 栄治, 綾部 琢哉

子宮体癌術後の難治性リンパ嚢胞に対しリンパ管造影検査にて漏出部位の同定を行った1例

2018年07月 | (一社)東京産科婦人科学会 東京産科婦人科学会会誌 67 3 525-529 

その他

司馬 正浩, 八木 慶太, 西澤 美紀, 橋本 啓, 長屋 陽平, 中川 一平, 神田 蘭香, 瀬戸 理玄, 福井 志保, 森田 政義, 一瀬 隆行, 櫻井 理奈, 生井 重成, 岸本 倫太郎, 平池 春子, 長阪 一憲, 松本 泰弘, 末永 昭彦, 笹森 幸文, 木戸 浩一郎, 梁 栄治, 綾部 琢哉

当科病棟における院内感染予防目的での手指衛生実施状況について

2018年05月 | (一社)日本産婦人科感染症学会 日本産婦人科感染症学会学術講演会プログラム・抄録集 35回 63-63 

その他

木戸 浩一郎, 橋本 啓, 一瀬 隆行, 櫻井 理奈, 岸本 倫太郎, 平池 春子, 長阪 一憲, 松本 泰弘, 司馬 正浩, 笹森 幸文, 梁 栄治, 綾部 琢哉

子宮筋腫表面の血管叢が妊娠中に破綻しショックをきたした1例

2018年05月 | (一社)関東連合産科婦人科学会 関東連合産科婦人科学会誌 55 2 273-273 

その他

長阪 一憲

【婦人科がん(第2版)-最新の研究動向-】子宮頸がん 子宮頸癌の発生 HPVに関する新知見

2018年03月 | (株)日本臨床社 日本臨床 76 増刊2 婦人科がん 196-201 

その他

井上 知子, 有本 貴英, 長阪 一憲, 佐藤 麻梨恵, 福井 大和, 田口 歩, 江口 聡子, 谷川 道洋, 曾根 献文, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行

子宮体癌術後治療としての放射線療法と化学療法との比較検討

2018年03月 | (一社)関東連合産科婦人科学会 関東連合産科婦人科学会誌 55 1 119-123 

その他

長阪一憲, 長阪一憲, 青木美保, 木戸浩一郎, 瀬戸理玄, 杉原武, 平池春子, 渡邊清高, 梁栄治, 関順彦, 関順彦, 神野浩光, 綾部琢哉

帝京大学における遺伝性乳癌卵巣癌症候群(HBOC)に対する遺伝カウンセリング外来の実施と体制整備について

2018年 | 日本人類遺伝学会大会プログラム・抄録集 63rd 336 

その他

倉持 美佐子, 長阪 一憲, 久木田 麻子, 福田 友彦, 齋藤 泉, 曾根 献文, 谷川 道洋, 森 繭代, 有本 貴英, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行

ベバシズマブ併用化学療法を施行した照射野内再発子宮頸癌の3症例

2017年10月 | (一社)東京産科婦人科学会 東京産科婦人科学会会誌 66 4 682-687 

その他

織田 克利, 長阪 一憲, 樫山 智子, 谷川 道洋, 曾根 献文, 松本 陽子, 有本 貴英, 平池 修, 大須賀 穣, 藤井 知行

「それぞれの癌」最善の治療とは? 腹膜播種治療の今 卵巣癌腹膜播種に対しての治療法

2017年10月 | (一社)日本癌治療学会 日本癌治療学会学術集会抄録集 55回 SY8-1 

その他

高橋 優, 長阪 一憲, 冨尾 賢介, 樫山 智子, 谷川 道洋, 曾根 献文, 森 繭代, 松本 陽子, 有本 貴英, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行

卵巣癌患者の妊娠例(A case of pregnancy with ovarian cancer)

2017年10月 | (一社)日本癌治療学会 日本癌治療学会学術集会抄録集 55回 IS3-5 

その他

倉持 美佐子, 長阪 一憲, 久木田 麻子, 福田 友彦, 齋藤 泉, 田口 歩, 冨尾 賢介, 曾根 献文, 谷川 道洋, 森 繭代, 松本 陽子, 有本 貴英, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行

ベバシズマブ併用化学療法を施行した照射野内再発子宮頸部扁平上皮癌の3症例

2017年10月 | (一社)日本癌治療学会 日本癌治療学会学術集会抄録集 55回 P133-5 

その他

山口 翔吾, 曾根 献文, 荒川 知子, 山口 広平, 三角 史, 浅田 佳代, 谷川 道洋, 長阪 一憲, 松本 陽子, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行

子宮肉腫を契機として動脈内血栓による多臓器梗塞を発症した1例

2017年10月 | (一社)関東連合産科婦人科学会 関東連合産科婦人科学会誌 54 3 307-307 

その他

川田 淑子, 長阪 一憲, 織田 克利, 竹内 真, 大木 慎也, 西島 明, Chuwa Agapiti, 牧井 千波, 谷川 道洋, 曾根 献文, 松本 陽子, 大須賀 穣, 藤井 知行

MDM2阻害剤DS-3032bおよびmTOR阻害剤everolimusの卵巣および腎由来の明細胞癌に対する抗腫瘍効果の検討

2017年09月 | 日本癌学会 日本癌学会総会記事 76回 P-1283 

その他

本城 晴紀, 谷川 道洋, 平池 修, 織田 克利, 町野 英徳, 川田 淑子, 児嶋 真千子, 大木 慎也, 曾根 献文, 長阪 一憲, 松本 陽子, 大須賀 穣, 藤井 知行

転写因子はBRCA1と新規複合体を形成し、相同組み換え修復を制御する

2017年09月 | 日本癌学会 日本癌学会総会記事 76回 J-2001 

その他

大木 慎也, 曾根 献文, 織田 克利, 浜本 隆二, 町野 英徳, 児嶋 真千子, 久木田 麻子, 谷川 道洋, 長阪 一憲, 松本 陽子, 大須賀 穣, 藤井 知行

ヒストンメチル化酵素SETD8を標的とした子宮体癌における新規エピゲノム創薬の検討

2017年09月 | 日本癌学会 日本癌学会総会記事 76回 P-2090 

その他

竹内 真, キム・スーヒョン, 長阪 一憲, 吉田 后那, 川田 淑子, 織田 克利, 藤井 輝夫

希少細胞の一細胞解析に向けた障害物付マイクロウェルデバイスの開発

2017年09月 | 日本癌学会 日本癌学会総会記事 76回 P-2322 

その他

江口 聡子, 織田 克利, 有本 貴英, 川名 敬, 田口 歩, 樫山 智子, 冨尾 賢介, 井上 知子, 谷川 道洋, 曾根 献文, 森 繭代, 足立 克之, 長阪 一憲, 松本 陽子, 原田 美由紀, 平田 哲也, 甲賀 かをり, 平池 修, 大須賀 穣, 藤井 知行

子宮体癌腹腔鏡下手術における左右骨盤リンパ節郭清個数の比較検討

2017年08月 | (一社)日本産科婦人科内視鏡学会 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 33 Suppl.I 35-35 

その他

有本 貴英, 江口 聡子, 織田 克利, 川名 敬, 田口 歩, 樫山 智子, 井上 知子, 冨尾 賢介, 谷川 道洋, 曾根 献文, 森 繭代, 足立 克之, 長阪 一憲, 松本 陽子, 原田 美由紀, 平田 哲也, 甲賀 かをり, 平池 修, 大須賀 穣, 藤井 知行

当科における腹腔鏡下子宮体癌手術の治療成績

2017年08月 | (一社)日本産科婦人科内視鏡学会 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 33 Suppl.I 349-349 

その他

織田 克利, 有本 貴英, 長阪 一憲, 足立 克之, 森 繭代, 曾根 献文, 谷川 道洋, 江口 聡子, 井上 知子, 樫山 智子, 田口 歩, 宮坂 亞希, 松本 陽子, 原田 美由紀, 平田 哲也, 丸山 正統, 甲賀 かをり, 平池 修, 大須賀 穣, 藤井 知行

婦人科腫瘍を専門とする医師におけるサブスペシャリティー 腹腔鏡・子宮鏡手技教育のニーズとは?

2017年08月 | (一社)日本産科婦人科内視鏡学会 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 33 Suppl.I 555-555 

その他

曾根 献文, 長阪 一憲, 樫山 智子, 江口 聡子, 冨尾 賢介, 谷川 道洋, 松本 陽子, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行

子宮鏡による狙い撃ち生検によって診断し得た子宮体部漿液性腺癌の1例

2017年08月 | (一社)日本産科婦人科内視鏡学会 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 33 Suppl.I 1132-1132 

その他

江口 聡子, 織田 克利, 有本 貴英, 川名 敬, 田口 歩, 樫山 智子, 冨尾 賢介, 井上 知子, 谷川 道洋, 曾根 献文, 森 繭代, 足立 克之, 長阪 一憲, 松本 陽子, 原田 美由紀, 平田 哲也, 甲賀 かをり, 平池 修, 大須賀 穣, 藤井 知行

子宮体癌腹腔鏡下手術における左右骨盤リンパ節郭清個数の比較検討

2017年08月 | (一社)日本産科婦人科内視鏡学会 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 33 Suppl.I 35-35 

その他

有本 貴英, 江口 聡子, 織田 克利, 川名 敬, 田口 歩, 樫山 智子, 井上 知子, 冨尾 賢介, 谷川 道洋, 曾根 献文, 森 繭代, 足立 克之, 長阪 一憲, 松本 陽子, 原田 美由紀, 平田 哲也, 甲賀 かをり, 平池 修, 大須賀 穣, 藤井 知行

当科における腹腔鏡下子宮体癌手術の治療成績

2017年08月 | (一社)日本産科婦人科内視鏡学会 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 33 Suppl.I 349-349 

その他

織田 克利, 有本 貴英, 長阪 一憲, 足立 克之, 森 繭代, 曾根 献文, 谷川 道洋, 江口 聡子, 井上 知子, 樫山 智子, 田口 歩, 宮坂 亞希, 松本 陽子, 原田 美由紀, 平田 哲也, 丸山 正統, 甲賀 かをり, 平池 修, 大須賀 穣, 藤井 知行

婦人科腫瘍を専門とする医師におけるサブスペシャリティー 腹腔鏡・子宮鏡手技教育のニーズとは?

2017年08月 | (一社)日本産科婦人科内視鏡学会 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 33 Suppl.I 555-555 

その他

曾根 献文, 長阪 一憲, 樫山 智子, 江口 聡子, 冨尾 賢介, 谷川 道洋, 松本 陽子, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行

子宮鏡による狙い撃ち生検によって診断し得た子宮体部漿液性腺癌の1例

2017年08月 | (一社)日本産科婦人科内視鏡学会 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 33 Suppl.I 1132-1132 

その他

田口 歩, 佐藤 麻梨恵, 福井 大和, 河田 啓, 樫山 智子, 江口 聡子, 井上 知子, 谷川 道洋, 曾根 献文, 森 繭代, 長阪 一憲, 足立 克之, 有本 貴英, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行

脈管侵襲、特に静脈侵襲に着目した子宮体癌の臨床病理学的予後因子の検討

2017年06月 | (公社)日本婦人科腫瘍学会 日本婦人科腫瘍学会雑誌 35 3 540-540 

その他

大木 慎也, 曾根 献文, 織田 克利, 町野 英徳, 児嶋 真千子, 川田 淑子, Agapiti Chuwa, 福田 友彦, 宮坂 亞希, 谷川 道洋, 長阪 一憲, 平池 修, 大須賀 穣, 藤井 知行

ヒストンメチル化酵素SETD8を標的とした子宮体癌における新規エピゲノム創薬の検討

2017年06月 | (公社)日本婦人科腫瘍学会 日本婦人科腫瘍学会雑誌 35 3 543-543 

その他

稲葉 洋文, 谷川 道洋, 曾根 献文, 森 繭代, 長阪 一憲, 足立 克之, 有本 貴英, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行

稀少組織型子宮頸部悪性腫瘍32例の治療・予後に関する後方視的検討

2017年06月 | (公社)日本婦人科腫瘍学会 日本婦人科腫瘍学会雑誌 35 3 548-548 

その他

佐藤 麻梨恵, 田口 歩, 足立 克之, 福井 大和, 河田 啓, 樫山 智子, 江口 聡子, 井上 知子, 谷川 道洋, 曾根 献文, 森 繭代, 長阪 一憲, 有本 貴英, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行

子宮体癌における子宮内膜症合併の意義の検討

2017年06月 | (公社)日本婦人科腫瘍学会 日本婦人科腫瘍学会雑誌 35 3 558-558 

その他

本城 晴紀, 谷川 道洋, 織田 克利, 福田 友彦, 宮坂 亞希, 樫山 智子, 井上 知子, 森 繭代, 曾根 献文, 長阪 一憲, 足立 克之, 有本 貴英, 大須賀 穣, 藤井 知行

