帝京大学
北沢 貴利

北沢 貴利 准教授

所属キャンパス板橋キャンパス

帝京大学 医学部 医学科 板橋キャンパス 臨床医学講座・診療科 内科学講座

 

連絡先

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

【経歴】──────────────────────────────

2013年

帝京大学医学部講師

専門分野

外科系臨床医学 救急医学

教育方法・職務上の実績

情報がありません

著書・論文

学術論文

Yoshino Y, Seo K, Kitazawa T, Ota Y

Serum Levels of Fibroblast Growth Factor 23 in People Living with HIV.

2019年09月 | Current HIV research  

学術論文

Kitazawa T, Seo K, Yoshino Y, Asako K, Kikuchi H, Kono H, Ota Y

Efficacies of atovaquone, pentamidine, and trimethoprim/sulfamethoxazole for the prevention of Pneumocystis jirovecii pneumonia in patients with connective tissue diseases.

2019年05月 | Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy 25 5 351-354 

学術論文

Yoshino Y, Koga I, Misu K, Seo K, Kitazawa T, Ota Y

The prevalence of low serum free testosterone and the short-term effect of anti-retroviral therapy in male Japanese treatment-naïve HIV patients.

2019年04月 | Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy 25 4 318-321 

学術論文

Wakabayashi Y, Yoshino Y, Seo K, Koga I, Kitazawa T, Ota Y

Inhibition of osteoblast differentiation by ritonavir.

2018年12月 | Biomedical reports 9 6 491-496 

学術論文

Yoshino Y, Koga I, Seo K, Kitazawa T, Ota Y

Short Communication: The Clinical Value of Cystatin C as a Marker of Renal Function in HIV Patients Receiving Dolutegravir.

2017年11月 | AIDS research and human retroviruses 33 11 1080-1082 

学術論文

Yoshino Y, Seo K, Koga I, Kitazawa T, Ota Y

Clinical efficacy of laninamivir and peramivir in patients with seasonal influenza: a randomized clinical trial.

2017年05月 | Infectious diseases (London, England) 49 5 417-419 

学術論文

Kitazawa T, Seo K, Yoshino Y, Koga I, Ota Y

Co-Colonization with Neisseria species Is a Risk Factor for Prolonged Colonization with Multidrug-Resistant Acinetobacter baumannii in the Respiratory Tract.

2017年03月 | Japanese journal of infectious diseases 70 2 203-206 

学術論文

Mitsui M, Kataoka A, Konno K, Kitazawa T, Yokoyama N, Shimokawa T, Kozuma K

A case of prosthetic aortic valve endocarditis with massive vegetation underestimated by conventional two-dimensional transesophageal echocardiography: efficacy of three-dimensional transesophageal echocardiography.

2017年03月 | Journal of echocardiography 15 1 46-47 

学術論文

Koga I, Seo K, Yoshino Y, Kitazawa T, Kurahashi I, Ota Y

Decreased serum bone specific alkaline phosphatase and increased urinary N-terminal telopeptide of type I collagen as prognostic markers for bone mineral density loss in HIV patients on cART.

2016年08月 | Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy 22 8 543-547 

学術論文

Koga I, Seo K, Yoshino Y, Kitazawa T, Ota Y

Increase of 25-hydroxyvitamin D levels after initiation of combination antiretroviral therapy.

2015年10月 | Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy 21 10 737-741 

学術論文

Yoshino Y, Okugawa S, Kimura S, Makita E, Seo K, Koga I, Matsunaga N, Kitazawa T, Ota Y

Infective endocarditis due to Enterobacter cloacae resistant to third- and fourth-generation cephalosporins.

2015年04月 | Journal of microbiology, immunology, and infection = Wei mian yu gan ran za zhi 48 2 226-228 

学術論文

Yoshino Y, Seo K, Koga I, Kitazawa T, Ota Y

Clinical efficacy of peramivir in adult patients with seasonal influenza during the winter of 2012 in Japan.

2015年04月 | The clinical respiratory journal 9 2 228-232 

学術論文

Yoshino Y, Wakabayashi Y, Seo K, Koga I, Kitazawa T, Ota Y

Hyaluronic Acid concentration in pleural fluid: diagnostic aid for tuberculous pleurisy.

2015年01月 | Journal of clinical medicine research 7 1 41-44 

学術論文

Seo K, Kitazawa T, Yoshino Y, Koga I, Ota Y

Characteristics of serum endocan levels in infection.

2015年 | PloS one 10 4 e0123358 

学術論文

Yoshino Y, Wakabayashi Y, Suzuki S, Seo K, Koga I, Kitazawa T, Okugawa S, Ota Y

Clinical features of catheter-related candidemia at disease onset.

2014年11月 | Singapore medical journal 55 11 579-582 

学術論文

Kitazawa T, Yoshino Y, Suzuki S, Koga I, Ota Y

Lopinavir inhibits insulin signaling by promoting protein tyrosine phosphatase 1B expression.

2014年09月 | Experimental and therapeutic medicine 8 3 851-855 

学術論文

Yoshino Y, Abe M, Seo K, Koga I, Kitazawa T, Ota Y

Multifocal Cellulitis due to Disseminated Neisseria Gonorrhoeae in a Male Patient.

2014年06月 | Journal of clinical medicine research 6 3 215-217 

学術論文

北沢貴利

抗菌薬の実践的で有効な最新の使いかた 実地臨床現場で遭遇する耐性菌克服を目指した実地診療の実際 多剤耐性緑膿菌・多剤耐性アシネトバクター

2013年12月01日 | Med Pract 30 12 2146-2150 

学術論文

Yoshino Y, Kitazawa T, Ikeda M, Tatsuno K, Yanagimoto S, Okugawa S, Yotsuyanagi H, Ota Y

Clostridium difficile flagellin stimulates toll-like receptor 5, and toxin B promotes flagellin-induced chemokine production via TLR5.

2013年02月 | Life sciences 92 3 211-217 

学術論文

Koga I, Yoshino Y, Kitazawa T, Kurahashi I, Ota Y

Prevalence and risk factors for loss of bone mineral density in male Japanese patients with HIV.

2013年01月 | Journal of acquired immune deficiency syndromes (1999) 62 1 e25-7 

学術論文

Kitazawa T, Yoshino Y, Tatsuno K, Ota Y, Yotsuyanagi H

Changes in the mean platelet volume levels after bloodstream infection have prognostic value.

2013年 | Internal medicine (Tokyo, Japan) 52 13 1487-1493 

学術論文

潟永 博之, 北沢 貴利, 菊地 正

Q&A形式Case Study 外来フォロー中に急激な肝障害を認めた症例

2013年 | メディカルレビュー社 HIV感染症とAIDSの治療 4 1 34-40 

学術論文

Yoshino Y, Seo K, Koga I, Matsunaga N, Kitazawa T, Takamori Y, Ota Y

Liver Abscess With a Markedly High Level of Carbohydrate Antigen 19-9.

2012年10月 | Gastroenterology research 5 5 205-207 

学術論文

Nukui Y, Hatakeyama S, Kitazawa T, Mahira T, Shintani Y, Moriya K

Pandemic 2009 influenza A (H1N1) virus among Japanese healthcare workers: seroprevalence and risk factors.

2012年01月 | Infection control and hospital epidemiology 33 1 58-62 

学術論文

Goto K, Hatakeyama S, Okamoto K, Kitazawa T, Abe K, Moriya K, Koike K, Yotsuyanagi H

Dengue hemorrhagic fever in an adult traveler returning to Japan.

2012年 | Internal medicine (Tokyo, Japan) 51 13 1779-1782 

学術論文

Yoshino Y, Kitazawa T, Kamimura M, Tatsuno K, Ota Y, Yotsuyanagi H

Pseudomonas putida bacteremia in adult patients: five case reports and a review of the literature.

2011年04月 | Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy 17 2 278-282 

学術論文

Nagai R, Saito R, Koyano S, Okamura N, Yokota H, Kitazawa T, Moriya K

Evaluation of multiplex PCR using dual-priming oligonucleotide for the detection of vanA and vanB in vancomycin-resistant enterococci.

2011年04月 | Clinical chemistry and laboratory medicine 49 4 751-752 

学術論文

Okamoto K, Hatakeyama S, Itoyama S, Nukui Y, Yoshino Y, Kitazawa T, Yotsuyanagi H, Ikeda R, Sugita T, Koike K

Cryptococcus gattii genotype VGIIa infection in man, Japan, 2007.

2010年07月 | Emerging infectious diseases 16 7 1155-1157 

学術論文

Yoshino Y, Kitazawa T, Tatsuno K, Ota Y, Koike K

Cryptococcal pleuritis containing a high level of adenosine deaminase in a patient with AIDS: a case report.

2010年 | Respiration; international review of thoracic diseases 79 2 153-156 

学術論文

原田 壮平, 畠山 修司, 北沢 貴利, 糸山 智, 太田 康男, 小池 和彦

副腎皮質ステロイド, シクロスポリンA投与中に肺結節影, 血中(1→3)-β-D-グルカン高値を呈し, 播種性ノカルジア症, ニューモシスチス肺炎の診断に至った1例

2009年09月20日 | 日本感染症学会 感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases 83 5 538-543 

学術論文

Yanagimoto S, Tatsuno K, Okugawa S, Kitazawa T, Tsukada K, Koike K, Kodama T, Kimura S, Shibasaki Y, Ota Y

A single amino acid of toll-like receptor 4 that is pivotal for its signal transduction and subcellular localization.

