帝京大学

関 玲子 講師

Reiko Seki

所属キャンパス板橋キャンパス

帝京大学 医療技術学部 臨床検査学科

生命には極めてシンプルな真理と、複雑で奥深いシステムが共存し、存在そのものが奇跡であるかのような魅力にあふれています。医療の場では、それが時には悲しみや辛さとなることもありますが、その本質に少しでも近づくことで、命そのものを”理解する”そして”大切にする”心が自ずと身につくことでしょう。大学で更なる学問・経験を積んで、「知る」から「わかる」へ一緒に扉を開けていきましょう。

連絡先

電話番号

[]

研究室URL

[]

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

【経歴】──────────────────────────────

2007年03月

帝京大学医療技術学部臨床検査学科

1987年03月

森永乳業(株)生物科学研究所分子生物学グループ(横浜市立大学木原生物学研究所遺伝子工学グループ出向) 〜1992年12月

【学歴】──────────────────────────────

帝京大学博士(臨床検査学)

1987年03月

北海道大学薬学部

【受賞】──────────────────────────────

2020年10月

第12回日本保健科学学会優秀賞The effect of prenatal moderate aerobic exercise to inhibit the increase of oxdative stress

2020年07月

学生セッション優秀賞非糖尿病・慢性腎疾患(CKD)における未診断・既診高血圧の推算糸球体ろ過値(eGFR)低下への影響

所属学会

日本分子生物学会

日本薬学会

日本薬剤師会

専門分野

ライフサイエンス 医療管理学、医療系社会学、ライフサイエンス 免疫学

研究テーマ

コミュニケーション教育、循環器・高血圧、心血管疾患、生活習慣病、予防医学、TLR、炎症、自然免疫

教育方法・職務上の実績

教育方法

ヒューマンコミュニケーション講義用動画、講義資料作成、ヒューマンコミュニケーション講義用ファシリ―テーターガイド編集、問題集の作成(生化学、臨床化学Ⅰ)

職務上の実績

抗菌性ポリペプチドをコードするDNA断片及び抗菌性ポリペプチドの製造法 特願平6-157041 特開平8-019395
遺伝高分子反応方法とその装置 特願平4-137325 特開平6-038758
特願平6-157041 特開平8-019395
特願平4-137325 特開平6-038758

著書・論文

学術論文

Nishizawa K, Seki R

Lipid Metabolism and Mitochondrial Biogenesis in Septic Liver -A Mini Review Focuced on PGC-1α expression

2021年03月 |  

学術論文

Use of TLR9 and TLR7/8 agonists in combination with d-galactosamine in exploring models for distinct severities of systemic inflammation relative to liver injury

2020年11月19日 | 1125-1129 

学術論文

Reiko Seki, Kazuhisa Nishizawa

Serum Urea Nitrogen Level Shows Stronger Correlations with Metabolic Syndrome Risk Factors in Women Than in Men in a Japanese General Population

2020年10月 | FRONTIERS IN MEDICINE AND HEALTH RESEARCH 2 109 109 

学術論文

Seki R, Nishizawa K

Why does Adiposity Associate with Hyperuricemia more Strongly in Women than in Men? A Question-oriented Review and Hypothesis.

2020年05月 | Annals of Biomedical Research 3 1  

学術論文

Nishizawa K, Seki R

Epidemiological Studies of Uric Acid: A Mini-review with a Focus on Mendelian Randomization

2020年01月 | Annals of Biomedical Research 3 1 119 

学術論文

Reiko Seki, Tsubasa Kimura, Kazuo Inoue

Serum uric acid level has stronger correlations with metabolic syndrome-related markers in women than in men in a Japanese health check-up population

2020年 | Open Journal of Epidemiology (in press)  

学術論文

関 玲子

帝京大学 男女共同参画推進への取り組み-互いに支え合い多様な個性を十分に発揮できる場所へー

2019年09月 | 帝京大学医療技術学部紀要 7 37-42 

学術論文

Seki R, Nishizawa K

Neutrophil Extracellular Trap Formation after Sterile Insults in Lung, Liver, Heart and Kidney: A mini-Review

2019年09月 | Annals of Biomedical Research 2 1 117 

学術論文

Chikako Mochizuki, Kumiko Adachi, Yasuhiro Tanaka, Reiko Seki

The effect of prenatal moderate aerobic exercise to innibit the increace of oxidative stress

