帝京大学

麻生 憲一 教授

ASOH, Kenichi

所属キャンパス八王子キャンパス

帝京大学 経済学部 観光経営学科

連絡先

メールアドレス

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

1984年03月

横浜国立大学大学院経済学研究科修士課程修了 経済学修士

1992年03月

大阪市立大学大学院経済学研究科後期博士課程単位取得退学

1992年04月01日

宮崎産業経営大学経済学部経済学科着任 専任講師

2001年03月31日

宮崎産業経営学科経済学部経済学科退職

2001年04月01日

奈良県立大学地域創造学部観光経営学科着任 助教授

2010年04月01日

愛知大学経営総合科学研究所客員研究員(現在に至る)

2014年04月01日

奈良県立大学 学長補佐(2015年3月31日まで)

2014年04月01日

奈良県立大学 学生部長(2016年3月31日まで)

2016年03月31日

奈良県立大学 退職

2016年04月01日

奈良県立大学名誉教授

2016年04月01日

立教大学観光学部観光学科・大学院観光学研究科 着任 教授

2018年04月01日

立教大学観光学部観光学科長(2020年3月31日まで)

2021年03月31日

立教大学観光学部観光学科・大学院観光学研究科 退職

2021年04月01日

帝京大学経済学部観光経営学科 着任 教授

2021年04月01日

実践女子大学プロジェクト研究所共同研究員(現在に至る)

所属学会

1988年04月01日

日本経済学会(旧:理論・計量経済学会)(現在に至る)

1996年04月01日

日本観光学会(現在に至る)
理事・関東支部長

1999年04月01日

日本交通学会(現在に至る)

2002年04月01日

日本観光研究学会(現在に至る)

2002年04月01日

総合観光学会(現在に至る)
常任理事・編集委員長

2012年02月26日

観光学術学会(現在に至る)
評議員

専門分野

観光経済学
応用ミクロ経済学
計量経済学

研究テーマ

観光事象に関わる理論的・実証的研究
 ・観光需要の計量的分析
 ・過疎化の進展と動向分析
 ・旅行業者の実態分析
 ・ホスピタリティの実証分析
 ・SDGs・持続可能な観光
 ・「道の駅」設置における経済効果と防災拠点としての役割
  (科研費研究)

教育方法・職務上の実績

教育方法

①教育実践
◇ゼミでの実践例 
・奈良県宇陀市室生区深野の秋祭り実施協力(2003年~2016年)
・奈良県明日香村「体験交流型観光推進事業」への参画(2011年~2015年)
・奈良県山添村の弁当開発事業(2007年)
・山添村岩屋地区の「いなか市」への協力(2010年~2012年)
・奈良市中心市街地活性化協議会「あるくん奈良まちなかバル」参加協力(2011年~2012年)
・奈良県斑鳩町商工会への協力(2010年~2015年)
・京都府宇治田原町産業観光事業への協力(2013年~2015年)
・奈良県御杖村「寺子屋」事業の参画と実施(2013年~2016年)
・奈良県明日香村商工会事業(夏祭り)への協力(2013年~2017年)
・奈良県香芝市商工振興課事業への協力(2014年~2016年)
・東京都奥多摩町観光産業課事業への協力(2018年~2019年)

◇ゼミ活動表彰
・日本観光振興協会「第10回産学連携オープンセミナー」全国大会
 最優秀賞 「着地型観光と歴史ガイドツアー ~あすか歴史探検隊~」 2014年2月28日
・日本観光振興協会「2014年度産学ツーリズムセミナー in 関西」
 最優秀賞「お寺と商店街を活用した観光まちづくり ~世界遺産のまち、奈良県斑鳩町を事例として~」2015年2月10日
・奈良県立大学学長賞 2014年3月15日、2015年3月15日