2009年02月 | The Journal of biological chemistry 284 6 3513-3520 

学術論文

北沢 貴利, 青木 孝弘, 原田 壮平, 畠山 修司, 太田 康男, 小池 和彦, 上浦 望, 長谷川 路子

下肢運動障害, 肺異常影を合併したレプトスピラ症の1例

2008年01月10日 | 一般社団法人 日本内科学会 日本内科学会雑誌 97 1 158-160 

学術論文

Okada H, Kitazawa T, Harada S, Itoyama S, Hatakeyama S, Ota Y, Koike K

Combined treatment with oral kanamycin and parenteral antibiotics for a case of persistent bacteremia and intestinal carriage with Campylobacter coli.

2008年 | Internal medicine (Tokyo, Japan) 47 14 1363-1366 

学術論文

Kitazawa T, Fukushima A, Okugawa S, Yanagimoto S, Tsukada K, Tatsuno K, Koike K, Kimura S, Kishimoto T, Shibasaki Y, Ota Y

Chlamydophilal antigens induce foam cell formation via c-Jun NH2-terminal kinase.

2007年10月 | Microbes and infection 9 12-13 1410-1414 

学術論文

Ota Y, Tatsuno K, Okugawa S, Yanagimoto S, Kitazawa T, Fukushima A, Tsukada K, Koike K

Relationship between the initial dose of micafungin and its efficacy in patients with candidemia.

2007年08月 | Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy 13 4 208-212 

学術論文

Tsukada K, Kitazawa T, Fukushima A, Okugawa S, Yanagimoto S, Tatsuno K, Koike K, Nagase H, Hirai K, Ota Y

Macrophage tolerance induced by stimulation with Toll-like receptor 7/8 ligands.

2007年07月 | 1 Immunology letters 111 1 51-56 

学術論文

Kitazawa T, Nakayama K, Okugawa S, Koike K, Shibasaki Y, Ota Y

Biphasic regulation of levofloxacin on lipopolysaccharide-induced IL-1beta production.

2007年04月 | 17 Life sciences 80 17 1572-1577 

学術論文

Suzuki S, Kitazawa T, Ota Y, Okugawa S, Tsukada K, Nukui Y, Hatakeyama S, Yamaguchi D, Matsuse S, Ishii T, Matsubara T, Yamauchi C, Ota S, Yahagi N, Fukayama M, Koike K

Dengue hemorrhagic shock and disseminated candidiasis.

2007年 | Internal medicine (Tokyo, Japan) 46 13 1043-1046 

学術論文

Okugawa S, Yanagimoto S, Tsukada K, Kitazawa T, Koike K, Kimura S, Nagase H, Hirai K, Ota Y

Bacterial flagellin inhibits T cell receptor-mediated activation of T cells by inducing suppressor of cytokine signalling-1 (SOCS-1).

2006年10月 | 10 Cellular microbiology 8 10 1571-1580 

学術論文

Kitazawa T, Ota Y, Kada N, Morisawa Y, Yoshida A, Koike K, Kimura S

Successful vancomycin desensitization with a combination of rapid and slow infusion methods.

2006年 | 5 Internal medicine (Tokyo, Japan) 45 5 317-321 

学術論文

Akiyama C, Shinozaki-Narikawa N, Kitazawa T, Hamakubo T, Kodama T, Shibasaki Y

Phosphatidylinositol-4-phosphate 5-kinase gamma is associated with cell-cell junction in A431 epithelial cells.

2005年07月 | 7 Cell biology international 29 7 514-520 

学術論文

北沢 貴利, 太田 康男, 柳元 伸太郎

話題の窓 最新国際学会情報 第11回 国際感染症学会 (特集 ウイルス感染症--基礎と臨床)

2004年11月 | 現代医療社 現代医療 36 11 2310-2312 

学術論文

Nakayama K, Okugawa S, Yanagimoto S, Kitazawa T, Tsukada K, Kawada M, Kimura S, Hirai K, Takagaki Y, Ota Y

Involvement of IRAK-M in peptidoglycan-induced tolerance in macrophages.

2004年02月 | 8 The Journal of biological chemistry 279 8 6629-6634 

学術論文

Kitazawa T, Ota Y, Suzuki M, Morisawa Y, Shintani Y, Koike K, Kimura S

Acute hepatitis E with elevated creatine phosphokinase.

2003年09月 | 9 Internal medicine (Tokyo, Japan) 42 9 899-902 

学術論文

Okugawa S, Ota Y, Kitazawa T, Nakayama K, Yanagimoto S, Tsukada K, Kawada M, Kimura S

Janus kinase 2 is involved in lipopolysaccharide-induced activation of macrophages.

2003年08月 | 2 American journal of physiology. Cell physiology 285 2 C399-408 

学術論文

Nakayama K, Ota Y, Okugawa S, Ise N, Kitazawa T, Tsukada K, Kawada M, Yanagimoto S, Kimura S

Raf1 plays a pivotal role in lipopolysaccharide-induced activation of dendritic cells.

2003年08月 | Biochemical and biophysical research communications 308 2 353-360 

学術論文

Nakayama K, Ota Y, Okugawa S, Ise N, Kitazawa T, Tsukada K, Kawada M, Yanagimoto S, Kimura S

Raf1 plays a pivotal role in lipopolysaccharide-induced activation of dendritic cells.

2003年08月 | 2 Biochemical and biophysical research communications 308 353-360 

学術論文

北沢 貴利, 木村 哲

核酸系逆転写酵素阻害薬による高乳酸血症とミトコンドリア障害

2002年09月 | 南江堂 内科 90 3 565-567 

その他

盛田 幸司, 坂本 美貴, 小川 真澄, 江戸 直樹, 内野 卓也, 男澤 悠貴, 宇野 健司, 吉野 友祐, 北沢 貴利, 石川 敏夫, 塚本 和久

内分泌疾患による脆弱性骨折を基盤に多発膿瘍を来たした2症例

2019年04月 | (一社)日本内分泌学会 日本内分泌学会雑誌 95 1 455-455 

その他

小野 沙也佳, 大溝 啓揮, 浅川 信一郎, 吉野 友祐, 北沢 貴利, 山本 貴嗣, 塚本 和久

早期の治療介入により良好な転機をたどったLemierre症候群の1例

2018年12月 | 日本内科学会-関東地方会 日本内科学会関東地方会 647回 56-56 

その他

吉野 友祐, 三須 恵太, 北沢 貴利, 太田 康男

ドルテグラビルを含んだ抗HIV療法への変更が骨密度・骨代謝マーカーに与える影響について

2018年11月 | (一社)日本エイズ学会 日本エイズ学会誌 20 4 529-529 

その他

鈴木 崇史, 原田 文人, 上野 雅樹, 酒井 一広, 坂本 美貴, 内野 卓也, 男澤 悠貴, 山崎 修, 吉野 友祐, 北沢 貴利, 宇野 健司, 盛田 幸司, 柴田 茂, 石川 敏夫, 塚本 和久

