帝京大学

板垣 文雄 教授

Itagaki Fumio

所属キャンパス板橋キャンパス

帝京大学 薬学部 薬学科

 遠い昔の人から見ると、薬は人の病を治す、びっくりするような「魔法」でしょうね。新しい魔法を考えたり、魔法の使い方を見つけたり、間違った魔法で悪さをしないか見はったり、そんなことが私たちの役割と思います。
 薬という「魔法」を通して、世の中の多くの人を病から救えるとよいですね。

連絡先

電話番号

[]

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

【経歴】──────────────────────────────

2018年04月

帝京大学薬学部教授

2009年07月

帝京大学薬学部准教授 〜2018年03月

所属学会

日本医薬品情報学会

日本医療薬学会

日本薬学会

日本臨床腫瘍学会

専門分野

ライフサイエンス 医療薬学

研究テーマ

がん薬物療法、医療薬学、薬物動態、構造物性相関/活性相関、医薬品情報、配合変化

教育方法・職務上の実績

情報がありません

著書・論文

学術論文

Yuma Tega, Hidetsugu Tabata, Toshiki Kurosawa, Atsushi Kitamura, Fumio Itagaki, Tetsuta Oshitari, Yoshiharu Deguchi

Structural Requirements for Uptake of Diphenhydramine Analogs into hCMEC/D3 Cells Via the Proton-Coupled Organic Cation Antiporter

2021年01月 | Journal of Pharmaceutical Sciences 110 1 397-403 

学術論文

Fukiko Omachi, Masaki Kaneko, Ryosuke Iijima, Machiko Watanabe, Fumio Itagaki

Relationship between the effects of food on the pharmacokinetics of oral antineoplastic drugs and their physicochemical properties.

2019年 | Journal of pharmaceutical health care and sciences 5 26-26 

学術論文

今中 翔一, 安心院 康彦, 桑原 達朗, 島 忠光, 橋本 雄治, 安野 伸浩, 金子 一郎, 坂本 哲也, 板垣 文雄, 渡邊 真知子

ケースマップを用いた救急初期診療研修法の開発 薬剤師新人研修プログラムにおける有用性の検討

2018年10月 | (一社)日本臨床救急医学会 日本臨床救急医学会雑誌 21 5 664-671 

学術論文

Maeda K, Yamaguchi M, Nagase H, Yasuno N, Itagaki F, Watanabe M

Utility and effectiveness of Symbicort® Turbuhaler® (oral inhalation containing budesonide and formoterol) in a patient with severe asthma after permanent tracheostomy.

2018年 | J Pharm Health Care Sci. 4 24-24 

学術論文

Watanabe M, Yamada C, Komagata Y, Kikuchi H, Hosono H, Itagaki F

New low-dose liquid pilocarpine formulation for treating dry mouth in Sjögren’s syndrome: clinical efficacy, symptom relief, and improvement in quality of life.

2018年 | J Pharm Health Care Sci. 4 4-4 

学術論文

Machiko Watanabe, Junichi Kurihara, Shigeto Suzuki, Kazuki Nagashima, Hiroyuki Hosono, Fumio Itagaki

The influence of dietary peptide inhibitors of angiotensin-converting enzyme on the hypotensive effects of enalapril

2015年06月03日 | Journal of Pharmaceutical Health Care and Sciences 1 1 17-17 

学術論文

板垣 文雄, 工藤 千恵, 片桐 幸子, 忍足 鉄太, 高橋 秀依, 夏苅 英昭, 渡邊 真知子

L-システインが引き起こす注射用メロペネムとアミノ酸輸液製剤の配合変化

2013年09月 | (一社)日本医療薬学会 医療薬学 39 9 521-527 

学術論文

Masakazu Sugimoto, Makoto Yamamoto, Tomoya Mukouyama, Chiemi Ono, Masahiko Yasuda, Tomoko Shimada, Taizan Suzuki, Nobuyuki Kamo, Chizuko Shiga, Hiroyuki Hosono, Fumio Itagaki, Machiko Watanabe, Tadashi Ikeda

Efficacy of local steroid injection on rat skin lesions induced by extravasation of vesicant anticancer drugs

2012年04月 | Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy 39 4 577-582 

学術論文

Isao Murakami, Hiroyuki Hosono, Shigeto Suzuki, Junichi Kurihara, Fumio Itagaki, Machiko Watanabe

Enhancement or Suppression of ACE Inhibitory Activity by a Mixture of Tea and Foods for Specified Health Uses (FOSHU) That Are Marketed as "Support for Normal Blood Pressure".

