帝京大学

 

佐藤 一朗

研究所・センター
医療共通教育研究センター

佐藤 一朗 講師 さとう かずお

Satoh Kazuo

大学生になるとなりたい自分に一歩近づくことができます。将来を見定めて入学してください。

連絡先

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

  

【経歴】──────────────────────────────

2017年04月

  

日本大学生物資源科学部非常勤講師

2014年09月

  

十文字女子学園大学非常勤講師

2014年07月

  

帝京大学医療共通教育研究センター講師

2013年04月

  

帝京大学医療共通教育センター講師 〜2014年06月

2011年04月

  

帝京大学医真菌研究センター兼担講師

2011年04月

  

帝京大学医療技術学部視能矯正学科講師 〜2013年03月

2010年09月

  

財団法人日本予防医学協会リサーチ・レジデント 〜2011年03月

2008年04月

  

帝京大学医真菌研究センター非常勤講師 〜2011年03月

2010年04月

  

帝京大学医学部博士研究員 〜2010年08月

2008年04月

  

財団法人ヒューマンサイエンス振興財団 リサーチ・レジデント 〜2010年03月

2007年04月

  

帝京大学医真菌研究センター博士研究員 〜2008年03月

2004年04月

  

日本大学生物資源科学部21世紀COEプログラム研究員(DC) 〜2007年03月

2003年10月

  

日本大学生物資源科学部21世紀COEプログラムプロジェクトアソシエート 〜2004年03月

  

【学歴】──────────────────────────────

2007年

  

日本大学生物資源科学研究科生物資源利用科学専攻

2003年

  

東京農工大学生物システム応用科学研究科生物システム応用科学専攻

2002年

  

日本大学生物資源科学研究科生物資源利用科学専攻

2000年

  

日本大学生物資源科学部植物資源科学科

  

【委員歴】──────────────────────────────

2017年12月

  

Medical Laboratory Journal (Bimonthly) Editorial Board

2017年01月

  

日本医真菌学会 広報委員

2016年10月

  

日本医真菌学会 代議員

2012年11月

  

日本医真菌学会 代議員 〜2014年11月

  

【受賞】──────────────────────────────

2012年03月

  

学部長賞

2011年

  

日本医真菌学会奨励賞ヒトおよび動物由来真菌症起因微生物の検出・同定および命名

2010年

  

優秀演題賞:Real-Time PCRを用いたPrototheca zopfiiの遺伝子型の分類と診断.第54回日本医真菌学会総会.

2010年

  

優秀ポスター賞:国際宇宙ステーション「きぼう」における微生物研究:Microbe-I成果報告.第54回日本医真菌学会総会

所属学会

日本宇宙生物科学会

International Society for Human and Animal Mycology

日本医真菌学会

日本細菌学会

日本農芸化学会

専門分野
農芸化学 応用微生物学、基礎医学 細菌学(含真菌学)
研究テーマ
医真菌学、環境微生物学、土壌微生物学
所属キャンパス
板橋キャンパス

教育方法・職務上の実績

著書・論文

区分 発行年月、著書・論文名、発行元
学術論文

Satoh K, Yamazaki T, Nakayama T, Umeda Y, Alshahni MM, Makimura M, Makimura K

Characterization of fungi isolated from the equipment used in the International Space Station or Space Shuttle.

2016年 | Microbiol. Immunol. 60 295-302 

学術論文

Mirhendi H, Motamedi M, Makimura K, Satoh K

Development a diagnostic pan-dermatophyte TaqMan probe real-time PCR assay based on beta tubulin gene.

2016年 | Mycoses 59 520-527 

学術論文

Mirhoseini SH, Nikaeen M, Satoh K, Makimura K

Assessment of airborne particles in indoor environments: applicability of particle counting for prediction of bioaerosol concentrations.

2016年 | Aerosol Air Quali. Res. 16 1903-1910 

学術論文

Ogawa H, Fujimura M, Ohkura N, Satoh K, Makimura K

Impact of Bjerkandera adusta colonization on chronic cough.

2014年 | Allergol Int 63 499-500 

学術論文

佐藤一朗,槇村浩一

真菌分類にみられる新しい展開

2014年 | 呼吸器内科 25 49-56 

学術論文

Rezaei-Matehkolaei A, Mirhendi H, Makimura K, de Hoog GS, Satoh K, Najafzadeh MJ, Shidfar MR

Nucleotide sequence analysis of beta tubulin gene in a wide range of dermatophytes.

2014年 | Med Mycol  

学術論文

Terada M, Ohki E, Yamagishi Y, Mikamo H, Nishiyama Y, Satoh K, Uchida K, Yamaguchi H

Fungal peritonitis associated with Curvularia geniculata and Pithomyces species in a patient with vulvar cancer who was successfully treated with oral voriconazole.