骨折部位を含め、多発膿瘍を来したACTH依存性クッシング症候群

2018年09月 | (一社)日本内分泌学会 日本内分泌学会雑誌 94 2 710-710 

その他

三須 恵太, 吉野 友祐, 北沢 貴利, 太田 康男, 妹尾 和憲

セフトリアキソン投与後再燃し、ペニシリン投与で軽快した、妊娠中の肺炎球菌による頭蓋底膿瘍、髄膜炎の1例

2018年05月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 92 3 505-505 

その他

吉野 友祐, 三須 恵太, 妹尾 和憲, 古賀 一郎, 北沢 貴利, 太田 康男

日本人男性HIV未治療患者における性腺機能低下の状況と抗レトロウイルス薬開始後の変化について

2018年04月 | (公社)日本化学療法学会 日本化学療法学会雑誌 66 Suppl.A 245-245 

その他

北沢 貴利, 三須 恵太, 妹尾 和憲, 吉野 友祐, 菊地 弘敏, 太田 康男, 河野 肇, 浅子 来美

膠原病患者における非結核性抗酸菌の保菌、発症状況の推移

2018年04月 | (公社)日本化学療法学会 日本化学療法学会雑誌 66 Suppl.A 348-348 

その他

北沢 貴利

【グローバル化・温暖化と感染症対策】人獣共通感染症 レプトスピラ症

2017年12月 | (株)日本小児医事出版社 小児科臨床 70 増刊 2372-2376 

その他

山本 藍, 大和 洸, 内野 卓也, 高橋 諭, 三須 恵太, 妹尾 和憲, 吉野 友祐, 北沢 貴利, 太田 康男, 滝川 一

サルモネラ腸腰筋膿瘍の治療後に持続した溶血性貧血から診断にいたった人工弁心内膜炎の1例

2017年12月 | 日本内科学会-関東地方会 日本内科学会関東地方会 638回 34-34 

その他

吉野 友祐, 三須 恵太, 妹尾 和憲, 古賀 一郎, 北沢 貴利, 太田 康男

未治療男性HIV患者における骨密度低下の状況及び治療開始後の変化

2017年11月 | (一社)日本エイズ学会 日本エイズ学会誌 19 4 423-423 

その他

北沢 貴利, 石垣 しのぶ, 妹尾 和憲, 吉野 友祐, 太田 康男

Rhodotorula mucilanginosaによる持続性カテーテル関連血流感染症に対しvoriconazole経口が奏功した1例

2017年05月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 91 3 483-484 

その他

北沢 貴利, 太田 康男

【抗菌薬の使いかた 最適な治療で薬剤耐性対策を】トピックス 新しい敗血症のガイドライン

2017年03月 | (株)文光堂 Medical Practice 34 3 461-463 

その他

北沢 貴利, 妹尾 和憲, 吉野 友祐, 菊地 弘敏, 太田 康男, 河野 肇, 浅子 来美

膠原病患者におけるニューモシスチス肺炎予防の薬剤使用状況と安全性の解析

2017年03月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 91 臨増 401-401 

その他

吉野 友祐, 古賀 一郎, 妹尾 和憲, 北沢 貴利, 太田 康男

ペラミビル及びラニナミビルの季節性インフルエンザに対する臨床効果

2017年02月 | (一社)日本内科学会 日本内科学会雑誌 106 Suppl. 233-233 

その他

太田 康男, 妹尾 和憲, 吉野 友祐, 北沢 貴利, 古賀 一郎

日本人男性HIV感染症患者の骨密度の低下

2017年01月 | 日本成人病(生活習慣病)学会 日本成人病(生活習慣病)学会会誌 43 83-83 

その他

妹尾 和憲, 吉野 友祐, 古賀 一郎, 北沢 貴利, 太田 康男

レプトスピラ感染症における血清endocan濃度の推移

2017年01月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 91 1 96-96 

その他

小川 真澄, 北沢 貴利, 吉野 友祐, 妹尾 和憲, 奈倉 倫人, 田村 好古, 盛田 幸司, 石川 敏夫, 太田 康男, 滝川 一

骨軟化症を背景に多発骨折を発症、骨折部位を含む全身性の黄色ブドウ球菌の多発膿瘍をきたした1例

2016年12月 | 日本内科学会-関東地方会 日本内科学会関東地方会 629回 39-39 

その他

吉野 友祐, 妹尾 和憲, 古賀 一郎, 北沢 貴利, 太田 康男

ドルテグラビル使用HIV感染症患者における血清シスタチンC測定の有用性

2016年11月 | (一社)日本エイズ学会 日本エイズ学会誌 18 4 433-433 

その他

妹尾 和憲, 古賀 一郎, 北沢 貴利, 太田 康男

Helicobacter cinadieによる蜂窩織炎、菌血症を契機に分類不能型免疫不全症が疑われた1例

2016年05月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 90 3 416-416 

その他

酒瀬川 裕一, 新井 秀宜, 北沢 貴利, 山口 正雄

当院における胸部単純X線で陰影を指摘されなかった肺炎の臨床的・微生物学的特性の後方視的解析

2016年03月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 90 臨増 236-236 

その他

妹尾 和憲, 吉野 友祐, 古賀 一郎, 北沢 貴利, 太田 康男

菌血症における血清endocanの特徴

2016年03月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 90 臨増 337-337 

その他

吉原 久直, 北沢 貴利, 長瀬 洋之, 山口 正雄, 太田 康男, 大田 健, 滝川 一

胸部単純X線で陰影を指摘しにくい肺炎の臨床的・微生物学的特性

2016年02月 | (一社)日本内科学会 日本内科学会雑誌 105 Suppl. 271-271 

その他

根本 憲太郎, 菊池 昂太, 戸塚 美貴, 妹尾 和憲, 細越 巨禎, 浅子 来美, 古賀 一郎, 北沢 貴利, 太田 康男, 滝川 一

3週間の潜伏期間を経て発症したレプトスピラ症の1例

2015年11月 | 日本内科学会-関東地方会 日本内科学会関東地方会 619回 43-43 

その他

古賀 一郎, 妹尾 和憲, 北沢 貴利, 太田 康男

日本人HIV感染症患者におけるcART導入後の経過期間ごとの骨密度減少の推移

2015年11月 | (一社)日本エイズ学会 日本エイズ学会誌 17 4 460-460 

その他

古賀 一郎, 妹尾 和憲, 北沢 貴利, 太田 康男

母親が妊娠、HIV感染ともに自覚のないまま墜落分娩に至ったものの児へのHIV感染を回避し得た一例

2015年11月 | (一社)日本エイズ学会 日本エイズ学会誌 17 4 486-486 

その他

北沢 貴利

ピットフォール レプトスピラ症

2015年04月 | (一社)呼吸研究 呼吸 34 4 409-413 

その他

北沢 貴利, 妹尾 和憲, 古賀 一郎, 太田 康男

黄色ブドウ球菌菌血症の持続時間に関連する因子の解析

2015年03月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 89 臨増 207-207 

その他

妹尾 和憲, 北沢 貴利, 吉野 友祐, 古賀 一郎, 太田 康男

感染症における血管特異的分子endocanの血清濃度の経時的変化と敗血症の関連性の解析

2015年03月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 89 臨増 211-211 

その他

古賀 一郎, 妹尾 和憲, 若林 義賢, 北沢 貴利, 太田 康男

日本人HIV感染症患者における25-hydroxyvitaminD不足、欠乏の割合とcART導入後の25-hydroxyvitamin Dの変化

2015年03月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 89 臨増 289-289 

その他

戸塚 美貴, 妹尾 和憲, 吉野 友祐, 古賀 一郎, 北沢 貴利, 太田 康男

自己弁に発症したBacillus cereusによる急性感染性心内膜炎の1例

2015年03月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 89 2 333-333 

その他

根本 かおり, 古賀 一郎, 高橋 慎司, 戸塚 美貴, 妹尾 和憲, 吉原 久直, 北沢 貴利, 太田 康男, 滝川 一

蚊の刺咬の認識はなかったが都内感染流行地域の訪問歴から診断が確定したデング出血熱の1例

2014年11月 | 日本内科学会-関東地方会 日本内科学会関東地方会 610回 43-43 

その他

古賀 一郎, 妹尾 和憲, 若林 義賢, 吉野 友祐, 北沢 貴利, 太田 康男

cART開始前のHIV感染症患者における骨密度低下の頻度と臨床マーカーの解析

2014年11月 | (一社)日本エイズ学会 日本エイズ学会誌 16 4 511-511 

その他

吉野 友祐, 妹尾 和憲, 古賀 一郎, 北沢 貴利, 太田 康男

季節性インフルエンザに対するペラミビルの臨床効果

2014年05月 | (公社)日本化学療法学会 日本化学療法学会雑誌 62 Suppl.A 333-333 

その他

北沢 貴利, 妹尾 和憲, 吉野 友祐, 古賀 一郎, 太田 康男

気道における多剤耐性アシネトバクターの定着長期化の危険因子の解析

2014年05月 | (公社)日本化学療法学会 日本化学療法学会雑誌 62 Suppl.A 341-341 

その他

古賀 一郎, 妹尾 和憲, 若林 義賢, 鈴木 智史, 吉野 友祐, 北沢 貴利, 太田 康男

HIV感染症患者に認めた脆弱性骨折とその対策の検討

2014年05月 | (公社)日本化学療法学会 日本化学療法学会雑誌 62 Suppl.A 364-364 

その他

妹尾 和憲, 吉野 友祐, 古賀 一郎, 北沢 貴利, 太田 康男

後期高齢者における感染症入院例の臨床因子の解析

2014年05月 | (公社)日本化学療法学会 日本化学療法学会雑誌 62 Suppl.A 372-372 

その他

妹尾 和憲, 吉野 友祐, 古賀 一郎, 北沢 貴利, 太田 康男, 田中 孝志

Propionibacterium granulosumが起因菌と考えられた急性腎盂腎炎の1例

2014年03月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 88 2 245-245 

その他

北沢 貴利

【抗菌薬の実践的で有効な最新の使いかた 耐性菌克服を目指した実地診療のすべて】実地臨床現場で遭遇する耐性菌克服を目指した実地診療の実際 多剤耐性緑膿菌・多剤耐性アシネトバクター