長期の再発治療中に治療関連骨髄異形成症候群(tMDS)を発症したBRCA変異陽性卵巣癌の1例

2017年06月 | (公社)日本婦人科腫瘍学会 日本婦人科腫瘍学会雑誌 35 3 609-609 

その他

久木田 麻子, 曾根 献文, 三角 史, 斎藤 泉, 福田 友彦, 宮坂 亞希, 井上 知子, 冨尾 賢介, 谷川 道洋, 森 繭代, 長阪 一憲, 有本 貴英, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行

子宮頸部原発悪性黒色腫に対して免疫チェックポイント阻害剤を使用した一例

2017年06月 | (公社)日本婦人科腫瘍学会 日本婦人科腫瘍学会雑誌 35 3 620-620 

その他

江口 聡子, 田口 歩, 佐藤 麻梨恵, 福井 大和, 河田 啓, 宮坂 亞希, 樫山 智子, 井上 知子, 冨尾 賢介, 谷川 道洋, 曾根 献文, 森 繭代, 長阪 一憲, 足立 克之, 有本 貴英, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行

類内膜腺癌G1、1A期の子宮体癌における傍大動脈リンパ節郭清(PAN廓清)施行症例の検討

2017年06月 | (公社)日本婦人科腫瘍学会 日本婦人科腫瘍学会雑誌 35 3 621-621 

その他

草本 朱里, 谷川 道洋, 斎藤 泉, 曾根 献文, 森 繭代, 長阪 一憲, 足立 克之, 有本 貴英, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行

婦人科悪性腫瘍に伴い脳梗塞を呈したTrousseau症候群の3例

2017年06月 | (公社)日本婦人科腫瘍学会 日本婦人科腫瘍学会雑誌 35 3 646-646 

その他

上原 真里, 足立 克之, 井上 知子, 川名 敬, 谷川 道洋, 曾根 献文, 森 繭代, 長阪 一憲, 有本 貴英, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行

子宮体癌術後早期に下行結腸癌を発症しLynch症候群が疑われた一例

2017年05月 | (一社)関東連合産科婦人科学会 関東連合産科婦人科学会誌 54 2 160-160 

その他

井上 知子, 有本 貴英, 長阪 一憲, 佐藤 麻梨恵, 福井 大和, 田口 歩, 谷川 道洋, 曾根 献文, 森 繭代, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行

子宮体癌術後治療としての放射線療法と化学療法との比較検討

2017年05月 | (一社)関東連合産科婦人科学会 関東連合産科婦人科学会誌 54 2 183-183 

その他

谷川 道洋, 堂本 裕加子, 長阪 一憲, 高橋 優, 曾根 献文, 足立 克之, 有本 貴英, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行

子宮頸部及び体部に広範囲に浸潤性漿液性腺癌を認めた1例

2017年04月 | (公社)日本臨床細胞学会 日本臨床細胞学会雑誌 56 Suppl.1 289-289 

その他

草本 朱里, 長阪 一憲, 谷川 道洋, 宮坂 亞希, 田中 麻里子, 阿部 浩幸, 有本 貴英, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行

細胞診・組織診による術前診断が困難であり、手術にて診断に至った2症例

2017年04月 | (公社)日本臨床細胞学会 日本臨床細胞学会雑誌 56 Suppl.1 358-358 

その他

上原 真里, 長阪 一憲, 谷川 道洋, 宮坂 亞希, 森田 茂樹, 足立 克之, 有本 貴英, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行

子宮頸部上皮内腺癌の重複発生が疑われた卵管原発粘液性腺癌の一例

2017年04月 | (公社)日本臨床細胞学会 日本臨床細胞学会雑誌 56 Suppl.1 375-375 

その他

牧 瑛子, 森 繭代, 田口 歩, 井上 知子, 谷川 道洋, 曾根 献文, 長阪 一憲, 足立 克之, 有本 貴英, 織田 克利, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行

孤発性の小腸転移をきたした子宮体部漿液性腺癌の1例

2017年01月 | (一社)東京産科婦人科学会 東京産科婦人科学会会誌 66 1 58-61 

その他

長阪 一憲

【機能温存と撲滅を目的とした子宮頸がんの診療ストラテジー】分子生物学的視点からのHPV発癌メカニズム

2016年10月 | 金原出版(株) 産婦人科の実際 65 11 1463-1470 

その他

松本 陽子, 藤本 麻葉, 清水 太郎, 曾根 献文, 足立 克之, 長阪 一憲, 有本 貴英, 織田 克利, 川名 敬, 石田 竜弘, 藤井 知行

ヒトにおける抗PEG IgM抗体の産生とPLD投与への影響

2016年10月 | 日本癌学会 日本癌学会総会記事 75回 IS4-10 

その他

長阪 一憲, 田口 歩, プレシ・シャルル, 加藤 紗智, 有本 貴英, 織田 克利, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行

子宮頸部悪性病変におけるハイリスク型HPV E6/E7癌遺伝子と宿主標的遺伝子の転写産物動態とその解析

2016年10月 | 日本癌学会 日本癌学会総会記事 75回 E-2105 

その他

竹内 真, 谷川 道洋, 織田 克利, 曾根 献文, 本城 晴紀, 大木 慎也, Chuwa Agapiti, 長阪 一憲, 蔵本 博行, 平池 修, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行

子宮体癌においてDNA修復系タンパク(ATM、ATR)を標的とした治療薬はGenotoxicな治療の感受性を増強する

2016年10月 | 日本癌学会 日本癌学会総会記事 75回 P-3115 

その他

足立 克之, 川名 敬, 森 繭代, 曾根 献文, 谷川 道洋, 田口 歩, 長阪 一憲, 有本 貴英, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行

子宮 子宮頸がんの治療戦略 広汎/準広汎子宮頸部摘出術の可否における術中リンパ節転移探索の有用性

2016年10月 | (一社)日本癌治療学会 日本癌治療学会学術集会抄録集 54回 MS10-3 

その他

川田 淑子, 長阪 一憲, 織田 克利, 田口 歩, 樫山 智子, 江口 聡子, 谷川 道洋, 曽根 献文, 森 繭代, 足立 克之, 有本 貴英, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行

子宮 子宮頸がんの放射線療法・化学療法 当院における子宮頸癌IVb期の治療成績と予後因子の検討

2016年10月 | (一社)日本癌治療学会 日本癌治療学会学術集会抄録集 54回 WS21-3 

その他

織田 克利, 長阪 一憲, 甲賀 かをり, 平田 哲也, 池村 雅子, 松本 陽子, 丸山 正統, 森 繭代, 足立 克之, 有本 貴英, 平池 修, 川名 敬, 深山 正久, 大須賀 穣, 藤井 知行

子宮 子宮体がんの手術療法 子宮内膜異型増殖症またはAPAMの術前診断における子宮鏡下手術(TCR)の有用性の検討

2016年10月 | (一社)日本癌治療学会 日本癌治療学会学術集会抄録集 54回 WS98-2 

その他

町野 英徳, 織田 克利, 曾根 献文, 有本 貴英, 田口 歩, 樫山 智子, 谷川 道洋, 森 繭代, 長阪 一憲, 足立 克之, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行

子宮 子宮体がんの手術療法 リンパ節転移陽性の子宮体癌において付属器転移は予後不良因子である

2016年10月 | (一社)日本癌治療学会 日本癌治療学会学術集会抄録集 54回 WS98-6 

その他

稲葉 洋文, 足立 克之, 有本 貴英, 森 繭代, 樫山 智子, 谷川 道洋, 曾根 献文, 長阪 一憲, 織田 克利, 川名 敬, 大須賀 稔, 藤井 知行

粘漿液性部分と明細胞部分が共存した卵巣境界悪性腫瘍の一例

2016年08月 | (一社)関東連合産科婦人科学会 関東連合産科婦人科学会誌 53 3 372-372 

その他

長阪 一憲, 織田 克利, 丸山 正統, 池村 雅子, 谷川 道洋, 曾根 献文, 森 繭代, 足立 克之, 松本 陽子, 原田 美由紀, 平田 哲也, 廣田 泰, 有本 貴英, 平池 修, 甲賀 かをり, 川名 敬, 深山 正久, 大須賀 穣, 藤井 知行

子宮内膜悪性疑い病変に対して子宮鏡下腫瘍切除術を施行した症例の後方視的検討

2016年08月 | (一社)日本産科婦人科内視鏡学会 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 32 Suppl.I 197-197 

その他

織田 克利, 甲賀 かをり, 平田 哲也, 丸山 正統, 池村 雅子, 松本 陽子, 長阪 一憲, 足立 克之, 森 繭代, 曾根 献文, 有本 貴英, 平池 修, 川名 敬, 深山 正久, 大須賀 穣, 藤井 知行

子宮内膜異型増殖症の術前診断で腹腔鏡下子宮全摘術を施行した症例における子宮体癌のリスク予測因子の検討

2016年08月 | (一社)日本産科婦人科内視鏡学会 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 32 Suppl.I 206-206 

その他

松井 遥香, 長阪 一憲, 森 繭代, 曾根 献文, 足立 克之, 有本 貴英, 織田 克利, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行, 河辺 昭宏, 阿部 浩幸, 池村 雅子

大網原発のextra-gastrointestinal stromal tumorの1例

2016年07月 | (一社)東京産科婦人科学会 東京産科婦人科学会会誌 65 3 607-612 

その他

川名 敬, 長阪 一憲, 足立 克之, 鶴賀 哲史, 曽根 献文, 森 繭代, 樫山 智子, 山下 亜紀, 江口 聡子, 有本 貴英, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行

広汎子宮全摘術における膀胱子宮靱帯周囲の処理の工夫 修練医による出血回避法

2016年06月 | (株)メジカルビュー社 産婦人科手術 27 131-131 

その他

長阪 一憲, 松本 陽子, 織田 克利, 丸山 正統, 山下 亜紀, 曾根 献文, 森 繭代, 足立 克之, 有本 貴英, 平池 修, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行

子宮内膜悪性病変症例に対する子宮鏡下腫瘍切除術の有用性

2016年06月 | (株)メジカルビュー社 産婦人科手術 27 151-151 

その他

鶴賀 哲史, 織田 克利, 森 繭代, 三浦 紫保, 足立 克之, 長阪 一憲, 松本 陽子, 有本 貴英, 堀江 弘二, 荷見 ようこ, 喜納 奈緒, 川名 敬, 大須賀 穣, 横田 治重, 藤井 知行

リンパ節転移陽性子宮頸部腺癌に対する術後補助療法としてのsequential chemo-radiationの検討

2016年06月 | (公社)日本婦人科腫瘍学会 日本婦人科腫瘍学会雑誌 34 3 409-409 

その他

田中 智基, 長阪 一憲, 織田 克利, 田口 歩, 樫山 智子, 山下 亜紀, 江口 聡子, 曾根 献文, 谷川 道洋, 森 繭代, 足立 克之, 有本 貴英, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行

卵巣癌新進行期分類(FIGO2014)IIIA1期の再発形式と予後の検討

2016年06月 | (公社)日本婦人科腫瘍学会 日本婦人科腫瘍学会雑誌 34 3 439-439 

その他

國富 千智, 有本 貴英, 織田 克利, 田中 智基, 田口 歩, 樫山 智子, 山下 亜紀, 江口 聡子, 曾根 献文, 谷川 道洋, 森 繭代, 足立 克之, 長阪 一憲, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行

アロマターゼ阻害薬にて病勢コントロールが得られた再発子宮体癌の3例

2016年06月 | (公社)日本婦人科腫瘍学会 日本婦人科腫瘍学会雑誌 34 3 459-459 

その他

稲葉 洋文, 藤井 知行, 大須賀 穣, 川名 敬, 織田 克利, 有本 貴英, 長阪 一憲, 足立 克之, 森 繭代, 谷川 道洋, 江口 聡子, 山下 亜紀, 樫山 智子, 田口 歩, 田中 智基, 曾根 献文

再発卵巣癌・腹膜癌53例に対するsalvage chemotherapyとしてのweekly CPT-11療法の有用性について

2016年06月 | (公社)日本婦人科腫瘍学会 日本婦人科腫瘍学会雑誌 34 3 511-511 

その他

賀来 哲明, 森 繭代, 江口 聡子, 曾根 献文, 谷川 道洋, 足立 克之, 長阪 一憲, 有本 貴英, 織田 克利, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行

