帝京大学

 

小林 靖之

帝京大学
理工学部
情報科学科(通信)

小林 靖之 講師 こばやし やすゆき

Yasuyuki Kobayashi

現代の科学技術の変化は目まぐるしく速く、常に最新動向を注視していないといけません。しかし、最新動向を理解するためには、科学技術の基本知識を論理的に組み立てる能力が必要です。大学での4年間はこのような能力を身に付けるのに最適です。さらに、最新動向を注視し本質を理解して自分の仕事に役立てるには、対象は問いませんが強い好奇心を持つことです。強い好奇心があれば苦しい状況でも努力する気がわき、最終的に何が重要かを見つけることができます。考える苦しさから結果を見出して楽しさを味わう経験を積んでもらえればと思います。

連絡先

メールアドレス
電話番号 028-627-7223

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

1993年03月31日

  

群馬県立太田高等学校卒業

1997年03月31日

  

東京大学工学部電子工学科卒業

1999年03月31日

  

東京大学大学院工学系研究科電子工学専攻修士課程修了

1999年04月01日

  

三菱重工業株式会社入社

2011年01月01日

  

帝京大学理工学部ヒューマン情報システム学科赴任

2015年04月01日

  

帝京大学理工学部情報科学科(通信教育課程)異動

2017年03月03日

  

帝京大学大学院理工学研究科より博士(工学)授与

所属学会

電子情報通信学会

日本音響学会

電気学会

専門分野
健全性診断技術、応用統計学、統計的機械学習
研究テーマ
統計的機械学習の基礎・応用研究
所属キャンパス
宇都宮キャンパス

教育方法・職務上の実績

職務上の実績
(公財)中部電気利用基礎研究振興財団 平成27年度出版助成「学習サンプル特有の標本マハラノビス距離に関する確率分布の偏り」の論文投稿に対する出版助成 (2015)
http://www006.upp.so-net.ne.jp/refec/refecnews9.pdf

第12回(2002年春季)応用物理学会講演奨励賞 受賞
https://www.jsap.or.jp/activities/award/lecture/dai12kai.html

著書・論文

区分 発行年月、著書・論文名、発行元
論文

菊元大地, 小林靖之

変調光と位相検波器を用いたモジュール内セル電圧の推定

2017年03月05日 | 平成29年電気学会全国大会講演論文集, 7-019 

博士論文

小林靖之

標本マハラノビス距離の識別性能改善に関する研究

2017年03月03日 | 帝京大学大学院理工学研究科 

論文

Yasuyuki Kobayashi

A Corrector for the Sample Mahalanobis Distance Free from Estimating the Population Eigenvalues of Covariance Matrix

2016年09月30日 | A. Hirose et al. (Eds.): ICONIP 2016, Part II, LNCS 9948, pp. 224-232, Springer Verlag (2016). 
https://doi.org/10.1007/978-3-319-46672-9_26 

論文

Yasuyuki Kobayashi

Effects of Numerical Errors on Sample Mahalanobis Distances

2016年05月01日 | IEICE TRANSACTIONS on Information and Systems, Vol. E99-D No.5, pp.1337-1344 (2016),
http://doi.org/10.1587/transinf.2015EDP7348 

論文

青木克之, 小林靖之

太陽電池モジュールシミュレータによるモジュール内逆バイアス電圧の推定

2016年03月05日 | 平成28年電気学会全国大会講演論文集, 7-025,
http://id.nii.ac.jp/1031/00090057/ 

論文

山崎光, 小林靖之

救急車内での聴診支援を目指した独立成分分析によるノイズ低減技術の研究

2016年03月05日 | 平成28年電気学会全国大会講演論文集, 3-001,
http://id.nii.ac.jp/1031/00089132/ 

論文

Hikaru Yamazaki and Yasuyuki Kobayashi

Study of Using Independent Component Analysis to Remove Noise that Affects the Auscultation

2015年11月30日 | Proceedings of International Conference of u-Healthcare 2015, pp. 16-17&110, P2-06 (2015) 

論文

Yasuyuki Kobayashi

A Simplified Corrector for the Sample Mahalanobis Distance

2015年11月30日 | Proceedings of International Conference of u-Healthcare 2015, pp.16&109, P2-05 (2015) 

論文

小林靖之

Q統計量における0値の母固有値に当たる主成分項の従う近似分布

2015年11月18日 | 電子情報通信学会技術報告(2015), vol. 115, no. 323, pp. 1-7 (IBISML2015-52),
http://www.ieice.org/ken/paper/20151126wbEa/ 

論文

山崎光、芳谷直治、小林靖之

ペットボトルロケットの作成工程簡易化の研究 -カンタンに作れるペットボトルロケットをめざして-

2015年08月21日 | 日本科学教育学会年会論文集39巻418-419頁(2015)
http://jglobal.jst.go.jp/detail/?JGLOBAL_ID=201602225522700730 

論文

小林靖之

学習サンプル特有の標本マハラノビス距離に関する確率分布の偏り

2015年04月01日 | 電子情報通信学会論文誌D Vol. J98-D, No.4, pp.548-559 (2015),
http://search.ieice.org/bin/summary.php?id=j98-d_4_548 

