帝京大学

 

日暮 吉延

帝京大学
法学部
政治学科

日暮 吉延 教授 ひぐらし よしのぶ

HIGURASHI, Yoshinobu 

 

連絡先

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

1986年03月

  

立教大学法学部法学科卒業

1993年03月

  

立教大学大学院文学研究科史学専攻博士課程後期課程満期退学

1993年04月

  

鹿児島大学教養部専任講師

1994年04月

  

鹿児島大学教養部助教授

1997年04月

  

鹿児島大学法文学部助教授

2000年03月

  

博士(政治学)(論文/学習院大学大学院政治学研究科)

2003年03月

  

第32回吉田茂賞受賞(財団法人吉田茂国際基金主催)

2004年10月

  

鹿児島大学法文学部教授

2008年12月

  

第30回サントリー学芸賞(思想・歴史部門)受賞(サントリー文化財団主催)

2012年04月

  

帝京大学法学部教授

所属学会

1991年06月

日本政治学会

1999年08月

軍事史学会

1989年03月

The Society for Historians of American Foreign Relations

専門分野
日本政治外交史
所属キャンパス
八王子キャンパス

教育方法・職務上の実績

職務上の実績
日本学術振興会特別研究員等審査会専門委員・国際事業委員会書面審査員(2006年8月~2008年7月)

文部科学省教科用図書検定調査審議会専門委員(2008年4月~2009年3月)

大阪市特別参与(2013年6月~2016年3月)

文部科学省教科用図書検定調査審議会専門委員(2014年4月~2017年3月)

著書・論文

区分 発行年月、著書・論文名、発行元
書評 単著

「この3冊──『東京裁判』判決から70年」

2018年12月 | 『毎日新聞』2018年12月23日 

論文 単著

「東京裁判と国際政治」

2018年03月 | 外務省外交史料館編『外交史料館報』第31号 

論文 単著

「特集 東京裁判の真実 Q&A これだけは押さえておきたい基礎知識」

2017年12月 | 『歴史街道』2018年1月号・PHP研究所 

著書 単著

『東京審判』(中国語版、黄耀進・熊紹惟訳)

2017年03月 | 八旗文化(新北市・台湾) 

著書 単著

『東京裁判』 電子書籍版

2016年10月 | 講談社 

論文 単著

「東京裁判論争を読む」

2016年08月 | 保阪正康監修『日本史再検証 GHQとは何か』(別冊宝島2489)宝島社 

論文 単著

「東京裁判──『文明の裁き』と『勝者の裁き』と」

2016年08月 | 半藤一利監修『日本史再検証 終戦と戦後』(別冊宝島2488)宝島社 

著書 単著

『東京審判的國際關系──國際政治中的權力和規范』(中国語版、翟新・彭一帆訳)

2016年07月 | 上海交通大學出版社(東京審判研究叢書、上海・中国) 

論文 共著

「徹底比較 東京裁判 vs. ニュルンベルク裁判」(芝健介・日暮吉延共著)

2015年08月 | 『文藝春秋SPECIAL』2015年秋号・文藝春秋 

書評 単著

「ニュルンベルク裁判を読む」

2015年08月 | 『公明新聞』2015年8月3日 

論文 単著

「東京裁判の遺産」

2015年08月 | 『大人のための昭和史入門』(半藤一利・船橋洋一ほか共著)文藝春秋(文春新書) 

論文 単著

「東京裁判」

2015年06月 | 東郷和彦・波多野澄雄編『歴史問題ハンドブック』岩波書店(岩波全書) 

論文 単著

「戦争裁判の遺産と限界」

2015年02月 | 『文藝春秋SPECIAL』2015年春号・文藝春秋 

論文 単著

「戦犯処罰と国際秩序」

2013年11月 | 北岡伸一監修『歴史のなかの日本政治』第4巻(細谷雄一編『グローバル・ガバナンスと日本』)中央公論新社 

論文 単著

「靖国神社と戦犯──合祀に至る道」(english version: Yoshinobu Higurashi, "Yasukuni and the Enshrinement of War Criminals," 2013.11.25, in-depth nippon.com)

2013年08月 | ニッポンドットコムnippon.com(日本情報多言語発信サイト) 

論文 単著

「東京裁判──その実体を検証する」

2011年05月 | 筒井清忠編『新昭和史論』ウェッジ(ウェッジ選書) 

論文 単著

「国際法における侵略と自衛──信夫淳平『交戦権拘束の諸条約』を読む」

2011年03月 | 鹿児島大学法学会編『法学論集』第45巻2号 

論文 単著

「東京裁判──昭和の戦争の帰着点」

2010年04月 | 筒井清忠編『解明・昭和史』朝日新聞出版(朝日選書) 

論文 共著

The Tokyo War Crimes Trial at Sixty: Legacies and Reassessment (co-authored with Yuma Totani, Mike Mochizuki and Daqing Yang)

2009年12月 | Asian Voices Seminar Series Transcript, 23 March 2009, Sasakawa Peace Foundation USA. 