心臓転移を来した子宮頸癌の1例

2016年05月 | (一社)関東連合産科婦人科学会 関東連合産科婦人科学会誌 53 2 236-236 

その他

織田 克利, 松本 陽子, 長阪 一憲, 足立 克之, 池村 雅子, 有本 貴英, 川名 敬, 深山 正久, 大須賀 穣, 藤井 知行

子宮内膜異型増殖症の診断で鏡視下手術を施行した症例における術前内膜細胞診所見

2016年04月 | (公社)日本臨床細胞学会 日本臨床細胞学会雑誌 55 Suppl.1 161-161 

その他

Tomoko Inoue, Kei Kawana, Katsuyuki Adachi, Ayumi Taguchi, Ken Nagamatsu, Masakazu Sato, Mitsuyo Yoshida, Juri Takahashi, Asaha Fujimoto, Hiroe Kamoto, Aki Yamashita, Kazunori Nagasaka, Yutaka Osuga, Tomoyuki Fujii

Cancer related fibroblasts (CAFs) control killer activity of natural killer cell through the poliovirus receptor (PVR: CD155) and have an important role for tumor expansion

2015年11月 | ELSEVIER IRELAND LTD JOURNAL OF REPRODUCTIVE IMMUNOLOGY 112 129-129 

その他

Juri Takahashi, Kei Kawana, Ayumi Taguchi, Mitsuyo Yoshida, Hiroe Nakamura, Asaha Fujimoto, Masakazu Sato, Tomoko Inoue, Katsuyuki Adachi, Kazunori Nagasaka, Katsutoshi Oda, Yutaka Osuga, Tomoyuki Fujii

The modulation of adaptive immune response by oncogene K-ras; mouse model of ovarian cancer

2015年11月 | ELSEVIER IRELAND LTD JOURNAL OF REPRODUCTIVE IMMUNOLOGY 112 132-132 

その他

Mitsuyo Yoshida, Kei Kawana, Ayumi Taguchi, Kensuke Tomio, Hiroe Nakamura, Asaha Fujimoto, Aki Yamashita, Kazunori Nagasaka, Katsuyuki Adachi, Kaori Koga, Katsutoshi Oda, Tohru Kiyono, Yutaka Osuga, Tomoyuki Fujii

Oncogenes (K-ras and c-Myc) modulate tumor immune system and enhance peritoneal carcinomatosis in the ovarian cancer

2015年11月 | ELSEVIER IRELAND LTD JOURNAL OF REPRODUCTIVE IMMUNOLOGY 112 130-130 

その他

Masakazu Sato, Kei Kawana, Asaha Fujimoto, Katsuyuki Adachi, Ayumi Taguchi, Mitsuyo Yoshida, Hiroe Nakamura, Aki Yamashita, Juri Takahashi, Kazunori Nagasaka, Takahide Arimoto, Katsutoshi Oda, Yutaka Osuga, Tomoyuki Fujii

HLA-G expression of cervical reserve cell-like cells regenerated from human induced pluripotent stem (iPS) cells and its relationship with cervical cancer stem cells in immune escape

2015年11月 | ELSEVIER IRELAND LTD JOURNAL OF REPRODUCTIVE IMMUNOLOGY 112 125-125 

その他

長阪 一憲

子宮頸部腫瘍の病態に関する新知見 診断・治療法の開発に向けて 子宮頸癌におけるHPVウイルス発癌メカニズムをターゲットにした発癌予知バイオマーカーと治療薬開発に関する研究

2015年11月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 67 11 2524-2536 

その他

佐藤 雅和, 川名 敬, 藤本 麻葉, 足立 克之, 田口 歩, 吉田 光代, 嘉本 寛江, 山下 亜紀, 高橋 樹里, 長阪 一憲, 有本 貴英, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行

ヒトiPS細胞を用いて作製した子宮頸部上皮幹細胞におけるHLA-G発現と子宮頸癌幹細胞の免疫寛容機序に関する研究

2015年11月 | 日本生殖免疫学会 Reproductive Immunology and Biology 30 1-2 99-99 

その他

吉田 光代, 川名 敬, 田口 歩, 高橋 樹里, 中村 寛江, 藤本 麻葉, 佐藤 雅和, 真壁 智子, 井上 知子, 山下 亜紀, 足立 克之, 長阪 一憲, 甲賀 かをり, 織田 克利, 清野 透, 大須賀 穣, 藤井 知行

腫瘍免疫における癌原遺伝子(ras、myc)の免疫系への関与と卵巣癌腹腔内進展様式への影響に関する研究

2015年11月 | 日本生殖免疫学会 Reproductive Immunology and Biology 30 1-2 125-125 

その他

高橋 樹里, 川名 敬, 田口 歩, 吉田 光代, 中村 寛江, 藤本 麻葉, 佐藤 雅和, 井上 知子, 足立 克之, 長阪 一憲, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行

腹膜癌モデルマウス腹腔内微小環境におけるT細胞、樹状細胞サブセットの検討 癌原遺伝子の獲得免疫系への影響について

2015年11月 | 日本生殖免疫学会 Reproductive Immunology and Biology 30 1-2 126-126 

その他

篠原 智子, 曾根 献文, 森 繭代, 足立 克之, 長阪 一憲, 松本 陽子, 有本 貴英, 織田 克利, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行

子宮体癌根治術直後に、大動脈の壁在血栓による急性下肢動脈閉塞症をきたした1例

2015年10月 | (一社)東京産科婦人科学会 東京産科婦人科学会会誌 64 4 630-636 

その他

長阪 一憲, 松本 陽子, 織田 克利, 丸山 正統, 山下 亜紀, 曾根 献文, 森 繭代, 足立 克之, 平池 修, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行

子宮鏡下手術を施行し確定診断に至った子宮内膜悪性病変症例の後方視的検討

2015年10月 | (公社)日本臨床細胞学会 日本臨床細胞学会雑誌 54 Suppl.2 557-557 

その他

田口 歩, 長阪 一憲, 川名 敬, 中村 寛江, 柊元 巌, 織田 克利, 藤井 知行

ウイルス由来新規アンチセンスRNAが存在する意義と、ウイルス遺伝子転写開始点転換群が持つ意義の検討

2015年10月 | 日本癌学会 日本癌学会総会記事 74回 E-1097 

その他

吉田 光代, 田口 歩, 川名 敬, 冨尾 賢介, 中村 寛江, 藤本 麻葉, 山下 亜紀, 長阪 一憲, 足立 克之, 織田 克利, 清野 透, 大須賀 穣, 藤井 知行

癌遺伝子(ras、myc)は癌微小環境に働きかけ卵巣癌の腹腔内の癌進展様式を変化させる

2015年10月 | 日本癌学会 日本癌学会総会記事 74回 J-1100 

その他

佐藤 雅和, 川名 敬, 吉田 光代, 藤本 麻葉, 中村 寛江, 田口 歩, 西田 春香, 井上 知子, 足立 克之, 長阪 一憲, 織田 克利, 藤井 知行

Gremlin1の幹細胞から見た機能解析と子宮頸癌における意義

2015年10月 | 日本癌学会 日本癌学会総会記事 74回 P-2057 

その他

中村 寛江, 長阪 一憲, 川名 敬, 高橋 樹里, 吉田 光代, 藤本 麻葉, 佐藤 雅和, 田口 歩, 足立 克之, 織田 克利, 有本 貴英, 大須賀 穣, 藤井 知行

Par3(partitioning defecetive 3)極性蛋白は卵巣癌のEMTと浸潤に関与する

2015年10月 | 日本癌学会 日本癌学会総会記事 74回 P-3187 

その他

長阪 一憲, 織田 克利, 田中 智基, 田口 歩, 山下 亜紀, 曾根 献文, 森 繭代, 足立 克之, 有本 貴英, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行

進行卵巣癌に対するベバシズマブ療法の至適使用および安全性に関する後方視的検討

2015年09月 | (一社)日本癌治療学会 日本癌治療学会誌 50 3 707-707 

その他

川名 敬, 鶴賀 哲史, 松本 陽子, 森 繭代, 長阪 一憲, 足立 克之, 曽根 献文, 有本 貴英, 田口 歩, 山下 亜紀, 平池 修, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行

子宮 子宮体がん治療の新たな工夫 腹腔鏡下子宮体癌手術における安全性、手術完遂度、スキルアップ法の検討に関する研究

2015年09月 | (一社)日本癌治療学会 日本癌治療学会誌 50 3 1134-1134 

その他

鶴賀 哲史, 川名 敬, 藤本 麻葉, 三浦 紫保, 森 繭代, 足立 克之, 長阪 一憲, 有本 貴英, 堀江 弘二, 織田 克利, 荷見 よう子, 喜納 奈緒, 八杉 利治, 横田 治重, 藤井 知行

子宮 子宮頸がんの手術療法と術後治療法 子宮頸癌手術に傍大動脈リンパ節廓清は不要か? IB2、IIA2、IIB期308例の後方視的検討

2015年09月 | (一社)日本癌治療学会 日本癌治療学会誌 50 3 1292-1292 

その他

外島 由梨, 森 繭代, 折山 豊仁, 山下 亜紀, 曾根 献文, 足立 克之, 長阪 一憲, 有本 貴英, 織田 克利, 川名 敬, 大野 能之, 長瀬 幸恵, 鈴木 洋史, 大須賀 穣, 藤井 知行

Pegfilgrastimは婦人科腫瘍化学療法による発熱性好中球減少症の発症抑制に有用である

2015年09月 | (一社)日本癌治療学会 日本癌治療学会誌 50 3 2257-2257 

その他

川田 淑子, 長阪 一憲, 松本 陽子, 織田 克利, 山下 亜紀, 曾根 献文, 森 繭代, 足立 克之, 有本 貴英, 花房 規男, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行

ケア がん患者の胸腹水管理 婦人科悪性腫瘍に対するCART(腹水濾過濃縮再静注法)の有用性に関する検討

2015年09月 | (一社)日本癌治療学会 日本癌治療学会誌 50 3 2745-2745 

その他

柳澤 愛実, 松本 陽子, 前田 大地, 曾根 献文, 森 繭代, 足立 克之, 長阪 一憲, 有本 貴英, 織田 克利, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行

子宮頸部胃型腺癌症例における臨床病理学的検討

2015年08月 | (一社)関東連合産科婦人科学会 関東連合産科婦人科学会誌 52 3 438-438 

その他

山口 広平, 田口 歩, 足立 克之, 山下 亜紀, 曾根 献文, 森 繭代, 長阪 一憲, 有本 貴英, 織田 克利, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行

子宮肉腫の術前鑑別診断 フローチャートの提言

2015年08月 | (一社)関東連合産科婦人科学会 関東連合産科婦人科学会誌 52 3 441-441 

その他

高橋 樹里, 田口 歩, 川名 敬, 長阪 一憲, 足立 克之, 永松 健, 大須賀 穣, 藤井 知行

母子感染予防のための尖圭コンジローマ合併妊婦に対するレーザー蒸散術の有用性とウイルス学的検討

2015年07月 | (株)医学書院 臨床婦人科産科 69 7 697-702 

その他

山下 亜紀, 川名 敬, 曽根 献文, 森 繭代, 足立 克之, 長阪 一憲, 松本 陽子, 有本 貴英, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行

20-40歳代の卵巣類内膜腺癌における子宮内膜症合併vs非合併症例の比較検討

2015年06月 | (公社)日本婦人科腫瘍学会 日本婦人科腫瘍学会雑誌 33 3 582-582 

その他

田中 智基, 長阪 一憲, 川名 敬, 山下 亜紀, 曽根 献文, 森 繭代, 足立 克之, 松本 陽子, 有本 貴英, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行

子宮頸部上皮異形成1368例のHPV型分布の年次推移と年齢分布に関する後方視的検討

2015年06月 | (公社)日本婦人科腫瘍学会 日本婦人科腫瘍学会雑誌 33 3 594-594 

その他

鈴木 研資, 長阪 一憲, 織田 克利, 田中 智基, 山下 亜紀, 曾根 献文, 森 繭代, 足立 克之, 松本 陽子, 有本 貴英, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行

プラチナ製剤を再投与された子宮頸癌再発例に関する予後因子の検討

2015年06月 | (公社)日本婦人科腫瘍学会 日本婦人科腫瘍学会雑誌 33 3 596-596 

その他

馬場 聡, 足立 克之, 森 繭代, 曽根 献文, 鶴賀 哲史, 長阪 一憲, 松本 陽子, 有本 貴英, 織田 克利, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行, 深山 正久, 柴原 純二

既存の分類で診断困難な、筋上皮腫・筋上皮癌への類似性を認めた外陰部悪性腫瘍再発の1例

2015年06月 | (公社)日本婦人科腫瘍学会 日本婦人科腫瘍学会雑誌 33 3 637-637 

その他

Kazunori Nagasaka, Ayumi Taguchi, Kei Kawana, Kosuke Hashimoto, Charles Plessy, Hiroe Nakamura, Miranda Thomas, Katsutoshi Oda, Iwao Kukimoto, Piero Carninci, Lawrence Banks, Yutaka Osuga, Tomoyuki Fujii

A new approach for screening cervical cancer by characterization of transcripts using CAGE technology.