2011年 | ISRN pharmaceutics 2011 712196-712196 

学術論文

Yoshiharu Suzuki, Masato Homma, Kosuke Doki, Fumio Itagaki, Yukinao Kohda

Impact of CYP3A5 genetic polymorphism on pharmacokinetics of tacrolimus in healthy Japanese subjects

2008年07月 | WILEY-BLACKWELL British Journal of Clinical Pharmacology 66 1 154-155 

学術論文

板垣 文雄, 菅 真悠子, 本間 真人, 長谷川 雄一, 小島 寛, 神林 泰行, 幸田 幸直

血液疾患におけるアントラサイクリン系抗がん剤の累積投与量と心毒性発現

2008年03月 | (一社)日本医療薬学会 医療薬学 34 3 297-301 

学術論文

板垣 文雄, 加藤 裕芳, 元永 伸也, 市田 泰彦, 松井 礼子, 遠藤 一司, 神林 泰行, 本間 真人, 幸田 幸直

がん化学療法を施行した外来患者における血清アルブミン濃度

2007年12月 | (一社)日本医療薬学会 医療薬学 33 12 1032-1036 

学術論文

Wen Qian, Masato Homma, Fumio Itagaki, Hirokazu Tachikawa, Yoichi Kawanishi, Katsuyoshi Mizukami, Takashi Asada, Shinichi Inomata, Katsuya Honda, Nobuhiro Ohkohchi, Yukinao Kohda

MDR1 gene polymorphism in Japanese patients with schizophrenia and mood disorders including depression

2006年12月 | PHARMACEUTICAL SOC JAPAN Biological and Pharmaceutical Bulletin 29 12 2446-2450 

学術論文

Shinichi Inomata, Atsushi Nagashima, Fumio Itagaki, Masato Homma, Masuhiro Nishimura, Yoshiko Osaka, Kazuhiko Okuyama, Einosuke Tanaka, Takako Nakamura, Yukinao Kohda, Shinsaku Naito, Masayuki Miyabe, Hidenori Toyooka

CYP2C19 genotype affects diazepam pharmacokinetics and emergence from general anesthesia

2005年12月 | MOSBY, INC Clinical Pharmacology and Therapeutics 78 6 647-655 

学術論文

湯沢 賢治, 板垣 文雄, 本間 真人, 幸田 幸直, 大河内 信弘

【腎移植における消化管治療薬の処方設計】腎移植患者における胃酸分泌抑制剤の使用法 遺伝子多型と薬物動態を含めて

2005年02月 | (株)日本医学館 今日の移植 18 1 36-38 

学術論文

Fumio Itagaki, Masato Homma, Kohji Takara, Noriaki Ohnishi, Teruyoshi Yokoyama, Toshiyuki Sakaeda, Tatsurou Yagami, Hironao Kobayashi, Noboru Okamura, Yukinao Kohda

Effect of rabeprazole on MDR1-mediated transport of Rhodamine 123 in Caco-2 and Hvr100-6 cells

2004年10月 | PHARMACEUTICAL SOC JAPAN Biological and Pharmaceutical Bulletin 27 10 1694-1696 

学術論文

Fumio Itagaki, Masato Homma, Kenji Yuzawa, Masuhiro Nishimura, Shinsaku Naito, Nobuhiko Ueda, Nobuhiro Ohkohchi, Yukinao Kohda

Effect of lansoprazole and rabeprazole on tacrolimus pharmacokinetics in healthy volunteers with CYP2C19 mutations

2004年08月 | ROYAL PHARMACEUTICAL SOC GREAT BRITAIN Journal of Pharmacy and Pharmacology 56 8 1055-1059 

