帝京大学
有賀 悦子

有賀 悦子 教授

Aruga Etsuko

所属キャンパス板橋キャンパス

帝京大学 医学部 医学科 板橋キャンパス 臨床医学講座・診療科 緩和医療学講座

あなたに出会えてよかったという患者さんからの言葉をきけるような医療人の育成を目指しています。
人を丸ごと包み込むような優しい医療に取り組みませんか?

連絡先

電話番号

[]

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

【経歴】──────────────────────────────

2013年

帝京大学緩和医療学講座(緩和ケア内科)教授・診療科長

2008年

帝京大学内科学講座(緩和ケア内科) 〜2013年

2003年

国立国際医療(研究)センター緩和ケア科医長 〜2008年

2006年

国立国際医療センター(研究所)消化器疾患研究部研究員 〜2006年

1999年

東京女子医科大学緩和医療・在宅医療学講師 〜2003年

1996年

国立がんセンター東病院緩和ケア病棟 〜1999年

1993年

米国 ミシガン大学腫瘍外科 〜1996年

1987年

東京女子医科大学第三外科 〜1993年

【学歴】──────────────────────────────

1987年

筑波大学医

【委員歴】──────────────────────────────

厚生労働省 厚生審議会

日本癌治療学会 理事

2016年06月

日本緩和医療学会 副理事長 〜2018年05月

専門分野

ライフサイエンス 内科学一般 緩和医療学

研究テーマ

QOL、サイトカイン、FACT-BRM、癌免疫療法、緩和医療

教育方法・職務上の実績

情報がありません

著書・論文

学術論文

大澤 岳史, 有賀 悦子

【大腸癌化学療法】大腸癌と緩和医療

2019年01月 | (有)科学評論社 消化器・肝臓内科 5 1 71-77 

学術論文

Natsume M, Watanabe K, Matsumoto S, Naruge D, Hayashi K, Furuse J, Kawamura M, Jinno H, Sano K, Fukushima R, Osawa G, Aruga E, Hashiguchi Y, Tanaka A, Takikawa H, Seki N

Factors Influencing Cancer Patients' Choice of End-of-Life Care Place.

2018年06月 | Journal of palliative medicine 21 6 751-765 

学術論文

Kubo Y, Naito T, Mori K, Osawa G, Aruga E

Skeletal muscle loss and prognosis of breast cancer patients.

2017年07月 | Supportive care in cancer : official journal of the Multinational Association of Supportive Care in Cancer 25 7 2221-2227 

学術論文

Naoki Matsuo, Tatsuya Morita, Yoshinobu Matsuda, Kenichiro Okamoto, Yoshihisa Matsumoto, Keisuke Kaneishi, Takuya Odagiri, Hiroki Sakurai, Hideki Katayama, Ichiro Mori, Hirohide Yamada, Hiroaki Watanabe, Taro Yokoyama, Takashi Yamaguchi, Tomohiro Nis

Predictors of Delirium in Corticosteroid-Treated Patients with Advanced Cancer: An Exploratory, Multicenter, Prospective, Observational Study

2017年04月 | MARY ANN LIEBERT, INC JOURNAL OF PALLIATIVE MEDICINE 20 4 352-359 

学術論文

Masanori Mori, Akemi Naito Shirado, Tatsuya Morita, Kenichiro Okamoto, Yoshinobu Matsuda, Yoshihisa Matsumoto, Hirohide Yamada, Hiroki Sakurai, Etsuko Aruga, Keisuke Kaneishi, Hiroaki Watanabe, Takashi Yamaguchi, Takuya Odagiri, Shuji Hiramoto, Hiroy

Predictors of response to corticosteroids for dyspnea in advanced cancer patients: a preliminary multicenter prospective observational study

2017年04月 | SPRINGER SUPPORTIVE CARE IN CANCER 25 4 1169-1181 

学術論文

Naoki Matsuo, Tatsuya Morita, Yoshinobu Matsuda, Kenichiro Okamoto, Yoshihisa Matsumoto, Keisuke Kaneishi, Takuya Odagiri, Hiroki Sakurai, Hideki Katayama, Ichiro Mori, Hirohide Yamada, Hiroaki Watanabe, Taro Yokoyama, Takashi Yamaguchi, Tomohiro Nis

Predictors of responses to corticosteroids for anorexia in advanced cancer patients: a multicenter prospective observational study

