帝京大学
河野 肇

河野 肇 教授

Hajime Kono

所属キャンパス板橋キャンパス

帝京大学 医学部 医学科 板橋キャンパス 臨床医学講座・診療科 内科学講座

 

連絡先

メールアドレス

FAX番号

03-3964-4707

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

【経歴】──────────────────────────────

2017年08月

帝京大学医学部内科学講座教授

専門分野

内科系臨床医学 膠原病・アレルギー内科学

研究テーマ

細胞死、炎症、Clec9a、自然免疫、Cタイプレクチン

教育方法・職務上の実績

情報がありません

著書・論文

学術論文

Takenaka K, Minami T, Yoshihashi Y, Hirata S, Kimura Y, Kono H

Decrease in MPO-ANCA after administration of benralizumab in eosinophilic granulomatosis with polyangiitis.

2019年05月 | Allergology international : official journal of the Japanese Society of Allergology  

学術論文

Kitazawa T, Seo K, Yoshino Y, Asako K, Kikuchi H, Kono H, Ota Y

Efficacies of atovaquone, pentamidine, and trimethoprim/sulfamethoxazole for the prevention of Pneumocystis jirovecii pneumonia in patients with connective tissue diseases.

2019年01月 | Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy 25 5 351-354 

学術論文

木村佳貴, 河野肇

話題のリウマチ・膠原病治療薬:その基礎と臨床評価 ヒドロキシクロロキン

2018年10月20日 | 炎症と免疫 26 6 499‐504 

学術論文

Yokoyama Nozomi, Kawasaki Aya, Matsushita Takashi, Furukawa Hiroshi, Kondo Yuya, Hirano Fumio, Sada Ken-ei, Matsumoto Isao, Kusaoi Makio, Amano Hirofumi, Nagaoka Shohei, Setoguchi Keigo, Nagai Tatsuo, Shimada Kota, Sugii Shouji, Hashimoto Atsushi, Ma

Association of GTF2I Region Polymorphism with Systemic Lupus Erythematosus and Systemic Sclerosis, but Not with ANCA-Associated Vasculitis and Polymyositis/Dermatomyositis, in a Japanese Population

2018年09月 | ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY 70  

学術論文

Kikuchi Hirotoshi, Tomizuka Takafumi, Itamiya Takahiro, Asako Kurumi, Yanagida Tamiko, Kono Hajime, Hirohata Shunsei

Strong Association of HLA-DRB1*0901 with Japanese Patients with Chronic Progressive Neuro-Behcet's Disease

2018年09月 | ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY 70  

学術論文

Takeno Mitsuhiro, Tanaka Yoshiva, Kono Hajime, Sugii Shouji, Kishimoto Mitsumasa, Chene Sue, McCue Shannon, Paris Maria, Dobashi Hiroaki

Apremilast for Behcet's Syndrome: Results from a Phase III, Randomized, Double-Blind, Placebo-Controlled Study in a Japanese Subgroup

2018年09月 | ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY 70  

学術論文

Iwahashi Yuka, Kawasaki Aya, Tsuchiura Takayo, Sada Ken-ei, Hirano Fumio, Tsukui Daisuke, Kobayashi Shigeto, Yamada Hidehiro, Furukawa Hiroshi, Nagasaka Kenji, Sugihara Takahiko, Nishida Nao, Yamagata Kunihiro, Sumida Takayuki, Tohma Shigeto, Ozaki S

Detection of Association of Long Noncoding RNA ATP6V0E2-AS1 Single Nucleotide Polymorphism with Susceptibility to Myeloperoxidase-ANCA Associated Vasculitis Based on Transcriptome Analysis

2018年09月 | ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY 70  

学術論文

河野肇

国際臨床多施設共同研究の現況

2018年07月31日 | 日本臨床 76 58‐63 

学術論文

河野 肇

【血管炎(第2版)-基礎と臨床のクロストーク-】 国際臨床多施設共同研究の現況

2018年07月 | (株)日本臨床社 日本臨床 76 増刊6 血管炎(第2版) 58-63 

学術論文

Liu Yang, Ikawa Tetsuya, Tada Yayoi, Tanaka Takamitsu, Ohnishi Takamitsu, Watanabe Shinichi, Tsukui Daisuke, Asako Kurumi, Kono Hajime

Two Severe Cases of Adult-onset Still's Disease with Persistent Pruritic Eruptions

2018年05月 | ACTA DERMATO-VENEREOLOGICA 98 5 524-525 

学術論文

Mimura T, Kondo Y, Ohta A, Iwamoto M, Ota A, Okamoto N, Kawaguchi Y, Kono H, Takasaki Y, Takei S, Nishimoto N, Fujimoto M, Asanuma YF, Mimori A, Okiyama N, Kaneko S, Takahashi H, Yokosawa M, Sumida T

Evidence-based clinical practice guideline for adult Still's disease.

2018年05月 | Modern rheumatology 28 5 1-22 

学術論文

Yamanaka M, Fujigaki Y, Kono H, Nagura M, Arai S, Tamura Y, Ota T, Shibata S, Kondo F, Yamaguchi Y, Uchida S

A patient presenting with isolated hematuria and renal dysfunction as rare manifestation of cryoglobulinemic glomerulonephritis in the course of autoimmune diseases including Sjögren's syndrome.

2018年04月 | CEN case reports 7 2 211-216 

学術論文

Shono Y, Kamata M, Takeoka S, Ikawa T, Tateishi M, Fukaya S, Hayashi K, Fukuyasu A, Tanaka T, Ishikawa T, Ohnishi T, Asako K, Kono H, Tada Y

Cutaneous sarcoidosis in a patient with rheumatoid arthritis receiving tocilizumab.

2018年03月 | The Journal of dermatology 45 8 e217-e218 

学術論文

Kawasaki A, Yamashita K, Hirano F, Sada KE, Tsukui D, Kondo Y, Kimura Y, Asako K, Kobayashi S, Yamada H, Furukawa H, Nagasaka K, Sugihara T, Yamagata K, Sumida T, Tohma S, Kono H, Ozaki S, Matsuo S, Hashimoto H, Makino H, Arimura Y, Harigai M, Tsuchi

Association of ETS1 polymorphism with granulomatosis with polyangiitis and proteinase 3-anti-neutrophil cytoplasmic antibody positive vasculitis in a Japanese population.

2018年01月 | Journal of human genetics 63 1 55-62 

学術論文

Tsukui D, Kono H

Ultraviolet Purpura in IgA Vasculitis.

2018年01月 | Mayo Clinic proceedings 93 1 122 

学術論文

Morimoto C, Fujigaki Y, Tamura Y, Ota T, Shibata S, Asako K, Kikuchi H, Kono H, Kondo F, Yamaguchi Y, Uchida S

Emergence of Smoldering ANCA-associated Glomerulonephritis During the Clinical Course of Mixed Connective Tissue Disease and Sjögren's Syndrome.

2017年12月 | Internal medicine (Tokyo, Japan) 57 12 1757-1762 

学術論文

河野 肇

【免疫学の基本的知識およびリウマチ性疾患との関連について理解する】 マクロファージと炎症性サイトカイン

2017年11月 | (有)科学評論社 リウマチ科 58 5 480-486 

学術論文

Kimura Y, Asako K, Kikuchi H, Kono H

Refractory optic perineuritis due to granulomatosis with polyangiitis successfully treated with methotrexate and mycophenolate mofetil combination therapy.