学術論文

富田 隆, 本間 真人, 板垣 文雄, 山本 由里子, 垣内 祥宏, 湯沢 賢治, 深尾 立, 幸田 幸直

MEIA法を用いた血中濃度モニタリングにおけるタクロリムス偽陽性濃度

2003年01月 | (一社)日本TDM学会 TDM研究 20 1 30-34 

学術論文

F. Itagaki, M. Homma, K. Yuzawa, K. Fukao, Yukinao Kohda

Drug interaction of tacrolimus and proton pump inhibitors in renal transplant recipients with CYP2C19 gene mutation

2002年11月 | ELSEVIER SCIENCE INC Transplantation Proceedings 34 7 2777-2778 

学術論文

板垣 文雄, 本間 真人, 富田 隆, 湯沢 賢治, 深尾 立, 幸田 幸直

CYP2C19遺伝子変異を有する腎移植患者におけるプロトンポンプ阻害剤と免疫抑制剤の薬物相互作用

2002年10月 | (一社)日本TDM学会 TDM研究 19 4 338-342 

学術論文

Masato Homma, Fumio Itagaki, Kenji Yuzawa, Katashi Fukao, Yukinao Kohda

Effects of lansoprazole and rabeprazole on tacrolimus blood concentration: Case of a renal transplant recipient with CYP2C19 gene mutation

2002年01月27日 | LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS Transplantation 73 2 303-304 

学術論文

板垣 文雄, 湯沢 賢治, 富田 隆, 垣内 祥宏, 新井 克明, 本間 真人, 深尾 立, 幸田 幸直

ランソプラゾール併用によってタクロリムス血中濃度が上昇した腎移植症例のCYP2C19遺伝子多型の解析

2001年04月 | (一社)日本移植学会 移植 36 2 145-149 

学術論文

F. Itagaki, T. Hori, T. Tomita, Y. Kakiuchi, Y. Yamamoto, M. Homma, M. Kaneko, Y. Kohda

Effect of ascites on tacrolimus disposition in a liver transplant recipient

2001年 | Therapeutic Drug Monitoring 23 6 644-646 

学術論文

山本 由里子, 垣内 祥宏, 板垣 文雄, 加藤 茂, 佐藤 重仁, 幸田 幸直

リドカインを用いた肝代謝能試験の成績におよぼすリドカインの蛋白結合率およびα1-酸性糖蛋白濃度

2000年10月 | (一社)日本TDM学会 TDM研究 17 4 390-395 

学術論文

板垣 文雄, 垣内 祥宏, 山本 由里子, 幸田 幸直

蛍光偏光免疫測定キットにおけるトレーサーロット変更がシクロスポリン濃度測定に与える影響

2000年07月 | (一社)日本TDM学会 TDM研究 17 3 303-307 

学術論文

郡 修徳, 板垣 文雄, 長坂 博範, 岸野 吏志, 井関 健, 小林 邦彦, 宮崎 勝巳

先天性尿素サイクル異常症に伴う高アンモニア血症治療薬L-アルギニン,安息香酸ナトリウムの錠剤化とその臨床応用

1999年04月 | (一社)日本医療薬学会 病院薬学 25 2 118-122 

学術論文

郡 修徳, 板垣 文雄, 岸野 吏志, 井関 健, 宮崎 勝巳

リン酸ナトリウム塩の錠剤化における添加剤としての無水リン酸水素カルシウム(フジカリンS)と結晶セルロース(アビセルPH‐F20)の比較

1998年 | 一般社団法人 日本医療薬学会 病院薬学 24 6 711-715 

学術論文

Jun'ichi Kobayashi, Fumio Itagaki, Ilideyuki Shigemori, Toshifumi Takao, Yasutsugu Shimonishi

Keramamides E, G, H, and J, new cyclic peptides containing an oxazole or a thiazole ring from a Theonella sponge

1995年02月27日 | Tetrahedron 51 9 2525-2532 

学術論文

Jun'ichi Kobayashi, Fumio Itagaki, Hideyuki Shigemori, Takuma Sasaki

Three new onnamide congeners from the okinawan marine sponge theonella sp.

