帝京大学

 

岩瀬泰弘

帝京大学
経済学部
経営学科

岩瀬泰弘 教授 いわせやすひろ

Iwase Yasuhiro

 企業の国際競争力を高めるには『企業価値の創造』と『経営リスク管理』が不可欠です。企業価値の創造は今や企業経営の大原則になっています。背景には会計制度の改革、企業の合併・買収(M&A)、外国企業による直接的な株式交換等があります。他方、企業経営とはリスクを取ることですが、経営者にはリスクの適正な計測と適切なマネジメントが求められます。同時にそのリスクに合ったリターンの追求がなければ企業は存続できません。企業経営に関する実践的な経営戦略を学んで下さい。

連絡先

電話番号 042-678-3531

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

1976年03月

  

神戸大学工学部卒

2010年03月

  

博士(経営学)

1976年04月

  

富士火災海上保険株式会社
(火災新種業務部商品開発課長,公益財団法人損害保険事業総合研究所主席研究員〔総合企画部兼務〕,業務企画室長〔関西学院大学大学院商学研究科非常勤講師兼務〕,社長室副部長〔経営計画推進室兼務〕,人事部部長,新商品開発部部長)

2007年04月

  

福井県立大学准教授(地域経済研究所)
関西学院大学非常勤講師(商学部)

2013年04月

  

帝京大学教授(経済学部経営学科 兼 大学院経済学研究科経営学専攻)

  

現在に至る

所属学会

1994年04月

日本保険学会(評議員:2006年~2008年,関西部会幹事:2004年~2009年)

2004年04月

日本リスク研究学会

2005年04月

生活経済学会

2006年04月

Asia-Pacific Risk & Insurance Association

2007年04月

The Society of Global Business and Economic Development

2008年04月

日本ファイナンス学会

2009年04月

生命保険経営学会

2010年07月

政策科学学会

専門分野
保険学(保険経営)、経営財務論(企業価値評価)、リスクマネジメント論、社会保障論
研究テーマ
 研究テーマは『企業価値の創造』と『経営リスク管理』です。
 企業価値を高めるには経済的利益(Economic Profit)を創造する必要があり、他方、企業の健全性を維持するには株主資本がリスク資本(Risk Capital)を常に上回っていなければなりません。
 企業価値を正しく理解するには「経営戦略」「コーポレートファイナンス」「リスク管理」「会計」の4つの視点から複眼的かつ総合的にアプローチする必要があります。この観点から、現在『IFRS(International Financial Reporting Standards:国際財務報告基準。国際的に活用されることを目指して策定された会計基準)』、および『バーゼルⅢ(国際的な金融危機を防ぐための自己資本規制)』という大きな変化が起きています。
 授業は社会に出た時にそのまま役立つことを目的としています。したがって、理論のための理論を論じるものではありません。現実に使える理論に絞り、いかに経営戦略の立案とその実践に生かすかという観点を中心としています。目的意識や問題意識を持った学生諸君の受講を待っています。
所属キャンパス
八王子キャンパス

教育方法・職務上の実績

教育方法
1.実践例
(1)Web File Serverの活用〔帝京大学〕
  a.授業に集中することができ、予習・復習に役立つ。(2010~)
(2)企業経営の擬似体験〔帝京大学〕
  a.クラスを1つの会社とみなし、ゼミ生は各部署の役割(経営企画、営業企画、財務・経理、人事・総務など)と会社全体の繋がり(純利益など)を理解する。同時に企業価値創造&経営リスク管理の理論と実務を学修する。(2010~)
(3)大学コンソーシアム「八王子学園都市大学」市民講座講師〔帝京大学〕
  a.企業を取り巻く国際環境の変化と日本企業の経営課題(2018)
    生活リスクを支える社会保障の全体像を理解する(2018)
  b.社会保障のワンポイントレッスン(2016)
  c.価値創造経営の本質~企業価値と失われた20年の反省~(2013)
  d.企業経営のリスクを考える(2011,2012)
  e.はじめて学ぶ社会保障~生活リスクを支える保障制度の全体像~(2012)
(4)オープンキャンパス講師〔帝京大学〕
  a.リスクとは何か~経営リスクと保険を考える~(2013)
  b.企業経営のリスクを学ぶ(2012)
(5)大学生ビジネスプラン・コンテスト審査委員〔福井県立大学〕
  a.福井県立大学,福井市,福井大学,商工会議所,産業支援センター等(2009)
(6)大学院社会人コース講師〔関西学院大学 大学院商学研究科〕
  a.金融自由化と各金融業界の事業戦略(1999)

