帝京大学

 

福井 淳哉

帝京大学
文学部
日本文化学科

福井 淳哉 准教授 ふくい じゅんや

 

本学科には、全国的にも珍しい書道研究所があり、高等学校一種書道教員免許状を取得することができます。東洋独特の広大深遠な芸術「書道」の魅力を、ぜひ一緒に追求しましょう!

連絡先

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

2003年03月

  

新潟大学教育人間科学部芸術環境創造課程書表現コース卒業

2010年03月

  

大東文化大学大学院文学研究科博士課程後期課程書道学専攻(日本書学)修了
博士(書道学)

2010年04月

  

帝京大学文学部日本文化学科専任講師

2010年04月

  

帝京大学書道研究所 所長

2011年04月

  

帝京大学大学院文学研究科日本文化専攻専任講師(兼担)

2014年04月

  

帝京大学文学部日本文化学科准教授

2014年04月

  

帝京大学大学院文学研究科日本文化専攻准教授(兼担)

  

(受賞歴)

2007年10月

  

第39回日展入選(以後、2008年第40回日展、2010年第42回日展において入選。)

2008年03月

  

板橋顕彰区民文化奨励賞受賞

2010年06月

  

第1回大東文化大学青山杉雨賞受賞

2014年03月

  

冲永荘一学術文化奨励賞受賞

所属学会

書学書道史学会

全国大学書道学会

読売書法会理事

書道香瓔会理事

専門分野
日本書道史
仮名書道
研究テーマ
日本書道史上における藤原佐理の書法の特質とその位置付け
日本書道史における和様書道の確立について
所属キャンパス
八王子キャンパス

教育方法・職務上の実績

教育方法
<作成した教科書、教材>

1)古筆切名跡便覧
平成20年5月 淡交社 別冊愛蔵版『淡交』№53

淡交社からの依頼により、古筆切の解説集を執筆するにあたり、日本書道史および日本書跡に関する鑑賞教育の学習等でテキストとして使用することを想定して執筆した。書道専攻以外の学生にも分かりやすいよう心掛け、基本的かつ重要な内容は踏まえながらも、なるべく平易な解説を心がけた。
職務上の実績
<実地調査活動>

1)三井文庫における重要文化財・古筆手鑑「高松帖」の調査 平成16年5月

2)東京国立博物館における伝小野道風筆「本阿弥切本古今和歌集」の調査 平成16年8月

3)香川県歴史博物館における国宝・藤原佐理筆「詩懐紙」の調査 平成18年8月

4)東京国立博物館における重要文化財・伝藤原佐理筆「絹地切」の調査 平成21年1月

著書・論文

区分 発行年月、著書・論文名、発行元
共著

『書の総合事典』

2010年11月 | 柏書房 

実践報告

「国語科書写における平仮名の字源学習―中高一貫教育校における書写書道連動の試み―」 

2009年09月 | 『東書Eネット』中学校、書写「教材研究・教科情報・実践事例」 東京書籍教育サポートセンター 

実践報告

「高等学校芸術科書道における古筆の鑑賞―「臨書」による「鑑賞」と「表現」の橋渡し―」

2009年09月 | 『東書Eネット』高等学校、書道「教材研究・教科情報・実践事例」 東京書籍教育サポートセンター 

その他

「古筆切名跡便覧」

2008年05月 | 別冊愛蔵版『淡交』№53 淡交社 

論文

「藤原佐理の草名について」

2007年03月 | 『書道学論集』第4号 大東文化大学書道学専攻院生会 

口頭発表

藤原佐理筆「詩懐紙」に関する一考察

2006年11月 | 第17回書学書道史学会大会 (於大阪教育大学柏原キャンパス) 

論文

書跡研究における「書風」の解釈とその扱い(二)

2006年08月 | 『書叢』第20号 新潟大学書道研究会 

その他

「教材から見る教育‐中高一貫校における書写書道教育について‐」

2006年05月 | 『墨』186号 芸術新聞社 

論文

書跡研究における「書風」の解釈とその扱い

2005年06月 | 『書叢』第19号 新潟大学書道研究会 



ご利用にあたって
プライバシーポリシー
教職員専用
Copyright(C) 2006 Teikyo University. All Rights Reserved