②教科書・テキスト等
・『観光の経済学』(共訳)学文社 2001年4月
・『現代社会とツーリズム』(共編著)東海大学出版会 2001年11月
・『地域創造へのアプローチ』(共編著)IBCコーポレーション 2003年3月
・『地域創造への招待』(共編著)晃洋書房 2005年5月
・『よくわかる観光社会学』(共編著)ミネルヴァ書房 2011年4月
・『観光学ガイドブック』(共編著)ナカニシヤ出版 2014年4月
・『新現代観光総論』(共編著)学文社 2017年8月
・『大学的東京ガイド』(共編著)昭和堂 2019年3月
・『観光の事典』(共編著)朝倉書店 2019年4月

③講演会・講座・シンポジウム等(2011年以降)
・講座「地域を活かす(1)ー過疎集落の実態と過疎対策」相楽郡ふるさと塾 2011年1月
・講演「分かち合いのまちづくり」奈良市人権教育推進協議会研究集会 2011年2月
・講座「地域を活かす(2)」相楽郡ふるさと塾 2011年2月
・講演「分かち合いのまちづくりー過疎地域の現状と対策」高市郡人権推進連絡協議会 2011年3月
・講演「「分かち合い」の心を活かすまちづくり」奈良県人権教育推進協議会第36回夏期研修会 2011年8月
・講座「着地型観光の概要」NPO法人イービーイング 2011年10月
・講座「エコツーリズムを生かしたまちづくり」NPO法人イービーイング 2011年11月
・基調講演「参加と協働のまちづくり」法隆寺青年会議所 2011年11月
・講座「人と文化の交差点・相楽-身近な地域資源を活かしたまちづくり」相楽郡ふるさと塾 2012年1月
・講座「奈良県行政職員人権啓発学習講座」2012年2月
・講座「効果的なPRについて」奈良県桜井市 2012年7月
・シンポジウム「第2回奈良県地域フォーラム」 2013年12月
・講座「奈良県まほろば地域づくり塾」 2014年8月
・シンポジウム「第3回奈良県地域フォーラム」 2014年8月
・講座「情報メディアを活用した観光情報提供のあり方」NPO 法人 電子自治体アドバイザークラブ 2014年9月
・講演会「宇陀地域の活性化について」宇陀市地域広域活性化講演会 2014年10月
・講座「~ インバウンドにやさしいICT環境の実現 ~」総務省中国総合通信局 2015年3月
・講座「Mitsue-Village」Asia Youth Summit 2015年8月
・講演「エビデンスベースによる観光振興」第61回全国統計教育研究大会 2015年10月
・講座「観光振興について」第12回近畿6府県議員交流フォーラム 2015年11月
・講演「宇治田原町と観光のまちづくり」宇治田原町の観光によるまちづくりフォーラム 2015年11月
・講座「「道の駅」設置と観光振興」グローカル研究会 2017年10月
・講演「「道の駅」設置と観光振興」道の駅「阿蘇」 第12回サテライト協議会 2018年2月
・シンポジウム「立教大学観光学部・観光学研究科開設20周年記念シンポジウム「観光の近未来を展望する」 2018年11月

職務上の実績

①審議会・委員会・アドバイザー等
・奈良県地域政策課地域づくりアドバイザー(2003年~2004年)
・奈良県企画部なら未来分析プロジェクト検討会委員(2003年~2004年)
・桜井市観光懇談会委員(2003年~2005年)
・奈良県なら産業活性化ビジョン策定委員会委員(2004年~2005年)
・桜井市観光懇談会小委員会委員長(2004年~2005年)
・斑鳩町第22期都市計画審議会委員(2007年~2009年)
・斑鳩町第23期以降 都市計画審議会会長(2009年~2015年)
・斑鳩町第4期以降 総合計画審議会会長(2009年~2015年)
・斑鳩町ひと・まち・しごと創生会議会長(2015年)
・斑鳩町行政改革推進委員会委員(2011年)
・奈良地方労働審議会副会長(2011年~2016年)
・奈良地方最低賃金審議会委員(2013年~2016年)
・独立行政法人大学入試センター試験企画委員会委員(2013年~2015年)
・桜井市地域ブランド認定推進委員会委員(2014年~2019年)
・宇治田原町観光振興計画委員会委員長(2015年~2016年)
・香芝市都市経営市民会議委員(2015年~2016年)
・奈良市指定管理者選定委員会委員長(2015年9月)
・奈良市観光協会職員公募選定委員会委員(2015年9月)
・奈良県建築審査会委員(2015年~2020年)
・奈良県御杖村ひと・まち・しごと創生会議会長(2015年~2016年)
・奈良県御杖村総合戦略検証委員会委員長(2016年~現在)
・新座市都市計画マスタープラン改定検討委員会委員(2019年~現在)