2017年03月 | European journal of rheumatology 4 1 70-72 

学術論文

Kono Hajime, Uchida Shunya, Muso Eri, Endo Tomomi, Kakita Hiroko, Hamano Yoshitomo, Tsukamoto Tatsuo, Endo Shuichiro, Yamagata Kunihiro, Usui Joichi, Walsh Michael, Merkel Peter, Jayne David, Sada Ken-ei, Makino Hirofumi, Komagata Yoshinori, Arimura

DEMOGRAPHIC CHARACTERISTICS OF JAPANESE PARTICIPANTS IN PEXIVAS AS COMPARED WITH REMIT-JAV

2017年03月 | RHEUMATOLOGY 56 150 

学術論文

津久井大輔, 津久井大輔, 河野肇

SLEにおいて,好中球からのoxidized mitochondrial nucleoids(酸化ミトコンドリア核酸)はpDCによるI型インターフェロン産生を誘導する

2016年12月28日 | (有)科学評論社 月刊リウマチ科 56 6 607‐612-612 

学術論文

古村 菜穂子, 小松 和典, 河野 肇, 古川 泰司

CLEIA法を原理とする抗核抗体測定試薬の評価

2016年11月25日 | (一社)日本臨床衛生検査技師会 医学検査 65 6 629-635 

学術論文

木村佳貴, 木村佳貴, 河野肇

関節リウマチ 予後改善を目指した治療の進めかた ステロイドおよび非ステロイド性抗炎症薬の適応と注意点

2016年10月01日 | Medical Practice 33 10 1603‐1607 

学術論文

木村 佳貴, 河野 肇

【関節リウマチ 新規治療薬による寛解への挑戦】 治療 予後改善を目指した治療の進めかた ステロイドおよび非ステロイド性抗炎症薬の適応と注意点

2016年10月 | (株)文光堂 Medical Practice 33 10 1603-1607 

学術論文

Onda A, Kono H, Jiao Q, Akimoto T, Miyamoto T, Sawada Y, Suzuki K, Kusakari Y, Minamisawa S, Fukubayashi T

New mouse model of skeletal muscle atrophy using spiral wire immobilization.

2016年10月 | Muscle & nerve 54 4 788-791 

学術論文

河野肇

高齢者におけるリウマチ性疾患と膠原病 1.関節リウマチにおける動脈硬化

2016年09月01日 | Geriatric Medicine 54 9 877‐882 

学術論文

木村佳貴, 木村佳貴, 河野肇

アレルギー疾患各論 薬物アレルギー 血清病

2016年06月15日 | 日本医師会雑誌 145 S272‐S273 

学術論文

Kimura Y, Asako K, Kikuchi H, Kono H

Characteristics of patients with intestinal Behçet's disease requiring treatment with immunosuppressants or anti-TNFα antibody.

2016年01月 | Modern rheumatology / the Japan Rheumatism Association 26 1 132-137 

学術論文

Furukawa H, Oka S, Kawasaki A, Shimada K, Sugii S, Matsushita T, Hashimoto A, Komiya A, Fukui N, Kobayashi K, Osada A, Ihata A, Kondo Y, Nagai T, Setoguchi K, Okamoto A, Okamoto A, Chiba N, Suematsu E, Kono H, Katayama M, Hirohata S, Sumida T, Migita

Human Leukocyte Antigen and Systemic Sclerosis in Japanese: The Sign of the Four Independent Protective Alleles, DRB1*13:02, DRB1*14:06, DQB1*03:01, and DPB1*02:01.

2016年 | PloS one 11 4 e0154255 

学術論文

Kimura Y, Asako K, Kikuchi H, Hoshimoto K, Sasajima Y, Kono H

Relapsing Polychondritis Complicated by Vasculitis of the Omentum.

2016年 | Internal medicine (Tokyo, Japan) 55 10 1363-1366 

学術論文

Hachiya Y, Kawasaki A, Oka S, Kondo Y, Ito S, Matsumoto I, Kusaoi M, Amano H, Suda A, Setoguchi K, Nagai T, Shimada K, Sugii S, Okamoto A, Chiba N, Suematsu E, Ohno S, Katayama M, Kono H, Hirohata S, Takasaki Y, Hashimoto H, Sumida T, Nagaoka S, Tohm

Association of HLA-G 3' Untranslated Region Polymorphisms with Systemic Lupus Erythematosus in a Japanese Population: A Case-Control Association Study.

2016年 | PloS one 11 6 e0158065 

学術論文

津久井 大輔, 河野 肇

【免疫症候群(第2版)-その他の免疫疾患を含めて-】 全身性自己免疫疾患 血管炎症候群 クリオグロブリン血症性血管炎

2015年11月 | (株)日本臨床社 日本臨床 別冊 免疫症候群I 795-798 

学術論文

丸山公, 北村登, 武井正美, 吉野槇一, 河野肇, 菊地弘敏, 小出純, 斎藤修, 長瀬満夫, 原岡ひとみ, 星野孝, 松川吉博, 西野仁樹, 徳橋泰明, 森山光彦, 澤田滋正, 菅原正弘

東京都城北地区におけるハイリスクリウマチ膠原病ネットワークセンターの活動

2015年03月 | 関東整形災害外科学会雑誌 46 109 

学術論文

Kanno S, Nishio H, Tanaka T, Motomura Y, Murata K, Ihara K, Onimaru M, Yamasaki S, Kono H, Sueishi K, Hara T

Activation of an Innate Immune Receptor, Nod1, Accelerates Atherogenesis in Apoe-/- Mice.

2014年12月 | Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950) 194 2 773-780 

学術論文

Kono H, Kimura Y, Latz E

Inflammasome activation in response to dead cells and their metabolites.

2014年10月 | Current opinion in immunology 30 91-98 

学術論文

関根知世子, 河野肇

関節リウマチとIL‐7

2014年04月28日 | 月刊リウマチ科 51 4 438-443 

学術論文

河野肇

動脈硬化の未解決の課題を探る~脂質異常症を中心として 動脈硬化における免疫の関与をみる

2014年04月01日 | Vasc Med 10 1 2-9 

学術論文

Kono H, Onda A, Yanagida T

Molecular determinants of sterile inflammation.

2014年02月 | Current opinion in immunology 26 147-156 

学術論文

De Nardo D, Labzin LI, Kono H, Seki R, Schmidt SV, Beyer M, Xu D, Zimmer S, Lahrmann C, Schildberg FA, Vogelhuber J, Kraut M, Ulas T, Kerksiek A, Krebs W, Bode N, Grebe A, Fitzgerald ML, Hernandez NJ, Williams BR, Knolle P, Kneilling M, Röcken M, Lüt

High-density lipoprotein mediates anti-inflammatory reprogramming of macrophages via the transcriptional regulator ATF3.

2014年02月 | 2 Nature immunology 15 2 152-160 

学術論文

河野肇

原発性免疫不全症候群に関する調査研究 NLRP3インフラマソームの細胞内再構成による機能解析

2014年 | 原発性免疫不全症候群に関する調査研究 平成25年度 総括・分担研究報告書 89-91 

学術論文

Kawasaki A, Furukawa H, Nishida N, Warabi E, Kondo Y, Ito S, Matsumoto I, Kusaoi M, Amano H, Suda A, Nagaoka S, Setoguchi K, Nagai T, Hirohata S, Shimada K, Sugii S, Okamoto A, Chiba N, Suematsu E, Ohno S, Katayama M, Okamoto A, Kono H, Tokunaga K, T

Association of functional polymorphisms in interferon regulatory factor 2 (IRF2) with susceptibility to systemic lupus erythematosus: a case-control association study.

2014年 | 10 PloS one 9 10 e109764 

学術論文

Furukawa H, Kawasaki A, Oka S, Ito I, Shimada K, Sugii S, Hashimoto A, Komiya A, Fukui N, Kondo Y, Ito S, Hayashi T, Matsumoto I, Kusaoi M, Amano H, Nagai T, Hirohata S, Setoguchi K, Kono H, Okamoto A, Chiba N, Suematsu E, Katayama M, Migita K, Suda

Human leukocyte antigens and systemic lupus erythematosus: a protective role for the HLA-DR6 alleles DRB1*13:02 and *14:03.

