帝京大学

 

高山 優子

帝京大学
理工学部
バイオサイエンス学科

高山 優子 准教授 たかやまゆうこ

Yuko TAKAYAMA

大学では自分の興味のあることにのめりこんでみよう。
そのように過ごした時間は、将来きっと役に立つ。

連絡先

メールアドレス
電話番号 028-627-7242

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

2001年03月23日

  

総合研究大学院大学 遺伝学専攻 修了
博士(理学)

2003年04月

  

久留米大学 分子生命科学研究所 ポスドク

2009年04月

  

久留米大学 分子生命科学研究所 助教

2012年06月01日

  

帝京大学 理工学部 バイオサイエンス学科 助教

2013年04月01日

  

帝京大学 理工学部 バイオサイエンス学科 講師

2018年04月01日

  

帝京大学 理工学部 バイオサイエンス学科 准教授

所属学会

日本分子生物学学会

酵母遺伝学フォーラム

染色体ワークショップ

核ダイナミクス研究会

専門分野
遺伝学、分子細胞生物学
研究テーマ
染色体維持機構の分子解明
所属キャンパス
宇都宮キャンパス

教育方法・職務上の実績

職務上の実績
科研費

基盤研究(C) H28- 代表 DNA複製異常が引き起こすヒストン転写抑制システムの分子解明

基盤研究(C) H25-28 代表 転写活性欠失型ヒストン転写因子がもつ分子特性の解明

若手研究(B) H22-24 代表 CENP-Aのセントロメア局在化のバックアップ機構の解明

若手研究(B) H20-21 代表 重複しているヒストン遺伝子はすべて等価なのだろうか

特別研究奨励費(PD) H16-19 代表 セントロメア構築に関わるGATA転写因子のS期機能解明とその標的遺伝子の同定

科研費以外

内藤記念女性研究者研究助成金 H26-28 代表 染色体安定維持に必要なS期ヒストン転写制御の分子機構

武田科学振興財団 ライフサイエンス研究奨励 H24-25 代表 ヒストンバリアントCENP-A転写制御とセントロメア構築における役割

アステラス病態代謝研究会研究助成金 H24 代表 CENP-A転写変動がセントロメア形成に与える影響

アステラス病態代謝研究会研究助成金 H22 代表 S期進行モニターの分子解明

女性自然科学者研究助成金 H22 代表 S期終結に伴うヒストン発現抑制メカニズムの解明

著書・論文

区分 発行年月、著書・論文名、発行元
学術論文

Takayama Y., Shirai M., Masuda F.

Characterisation of functional domains in fission yeast Ams2 that are required for core histone gene transcription.

2016年 | Scientific Rep. 6:38111 

学術論文

Zhou ZX., Zhang MJ., Peng X., Takayama Y., Xu XY., Huang LZ., Du LL.

Mapping genomic hotspots of DNA damage by single-strand-DNA-compatible and strand-specific ChIP-seq method.

2013年 | Genome Res. 23:705-715 

学術論文

Sato, H.,Masuda, F., Takayama, Y.,Takahashi, K., Saitoh, S., Epigenetic Inactivation and Subsequent Heterochromatinization of a Centromere Stabilize Dicentric Chromosomes

2012年 | Curr Biol 

学術論文

Takayama, Y., Mamnun Y. M., Trickey M., Dhut S., Masuda F., Yamano H., Toda T., and Saitoh S. Hsk1- and SCF(Pof3)-dependent proteolysis of S. pombe Ams2 ensures histone homeostasis and centromere function

2010年 | Dev Cell 

著書

高山優子、登田隆、齋藤 成昭  ヒストン遺伝子はなぜS期特異的に転写制御されるのか?~GATA転写因子Ams2の分解を介した転写制御機構とその生理学的意義

2010年 | 実験医学 

学術論文

Takayama, Y., and Toda, T.  Coupling histone homeostasis to centromere integrity via the ubiquitin-proteasome system

2010年 | Cell Div 

学術論文

Takayama, Y., Sato, H., Saitoh, S., Ogiyama, Y., Masuda, F., and Takahashi, K.  Biphasic Incorporation of Centromeric Histone CENP-A in Fission Yeast.

2008年 | Mol. Biol. Cell 

学術論文

Takayama, Y., and Takahashi, K.  Differential regulation of repeated histone genes during the fission yeast cell cycle.

2007年 | Nucleic Acids Res.  

学術論文

Kudo, T., Fujii, T., Ikegami, S., Inokuchi, K., Takayama, Y., Ikehara, Y., Nishihara, S.,Togayachi, A.,et al.   Mice lacking alpha1,3-fucosyltransferase IX demonstrate disappearance of Lewis x structure in brain and increased anxiety-like behaviors.

2007年 | Glycobiology 

学術論文

Takahashi, K., Takayama, Y., Masuda, F., Kobayashi, Y., and Saitoh, S. Two distinct pathways responsible for the loading of CENP-A to centromeres in the fission yeast cell cycle.

2005年 | Philos. Trans. R. Soc. Lond. B. Biol. Sci. 

学術論文

Takayama, Y., Kamimura, Y., Okawa, M., Muramatsu, S., Sugino, A., and Araki, H.  GINS, a novel multiprotein complex required for chromosomal DNA replication in budding yeast.

2003年 | Genes Dev 

学術論文

Yamaguchi, T., Takahashi, H., Jinmei, H., Takayama, Y., and Saneyoshi, M.  Inhibition of vertebrate telomerases by the triphosphate derivatives of some biologically active nucleosides.

2003年 | Nucleosides Nucleotides Nucleic Acids  

学術論文

Kudo, T., Iwai, T., Kubota, T., Iwasaki, H., Takayama, Y.,et al. Molecular cloning and characterization of a novel UDP-Gal:GalNAc(alpha) peptide beta 1,3-galactosyltransferase (C1Gal-T2), an enzyme synthesizing a core 1 structure of O-glycan.

2002年 | J. Biol. Chem. 



ご利用にあたって
プライバシーポリシー
教職員専用
Copyright(C) 2006 Teikyo University. All Rights Reserved