2015年05月 | AMER SOC CLINICAL ONCOLOGY JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY 33 15  

その他

三村 暢子, 長阪 一憲, 秋葉 直也, 曾根 献文, 森 繭代, 足立 克之, 松本 陽子, 有本 貴英, 織田 克利, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行

当院における成熟嚢胞性奇形腫悪性転化11症例に対する後方視的検討

2015年05月 | (一社)関東連合産科婦人科学会 関東連合産科婦人科学会誌 52 2 282-282 

その他

田中 智基, 足立 克之, 曾根 献文, 森 繭代, 長阪 一憲, 松本 陽子, 有本 貴英, 織田 克利, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行

子宮部分切除およびMEA療法で寛解を得た治療抵抗性侵入奇胎の一例

2015年05月 | (一社)関東連合産科婦人科学会 関東連合産科婦人科学会誌 52 2 307-307 

その他

長阪 一憲, 矢野 哲

【これだけは知っておきたい検査のポイント-第9集】腫瘍マーカー 乳腺・婦人科系 CA125,CA130,CA602

2015年04月 | (株)医学書院 Medicina 52 4 484-485 

その他

鈴木 研資, 長阪 一憲, 織田 克利, 鶴賀 哲史, 足立 克之, 松本 陽子, 有本 貴英, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行

子宮体癌に合併するリンパ脈管筋腫症の2症例

2015年04月 | (公社)日本臨床細胞学会 日本臨床細胞学会雑誌 54 Suppl.1 206-206 

その他

柳澤 愛実, 松本 陽子, 曾根 献文, 菊地 良直, 足立 克之, 長阪 一憲, 有本 貴英, 織田 克利, 川名 敬, 藤井 知行

当科における子宮頸部胃型腺癌症例の検討

2015年04月 | (公社)日本臨床細胞学会 日本臨床細胞学会雑誌 54 Suppl.1 297-297 

その他

長阪 一憲

子宮頸部腫瘍の病態に関する新知見 診断・治療法の開発に向けて 子宮頸癌におけるHPVウイルス発癌メカニズムをターゲットにした発癌予知バイオマーカーと治療薬開発に関する研究

2015年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 67 2 425-426 

その他

齊藤 泉, 川名 敬, 立川 愛[川名], 田口 歩, 西田 晴香, 中村 寛江, 藤本 麻葉, 井上 知子, 長阪 一憲, 矢野 哲, 大須賀 穣, 藤井 知行

女性ヘルスケア 日本人HIV-1感染者におけるGag特異的CD8陽性T細胞の解析

2015年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 67 2 504-504 

その他

山下 亜紀, 川名 敬, 足立 克之, 藤本 麻葉, 西田 晴香, 田口 歩, 中村 寛江, 井上 知子, 長阪 一憲, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行

子宮頸癌 治療の新展開 CIN3治療薬であるHPVE7標的癌ワクチンの改良をめざした乳酸菌の菌体表出E7分子数に関する検討

2015年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 67 2 518-518 

その他

井上 知子, 川名 敬, 永松 健, 田口 歩, 藤本 麻葉, 中村 寛江, 西田 晴香, 足立 克之, 長阪 一憲, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行

子宮体癌由来の癌関連線維芽細胞(Cancer-associated fibroblasts:CAF)によるナチュラルキラー(NK)細胞の抑制メカニズムの解明

2015年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 67 2 546-546 

その他

田口 歩, 川名 敬, 吉田 光代, 中村 寛江, 古屋 仁美, 長阪 一憲, 甲賀 かをり, 平池 修, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行

生理活性物質レスベラトロールは卵巣癌上皮、腫瘍内マクロファージ(TAM)を制御して癌性腹膜炎を制御する

2015年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 67 2 557-557 

その他

吉田 光代, 川名 敬, 田口 歩, 中村 寛江, 藤本 麻葉, 西田 晴香, 井上 知子, 長阪 一憲, 甲賀 かをり, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行

癌遺伝子(ras、myc)は癌微小環境に働きかけ卵巣癌の腹腔内の癌進展様式を変化させる

2015年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 67 2 558-558 

その他

中村 寛江, 川名 敬, 長阪 一憲, 田口 歩, 吉田 光代, 西田 晴香, 藤本 麻葉, 井上 知子, 佐藤 雅和, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行

細胞極性蛋白質Par3(Partitioning defective 3)は卵巣癌の上皮間葉転換に関与する

2015年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 67 2 559-559 

その他

鈴木 研資, 松本 陽子, 池田 悠至, 鶴賀 哲史, 足立 克之, 長阪 一憲, 有本 貴英, 織田 克利, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行

肥満患者の創部感染予防におけるDouble Aspiration Catheter(DAC)法の有用性

2015年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 67 2 579-579 

その他

佐藤 雅和, 川名 敬, 足立 克之, 藤本 麻葉, 田口 歩, 長阪 一憲, 井上 知子, 中村 寛江, 西田 晴香, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行

子宮頸癌における癌幹細胞の形成過程に関する幹細胞マーカーを用いた免疫組織学的検討

2015年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 67 2 820-820 

その他

田中 智基, 長阪 一憲, 山下 亜紀, 池田 悠至, 鶴賀 哲史, 足立 克之, 松本 陽子, 有本 貴英, 織田 克利, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行

Interval Surgery(IS)を施行した進行卵巣癌の再発に関する検討

2015年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 67 2 855-855 

その他

長阪一憲

HPV (ヒトパピローマウイルス) 臨床検査ガイド2015 年改訂版

2015年 | 文光堂. 東京  

その他

児嶋 真千子, 冨尾 賢介, 有本 貴英, 木下 紗林子, 山本 泰廣, 江口 聡子, 長阪 一憲, 松本 陽子, 織田 克利, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行

細胞診のみでは悪性診断に至らなかった子宮頸部腺癌の2例

2014年10月 | (一社)東京産科婦人科学会 東京産科婦人科学会会誌 63 4 677-681 

その他

中村 寛江, 長阪 一憲, 川名 敬, 田口 歩, 藤本 麻葉, 西田 晴香, 井上 知子, 足立 克之, 松本 陽子, 有本 貴英, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行

がん浸潤におけるPar3極性分子の機能(Various actions of Par3 polarity protein in cancer invasion)

2014年09月 | 日本癌学会 日本癌学会総会記事 73回 P-1350 

その他

田口 歩, 川名 敬, 長阪 一憲, 吉田 光代, 中村 寛江, 山下 亜紀, 足立 克之, 松本 陽子, 有本 貴英, 織田 克利, 藤井 知行

腫瘍内微小環境と癌細胞をターゲットとしたレスベラトロールの抗腫瘍効果(Antitumor effect of resveratrol by modulating tumor microenvironment and inducing cancer cell apoptosis in mouse model)

2014年09月 | 日本癌学会 日本癌学会総会記事 73回 P-1351 

その他

鈴木 研資, 長阪 一憲, 織田 克利, 田中 智基, 池田 悠至, 鶴賀 哲史, 足立 克之, 松本 陽子, 有本 貴英, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行

リンパ節郭清術後にリンパ脈管筋腫症と診断された子宮体癌の1例

2014年08月 | (一社)関東連合産科婦人科学会 関東連合産科婦人科学会誌 51 3 401-401 

その他

飯高 さゆり, 長阪 一憲, 織田 克利, 田中 智基, 池田 悠至, 鶴賀 哲史, 足立 克之, 松本 陽子, 有本 貴英, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行

ベバシズマブ併用療法を施行した進行卵巣癌の3例

2014年08月 | (一社)関東連合産科婦人科学会 関東連合産科婦人科学会誌 51 3 407-407 

その他

松本 陽子, 平池 修, 齊藤 亜子, 江口 聡子, 高村 将司, 伊藤 正典, 鶴賀 哲史, 足立 克之, 長阪 一憲, 原田 美由紀, 廣田 泰, 有本 貴英, 平田 哲也, 甲賀 かをり, 織田 克利, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行

子宮頸管狭小化・狭窄例に対する子宮鏡検査・手術等の経子宮頸管処置におけるミソプロストール前投与の有用性

2014年08月 | (一社)日本産科婦人科内視鏡学会 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 30 Suppl.I 263-263 

その他

冨尾 賢介, 前田 大地, 安田 政実, 長阪 一憲, 谷川 道洋, 松本 陽子, 有本 貴英, 織田 克利, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行

子宮頸部明細胞腺癌の一例

2014年06月 | 日本婦人科病理学会 日本婦人科病理学会誌 5 1 25-29 

その他

金 愛理, 川名 敬, 江口 聡子, 冨尾 賢介, 鶴賀 哲史, 足立 克之, 長阪 一憲, 松本 陽子, 有本 貴英, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行

当院における腹式子宮頸部摘出術(Trachelectomy)23例の検討

2014年06月 | (公社)日本婦人科腫瘍学会 日本婦人科腫瘍学会雑誌 32 3 505-505 

その他

河田 啓, 川名 敬, 川田 淑子, 金 愛理, 江口 聡子, 冨尾 賢介, 鶴賀 哲史, 足立 克之, 長阪 一憲, 松本 陽子, 有本 貴英, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行

子宮体癌中分化型(G2)腺癌症例の予後解析と治療成績の検討

2014年06月 | (公社)日本婦人科腫瘍学会 日本婦人科腫瘍学会雑誌 32 3 535-535 

その他

有本 貴英, 江口 聡子, 長阪 一憲, 冨尾 賢介, 鶴賀 哲史, 足立 克之, 松本 陽子, 織田 克利, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行

再発子宮平滑筋肉腫に対するパゾパニブの使用経験

2014年06月 | (公社)日本婦人科腫瘍学会 日本婦人科腫瘍学会雑誌 32 3 540-540 

その他

川田 淑子, 川名 敬, 前田 大地, 河田 啓, 金 愛理, 江口 聡子, 冨尾 賢介, 鶴賀 哲史, 足立 克之, 長阪 一憲, 松本 陽子, 有本 貴英, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行

卵管上皮発生漿液性腺癌が併存した子宮体癌G2、Ia期症例の腹膜播種再発の一例

2014年06月 | (公社)日本婦人科腫瘍学会 日本婦人科腫瘍学会雑誌 32 3 584-584 

その他

本城 晴紀, 長阪 一憲, 織田 克利, 河田 啓, 川田 淑子, 江口 聡子, 冨尾 賢介, 鶴賀 哲史, 足立 克之, 松本 陽子, 有本 貴英, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行

遠隔転移を有する卵巣癌T1/T2期の臨床病理学的因子と予後の検討

2014年06月 | (一社)日本癌治療学会 日本癌治療学会誌 49 3 1330-1330 

その他

大木 慎也, 鶴賀 哲史, 織田 克利, 河田 啓, 川田 淑子, 江口 聡子, 富尾 賢介, 足立 克之, 長阪 一憲, 松本 陽子, 有本 貴英, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行

初回治療から一年以内に腫瘍死に至った卵巣癌症例の検討

2014年06月 | (一社)日本癌治療学会 日本癌治療学会誌 49 3 1332-1332 

その他

児嶋 真千子, 有本 貴英, 江口 聡子, 冨尾 賢介, 鶴賀 哲史, 足立 克之, 長阪 一憲, 松本 陽子, 織田 克利, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行

当科における卵巣癌肉腫症例の検討

2014年06月 | (一社)日本癌治療学会 日本癌治療学会誌 49 3 1333-1333 

その他

鶴賀 哲史, 織田 克利, 大木 慎也, 江口 聡子, 冨尾 賢介, 足立 克之, 長阪 一憲, 松本 陽子, 有本 貴英, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行

子宮平滑筋肉腫15例の検討

2014年06月 | (一社)日本癌治療学会 日本癌治療学会誌 49 3 2171-2171 

その他

長阪 一憲, 川名 敬, 冨尾 賢介, 小島 聡子, 谷川 道洋, 松本 陽子, 有本 貴英, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行

進行卵巣癌T3c期に対するInterval Debulking Surgery(IDS)施行例の予後因子とその意義

2014年05月 | (株)メジカルビュー社 産婦人科手術 25 185-185 

その他

秋野 なな, 松本 陽子, 有本 貴英, 江口 聡子, 冨尾 賢介, 鶴賀 哲史, 足立 克之, 長阪 一憲, 織田 克利, 川名 敬, 藤井 知行

子宮脱に対する長期ペッサリー挿入後に発生した腟癌の1例

2014年05月 | (一社)関東連合産科婦人科学会 関東連合産科婦人科学会誌 51 2 242-242 

その他

川田 淑子, 松本 陽子, 江口 聡子, 富尾 賢介, 長阪 一憲, 有本 貴英, 織田 克利, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行, 伊藤 哲也, 花房 規男

婦人科悪性腫瘍に対するCART(腹水濾過濃縮再静注法)施行症例の検討

2014年05月 | (一社)関東連合産科婦人科学会 関東連合産科婦人科学会誌 51 2 246-246 

その他

木下 紗林子, 有本 貴英, 江口 聡子, 冨尾 賢介, 谷川 道洋, 長阪 一憲, 松本 陽子, 織田 克利, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行