②表彰
・奈良県建築審査会感謝状 奈良県知事(2021年4月1日)

③受託研究・科研費
◇受託研究
・奈良市観光経済波及効果の調査:南都経済センター(2005年~2006年)
・斑鳩町観光入込客調査:斑鳩町(2007年)
・明日香村観光調査:明日香村(2015年)
・香芝市観光調査:香芝市(2015年~2016年) 

◇科研費
・「情報爆発時代の観光情報学」基盤研究C:分担(2010年~2012)
・「東日本大震災後の観光地の現状と復興に関する研究」基盤研究C:代表者(2012年~2014年)
・「日本型ダークツーリズムの確立と東北の復興を目指して」基盤研究C:分担(2014年~2016年)
・「道の駅を活用した観光振興と防災インフラに関する研究」基盤研究C:代表者(2015年~2018年)
・「土産品を確立・存続させる要因と観光振興の経済効果」基盤研究C:分担(2016年~2019年)
・「道の駅を拠点とした観光振興モデルの構築と経済効果に関する研究」基盤研究C:代表者(2019年~2021年)

著書・論文

学術論文

共著

「地方鉄道における観光列車の現状と課題に関する一考察」

2020年12月 | 『観光学会誌』第61号 pp.13-22. 

学術論文

共著

「主要旅行業者の旅行取扱額と市場集中度」

2020年03月 | 立教大学『観光学部紀要』第22号 pp.116-127. 

学術論文

共著

「『道の駅』登録と経済的効果」

2019年03月 | 立教大学『観光学部紀要』第21号 pp.91-101. 

学術論文

単著

「ホスピタリティに対する認識と類型化:大学間の学生比較に基づいて」

2018年03月 | 立教大学『観光学部紀要』第20号 pp.111-122. 

学術論文

単著

「観光資源発掘のための地域調査 : 奈良県香芝市を対象として」

2017年09月 | 愛知大学経営総合科学研究所『経営総合科学』第107号 pp.51-73. 

学術論文

共著

「『道の駅』設置と農業生産性効果 : 関西5府県のパネルデータに基づいて」

2017年03月 | 奈良県立大学『研究季報』第27巻第4号 pp.47-62. 

学術論文

共著

「地方創生拠点としての道の駅への期待」

2017年02月 | 愛知大学経営総合科学研究所『経営総合科学』第106号 pp.27-43. 

学術論文

単著

「観光統計からみた奈良県観光の実態」

2016年02月 | 奈良県立大学『研究季報』第26巻第3号 pp.65-76. 

学術論文

共著

「『道の駅』設置における内生的効果と外生的効果」

2015年03月 | 奈良県立大学『研究季報』第25巻第4号 pp.1-13. 

学術論文

単著

「観光経済学の視点」

2015年 | 観光学術学会『観光学評論』第3巻第2号 pp.115-123. 

学術論文

共著

「『道の駅』設置に関する実証分析」

2014年09月 | 神戸学院大学『経営学論集』第11巻第1号 pp.15-27. 

学術論文

単著

「わが国の観光経済学研究の動向」

2014年03月 | 立教大学『観光学部紀要』第16号 pp.115-124. 

