帝京大学

 

榎元 廣文

帝京大学
理工学部
バイオサイエンス学科

榎元 廣文 講師 えのもと ひろふみ

ENOMOTO HIROFUMI

大学では自由な時間がたくさんありますが、それと同じくらい、いろいろな学問に触れる機会があります。少しでも興味のある学問を見つけたら、熱心に打ち込んでみてください。きっと、面白いことが見つかると思います。

連絡先

メールアドレス
電話番号 028-627-7312

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

2008年04月

  

日本学術振興会 特別研究員DC2(鹿児島大学)

2009年03月

  

鹿児島大学大学院連合農学研究科生物資源利用科学専攻 修了 博士(農学)

2009年04月

  

日本学術振興会特別研究員PD(鹿児島大学)

2010年04月

  

浜松医科大学分子イメージング先端研究センター 特任研究員

2011年04月

  

帝京大学理工学部バイオサイエンス学科 助教

2013年04月

  

帝京大学理工学部バイオサイエンス学科 講師

2018年04月

  

帝京大学先端機器分析センター(兼任)

所属学会

2005年

日本畜産学会

2006年

日本酪農科学会

2006年

日本食品科学工学会

2010年

日本農芸化学会

2013年

日本質量分析学会

2017年

植物化学調節学会

2018年

日本食肉研究会

専門分野
食品化学、質量分析
研究テーマ
〇食品由来の栄養・機能性成分、および植物生理活性物質のイメージング質量分析による局在解析とその生理的意義に関する研究
所属キャンパス
宇都宮キャンパス

教育方法・職務上の実績

教育方法
【担当科目】
<学部>
・食品科学1
・生物資源利用学
・情報基礎1
・化学1
・バイオテクノロジー入門(分担)
・生命科学特論(分担)
・バイオサイエンス基礎実験(分担)
・食品科学実験(分担)
・環境衛生学実験(分担)
・バイオサイエンス特別実験2
・卒業研究
・修論研究

<大学院>
・食品分析学
職務上の実績
【科研費・競争的資金・共同研究】
1. 受託研究費 キユーピー株式会社 「卵白ペプチドの配列解析」
 平成28-29年度

2. 科研費基盤B(分担)「酵素処理卵白に由来する脂肪酸合成酵素阻害ペプチドの機能とその応用」
 平成26-29年度.

3. 私立大学戦略的研究基盤形成事業(共同)「植物オキシリピンの生理機能の解明とその応用」
 平成25-29年度.

4. 科研費若手B(代表)「卵黄脂質の時空間的な解析」 
 平成24-25年度

5. 浦上食品・食文化振興財団研究助成(代表)「熟成肉の美味しさに関する研究ー代謝物の時空間的な解析ー」 
 平成23年度

6.科研費特別研究員奨励費(代表)「乾燥加熱を利用した糖リン酸化によるホエータンパク質の高機能化」
 平成20-21年度

【特許】
特願2012-167536 卵白アルブミン分解物を含有する脂質代謝改善剤(大塚彰、藤田弘志、榎元廣文)

【受賞】
日本農芸化学会2011年度大会トピックス賞「卵黄中の新規構造の発見」

【講演】
・「イチゴ中の美味しさ関連成分の局在可視化」
とちぎフードイノベーション戦略推進地域 平成29年度 成果報告会、2018年3月22日
・「イメージング質量分析法による脂質の局在解析」
第17回基準油脂分析試験法セミナー、2017年10月19-20日

【新聞報道】
「卵黄中の新規構造を発見」 科学新聞2011年3月25日

【免許】
高等学校教諭専修(農業)
高等学校教諭一種(理科)

【資格】
食品衛生監視員
食品衛生管理者

【その他】
・宇都宮大学COC+事業 運営委員 平成27年度-現在
・日本畜産学会第119回大会実行委員 平成26年度
・ 宇都宮大学大学院農学研究科 動物生産学講座 「平成26年度修士論文中間報告会」 外部アドバイザー講師 平成26年6月
・ 鹿児島大学農学部食品機能化学講座 集中講義「食品機能化学特別講義」 非常勤講師 平成25年8月
・ 鹿児島大学大学院農学研究科セミナー講演 「イメージングMSによる食品成分の可視化」 平成25年8月 