2014年 | 2 PloS one 9 2 e87792 

学術論文

Kataoka H, Kono H, Patel Z, Rock KL

Evaluation of the Contribution of Multiple DAMPs and DAMP Receptors in Cell Death-Induced Sterile Inflammatory Responses.

2014年 | 8 PloS one 9 8 e104741 

学術論文

河野肇, 遠田明子

アレルギーを制御する免疫細胞・基盤分子の最新トピック 9.インフラマソームによる自然免疫活性化とアレルギー性疾患との関連

2013年11月01日 | 実験医学 31 17 2785-2790 

学術論文

河野肇

血管炎症候群の新しい考え方 第6回 動脈硬化は血管炎か?

2013年10月20日 | 分子リウマチ治療 6 4 201-204 

学術論文

木村佳貴, 河野肇

自然免疫が関与する炎症性疾患 全身性エリテマトーデスと自然免疫

2013年10月20日 | 炎症と免疫 21 6 525-531 

学術論文

河野肇

関節炎としての痛風 痛風関節炎治療におけるIL‐1阻害薬

2013年09月20日 | 高尿酸血症と痛風 21 2 164-170 

学術論文

浅子来美, 河野肇

感染症に伴う関節症の診断と治療 C型肝炎ウイルスに伴う関節症

2013年08月28日 | 月刊リウマチ科 50 2 197-201 

学術論文

河野肇

動脈硬化の発症メカニズム:免疫反応のかかわり

2013年06月29日 | 医学のあゆみ 245 13 1107-1112 

学術論文

浅子来美, 河野肇

関節リウマチ これからの実地医家の治療薬の使いかたと注意点 生物学的製剤の副作用とその対策

2013年04月01日 | Med Pract 30 4 692-697 

学術論文

河野肇

自己免疫疾患・アレルギー疾患(前篇)免疫の基礎,検査,治療 免疫学の基礎 自然免疫とその破綻

2013年03月25日 | 最新医学 68 468-478 

学術論文

Yanagida T, Orihashi K, Kono H

In vivo evaluation of neutrophil recruitment in response to sterile particulates.

2013年 | Methods in molecular biology (Clifton, N.J.) 1040 211-221 

学術論文

河野肇

脂質異常症 動脈硬化性疾患を予防する実践的治療戦略 インフラマソームと動脈硬化

2012年12月01日 | Med Pract 29 12 2106-2108 

学術論文

河野肇

NETs(好中球細胞外traps)はSLEの病態に関与するか?

2012年11月28日 | 月刊リウマチ科 48 5 569-573 

学術論文

Kono H, Orlowski GM, Patel Z, Rock KL

The IL-1-dependent sterile inflammatory response has a substantial caspase-1-independent component that requires cathepsin C.

2012年10月 | 7 Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950) 189 7 3734-3740 

学術論文

河野肇

NLRP3インフラマソームと動脈硬化

2012年04月25日 | 月刊臨床免疫・アレルギー科 57 4 444-449 

学術論文

河野肇

動脈硬化と自然免疫

2012年01月25日 | Annual Review 循環器 2012 42-48 

学術論文

河野肇, 柳田たみ子, 高山真希, 菊地弘敏, ROCK Kenneth L, PATEL Zubin

原発性免疫不全症候群に関する調査研究 IL‐1beta活性化におけるdipeptidyl peptidase I(Cathepsin C)のin vivoでの役割

2012年 | 原発性免疫不全症候群に関する調査研究 平成23年度 総括・分担研究報告書 104-108 

学術論文

Asako K, Takayama M, Kono H, Kikuchi H

Churg-Strauss syndrome complicated by central retinal artery occlusion: case report and a review of the literature.

2011年10月 | 5 Modern rheumatology / the Japan Rheumatism Association 21 5 519-523 

学術論文

河野肇

尿酸代謝における最近のトピックス―尿酸代謝の新たな展開―NLRP3と痛風

2011年09月20日 | 高尿酸血症と痛風 19 2 148-153 

学術論文

河野肇

慢性炎症と循環器疾患 NLRP3インフラマソームと動脈硬化

2011年09月15日 | 呼吸と循環 59 9 873-882 

学術論文

Rock KL, Lai JJ, Kono H

Innate and adaptive immune responses to cell death.

2011年09月 | 1 Immunological reviews 243 1 191-205 

学術論文

河野肇

Danger signalとその疾患への関与

2010年10月16日 | 医学のあゆみ 235 3 270-271 

学術論文

Kono H, Chen CJ, Ontiveros F, Rock KL

Uric acid promotes an acute inflammatory response to sterile cell death in mice.

2010年06月 | 6 The Journal of clinical investigation 120 6 1939-1949 

学術論文

Duewell P, Kono H, Rayner KJ, Sirois CM, Vladimer G, Bauernfeind FG, Abela GS, Franchi L, Nuñez G, Schnurr M, Espevik T, Lien E, Fitzgerald KA, Rock KL, Moore KJ, Wright SD, Hornung V, Latz E

NLRP3 inflammasomes are required for atherogenesis and activated by cholesterol crystals.

2010年04月 | 7293 Nature 464 7293 1357-1361 

学術論文

Kono H, Karmarkar D, Iwakura Y, Rock KL

Identification of the cellular sensor that stimulates the inflammatory response to sterile cell death.

2010年04月 | 8 Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950) 184 4470-4478 

学術論文

Rock KL, Latz E, Ontiveros F, Kono H

The sterile inflammatory response.

2010年 | Annual review of immunology 28 321-342 

学術論文

Hornung V, Bauernfeind F, Halle A, Samstad EO, Kono H, Rock KL, Fitzgerald KA, Latz E

Silica crystals and aluminum salts activate the NALP3 inflammasome through phagosomal destabilization.

2008年08月 | 8 Nature immunology 9 8 847-856 

学術論文

Kono H, Rock KL

How dying cells alert the immune system to danger.

2008年04月 | 4 Nature reviews. Immunology 8 4 279-289 

学術論文

Rock KL, Kono H

The inflammatory response to cell death.

2008年 | Annual review of pathology 3 99-126 

学術論文

Chen CJ, Kono H, Golenbock D, Reed G, Akira S, Rock KL

Identification of a key pathway required for the sterile inflammatory response triggered by dying cells.

2007年07月 | 7 Nature medicine 13 7 851-856 

学術論文

Rock Kenneth, Chen Chun-Jen, Kono Hajime

Cell death and acute inflammation

2007年03月 | INFLAMMATION RESEARCH 56 S110 

学術論文

Kono H, Kyogoku C, Suzuki T, Tsuchiya N, Honda H, Yamamoto K, Tokunaga K, Honda Z

FcgammaRIIB Ile232Thr transmembrane polymorphism associated with human systemic lupus erythematosus decreases affinity to lipid rafts and attenuates inhibitory effects on B cell receptor signaling.

2005年10月 | 19 Human molecular genetics 14 2881-2892 

学術論文

Sato T, Inokuma S, Maezawa R, Nakayama H, Hamasaki K, Miwa Y, Okazaki Y, Yamashita M, Tanaka Y, Kono H

Clinical characteristics of Pneumocystis carinii pneumonia in patients with connective tissue diseases.

2005年 | 3 Modern rheumatology / the Japan Rheumatism Association 15 191-197 

学術論文

Kono H, Inokuma S

Visualization and functional consequence of pulmonary vascular impairment in patients with rheumatic diseases.

2003年07月 | 1 Chest 124 255-261 

学術論文

Kono H, Suzuki T, Yamamoto K, Okada M, Yamamoto T, Honda Z

Spatial raft coalescence represents an initial step in Fc gamma R signaling.

