帝京大学

 

阿部朝衛

帝京大学
文学部
史学科

阿部朝衛 教授 あべあさえい

Abe Asaei

連絡先

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

1977年03月

  

東北大学卒業

1979年03月

  

東北大学大学院文学研究科修士課程修了

1984年03月

  

東北大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学

1984年04月

  

法政大学文学部助手

1986年04月

  

帝京大学・法政大学非常勤講師

1988年04月

  

帝京大学講師  至現在

所属学会

日本考古学協会

日本考古学会

日本第四紀学会

日本文化財科学会

法政考古学会

日本旧石器学会

専門分野
日本考古学(旧石器時代・縄文時代)
研究テーマ
先史時代人の行動組織・文化(技術)伝承の方法
子どもをめぐる考古学(子どもの活動・社会的位置)
上記のため、発掘調査、石材資源環境調査、石器製作実験などを行っています。
所属キャンパス
八王子キャンパス

教育方法・職務上の実績

教育方法
考古学野外実習
 学内での講義・実習に加えて、野外での実習を行っています。2年に1度、新潟県荒川台遺跡の発掘調査を行い、地形・地層観察と同時に発掘調査技術の習得を目指しております。発掘を行わない年は、荒川台遺跡と関連付けての石材資源環境調査などを継続的に行っております。これまで新潟県全域、山形県、福島県などの河川流域を踏査し、石器材料に適した岩石の有無を検討しています。これらの資料は室内での実習や講義に用い、考古学の一連の研究過程を経験することによって、実践的な能力の獲得を目指しています。
職務上の実績
八王子市文化財審議委員
町田市文化財審議委員
国立歴史民俗博物館資料評価委員
日本考古学協会入会審査委員
発掘調査(北海道、岩手県、宮城県、福島県、新潟県など)
石器材料の資源環境調査(秋田県、山形県、福島県、新潟県、栃木県、群馬県、東京都、神奈川県、静岡県など)

著書・論文

区分 発行年月、著書・論文名、発行元
論文 単著

「新潟県荒川台遺跡第12次調査略報」

2011年02月28日 | 『帝京史学』26号 

著書 共著

『荒川台遺跡−1989年度調査−』

2002年05月12日 | 帝京大学文学部史学科 

論文 単著

「先史時代人の失敗と練習−石鏃と磨製石斧の分析から−」

2000年12月25日 | 『考古学雑誌』第86巻第1号1~26頁 

論文 単著

「細石刃生産技術の技能差」

2004年03月24日 | 『法政史学』第61号 32-54頁 

論文 共著

特集『先史時代の技術伝承方法・社会化』

2003年07月30日 | 『考古学ジャーナル』第504号 

論文 単著

「旧石器時代の技能差と技術伝承―新潟県荒川台遺跡の石刃技法を例として―」

2003年11月05日 | 『法政考古学』第30集 19-44頁 

論文 共著

「荒川台人の行動領域−黒曜石化学分析結果をもとに−」

2003年 | 『帝京史学』第18号39~79頁 

論文 単著

「先史時代における佐渡島の石材環境」

2006年02月 | 『帝京史学』 21号 1-42頁 

論文 単著

「旧石器時代人の利き手の研究法」

2007年05月 | 『日本考古学』 23号 1-18頁 

論文 単著

「道具の原材料と組織化」

2007年07月 | 『考古学ジャーナル』 560号 6-10頁 ニューサイエンス社 

論文 単著

「石器のメンテナンス(石鏃)」

2007年08月 | 『縄文時代の考古学』6 44-50頁 同成社 

論文 共著

「新潟県北部地域出土黒曜石製石器の化学分析」

2008年02月 | 『帝京史学』 23号 帝京大学史学科 

論文 単著

「石器製作の技能」

2008年03月 | 『芹沢長介先生追悼考古・民族・歴史学論集』 六一書房 

論文 単著

「遺跡形成における子供の役割」

2009年06月11日 | 『新潟県の考古学』Ⅱ 新潟県考古学会 

論文 単著

「新潟県南部における石器材料資源環境」

2010年02月28日 | 『帝京史学』 25号 



ご利用にあたって
プライバシーポリシー
教職員専用
Copyright(C) 2006 Teikyo University. All Rights Reserved