帝京大学

 

篠村知子

帝京大学
理工学部
バイオサイエンス学科

篠村知子 教授 しのむらともこ

Tomoko SHINOMURA

「熱中できるテーマが見つからない」という人はいませんか?熱中できるテーマというのは知識の量にほぼ比例します。熱中できるテーマをみつけあぐねている人は、ひとつテーマを決め、できるだけたくさんのを知識を自分の中に詰め込んでみることです。必ず知的好奇心をかきたてるテーマに育っていきます。私の専門の植物生理学は、植物が進化の過程でどのような生き残り戦略を獲得してきたのかを研究する学問です。知識を体系化し、知的好奇心を大きく育てる努力を通じて、地球の未来に持続可能な社会を作るバイオ燃料生産や環境保全技術の基盤構築に貢献したいと考えています。

連絡先

メールアドレス
電話番号 028-627-7111
FAX番号 028-627-7187

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

1981年

  

筑波大学 第二学群 生物学類 卒業(基礎生物専攻)

1983年

  

理学修士(筑波大学)

1984年

  

(株)日立製作所 中央研究所 入社

1997年

  

(株)日立製作所 基礎研究所 主任研究員

2000年

  

理学博士(筑波大学)

2007年

  

(兼任)(株)日立製作所 マーケティング統括本部 新事業開発本部 チーフプロジェクトマネージャー

2009年

  

(兼任)(株)日立プラントテクノロジー 研究開発本部主管研究員(出向) 

2010年04月

  

現職(植物分子細胞学研究室 教授)

所属学会

日本植物学会

日本植物生理学会

日本分子生物学会

American Society of Plant Biologist

ユーグレナ研究会

植物化学調節学会

専門分野
植物生理学
環境生物学
研究テーマ
植物の光環境応答メカニズムの解析
微細藻類を用いたバイオ燃料生産の基礎研究
http://www.teikyo-u.ac.jp/applicants/faculty/science/bioscience_dep/class/
環境計測と植物成長計測に関する技術
所属キャンパス
宇都宮キャンパス

教育方法・職務上の実績

教育方法
【学内における授業外の指導等】
スーパーサイエンスハイスクール大学実験講座
グリーン&ライフイノベーション研究会

【学外における授業外の指導等】
山形大学理学部特別講義講師
東洋大学生命科学部特別講義講師
奈良先端科学技術大学院大学男女共同参画シンポジウム講師
筑波大学医学系大学院キャリアパスセミナー講師
(株)日立プラントテクノロジー専門研修講師
宇都宮市市民大学講座講師

【教科書、教材等】
「植物の光センシング」細胞工学別冊「植物細胞工学シリーズ」第16巻(共同執筆)秀潤社(2001).

「生命を支える光」(「光が拓く生命科学」シリーズ第3巻)(共同執筆)共立出版(2000).
職務上の実績
【実務経験】
<(株)日立製作所 中央研究所及び基礎研究所における従事研究開発>
1984.4~2009.3
◇植物工場に関する植物生理学的研究
◇植物バイオ、ゲノム機能解析
◇光シグナル受容機構の解析
◇バイオイメージングシステムの開発と育種への応用
◇船舶バラスト水浄化装置の国際海事機関による国際認証および国土交通省による国内型式認定取得プロジェクト
◇微細藻類を利用したCO2固定およびエネルギー生産に関する研究開発

<科研費等獲得および国家プロジェクト等共同研究>
■《研究種目》農水省関連プロジェクト生研機構「新技術・新分野創出のための基礎研究推進事業」
《期間》1996年~2001年3月(課題分担者)
《研究課題名》植物の遺伝子発現の光スイッチング機構の解明と応用(総括代表 古谷雅樹 日立製作所 基礎研究所嘱託 元東京大学教授)

■《研究種目》農水省プロジェクト「イネゲノムシミュレータの開発」
《期間》2001年~2004年3月(研究責任者)
《研究課題名》植物生理学データベース構築のためのイネ生育モニタリングシステムの開発
URL: http://www.gs.dna.affrc.go.jp/SY-1108/

■《研究種目》農水省プロジェクト「イネ・ゲノムの重要形質関連遺伝子の機能解明」
《期間》2003年~2007年(課題分担者) 
《研究課題名》イネにおける光シグナルの受容・伝達機構の解明と応用(研究責任者:高野 誠 農業生物資源研究所)

■《研究種目》文部科学省私立大学研究基盤形成支援事業
《期間》2010年~2013年3月(課題分担者) 
《研究課題名》植物におけるステロイドホルモンの機能と系統発生(研究責任者:横田孝雄 帝京大学)