2.作成した教科書・教材
(1)編著『企業経営のトータルリスク管理』産学連携プロジェクト「リスクマネジメント研究会」(2009)
(2)単著『金融自由化と各金融業界の事業戦略』関西学院大学 大学院商学研究科社会人コース教材(1999)
職務上の実績
1.大学の実績
(1)競争的研究資金の獲得〔帝京大学〕
  a.公益法人かんぽ財団助成金(2014.7~2015.6)
    『損保3大ホールディングスのエコノミック・キャピタル』
  b.公益財団法人かんぽ財団助成金(2012.7~2013.6)
    『大手損保の合併効果と価値創造経営』
(2)調査研究会座長〔帝京大学〕
  a.財団法人簡易保険加入者協会(2012.10~2014.3)
    『個人向け火災保険・共済における建物・家財の評価に関する調査研究報告書』(2014.3)
    参加団体(帝京大学,東京経済大学,東京大学,一橋大学,野村総研,東京海上,簡保加入者協会)
(3)ティーチング・ポートフォリオの作成(2013.1)〔帝京大学 第TP0001号)
(4)社会(地域)貢献〔帝京大学〕
   大学コンソーシアム「八王子学園都市大学 いちょう塾」講師(2011~2018)
(5)産学連携プロジェクト「リスクマネジメント研究会」座長(2008~2010)〔福井県立大学〕
    参加団体(福井県立大学,商工会議所,経営者協会,商工会連合会,損保ジャパン,みずほ証券)
  a.編著『企業経営リスクマネジメントの意識調査』第1回調査研究報告書(2008)
  b.編著『企業経営のリスクヘッジ(回避)』第2回調査研究報告書(2009)
  c.編著『企業価値創造のリスクマネジメント』第3回(最終)調査研究報告書(2010)
(6)NPO・NGO法人開催のセミナー講師〔福井県立大学〕
  a.経営者協会「企業経営のリスクマネジメント」(2008)
  b.事業継続推進機構「BCPとリスクマネジメント」(2008)
(7)企業向け研究フォーラム講師〔福井県立大学〕
  a.人事給与制度のこころとデザイン(2007)
  b.中小企業のリスクマネジメントの課題(2007)
  c.企業経営のリスクを考える(2009)
(8)学内委員
  a.福井県立大学 広報・経営委員(2007~2009)
  b.帝京大学 FD委員(2010~),学生部委員(2012~2014),大学院図書委員(2012~)

2.企業の実績
(1)社会貢献〔人事部部長〕(2004~2015)
  a.日本保険学会
     本社記念ホールを研究発表会場として無償提供
  b.公益財団法人生命保険文化センター
     本社記念ホールを研究発表会場として無償提供
(2)退職一時金制度の改定〔人事部部長〕(2002)
   退職給付制度の見直しによる財務体質の強化
(3)新3カ年経営計画の策定〔社長室副部長〕(2001)
   AIG・オリックスとの資本提携(アンダーセン共同策定)
(4)調査研究〔公益財団法人損害保険事業総合研究所研究第一部 主席研究員:総合企画部兼務〕(1994~1997)
  a.調査研究報告書
    『決済システムの現状と各金融業界の動向』(1994)
    『金融業界における競争政策』(1995)
    『銀行の保険販売業務参入について』(1996)
    『金融持株会社に関する研究』(1996)
    『ネットワーク化等の技術革新に伴う損保業界の対応』(1997)
  b.総研レポート
    『21世紀に通貨が消える:電子マネーMONDEXの世界展開』(1995)
    『欧米の純粋持株会社の経営形態:ネスレの実情』(1996)
(5)新商品「新婚保険」の開発(住友海上共同開発)〔火災新種業務部 商品開発課長〕(1992) 
(6)金融自由化に備える社費率の改善〔同上〕(1991)
(7)海外留学(The Insurance School of the Pacific)〔営業本部〕(1985)
  a.再保険&ブローカー制度の研究(Lloyd's〔英国ロイズ保険組合〕,Swiss Re〔スイス再保険会社〕,Munich Re〔ドイツ・ミュンヘン再保険会社〕)
  b.保険学講座(IEA主催)〔California,USA〕
  c.訪問(米国保険会社〔Fireman's Fund,State Farm,Allstate,Kemper,Travelers,AIG,Continental,CIGNA等〕,ブローカー〔Marsh & McClennan,Johnson & Higgins等〕,IIA〔Insurance Institute of America:米国損害保険研究所〕,ISO〔Insurance Services Office:損保情報サービス機構〕)