2002年07月 | 1 Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950) 169 193-203 

その他

内田俊也, 河野肇, 浅子来美, 菊地弘敏, 本間文佳, 豊城大悟, 古西純子, 奈倉倫人, 山崎ちひろ, 兒島憲一郎, 藤垣嘉秀, 鈴木和男

全身性血管炎患者血清における抗モエシン抗体の臨床的意義

2018年04月30日 | (一社)日本腎臓学会 日本腎臓学会誌 60 3 424-424 

その他

古村菜穂子, 大井加世子, 古川泰司, 河野肇

CLEIA法による抗核抗体測定の基礎的検討

2014年09月01日 | 日本臨床検査自動化学会会誌 39 4 518 

その他

浅子来美, 菊地弘敏, 高山真希, 竹内明輝, 河野肇

Helicobacter cinaediによる敗血症を合併した全身性エリテマトーデスの1例

2011年06月20日 | 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 55th-20th 619 

その他

高山真希, 浅子来美, 菊地弘敏, 河野肇, 廣畑俊成

慢性進行型神経ベーチェット病の診断における脳幹部定量解析の有用性

2011年06月20日 | 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 55th-20th 408 

その他

菊地弘敏, 菊地弘敏, 浅子来美, 高山真希, 竹内明輝, 河野肇

Infliximab療法中に脱髄疾患を発症した難治性ぶどう膜炎合併Behcet病の一例

2011年03月30日 | 関東リウマチ 44 248-254 

その他

河野肇

アレルギー性気道炎症におけるIL‐1およびインフラマソームの関与の検討

2010年11月25日 | アレルギア 39 68-70 

その他

河野肇

細胞死に対する炎症反応における尿酸の役割

2010年03月19日 | 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 54th-19th 681 

その他

坪井洋人, 猪熊茂子, 瀬戸口京吾, 河野肇

サーモグラフィーによる氷水負荷およびPGE1動注前後の手指末梢血流変化の評価

2005年11月 | 日本温泉気候物理医学会雑誌 69 1 53 

その他

古木名和枝, 猪熊茂子, 瀬戸口京吾, 田中良明, 長島千佳, 萩野昇, 坪井洋人, 河野肇, 比島恒和

こう原病合併肺高血圧症自験例の検討

2005年10月20日 | Ther Res 26 10 2007-2008 

その他

瀬戸口 京吾, 猪熊 茂子, 坪井 洋人, 住友 秀次, 萩野 昇, 吉田 希, 田中 良明, 河野 肇

3 皮膚筋炎の間質性肺炎に対するシクロフォスファミド療法(5 自己免疫疾患の新しい治療法, 第55回日本アレルギー学会秋季学術大会)

2005年09月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 54 8  

その他

住友 秀次, 瀬戸口 京吾, 猪熊 茂子, 坪井 洋人, 萩野 昇, 田中 良明, 河野 肇, 吉田 希

34 Hypereosinophilia associated diseases (HEADs) 4例で見られた皮膚病理所見(好酸球(2), 第55回日本アレルギー学会秋季学術大会)

2005年09月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 54 8  

その他

坪井 洋人, 猪熊 茂子, 瀬戸口 京吾, 田中 良明, 長島 千佳, 古木名 和枝, 萩野 昇, 河野 肇

350 薬剤性間質性肺炎・薬疹の既往を有し防風通聖散による間質性肺炎を発症した1例(薬物アレルギー(1), 第55回日本アレルギー学会秋季学術大会)

2005年09月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 54 8  

その他

小林 祥子, 猪熊 茂子, 上田 美穂, 山下 雅大, 佐藤 建夫, 瀬戸口 京吾, 田中 良明, 萩野 昇, 河野 肇, 吉田 希, 住友 秀次, 比島 恒和

389 血栓性血小板減少性紫斑病に肺胞出血をともなった2例の検討(膠原病と類縁疾患(4), 第55回日本アレルギー学会秋季学術大会)

2005年09月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 54 8  

その他

田中 良明, 猪熊 茂子, 坪井 洋人, 萩野 昇, 瀬戸口 京吾, 河野 肇

392 関節リウマチにおける活動性間質性肺炎の検討(膠原病と類縁疾患(4), 第55回日本アレルギー学会秋季学術大会)

2005年09月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 54 8  

その他

萩野 昇, 猪熊 茂子, 坪井 洋人, 長島 千佳, 古木名 和枝, 田中 良明, 瀬戸口 京吾, 河野 肇

395 著明な高フェリチン血症を来たした3症例の末梢血中サイトカイン濃度の推移(膠原病と類縁疾患(5), 第55回日本アレルギー学会秋季学術大会)