学術論文

単著

「集落限界化プロセスと過疎対策-奈良県過疎地域集落実態調査に基づいて-」

2013年03月 | 地域デザイン学会誌『地域デザイン』第1号 pp.17-32. 

学術論文

共著

「『道の駅』における登録と機能の広がり」

2013年03月 | 奈良県立大学『研究季報』第23巻第4号 pp.25-47. 

学術論文

単著

「『市民参加』と『協働』のまちづくりに関する一考察」

2013年02月 | 奈良県立大学『研究季報』第23巻第3号 pp.35-47. 

学術論文

単著

「旅行取扱額と市場占有率の分析-主要旅行業者の旅行取扱額データに基づいて-」

2012年03月 | 奈良県立大学『研究季報』第22巻第4号 pp.59-76. 

学術論文

単著

「ゆとりある生活空間-外的生活空間と内的生活空間-」

2012年02月 | 奈良県立大学『研究季報』第22巻第3号 pp.93-109. 

学術論文

単著

「過疎集落の現状と分析(Ⅱ)―奈良県過疎地域集落実態調査に基づいて-」

2011年11月 | 奈良県立大学『研究季報』第22巻第1号 pp.71-95. 

学術論文

単著

「過疎集落の現状と分析(Ⅰ)―過疎化進展のプロセスと過疎対策-」

2011年03月 | 奈良県立大学『研究季報』第21巻第3号 pp.147-156. 

学術論文

単著

「しょう油製造業の市場分析」

2008年03月 | 奈良県立大学『研究季報』第18巻第3・4号 pp.47-59 

学術論文

単著

「観光客入込数からみた奈良県観光の実態」

2007年06月 | 奈良県立大学『研究季報』第17巻第3・4号 pp.139-148. 

学術論文

共著

「グリーン・ツーリズムによる地域づくり-大分県安心院町を事例として-」

2007年06月 | 『日本観光学会誌』第38号 pp.9-20. 

学術論文

単著

「観光旅行需要の特性-家計の金融資産保有額の視点から-」

2005年10月 | 奈良県立大学『研究季報』第16巻第3・4号 pp.53-59. 

学術論文

単著

「ストック消費と観光旅行需要-家計の金融資産保有額の視点から-」

2006年03月 | 日本交通学会『交通学研究/2005年研究年報』 pp.1-10. 

学術論文

単著

「観光旅行需要の特性-家計の金融資産保有額の視点から-」

2005年10月 | 奈良県立大学『研究季報』第16巻第2号 pp.37-44. 

学術論文

単著

「金融資産と海外旅行需要」

2005年07月 | 奈良県立大学『第4回地域創造にかんする全国ネットワーク研究交流会報告論文集』 

学術論文

単著

「仮想評価法による奈良公園の住民評価-奈良公園を事例として-」

2005年06月 | 『日本観光学会誌』第46号 pp.84-89. 

学術論文

単著

「観光資源への住民愛着度に関する特性分析 ー奈良市の観光資源を事例として―」

2005年06月 | 『日本観光学会誌』第46号 pp.1-11. 

学術論文

単著

「観光資源に対する住民愛着度-奈良市内の観光資源を事例として-」

2005年03月 | 奈良県立大学『研究季報』第15巻第4号 pp.21-28. 

学術論文

共著

「奈良県製造業の現状分析」

2004年12月 | 奈良県立大学『研究季報』第15巻第2・3号 pp.45-76. 

学術論文

単著

「歴史的地域資源に関する住民評価-天理市柳本町を事例として-」

2004年12月 | 奈良県立大学『研究季報』第15巻第2・3号 pp.1-12. 

学術論文

単著

「地域観光資源と住民評価-奈良公園を事例として-」「Regional Tourism Resources and Resident's Evaluation -A case in Nara Park, Nara city in Japan-」

2004年 | 韓国観光産業学会『2004国際観光学術大会論文集』 pp.661-673. 