2013年12月 | (株)文光堂 Medical Practice 30 12 2146-2150 

その他

古賀 一郎, 妹尾 和憲, 吉野 友祐, 北沢 貴利, 太田 康男

cARTにて治療中の日本人男性HIV感染者における骨密度の経時的変化の解析

2013年11月 | (一社)日本エイズ学会 日本エイズ学会誌 15 4 403-403 

その他

古賀 一郎, 妹尾 和憲, 吉野 友祐, 北沢 貴利, 太田 康男

日本人男性HIV感染症患者における25-hydroxyvitamin Dの評価と1,25-dihydroxyvitamin Dとの相関

2013年11月 | (一社)日本エイズ学会 日本エイズ学会誌 15 4 405-405 

その他

古賀 一郎, 妹尾 和憲, 吉野 友祐, 北沢 貴利, 太田 康男

Key drugにmaravirocとdarunavirを併用した症例とdarunavirのみの使用例の投与開始後12ヵ月間の治療効果の比較

2013年11月 | (一社)日本エイズ学会 日本エイズ学会誌 15 4 439-439 

その他

阿部 みなみ, 吉野 友祐, 三輪 英雄, 妹尾 和憲, 古賀 一郎, 北沢 貴利, 太田 康男, 滝川 一

多発する蜂窩織炎で発症した播種性淋菌感染症の1例

2013年11月 | 日本内科学会-関東地方会 日本内科学会関東地方会 601回 44-44 

その他

北沢 貴利, 妹尾 和憲, 吉野 友祐, 古賀 一郎, 太田 康男

MRSA敗血症に対するdaptomycinの標準用量・高用量、併用の有無と臨床効果の検討

2013年05月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 87 臨増 294-294 

その他

妹尾 和憲, 吉野 友祐, 古賀 一郎, 松永 直久, 北沢 貴利, 太田 康男

慢性骨髄性白血病患者に発症したCampylobacter insulaenigrae菌血症の1例

2013年01月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 87 1 168-169 

その他

男澤 悠貴, 古賀 一郎, 真下 大和, 宮川 睦喜, 阿部 浩一郎, 妹尾 和憲, 吉野 友祐, 北沢 貴利, 滝川 一, 太田 康男

血液、骨髄培養と細菌質量分析により早期診断し得た腸チフスの1例

2012年11月 | 日本内科学会-関東地方会 日本内科学会関東地方会 592回 34-34 

その他

古賀 一郎, 妹尾 和憲, 吉野 友祐, 北沢 貴利, 太田 康男

Key drugにmaravirocとprotease inhibitorを併用した6例の使用成績

2012年11月 | (一社)日本エイズ学会 日本エイズ学会誌 14 4 306-306 

その他

古賀 一郎, 妹尾 和憲, 吉野 友祐, 北沢 貴利, 太田 康男

日本人男性HIV感染者における骨密度低下の頻度とハイリスク群の同定

2012年11月 | (一社)日本エイズ学会 日本エイズ学会誌 14 4 390-390 

その他

吉野 友祐, 田中 理恵子, 岡田 随象, 北沢 貴利, 太田 康男, 根本 博

企業内診療所における禁煙外来の有用性について

2012年04月 | (一社)日本禁煙学会 日本禁煙学会雑誌 7 2 54-56 

その他

磯野 朱里, 白井 告, 三科 友二, 江波戸 直久, 阿部 浩一郎, 安食 元, 吉野 友祐, 北沢 貴利, 山本 貴嗣, 石井 太郎, 田中 篤, 太田 康男, 久山 泰, 滝川 一

当院におけるCD陽性例においてのPPI使用の現状

2012年03月 | (一財)日本消化器病学会 日本消化器病学会雑誌 109 臨増総会 A228-A228 

その他

古賀 一郎, 吉野 友祐, 北沢 貴利, 太田 康男

当院におけるHIV感染症患者の骨折頻度の解明と今後の課題

2012年03月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 86 臨増 327-327 

その他

吉野 友祐, 古賀 一郎, 松永 直久, 北沢 貴利, 太田 康男

カテーテル関連カンジダ血症の発症時における臨床的特徴についての検討

2012年03月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 86 臨増 416-416 

その他

北沢 貴利, 吉野 友祐, 古賀 一郎, 太田 康男

プロトンポンプ阻害薬の使用の使用とClostridium difficile関連下痢症の発症の関連に関する解析

2012年03月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 86 臨増 441-441 

その他

貫井 陽子, 畠山 修司, 北沢 貴利, 新谷 良澄, 森屋 恭爾

医療従事者における新型インフルエンザ感染のリスク因子

2012年02月 | (一社)日本内科学会 日本内科学会雑誌 101 Suppl. 352-352 

その他

木村 聡, 吉野 友祐, 高橋 邦彦, 古賀 一郎, 前田 朝美, 北沢 貴利, 太田 康男, 滝川 一

AmpC型β-ラクタマーゼ過剰産生Enterobacter cloacaeによる感染性心内膜炎の1例

2011年11月 | 日本内科学会-関東地方会 日本内科学会関東地方会 583回 43-43 

その他

古賀 一郎, 吉野 友祐, 松永 直久, 北沢 貴利, 太田 康男

当院通院中のHIV感染症患者における骨密度低下のリスク因子と経時的な変化についての考察

2011年11月 | (一社)日本エイズ学会 日本エイズ学会誌 13 4 362-362 

その他

古賀 一郎, 吉野 友祐, 松永 直久, 北沢 貴利, 太田 康男

Rifabutin associated uveitisと診断した日本人HIV感染症患者の一例

2011年11月 | (一社)日本エイズ学会 日本エイズ学会誌 13 4 385-385 

その他

古賀 一郎, 藤崎 竜一, 松永 直久, 北沢 貴利, 西谷 肇, 太田 康男

当院における新型インフルエンザ(A/H1N1)パンデミック時の迅速診断試験結果と臨床的疫学的特徴の解析

2011年07月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 85 4 433-433 

その他

北沢 貴利, 太田 康男

【新版 感染症診療実践ガイド 有効な抗菌薬の使いかたのすべて】薬剤耐性菌の検査と抗菌薬の使いかた 多剤耐性アシネトバクター

2011年04月 | (株)文光堂 Medical Practice 28 臨増 243-246 

その他

古賀 一郎, 藤崎 竜一, 松永 直久, 北沢 貴利, 西谷 肇, 太田 康男

当院における新型インフルエンザ(A/H1N1)パンデミック時の迅速診断試験結果と臨床的疫学的特徴の解析

2011年03月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 85 臨増 144-144 

その他

高橋 諭, 白井 告, 阿部 浩一郎, 古賀 一郎, 北沢 貴利, 高橋 芳久, 太田 康男, 寺本 民生

上肢皮膚潰瘍として発症、治療の著効で確定した梅毒疹の1例

2011年02月 | 日本内科学会-関東地方会 日本内科学会関東地方会 578回 50-50 

その他

貫井 陽子, 畠山 修司, 北沢 貴利, 新谷 良澄, 森屋 恭爾

医療従事者における新型インフルエンザ感染のリスク因子

2011年02月 | (一社)日本内科学会 日本内科学会雑誌 100 Suppl. 236-236 

その他

古賀 一郎, 松永 直久, 北沢 貴利, 太田 康男

HAART導入後患者における骨塩量の低下と測定部位別の傾向

2010年11月 | (一社)日本エイズ学会 日本エイズ学会誌 12 4 457-457 

その他

北沢 貴利, 畠山 修司, 森屋 恭爾

医療関連感染対策Q&A 2009〜2010シーズンの新型(豚)インフルエンザの対応で、発熱患者と他の患者の動線や診療時間をできるだけ区別することが推奨されたが、現実には実施困難であった。第2波に備えて(病原性など大きな変化がないと想定して)、どの程度の区別を考えておけば良いか?

2010年07月 | (株)医薬ジャーナル社 化学療法の領域 26 8 1685-1686 

その他

北沢 貴利, 畠山 修司, 森屋 恭爾

医療関連感染対策Q&A 2009〜2010シーズンの新型(豚)インフルエンザのわが国における流行では、オセルタミビル耐性はどれくらいあったか?第2波では耐性ウイルスが増えると予想されているか?

2010年07月 | (株)医薬ジャーナル社 化学療法の領域 26 8 1686-1686 

その他

北沢 貴利, 畠山 修司, 森屋 恭爾

医療関連感染対策Q&A 高病原性鳥インフルエンザ(H5N1)のヒト-ヒト感染例は、これまでどれくらい報告されているか?新型インフルエンザとして登場してくる危険性は高まっているか?

2010年07月 | (株)医薬ジャーナル社 化学療法の領域 26 8 1687-1687 

その他

太田 康男, 奥川 周, 北沢 貴利

感染症抗体陽性数(infectious burden)と脂質代謝異常の関連について

2010年05月 | (株)東京医学社 成人病と生活習慣病 40 5 581-582 

その他

岡本 耕, 畠山 修司, 糸山 智, 吉野 友祐, 貫井 陽子, 北沢 貴利, 四柳 宏, 池田 玲子, 杉田 隆, 小池 和彦

国内で感染したと推測されるCryptococcus gattii(molecular genotype VGIIa/major)による脳cryptococcomaの一例

2010年03月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 84 臨増 280-280 

その他

太田 康男, 奥川 周, 北沢 貴利

感染症抗体陽性数(infectious burden)と脂質代謝異常の関連について

2010年01月 | 日本成人病(生活習慣病)学会 日本成人病(生活習慣病)学会会誌 36 98-98 

その他

神村 麻穂子, 北沢 貴利, 後藤 耕司, 糸山 智, 岡本 耕, 貫井 陽子, 畠山 修司, 四柳 宏, 小池 和彦

癒着性イレウスを合併し、腹膜生検で結核性腹膜炎と診断された1例

2010年01月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 84 1 140-140 

その他

児矢野 早穂, 後藤 美江子, 小林 久幸, 日暮 芳己, 倉又 春美, 桑原 正子, 三澤 慶樹, 小林 維斗, 長井 蘭, 八木原 由佳, 北沢 貴利, 新谷 良澄, 森屋 恭爾, 小池 和彦

C、G、F群Streptococcus属、Corynebacterium spp.の微量液体希釈法によるMIC測定の培養条件に関する検討

2010年01月 | (公社)日本化学療法学会 日本化学療法学会雑誌 58 1 72-72 

その他

龍野 桂太, 吉野 友祐, 北沢 貴利, 小池 和彦

グラム陰性桿菌による血管内留置カテーテル関連血流感染症におけるカテーテル保存治療の成績

2009年11月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 83 6 717-718 

その他

北沢 貴利, 後藤 耕司, 白井 雅弓, 神村 麻穂子, 岡本 耕, 龍野 桂太, 貫井 陽子, 阿部 克俊, 畠山 修司, 新谷 良澄, 四柳 宏, 小池 和彦