著書・論文

区分 発行年月、著書・論文名、発行元
著書 〔単著〕

岩瀬泰弘

企業価値とリスクキャピタル

2010年07月01日 | 千倉書房 ISBN 978-4-8051-0949-6,pp.1-236. 

著書 〔単著〕

岩瀬泰弘

企業価値創造の保険経営

2007年10月20日 | 千倉書房 ISBN 978-4-8051-0892-5,pp.1-192. 

著書 〔共著〕

岩瀬泰弘(分担執筆)

下和田功編『はじめて学ぶリスクと保険(第4版)』第20章「保険会社の企業価値」

2014年04月10日 | 有斐閣 ISBN 978-4-641-18420-6,pp.263-272. 

【学術論文】

岩瀬泰弘

金融・保険の資本規制と損害保険の最適資本構成

2018年03月31日 | 帝京大学経済学会「帝京経済学研究」第51巻第2号,pp.21-36. 

【学術論文】

岩瀬泰弘

The Economic Capital analysis of the big 3 holding company in the Japanese non-life insurance industry

2016年03月30日 | かんぽ財団「調査研究報告」No.26,pp.94-104. 

【学術論文】

岩瀬泰弘

損保3大ホールディングスのエコノミック・キャピタル

2015年06月30日 | 日本保険学会「保険学雑誌」第629号,pp.131-151. 

【学術論文】

岩瀬泰弘

損害保険の特性と商品開発の課題

2014年03月31日 | 財団法人簡易保険加入者協会「個人向け火災保険・共済における建物・家財の評価に関する調査研究報告書」,pp.41-48. 

【学術論文】

岩瀬泰弘

The Merger Effect and Value Creation in the Japanese Major Non-Life Insurance Company

2014年03月30日 | かんぽ財団「調査研究報告」No.24,pp.38-44. 

【学術論文】

岩瀬泰弘

大手損保の合併効果とEVA価値創造経営

2012年12月31日 | 帝京大学経済学会「帝京経済学研究」第46巻第1号,pp.217-230. 

【学術論文】

岩瀬泰弘

保険会社のリスクキャピタルと価値創造経営

2012年03月31日 | 政策科学学会「政策科学学会年報」第2号,pp.13-23. 

【学術論文】

Yasuhiro IWASE

The Minimum Required Capital based on Economic Profit

2011年08月03日 | Asia-Pacific Risk & Insurance Association 15th Annual Conference,Proceedings,pp.1-9. 

【学術論文】

岩瀬泰弘

保険会社の価値創造と経営管理手法に関する提言

2011年05月15日 | 日本ファイナンス学会第19回大会「予稿集」,pp.1-12. 

【博士論文】

岩瀬泰弘

保険事業の企業価値と経営課題

2010年03月18日 | 国立国会図書館 書誌ID 0000110022140,分類記号 UT51,pp.1-224.論文博士(経営学)帝京大学(営博乙第1号) 

【学術論文】

岩瀬泰弘

生命保険経営の企業価値創造

2009年09月30日 | 日本保険学会「保険学雑誌」第606号,pp.21-40. 

【学術論文】

岩瀬泰弘

企業経営のリスクキャピタル

2009年08月31日 | 福井県立大学「地域経済研究」第9号,pp.41-56. 

【学術論文】

岩瀬泰弘

損害保険のリスクキャピタル

2009年02月25日 | 公益財団法人損害保険事業総合研究所「損害保険研究」第70巻第4号,pp.1-24. 