■《研究種目》文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
《期間》2013年~現在 (課題分担者)
《研究課題名》植物オキシリピンの機能解明とその応用(研究責任者:山根久和 帝京大学)

■《研究種目》基盤研究(C)
《期間》平成25年度〜29年度 (研究代表者)
《研究課題名》微細藻類の屋外光環境受容と細胞応答の解析

<委員会・審議会等>
文部科学省 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業・私立大学戦略的研究基盤形成支援事業 生物・医歯系専門分科会 委員(2003~2013)
文部科学省 科学技術・学術審議会 安全・安心科学技術委員会 専門委員(2011~現在)
日本植物生理学会:評議委員(2004-2007, 2014-2015),学会賞選考委員会委員(2011-2013),男女共同参画WG委員・委員(2010-2011, 2014-2015)、同委員長(2011-2012)
日本植物学会:学会賞選考委員会委員(2011)
財団法人 光産業技術振興協会:光技術動向調査委員会 委員(2006-2009)
日本学術会議:連携会員(2011~現在)
ユーグレナ研究会:幹事(2012~現在)
栃木県環境影響評価技術審査会委員(2014-2017)

【主な特許等】
特許第4009441号(P4009441)(出願日 : 2001年8月8日)作物育成評価システム(篠村知子、七夕高也、常田るり子、織田勇)

特許第3885046号(P3885046)(出願日 : 2003年9月16日)植物生育解析装置(石塚徹、篠村知子、七夕高也、松村泰秀)

特許第3885058号(P3885058)(出願日 : 2004年2月17日)植物成育解析システム及び解析方法(七夕高也、篠村知子、石塚徹、金友 正文)

特許第4509156号(P4509156)(出願日 : 2007年9月13日)船舶(森本 晋介、奥田 恒一、小佐古 修士、望月 明、篠村 知子、武村 清和、照井 茂樹、森田 穣)

特許公開2009-112978(出願日 : 2007年11月8日)バラスト水処理システム (小佐古 修士、奥田 恒一、森本 晋介、望月 明、篠村 知子、武村 清和、照井 茂樹、森田 穣)

特許公開2009-195156(出願日 : 2008年2月21日)微生物検査装置および微生物検査用チップ (佐々木康彦、竹中 啓、篠村知子)

著書・論文

区分 発行年月、著書・論文名、発行元
論文

Kato S, Takaichi S, Ishikawa T, Asahina M, Takahashi S, Shinomura T.

Identification and functional analysis of the geranylgeranyl pyrophosphate synthase gene (crtE) and phytoene synthase gene (crtB) for carotenoid biosynthesis in Euglena gracilis. BMC Plant Biol, 16: 1-12

2016年01月05日 |  

論文

Ishikawa R, Aoki M., Kurotani K., Yokoi S. Shinomura T, Takano M, Shimamoto K. 2011. Phytochrome B regulates Heading date 1 (Hd1)-mediated expression of rice florigen Hd3a and critical day length in rice. Molecular Genetics and Genomics 285:461-4

2011年 |  

論文

Tanabata T, Taguchi-Shiobara F., Kisimoto N., Chechetka SA. Shinomura T, Habu Y. 2010. A phenomics approach detected differential epigenetic growth regulation between inbreds and their hybrid in Oryza sativa. Molecular Breeding 26(4): 729-734.

2010年 |  

論文

Shimizu H, Shinomura T, Yamamoto KT. 2010. Similarities and differences between phytochrome-mediated growth inhibition of coleoptiles and seminal roots in rice seedlings. Plant Signaling & Behavior 5: 134-135.

2010年 |  

論文

Shimizu H, Tanabata T, Xie X, Inagaki N, Takano M, Shinomura T, Yamamoto KT. 2009. Phytochrome-mediated growth inhibition of seminal roots in rice seedlings. Physiol. Plant. 137(3):289-297.

2009年 |  

論文

Takano M, Inagaki N, Xie X, Kiyota S, Baba-Kasai A, Tanabata T, Shinomura T. 2009. Phytochromes are the sole photoreceptors for perceiving red/far-red light in rice. Proc. Natl. Acad. Sci. USA. 106(34):14705-14710.

2009年 |  

論文

Ishikawa R, Shinomura T, Takano M, Shimamoto K. 2009. Phytochrome dependent quantitative control of Hd3a transcription is the basis of the night break effect in rice flowering. Genes Genet Syst. 84(2):179-184.