ドセタキセル、カルボプラチン療法にて長期stable diseaseを得た再発卵巣癌肉腫の1例

2014年04月 | (一社)東京産科婦人科学会 東京産科婦人科学会会誌 63 2 318-322 

その他

足立 克之, 川名 敬, 長阪 一憲, 横山 照史, 江口 聡子, 冨尾 賢介, 松本 陽子, 有本 貴英, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行

婦人科腫瘍・臨床試験 CIN3に対する粘膜免疫を介した抗HPV分子標的癌免疫療法の第I/IIa相臨床試験の最終解析

2014年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 66 2 429-429 

その他

藤本 麻葉, 川名 敬, 松本 陽子, 田口 歩, 長阪 一憲, 西田 晴香, 井上 知子, 平池 修, 有本 貴英, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行

子宮頸癌制圧を目指して リアルタイムイメージングを用いた腫瘍内微小環境における子宮頸癌特異的細胞傷害性T細胞(CTL)の抗腫瘍動態の解明

2014年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 66 2 457-457 

その他

田口 歩, 川名 敬, 長阪 一憲, 橋本 浩介, 西田 晴香, 井上 知子, 松本 陽子, 有本 貴英, 平池 修, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行

子宮頸癌制圧を目指して CINから子宮頸癌への癌進展制御に関わるHPV由来の新規non-coding RNAの同定とその機能解析

2014年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 66 2 458-458 

その他

西田 晴香, 松本 陽子, 川名 敬, 田口 歩, 長阪 一憲, 井上 知子, 中村 寛江, 藤本 麻葉, 平池 修, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行

子宮頸癌制圧を目指して HPVE6 siRNA内包ナノミセル型分子標的治療薬に対する子宮頸癌細胞の感受性に関するin vitro、in vivoモデルによる検討

2014年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 66 2 458-458 

その他

金 愛理, 織田 克利, 有本 貴英, 松本 陽子, 長阪 一憲, 足立 克之, 鶴賀 哲史, 冨尾 賢介, 江口 聡子, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行

プラチナ抵抗性またはプラチナアレルギーを呈した再発卵巣癌におけるネダプラチンの有効性の検討

2014年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 66 2 515-515 

その他

河田 啓, 有本 貴英, 金 愛理, 江口 聡子, 冨尾 賢介, 谷川 道洋, 長阪 一憲, 松本 陽子, 織田 克利, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行

子宮頸部神経内分泌癌の初回治療法別の予後に関する検討

2014年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 66 2 620-620 

その他

松浦 宏美, 有本 貴英, 江口 聡子, 冨尾 賢介, 谷川 道洋, 長阪 一憲, 松本 陽子, 織田 克利, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行

当科における子宮体癌肥満症例の検討

2014年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 66 2 888-888 

その他

井上 知子, 川名 敬, 永松 健, 田口 歩, 長阪 一憲, 西田 晴香, 松本 陽子, 有本 貴英, 平池 修, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行

子宮体癌における腫瘍間質細胞(Cancer-associated fibroblast:CAF)はNK細胞の細胞障害活性を抑制する

2014年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 66 2 891-891 

その他

長阪 一憲, 川名 敬, 冨尾 賢介, 江口 聡子, 谷川 道洋, 曾根 献文, 鶴賀 哲史, 松本 陽子, 有本 貴英, 織田 克利, 大須賀 穣, 藤井 知行

卵巣癌T3c期に対するInterval Debulking Surgery(IDS)の臨床的意義に関する研究

2014年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 66 2 903-903 

その他

宮本 雄一郎, 平池 修, 長阪 一憲, 大石 元, 甲賀 かをり, 藤本 晃久, 大須賀 穣, 矢野 哲, 上妻 志郎, 武谷 雄二

術前診断が困難であった尿膜管腫瘍の1例

2013年11月 | (一社)日本産科婦人科内視鏡学会 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 29 1 69-73 

その他

佐藤 雅和, 大石 元, 長阪 一憲, 平田 哲也, 甲賀 かをり, 平池 修, 藤本 晃久, 大須賀 穣, 藤井 知行

急性リンパ性白血病治療後に腟壁癒着による続発性無月経となった一例

2013年10月 | (一社)日本生殖医学会 日本生殖医学会雑誌 58 4 427-427 

その他

冨尾 賢介, 長阪 一憲, 前田 大地, 谷川 道洋, 松本 陽子, 有本 貴英, 織田 克利, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行

HPV感染に関連した子宮頸部明細胞腺癌の一例

2013年10月 | (公社)日本臨床細胞学会 日本臨床細胞学会雑誌 52 Suppl.2 584-584 

その他

河田 啓, 有本 貴英, 金 愛理, 小島 聡子, 冨尾 賢介, 谷川 道洋, 長阪 一憲, 松本 陽子, 織田 克利, 川名 敬, 大須賀 穣, 藤井 知行

子宮頸部小細胞癌に対してEP療法を施行した症例の検討

2013年09月 | (一社)日本癌治療学会 日本癌治療学会誌 48 3 1693-1693 

その他

金 愛理, 川名 敬, 河田 啓, 小島 聡子, 冨尾 賢介, 谷川 道洋, 長阪 一憲, 松本 陽子, 有本 貴英, 織田 克利, 藤井 知行

免疫療法を含む集学的治療により長期生存を得た子宮頸部小細胞癌IVb期の一例

2013年09月 | (一社)日本癌治療学会 日本癌治療学会誌 48 3 2841-2841 

その他

木下 紗林子, 有本 貴英, 森田 吉洋, 田中 麻理子, 前田 大地, 小島 聡子, 長阪 一憲, 松本 陽子, 織田 克利, 川名 敬, 大須賀 譲, 藤井 知行

子宮体癌の術後病理組織診断で偶発的に卵管漿液性腺癌が発見された重複癌の一例

2013年08月 | (一社)関東連合産科婦人科学会 関東連合産科婦人科学会誌 50 3 482-482 

その他

長阪 一憲, 川名 敬

【CIN(子宮頸部上皮内腫瘍)をとりまく最近の話題】 HPVジェノタイピングと臨床的意義

2013年06月 | (株)診断と治療社 産科と婦人科 80 6 733-738 

その他

佐藤 雅和, 川名 敬, 宮本 雄一郎, 佐藤 英貴, 曾根 献文, 三浦 紫保, 長阪 一憲, 松本 陽子, 有本 貴英, 織田 克利, 藤井 知行

高分化型子宮内膜腺癌に対する黄体ホルモン(大量MPA)療法の効果予測マーカーに関する検討

2013年06月 | (公社)日本婦人科腫瘍学会 日本婦人科腫瘍学会雑誌 31 3 430-430 

その他

高橋 樹里, 松本 陽子, 宮本 雄一郎, 佐藤 英貴, 曾根 献文, 三浦 紫保, 長阪 一憲, 有本 貴英, 織田 克利, 川名 敬, 藤井 知行, 上妻 志郎

子宮体癌の術後療法と再発部位の検討

2013年06月 | (公社)日本婦人科腫瘍学会 日本婦人科腫瘍学会雑誌 31 3 431-431 

その他

南川 麻里, 織田 克利, 有本 貴英, 曾根 献文, 前田 大地, 松本 陽子, 長阪 一憲, 三浦 紫保, 佐藤 英貴, 上原 ゆり子, 宮本 雄一郎, 川名 敬, 藤井 知行, 上妻 志郎

40歳以上の卵巣悪性胚細胞腫瘍の臨床像の検討

2013年06月 | (公社)日本婦人科腫瘍学会 日本婦人科腫瘍学会雑誌 31 3 448-448 

その他

西島 明, 有本 貴英, 織田 克利, 宮本 雄一郎, 上原 ゆり子, 佐藤 英貴, 鶴賀 哲史, 三浦 紫保, 長阪 一憲, 松本 陽子, 川名 敬, 藤井 知行, 上妻 志郎

当科における子宮頸部腺扁平上皮癌1、2期症例の検討

2013年06月 | (公社)日本婦人科腫瘍学会 日本婦人科腫瘍学会雑誌 31 3 449-449 

その他

平岡 毅大, 松本 陽子, 織田 克利, 宮本 雄一郎, 佐藤 英貴, 三浦 紫保, 長阪 一憲, 有本 貴英, 川名 敬, 藤井 知行, 上妻 志郎

原発不明卵巣印環細胞癌の1症例

2013年05月 | (一社)関東連合産科婦人科学会 関東連合産科婦人科学会誌 50 2 324-324 

その他

長阪 一憲, 川名 敬

【子宮体がん、子宮頸がんの薬物治療】 子宮頸がんに対する薬物療法の実際 新しい薬物療法の可能性 分子標的治療薬と個別化治療

2013年02月 | (株)ヴァンメディカル 臨床腫瘍プラクティス 9 1 57-63 

その他

清木 孝之, 長阪 一憲, 宮坂 亞希, 福田 友彦, 樫山 智子, 平池 修, 織田 克利, 川名 敬, 中川 俊介, 矢野 哲, 藤井 知行, 上妻 志郎

HPV16型E6癌蛋白質はhScrib-PP1複合体の細胞内局在を変化させ、ERK依存的増殖能を獲得する

2013年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 65 2 528-528 

その他

井上 知子, 川名 敬, 田口 歩, 横山 照史, 山下 亜紀, 冨尾 賢介, 足立 克之, 長阪 一憲, 織田 克利, 矢野 哲, 藤井 知行, 上妻 志郎

CIN治療を目的としたE7発現型乳酸菌HPV経口ワクチンによるE7特異的粘膜免疫誘導能は合成セラミドα-GalCerと漢方薬併用経口投与により増強する

2013年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 65 2 528-528 

その他

田口 歩, 川名 敬, 有田 誠, 甲賀 かをり, 冨尾 賢介, 山下 亜紀, 長阪 一憲, 松本 陽子, 織田 克利, 矢野 哲, 藤井 知行, 上妻 志郎

オメガ3多価不飽和脂肪酸(ω3-PUFA)は子宮頸癌モデルにおいて腫瘍間質のMMP-9抑制と血管新生阻害によって抗腫瘍効果を発揮する

2013年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 65 2 529-529 

その他

高橋 樹里, 川名 敬, 宮本 雄一郎, 佐藤 英貴, 三浦 紫保, 長阪 一憲, 松本 陽子, 有本 貴英, 織田 克利, 矢野 哲, 藤井 知行, 上妻 志郎

再発時腫瘍マーカーパターンから見た子宮体癌再発例の予後の検討

2013年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 65 2 586-586 

その他

飯塚 奈緒, 松本 陽子, 丸山 正統, 佐藤 英貴, 三浦 紫保, 長阪 一憲, 有本 貴英, 織田 克利, 川名 敬, 矢野 哲, 藤井 知行, 上妻 志郎

子宮内膜細胞診や組織診による診断確定の困難な子宮内膜悪性腫瘍症例における子宮鏡検査の有用性

2013年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 65 2 591-591 

その他

西田 晴香, 松本 陽子, 川名 敬, 田口 歩, 山下 亜紀, 長阪 一憲, 織田 克利, 矢野 哲, 藤井 知行, 上妻 志郎

婦人科がんにおけるnon-coding RNAs 子宮頸癌担癌マウスにおけるHPV E6 siRNA内包ナノミセルを用いた新規分子標的薬の抗腫瘍効果の検討

2013年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 65 2 678-678 

その他

佐藤 雅和, 川名 敬, 長阪 一憲, 宮本 雄一郎, 佐藤 英貴, 三浦 紫保, 松本 陽子, 有本 貴英, 織田 克利, 矢野 哲, 藤井 知行, 上妻 志郎

子宮頸癌の根治手術後の再発症例における再発部位と再発後予後に関する検討

2013年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 65 2 687-687 

その他

山下 亜紀, 川名 敬, 有田 誠, 田口 歩, 古屋 仁美, 冨尾 賢介, 長阪 一憲, 永松 健, 織田 克利, 矢野 哲, 藤井 知行, 上妻 志郎

EPA(エイコサペンタンエン酸)の活性代謝物は新規の早産予防薬になりうる

2013年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 65 2 851-851 

その他

秋野 なな, 有本 貴英, 川名 敬, 宮本 雄一郎, 佐藤 英貴, 三浦 紫保, 長阪 一憲, 松本 陽子, 織田 克利, 矢野 哲, 藤井 知行, 上妻 志郎

卵巣癌3、4期再発症例における維持化学療法の有用性についての検討

2013年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 65 2 872-872 

その他

藤川 朋奈, 三浦 紫保, 松本 陽子, 川名 敬, 有本 貴英, 長阪 一憲, 佐藤 英貴, 宮本 雄一郎, 織田 克利, 矢野 哲, 藤井 知行, 上妻 志郎

卵巣腫瘍の質的診断における術前FDG-PET/CTのSUVmax値の臨床的意義に関する検討

2013年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 65 2 963-963 

その他

松村 慶子, 織田 克利, 神尊 貴裕, 有本 貴英, 松本 陽子, 長阪 一憲, 三浦 紫保, 佐藤 英貴, 川名 敬, 藤井 知行, 矢野 哲, 上妻 志郎

卵巣低悪性度奬液性腺癌の臨床像

2013年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 65 2 965-965 

その他

長阪一憲

ヒトパピローマウイルスDNA検査 臨床検査ガイド2013-2014.