著書・論文

区分 発行年月、著書・論文名、発行元
論文

Yu Wang, Hirofumi Enomoto, Jufang Shen, Hajime Hatta

Effect of Egg White Hydrolysates on the Shrinkage, Cooking Loss and Texture of Pork Meat Slices

| Advance Journal of Food Science and Technology, In press 

論文

Hirofumi Enomoto*, Takuya Sensu, Emi Yumoto, Takao Yokota, and Hisakazu Yamane (*corresponding author)

Derivatization for detection of abscisic acid and 12-oxo-phytodienoic acid using matrix-assisted laser desorption/ionization-imaging mass spectrometry

2018年08月 | Rapid Communications in Mass Spectrometry, 32, 1565-1572. 

論文

Chien-Hsiang NI, Chih-Shang LEE, Fu-Yuan CHUAN, Hirofumi ENOMOTO, Shiro TAKEDA, Liang-Chuan LIN, Ryoichi SAKATA

Investigation of the chemical composition and functional proteins of chicken gizzard inner lining

2018年 | Food Science and Technology Research, In press 

論文

Enomoto Hirofumi*, Sato Kei, Miyamoto Koji, Ohtsuka Akira, Yamane Hisakazu. (*corresponding author)

Distribution analysis of anthocyanins, sugars, and organic acids in strawberry fruits using matrix-assisted laser desorption/ionization-imaging mass spectrometry

2018年04月 | Journal of Agricultural and Food Chemistry, 66(19), 4958-4965. 

論文

Yu-Tse Liu, Fu-Yuan Cheng, Shiro Takeda, Hirofumi Enomoto, Gow-Chin Yen, Liang-Chuan Lin and Ryoichi Sakata.

Production, Analysis and in Vivo Antihypertensive Evaluation of Novel Angiotensin-I-converting Enzyme Inhibitory Peptides from Porcine Brain.

2018年 | Food Science and Technology Research, 24 (3), 541-550, 2018. 

論文

Hirofumi Enomoto*, Takuya Sensu, Kei Sato, Futoshi Sato, Thanai Paxton, Emi Yumoto, Koji Miyamoto, Masashi Asahina, Takao Yokota & Hisakazu Yamane. (*corresponding author)

Visualisation of abscisic acid and 12-oxo-phytodienoic acid in immature Phaseolus vulgaris L. seeds using desorption electrospray ionisation-imaging mass spectrometry

2017年02月17日 | Scientific Reports, 7:42977 

論文

Jinping Zhao, Hui Zhao, Xiaoyan Wang, Rong Huang, Hirofumi Enomoto, Zhikun He, Can-Peng Li.

Characteristics and Enhanced Antioxidant Activity of Egg White Protein Selenized by Dry-Heating in the Presence of Selenite

2013年05月27日 | Journal of Agricultural and Food Chemistry 

論文

Yoshimura Y, Enomoto H, Moriyama T, Kawamura Y, Setou M, Zaima N.

Visualization of anthocyanin species in rabbiteye blueberry Vaccinium ashei by matrix-assisted laser desorption/ionization imaging mass spectrometry.

2012年03月08日 | Analytical and Bioanalytical Chemistry, 403, 1885-95  

論文

Zaima N, Sasaki T, Tanaka H, Cheng X W, Onoue K, Hayasaka T, Goto-Inoue N, Enomoto H, Unno N, Kuzuya M, Setou M.

Imaging mass spectrometry-based histopathologic examination of atherosclerotic lesions.

2011年08月 | Atherosclerosis 

論文

Zaima Nobuhiro, Goto-Inoue Naoko, Hayasaka Takahiro, Enomoto Hirofumi, Setou Mitsutoshi.

Authenticity assessment of beef origin by principal component analysis of matrix-assisted laser desorption/ionization mass spectrometric data.

2011年 | Analytical and Bioanalytical Chemistry  

論文

Enomoto Hirofumi, Sugiura Yuki, Setou Mitsutoshi, Zaima Nobuhiro.

Visualization of phosphatidylcholine, lysophosphatidylcholine and sphingomyelin in mouse tongue body by matrix-assisted laser desorption/ionization imaging mass spectrometry.

2011年 | Analytical and Bioanalytical Chemistry  

著書

榎元廣文,井上菜穂子,瀬藤光利,財満信宏.