学術論文

単著

「旅行取扱額と市場集中度 -主要旅行業者50社データによる旅行市場分析-」

2003年12月 | 『日本観光学会誌』第43号 pp.43-51. 

学術論文

単著

「日本と韓国の国際観光動向の覚書」

2003年12月 | 奈良県立大学『研究季報』第14巻第2・3合併号 pp.197-202. 

学術論文

単著

「旅行割引システムのモデル分析」

2003年03月 | 奈良県立大学『研究季報』第13巻第4号 pp.43-66. 

学術論文

単著

「旅行取扱額の推移と集中度-主要旅行業者50社の旅行取扱額データによる実証分析」

2002年07月 | 奈良県立大学『研究季報』第13巻第1号 

学術論文

単著

「日本のアウトバンド・ツーリズムの需要分析」

2002年02月 | 奈良県立大学『研究季報』第12巻第3・4合併号 pp.165-172. 

学術論文

単著

「日本のインバウンド・ツーリズムの需要分析-経済時系列データから捉えた訪日外国人旅行者数の動向-」

2001年04月 | 日本交通学会『交通学研究/2000年研究年報』 pp.113-124. 

学術論文

単著

「日本のインバウンドに関する実証分析-訪日外国人渡航者の動向と経済的要因」

2001年04月 | 関東学院大学経済学会研究論集『経済系』第207集 pp.8-22. 

学術論文

単著

「日本のインバウンド・ツーリズムと経済的要因 -各国為替相場による訪日外国人渡航者の実証分析」

2000年03月 | 『宮崎産業経営大学研究紀要』第12巻第2号 pp.1-25. 

学術論文

共著

「日本人の海外旅行需要に関する一考察 ―渡航先別による実証分析-

2000年03月 | 『経済学論集』第8巻第1号 pp.119-139. 

学術論文

共著

「旅行市場の類型と旅行需要ー主要旅行業者50社データによる実証分析」

1999年06月 | 『日本観光学会誌』第34号 pp.1-10. 

学術論文

単著

「観光旅行需要とツアー戦略」

1999年03月03日 | 『経済学論集』第7巻第2号 pp.149-171. 

学術論文

共著

「主要旅行会社50社の旅行取扱額についての覚書ー時系列的推移と市場占有率の変動による類型」

1999年03月 | 『経済学論集』第7巻第2号 pp.173-197. 

学術論文

単著

「観光需要と家計生産関数アプローチ」

1998年10月 | 『経済学論集』第7巻第1号 pp.137-152. 

学術論文

単著

「観光概念と観光財・サービスの特性」

1998年03月 | 『宮崎産業経営大学共同研究紀要(14)』pp.1-23. 

学術論文

単著

「観光財サービスの消費における学習効果とリピーター需要」

1997年11月 | 『大阪市立大学経済学雑誌』第98巻第4号 pp.85-98. 

学術論文

単著

「観光需要と旅行費割引システムのモデル分析」

1997年10月 | 『経済学論集』第6巻第1号 pp.49-55. 

学術論文

単著

「ゆとりある生活空間の内と外」

1996年03月 | 『宮崎産業経営大学共同研究紀要(12)』 

学術論文

単著

「プロモーション効果と新規雇用」

1995年03月 | 『経済学論集』第3巻第2号 pp.145-155. 

学術論文

単著

「生活と労働の現場から見た『ゆとりと豊かさ』ー都城市と名古屋市の地域比較より」

1995年05月 | 『宮崎産業経営大学共同研究紀要(6)』 

学術論文

単著

「ゆとりと豊かさの実態分析(Ⅱ)」

1994年03月 | 『経済学論集』第2巻第2号 pp.123-143. 

学術論文

単著

「ゆとりと豊かさの実態分析(Ⅰ)ー労働と生活をめぐる意識調査」

1993年03月 | 『経済学論集』第1巻第2号 

学術論文

単著

「『ゆとり・豊かさ』を実感するための基本設計」

1992年02月 | 『労働調査時報』第47巻第2号 pp.5-10. 