2014年 | J Antibio 67 191-193 

学術論文

Takano M, Hoshi S, Nagai K, Ishidaira H, Onozaki M, Satoh K, Makimura K

The first case of human protothecosis caused by Prototheca zopfii in Japan.

2014年 | J Infect Chemother  

学術論文

Zarrinfar H, Mirhendi H, Makimura K, Satoh K, Khodadadi H, Paknejhad O.

Use of mycological, nested-PCR and real-time PCR methods on BAL fluids for detection of Aspergillus fumigatus and A. flavus in solid organ transplant recipients.

2013年 | Mycopathologia 176 377-385 

学術論文

Onozaki M, Makimura K, Satoh K, Hasegawa A

Detection and identification of genotypes of Prototheca zopfii in clinical samples by quantitative PCR analysis.

2013年 | Jpn. J. Infect. Dis. 66 383-390 

学術論文

Yamaura M, Satoh K, Yamazaki T, Ogawa H, Makimura K

Specific detection of Bjerkandera adusta by polymerase chain reaction and its incidence in fungus-associated chronic cough.

2013年 | Mycopathologia 176 337-343 

学術論文

Ogawa H, Fujimura M, Satoh K, Makimura K

Re: Integrated research on the association between climate change and Bjerkandera allergy.

2013年 | J. Aller. Clini. Immunol. In Practice 1 543-543 

学術論文

Satoh K, Maeda M, Umeda Y, Sugamata M, Makimura K

Cryptococcus lacticolor sp. nov. and Rhodotorula oligophaga sp. nov., novel yeasts isolated from the nasal smear microbiota of Queensland koalas kept in Japanese zoological parks.

2013年 | Antonie van Leeuwenhoek 104 83-93 

学術論文

Nouripour-Sisakht S, Rezaei-Matehkolaei A, Abastabar M, Najafzadeh MJ, Satoh K, Ahmadi B, Hosseinpour L

Microsporum fulvum, an ignored pathogenic dermatophyte: a new clinical isolation from Iran.

2013年 | Mycopathologia 176 157-160 

学術論文

Zarrinfar H, Makimura K, Satoh K, Khodadadi H, Mirhendi H

Incidence of pulmonary aspergillosis and correlation of conventional diagnostic methods with nested PCR and real-time PCR assay using BAL fluid in intensive care unit patients.

2013年 | J Clin Lab Analy. 27 181-185 

学術論文

Miyajima Y, Satoh K, Uchida T, Yamada T, Abe A, Watanabe S, Makimura M, Makimura K

Rapid real-time diagnostic PCR for Trichophyton rubrum and Trichophyton mentagrophytes in patients with tinea unguium and tinea pedis using specific fluorescent probes.

2013年 | J. Dermatol. Sci. 69 229-235 

学術論文

Ogawa H, Fujimura M, Takeuchi Y, makimura K, Satoh K

The Definitive diagnostic process and successful treatment for ABPM caused by Schizophyllum commune: a report of two cases.

2012年 | Allerg. Int. 61 163-169 

学術論文

Rezaei-Matehkolaei A, Makimura K, de Hoog GS, Shidfar MR, Satoh K, Najafzadeh MJ, Mirhendi H

Discrimination of Trichophyton tonsurans and Trichophyton equinum by PCR-RFLP and by β-tubulin and Translation Elongation Factor 1-α sequencing.

2012年 | Med. Mycol. Early Online 1-5 

学術論文

Rezaei-Matehkolaei A, Makimura K, de Hoog GS, Shidfar MR, Satoh K, Najafzadeh MJ, Mirhendi H

Multilocus differentiation of the relative dermatophytes Microsporum canis, M. ferrugineum and M. audouinii.

2012年 | J Med Microbiol. 61 57-63 

学術論文

佐藤一朗,槇村浩一

宇宙ステーションにおける真菌による環境汚染

2011年 | 感染症 41 2 17-21 

学術論文

Satoh K, Maeda M, Umeda Y, Miyajima Y, Makimura K.

Detection and identification of probable endemic fungal pathogen, Cryptococcus gattii, and worldwide pathogen, Cryptococcus neoformans, by real-time PCR

2011年 | Microbiol. Immunol. 55 454-457 

学術論文

小野崎正修,佐藤一朗,槇村浩一

図解―皮膚科の検査に親しむヒトの真菌症の検査法

2011年 | 獣医臨床皮膚科雑誌 17 189-198 

学術論文

槇村浩一,佐藤一朗,杉田隆,山崎 丘

「有人宇宙環境における真菌叢と健康に関するインパクト」シリーズ第80回日本衛生学会宇宙医学提携研究会「宇宙医学分野に寄与する衛生学研究」

2011年 | 日本衛生学雑誌 66 77-82 

学術論文

金子孝昌,佐藤一朗,槇村浩一

真菌同定法の最近の進歩

2010年 | アレルギーの臨床 397 46-50 

学術論文

槇村浩一, 佐藤一朗, 西山彌生, 山崎 丘

国際宇宙ステーション「きぼう」における微生物研究:Microbe-Iと真菌叢解析

2010年 | Space Utiliz. Res. 26 196-197 

学術論文

小野崎正修,佐藤一朗,槇村浩一

[誰でも分かる微生物検査法の実際]⑤真菌-[II]血清学的診断・遺伝子診断

2010年 | 感染症 40 33-43 

学術論文

佐藤一朗,槇村浩一

病原微生物検出法 up to date 6.真菌感染症.

