帝京大学

水谷 晃三 講師

Mizutani Kozo

所属キャンパス宇都宮キャンパス

帝京大学 理工学部 情報電子工学科

 人間は常に五感を使って情報を得ながら活動しています.その活動を支えるとともに,活動の幅を大幅に広げるための仕組みとして,情報技術は必要不可欠な存在です.情報について考え,情報を活用したり伝えたりするための方法を考えることは,私たち人間の活動に密接にかかわることなのです.そんな身近なテーマを私たちと一緒に帝京大学で考えてみませんか.

連絡先

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

2000年03月

帝京大学理工学部情報科学科 卒

2000年04月

富士ソフトABC 株式会社(現富士ソフト株式会社)

2002年10月

BBテクノロジー株式会社(現ソフトバンク株式会社)

2005年03月

帝京大学大学院理工学研究科 博士前期課程 修了

2008年03月

帝京大学大学院理工学研究科 博士後期課程 修了,博士(工学)

2008年04月

帝京大学医療情報システム研究センター 助教,帝京大学理工学部ヒューマン情報システム学科 兼担

2013年04月

帝京大学医療情報システム研究センター 講師

2014年10月

帝京大学理工学部ヒューマン情報システム学科(現情報電子工学科) 講師

所属学会

情報処理学会

教育システム情報学会

電子情報通信学会

医療情報学会

専門分野

情報システム学,教育工学,ソフトウェア工学

研究テーマ

【ヒューマン・コンピュータ・インタラクション分野】

  • Followable Computingに関する研究

【教育工学分野】
  • Classroom Rasponse Systemに関するアーキテクチャ、学習支援、教授法
  • 要件とソースコード記述の関係に注目したプログラミング学習者の教授法

【マルチエージェントシステム分野,ソフトウェア工学】
  • エージェント指向システムアーキテクチャに関する研究.
  • エージェント指向ソフトウェア工学など.

教育方法・職務上の実績

教育方法

 反転授業やアクティブラーニングを積極的に取り入れた授業を行っています.特に,情報科学実習1/2では,ソフトウェア開発現場で勤務してきた私の経験を実習カリキュラムに取り入れて,より実践的なPBL(Project Based Learning)を行っています.

職務上の実績

帝京大学医学部附属病院 新病棟プロジェクト(病院情報システムの開発と運用,2008年4月~2014年9月)
情報電子工学科 JABEEプログラム運営WG,など

著書・論文

※最新を含むすべての業績はResearchmapにて掲載しています

Researchmapへのリンク (https://researchmap.jp/kozomizutani)

|