帝京大学

水内 豊和 准教授

MIZUUCHI, Toyokazu

所属キャンパス八王子キャンパス

帝京大学 文学部 心理学科

障害のある人とその家族の社会生活のしやすさ/しづらさは、社会の理解のありようで大きく変わってきます。誰もが社会生活を送る中で自己選択・自己決定が保障され、自己実現ができる、そんなインクルーシブ社会の実現に、あなたも心理学的なアプローチから関わってみませんか。
知的障害、発達障害(ASD、ADHD、LDなど)を中心に、障害のある子ども/大人本人とその家族(母親、きょうだいなど)の発達臨床・心理相談に関心のある学部生・大学院生の方は、ぜひ一緒に学びましょう。その際、ICTを活用した発達支援や教育的支援の可能性についても探求しています。
また、家族に障害のある同胞がいて自分が「きょうだい」の立場の学生さんはぜひお話ししましょう。

連絡先

情報がありません

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

【学歴】

1998年03月

岡山大学 教育学部 養護学校教員養成課程 卒業

2000年03月

広島大学 大学院 教育学研究科 博士課程前期 幼年期総合科学専攻 修了 修士(教育学)

2003年09月

広島大学 大学院 教育学研究科 博士課程後期 教育人間科学専攻 単位取得後退学

2018年09月

東北大学 大学院 教育情報学教育部 博士課程後期 教育情報学専攻 修了 博士(教育情報学)

 

【職歴】

2003年10月

富山大学 教育学部 講師 (2007年9月まで)

2007年10月

富山大学 人間発達科学部 准教授 (2022年3月まで)

2022年04月

帝京大学 文学部 心理学科 准教授 (現在に至る)

 

【職歴(非常勤)】

2004年4月〜2004年9月 鈴峯女子短期大学「障害児保育」
2004年4月〜2022年3月 富山県立総合衛生学院 保健学科「教育心理学」「発達心理学」「特別支援教育概論」
2008年4月〜2011年3月 富山福祉短期大学「障害児保育」
2009年4月〜2018年3月 富山短期大学「保育者論」
2012年4月〜2016年3月 富山国際大学「特別支援教育論」
2018年4月〜現在 放送大学教養学部 富山学習センター「生涯発達心理学」「インクルーシブ社会の障がい学」

所属学会

日本特殊教育学会

日本発達障害学会

日本LD学会

日本自閉症スペクトラム学会

日本教育工学会

日本教育情報学会

日本公認心理師協会

日本臨床発達心理士会

日本小児保健協会

専門分野

臨床発達心理学
特別支援教育
教育工学

研究テーマ

当事者とその家族が思う 「あたりまえへのアクセス!」をテーマに、知的・発達障害児・者と家族を対象とした臨床発達心理学、特別支援教育、教育工学によるアクセシビリティ研究をしています。

・発達臨床、心理相談へのICTの適用可能性の検討
・障害のある子ども/大人、ならびにその家族が社会的に適応的な生活を送るための要因に関する検討(障害のある本人、父親、母親、きょうだい、祖父母など)

教育方法・職務上の実績

職務上の実績

【受賞歴】
2016年9月 公益財団法人 発達科学研究教育センター 発達科学研究教育奨励賞
2018年11月 一般社団法人 日本LD学会 実践奨励賞
2022年3月 富山大学 令和3年度 教員業績評価 学長表彰


【研究歴】
2020年度 筑波大学 人間系 客員研究員(柘植雅義研究室)
2021年度 筑波大学 人間系 客員研究員(柘植雅義研究室)
2022年度 筑波大学 人間系 客員研究員(小島道生研究室)


【資格・免許】
公認心理師
臨床発達心理士
保育士
幼稚園教諭一種免許状
小学校教諭一種免許状
特別支援学校教諭一種免許状
福祉情報技術コーディネーター1級
メディア・ユニバーサルデザイン・アドバイザー


【学外委員など】
日本LD学会 代議員(2022年6月〜現在)
日本LD学会 編集委員(2018年6月〜現在)
日本発達障害学会 評議員(2018年4月〜現在)
日本臨床発達心理士会 北陸支部長(2020年5月〜2022年5月)
富山県小児保健学会 理事(2018年4月〜2022年4月)
バナソニック教育研究財団 専門委員(2020年度〜現在) ほか


【外部資金取得状況】
〈科研費〉※研究代表者のもののみ掲載
1.科学研究費補助金 若手研究(B)平成17年〜平成18年度「統合保育における障害幼児の指導方法に関する研究」(研究代表者)
2.科学研究費補助金 若手研究(B)平成20年〜平成23年度「幼児期における特別支援教育体制整備に関する研究」(研究代表者)
3.科学研究費補助金 基盤研究(C)平成30年〜令和2年「知的障害特別支援学校におけるプログラミング教育のあり方に関する研究」(研究代表者)
4.科学研究費補助金 基盤研究(C)令和3年〜令和5年「知的障害特別支援学校におけるプログラミング教育の実践的検討と普及促進に関する研究」(研究代表者)

〈科研費以外〉※研究代表者のもののみ掲載
1.明治安田こころの健康財団 研究助成 平成17年度「幼少期における障害理解教育プログラムに関する研究―特にLD、ADHD、自閉症などの不可視的な障害の理解について―」(研究代表者)
2.松下視聴覚教育研究財団 研究助成 平成17年度「DAISYマルチメディア教材を用いた学習障害児の読み支援方略に関する研究」(研究代表者)
3.中山隼雄科学技術文化財団 研究助成 平成18年度「タイピングソフトを用いた軽度発達障害児の学習支援に関する研究」(研究代表者)
4.科学技術融合振興財団 調査研究助成 平成18年度「軽度発達障害者の情報機器利用における実態と安全利用教育に関する研究」(研究代表者)
5.日本教育大学協会 研究助成 平成24年度「知的障害者の雇用促進に関する富山大学人間発達科学部と附属特別支援学校の有機的連携によるキャリア教育のモデルプランの開発と評価に関する研究」(研究代表者)
6.発達科学研究教育財団 研究助成 平成26年度「自閉症児者の母親と同居の祖父母の良好な関係を築く要因に関する研究」(研究代表者)
7.富山県まちづくり財団 研究助成 平成26年度「発達障害幼児を持つ保護者に対するストレス軽減も志向した子育てプログラムの開発と有効性に関する研究」(研究代表者)

著書・論文

最新の著書・論文などの情報は以下の学外サイトをご覧ください。随時更新しています。

https://note.com/tmlab2003/n/n91afdfb9fa13

2022年04月10日 | (学外のページへのリンクです。URLをコピー&ペーストしてください。)