2009年 |  

総説

武村清和、小林茂樹、篠村知子、湯本聡. 2009. 海洋保全に貢献するバラスト水浄化システム.日立評論. 91(8): 62-65.

2009年 |  

論文

七夕高也、清水久代、篠村知子、高野誠、宮村(中村)浩子、斎藤隆文 2008.  イネ初期成育期における表現型解析のための画像計測システム. 電気学会論文誌C128 (6): 962-969.

2008年 |  

総説

Terui, S., Yumoto, S. Takemura, K., Kobayashi, S., Okuda, K., Shinomura, T. 2008. Hitachi Ballast Water Purification System using Coagulation and Magnetic Separation Technology: for Preserving Earth’s Environment and Ecosystem. International Confe

2008年 |  

論文

Kneissl, J., Shinomura, T., Furuya, M., Bolle C. 2007. A rice phytochrome A in Arabidopsis: The role of the N-terminus under red and far-red light. Molecular Plant 1: 1-19.

2007年 |  

論文

Xie, X., Shinomura, T., Inagaki, N., Kiyota, S., Takano, M. 2007. Phytochrome-Mediated Inhibition of Coleoptile Growth in Rice: Age-Dependency and Action Spectra. Photochem. Photobiol. 83(1):131-138.

2007年 |  

総説

武村清和、照井茂樹、森田穣、渡辺幸次、望月明、篠村知子. 2007. 凝集技術を利用したバラスト水浄化システム. 環境浄化技術. 6(7):41-45.

2007年 |  

論文

海野将範、七夕高也、宮村(中村)浩子、篠村知子、斎藤隆文 2007. 時系列画像処理によるイネの葉の成長運動の可視化. 画像電子学会誌 36(5): 756-761.

2007年 |  

論文

宮村(中村)浩子、七夕高也、斎藤隆文、篠村知子 2007. 時系列画像解析によるイネの根の成長特性の解析と可視化. 画像電子学会誌36(4): 520-529.

2007年 |  

論文

Hirose, F., Shinomura, T., Tanabata, T., Shimada, H., Takano, M. 2006. Involvement of rice cryptochromes in the de-etiolation responses and flowering. Plant Cell Physiol. 47: 915-925.

2006年 |  

論文

Ishikawa, R., Tamaki, S., Yokoi, S., Inagaki, N., Shinomura, T., Takano, M., Shimamoto, K. 2005. Suppression of the floral activator gene Hd3a is the principal cause of the night-break effect in rice. Plant Cell 17: 3326-3336.

2005年 |  

論文

Ishizuka, T., Tanabata, T., Takano, M., Shinomura, T. 2005. Kinetic measuring method of rice growth in tillering stage using automatic digital imaging system. Environ. Control in Biol. 43:83-96.

2005年 |  

論文

Takano, M., Inagaki, N., Xie, X., Yuzurihara, N., Hihara, F., Ishizuka, T., Yano, M., Nishimura, M., Miyao, A., Hirochika, H., Shinomura, T. 2005. Distinct and cooperative functions of phytochromes A, B, and C in the control of deetiolation and f

2005年 |  

総説

Takano, M., Xie, X., Inagaki, N., Shinomura, T. 2005. Distinct functions of phytochromes on the photomorphogenesis in rice. In: M. Wada, K. Shimazaki, M. Iino, eds., Light Sensing in Plants. Springer-Verlag, Tokyo, pp111-117.

2005年 |  

総説

七夕高也、篠村知子. 2005. 遺伝子機能解析のための植物生育イメージングシステム. バイオサイエンスとインダストリー 63: 316-319.

2005年 |  

総説

Shinomura, T., Tanabata, T., Takano, M. 2005. Automatic imaging system and computational image analysis for the visible phenotypic functional analysis. Prague Post Genome Technology Workshop 2005, (Czech Republic, June 6-June 7, 2005).

2005年 |  

論文

Kami, C., Mukougawa, K., Muramoto, T., Yokota, A., Shinomura, T., Lagarias, J. C., Kohchi, T. 2004. Complementation of phytochrome chromophore-deficient Arabidopsis by expression of phycocyanobilin:ferredoxin oxidoreductase. Proc. Natl. Acad. Sc

2004年 |  

総説

七夕高也、篠村知子. 2004. 個体レベルの成長計測のためのイメージングシステム. Plant Morphology 16: 1-10.

2004年 |  

論文

Kuno, N., Møller, S. G., Shinomura,T., Xu, X.M., Chua, N.-H., Furuya, M. 2003. The novel MYB protein EARLY-PHYTOCHROME-RESPONSIVE1 is a component of a slave circadian oscillator in Arabidopsis. Plant Cell 15: 2476-2488.