論文

小林靖之, 橋爪悠, 飽本一裕

太陽電池モジュールにおけるホットスポットと逆バイアス電圧の関係

2015年03月05日 | 平成27年電気学会全国大会講演論文集, 7-043,
http://id.nii.ac.jp/1031/00081948/ 

論文

山崎光、小林靖之

聴診に影響を与えるノイズ除去のための独立成分分析を用いた研究

2015年03月02日 | 電気学会研究発表会資料 ETG-15-47,ETT-15-47,pp.135-138,(2015) 

論文

小林靖之

標本マハラノビス距離における数値誤差の影響

2015年02月26日 | 電子情報通信学会技術報告(2015), vol. 114, no. 502, pp. 39-46 (IBISML2014-90),
http://www.ieice.org/ken/paper/201503059BZI/ 

論文

山崎光(小林靖之が著者でないが教員として執筆指導)

複数混合生体信号に対する独立成分分析を用いた異常予兆検出の研究

2014年12月06日 | 大学コンソーシアムとちぎ「第11回学生&企業研究発表会」予稿集pp.104-105,(発表番号4-10) 

論文

小林靖之

標本マハラノビス距離の主成分要素の確率分布の近似モデル

2014年11月10日 | 電子情報通信学会技術報告(2014) Vol.114 No.306 pp.17-24 (IBISML2014-37),
http://www.ieice.org/ken/paper/20141117HBs5/ 

論文

小林靖之

デルタ法による標本マハラノビス距離の簡便な補正法の提案

2014年08月01日 | 電子情報通信学会論文誌 Vol. J97-D, No.8, pp.1228-1236 (2014),
http://search.ieice.org/bin/summary.php?id=j97-d_8_1228 

論文

小林靖之

標本マハラノビス距離における過学習現象の考察

2014年02月27日 | 電子情報通信学会技術研究報告(2014) Vol.113 No.476 p.p.23-30 (IBISML2013-70),
http://www.ieice.org/ken/paper/20140306uBkk/ 

論文

小林靖之

デルタ法による標本マハラノビス距離の簡便な補正法の提案

2013年08月26日 | 電子情報通信学会技術研究報告(2013), Vol.113 No.196 p.p.25-30 (IBISML2013-17,PRMU2013-37),
http://www.ieice.org/ken/paper/201309023Bff/ 

論文

小林靖之

MT法の項目診断における主成分分解の適用

2012年05月26日 | 日本品質管理学会 第98回研究発表会研究発表要旨集 (2012), p.p.221-224,
http://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201202282067920409&q=%22201201109026841947%22&t=0 

論文

小林靖之

MT法の原因診断における主成分分析適用の提案

2011年09月16日 | 日本機械学会関東支部ブロック合同講演会講演論文集 (2011), p.p.127-128,
http://ci.nii.ac.jp/naid/110009664064 

論文

Koji Satake and Yasuyuki Kobayashi

Modeling of microcrystalline silicon film deposition in a capacitively coupled radio-frequency plasma reactor

2005年01月15日 | Journal of Applied Physics, Vol. 97, No. 2, 023308 

論文

佐竹 宏次, 小林 靖之

プラズマCVDシリコン成膜における反応動力学シミュレーション

2004年03月25日 | 第53回理論応用力学講演会 講演論文集 セッションID: 3B1,
http://doi.org/10.11345/japannctam.53.0.114.0 

論文

Y. Kobayashi, K. Satake, S. Sakai, N. Yamashita, and Y. Yonekura

Numerical Analysis of Texture Structure to Improve Optical Confinement in Thin Film Solar Cells

2004年 | Proceedings of 19th European Photovoltaic Solar Energy Conference , (2004) pp.1516-1519  

論文

Yasuyuki Kobayashi and Koji Satake

Effects of Facet Growth and Nucleation on Microcrystalline Silicon by Numerical Model

2004年 | Mat. Res. Soc. Symp. Proc., Vol.808 (2004) A.9.29,
https://doi.org/10.1557/PROC-808-A9.29 

論文

Yasuyuki Kobayashi, Koji Satake, Shoji Morita and Yoshimichi Yonekura

Evaluations of Microcrystalline Silicon Cells

2003年 | Proceedings of 3rd World Conference on Photovoltaic Energy Conversion, (2003) 5LNC-01 

論文

Y. Kobayashi and K. Satake

Numerical Studies of Polycrystalline Silicon Film Growth

2003年 | Solid State Pheonomena, Vol.93 (2003) pp.405-410,
https://doi.org/10.4028/www.scientific.net/SSP.93.405 

論文

小林靖之、佐竹宏次、森田章二

薄膜結晶系Siの成長モデルを用いた膜物性評価の試み

2002年 | 応用物理学会第49回応用物理学関係連合講演会予稿集 27a-ZQ-4 

論文

小林靖之、野田武司、榊裕之

InAs量子ドットを含む量子井戸構造におけるキャリアの再分布と緩和課程

1998年09月 | 応用物理学会第59回応用物理学会学術講演会講演予稿集 17a-ZN-6 



ご利用にあたって
プライバシーポリシー
教職員専用
Copyright(C) 2006 Teikyo University. All Rights Reserved