抗HIV治療薬開始後に薬剤相互作用による治療抵抗性の血圧変動を合併した1症例

2009年11月 | (一社)日本エイズ学会 日本エイズ学会誌 11 4 566-566 

その他

柳元 伸太郎, 龍野 桂太, 北沢 貴利, 児玉 龍彦, 柴崎 芳一, 太田 康男, 小池 和彦

グラム陰性菌由来LPSの認識におけるToll-like receptor 4のシグナル伝達および細胞膜発現に関与するメカニズムの解析

2009年04月 | 日本臨床分子医学会 日本臨床分子医学会学術総会プログラム・抄録集 46回 76-76 

その他

岡本 耕, 糸山 智, 吉野 友祐, 北沢 貴利, 畠山 修司, 四柳 宏, 小池 和彦

糖尿病患者にみられた脳cryptococcomaの1例

2009年03月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 83 2 198-199 

その他

龍野 桂太, 吉野 友祐, 北沢 貴利, 小池 和彦

グラム陰性桿菌による血管内留置カテーテル関連血流感染症におけるカテーテル保存治療の成績

2009年03月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 83 臨増 334-334 

その他

北沢 貴利, 吉野 友祐, 龍野 桂太, 太田 康男, 小池 和彦

菌血症における平均血小板容積の推移と臨床的予後の解析

2009年02月 | (一社)日本内科学会 日本内科学会雑誌 98 Suppl. 163-163 

その他

太田 康男, 北沢 貴利, 龍野 桂太, 吉野 友祐, 柳元 伸太郎, 小池 和彦

黄色ブドウ球菌菌血症治療において感染症専門医が及ぼす臨床的影響について

2008年11月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 82 6 704-704 

その他

児矢野 早穂, 齋藤 良一, 北沢 貴利, 後藤 美江子, 森屋 恭爾, 小池 和彦, 岡村 登

骨髄移植後、Nocardia elegansによる肺感染症と診断可能であった一症例

2008年11月 | 日臨技関甲信支部医学検査学会 関東甲信地区医学検査学会講演集 45回 64-64 

その他

小林 維斗, 齋藤 良一, 北沢 貴利, 後藤 美江子

血液培養を契機に播種性クリプトコッカス症が判明した1症例

2008年11月 | 日臨技関甲信支部医学検査学会 関東甲信地区医学検査学会講演集 45回 67-67 

その他

北沢 貴利, 吉野 友祐, 龍野 桂太, 小池 和彦, 太田 康男

MRSA菌血症に対するvancomycin投与時のPK-PDパラメータと臨床経過の解析

2008年05月 | (公社)日本化学療法学会 日本化学療法学会雑誌 56 Suppl.A 193-193 

その他

北沢 貴利, 太田 康男, 吉野 友祐, 龍野 桂太, 福島 篤仁, 奥川 周, 小池 和彦

当院におけるAeromonas菌血症の臨床的検討

2008年03月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 82 2 106-106 

その他

太田 康男, 北沢 貴利, 龍野 桂太, 吉野 友祐, 柳元 伸太郎, 小池 和彦

黄色ブドウ球菌菌血症治療において感染症専門医が及ぼす臨床的影響について

2008年03月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 82 臨増 363-363 

その他

太田 康男, 北沢 貴利, 小池 和彦

メチシリン耐性黄色ブドウ球菌菌血症における適切な抗菌薬開始時期とその予後との解析 医療経済的側面からの解析

2008年01月 | (一社)日本環境感染学会 環境感染 23 Suppl. 207-207 

その他

若林 義賢, 吉野 友祐, 原田 壮平, 北沢 貴利, 糸山 智, 畠山 修司, 太田 康男, 小池 和彦

不明熱で入院、心エコーと血清学的所見よりBartonella henselaeによる感染性心内膜炎と診断した1例

2007年11月 | 日本内科学会-関東地方会 日本内科学会関東地方会 549回 25-25 

その他

吉野 友祐, 北沢 貴利, 奥川 周, 原田 壮平, 畠山 修司, 糸山 智, 太田 康男, 小池 和彦

非代償期肝硬変のHBV・HIV重複感染症に対しPIを含めたHAARTに変更し得た1例

2007年11月 | (一社)日本エイズ学会 日本エイズ学会誌 9 4 538-538 

その他

奥川 周, 太田 康男, 龍野 桂太, 塚田 訓久, 北沢 貴利, 畠山 修司, 小池 和彦

ミカファンギン及びボリコナゾールの髄液濃度測定を行った中枢神経アスペルギルス症の1例

2007年11月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 81 6 768-769 

その他

北沢 貴利, 太田 康男, 龍野 桂太, 福島 篤仁, 奥川 周, 小池 和彦

菌血症におけるコレステロールの変動と予後の解析

2007年11月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 81 6 802-803 

その他

太田 康男, 柳元 伸太郎, 北沢 貴利, 龍野 桂太, 奥川 周, 福島 篤仁, 小池 和彦

薬剤耐性と対策 メチシリン耐性黄色ブドウ球菌菌血症において適切な抗菌薬開始時期とその予後との関連

2007年09月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 81 5 615-615 

その他

太田 康男, 北沢 貴利, 龍野 桂太, 奥川 周, 福島 篤仁, 柳元 伸太郎, 小池 和彦

コアグラーゼ陰性ブドウ球菌による血管内留置カテーテル関連血流感染症におけるカテーテル抜去時期とその予後

2007年09月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 81 5 652-652 

その他

龍野 桂太, 太田 康男, 北沢 貴利, 奥川 周, 福島 篤仁, 柳元 伸太郎, 小池 和彦

コアグラーゼ陰性ブドウ球菌および黄色ブドウ球菌による血管内留置カテーテル関連血流感染症の比較検討

2007年09月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 81 5 652-652 

その他

太田 康男, 北沢 貴利, 龍野 桂太, 奥川 周, 福島 篤仁, 柳元 伸太郎, 小池 和彦

黄色ブドウ球菌菌血症の予後規定因子の解析

2007年09月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 81 5 661-661 

その他

福島 篤仁, 太田 康男, 北沢 貴利, 龍野 桂太, 奥川 周, 柳元 伸太郎, 小池 和彦

メチシリン感性およびメチシリン耐性黄色ブドウ球菌菌血症の予後の比較検討

2007年09月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 81 5 661-662 

その他

佐野 晴香, 太田 康男, 原田 壮平, 北沢 貴利, 糸山 智, 畠山 修司, 小池 和彦

Campylobacter coli菌血症を繰り返したX-linked無ガンマグロブリン血症の1例

2007年07月 | 日本内科学会-関東地方会 日本内科学会関東地方会 546回 35-35 

その他

太田 康男, 北沢 貴利, 龍野 桂太, 奥川 周, 福島 篤仁, 柳元 伸太郎, 小池 和彦

黄色ブドウ球菌菌血症の予後規定因子の解析

2007年03月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 81 臨増 252-252 

その他

福島 篤仁, 太田 康男, 北沢 貴利, 龍野 桂太, 奥川 周, 柳元 伸太郎, 小池 和彦

メチシリン感性およびメチシリン耐性黄色ブドウ球菌菌血症の予後の比較検討

2007年03月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 81 臨増 253-253 

その他

奥川 周, 太田 康男, 龍野 桂太, 塚田 訓久, 北沢 貴利, 畠山 修司, 小池 和彦

ミカファンギン及びボリコナゾールの髄液濃度測定を行った中枢神経アスペルギルス症の一例

2007年03月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 81 臨増 279-279 

その他

北沢 貴利, 太田 康男, 龍野 桂太, 福島 篤仁, 奥川 周, 小池 和彦

菌血症におけるコレステロールの変動と予後の解析

2007年03月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 81 臨増 332-332 

その他

柳元 伸太郎, 太田 康男, 北沢 貴利, 龍野 桂太, 奥川 周, 福島 篤仁, 小池 和彦

薬剤耐性と対策 メチシリン耐性黄色ブドウ球菌菌血症において適切な抗菌薬開始時期とその予後との関連

2007年03月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 81 臨増 179-179 

その他

太田 康男, 北沢 貴利, 龍野 桂太, 奥川 周, 福島 篤仁, 柳元 伸太郎, 小池 和彦

コアグラーゼ陰性ブドウ球菌による血管内留置カテーテル関連血流感染症におけるカテーテル抜去時期とその予後

2007年03月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 81 臨増 238-238 

その他

龍野 桂太, 太田 康男, 北沢 貴利, 奥川 周, 福島 篤仁, 柳元 伸太郎, 小池 和彦

コアグラーゼ陰性ブドウ球菌および黄色ブドウ球菌による血管内留置カテーテル関連血流感染症の比較検討

2007年03月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 81 臨増 239-239 

その他

青木 孝弘, 北沢 貴利, 原田 壮平, 上浦 望, 長谷川 路子, 畠山 修司, 太田 康男, 小池 和彦

下肢運動障害、肺異常影を合併したレプトスピラ症の1例

2007年02月 | 日本内科学会-関東地方会 日本内科学会関東地方会 542回 31-31 

その他

北沢 貴利, 太田 康男, 龍野 桂太, 福島 篤仁, 柳元 伸太郎, 奥川 周, 塚田 訓久, 小池 和彦

菌血症発症時における脂質代謝の経時変化の解析

2006年11月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 80 6 779-779 

その他

龍野 桂太, 北沢 貴利, 塚田 訓久, 奥川 周, 柳元 伸太郎, 福島 篤仁, 太田 康男, 小池 和彦