1993年06月 | Journal of Natural Products 56 6 976-981 

学術論文

Fumio Itagaki, Hideyuki Shigemori, Masami Ishibashi, Takemichi Nakamura, Takuma Sasaki, Jun'ichi Kobayashi

Keramamide F, a New Thiazole-Containing Peptide from the Okinawan Marine Sponge Theonella sp

1992年09月01日 | Journal of Organic Chemistry 57 20 5540-5542 

学術論文

Jun’ichi Kobayashi, Fumio Itagaki, Hideyuki Shigemori, Masami Ishibashi, Kazuhiko Takahashi, Michiko Ogura, Shigeharu Nagasawa, Takemichi Nakamura, Hiroshi Hirota, Tomihisa Ohta, Shigeo Nozoe

Keramamides B-D: Novel Peptides from the Okinawan Marine Sponge TheoneHa sp

1991年09月01日 | Journal of the American Chemical Society 113 20 7812-7813 

その他

板垣 文雄, 中島 圭佑, 浅木 知子, 島 忠光, 渡邊 真知子

特色ある病院実務実習の取り組み(第3回) 帝京大学医学部附属病院の取り組み

2016年10月 | (公社)東京都薬剤師会 都薬雑誌 38 10 18-21 

その他

板垣 文雄, 山川 知子, 渡邊 真知子

【病態生理と症例から学ぶ輸液ガイド】(第2章)身につけておきたい水・電解質輸液の基本手技 注射薬の混合調製方法と注意点

2015年04月 | (株)文光堂 Medical Practice 32 臨増 102-106 

その他

板垣 文雄

6年制の卒業生を迎えて

2014年03月 | (公社)日本薬剤学会 薬剤学: 生命とくすり 74 2 109-111 

その他

板垣 文雄, 相磯 光彦, 滝川 一

【薬物性肝障害のとらえ方】肝細胞障害型DILIを来しやすい薬物・臨床的特徴・治療

2014年01月 | (株)じほう 薬事 56 1 37-41 

その他

秋田 賢宏, 板垣 文雄

処方せんから考える がん患者 服薬指導スタートアップ講座(第2回) カペシタビン錠を含む処方せん(2)

2013年02月 | (株)じほう 調剤と情報 19 2 222-227 

その他

佐藤 誠志, 板垣 文雄

処方せんから考える がん患者 服薬指導スタートアップ講座(第1回) カペシタビン錠を含む処方せん(1)

2013年01月 | (株)じほう 調剤と情報 19 1 68-71 

その他

杉本 雅和, 山本 誠人, 向山 智也, 小野 智恵美, 保田 昌彦, 島田 智子, 鈴木 泰山, 鴨 宣之, 志賀 千鶴子, 細野 浩之, 板垣 文雄, 渡邊 真知子, 池田 正

ラットにおける壊死性抗がん剤の漏出性皮膚障害に関するステロイド局所注射の役割

2011年09月 | (一社)日本癌治療学会 日本癌治療学会誌 46 2 991-991 

その他

板垣 文雄, 幸田 幸直

【輸液管理をマスターする】混合時または投与時に注意を要する輸液・注射薬

2006年03月 | (株)メヂカルフレンド社 看護技術 52 3 194-197 

その他

板垣 文雄, 本間 真人, 湯沢 賢治, 福永 潔, 大河内 信弘, 幸田 幸直

カルシニューリン阻害剤とプロトンポンプ阻害剤の薬物相互作用に及ぼすCYP2C19遺伝子多型の影響

2005年10月 | (一社)日本臓器保存生物医学会 Organ Biology 12 3 251-251 

その他

板垣 文雄, 山城 智美, 本間 真人, 湯沢 賢治, 福永 潔, 大河内 信弘, 長谷川 雄一, 小島 寛, 長澤 俊郎, 堀 哲夫, 金子 道夫, 幸田 幸直

