帝京大学

甲斐祥子 教授

Kai Shoko

所属キャンパス八王子キャンパス

帝京大学 法学部 政治学科

 

連絡先

情報がありません

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

1980年03月

東京大学教養学部地域文化研究科イギリス地域文化分科卒業

1987年03月

早稲田大学大学院文学研究科(西洋史専攻)博士課程前期修了

1993年03月

同研究科博士課程後期単位取得満期退学 文学修士(論文)

1993年04月01日

青山学院女子短期大学非常勤講師(2012年3月31日まで)

1994年04月01日

帝京大学文学部国際文化学科専任講師

1998年04月

帝京大学法学部助教授

2010年04月

帝京大学法学部教授(現在に至る)

所属学会

日本西洋史学会

早稲田大学史学会

専門分野

イギリス政治外交史、日英関係史、イギリス政治

教育方法・職務上の実績

情報がありません

著書・論文

著書 単著

『[新2版]現代政治のナビゲーター』

2014年04月15日 | 北樹出版 

学術論文 単著

「投票価値の平等を求めて―イギリス議会下院の定数及び選挙区改定―」

2013年03月10日 | 『帝京法学』第28巻第2号(通巻第49号) 

学術論文 単著

「選挙制度改革の夢は潰えたか―2011年イギリス国民投票を巡って―」

2012年03月10日 | 『帝京法学』第28巻第1号(通巻48号) 

学術論文 単著

「連立政権の成立と選挙制度改革―2010年イギリス総選挙における選挙制度改革問題―」

2011年03月10日 | 『帝京法学』第27巻第1号(通巻46号) 

学術論文 単著

「ニュー・レイバーと選挙制度改革―議員経費乱用問題の衝撃―」

2010年03月10日 | 『帝京法学』第26巻第2号(通巻45号) 

著書 単著

『現代政治のナビゲーター』

2009年04月17日 | 北樹出版 

学術論文 単著

「小選挙区制は改革されるか―イギリス選挙制度改革の現在―」

2008年03月10日 | 『帝京法学』第25巻第2号(通巻43号) 

学術論文 単著

「イギリス選挙制度改革と単記移譲式比例代表制」

2005年02月07日 | 『帝京国際文化』第18号 

学術論文 単著

「比例代表制運動とイギリス政治―1884‐85年を中心に―」

2004年02月07日 | 『帝京国際文化』第17号 

学術論文 単著

「第三次選挙法改正における議席再配分法の成立とチャールズ・ディルクの民主主義」

2002年02月08日 | 『帝京国際文化』第15号 

学術論文 単著

「スキャンダルと政治家−チャールズ・ディルク事件再考」

2000年02月09日 | 『帝京国際文化』第13号 

学術論文 単著

「ヴィクトリア期イギリスと日本―近代イギリス史像の再検討の課題として―」

2000年 | 鈴木健夫編『「ヨーロッパ」の歴史的再検討』早稲田大学出版部 (初出は1997年) 

学術論文 単著

「チャールズ・ディルクと英帝国―急進主義の系譜と帝国主義―」

1997年03月 | 『史観』136冊 

学術論文 単著

「ヴィクトリア期イギリスの世界観―「グレーター・ブリテン」の世界―」

1998年01月31日 | 『帝京国際文化』第11号 

学術論文 単著

「イギリス急進主義者と帝国」

1999年02月 | 『帝京国際文化』第12号 

著書 共著

『近代日本戦争史 第2編 大正時代』

1995年04月20日 | 同台経済懇話会発行 

学術論文 単著

「イギリス極東政策における日本の位置―日英同盟とイギリス世論―」

1995年02月03日 | 『帝京国際文化』第8号 

学術論文 単著

「イギリスの対日政策―1880年改正条約案を巡って―」

1989年12月01日 | 『西洋史論叢』第11号