2010年 | 化学療法の領域 26 800-806 

学術論文

Ito M, Yamada T, Makimura K, Ishihara Y, Satoh K, Kikuchi K, Nomura Y, Ishii Y, Abe S

Intracellular serine protease from Candida glabrata species detected and analyzed by zymograhy

2010年 | Med. Mycol. Res. 1 29-35 

学術論文

Satoh K, Ooe K, Nagayama H, Makimura K.

Prototheca cutis sp. nov., a newly discovered pathogen of protothecosis isolated from inflamed human skin

2010年 | Int. J. Syst. Evol. Microbiol. 60 1236-1240 

学術論文

Oguma T, Asano K, Tomomatsu K, Kodama M, Fukunaga K, Shiomi T, Ohmori N, Ueda S , Takihara T, Shiraishi Y, Sayama K, Kagawa S, Natori Y, Lilly CM, Satoh K, Makimura K, Ishizaka A.

Induction of mucin and MUC5AC expression by the protease activity of Aspergillus fumigatus in airway epithelial cells.

2010年 | J. Immunol. 60 1236-1240 

学術論文

Ebihara M, Makimura K, Satoh K, Abe S, Tsuboi R

Molecular detection of dermatophytes and nondermatophytes in onychomycosis by nested polymerase chain reaction based on 28S ribosomal RNA gene sequences.

2009年 | Br J Dermatol. 161 1038-1044 

学術論文

槇村浩一, 佐藤一朗, 山田 剛, 西山彌生, 安部 茂, 月井雄二, 杉田 隆, 高鳥浩介, 辨野義己, 山崎 丘

宇宙ステーション内生活環境における微生物叢解析システムの研究

2009年 | Space Utiliz. Res. 25 84-85 

学術論文

Alshahni MM, Makimura K, Yamada T, Satoh K, Ishihara Y, Takatori K, Sawada T

Direct colony PCR of several medically important fungi using Ampdirect Plus

2009年 | Jpn. J. Infect. Dis. 62 164-167 

学術論文

Alshahni MM, Makimura K, Satoh K, Ishihara Y, Takatori K, Kimura T, Sawada T

A suggested pathogenic role of Trichosporon montevideense in a case of onychomycosis in a Japanese monkey.

2009年 | J. Vet. Med. Sci. 71 983-986 

学術論文

Nakaya A, Onodera Y, Nakagawa T, Satoh K, Takahashi R, Sasaki S, Tokuyama T

Analysis of ammonia monooxygenase and archaeal 16S rRNA gene fragments in nitrifying acid-sulfate soil microcosms.

2009年 | Microbes Environ. 24 168-174 

学術論文

Kimura M, Udagawa S, Makimura K, Satoh K, Toyazaki N, Ito H

Isolation and identification of Rhizomucor pusillus from pleural zygomycosis in an immunocompetent patient.

2009年 | Med. Mycol. 47 869-873 

学術論文

Yamamura M, Makimura K, Fujisaki R, Satoh K, Kawakami S, Nishiya H, Ota Y

Polymerase chain reaction assay for specific identification of Candida guilliermondii (Pichia guilliermondii).

2009年 | J. Infect. Chemother. 15 214-215 

学術論文

Miyajima Y, Satoh K, Umeda Y, Makimura K

Quantitation of fungal DNA contamination in commercial zymolyase and lyticase used in the preparation of fungi.

2009年 | Jpn. J. Med. Mycol. 50 259-262 

学術論文

Satoh K, Makimura K, Hasumi Y, Nishiyama Y, Uchida K, Yamaguchi H.

Candida auris sp. nov., a novel ascomycetous yeast isolated from the external ear canal of an inpatient in a Japanese hospital.

2009年 | Microbiol. Immunol. 53 41-44 

学術論文

槇村浩一, 佐藤一朗, 山田 剛, 西山彌生, 安部 茂, 月井雄二, 杉田 隆, 高鳥浩介, 辨野義己, 山崎 丘

宇宙ステーション内生活環境及び乗員の体内外における微生物生態系解析システムの開発

2008年 | Space Utiliz. Res. 24 344-346 

学術論文

佐藤一朗,槇村浩一

変貌した深在性真菌症治療と必須検査2. 真菌の検査法(5)遺伝子診断.