血管内留置カテーテル関連血流内感染におけるCandida血症の疫学調査

2006年11月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 80 6 782-783 

その他

北沢 貴利, 柴崎 芳一

【細胞膜脂質 ラフトの構造機能と疾患機序】スタチンの血管作用とRac1とラフト

2006年10月 | (株)メディカルレビュー社 The Lipid 17 4 349-354 

その他

太田 康男, 龍野 桂太, 北沢 貴利, 奥川 周, 柳元 伸太郎, 小池 和彦

黄色ブドウ球菌による血管内留置カテーテル関連菌血症における治療開始時期とその予後

2006年04月 | (公社)日本化学療法学会 日本化学療法学会雑誌 54 Suppl.A 96-96 

その他

北沢 貴利, 太田 康男, 龍野 桂太, 福島 篤仁, 柳元 伸太郎, 奥川 周, 塚田 訓久, 小池 和彦

菌血症発症時における脂質代謝の経時変化の解析

2006年03月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 80 臨増 302-302 

その他

龍野 桂太, 北沢 貴利, 塚田 訓久, 奥川 周, 柳元 伸太郎, 福島 篤仁, 太田 康男, 小池 和彦

血管内留置カテーテル関連血流内感染におけるCandida血症の疫学調査

2006年03月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 80 臨増 307-307 

その他

太田 康男, 龍野 桂太, 奥川 周, 北沢 貴利, 塚田 訓久, 柳元 伸太郎, 中山 久仁子, 小池 和彦

レボフロキサシン(LVFX)が著効を示した感染性心内膜炎の1例

2006年03月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 80 2 148-148 

その他

宮林 弘至, 北沢 貴利, 龍野 桂太, 奥川 周, 畠山 修司, 貫井 陽子, 太田 康男, 小池 和彦

1ヵ月間に当院で経験したデング熱の2症例

2006年02月 | 日本内科学会-関東地方会 日本内科学会関東地方会 533回 27-27 

その他

鈴木 智史, 太田 康男, 龍野 桂太, 奥川 周, 北沢 貴利, 畠山 修司, 小池 和彦

両側耳下腺嚢胞を契機にHIV感染を発見された1例

2005年12月 | 日本内科学会-関東地方会 日本内科学会関東地方会 532回 28-28 

その他

奥川 周, 太田 康男, 北沢 貴利, 塚田 訓久, 福島 篤仁, 小池 和彦

Primary central nervous system lymphomaを合併したAIDSの1例

2005年11月 | (一社)日本エイズ学会 日本エイズ学会誌 7 4 318-318 

その他

福島 篤仁, 太田 康男, 北沢 貴利, 塚田 訓久, 奥川 周, 川田 真幹, 小池 和彦

stavudine(d4T)投与後の高脂血症の出現頻度に関する検討

2005年11月 | (一社)日本エイズ学会 日本エイズ学会誌 7 4 433-433 

その他

太田 康男, 北沢 貴利, 塚田 訓久, 奥川 周, 川田 真幹, 福島 篤仁, 小池 和彦

HAART初回導入後の異型リンパ球の経時的推移

2005年11月 | (一社)日本エイズ学会 日本エイズ学会誌 7 4 458-458 

その他

間中 勝則, 太田 康男, 奥川 周, 龍野 桂太, 福島 篤仁, 北沢 貴利, 畠山 修司, 小池 和彦

免疫再構築症候群と考えられるVZVによる髄膜炎を発症したHIV感染症の1例

2005年09月 | 日本内科学会-関東地方会 日本内科学会関東地方会 529回 29-29 

その他

北沢 貴利, 奥川 周, 中山 久仁子, 塚田 訓久, 柳元 伸太郎, 福島 篤仁, 龍野 桂太, 小池 和彦, 岸本 寿男, 木村 哲, 太田 康男

クラミジア抗原によるマクロファージの泡沫化機構の解析

2005年09月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 79 9 719-719 

その他

中山 久仁子, 奥川 周, 北沢 貴利, 塚田 訓久, 柳元 伸太郎, 木村 哲, 太田 康男

病原微生物構成成分によるマクロファージの免疫不応答

2005年08月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 79 8 610-610 

その他

北沢 貴利, 奥川 周, 柳元 伸太郎, 太田 康男

LevofloxacinのLPS刺激に伴うサイトカイン産生作用の制御

2005年04月 | (公社)日本化学療法学会 日本化学療法学会雑誌 53 Suppl.A 121-121 

その他

中山 久仁子, 奥川 周, 北沢 貴利, 塚田 訓久, 柳元 伸太郎, 木村 哲, 太田 康男

病原微生物構成成分によるマクロファージの免疫不応答

2005年03月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 79 臨増 175-175 

その他

北沢 貴利, 奥川 周, 中山 久仁子, 塚田 訓久, 柳元 伸太郎, 福島 篤仁, 龍野 桂太, 小池 和彦, 岸本 寿男, 木村 哲, 太田 康男

クラミジア抗原によるマクロファージの泡沫化機構の解析

2005年03月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 79 臨増 216-216 

その他

北沢 貴利, 奥川 周, 中山 久仁子, 柳元 伸太郎, 塚田 訓久, 川田 真幹, 福島 篤仁, 藤田 敏郎, 木村 哲, 太田 康男

Levofloxacinによるlipopolysaccharide刺激に伴うサイトカイン産生作用の調節

2004年08月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 78 8 734-735 

その他

奥川 周, 北沢 貴利, 塚田 訓久, 柳元 伸太郎, 福島 篤仁, 岸本 寿男, 太田 康男

各種感染症抗体陽性と脂質代謝異常の関連について

2004年08月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 78 8 754-754 

その他

中山 久仁子, 奥川 周, 北沢 貴利, 柳元 伸太郎, 塚田 訓久, 福島 篤仁, 川田 真幹, 藤田 敏郎, 木村 哲, 太田 康男

LPSによる樹状細胞の活性化

2004年08月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 78 8 756-756 

その他

奥川 周, 北沢 貴利, 中山 久仁子, 塚田 訓久, 川田 真幹, 柳元 伸太郎, 小池 和彦, 藤田 敏郎, 木村 哲, 太田 康男

マクロファージにおけるTLR4を介する細胞内シグナル伝達におけるJak2

2004年08月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 78 8 760-761 

その他

柳元 伸太郎, 太田 康男, 塚田 訓久, 福島 篤仁, 川田 真幹, 奥川 周, 北沢 貴利, 森澤 雄司, 小池 和彦, 藤田 敏郎, 木村 哲

敗血症患者の胆汁うっ滞に関する臨床病理学的検討

2004年08月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 78 8 778-779 

その他

北沢 貴利, 奥川 周, 中山 久仁子, 柳元 伸太郎, 塚田 訓久, 福島 篤仁, 藤田 敏郎, 岸本 寿男, 木村 哲, 太田 康男

クラミジアLPSによるマクロファージの泡沫化

2004年08月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 78 8 799-799 

その他

中山 久仁子, 柳元 伸太郎, 奥川 周, 北沢 貴利, 塚田 訓久, 福島 篤仁, 川田 真幹, 藤田 敏郎, 木村 哲, 太田 康男

LPSによるマスト細胞活性化

2004年08月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 78 8 799-800 

その他

塚田 訓久, 北沢 貴利, 奥川 周, 柳元 伸太郎, 福島 篤仁, 太田 康男

日本人におけるTLR4遺伝子多型

2004年08月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 78 8 800-800 

その他

北沢 貴利, 奥川 周, 中山 久仁子, 柳元 伸太郎, 塚田 訓久, 川田 真幹, 福島 篤仁, 藤田 敏郎, 木村 哲, 太田 康男

Levofloxacinによるlipopolysaccharide刺激に伴うサイトカイン産生作用の調節

2004年03月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 78 臨増 137-137 

その他

奥川 周, 北沢 貴利, 塚田 訓久, 柳元 伸太郎, 福島 篤仁, 岸本 寿男, 太田 康男

各種感染症抗体陽性と脂質代謝異常の関連について

2004年03月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 78 臨増 160-160 

その他

中山 久仁子, 奥川 周, 北沢 貴利, 柳元 伸太郎, 塚田 訓久, 福島 篤仁, 川田 真幹, 藤田 敏郎, 木村 哲, 太田 康男

LPSによる樹状細胞の活性化

2004年03月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 78 臨増 162-162 

その他

奥川 周, 北沢 貴利, 中山 久仁子, 塚田 訓久, 川田 真幹, 柳元 伸太郎, 小池 和彦, 藤田 敏郎, 木村 哲, 太田 康男

マクロファージにおけるTLR4を介する細胞内シグナル伝達におけるJak2

2004年03月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 78 臨増 167-167 

その他

柳元 伸太郎, 太田 康男, 塚田 訓久, 福島 篤仁, 川田 真幹, 奥川 周, 北沢 貴利, 森澤 雄司, 小池 和彦, 藤田 敏郎, 木村 哲

敗血症患者の胆汁うっ滞に関する臨床病理学的検討

2004年03月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 78 臨増 188-188 

その他

北沢 貴利, 奥川 周, 中山 久仁子, 柳元 伸太郎, 塚田 訓久, 福島 篤仁, 藤田 敏郎, 岸本 寿男, 木村 哲, 太田 康男

クラミジアLPSによるマクロファージの泡沫化