学術論文

単著

「シャア・システム経済とその有効性」

1991年12月 | 『宮崎産業経営大学経済学部創立記念論集』pp.211-227. 

学術論文

単著

「雇用調整分析の謎」

1991年03月 | 『大阪市立大学経済学雑誌』第91巻第5・6号 pp.147-160. 

学術論文

単著

「製造業の雇用調整分析ー部分調整モデルによる計測」

1989年09月30日 | 『大阪市大論集』第58号 pp.67-86. 

学術論文

単著

「『失業理論』の一考察ー効率賃金仮説、インサイダー・アウトサイダー理論」

1988年09月30日 | 『大阪市大論集』第56号 pp.75-94. 

学術論文

単著

「異質労働者の自己選抜による賃金雇用契約」

1987年09月30日 | 『大阪市大論集』第54号 pp.67-98. 

事典

分担執筆

『観光の事典』第3章

2019年04月17日 | 朝倉書店 

著書

共編著

立教大学観光学部編『大学的東京ガイド』pp.183-201.

2019年03月22日 | 昭和堂 

著書

分担執筆

『新現代観光総論』第1版~第3版

2015年03月30日 | 学文社 

著書

共編著

長峰純一編『公共インフラと地域振興』第13章pp.240-255.

2015年03月11日 | 中央経済社 

著書

共編著

『岐阜県高山のまちづくり』第2章pp.9-18.

2015年03月31日 | 愛知大学経営総合科学研究所叢書45 

著書

分担執筆

『観光ガイドブック』第10章pp.82-87.

2014年04月01日 | ナカニシヤ出版 

著書

共編著

『日本における水辺のまちづくりⅡ』第2章pp.17-27.

2014年03月31日 | 愛知大学経営総合科学研究所叢書43 

著書

共編著

『日本における水辺のまちづくり』第8章pp.101-113.

2013年03月31日 | 愛知大学経営総合科学研究所叢書42 

著書

分担執筆

『観光研究レファレンスデータベース』第4章

2011年05月01日 | ナカニシヤ出版 

著書

分担執筆

『よくわかる観光社会学』

2011年04月25日 | ミネルヴァ書房 

著書

共編著

『日本の空港と国際観光』第5章pp.79-88.

2011年03月31日 | 愛知大学経営総合科学研究所叢書36 

著書

共編著

『観光と産業のまちづくり』第2章pp.15-29.

2010年03月31日 | 愛知大学経営総合科学研究所叢書35 

著書

共編著

『観光まちづくり』第3章pp.21-36.

2009年03月31日 | 愛知大学経営総合科学研究所叢書34 

著書

共編著

『中部地域のまちづくりー主に長野県東信地域を対象としてー』第6章

2008年03月31日 | 愛知大学経営総合科学研究所叢書32 

著書

共編著

『北陸地域のまちづくり研究:富山市を対象として』第6章pp.53-68.

2007年04月01日 | 愛知大学経営総合科学研究所叢書30 

著書

共編著

『観光まちづくり-長野県小布施町を対象として-』第3章pp.29-48.

2006年04月01日 | 愛知大学経営総合科学研究所叢書28 

著書

分担執筆

総合観光学会編『競争時代における観光からの地域づくり戦略』pp.89-103.

2006年06月01日 | 同文舘出版 

著書

共編著

『地域創造への招待』第4章第3節

2005年05月01日 | 晃洋書房 

著書

共編著

『地域の時代と地域創造ーこれからの奈良への提案ー』

2003年10月01日 | IBCコーポレーション 

著書

共編著

『地域創造へのアプローチ』

2003年03月31日 | IBCコーポレーション 

著書

共編著

『現代社会とツーリズム』

2001年10月01日 | 東海大学出版会 

著書

分担訳

小沢健市監修『観光の経済学』(Economic of Tourism)

2001年04月01日 | 学文社 

著書

共編著

『21世紀の経済政策』

1999年09月01日 | 日本評論社