2005年09月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 54 8  

その他

住友秀次, 瀬戸口京吾, 猪熊茂子, 坪井洋人, 萩野昇, 田中良明, 河野肇, 吉田希

Hypereosinophilia associated diseases(HEADs)4例で見られた皮膚病理所見

2005年09月30日 | アレルギー 54 8/9 1015 

その他

田中良明, 猪熊茂子, 坪井洋人, 萩野昇, 瀬戸口京吾, 河野肇

関節リウマチにおける活動性間質性肺炎の検討

2005年09月30日 | アレルギー 54 8/9 1104 

その他

萩野昇, 猪熊茂子, 坪井洋人, 長島千佳, 古木名和枝, 田中良明, 瀬戸口京吾, 河野肇

著明な高フェリチン血症を来たした3症例の末梢血中サイトカイン濃度の推移

2005年09月30日 | アレルギー 54 8/9 1105 

その他

坪井洋人, 猪熊茂子, 瀬戸口京吾, 田中良明, 長島千佳, 古木名和枝, 萩野昇, 河野肇

薬剤性間質性肺炎・薬疹の既往を有し防風通聖散による間質性肺炎を発症した1例

2005年09月30日 | アレルギー 54 8/9 1094 

その他

瀬戸口京吾, 猪熊茂子, 坪井洋人, 住友秀次, 萩野昇, 吉田希, 田中良明, 河野肇

皮膚筋炎の間質性肺炎に対するシクロフォスファミド療法

2005年09月30日 | アレルギー 54 8/9 961 

その他

小林祥子, 猪熊茂子, 上田美穂, 山下雅大, 佐藤建夫, 瀬戸口京吾, 田中良明, 萩野昇, 河野肇, 吉田希, 住友秀次, 比島恒和

血栓性血小板減少性紫斑病に肺胞出血をともなった2例の検討

2005年09月30日 | アレルギー 54 8/9 1104 

その他

山口 正雄, 小宮 明子, 河野 肇, 纐纈 力也, 鈴川 真穂, 川上 綾子, 関谷 剛, 山田 浩和, 三崎 義堅, 山本 一彦

168 使用可能なNSAIDの選択が困難と考えられたアスピリン喘息の1例

2005年04月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 54 3  

その他

田中 良明, 猪熊 茂子, 坪井 洋人, 萩野 昇, 古木名 和枝, 長島 千佳, 瀬戸口 京吾, 河野 肇

90 関節リウマチに対するレフルノミド療法における血清免疫グロブリン値, 末梢血リンパ球数についての検討

2005年04月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 54 3  

その他

坪井 洋人, 猪熊 茂子, 瀬戸口 京吾, 田中 良明, 長島 千佳, 古木名 和枝, 萩野 昇, 庄田 宏文, 河野 肇, 後藤 慎一

139 RAに対するMTX療法中の肺障害の臨床的特徴

2005年04月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 54 3  

その他

古木名 和枝, 猪熊 茂子, 瀬戸口 京吾, 田中 良明, 長島 千佳, 萩野 昇, 坪井 洋人, 河野 肇

140 サラゾスルファピリジンの薬疹で, 同時にリンパ球減少をみた関節リウマチの一例

2005年04月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 54 3  

その他

瀬戸口 京吾, 猪熊 茂子, 萩野 昇, 古木名 和枝, 長島 千佳, 田中 良明, 河野 肇, 坪井 洋人

208 自験EAE(Episodic angioedema associated with eosinophilia)14例

2005年04月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 54 3  

その他

瀬戸口京吾, 猪熊茂子, 萩野昇, 古木名和枝, 長島千佳, 田中良明, 河野肇, 坪井洋人

自験EAE(Episodic angioedema associated with eosinophilia)14例

2005年04月30日 | アレルギー 54 3/4 372 

その他

田中良明, 猪熊茂子, 坪井洋人, 萩野昇, 古木名和枝, 長島千佳, 瀬戸口京吾, 河野肇

関節リウマチに対するレフルノミド療法における血清免疫グロブリン値,末梢血リンパ球数についての検討

2005年04月30日 | アレルギー 54 3/4 343 

その他

山口正雄, 小宮明子, 河野肇, こうけつ力也, 鈴川真穂, 川上綾子, 関谷剛, 山田浩和, 三崎義堅

使用可能なNSAIDの選択が困難と考えられたアスピリンぜん息の1例

2005年04月30日 | アレルギー 54 3/4 362 

その他

古木名和枝, 猪熊茂子, 瀬戸口京吾, 田中良明, 長島千佳, 萩野昇, 坪井洋人, 河野肇

サラゾスルファピリジンの薬疹で,同時にリンパ球減少をみた関節リウマチの一例

2005年04月30日 | アレルギー 54 3/4 355 

その他

河野肇, 山本一彦, 本田善一郎

SLE感受性に関連するFcγレセプターIIbの遺伝子多型とB細胞活性化

2005年04月25日 | 臨床免疫 43 4 472-477 

その他

河野 肇, 山本 一彦, 本田 善一郎

SLE感受性に関連するFcγレセプター2bの遺伝子多型とB細胞活性化

2005年04月 | 科学評論社 臨床免疫 43 4 472-477 

その他

猪熊 茂子, 瀬戸口 京吾, 田中 良明, 古木名 和枝, 長島 千佳, 河野 肇

膠原病で見られる肺障害の鑑別と対応

2004年09月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 53 8  

その他

長島 千佳, 猪熊 茂子, 瀬戸 口京吾, 前沢 玲華, 河野 肇, 田中 良明, 古木名 和枝, 庄田 宏文, 赤城 久美子

65 末梢血好酸球増多を伴う疾病群におけるアトピー性皮膚炎の位置付け

2004年09月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 53 8  

その他

瀬戸口 京吾, 猪熊 茂子, 古木名 和枝, 庄田 宏文, 萩野 昇, 矢嶋 宣幸, 田中 良明, 河野 肇

149 自験EAE(Episodic angioedema with eosinophila)12例のまとめ

2004年09月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 53 8  

その他

古木名 和枝, 猪熊 茂子, 庄田 宏文, 萩野 昇, 平松 和子, 矢嶋 宣幸, 田中 良明, 瀬戸口 京吾, 河野 肇

469 粘膜障害を伴う重症薬疹に際し末梢血リンパ球数,γグロブリン値の低下を見た2例

2004年09月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 53 8  

その他

矢嶋 宣幸, 猪熊 茂子, 古木名 和枝, 庄田 宏文, 田中 良明, 瀬戸口 京吾, 河野 肇

498 原発性Sjorgren症候群における肺病変

2004年09月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 53 8  

その他

瀬戸口京吾, 猪熊茂子, 古木名和枝, 庄田宏文, 萩野昇, 矢嶋宣幸, 田中良明, 河野肇

自験EAE(Episodic angioedema with eosinophila)12例のまとめ

2004年09月30日 | アレルギー 53 8/9 918 

その他

猪熊茂子, 瀬戸口京吾, 田中良明, 古木名和枝, 長島千佳, 河野肇

こう原病で見られる肺障害の鑑別と対応

2004年09月30日 | アレルギー 53 8/9 880 

その他

矢嶋宣幸, 猪熊茂子, 古木名和枝, 庄田宏文, 田中良明, 瀬戸口京吾, 河野肇

原発性Sjorgren症候群における肺病変

2004年09月30日 | アレルギー 53 8/9 1005 

その他

長島千佳, 猪熊茂子, 瀬戸口京吾, 前沢玲華, 河野肇, 田中良明, 古木名和枝, 庄田宏文, 赤城久美子

末梢血好酸球増多を伴う疾病群におけるアトピー性皮膚炎の位置付け

2004年09月30日 | アレルギー 53 8/9 897 

その他

古木名和枝, 猪熊茂子, 庄田宏文, 萩野昇, 平松和子, 矢嶋宣幸, 田中良明, 瀬戸口京吾, 河野肇

粘膜障害を伴う重症薬疹に際し末梢血リンパ球数,γグロブリン値の低下を見た2例

2004年09月30日 | アレルギー 53 8/9 998 

その他

河野肇, 山本一彦, 本田善一郎

リウマチ性疾患とシグナル伝達分子異常 SLEにおけるFcγレセプターの構造と機能異常

2004年09月 | 分子リウマチ 1 3 206-213 

その他

矢嶋宣幸, 猪熊茂子, 庄田宏文, 田中良明, 瀬戸口京吾, 河野肇

SLEにおける中枢神経(CNS)障害の背景

2004年04月 | 日本リウマチ学会総会・学術集会抄録集 48th 245 

その他

庄田宏文, 河野肇, 瀬戸口京吾, 猪熊茂子, 田中良明, 矢嶋宣幸

amyoDMの間質性肺炎

2004年04月 | 日本リウマチ学会総会・学術集会抄録集 48th 141 

その他

田中良明, 猪熊茂子, 庄田宏文, 矢嶋宣幸, 瀬戸口京吾, 河野肇

関節リウマチに対するDMARDs療法における血清免疫グロブリン値の変動についての検討

2004年04月 | 日本リウマチ学会総会・学術集会抄録集 48th 191 

その他

矢嶋宣幸, 猪熊茂子, 庄田宏文, 田中良明, 瀬戸口京吾, 河野肇

SScにおけるDLcoの相対的低下

2004年03月30日 | アレルギー 53 2/3 319 

その他

田中良明, 猪熊茂子, 庄田宏文, 瀬戸口京吾, 河野肇

関節リウマチに対するDMARDs療法における血清IgE値の変動についての検討

2004年03月30日 | アレルギー 53 2/3 318 

その他

田中 良明, 猪熊 茂子, 庄田 宏文, 瀬戸口 京吾, 河野 肇

120 関節リウマチに対するDMARDs療法における血清IgE値の変動についての検討

2004年03月20日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 53 2  

その他

矢嶋 宣幸, 猪熊 茂子, 庄田 宏文, 田中 良明, 瀬戸口 京吾, 河野 肇

122 SScにおけるDLcoの相対的低下

2004年03月20日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 53 2  

その他

宮武昌一郎, 神沼修, 北村ふじ子, 猪熊茂子, 瀬戸口京吾, 田中良明, 矢嶋宣幸, 庄田宏文, 河野肇

気管支ぜん息患者末梢血T細胞のIL‐5産生に対するGATA‐3の影響

2004年03月 | 都立病院共同研究報告集 2003 12-13 

その他

森美賀子, 猪熊茂子, 塩沢史隆, 田中良明, 瀬戸口京吾, 党康夫, 河野肇, 古田島理佐

イブプロフェン十分量にて緩解し中止にて増悪した成人発症Still病の1例

2004年02月10日 | 関東リウマチ 37 59-67 

その他

河野肇, 京極千恵子, 鈴木毅, 土屋尚之, 山本一彦, 徳永勝士, 本田善一郎

SLEに関連するヒトFcγRIIB多型の脂質ラフト会合およびB細胞受容体信号伝達抑制への影響

2003年11月05日 | 日本免疫学会総会・学術集会記録 33 197 

その他

鈴木毅, 河野肇, 山本一彦, 本田善一郎

ポリプロリン及びRing finger様モチーフを持つ新たな微小管結合性Src型キナーゼ活性因子

2003年11月05日 | 日本免疫学会総会・学術集会記録 33 305 

その他

矢嶋宣幸, 猪熊茂子, 党康夫, 瀬戸口京吾, 田中良明, 森美賀子, 庄田宏文, 河野肇

CNSループス発症の背景因子

2003年09月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 52 8/9 920 

その他

庄田 宏文, 猪熊 茂子, 党 康夫, 瀬戸口 京吾, 田中 良明, 矢嶋 宣幸, 森 美賀子, 杉山 温人, 前沢 玲華, 足立 朋子, 佐藤 健夫, 河野 肇