2013年 | 文光堂. 東京  

その他

大石 元, 平池 修, 宮本 雄一郎, 長阪 一憲, 丸山 正統, 藤本 晃久, 大須賀 穣, 藤井 知行, 矢野 哲, 上妻 志郎

不妊症患者における子宮内膜ポリープの治療とその効果に関する検討

2012年10月 | (一社)日本生殖医学会 日本生殖医学会雑誌 57 4 448-448 

その他

長阪 一憲, 川名 敬, 佐藤 雅和, 鈴木 なな, 高橋 樹里, 藤川 朋奈, 宮本 雄一郎, 曾根 献文, 三浦 紫保, 松本 陽子, 有本 貴英, 織田 克利, 藤井 知行, 矢野 哲, 上妻 志郎

CIN3+子宮頸癌Ia1期に対する子宮頸部円錐切除術の有用性と再発に関する検討

2012年10月 | (一社)日本癌治療学会 日本癌治療学会誌 47 3 947-947 

その他

宮本 雄一郎, 有本 貴英, 織田 克利, 佐藤 英貴, 曾根 献文, 三浦 紫保, 長阪 一憲, 松本 陽子, 川名 敬, 矢野 哲, 上妻 志郎

4b期子宮体癌治療における手術療法の有用性の検討

2012年10月 | (一社)日本癌治療学会 日本癌治療学会誌 47 3 1353-1353 

その他

三浦 紫保, 松本 陽子, 川名 敬, 浅田 佳代, 宮本 雄一郎, 佐藤 英貴, 曽根 献文, 長阪 一憲, 中澤 直子, 有本 貴英, 織田 克利, 室之園 悦雄, 矢野 哲, 上妻 志郎

再発卵巣明細胞腺癌に対するGemcitabine療法の有用性の検討

2012年10月 | (一社)日本癌治療学会 日本癌治療学会誌 47 3 1793-1793 

その他

高橋 樹里, 織田 克利, 藤川 朋奈, 有本 貴英, 宮本 雄一郎, 佐藤 英貴, 曾根 献文, 森 繭代, 三浦 紫保, 長阪 一憲, 松本 陽子, 中江 華子, 川名 敬, 矢野 哲, 上妻 志郎

腹腔内播種を伴った卵巣低悪性度漿液性腺癌の3例

2012年10月 | (一社)日本癌治療学会 日本癌治療学会誌 47 3 1810-1810 

その他

山本 泰寛, 長阪 一憲, 宮本 雄一郎, 中江 華子, 織田 克利, 有本 貴英, 松本 陽子, 三浦 紫保, 川名 敬, 矢野 哲, 藤井 知行, 上妻 志郎

化学療法中に腎後性腎障害が進行し,薬剤性意識障害を来たした卵巣癌の1例

2012年08月 | (一社)関東連合産科婦人科学会 関東連合産科婦人科学会誌 49 3 421-421 

その他

大石 元, 藤本 晃久, 宮本 雄一郎, 長阪 一憲, 平池 修, 大須賀 穣, 矢野 哲, 上妻 志郎, 武谷 雄二

卵巣腫瘍との鑑別が困難であった尿膜管腫瘍の1例

2012年08月 | (一社)日本産科婦人科内視鏡学会 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 28 1 230-230 

その他

長阪 一憲, 川名 敬, 田口 歩, 清木 孝之, 山下 亜紀, 宮本 雄一郎, 曽根 献文, 松本 陽子, 平池 修, 織田 克利, 中川 俊介, 矢野 哲, 武谷 雄二

細胞極性決定因子hScribは脱リン酸化蛋白Protein phosphatase-1 gammaとの結合を介してERK経路を制御する(hScrib regulation of ERK through direct recruitment of protein phosphatase 1 gamma)

2012年08月 | 日本癌学会 日本癌学会総会記事 71回 72-72 

その他

浅田 佳代, 川名 敬, 長阪 一憲, 冨尾 賢介, 田口 歩, 神尊 貴裕, 横山 照史, 織田 克利, 有本 貴英, 松本 陽子, 中川 俊介, 矢野 哲, 武谷 雄二

HPV6型に起因する子宮頸癌・外陰癌における遺伝子変異と発癌機序の検討(Analysis of carcinogenetic mechanism of the gynecologic cancers caused by low risk HPV6)

2012年08月 | 日本癌学会 日本癌学会総会記事 71回 118-118 

その他

田口 歩, 川名 敬, 長阪 一憲, 松本 陽子, 冨尾 賢介, 織田 克利, 矢野 哲

オメガ3脂肪酸は抗炎症作用によって、マウスの腹膜癌モデルによる癌悪液質を改善する(Omega-3 fatty acids improve peritoneal cancer cachexia through its anti-inflammatory effect: a transgenic mice model)

2012年08月 | 日本癌学会 日本癌学会総会記事 71回 207-207 

その他

松本 陽子, 宮本 雄一郎, カブラル・オラシオ, 松本 有, 長阪 一憲, 中川 俊介, 曽根 献文, 西田 晴香, 川名 敬, 矢野 哲, 西山 伸宏, 上妻 志郎, 片岡 一則

高分子ナノミセル内包プロテアソーム阻害剤の抗腫瘍効果の増強と高速蛍光イメージングシステムを用いたin vivoリアルタイム解析(Enhanced Antitumor Activity of Proteasome Inhibitor MG132-loaded Polymeric Micelle Drug Carriers)

2012年08月 | 日本癌学会 日本癌学会総会記事 71回 236-236 

その他

長阪 一憲, 川名 敬

ヒトパピローマウイルスワクチンの効果

2012年06月 | (NPO)バイオメディカルサイエンス研究会 バムサジャーナル 24 2 44-50 

その他

長阪 一憲, 冨尾 賢介, 川名 敬, 三宅 友子, 藤本 麻葉, 宮本 雄一郎, 佐藤 英貴, 曾根 献文, 三浦 紫保, 松本 陽子, 有本 貴英, 織田 克利, 中川 俊介, 矢野 哲, 武谷 雄二

進行卵巣癌(T3c期)に対するInterval Debulking Surgery(IDS)施行例における予後因子の検討

2012年06月 | (公社)日本婦人科腫瘍学会 日本婦人科腫瘍学会雑誌 30 3 386-386 

その他

宮本 雄一郎, 佐藤 英貴, 三浦 紫保, 長阪 一憲, 曾根 献文, 松本 陽子, 有本 貴英, 織田 克利, 川名 敬, 矢野 哲, 上妻 志郎, 武谷 雄二

当科での子宮内膜異型増殖症、高分化子宮体癌に対するMPA療法を用いた妊孕性温存治療に関する検討

2012年06月 | (公社)日本婦人科腫瘍学会 日本婦人科腫瘍学会雑誌 30 3 392-392 

その他

長阪 一憲, 川名 敬

【性感染症の現状と治療の問題点】 HPVワクチン

2012年04月 | (株)医薬ジャーナル社 化学療法の領域 28 5 825-832 

その他

長阪一憲

これだけは知っておきたい検査のポイント-第9集】 腫瘍マーカー 乳腺・婦人科系 CA125,CA130,CA602

2012年 | Medicina  

その他

清木 孝之, 中川 俊介, 谷川 道洋, 松本 陽子, 宮本 雄一郎, 長阪 一憲, 平池 修, 樫山 智子, 池田 悠至, 織田 克利, 矢野 哲, 武谷 雄二

子宮頸癌細胞株におけるHPV E6癌蛋白による長寿関連タンンパクSIRT1の発現の増強(SIRT1, a longevity-related protein, is up-regulated in HPV positive cervical cancer by E6 oncoprotein)

2011年09月 | 日本癌学会 日本癌学会総会記事 70回 411-411 

その他

中川 俊介, 宮本 雄一郎, 平池 春子, 曽根 献文, 鶴賀 哲史, 長阪 一憲, 松本 陽子, 有本 貴英, 平池 修, 織田 克利, 矢野 哲, 上妻 志郎, 武谷 雄二

婦人科がんにおける基礎から臨床への研究 プロテアソーム阻害剤を用いたHPV陽性子宮頸癌の新規治療ストラテジー(A novel therapeutic strategy to target human papillomavirus-positive cervical cancer with proteasome inhibitor)

2011年09月 | 日本癌学会 日本癌学会総会記事 70回 419-419 

その他

根井 朝美, 西田 晴香, 板橋 香奈, 長阪 一憲, 袖本 武男, 香川 秀之, 外岡 暁子

内膜症性嚢胞から発生した癌肉腫の一例

2011年06月 | (公社)日本婦人科腫瘍学会 日本婦人科腫瘍学会雑誌 29 3 606-606 

その他

平池 春子, 平池 修, 谷川 道洋, 宮本 雄一郎, 曾根 献文, 長阪 一憲, 池田 悠至, 松本 陽子, 織田 克利, 中川 俊介, 矢野 哲, 武谷 雄二

乳癌抑制候補遺伝子産物DBC1は、乳癌において核異型度と関連し、HER2発現と逆相関する

2011年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 63 2 481-481 

その他

久須美 真紀, 袖本 武男, 板橋 香奈, 長阪 一憲, 星野 寛美, 香川 秀之

当院で経験した妊婦に対する腹腔鏡下手術と開腹手術について

2011年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 63 2 568-568 

その他

久須美 真紀, 袖本 武男, 板橋 香奈, 長阪 一憲, 香川 秀之

妊娠に合併した良性卵巣嚢腫に対する腹腔鏡下手術と開腹手術の検討

2010年12月 | (一社)日本産科婦人科内視鏡学会 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 26 2 605-609 

その他

宮本 雄一郎, 中川 俊介, 庄司 恵子, 平池 春子, 曾根 献文, 鶴賀 哲史, 長阪 一憲, 松本 陽子, 平池 修, 織田 克利, 矢野 哲, 武谷 雄二

ショウジョウバエ癌抑制遺伝子のヒトホモログであるhScribは卵巣明細胞腺癌にて著明に発現低下している(Human homolog of Drosophila tumor suppressor hScrib expression is significantly decreased in Clear cell ovarian cancer)

2009年08月 | 日本癌学会 日本癌学会総会記事 68回 327-327 

その他

宮本 雄一郎, 中川 俊介, 庄司 恵子, 平池 春子, 曾根 献文, 鶴賀 哲史, 長阪 一憲, 松本 陽子, 平池 修, 織田 克利, 矢野 哲, 武谷 雄二

ナノテクノロジーに基づく新規DDSを用いた、proteasome阻害剤による子宮頸癌の新規分子標的療法の開発

2009年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 61 2 657-657 

その他

宮本 雄一郎, 平池 春子, 曾根 献文, 鶴賀 哲史, 長阪 一憲, 松本 陽子, 平池 修, 織田 克利, 中川 俊介, 八杉 利治, 矢野 哲, 武谷 雄二

proteasome阻害剤VELCADEによる子宮頸癌治療の試み

2008年10月 | (一社)日本癌治療学会 日本癌治療学会誌 43 2 408-408 

その他

合阪 幸三, 関口 由紀, 生月 弓子, 有田 白峰, 長阪 一憲, 入山 高行, 松岡 良, 小畑 清一郎

更年期以降の外陰部乾燥、そう痒に対するestrogen含有クリーム剤(バストミン)の効果

2008年10月 | (一社)日本女性医学学会 日本更年期医学会雑誌 16 2 252-257 

その他

曾根 献文, 中川 俊介, 松本 陽子, 長阪 一憲, 鶴賀 哲史, 平池 春子, 宮本 雄一郎, 庄司 恵子, 織田 克利, 矢野 哲, 武谷 雄二

ショウジョウバエの癌抑制蛋白scribbleのヒトホモログであるhuman scribbleはアポトーシス時カスパーゼによって分解される(Human homologue of Drosophia tumor suppressor scribble is a novel death substrate targeted by caspase during apoptosis)

2008年09月 | 日本癌学会 日本癌学会総会記事 67回 51-51 

その他

宮本 雄一郎, 曾根 献文, 平池 春子, 鶴賀 哲史, 長阪 一憲, 松本 陽子, 平池 修, 織田 克利, 中川 俊介, 八杉 利治, 矢野 哲, 武谷 雄二

proteasome阻害剤VELCADEによる子宮頸癌治療の試み(The proteasome inhibitor VELCADE effectively suppress the growth of cervical cancer cells)