論文 単著

「東京裁判と日本の対応──『国家』と『個人』」

2008年12月 | 軍事史学会編『軍事史学』第44巻3号・錦正社 

論文 単著

「解説」

2008年12月 | 武藤章『比島から巣鴨へ』中央公論新社(中公文庫) 

著書 共著

『東京裁判を正しく読む』(牛村圭・日暮吉延共著)

2008年10月 | 文藝春秋(文春新書) 

論文 共著

「新・東京裁判」(半藤一利・保坂正康・戸部良一・御厨貴・福田和也・日暮吉延共著)

2008年09月 | 『文藝春秋』2008年10月号・文藝春秋 

論文 単著

「東京裁判と三人の判事──パトリック、ウェッブ、パルと判決の行方」

2008年07月 | 『歴史読本』2008年9月号・新人物往来社 

著書 単著

『東京裁判』(第30回サントリー学芸賞受賞)

2008年01月 | 講談社(講談社現代新書) 

論文 共著

「『東京裁判』の“光と闇”」(牛村圭・日暮吉延・仲正昌樹共著)

2007年04月 | 『諸君!』2007年5月号・文藝春秋 

論文 単著

「解説」

2007年03月 | 児島襄『東京裁判』下巻(改版)・中央公論新社(中公文庫) 

論文 単著

「対日講和条約発効以前における戦犯釈放」

2004年12月 | 2001~2004年度科学研究費補助金研究成果報告書・基盤研究(C)2 

著書 単著

『東京裁判の国際関係──国際政治における権力と規範』(第32回吉田茂賞受賞)

2002年11月 | 木鐸社 

論文 単著

「『正義』と『慈悲』──講和後の戦犯釈放と日米関係」

2001年03月 | アメリカ学会編『アメリカ研究』第35号 

論文 単著

「合衆国と対日戦犯裁判の終結」

2000年11月 | 史学会編『史学雑誌』第109編11号 

論文 単著

「東京裁判の訴願問題」

1999年09月 | 軍事史学会編『軍事史学』第35巻2号・錦正社 

論文 単著

「両世界大戦における戦争犯罪問題 1914─1945」

1998年12月 | 1996~1998年度文部省科学研究費補助金研究成果報告書・基盤研究(C)2 

論文 単著

「『文明の裁き』が遺した怨恨」

1998年10月 | 『This is 読売』1998年10月号・読売新聞社 

論文 単著

「検察の論理と裁判の展開」

1997年10月 | 五十嵐武士・北岡伸一編『[争論]東京裁判とは何だったのか』・築地書館 

訳書 共同

マヤ・トデスキーニ編(日暮吉延ほか訳)『核時代に生きる私たち──広島・長崎から50年』

1995年08月 | 時事通信社 

監修書 単独

ジョン・ルース著(日暮吉延監修・山田寛訳)『スガモ尋問調書』

1995年08月 | 読売新聞社 

論文 単著

「東京裁判の弁護側──日本人弁護団の成立とアメリカ人弁護人」

1993年09月 | 鹿児島大学教養部編『鹿児島大学社会科学雑誌』第16号 

論文 単著

「パル判決再考──東京裁判における別個意見の国際環境」

1993年04月 | 伊藤隆編『日本近代史の再構築』・山川出版社 

訳書 単独

アーノルド・ブラックマン著(日暮吉延訳)『東京裁判――もう一つのニュルンベルク』

1991年08月 | 時事通信社 

論文 単著

「極東国際軍事裁判所構成国の条件――インド裁判官任命問題をめぐって」

1990年10月 | 日本国際政治学会編『国際政治』第95号・有斐閣 

論文 単著

「連合国の極東主要戦争犯罪裁判に関する基本政策──『SWNCC57/3』から『FEC007/3』へ」

1989年08月 | 日本歴史学会編『日本歴史』第495号・吉川弘文館 



ご利用にあたって
プライバシーポリシー
教職員専用
Copyright(C) 2006 Teikyo University. All Rights Reserved