気管支喘息の既往はないがChurg-Strauss症候群が強く疑われた3例

2003年09月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 52 8  

その他

田中良明, 猪熊茂子, 庄田宏文, 矢嶋宣幸, 瀬戸口京吾, 河野肇

関節リウマチに対するメトトレキサート(MTX)少量間欠療法による血清IgE値の変動についての検討

2003年09月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 52 8/9 925 

その他

庄田宏文, 猪熊茂子, 党康夫, 瀬戸口京吾, 田中良明, 矢嶋宣幸, 森美賀子, 杉山温人, 河野肇

気管支ぜん息の既往はないがChurg‐Strauss症候群が強く疑われた3例

2003年09月30日 | アレルギー 52 8/9 922 

その他

河野肇, 京極千恵子, 鈴木毅, 土屋尚之, 徳永勝士, 山本一彦, 本田善一郎

SLEに関連するヒトFcγRIIB多型の脂質ラフト会合およびB細胞受容体信号伝達抑制への影響

2003年08月31日 | 日本臨床免疫学会会誌 26 4 221 

その他

鈴木毅, 河野肇, 山本一彦, 本田善一郎

RING‐finger様モチーフをもち,SrcファミリーキナーゼLyn SH3ドメインに結合する新規蛋白質の同定

2003年04月 | リウマチ 43 2 301 

その他

党康夫, 猪熊茂子, 森美賀子, 塩沢史隆, 田中良明, 古田島理佐, 河野肇, 瀬戸口京吾

こう原病患者の間質性肺炎(IP)のスクリーニングにおける血清KL‐6,SP‐Dの有用性

2003年04月 | リウマチ 43 2 395 

その他

京極千恵子, 河野肇, 土屋直之, 鈴木毅, 山本一彦, 徳永勝士, 本田善一郎

SLEに関連するFcγRIIB多型のB細胞受容体シグナル抑制機能の検討

2003年04月 | リウマチ 43 2 304 

その他

森美賀子, 猪熊茂子, 党康夫, 瀬戸口京吾, 田中良明, 塩沢史隆, 河野肇, 古田島理佐

当院のSLE患者におけるステロイド誘発性糖尿病

2003年04月 | リウマチ 43 2 393 

その他

河野肇, 京極千恵子, 鈴木毅, 山本一彦, 本田善一郎

FcγRIIB単独架橋によるB細胞受容体信号伝達の抑制

2003年04月 | リウマチ 43 2 301 

その他

瀬戸口京吾, 猪熊茂子, 森美賀子, 塩沢史隆, 党康夫, 河野肇, 古田島理佐

血清ロイシンアミノペプチダーゼ(LAP)値は全身性エリテマトーデス(SLE)における急性増悪時の指標である

2003年04月 | リウマチ 43 2 346 

その他

田中良明, 猪熊茂子, 森美賀子, 塩沢史隆, 河野肇, 瀬戸口京吾, 党康夫, 古田島理佐, 佐藤健夫

こう原病・リウマチ性疾患におけるカリニ肺炎とMTX肺炎

2003年04月 | リウマチ 43 2 211 

その他

瀬戸口 京吾, 猪熊 茂子, 黨 康夫, 田中 良明, 塩澤 史隆, 森 美賀子, 河野 肇, 古田島 理佐

Hypereosinophilia-Associated Disease (HEAD)

2003年03月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 52 2  

その他

森美賀子, 猪熊茂子, 塩沢史隆, 田中良明, 瀬戸口京吾, 党康夫, 河野肇, 古田島理佐

当院のSLE患者におけるステロイド誘発性糖尿病

2003年03月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 52 2/3 331 

その他

塩沢史隆, 猪熊茂子, 岡崎優子, 森美賀子, 田中良明, 瀬戸口京吾, 党康夫, 河野肇, 古田島理佐

好酸球性血管浮腫8例の検討

2003年03月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 52 2/3 382 

その他

瀬戸口京吾, 猪熊茂子, 党康夫, 田中良明, 塩沢史隆, 森美賀子, 河野肇, 古田島理佐

好酸球 1 Hypereosinophilia‐Associated Disease (HEAD)