2008年 | Med. Technol. 36 719-723 

学術論文

Yamada T, Makimura K, Satoh K, Umeda K, Ishihara U, Abe S.

Agrobacterium tumefaciens-mediated transformation of the dermatophyte, Trichophyton mentagrophytes: an efficient tool for gene transfer.

2008年 | Med. Mycol. Oct 27 1-10 

学術論文

Satoh K, Makimura K.

Sporobolomyces koalae sp. nov., a novel basidiomycetous yeast isolated from nasal smears of Queensland koalas kept in a Japanese zoological park.

2008年 | Int. J. Syst. Evol. Microbiol. 58 2983-2986 

学術論文

佐藤一朗,高橋令二,徳山龍明

根圏に棲息する硝化細菌.

2007年 | 土と微生物 61 49-53 

学術論文

Satoh K, Itoh C, Kang DJ, Sumida H, Takahashi R, Isobe K, Sasaki S, Tokuyama T.

Characteristics of newly isolated ammonia-oxidizing bacteria from acid sulfate soil and the rhizoplane of leucaena grown in that soil.

2007年 | Soil Sci. Plant Nutr. 53 23-31 

学術論文

高橋令二,佐藤一朗,徳山龍明

アンモニア酸化菌研究の動向.

2006年 | 化学と生物 44 439-446 

学術論文

Ida T, Takahashi R, Satoh K, Kogure M, Tokuyama T.

Classification of chemoautotrophic ammonia-oxidizing bacteria using pyruvate kinase genes as high resolution phylogenetic markers.

2006年 | Soil Sci. Plant Nutr. 52 284-290 

学術論文

Satoh K, Takahashi R, Tokuyama T.

The characteristics of thermotolerant sulfur-oxidizing bacterium, Acidithiobacillus sp. ORCS6 isolated from acid sulfate soil.

2006年 | Environ. Inform. Sci. Extra, Papers Environ. Inform. Sci. 20 49-54 

学術論文

松岡智生,豊田剛己,佐藤一朗,増田和成,黒田哲生

繰り返し栽培した軽石培地におけるトマト青枯病の発病抑制メカニズム.

2005年 | 土と微生物 59 15-20 

学術論文

根路銘美穂,豊田剛己,Tajul MD Islam,西島孝紀,松岡智生,佐藤一朗,山口安幸

生ゴミ炭化物の土壌施用によるトマト青枯病抑制.

2005年 | 土と微生物 59 9-14 

学術論文

Tokuyama T, Mine A, Kamiyama K, Yabe R, Satoh K, Matsumoto H, Takahashi R, Itonaga K.

Nitrosomonas communis strain YNSRA, an ammonia-oxidizing bacterium, isolated from the Reed rhizoplane in an aquaponics plant.

2004年 | J. Biosci. Bioeng. 98 309-312 

学術論文

Satoh K, Toyota K.

Comparison of disease suppressiveness of different soils with or without repeated application of organic matters toward bacterial wilt of tomato caused by Ralstonia solanacearum.

2004年 | Microbes Environ. 19 310-314 

学術論文

Satoh K, Takizawa R, Sarai M, Sato N, Takahashi R, Tokuyama T.

Two kinds of ammonia-oxidizing bacteria isolated from biologically deodorizing plants in cold district.

2004年 | J. Biosci. Bioeng. 98 207-210 

学術論文

Satoh K, Tanaka T, Oguro Y, Takahashi R, Tokuyama T.

Improvement of preservation method for ammonia-oxidizing bacteria by freeze-drying.

2004年 | Soil Sci. Plant Nutr. 50 777-781 

学術論文

Satoh K, Yanagida T, Isobe K, Tomiyama H, Takahashi R and Tokuyama T.

Effect of root exudates on growth of newly isolated nitrifying bacteria from barley rhizoplane.

2003年 | Soil Sci. Plant Nutr. 49 757-762 

学術論文

Tomiyama H, Ohshima M, Ishii S, Satoh K, Takahashi R, Isobe K, Iwano H, Tokuyama T.

Characteristics of newly isolated nitrifying bacteria from rhizoplane of paddy rice.

2001年 | Microbes Environ. 16 101-108 

その他

Takahashi R, Satoh K, Tokuyama T: Analysis of microbial diversity, isolation of ammonia-oxidizing and sulfur-oxidizing bacteria in acid sulfate soil. Sasaki S (ed). Development of new bioremediation systems of acid sulfate soil for agriculture and fo

2008年 | Shoukadoh, Kyoto  



ご利用にあたって
プライバシーポリシー
教職員専用
Copyright(C) 2006 Teikyo University. All Rights Reserved