2004年03月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 78 臨増 213-213 

その他

中山 久仁子, 柳元 伸太郎, 奥川 周, 北沢 貴利, 塚田 訓久, 福島 篤仁, 川田 真幹, 藤田 敏郎, 木村 哲, 太田 康男

LPSによるマスト細胞活性化

2004年03月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 78 臨増 214-214 

その他

塚田 訓久, 北沢 貴利, 奥川 周, 柳元 伸太郎, 福島 篤仁, 太田 康男

日本人におけるTLR4遺伝子多型

2004年03月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 78 臨増 214-214 

その他

太田 康男, 北沢 貴利

【感染症治療の最新エッセンス エビデンスに基づいた抗菌薬の使い方】感染症の基礎知識 自然免疫と獲得免疫

2003年11月 | (株)南江堂 内科 92 5 808-810 

その他

北沢 貴利, 太田 康男, 奥川 周, 中山 久仁子, 塚田 訓久, 川田 真幹, 柳元 伸太郎, 岸本 寿男, 木村 哲

Chlamydia trachomatis LPS刺激によるマクロファージの活性化

2003年09月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 77 9 770-770 

その他

中山 久仁子, 太田 康男, 塚田 訓久, 奥川 周, 北沢 貴利, 柳元 伸太郎, 川田 真幹, 木村 哲

LPSによるマスト細胞の活性化機序の解析

2003年09月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 77 9 770-771 

その他

太田 康男, 北沢 貴利, 中山 久仁子, 奥川 周, 塚田 訓久, 川田 真幹, 柳元 伸太郎, 木村 哲

LPS刺激によるマクロファージに活性化おけるlevofloxacinの作用機序

2003年09月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 77 9 771-771 

その他

北沢 貴利, 太田 康男, 奥川 周, 中山 久仁子, 塚田 訓久, 川田 真幹, 柳元 伸太郎, 岸本 寿男, 木村 哲

Chlamydia trachomatis LPS刺激によるマクロファージの活性化

2003年03月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 77 臨増 147-147 

その他

中山 久仁子, 太田 康男, 塚田 訓久, 奥川 周, 北沢 貴利, 柳元 伸太郎, 川田 真幹, 木村 哲

LPSによるマスト細胞の活性化機序の解析

2003年03月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 77 臨増 148-148 

その他

太田 康男, 北沢 貴利, 中山 久仁子, 奥川 周, 塚田 訓久, 川田 真幹, 柳元 伸太郎, 木村 哲

LPS刺激によるマクロファージに活性化におけるlevofloxacinの作用機序

2003年03月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 77 臨増 148-148 

その他

奥川 周, 太田 康男, 北沢 貴利, 中山 久仁子, 塚田 訓久, 川田 真幹, 柳元 伸太郎, 岸本 寿男, 堀場 伸郎, 木村 哲

肺炎クラミジア抗体価と脂質代謝異常に関する検討

2003年02月 | (一社)日本内科学会 日本内科学会雑誌 92 Suppl. 261-261 

その他

奥川 周, 太田 康男, 塚田 訓久, 上田 久仁子, 北沢 貴利, 川田 真幹, 柳元 伸太郎, 木村 哲, 堀場 伸郎

肺炎クラミジア(Chlamydia pneumoniae)IgG抗体陽性と動脈硬化危険因子との関連についての検討

2002年09月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 76 9 814-815 

その他

糸山 智, 畠山 修司, 森澤 雄司, 奥川 周, 北沢 貴利, 塚田 訓久, 山口 史子, 上田 久仁子, 新谷 良澄, 太田 康男, 小池 和彦, 木村 哲

サイトメガロウイルス感染症による全身結節性痒疹を合併したHIV-1感染症の1例

2002年08月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 76 8 663-664 

その他

北沢 貴利, 大田 康男, 上田 久仁子, 奥川 周, 塚田 訓久, 木村 哲

マクロファージにおけるLPS刺激に対するLevofloxacinの影響

2002年08月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 76 8 675-675 

その他

北沢 貴利, 太田 康男, 上田 久仁子, 奥川 周, 塚田 訓久, 岸本 寿男, 木村 哲

マクロファージにおけるChlamydia trachomatis LPS刺激による炎症性サイトカイン発現

2002年08月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 76 8 684-684 

その他

上田 久仁子, 太田 康男, 奥川 周, 北沢 貴利, 塚田 訓久, 木村 哲

LPSによる樹状細胞の活性化

2002年08月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 76 8 684-685 

その他

奥川 周, 太田 康男, 塚田 訓久, 上田 久仁子, 北沢 貴利, 川田 真幹, 柳元 伸太郎, 木村 哲

肺炎クラミジア(Chlamydia pneumoniae)IgG抗体陽性と動脈硬化危険因子との関連についての検討

2002年03月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 76 臨増 237-237 

その他

北沢 貴利, 太田 康男, 上田 久仁子, 奥川 周, 塚田 訓久, 岸本 寿男, 木村 哲

マクロファージにおけるChlamydia trachomatis LPS刺激による炎症性サイトカイン発現

2002年03月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 76 臨増 167-167 

その他

糸山 智, 畠山 修司, 森澤 雄司, 奥川 周, 北沢 貴利, 塚田 訓久, 山口 史子, 上田 久仁子, 新谷 良澄, 太田 康男

サイトメガロウイルス感染症による全身結節性痒疹を合併したHIV-1感染症の一例

2002年03月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 76 臨増 142-142 

その他

上田 久仁子, 太田 康男, 奥川 周, 北沢 貴利, 塚田 訓久, 木村 哲

LPSによる樹状細胞の活性化

2002年03月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 76 臨増 168-168 

その他

太田 康男, 北沢 貴利, 上田 久仁子, 奥川 周, 塚田 訓久, 木村 哲

マクロファージにおけるLPS刺激に対するlevofloxacinの影響

2002年03月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 76 臨増 156-156 

その他

奥川 周, 太田 康男, 北沢 貴利, 塚田 訓久, 上田 久仁子, 川田 真幹, 柳元 伸太郎, 堀場 伸郎, 木村 哲

首都圏在住成人男性の肺炎クラミジアIgG抗体陽性率について

2002年02月 | (一社)日本内科学会 日本内科学会雑誌 91 臨増 285-285 

その他

上田 久仁子, 太田 康男, 北沢 貴利, 奥川 周, 塚田 訓久, 木村 哲

LPSによるマスト細胞の活性化機序の解析

2002年02月 | 日本細菌学会 日本細菌学雑誌 57 1 315-315 

その他

太田 康男, 奥川 周, 北沢 貴利, 上田 久仁子, 塚田 訓久, 木村 哲

アストロサイトにおけるケモカイン受容体CXCR4からの細胞内情報伝達

2001年11月 | (一社)日本エイズ学会 日本エイズ学会誌 3 4 379-379 

その他

奥川 周, 太田 康男, 上田 久仁子, 北沢 貴利, 塚田 訓久, 木村 哲

ケモカイン受容体CXCR4からのTリンパ球の活性化機序の解析

2001年11月 | (一社)日本エイズ学会 日本エイズ学会誌 3 4 380-380 

その他

安岡 彰, 矢崎 博久, 中島 由紀子, 塚田 訓久, 北沢 貴利, 伊藤 和江, 山本 善彦, 照屋 勝治, 源河 いくみ, 立川 夏夫

抗HIV療法におけるプロテアーゼ阻害剤から非核酸系逆転写酵素剤へのスイッチ

2001年08月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 75 8 705-706 

その他

照屋 勝治, 中島 由紀子, 矢崎 博久, 北沢 貴利, 塚田 訓久, 田沼 順子, 伊藤 和江, 山本 善彦, 源河 いくみ, 立川 夏夫

HIV感染Pneumocystis carinii肺炎における血清KL-6の臨床的意義に関する検討

2001年08月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 75 8 709-709 

その他

塚田 訓久, 北沢 貴利, 中島 由紀子, 矢崎 博久, 伊藤 和江, 山本 善彦, 照屋 勝治, 源河 いくみ, 立川 夏夫, 菊池 嘉

HIV感染者における梅毒の現況と治療成績

2001年08月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 75 8 710-710 

その他

矢崎 博久, 北沢 貴利, 塚田 訓久, 中島 由紀子, 伊藤 和江, 山本 善彦, 源河 いくみ, 照屋 勝治, 立川 夏夫, 菊池 嘉

当センターにおけるHIV死亡症例の検討

2001年08月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 75 8 710-710 

その他

立川 夏夫, 照屋 勝治, 菊池 嘉, 源河 いくみ, 安岡 彰, 塚田 訓久, 北沢 貴利, 中島 由紀子, 矢崎 博久, 伊藤 和江

HIV primary infection症例の検討

2001年08月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 75 8 711-712 

その他

北沢 貴利, 立川 夏夫, 中島 由紀子, 矢崎 博久, 塚田 訓久, 山本 善彦, 伊藤 和江, 源河 いくみ, 照屋 勝治, 菊池 嘉