2003年03月30日 | アレルギー 52 2/3 220 

その他

鈴木毅, 河野肇, 山本一彦, 本田善一郎

Lyn SH3ドメインに会合し,RING‐finger様モチーフを持つ新規分子の同定

2002年10月31日 | 日本免疫学会総会・学術集会記録 32 168 

その他

足立 朋子, 黨 康夫, 猪熊 茂子, 森 美賀子, 塩澤 史隆, 瀬戸口 京吾, 佐藤 健夫, 河野 肇, 古田島 理佐

324 多彩な臓器障害を呈し,churg-strauss症候群(CSS)との異同が問題となった好酸球増多症

2002年10月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 51 9  

その他

塩澤 史隆, 猪熊 茂子, 森 美賀子, 黨 康夫, 瀬戸口 京吾, 古田島 理佐, 河野 肇

333 好酸球増多を伴わないびまん性筋膜炎の一例と当院におけるhypereosinophilia assodated disease

2002年10月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 51 9  

その他

森 美賀子, 猪熊 茂子, 佐藤 健夫, 黨 康夫, 瀬戸口 京吾, 塩澤 史隆, 河野 肇, 古田嶋 理佐

396 メトトレキサートにより薬剤性肺障害,汎血球減少をきたした関節リウマチの各一例

2002年10月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 51 9  

その他

黨 康夫, 猪熊 茂子, 塩澤 史隆, 森 美賀子, 瀬戸口 京吾, 佐藤 健夫, 古田島 理佐, 河野 肇

399 多剤薬剤障害を呈したシェーグレン症候群の2例

2002年10月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 51 9  

その他

足立朋子, 党康夫, 猪熊茂子, 森美賀子, 塩沢史隆, 瀬戸口京吾, 佐藤健夫, 河野肇, 古田島理佐

多彩な臓器障害を呈し,Churg‐Strauss症候群(CSS)との異同が問題となった好酸球増多症

2002年10月30日 | アレルギー 51 9/10 987 

その他

塩沢史隆, 猪熊茂子, 森美賀子, 党康夫, 瀬戸口京吾, 古田島理佐, 河野肇

好酸球増多を伴わないびまん性筋膜炎の一例と当院におけるhypereosinophilia associated disease

2002年10月30日 | アレルギー 51 9/10 990 

その他

森美賀子, 猪熊茂子, 佐藤健夫, 党康夫, 瀬戸口京吾, 塩沢史隆, 河野肇, 古田嶋理佐

メトトレキサートにより薬剤性肺障害,汎血球減少をきたした関節リウマチの各一例

2002年10月30日 | アレルギー 51 9/10 1005 

その他

党康夫, 猪熊茂子, 塩沢史隆, 森美賀子, 瀬戸口京吾, 佐藤健夫, 古田島理佐, 河野肇

多剤薬剤障害を呈したシェーグレン症候群の2例

2002年10月30日 | アレルギー 51 9/10 1006 

その他

赤城 久美子, 小尾 麗子, 林 さなえ

多剤併用抗HIV療法とAIDS関連Kaposi肉腫

2002年08月 | 医学書院 臨床皮膚科 56 9 687-691 

その他

河野肇, 猪熊茂子

こう原病と合併症 こう原病の難治合併症 こう原病の間質性肺病変とその対策

2002年07月01日 | 綜合臨床 51 7 2161-2165 

その他

小尾 麗子, 林 さなえ, 赤城 久美子, 今村 顕史, 味澤 篤, 比島 恒和

HIV感染者に合併し, 急速に進行した期梅毒の2例

2002年06月20日 | 公益社団法人 日本皮膚科学会 日本皮膚科学会雑誌 112 7 985-990 

その他

前沢玲華, 猪熊茂子, 佐藤健夫, 花岡亮輔, 上田美穂, 河野肇

ブシラミンが効果を示したCaplan症候群の一例

2002年04月 | リウマチ 42 2 273 

その他

花岡亮輔, 猪熊茂子, 佐藤健夫, 前沢玲華, 上田美穂, 河野肇

当院における原発性シェーグレン症候群の肺障害の検討

2002年04月 | リウマチ 42 2 395 

その他

佐藤健夫, 猪熊茂子, 前沢玲華, 花岡亮輔, 上田美穂, 河野肇, 岡崎優子, 中山久徳, 三輪裕介

当科におけるカリニ肺炎を併発したこう原病症例の検討

2002年04月 | リウマチ 42 2 251 

その他

佐藤健夫, 猪熊茂子, 前沢玲華, 花岡亮輔, 上田美穂, 河野肇, 岡崎優子, 村井裕子, 横江好美

メトトレキサート投与中にリンパ増殖性疾患を合併した慢性関節リウマチ症例の検討

2002年04月 | リウマチ 42 2 263 

その他

河野肇, 鈴木毅, 山本一彦, 本田善一郎

脂質raft融合によるFcγ受容体信号伝達の開始

2002年04月 | リウマチ 42 2 430 

その他

佐藤 健夫, 猪熊 茂子, 前澤 玲華, 花岡 亮輔, 上田 美穂, 河野 肇, 松本 雅則, 八木 秀男, 石指 宏通, 藤村 吉博

5 血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)合併膠原病症例におけるvon Willbrand因子切断酵素(vWFCPase)活性の測定意義(難治性膠原病の病態と対応)

2002年03月01日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 51 2  

その他

花岡 亮輔, 猪熊 茂子, 佐藤 健夫, 前澤 玲華, 上田 美穂, 河野 肇

70 当院におけるChurg-Strauss症候群7例の検討

2002年03月01日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 51 2  

その他

前澤 玲華, 猪熊 茂子, 佐藤 健夫, 花岡 亮輔, 上田 美穂, 河野 肇, 平井 浩一

125 ステロイド抵抗性好酸球増多症の一例

2002年03月01日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 51 2  

その他

上田 美穂, 猪熊 茂子, 前澤 玲華, 佐藤 健夫, 花岡 亮輔, 河野 肇

142 難治性気管支喘息にMTXを投与し良好な経過を示した6例

2002年03月01日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 51 2  

その他

前沢玲華, 猪熊茂子, 佐藤健夫, 花岡亮輔, 上田美穂, 河野肇, 平井浩一

ステロイド抵抗性好酸球増多症の一例

2002年03月01日 | アレルギー 51 2/3 274 

その他

花岡亮輔, 猪熊茂子, 佐藤健夫, 前沢玲華, 上田美穂, 河野肇

当院におけるChurg‐Strauss症候群7例の検討

2002年03月01日 | アレルギー 51 2/3 260 

その他

前澤 玲華, 猪熊 茂子, 岡崎 優子, 佐藤 健夫, 河野 肇, 花岡 亮輔, 上田 美穂

220 臓器障害を伴う好酸球増多症と気管支喘息を鑑別する好酸球数

2001年10月01日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 50 9  

その他

上田 美穂, 猪熊 茂子, 岡崎 優子, 三輪 裕介, 佐藤 健夫, 前澤 玲華, 花岡 亮輔, 河野 肇

281 薬剤性好中球減少時にリンパ球減少を伴う病態を繰り返し生じた一例

2001年10月01日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 50 9  

その他

花岡 亮輔, 猪熊 茂子, 三輪 裕介, 佐藤 健夫, 岡崎 優子, 前澤 玲華, 上田 美穂, 河野 肇

372 炎症反応、IgEの上昇を一貫して認めなかったChurg-Strauss症候群の一例

2001年10月01日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 50 9  

その他

佐藤 健夫, 猪熊 茂子, 岡崎 優子, 前澤 玲華, 花岡 亮輔, 河野 肇, 上田 美穂

378 メトトレキサート投与中にEBウイルス関連リンパ増殖性疾患を合併した慢性関節リウマチの一例

2001年10月01日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 50 9  

その他

前澤 玲華, 猪熊 茂子, 佐藤 健夫, 岡崎 優子, 三輪 裕介, 河野 肇

63 当院における末梢血好酸球増多症例の診断

2001年03月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 50 2  

その他

佐藤 健夫, 猪熊 茂子, 岡崎 優子, 三輪 裕介, 前澤 玲華, 河野 肇

68 末梢血好酸球増多を呈する親子例

2001年03月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 50 2  

その他

臼倉 理恵, 花本 由紀, 猪熊 茂子, 佐藤 健夫, 岡崎 優子, 河野 肇, 三輪 祐介, 前澤 玲華

210 慢性関節リウマチのMTX少量パルス療法における血中濃度と臨床効果の検討

2001年03月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 50 2  

その他

加藤 哲朗, 佐藤 健夫, 猪熊 茂子, 岡崎 優子, 三輪 裕介, 前澤 玲華, 後藤 麻理子, 河野 肇, 小尾 麗子, 赤城 久美子

214 アナフィラクトイド紫斑で発症し,血管炎による多発性単神経炎を併発した原発性シェーグレン症候群の1例

2001年03月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 50 2  

その他

三輪 裕介, 猪熊 茂子, 岡崎 優子, 前澤 玲華, 佐藤 健夫, 河野 肇

269 サラゾスルファピリジンによる薬剤性再生不良性貧血をきたした慢性関節リウマチの1例

2001年03月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 50 2  

その他

岡崎 優子, 猪熊 茂子, 佐藤 健夫, 三輪 裕介, 前澤 玲華, 河野 肇

275 H2受容体拮抗剤による血小板減少時にリンパ球減少を伴った症例

2001年03月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 50 2  

その他

岡崎 優子, 猪熊 茂子, 田中 良明, 浜崎 健, 佐藤 健夫, 中山 久徳, 三輪 裕介, 河野 肇

2 膠原病の肺病変における末梢血流障害の関与(12 膠原病肺の病態と治療)