2008年09月 | 日本癌学会 日本癌学会総会記事 67回 270-270 

その他

合阪 幸三, 有田 白峰, 入山 高行, 長阪 一憲, 松岡 良

母乳および人工乳に含まれる微量ミネラル含有量の測定 母児毛髪中のミネラル含有量との相関

2008年06月 | 日本微量元素学会 Biomedical Research on Trace Elements 19 2 182-182 

その他

合阪 幸三, 有田 白峰, 長阪 一憲, 松岡 良

更年期婦人の骨塩量減少予防に対するホルモン補充療法、RaloxifeneおよびBisphosphonate製剤の臨床効果の比較

2008年04月 | ライフサイエンス出版(株) Osteoporosis Japan 16 2 311-311 

その他

曾根 献文, 中川 俊介, 瀧澤 慎, 松本 陽子, 長阪 一憲, 鶴賀 哲史, 平池 春子, 宮本 雄一郎, 八杉 利治, 矢野 哲, 武谷 雄二

HPV E6新規標的蛋白DBC-1(乳癌関連遺伝子)のアポトーシスへの関与

2008年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 60 2 501-501 

その他

宮本 雄一郎, 中川 俊介, 平池 春子, 曾根 献文, 鶴賀 哲史, 長阪 一憲, 松本 陽子, 瀧澤 慎, 織田 克利, 八杉 利治, 矢野 哲, 武谷 雄二

proteasome阻害剤VELCADEによる子宮頸癌治療の試み

2008年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 60 2 502-502 

その他

鶴賀 哲史, 中川 俊介, 平池 春子, 宮本 雄一郎, 曾根 献文, 長阪 一憲, 松本 陽子, 瀧澤 慎, 八杉 利治, 矢野 哲, 武谷 雄二

ショウジョウバエ癌抑制蛋白LglのヒトホモログであるHugl-1はadherens junctionの"架橋蛋白"であるLMO7と結合する

2008年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 60 2 565-565 

その他

合阪 幸三, 有田 白峰, 松岡 良, 国府田 きよ子, 生月 弓子, 長阪 一憲, 森 宏之

母乳中および母児毛髪中の微量ミネラル含有量に関する研究

2008年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 60 2 599-599 

その他

松岡 良, 合阪 幸三, 有田 白峰, 国府田 きよ子, 長阪 一憲, 森 宏之

体外受精を行わない症例におけるrecombinant FSH製剤を用いた排卵誘発療法

2008年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 60 2 631-631 

その他

有田 白峰, 長阪 一憲, 松岡 良, 合阪 幸三, 国府田 きよ子

40歳以上の患者に対する子宮筋腫核出術の予後について

2008年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 60 2 698-698 

その他

平池 春子, 中川 俊介, 平池 修, 瀧澤 慎, 松本 陽子, 長阪 一憲, 鶴賀 哲史, 曾根 献文, 宮本 雄一郎, 八杉 利治, 矢野 哲, 武谷 雄二

極性保持に関与する癌抑制蛋白Hgl-1の結合蛋白としてのSH3BP2の同定

2008年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 60 2 735-735 

その他

生月 弓子, 合阪 幸三, 有田 白峰, 松岡 良, 国府田 きよ子, 長阪 一憲, 森 宏之

更年期以降の外陰部乾燥、掻痒に対するestrogen含有クリーム製剤の効果

2008年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 60 2 759-759 

その他

合阪 幸三, 有田 白峰, 長阪 一憲, 松岡 良, 国府田 きよ子

更年期以降の外陰部乾燥、掻痒に対するestrogen含有クリーム剤(バストミン)の効果

2007年10月 | (一社)日本女性医学学会 日本更年期医学会雑誌 15 Suppl. 107-107 

その他

合阪 幸三, 有田 白峰, 長阪 一憲, 松岡 良

子宮内膜症に対するGn-RH agonist療法中の骨密度減少予防の重要性

2007年10月 | ライフサイエンス出版(株) Osteoporosis Japan 15 Suppl.1 214-214 

その他

合阪 幸三, 有田 白峰, 長阪 一憲, 松岡 良

母乳中の微量ミネラル含有量の測定 母児毛髪中のミネラル含有量との相関

2007年09月 | 日本母乳哺育学会(一社) 日本母乳哺育学会学術集会プログラム・抄録集 22回 51-51 

その他

合阪 幸三, 長阪 一憲, 有田 白峰, 松岡 良, 森 宏之

乳頭吸啜による血中prolactin値の上昇はヒトにおける乳汁分泌能を予知しうる

2007年09月 | (一社)日本繁殖生物学会 The Journal of Reproduction and Development 53 Suppl. j59-j59 

その他

合阪 幸三, 長阪 一憲, 有田 白峰, 松岡 良, 森 宏之

乳頭吸啜による血中prolactin値の上昇はヒトにおける乳汁分泌能を予知しうる

2007年09月 | (一社)日本内分泌学会 日本内分泌学会雑誌 83 2 517-517 

その他

合阪 幸三, 有田 白峰, 長阪 一憲, 松岡 良, 国府田 きよ子

Endometrial hyperplasiaに対するラロキシフェン投与の効果

2007年08月 | (株)メディカルレビュー社 SERM: Selective Estrogen Receptor Modulator 5 110-111 

その他

鶴賀 哲史, 中川 俊介, 平池 春子, 宮本 雄一郎, 曾根 献文, 長阪 一憲, 松本 陽子, 瀧澤 慎, 八杉 利治, 矢野 哲, 武谷 雄二

ショウジョウバエ癌抑制蛋白LGLのヒトホモログであるHugl-1はLMO7と結合する(LMO7 IS A NOVEL BINDING PARTNER OF Hugl-1,WHICH IS A HUMAN HOMOLOGUE OF DROSPHILA NEOPLASTIC TUMOR SUPPRESSOR LGL)

2007年08月 | 日本癌学会 日本癌学会総会記事 66回 133-133 

その他

長阪 一憲, 中川 俊介, 松本 陽子, 鶴賀 哲史, 曽根 献文, 宮本 雄一郎, 平池 春子, 平池 修, 八杉 利治, 矢野 哲, 武谷 雄二

プロテアソーム阻害剤によるHPV陽性子宮頸癌に対する分子標的治療を目指した基礎的検討(Inhibition of proteasome function induces growth arrest and apoptosis in HPV-positive cervical carcinoma)

2007年08月 | 日本癌学会 日本癌学会総会記事 66回 291-291 

その他

曾根 献文, 中川 俊介, 平池 春子, 宮本 雄一郎, 鶴賀 哲史, 長阪 一憲, 松本 陽子, 瀧澤 慎, 八杉 利治, 矢野 哲, 武谷 雄二

乳癌に欠失したカスパーゼ依存性切断はアポトーシス性シグナルのプロモーションに関与する(Caspase-dependenf Cleavage of deleted in breast cancer-1 (DBC-1) is involved in promotion of apoptotic signals)

2007年08月 | 日本癌学会 日本癌学会総会記事 66回 451-451 

その他

平池 春子, 中川 俊介, 宮本 雄一郎, 曾根 献文, 鶴賀 哲史, 長阪 一憲, 松本 陽子, 瀧澤 慎, 八杉 利治, 矢野 哲, 武谷 雄二

ショウジョウバエの腫瘍抑制因子のヒトホモログHugl-1の結合分子としてのSH3-BPの同定(Identification of SH3-BP2 as a binding partner of Hugl-1,human homologue of Drosophila neoplastic tumor suppressor)

2007年08月 | 日本癌学会 日本癌学会総会記事 66回 476-476 

その他

宮本 雄一郎, 中川 俊介, 平池 春子, 曾根 献文, 鶴賀 哲史, 長阪 一憲, 松本 陽子, 瀧澤 慎, 八杉 利治, 矢野 哲, 武谷 雄二

プロテアソーム阻害因子VELCADEによるヒトパピローマウイルス陽性子宮頸癌細胞の増殖調節(Growth control of human papillomavirus-positive cervical cancer cells with the proteasomal inhibitor VELCADE)

2007年08月 | 日本癌学会 日本癌学会総会記事 66回 525-525 

その他

合阪 幸三, 有田 白峰, 板橋 香奈, 長阪 一憲, 国府田 きよ子, 松岡 良

子宮内膜症の新しい治療および治療の工夫 低容量pillを用いた子宮内膜症に対する新しい治療戦略

2007年07月 | 日本エンドメトリオーシス学会 エンドメトリオージス研究会会誌 28 52-55 

その他

合阪 幸三, 板橋 香奈, 黒田 健治, 有田 白峰, 長阪 一憲, 国府田 きよ子, 松岡 良

コンプライアンスの向上を目指したビスフォスフォネート(daily tablet)の新しい投与法

2007年07月 | ライフサイエンス出版(株) Osteoporosis Japan 15 3 487-490 

その他

合阪 幸三, 有田 白峰, 長阪 一憲, 松岡 良, 国府田 きよ子, 板橋 香奈

Gn-RH agonist投与により筋腫分娩となった粘膜下筋腫の2例

2007年05月 | (一社)関東連合産科婦人科学会 日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報 44 2 177-177 

その他

合阪 幸三, 板橋 香奈, 有田 白峰, 長阪 一憲, 松岡 良

子宮内膜症に対するGn-RH agonist療法中の骨密度減少予防を目的としたBisphosphonate併用療法の効果

2007年04月 | ライフサイエンス出版(株) Osteoporosis Japan 15 2 289-289 

その他

長阪 一憲, 中川 俊介, 瀧澤 慎, 松本 陽子, 鶴賀 哲史, 曾根 献文, 八杉 利治, 矢野 哲, 武谷 雄二

プロテアソーム阻害剤によるHPV陽性子宮頸癌に対する分子標的治療を目指した基礎的検討

2007年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 59 2 349-349 

その他

曾根 献文, 中川 俊介, 瀧澤 慎, 松本 陽子, 長阪 一憲, 鶴賀 哲史, 八杉 利治, 矢野 哲, 武谷 雄二

Death substrateとしてのhScribの役割

2007年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 59 2 364-364 

その他

松本 陽子, 中川 俊介, 曾根 献文, 鶴賀 哲史, 長阪 一憲, 滝澤 慎, 八杉 利治, 矢野 哲, 武谷 雄二

HPV E6癌蛋白により分解を受ける乳癌関連癌抑制蛋白(DBC-1)の子宮頸癌発生への関与についての解析

2007年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 59 2 367-367 

その他

鶴賀 哲史, 中川 俊介, 瀧澤 慎, 松本 陽子, 長阪 一憲, 曾根 献文, 八杉 利治, 矢野 哲, 武谷 雄二

癌抑制蛋白LglのヒトホモログであるHugl-1の機能に関する検討

2007年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 59 2 411-411 

その他

生月 弓子, 合阪 幸三, 板橋 香奈, 有田 白峰, 松岡 良, 黒田 健治, 長阪 一憲, 武谷 雄二, 森 宏之

卵巣の多嚢胞性パターンは日本人PCOSに必須か?

2007年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 59 2 454-454 

その他

有田 白峰, 合阪 幸三, 板橋 香奈, 松岡 良, 黒田 健治, 長阪 一憲, 武谷 雄二, 森 宏之, 飯野 好明, 国府田 きよ子

妊娠予後からみた内膜症性嚢胞に対する腹腔鏡手術の有用性 いつ体外受精に踏み切るべきか

2007年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 59 2 667-667 

その他

上村 拓, 合阪 幸三, 有田 白峰, 板橋 香奈, 松岡 良, 黒田 健治, 長阪 一憲, 飯野 好明, 武谷 雄二, 森 宏之

早期における母児接触と母乳分泌 その内分泌学的背景

2007年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 59 2 679-679 

その他

高根 ヴィクトル, 合阪 幸三, 松岡 良, 有田 白峰, 板橋 香奈, 黒田 健治, 飯野 好明, 生月 弓子, 長阪 一憲, 武谷 雄二, 森 宏之

Bisphosphonateの新しい投与法 コンプライアンスの改善を目指して

2007年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 59 2 739-739 

その他

板橋 香奈, 長阪 一憲, 黒田 健治, 有田 白峰, 国府田 きよ子, 松岡 良, 合阪 幸三, 武谷 雄

手術創に対する湿潤療法の有用性

2007年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 59 2 745-745 

その他

合阪 幸三, 有田 白峰, 板橋 香奈, 長阪 一憲, 松岡 良, 国府田 きよ子, 森 宏之

塩酸ピオグリタゾンの投与により妊娠したPCOSの1例

2006年12月 | (一社)日本内分泌学会 日本内分泌学会雑誌 82 3 696-696 

その他

合阪 幸三, 高根 ヴィクトル, 生月 弓子, 上村 拓, 黒田 健治, 有田 白峰, 板橋 香奈, 長阪 一憲, 武谷 雄二, Foul Russell A

高齢婦人における子宮内膜発育不全に対するクエン酸シルデナフィル(sildenafil citrate、バイアグラ)経口投与の子宮内膜肥厚および体外受精胚移植成績に及ぼす効果

2006年12月 | 金原出版(株) 産婦人科の実際 55 13 2245-2248 

その他

合阪 幸三, 板橋 香奈, 黒田 健治, 有田 白峰, 長阪 一憲

コンプライアンスの向上を目指したbisphosphonateの新しい投与法の開発

2006年10月 | (株)ライフ・サイエンス Progress in Medicine 26 10 2579-2581 

その他

長阪 一憲, 中川 俊介, 曾根 献文, 鶴賀 哲史, 松本 陽子, 瀧澤 慎, 川名 敬, 八杉 利治, 矢野 哲, 武谷 雄二

プロテアソーム阻害剤による子宮頸癌分子標的治療を目指した基礎的研究

2006年09月 | (一社)日本癌治療学会 日本癌治療学会誌 41 2 548-548 

その他

合阪 幸三, 有田 白峰, 板橋 香奈, 黒田 健治, 長阪 一憲

卵巣の多嚢胞性パターンは日本人PCOSに必須か?