2003年 |  

総説

七夕高也、石塚徹、篠村知子. 2003. 遺伝子機能解析における画像処理システム. 電子情報通信学会誌86: 945-948.

2003年 |  

論文

Shinomura T, Hanzawa H, Furuya M. 2002. Phytochromes A and B: Specificity of photoperception and structure/function analysis of bilin chromophores. Journal of Photoscience 9: 90-93.

2002年 |  

論文

Hanzawa H, Shinomura T, Inomata K, Kakiuchi T, Kinoshita H, Wada K, Furuya M. 2002. Structural requirement of bilin chromophore for the photosensory specificity of phytochromes A and B. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 99:4725-4729.

2002年 |  

論文

Takano, M., Kanegae, H., Shinomura, T., Miyao, A., Hirochika, H., and Furuya, M. 2001. Isolation and characterization of rice phytochrome A mutants. Plant Cell 13: 521-534.

2001年 |  

総説

篠村知子 2001.「フィトクロムファミリーとその生理機能分担」(細胞工学別冊「植物細胞工学シリーズ」第16巻「植物の光センシング」、第1章 第2節)秀潤社.

2001年 |  

論文

Shinomura, T., Uchida, K. and Furuya, M. 2000. Elementary process of photoperception by phytochrome A for high irradiance response of hypocotyl elongation in Arabidopsis thaliana. Plant Physiol. 122: 147-156.

2000年 |  

総説

篠村知子 2000.「光で目をさます - 光発芽」(「光が拓く生命科学」シリーズ第3巻「生命を支える光」、第1章)共立出版 pp14-26.

2000年 |  

論文

Shinomura, T., Hanzawa, H., Schäfer, E. and Furuya, M. 1998. Mode of phytochrome B action in the photoregulation of seed germination in Arabidopsis thaliana. Plant J. 13: 583-590.

1998年 |  

論文

Hamazato, F., Shinomura, T., Hanzawa, H., Chory, J., and Furuya, M. 1997. Fluence and wavelength requirements for Arabidopsis CAB gene induction by different phytochromes. Plant Physiol. 115: 1533-1540.

1997年 |  

総説

Shinomura, T. 1997. Phytochrome regulation of seed germination. J. Plant Res. 110: 151-161.

1997年 |  

論文

Shinomura, T., Nagatani, A., Hanzawa, H., Kubota, M., Watanabe, M. and Furuya, M. 1996. Action spectra for phytochrome A- and B-specific photoinduction of seed germination in Arabidopsis thaliana. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 93: 8129-8133.

1996年 |  

論文

Kato, R., Shimoyama, T., Suzuki, T., Uchida, K., Shinomura, T., and Harada, Y. 1995. Effects of an epidermal growth factor on growth of Zea primary roots and mesocotyls. Plant Cell Physiol. 36: 197-199.

1995年 |  

論文

Shinomura, T., Nagatani, A., Chory, J. and Furuya, M. 1994. The induction of seed germination in Arabidopsis thaliana is regulated principally by phytochrome B and secondarily by phytochrome A. Plant Physiol. 104: 363-371.

1994年 |  

論文

Kato, R., Nagayama, E., Suzuki, T., Uchida, K., Shinomura, T., and Harada, Y. 1993. Promotion of cell division by an epidermal growth factor. Plant Cell Physiol. 34: 789-793.

1993年 |  

総説

篠村知子、古谷雅樹 1993. 「暗所で脱黄化する突然変異体 det, cop, lip :光情報のシグナル伝達経路の解析」 植物細胞工学 5: 107-112.

1993年 |  

論文

Kato, R., Itagaki, K., Uchida, K., Shinomura, T., and Harada, Y. 1991. Effects of an epidermal growth factor on the growth of Zea coleoptiles. Plant Cell Physiol. 32: 917-919.

1991年 |  

論文

Harada, Y., Sakamoto, T., Shinomura, T., Takamoto, K., Senda, T. and Tsuda, M. 1991. Total synthesis of a gene for octopus rhodopsin and its preliminary expression. J. Biochem. 110: 501-507.

1991年 |  

論文

Hirayama, T. and Hori, T. 1984. Flagellar apparatus of the quadriflagellated zoospore of Chaetomorpha spiralis Okamura (Cladophorales, Chlorophyta). Botanica Marina 27: 335-344.

1984年 |  



ご利用にあたって
プライバシーポリシー
教職員専用
Copyright(C) 2006 Teikyo University. All Rights Reserved