2000年10月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 49 9  

その他

中山 久隆, 猪熊 茂子, 佐藤 健夫, 岡崎 優子, 浜崎 健, 三輪 裕介, 河野 肇

220 メトトレキサート(MTX)による薬剤性肺障害を来した慢性関節リウマチ(RA)の一例

2000年10月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 49 9  

その他

浜崎 健, 猪熊 茂子, 中山 久徳, 三輪 裕介, 岡崎 優子, 佐藤 健夫, 河野 肇

321 好酸球増多症候群(HES)においてステロイド治療の要否に影響する諸要因

2000年10月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 49 9  

その他

三輪 裕介, 猪熊 茂子, 岡崎 優子, 中山 久徳, 浜崎 健, 佐藤 健夫, 河野 肇

322 経過中に複数の臓器に障害をきたした好酸球増多症候群の2例の検討

2000年10月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 49 9  

その他

浜崎 健, 猪熊 茂子, 中山 久徳, 山下 雅大, 三輪 裕介, 岡崎 優子, 河野 肇

W96 好酸球増多症候群(HES)における臨床検査値の異常とステロイド治療の要否

2000年03月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 49 2  

その他

横江 好美, 猪熊 茂子, 河野 肇, 中山 久徳, 山下 雅大, 濱崎 健, 小澤 広

247 薬剤による末梢血好酸球増多を呈した8例

1999年09月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 48 8  

その他

浜崎 健, 猪熊 茂子, 河野 肇, 中山 久徳, 山下 雅大, 横江 好美

337 好酸球増多症候群(HES)におけるステロイド治療の要否

1999年09月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 48 8  

その他

中山 久徳, 猪熊 茂子, 岡崎 優子, 浜崎 健, 横江 好美, 山下 雅大, 河野 肇

338 好酸球増多症候群におけるECP値とMPO値

1999年09月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 48 8  

その他

中山 久徳, 猪熊 茂子, 河野 肇, 山崎 純子, 山下 雅大, 小林 祥子

88 好酸球増多性疾患における血漿ECP (eosinophil cationic protein)値

1999年03月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 48 2  

その他

山崎 純子, 猪熊 茂子, 河野 肇, 中山 久徳, 山下 雅大, 小林 祥子, 宮武 佳子

129 薬剤による好酸球増多症を呈した2例

1999年03月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 48 2  

その他

山下 雅大, 猪熊 茂子, 河野 肇, 中山 久徳, 山崎 純子, 小林 祥子

162 アナフィラキシー10例の検討

1999年03月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 48 2  

その他

森 雅江, 猪熊 茂子, 山崎 純子, 河野 肇, 中山 久徳, 小林 祥子

53 5g/dl以上の高γグロブリン血症における病態とステロイド反応性

1998年10月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 47 9  

その他

中山 久徳, 猪熊 茂子, 河野 肇, 山崎 純子, 小林 祥子

578 好酸球増多症候群(HES)における血清eosinophil cationic protein(ECP)値

1998年10月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 47 9  

その他

小林 祥子, 猪熊 茂子, 瀬戸口 京吾, 河野 肇, 山崎 純子, 中山 久徳

579 好酸球増多の出現頻度と好酸球数による病態のちがいについての検討

1998年10月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 47 9  

その他

山崎 純子, 猪熊 茂子, 河野 肇, 中山 久徳, 小林 祥子

653 methotrexate(MTX)投与下の慢性関節リウマチ(RA)患者におけるリンパ球刺激試験(DLST)および免疫ブロブリン値の変動について

1998年10月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 47 9  

その他

河野 肇, 猪熊 茂子, 山崎 純子, 中山 久徳, 小林 祥子

654 MTX関連悪性リンパ腫発症時、血清IgE高値を示したRAの2例とRA例におけるMTX治療による血清IgE値の変動

1998年10月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 47 9  

その他

河野 肇, 猪熊 茂子, 宮坂 洋二, 山崎 純子, 小林 祥子

6 膠原病の肺病変と血管の障害(シンポジウム6 膠原病と肺・血管病変)

1998年03月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 47 2  

その他

宮坂 洋二, 猪熊 茂子, 河野 肇, 山崎 純子, 佐々木 栄作

16 気管支喘息患者の吸入ステロイド使用と肺炎罹患との関連性の検討

1998年03月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 47 2  

その他

山崎 純子, 猪熊 茂子, 河野 肇, 宮坂 洋二, 小林 祥子

92 Methotrexate(MTX)投与中の慢性関節リウマチ(RA)におけるリンパ球刺激試験

1998年03月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 47 2  

その他

河野 肇, 猪熊 茂子, 宮坂 洋二, 山崎 純子, 小林 祥子

292 末梢血好酸球3000/μl以上を示すのはどのような疾患か

1998年03月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 47 2  

その他

猪熊 茂子, 河野 肇, 宮坂 洋二, 山崎 純子, 小林 祥子

13 好酸球増多と血管炎

1997年09月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 46 8  

その他

宮坂 洋二, 猪熊 茂子, 河野 肇, 山崎 純子, 小林 祥子

99 抗リウマチ薬による腎障害発現時に一過性の好酸球増多を見た一例

1997年09月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 46 8  

その他

佐々木 栄作, 猪熊 茂子, 石井 晴之, 山崎 純子, 河野 肇, 宮坂 洋二

215 気管支喘息におけるベクロメタゾン吸入と肺炎罹患の検討

1997年09月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 46 8  

その他

山崎 純子, 猪熊 茂子, 河野 肇, 宮坂 洋二, 小林 祥子, 岩淵 英章

257 MTX少量パルス療法の血中IgE値に対する効果 : RA患者において

1997年09月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 46 8  

その他

小林 祥子, 猪熊 茂子, 瀬戸口 京吾, 河野 肇, 宮坂 洋二, 山崎 純子

437 アトピー性疾患およびそれ以外の好酸球増多を伴う症候群における末梢血好酸球数の比較

1997年09月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 46 8  

その他

河野 肇, 猪熊 茂子, 宮坂 洋二, 山崎 純子, 小林 祥子

438 肺病変をみとめた好酸球増多症候群(HES)の一例とHESの臓器障害について

1997年09月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 46 8  

その他

河野 肇, 猪熊 茂子, 瀬戸口 京吾, 宮坂 洋二, 岩渕 英章, 白鳥 共二, 小林 祥子

2. 中枢神経障害を伴ったSLE, SjSの検査所見と治療 (<ポスターワークショップ>15 膠原病の難治性病態と治療 : 中枢神経病変を中心に)

1997年03月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 46 2  

その他

岩渕 英章, 猪熊 茂子, 宮坂 洋二, 河野 肇, 太田 朝子

33 DLco低下を呈する気管支喘息患者における細気道閉塞および換気・血流不均衡の関与

1997年03月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 46 2  

その他

宮坂 洋二, 猪熊 茂子, 河野 肇, 岩渕 英章, 海老沢 雅子, 白鳥 共二, 小林 祥子

166 好酸球性胃腸症 (Eosinophilic Gastroenteritis)と考えられた4症例

1997年03月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 46 2  

その他

海老沢 雅子, 猪熊 茂子, 宮坂 洋二, 河野 肇, 岩渕 英章, 白鳥 共二, 小林 祥子

224 MTX内服間隔の短縮後無顆粒球症を呈したRAの一例

1997年03月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 46 2  

その他

河野 肇, 猪熊 茂子, 白鳥 共二, 宮坂 洋二, 岩渕 英章, 鈴木 祥子

282 ステロイド治療による末梢血白血球数, 像の変化

1997年03月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 46 2  

その他

猪熊 茂子, 太田 朝子, 松崎 裕子, 白鳥 共二, 宮坂 洋二, 河野 肇

4. 慢性難治性喘息におけるFV曲線と, RI画像の異常 (<シンポジウム>18 喘息における気道炎症のモニタリング)

1996年09月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 45 8  

その他

太田 朝子, 猪熊 茂子, 宮坂 洋二, 河野 肇, 瀬戸口 京吾, 松崎 裕子, 白鳥 共二

14 気管支喘息におけるDLcoの低下について

1996年09月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 45 8  

その他

河野 肇, 猪熊 茂子, 白鳥 共二, 太田 朝子, 宮坂 洋二, 瀬戸口 京吾, 松崎 裕子, 鈴木 毅

154 ステロイド治療による末梢血好酸球数の変化

1996年09月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 45 8  

その他

宮坂 洋二, 猪熊 茂子, 瀬戸口 京吾, 太田 朝子, 河野 肇, 松崎 裕子, 白鳥 共二, 吉澤 和彦, 土持 英嗣

557 薬剤による好酸球増多を呈しステロイドを使用せずに改善を示した3例

1996年09月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 45 8