2019年06月 | The Jornal of Japan Academy of Health Sciences 22 1 5-15 

学術論文

R Seki, K Nishizawa

Shikonin: a review with a focus on anti-inflammatory and anti-cancer mechanisms

2019年 | Annals of Biomedical Research 2(1)115  

学術論文

Seki R, Inoue K, Akimoto K

C-reactive Protein Associates with Metabolic Syndrome:AnImproved Conventional Assay may Fit for Purpose in Population-based Analyses

2018年09月 | Annals of Biomedical Research 1 2 1-7 

学術論文

Reiko Seki, Kazuhisa Nishizawa

Inflammatory vs thrombotic states of platelets: a mini-review with a focus on functional dichotomy

2018年06月 | Annals of Biomedical Research 1 107  

学術論文

Reiko Seki, Kazuo Inoue, Shiori Takao, Kimihiko Akimoto

Effect of weight change on the progression to diabetes among non-obese individuals

2018年01月 | Annals of Biomedical Research _ DOI: 10.0000/ABR.1000101 1(1) 102  

学術論文

Reiko Seki, Kazuo Inoue, Sayaka Yamamoto, Kimihiko Akimoto

Non-HDL cholesterol is better than Friedwald-estimated LDL cholesterol to associate with cardiometabolic markers

2017年06月 | Biomedical Research and Clinical Practice ISSN:2397-9631 2 2 1-6 

学術論文

Reiko Seki

Toll-Like Receptor Ligand-Induced Liver Injury in D-Galactosamine-Sensitized Mice: Differences between TLR7/8 and TLR9 Ligands, Cytokine Patterns, and Cross-Tolerance Induction by TLR2 Ligand Pretreatment

2017年 | HINDAWI LTD JOURNAL OF IMMUNOLOGY RESEARCH  

学術論文

Reiko Seki, Kazuhisa Nishizawa

Factors regulating Th17 cells: a review

2016年12月 | Biomedical Research and Clinical Practice 1 4 126-147 

学術論文

関 玲子

1年生多職種合同ヒューマンコミュニケーション教育の取組と効果~学生アンケートからの考察~

2016年09月 | 日本臨床検査学教育_ 8 2 151-157 

学術論文

Kazuhisa Nishizawa, Reiko Seki

Mechanisms of immunosuppression by mesenchymal stromal cells: a review with a focus on molecules

2016年07月 | Biomedical Research and Clinical Practice__ 1 3 82-96 

学術論文

大野直子, 菱木 清, 関 玲子, 楯 直子, 上野公子, 林 弘美, 井上真智子, 大胡惠樹, 槇村浩一

帝京大学医療系全学部の初年次におけるコミュニケーション教育

2015年11月 | 日本ヘルスコミュニケーション学会雑誌 6 1 68-78 

学術論文

Dominic De Nardo, Larisa I. Labzin, Hajime Kono, Reiko Seki, Susanne V. Schmidt, Marc Beyer, Dakang Xu, Sebastian Zimmer, Catharina Lahrmann, Frank A. Schildberg, Johanna Vogelhuber, Michael Kraut, Thomas Ulas, Anja Kerksiek, Wolfgang Krebs, Niklas B

High-density lipoprotein mediates anti-inflammatory reprogramming of macrophages via the transcriptional regulator ATF3

2014年02月 | NATURE PUBLISHING GROUP NATURE IMMUNOLOGY 15 2 152-160 

学術論文

Mishina, Y, Shimokawa, T, Abe, R. P, Hata-Tanaka, A, Koyama, H

Purification and characterization of mammalian recombinase.

1990年 | J. Cell. Biochem. 14A 262-157 

学術論文

N NAKAJIMA, R ABE, O YONEMITSU

3-METHOXYBENZYL (3-MPM) AND 3,5-DIMETHOXYBENZYL (3,5-DMPM) PROTECTING GROUPS FOR THE HYDROXY FUNCTION LESS READILY REMOVABLE THAN 4-METHOXYBENZYL (MPM) AND 3,4-DIMETHOXYBENZYL (DMPM) PROTECTING GROUPS BY DDQ OXIDATION

1988年10月 | PHARMACEUTICAL SOC JAPAN CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN 36 10 4244-4247 

学術論文

N NAKAJIMA, K HORITA, R ABE, O YONEMITSU

MPM (4-METHOXYBENZYL) PROTECTION OF HYDROXY FUNCTIONS UNDER MILD ACIDIC CONDITIONS

1988年 | PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD TETRAHEDRON LETTERS 29 33 4139-4142 

その他

帝京大学医療コミュニケーション運営委員会変

医療コミュニケーション

2018年07月 | 京都廣川書店 Part1 2.専門職の特徴 2-4臨床検査技師