帝京大学

 

小川 充洋

帝京大学
理工学部
情報電子工学科

小川 充洋 講師 おがわ みつひろ

Mitsuhiro Ogawa

小さな成功も積み重なれば大きな成功になります。一歩ずつ成長し、立派な社会人を目指しましょう。

連絡先

メールアドレス

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

1992年03月

  

早稲田大学理工学部機械工学科卒業

1994年03月

  

早稲田大学大学院理工学研究科機械工学専攻修士課程修了(工学修士)

1998年03月

  

東京医科歯科大学大学院医学研究科博士課程修了(博士(医学))

1998年04月

  

(財)長寿科学振興財団リサーチ・レジデント

1999年04月

  

国立療養所中部病院長寿医療研究センター流動研究員

1999年09月

  

東京医科歯科大学生体材料工学研究所システム研究部門助手

2005年07月

  

Microvitae Technologies社(フランス共和国)R&D Department

2006年08月

  

金沢大学研究員

2010年01月

  

金沢大学理工学研究域博士研究員

2012年04月

  

帝京大学理工学部ヒューマン情報システム学科講師

所属学会

日本生体医工学会

IEEE

DiGRA(日本デジタルゲーム学会)

専門分野
医用生体工学、計測工学、福祉工学
研究テーマ
非侵襲生体計測法の研究, 生体組織培養系の非破壊検査法の研究, 福祉支援機器・装置の開発
所属キャンパス
宇都宮キャンパス

教育方法・職務上の実績

教育方法
小さい成功体験の積み重ねで大きな成果を!
職務上の実績
日本生体医工学会代議員(2012-2014)
計測自動制御学会ライフエンジニアリング部門・ライフエンジニアリング部門シンポジウム2014実行委員 (2014年9月17〜19日)
日本デジタルゲーム学会編集委員(2016-

Guest Editor: Sensors and materials, Volume 24 (2012) Number 6, Special Issue on Multiscale-Oriented Bioinstrumentation (http://myukk.org/Vol24-6.html)

Technical Program Committees, 2016 International Conference on Computational Biology and Biological Engineering-ICCBB 2016

著書・論文

区分 発行年月、著書・論文名、発行元
国際会議招待講演

Mitsuhiro Ogawa

New application of physiological measurement and its interpretation; biosignal usage in amusement field

2016年07月30日 | 2016 International Conference on Computational Biology and Biological Engineering (ICCBB 2016) 

講演

小川充洋

Biofeedback revisited? ゲームプレイ中の生体情報計測とその解釈への挑戦

2016年08月25日 | Computer Entertainment Developers Conference 2016 (CEDEC2016) 

解説

小川充洋

生体計測のデジタルゲーム評価への応用と、ゲーム評価のための生体計測系の開発を目指して

2016年04月 | デジタルゲーム学研究, vol.8, no. 1-2 

国際会議

M Ogawa, et al.

Smart Phone and Smart Tablet Application for Supporting Color-blindness in Matching Pair of Socks with Different Colors

2015年12月 | 12th international conference on ubiquitous healthcare (u-Healthcare2015) 

学会発表

小川充洋

非侵襲生体計測を用いたデジタルゲーム中のeustress評価システム構築の基礎的検討-特にゲーム中のイベントとストレス反応に関して-

2016年02月 | 日本デジタルゲーム学会2015年度年次大会 

学会発表

小川充洋

非侵襲生体計測によるゲーム中のeustress (ユーストレス)評価システム構築のための基礎的検討

2015年08月 | 日本デジタルゲーム学会第4回夏季研究発表大会 

国際会議

M. Ogawa, et al.

Educational Material and Manufacturing Minded Class and Course of Biomedical Instrumentation Development for Undergraduate Students

2015年03月 | Procs of 4th International Conference on Medical Information and Bioengineering (ICMIB 2015)  

論文

Ogawa M: Preliminary Study of Human Friendly Interface for ICT-supported Healthcare using Augmented Reality Technology

2013年 | 生体医工学, Vol. 51 (2013), http://dx.doi.org/10.11239/jsmbe.51.R-311 

国際会議

Development of Educational Material and Manufacturing Minded Course of Biomedical Instrumentation for Undergraduate Students

2013年09月12日 | The International Symposium on Interdisciplinary Research and Education on Medical Device Developments (IREMD)  

著書

Ogawa M, Yamakoshi T, Matsumura K, Motoi K, Yamakoshi K: Non-invasive in vivo blood glucose measurement technique using near-infrared spectroscopy

2012年 | Wu J Ed, Biomedical Engineering and Cognitive Neuroscience for Healthcare: Interdisciplinary Applications, IGI Gloval 

著書

小川充洋: 健康・医療情報のデータ集積化デバイス技術

2006年 | シーエムシー出版 

著書

Tamura T, Togawa T, Ogawa M, Yamakoshi K: Fully automated health monitoring at home

1998年 | Gerontechnology ( Eds. Graafmans, Taipale V, Charness N) IOS Press 

論文

Ogawa M, Yamakoshi T, Motoi K, Yamakoshi K, “in vivo and in vitro Blood constituents measurement using near infrared spectroscopy,”

2012年 | Sensors and Materials, 24 

国際会議

Ogawa M, Motoi K, Yamakoshi T, Nogawa M, Yamakoshi Y, Shibata M, Yamakoshi K, A new proposal of tailored bioinstrumentation using rapid prototyping and three-dimensional CAD

2011年 | In Roc. of 33rd annual international conference of the IEEE engineering in medicine and biology society 

論文

Ogawa M, Yamakoshi Y, Yamakosi T, Yamakoshi K,“Determination of concentrations of human serum albumin in phosphate buffer solutions using near-infrared spectroscopy in the region of 750-2500 nm”

2010年 | The Internet Journal of Bioengineering, 4(2) 

論文

Ogawa M, Nogawa M, Yamakoshi T, Yamakoshi K. Evaluation of cardiovascular stress reaction using HPCD method on a beat-by-beat Basis

2010年 | Advances in Natural Science, 3(2) 

論文

野本大貴, 小川充洋, 山越康弘, 野川雅道, 山越健弘, 本井幸介, 田中志信, 山越憲一, サポートベクターマシンによる非線形回帰を用いた新たなパルスオキシメトリの校正法の試み

2009年 | 信学技報, 109(50) 

国際会議招待講演

Ogawa M, Togawa T: Attempts at Monitoring Health Status in the Home

2000年 | In Proc. of 1st annual international IEEE-EMBS special topic conference on microtechnologies in medicine and biology 

論文

Ogawa M, Tamura T, Togawa T: Fully Automated Physiological Data Simultaneous Acquisition System For Home Health Monitoring

1998年 | Telemedicine Journal, 4 



ご利用にあたって
プライバシーポリシー
教職員専用
Copyright(C) 2006 Teikyo University. All Rights Reserved