農作物中の代謝物の質量顕微鏡法による解析

2010年 | 食品加工技術 

論文(総説)

Li Can-Peng, Enomoto Hirofumi, Hayashi Yoko, Zhao Hui, Aoki Takayoshi. 

Recent advances in phosphorylation of food proteins: A review.

2010年 | LWT-Food Science and Technology  

論文

Li Can-Peng, Chen Deyi, Peng Jianlin, Enomoto Hirofumi, Hayashi Yoko, Li Cong, Ou Lingcheng, Aoki Takayoshi.

Improvement of functional properties of whey soy protein phosphorylated by dry-heating in the presence of pyrophosphate.

2010年 | LWT-Food Science and Technology  

論文

Enomoto Hirofumi, Ishimaru Takayuki, Li Chan-Peng, Hayashi Yoko, Matsudomi Naotoshi, Aoki Takayoshi.

Phosphorylation of ovalbumin by dry-heating in the presence of pyrophosphate: Effect of carbohydrate chain on the phosphorylation level and heat stability.

2010年 | Food Chemistry  

論文

Hayashi Yoko, Nagano Saori, Enomoto Hirofumi, Li Can-Peng, Sugimoto Yasushi, Ibrahim Hisham R., Hatta Hazime, Takeda Chieno.

Improvement of foaming property of egg white protein by phosphorylation through dry-heating in the presence of pyrophosphate.

2009年 | Journal of Food Science  

著書

青木孝良,榎元廣文,林葉子

リン酸化による食品タンパク質の機能特性の改善

2009年 | フードリサーチ 

論文

Li Can-Peng, Hayashi Yoko, Enomoto Hirofumi, Hu Fangyu, Sawano Yoriko, Tanokura Masaru, Aoki Takayoshi.

Phosphorylation of proteins by dry-heating in the presence of pyrophosphate and some characteristics of introduced phosphate groups.

2009年 | Food Chemistry  

論文

Enomoto Hirofumi, Nagae Shiho, Hayashi Yoko, Li Can-Peng, Ibrahim Hisham R., Sugimoto Yasushi, Aoki Takayoshi.

Improvement of functional properties of egg white protein through glycation and phosphorylation by dry-heating.

2009年 | Asian-Australasian Journal of Animal Science.  

論文

Enomoto Hirofumi, Hayashi Yoko, Li Can-Peng, Ohki Shiniti, Ohtomo Hideo, Shiokawa Masayuki, Aoki Takayoshi.

Glycation and phosphorylation of α-lactalbumin by dry-heating: Effect on protein structure and physiological functions.

2009年 | Journal of Dairy Science  

論文

Enomoto Hirofumi, Li Can-Peng, Morizane Kentaro, Ibrahim Hisham R., Sugimoto Yasushi, ..., Aoki Takayoshi.

Improvement of functional properties of bovine serum albumin through phosphorylation by dry-heating in the presence of pyrophosphate.

2008年 | Journal of Food Science  

論文

Hayashi Yoko, Li Can-Peng, Enomoto Hirofumi, Ibrahim Hisham R., Sugimoto Yasushi, Aoki Takayoshi.

Improvement of functional properties of ovotransferrin by phosphorylation through dry-heating in the presence of pyrophosphate.

2008年 | Asian-Australasian Journal of Animal Science  

論文

Enomoto Hirofumi, Li Can-Peng, Morizane Kentaro, Ibrahim Hisham R., Sugimoto Yasushi, Ohki Shiniti, Ohtomo Hideo, Aoki Takayoshi.

Glycation and phosphorylation of β-lactoglobulin by dry-heating: Effect on protein structure and some properties.

2007年 | Journal of Agricultural and Food Chemistry 

著書

李ソウ鵬,林葉子,榎元廣文,八田一,青木孝良.

リン酸塩存在下での乾燥加熱による食品タンパク質のリン酸化・多機能化

2006年 | New Food Industry  

論文

Li Can-Peng, Enomoto Hirofumi, Ohki Shiniti, Ohtomo Hideo, Aoki Takayoshi.

Improvement of functional properties of whey protein isolate through glycation and phosphorylation by dry-heating.

2005年 | Journal of Dairy Science  



ご利用にあたって
プライバシーポリシー
教職員専用
Copyright(C) 2006 Teikyo University. All Rights Reserved