2017年01月 | SPRINGER SUPPORTIVE CARE IN CANCER 25 1 41-50 

学術論文

Naoki Matsuo, Tatsuya Morita, Yoshinobu Matsuda, Kenichiro Okamoto, Yoshihisa Matsumoto, Keisuke Kaneishi, Takuya Odagiri, Hiroki Sakurai, Hideki Katayama, Ichiro Mori, Hirohide Yamada, Hiroaki Watanabe, Taro Yokoyama, Takashi Yamaguchi, Tomohiro Nis

Predictors of Responses to Corticosteroids for Cancer-Related Fatigue in Advanced Cancer Patients: A Multicenter, Prospective, Observational Study

2016年07月 | ELSEVIER SCIENCE INC JOURNAL OF PAIN AND SYMPTOM MANAGEMENT 52 1 64-72 

学術論文

出嶋 仁, 堀 明子, 石田 博文, 太田 修二, 高野 利実, 関 順彦, 有賀 悦子, 大田 健, 江口 研二, 寺本 民生

特発性血小板減少性紫斑病の経過中に癌性胸膜炎を来した重複癌の1例

2010年02月 | 日本内科学会-関東地方会 日本内科学会関東地方会 569回 32-32 

学術論文

大堀 洋子, 有賀 悦子, 高宮 祐介, 佐藤 康仁, 大学病院の緩和ケアを考える会

急性期と終末期患者が混在する環境で働く看護師のストレスに関する検討 「大学病院の緩和ケア病棟のあり方を探る」全国アンケート調査結果から

2004年07月 | (株)メヂカルフレンド社 看護展望 29 8 952-958 

その他

Yusuke Takagi, Gakuji Osawa, Yoriko Kato, Eri Ikezawa, Chika Kobayashi, Etsuko Aruga

Prevention and management of diarrhea associated with naldemedine among patients receiving opioids: a retrospective cohort study

2020年12月 | Springer Science and Business Media LLC BMC Gastroenterology 20 1 25-25 

その他

渡邊清高, 有賀悦子, 橋本俊一, 堀江大輔, 坂本義一, 小澤盛博, 坂井元, 渡邊友浩, 田中由紀, 武田忠利, 関順彦

帝京大学中学校・高等学校における中学1年生を対象としたがん教育授業

2019年03月25日 | 帝京医学雑誌 42 2 51‐60 

その他

有賀 悦子, 佐野 圭二, 近藤 福雄, 渡邊 清高, 大澤 岳史, 朝倉 比都美, 笹野 仲史, 市川 靖子, 澤村 成史, 矢口 成美, 岸浪 由治, 江口 研二

がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン『都市型がん医療連携を担う人材の実践的教育』の成果(Part 1) 小学校高学年へのがん教育 帝京サマースクールについて

2017年04月 | 東京女子医科大学学会 東京女子医科大学雑誌 87 1-2 20-25 

その他

有賀 悦子, 矢口 成美, 岸浪 由治, 江口 研二, 佐野 圭二, 近藤 福雄, 渡邊 清高, 大澤 岳史, 朝倉 比都美, 笹野 仲史, 市川 靖子, 澤村 成史

(3)小学校高学年へのがん教育―帝京サマースクールについて―

2017年 | 東京女子医科大学学会 東京女子医科大学雑誌 87 1 20-25 

その他

Takako Matsubara, Satoshi Ohno, Etsuko Aruga, Meiko Mayuzumi, Gakuji Osawa, Yoshiko Kubo, Takako Matsumi

The Issues of End-of-Life Care Services In a Hyper Aging Society in Japan: What Are Really Problems? How Can We Do?

2016年12月 | ELSEVIER SCIENCE INC JOURNAL OF PAIN AND SYMPTOM MANAGEMENT 52 6 E97-E97 

その他

遠藤貴子, 橋本孝太郎, 高瀬久光, 今井堅吾, 黛芽衣子, 佐々木常雄, 吉田沙蘭, 坂下美彦, 松本禎久, 阿部泰之, 岸野恵, 宮森正, 福地智巴, 蓮尾英明, 小野芳子, 小川朝生, 風間郁子, 森田達也, 枷場美穂, 大谷弘行, 大畑美里, 田中桂子, 柏谷優子, 岡崎賀美, 上村恵一, 高山良子, 高田芳枝, 倉持雅代, 大坂巌, 中西弘和, 永山淳, 加藤雅志, 関根龍一, 岡本禎晃, 伊勢雄也, 片山志郎, 新城拓也, 山本亮, 廣橋猛, 今泉洋子, 河原正典, 田代真理, 清水

緩和ケアの魔法の言葉 どう声をかけたらいいかわからない時の道標

2016年06月15日 | 緩和ケア 26 175P