カルシニューリン阻害薬の薬剤変更の要因に関する調査

2005年10月 | (一社)日本移植学会 移植 40 総会臨時 251-251 

その他

板垣 文雄, 本間 真人, 湯沢 賢治, 大河内 信弘, 幸田 幸直

CYP2C19遺伝子多型がプロトンポンプ阻害薬とタクロリムスの相互作用に及ぼす影響

2005年04月 | (一社)日本TDM学会 TDM研究 22 2 107-108 

その他

湯沢 賢治, 福永 潔, 山縣 香織, 板垣 文雄, 本間 真人, 人見 重美, 大河内 信弘

腎移植後の肺結核・腸結核症の治療経験 第二報

2005年04月 | (一社)日本移植学会 移植 40 2 208-208 

その他

湯沢 賢治, 山本 雅由, 大河内 信弘, 本間 真人, 板垣 文雄, 人見 重美

腎移植後の肺結核・腸結核症の治療経験

2004年10月 | (一社)日本移植学会 移植 39 5 571-571 

その他

富田 隆, 本間 真人, 板垣 文雄, 長谷川 雄一, 向井 陽美, 小島 寛, 長澤 俊郎, 湯沢 賢治, 大河内 信弘, 幸田 幸直

ヘマトクリット値の低下がMEIA法によるタクロリムスTDMに及ぼす影響

2004年04月 | (一社)日本TDM学会 TDM研究 21 2 207-208 

その他

湯沢 賢治, 板垣 文雄, 本間 真人

【CPCF 2003】Novartis CPCF Research Grant 2003受賞研究 シクロスポリンの薬物動態に影響を与える遺伝子多型と薬物相互作用

2003年11月 | (株)日本医学館 今日の移植 16 6 617-620 

その他

板垣 文雄, 柳本 寛子, 本間 真人, 中嶋 玲子, 須磨崎 亮, 松井 陽, 幸田 幸直

潰瘍性大腸炎の病状変化に伴うシクロスポリン体内動態の変動

2003年04月 | (一社)日本TDM学会 TDM研究 20 2 137-138 

その他

富田 隆, 本間 真人, 板垣 文雄, 山本 由里子, 垣内 祥宏, 湯沢 賢治, 深尾 立, 幸田 幸直

MEIA法を用いたタクロリムスモニタリングにおける偽陽性タクロリムス血中濃度

2002年04月 | (一社)日本TDM学会 TDM研究 19 2 123-124 

その他

板垣 文雄, 富田 隆, 本間 真人, 垣内 祥宏, 湯沢 賢治, 深尾 立, 幸田 幸直

CYP2C19遺伝子変異を有する腎移植患者におけるプロトポンプ阻害剤と免疫抑制剤の薬物相互作用

2002年04月 | (一社)日本TDM学会 TDM研究 19 2 125-126 

その他

板垣 文雄, 石原 三也, 幸田 幸直

【病気と薬の説明ガイド2002】心臓・血管系疾患 不整脈治療薬と患者への説明

2002年01月 | (株)南山堂 薬局 53 増刊 564-575 

その他

湯沢 賢治, 清野 研一郎, 谷口 英樹, 高田 泰次, 大塚 雅昭, 深尾 立, 本間 真人, 幸田 幸直, 板垣 文雄, 富田 隆

腎移植患者におけるCYP2C19遺伝子多型解析の意義

2001年08月 | (一社)日本移植学会 移植 36 4 255-255 

その他

板垣 文雄, 幸田 幸直

【病気と薬の説明ガイド2001】消化性潰瘍治療薬と患者への説明

2001年01月 | (株)南山堂 薬局 52 増刊 755-765 

その他

本間 真人, 幸田 幸直, 富田 隆, 板垣 文雄, 垣内 祥宏, 新井 克明, 湯沢 賢治, 深尾 立

ランソプラゾール併用によってタクロリムス血中濃度が上昇した腎移植症例

2000年09月 | (一社)日本移植学会 移植 35 総会臨時 282-282 

その他

山本 由里子, 垣内 祥宏, 板垣 文雄, 加藤 茂, 佐藤 重仁, 幸田 幸直

リドカインの非結合型分率及びα1-酸性糖蛋白濃度がMEGX試験の成績に及ぼす影響

2000年04月 | (一社)日本TDM学会 TDM研究 17 2 205-206 

その他

板垣 文雄, 幸田 幸直

【病気と薬の説明ガイド】消化器疾患 胃炎(急性,慢性)治療薬と患者への説明

1999年01月 | (株)南山堂 薬局 50 1 465-473