2006年09月 | (一社)日本内分泌学会 日本内分泌学会雑誌 82 2 467-468 

その他

松本 陽子, 中川 俊介, 瀧澤 慎, 長阪 一憲, 鶴賀 哲史, 曽根 献文, 八杉 利治, 矢野 哲, 武谷 雄二

HPV 16癌蛋白の新規標的癌抑制蛋白であるDBC-1の子宮頸癌発生への関与についての解析

2006年09月 | 日本癌学会 日本癌学会総会記事 65回 41-41 

その他

長阪 一憲, 中川 俊介, 曾根 献文, 鶴賀 哲史, 松本 陽子, 瀧澤 慎, 八杉 利治, 矢野 哲, 武谷 雄二

プロテアソーム阻害剤によるHPV感染子宮頸癌に対する分子標的治療を目指した基礎的検討

2006年09月 | 日本癌学会 日本癌学会総会記事 65回 41-41 

その他

曽根 献文, 中川 俊介, 鶴賀 哲史, 長阪 一憲, 松本 陽子, 滝澤 慎, 八杉 利治, 矢野 哲, 武谷 雄二

ショウジョウバエの細胞極性決定に関わるScribのヒトホモログであるhScribのアポトーシスへの関与

2006年09月 | 日本癌学会 日本癌学会総会記事 65回 440-441 

その他

鶴賀 哲史, 中川 俊介, 曾根 献文, 長阪 一憲, 松本 陽子, 瀧澤 慎, 八杉 利治, 矢野 哲, 武谷 雄二

ショウジョウバエ癌抑制蛋白であるlethal giant larvaeヒトホモログのHugl-1の細胞極性維持機構における役割

2006年09月 | 日本癌学会 日本癌学会総会記事 65回 441-441 

その他

長阪 一憲, 中川 俊介, 瀧澤 慎, 松本 陽子, 鶴賀 哲史, 八杉 利治, 矢野 哲, 武谷 雄二

子宮頸癌関連癌抑制蛋白であるhuman Scribbleの細胞内発現調節メカニズムの解析

2006年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 58 2 372-372 

その他

松本 陽子, 中川 俊介, 長阪 一憲, 鶴賀 哲史, 瀧澤 慎, 八杉 利治, 矢野 哲, 武谷 雄二

HPV E6癌蛋白により分解を受ける乳癌関連癌抑制蛋白(DBC-1)の子宮頸癌発生への関与についての解析

2006年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 58 2 376-376 

その他

瀧澤 慎, 中川 俊介, 松本 陽子, 長阪 一憲, 鶴賀 哲史, 八杉 利治, 矢野 哲, 武谷 雄二

High-risk HPV E6のユビキチン化標的蛋白であるhuman Scribbleの細胞周期調節および細胞増殖制御機能の解析

2006年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 58 2 376-376 

その他

鶴賀 哲史, 中川 俊介, 瀧澤 慎, 松本 陽子, 長阪 一憲, 八杉 利治, 矢野 哲, 武谷 雄二

Drosophila Neoplastic Tumor Suppressor,LglのヒトホモログであるHugl-1の子宮内膜の癌化への関与

2006年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 58 2 399-399 

その他

中川 俊介, 松本 陽子, 長阪 一憲, 鶴賀 哲史, 瀧澤 慎, 八杉 利治, 矢野 哲, 武谷 雄二

HPV E6癌蛋白のユビキチン化標的蛋白human Scribbleの卵巣癌における発現の検討

2006年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 58 2 618-618 

その他

松本 陽子, 中川 俊介, 長阪 一憲, 瀧澤 慎, 鶴賀 哲史, 八杉 利治, 高澤 豊, 矢野 哲, 武谷 雄二

子宮内膜病変及び卵巣癌組織における癌抑制蛋白hDlgおよびhScribの発現の変化の解析

2005年09月 | (一社)日本癌治療学会 日本癌治療学会誌 40 2 442-442 

その他

鶴賀 哲史, 中川 俊介, 瀧澤 慎, 松本 陽子, 長阪 一憲, 八杉 利治, 矢野 哲, 武谷 雄二

Drosophila Lethal giant larvaeヒトホモローグであるHugl-1の子宮内膜癌発癌への関与

2005年09月 | 日本癌学会 日本癌学会総会記事 64回 430-430 

その他

鶴賀 哲史, 中川 俊介, 滝澤 慎, 松本 陽子, 長阪 一憲, 八杉 利治, 矢野 哲, 武谷 雄二

Drosophila Lethal giant larvaeヒトホモローグであるHugl-1の子宮内膜癌発癌への関与

2005年09月 | (一社)日本癌治療学会 日本癌治療学会誌 40 2 717-717 

その他

長阪 一憲, 中川 俊介, 瀧澤 慎, 松本 陽子, 鶴賀 哲史, 八杉 利治, 矢野 哲, 武谷 雄二

プロテアソーム阻害剤による分子標的治療を目指した基礎的研究

2005年09月 | (一社)日本癌治療学会 日本癌治療学会誌 40 2 718-718 

その他

松本 陽子, 中川 俊介, 長阪 一憲, 瀧澤 慎, 八杉 利治, 矢野 哲, 武谷 雄二

プロテオミクスの手法をもちいたHPV E6癌蛋白によるユビキチン化の標的となる乳癌関連癌抑制蛋白の同定

2005年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 57 2 431-431 

その他

瀧澤 慎, 中川 俊介, 長阪 一憲, 松本 陽子, 八杉 利治, 矢野 哲, 武谷 雄二

High-risk HPV E6の標的蛋白であるhuman scribbleとhDlgの子宮頸部病変の進行に伴う発現の変化に類似性がみられる

2005年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 57 2 433-433 

その他

和田 修, 矢野 哲, 根井 朝美, 長阪 一憲, 松本 陽子, 瀧澤 慎, 大石 元, 有本 貴英, 中川 俊介, 八杉 利治, 武谷 雄二

ミスマッチ修復遺伝子hMSH2とエストロゲンレセプターα,βとの相互作用についての検討 子宮体癌発症機転の一考察

2005年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 57 2 444-444 

その他

長阪 一憲, 中川 俊介, 瀧澤 慎, 松本 陽子, 八杉 利治, 矢野 哲, 武谷 雄二

HPV E6標的癌抑制蛋白human scribbleの細胞内局在および細胞周期調節能の解析

2005年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 57 2 431-431 

その他

松本 陽子, 中川 俊介, 長阪 一憲, 瀧澤 慎, 八杉 利治, 高澤 豊, 矢野 哲, 武谷 雄二

子宮内膜癌組織における癌抑制蛋白hDlgおよびhScribの発現の変化と変異の有無の解析

2004年09月 | 日本癌学会 日本癌学会総会記事 63回 136-137 

その他

中川 俊介, 松本 陽子, 滝澤 慎, 長阪 一憲, 八杉 利治, 矢野 哲, 武谷 雄二

新規細胞極性決定に関与するLAP蛋白human scribbleと癌抑制蛋白hDlgの細胞内複合体形成に関する検討

2004年09月 | 日本癌学会 日本癌学会総会記事 63回 137-137 

その他

長阪 一憲, 中川 俊介, 松本 陽子, 瀧澤 慎, 八杉 利治, 矢野 哲, 武谷 雄二

新規癌抑制蛋白human scribbleの細胞周期調節能の検討

2004年09月 | 日本癌学会 日本癌学会総会記事 63回 149-149 

その他

瀧澤 慎, 中川 俊介, 松本 陽子, 長阪 一憲, 八杉 利治, 高澤 豊, 矢野 哲, 武谷 雄二

子宮頸部病変における新規LAP蛋白human scribbleのhDlgと協調した発現の変化

2004年09月 | 日本癌学会 日本癌学会総会記事 63回 253-253 

その他

長阪 一憲, 北條 智, 櫻庭 志乃, 坂本 公彦, 中田 真木, 柿木 成子, 中村 淳子, 安田 孝, 瀧澤 憲

抗癌剤注入のための皮下埋め込み式中心静脈カテーテルによる重症感染症の2例

2003年09月 | (一社)東京産科婦人科学会 日本産科婦人科学会東京地方部会会誌 52 3 409-413 

その他

中田 真木, 桜庭 志乃, 長阪 一憲, 坂本 公彦, 北条 智, 柿木 成子, 中村 淳子, 安田 孝, 瀧澤 憲

膀胱頸部の著しい支持不良を伴うタイプII SUIの外科治療

2003年06月 | (株)メジカルビュー社 産婦人科手術 14 165-165 

その他

櫻庭 志乃, 長阪 一憲, 坂本 公彦, 北條 智, 柿木 成子, 中田 真木, 中村 淳子, 安田 孝, 瀧澤 憲, 森 正也, 高梨 利一郎

妊娠35週に子宮内胎児死亡をきたした先天性白血病の1例

2003年06月 | (一社)東京産科婦人科学会 日本産科婦人科学会東京地方部会会誌 52 2 256-260 

その他

長阪 一憲, 瀧澤 憲

後腹膜原発未分化癌の1症例

2003年06月 | (公社)日本婦人科腫瘍学会 日本婦人科腫瘍学会雑誌 21 3 243-243 

その他

櫻庭 志乃, 柿木 成子, 長阪 一憲, 坂本 公彦, 北條 智, 中田 真木, 中村 淳子, 安田 孝, 瀧澤 憲

若年者における子宮頸癌の治療 卵巣機能温存の可否を中心に

2003年05月 | (一社)関東連合産科婦人科学会 日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報 40 2 155-155 

その他

長阪 一憲, 北條 智, 櫻庭 志乃, 坂本 公彦, 柿木 成子, 中田 真木, 中村 淳子, 安田 孝, 瀧澤 憲

不可解な痛みを主訴とする子宮体癌の2症例

2003年03月 | (一社)東京産科婦人科学会 日本産科婦人科学会東京地方部会会誌 52 1 53-56 

その他

中田 真木, 櫻庭 志乃, 長阪 一憲, 坂本 公彦, 北條 智, 安田 孝, 滝沢 憲

性器脱の外科整復 排尿機能の改善を中心に

2003年02月 | (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌 55 2 338-338 

その他

長阪 一憲, 北條 智, 櫻庭 志乃, 坂本 公彦, 柿木 成子, 中田 真木, 中村 淳子, 安田 孝, 瀧澤 憲

後腹膜原発未分化癌の一例

2002年12月 | (一社)東京産科婦人科学会 日本産科婦人科学会東京地方部会会誌 51 4 382-386 

その他

北條 智, 瀧澤 憲, 柿木 成子, 坂本 公彦, 長阪 一憲

Paclitaxel+platinum製剤に不応の卵巣癌に対するDocetaxel+Carboplatinの有用性

2002年09月 | (一社)日本癌治療学会 日本癌治療学会誌 37 2 491-491 

その他

長阪 一憲, 瀧澤 憲, 安田 孝, 中村 淳子, 中田 真木, 柿木 成子, 北條 智, 坂本 公彦, 櫻庭 志乃

当院における子宮頸部腺癌の治療成績について

2002年08月 | (一社)関東連合産科婦人科学会 日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報 39 3 269-269 

その他

長阪 一憲, 高本 真弥, 齋藤 真紀子, 丸茂 元三, 菊池 昭彦, 竹内 亨, 久具 宏司, 藤井 知行, 小島 俊行, 上妻 志郎

conization後妊娠管理における頸管縫縮術の予後

2002年05月 | (一社)関東連合産科婦人科学会 日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報 39 2 175-175 

その他

長阪一憲

プリンシプル産科婦人科学 1 婦人科編 第3版 監修 武谷雄二 上妻志郎 藤井知行 大須賀穣

| メジカルビュー社