【学術論文】

岩瀬泰弘

An Analysis of EVA to ROE in the Japanese Insurance Industry

2008年07月31日 | 「福井県立大学論集」第31号,pp.27-44. 

【学術論文】

岩瀬泰弘

保険金支払漏れに見る保険経営の特殊性と課題

2008年06月30日 | 日本保険学会「保険学雑誌」第601号,pp.13-32. 

【学術論文】

岩瀬泰弘

金融自由化の進展と保険価格構造

2008年02月29日 | 福井県立大学「地域経済研究」第6号,pp.61-79. 

【学術論文】

Yasuhiro IWASE

Insurance Business in Japan from Corporate Value Perspective

2007年08月09日 | The 10th International Conference of the Society for Global Business and Economic Develomment,Volume3,pp.2289-2301. 

【学術論文】

岩瀬泰弘

損害保険事業の構造上の課題

2007年03月31日 | 福井県立大学「地域経済研究」第4号,pp.17-33. 

【学術論文】

岩瀬泰弘

損害保険業態の最適資本構成

2007年03月30日 | 日本保険学会「保険学雑誌」第596号,pp.113-132. 

【学術論文】

岩瀬泰弘

EVAによる企業価値評価

2006年09月30日 | 日本保険学会「保険学雑誌」第594号,pp.21-40. 

【学術論文】

Yasuhiro IWASE

Limit of ROE

2006年08月01日 | Asia-Pacific Risk & Insurance Association 10th Annual Conference, Proceedings,pp.1-13. 

【学術論文】

岩瀬泰弘

EVAによる損害保険業態の分析

2004年12月31日 | 日本保険学会「保険学雑誌」第587号,pp.158-181. 

学会発表

岩瀬泰弘

損害保険会社の合併効果と価値創造経営

2014年12月20日 | 公益財団法人生命保険文化センター「保険学セミナー東京」  

学会発表

岩瀬泰弘

損保3大ホールディングスのエコノミック・キャピタル ~資本規制の国際動向と財務的観点によるアプローチ~

2014年09月12日 | 日本保険学会 関東部会 

国際学会

Yasuhiro IWASE

The Minimum Required Capital based on Economic Profit

2011年08月03日 | Asia-Pacific Risk & Insurance Association 15th Annual Conference 

学会発表

岩瀬泰弘

保険会社の価値創造と経営管理手法に関する提言

2011年05月15日 | 日本ファイナンス学会第19回大会 

学会発表

岩瀬泰弘

保険会社のリスクキャピタルと価値創造経営

2010年09月18日 | 政策科学学会 

学会発表

岩瀬泰弘

生命保険経営の企業価値創造

2009年03月27日 | 日本保険学会 関東部会 

学会発表

岩瀬泰弘

保険会社の企業価値評価

2008年09月13日 | 公益財団法人生命保険文化センター「保険学セミナー大阪」 

学会発表

岩瀬泰弘

保険金支払漏れに見る保険経営の特殊性と課題~平成19年度大会シンポジウム 保険金等の支払いをめぐる再検証問題~

2007年10月27日 | 日本保険学会 全国大会 

国際学会

Yasuhiro IWASE

Insurance Business in Japan from Corporate Value Perspective

2007年08月09日 | The 10th International Conference of the Society for Global Business and Economic Development 

国際学会座長

Yasuhiro IWASE

Session Chair:The Semi-Plenary Session about Risk Management and Insurance Studies in Asia-Pacific

2006年08月01日 | Asia-Pacific Risk & Insurance Association 10th Annual Conference 

国際学会

Yasuhiro IWASE

Limit of ROE

2006年08月01日 | Asia-Pacific Risk & Insurance Association 10th Annual Conference 

学会発表

岩瀬泰弘

EVAによる企業価値評価

2006年06月17日 | 日本保険学会 関西部会 

学会発表

岩瀬泰弘

損害保険業態の最適資本構成

2005年10月01日 | 日本保険学会 関西部会 

学会発表

岩瀬泰弘

EVAによる損害保険業態の分析

2004年09月25日 | 日本保険学会 関西部会 



ご利用にあたって
プライバシーポリシー
教職員専用
Copyright(C) 2006 Teikyo University. All Rights Reserved