HIV感染者における精巣の組織学的変化の検討

2001年08月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 75 8 713-713 

その他

中島 由紀子, 源河 いくみ, 北沢 貴利, 塚田 訓久, 矢崎 博久, 山本 善彦, 伊藤 和江, 照屋 勝治, 立川 夏夫, 菊池 嘉

国立国際医療センターにおけるマラリア症例の検討

2001年07月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 75 7 616-616 

その他

田沼 順子, 中島 由紀子, 矢崎 博久, 北沢 貴利, 塚田 訓久, 伊藤 和江, 山本 善彦, 照屋 勝治, 源河 いくみ, 立川 夏夫

当院における海外渡航後の輸入感染症患者の検討

2001年07月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 75 7 620-620 

その他

中島 由紀子, 源河 いくみ, 北沢 貴利, 塚田 訓久, 矢崎 博久, 山本 善彦, 伊藤 和江, 照屋 勝治, 立川 夏夫, 菊池 嘉

国立国際医療センターにおけるマラリア症例の検討

2001年02月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 75 臨増 87-87 

その他

田沼 順子, 中島 由紀子, 矢崎 博久, 北沢 貴利, 塚田 訓久, 伊藤 和江, 山本 善彦, 照屋 勝治, 源河 いくみ, 立川 夏夫

当院における海外渡航後の輸入感染症患者の検討

2001年02月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 75 臨増 92-92 

その他

塚田 訓久, 北沢 貴利, 中島 由紀子, 矢崎 博久, 伊藤 和江, 山本 善彦, 照屋 勝治, 源河 いくみ, 立川 夏夫, 菊池 嘉

HIV感染者における梅毒の現況と治療成績

2001年02月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 75 臨増 131-131 

その他

矢崎 博久, 北沢 貴利, 塚田 訓久, 中島 由紀子, 伊藤 和江, 山本 善彦, 源河 いくみ, 照屋 勝治, 立川 夏夫, 菊池 嘉

当センターにおけるHIV死亡症例の検討

2001年02月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 75 臨増 131-131 

その他

立川 夏夫, 照屋 勝治, 菊池 嘉, 源河 いくみ, 安岡 彰, 塚田 訓久, 北沢 貴利, 中島 由紀子, 矢崎 博久, 伊藤 和江

HIV primary infection症例の検討

2001年02月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 75 臨増 133-133 

その他

北沢 貴利, 立川 夏夫, 中島 由紀子, 矢崎 博久, 塚田 訓久, 山本 善彦, 伊藤 和江, 源河 いくみ, 照屋 勝治, 菊池 嘉

HIV感染者における精巣の組織学的変化の検討

2001年02月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 75 臨増 134-134 

その他

安岡 彰, 矢崎 博久, 中島 由紀子, 塚田 訓久, 北沢 貴利, 伊藤 和江, 山本 善彦, 照屋 勝治, 源河 いくみ, 立川 夏夫

抗HIV療法におけるプロテアーゼ阻害剤から非核酸系逆転写酵素剤へのスイッチ

2001年02月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 75 臨増 125-125 

その他

照屋 勝治, 中島 由紀子, 矢崎 博久, 北沢 貴利, 塚田 訓久, 田沼 順子, 伊藤 和江, 山本 善彦, 源河 いくみ, 立川 夏夫

HIV感染Pneumocystis carinii肺炎における血清KL-6の臨床的意義に関する検討

2001年02月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 75 臨増 130-130 

その他

塚田 訓久, 安岡 彰, 山口 正純, 北沢 貴利, 中島 由紀子, 矢崎 博久, 山本 善彦, 照屋 勝治, 源河 いくみ, 立川 夏夫

HAARTによるCD4の回復にもかかわらず非定型抗酸菌症を再発したAIDSの1症例

2001年01月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 75 1 84-84 

その他

源河 いくみ, 中島 由紀子, 矢崎 博久, 北沢 貴利, 塚田 訓久, 山本 善彦, 照屋 勝治, 立川 夏夫, 菊池 嘉, 安岡 彰

EFVの長期投与成績と副作用について

2001年01月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 75 1 81-81 

その他

安岡 彰, 矢崎 博久, 中島 由紀子, 塚田 訓久, 北沢 貴利, 山本 善彦, 照屋 勝治, 源河 いくみ, 立川 夏夫, 菊池 嘉

HAART時代のHIV感染症に見られる日和見感染症の年次変化

2001年01月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 75 1 84-84 

その他

菊池 嘉, 中島 由紀子, 矢崎 博久, 北沢 貴利, 塚田 訓久, 山本 善彦, 源河 いくみ, 照屋 勝治, 立川 夏夫, 安岡 彰

HIV及びHCV合併感染血友病に対するインターフェロン療法

2001年01月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 75 1 81-81 

その他

中島 由紀子, 源河 いくみ, 北沢 貴利, 塚田 訓久, 矢崎 博久, 山本 義彦, 照屋 勝治, 立川 夏夫, 菊池 嘉, 狩野 繁之

当センターにおける輸入感染症患者の実際

2001年01月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 75 1 77-77 

その他

上田 久仁子, 森澤 雄司, 吉田 敦, 北沢 貴利, 奥川 周, 糸山 智, 新谷 良澄, 太田 康男, 小池 和彦, 木村 哲

頭頸部悪性腫瘍を合併したHIV陽性患者の2例

2000年11月 | (一社)日本エイズ学会 日本エイズ学会誌 2 4 401-401 

その他

立川 夏夫, 安岡 彰, 菊池 嘉, 照屋 勝治, 源河 いくみ, 山本 善彦, 矢崎 博久, 北沢 貴利, 塚田 訓久, 中島 由紀子

Protease阻害剤を含む抗HIV療法後のウイルス学的失敗に関する臨床検討

2000年11月 | (一社)日本エイズ学会 日本エイズ学会誌 2 4 352-352 

その他

矢崎 博久, 北沢 貴利, 塚田 訓久, 中島 由紀子, 源河 いくみ, 照屋 勝治, 立川 夏夫, 菊池 嘉, 安岡 彰, 岡 慎一

抗HIV薬2剤から3剤併用療法へ変更となった患者の治療成績

2000年11月 | (一社)日本エイズ学会 日本エイズ学会誌 2 4 352-352 

その他

照屋 勝治, 北沢 貴利, 塚田 訓久, 中島 由紀子, 矢崎 博久, 山本 善彦, 源河 いくみ, 立川 夏夫, 菊池 嘉, 安岡 彰

ABC/EFV/APVによるサルベージ治療成績の検討

2000年11月 | (一社)日本エイズ学会 日本エイズ学会誌 2 4 354-354 

その他

山本 善彦, 安岡 彰, 立川 夏夫, 照屋 勝治, 源河 いくみ, 菊池 嘉, 北沢 貴利, 塚田 訓久, 矢崎 博久, 中島 由紀子

Nevirapine, Zidovudine併用療法開始後に無顆粒球症を呈した3症例

2000年11月 | (一社)日本エイズ学会 日本エイズ学会誌 2 4 407-407 

その他

北沢 貴利, 照屋 勝治, 山口 正純, 塚田 訓久, 中島 由紀子, 矢崎 博久, 山本 善彦, 源河 いくみ, 立川 夏夫, 菊池 嘉

エファビレンツによる薬剤性肺炎が疑われた2症例

2000年11月 | (一社)日本エイズ学会 日本エイズ学会誌 2 4 407-407 

その他

北沢 貴利, 森澤 雄司, 木村 哲

台湾におけるエンテロウイルス71感染症の大規模流行

2000年09月 | (株)南江堂 内科 86 3 597-599 

その他

北沢 貴利, 森澤 雄司, 木村 哲

抗レトロウイルス療法(HAART)でHIV-1感染症は根治するか

2000年05月 | (株)南江堂 内科 85 5 1002-1004 

その他

鈴木 瑞佳, 北沢 貴利, 森澤 雄司, 吉田 敦, 新谷 良澄, 人見 重美, 太田 康男, 小池 和彦, 木村 哲

中国南東部から帰国後に発症した急性E型肝炎の1例

2000年05月 | 日本内科学会-関東地方会 日本内科学会関東地方会 481回 32-32 

その他

藤永 秀剛, 森澤 雄司, 北沢 貴利, 吉田 敦, 新谷 良澄, 人見 重美, 太田 康男, 小池 和彦, 木村 哲

多彩な症状のhypereosinophiliaを呈したベトナム渡航者の顎口虫症の1例

2000年03月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 74 3 317-317 

その他

北沢 貴利, 森澤 雄司, 吉田 敦, 新谷 良澄, 太田 康男, 小池 和彦, 木村 哲

結核性腹膜炎と診断して化学療法が奏効した4例の臨床的検討

2000年03月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 74 3 313-313 

その他

森澤 雄司, 吉田 敦, 波多野 将, 北沢 貴利, 新谷 良澄, 人見 重美, 太田 康男, 小松原 博文, 棚林 清, 向井 鐐三郎

ニホンザル由来汚物の曝露部位に単純ヘルペス病変を発症してBウイルス病との鑑別に苦慮した1例

2000年03月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 74 3 315-316 

その他

吉田 敦, 森澤 雄司, 北沢 貴利, 太田 康男, 小池 和彦, 木村 哲

Aspergillusによる小脳膿瘍にmycotic aneurysmを合併した1例

2000年03月 | (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌 74 3 312-313 

その他

北沢 貴利, 南学 正臣, 梅津 道夫, 堤 武也, 光井 洋, 関 常司, 谷口 茂夫, 中尾 彰秀, 深川 雅史, 奥田 俊洋, 木村 哲

【酸塩基平衡】大量飲酒に伴い代謝性アシドーシスを呈した1症例

1998年08月 | 臨床体液研究会 臨床体液 25 1 83-84