帝京大学

 

古賀 仁一郎

帝京大学
理工学部
バイオサイエンス学科

古賀 仁一郎 教授 こが じんいちろう

Koga Jinichiro 

生命科学とは、自然界で創られた法則を解き明かす学問です。そのような学問に興味を持たれた方は是非チャレンジしてみて下さい。

連絡先

メールアドレス
電話番号 028-627-7111
FAX番号 028-627-7187

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

1985年03月

  

東京大学 農学部 農芸化学科 卒業

1985年04月

  

明治製菓(株) 食料開発研究所 入社

1994年03月

  

理学博士(東京大学)

2009年10月

  

明治製菓(株) 食料健康総合研究所 機能研究センター長

2011年04月

  

(株)明治 食機能科学研究所 機能性評価研究二部長

2012年11月

  

帝京大学理工学部バイオサイエンス学科 准教授

2017年04月

  

帝京大学理工学部バイオサイエンス学科 教授

所属学会

1991年04月

日本農芸化学会

専門分野
食品科学
応用微生物学
植物病理学
研究テーマ
機能性食品素材の研究
所属キャンパス
宇都宮キャンパス

教育方法・職務上の実績

教育方法
教育方法
講義や卒業論文研究を通して、現在学んでいる内容が産業面においてどのように活用されていくのかというイメージを描くことによって、できるだけ興味や関心が持てるような指導を心掛けたいと思います。  

2017年度担当教科
 食品科学Ⅱ
 基礎微生物学
 応用微生物学  
 微生物利用学
 生命科学特論
 食品科学実験
 環境衛生学実験
職務上の実績
【主な特許等】
1)【発明の名称】インドール酢酸生合成酵素をコードする遺伝子
【特許番号】第2574051号、US5336766、1994(米国特許)
【発明者】古賀仁一郎、足立堯、日高秀昌

2)【発明の名称】新規インドール-3-ピルビン酸デカルボキシラーゼおよびその製造法
【特許番号】第2598718号
【発明者】古賀仁一郎、足立堯、日高秀昌

3)【発明の名称】新規ファイトカサンELおよび稲病害防除剤
【特許番号】第2668200号
【発明者】古賀仁一郎、山内豊蔵、志村勝、小笠原長宏

4)【発明の名称】新規抗菌性テルペン化合物
【特許番号】第2780737号
【発明者】古賀仁一郎、山内豊蔵、志村勝、小笠原長宏

5)【発明の名称】抗菌性テルペン化合物の製造法
【特許番号】第2846598号
【発明者】古賀仁一郎、山内豊蔵、志村勝、小笠原長宏

6)【発明の名称】稲にファイトアレキシンの生成を誘導するエリシターのスクリーニング方法及び稲病害防除剤
【特許番号】第2846610号、US6146893、2000 (米国特許)
【発明者】古賀仁一郎、山内豊蔵、志村勝、小笠原長宏

7)【発明の名称】フミコーラ属微生物におけるタンパク質またはペプチドの大量生産系
【特許番号】特許第3593134号、US6403362、2002 (米国特許)
【発明者】守屋達樹、村島弘一郎、青柳薫、隅田奈緒美、渡辺学、浜谷徹、
     古賀仁一郎、河野敏明、村上健

8)【発明の名称】エンドグルカナーゼ酵素およびそれを含んでなるセルラーゼ製剤
【特許番号】US6159720、2000 (米国特許)
【発明者】村島弘一郎、浜谷徹、古賀仁一郎、河野敏明、守屋達樹、
     隅田奈緒美、青柳薫、村上健

9)【発明の名称】エンドグルカナーゼ酵素およびそれを含んでなるセルラーゼ調製物
【特許番号】US6921655、2005 (米国特許)
【発明者】中村裕子、守屋達樹、馬場裕子、矢内耕二、隅田奈緒美、西村智子、     村島弘一郎、中根公隆、矢口貴志、古賀仁一郎、村上健、河野敏明

10)【発明の名称】エンドグルカナーゼ酵素NCE5及びそれを含んでなるセルラーゼ調製物
【特許番号】US7138263、2006 (米国特許)
【発明者】村島弘一郎、隅田奈緒美、中根公隆、矢内耕二、西村智子、
古賀仁一郎、村上健、河野敏明

11)【発明の名称】セルロース結合領域を欠失した接合菌由来エンドグルカナーゼ酵素
【特許番号】EP1344820、2003 (欧州特許)
【発明者】中根公隆、馬場裕子、古賀仁一郎、窪田英俊

12)【発明の名称】非イオン界面活性剤を含有するセルラーゼ調製物及び繊維処理方法
【特許番号】US7109013 (米国特許)
【発明者】古賀仁一郎、中根公隆、馬場裕子、河野敏明

13)【発明の名称】還元剤を含有するセルラーゼ調製物及び繊維処理方法
【特許番号】US7138261 (米国特許)
【発明者】中根公隆、古賀仁一郎、窪田英俊

14)【発明の名称】エンドグルカナーゼSTCEおよびそれを含んでなるセルラーゼ調製物
【特許番号】US7595182 (米国特許)
【発明者】古賀仁一郎、馬場裕子、中根公隆、花村聡、西村智子、五味修一、
     窪田英俊、河野敏明

15)【発明の名称】ポリマーを含有するセルラーゼ調製物及び繊維処理方法
【特許番号】特許第4648536号
【発明者】村島弘一郎、西村智子、古賀仁一郎、河野敏明

16)【発明の名称】無機塩により安定化されたセルラーゼ調製物およびその製造方法
【特許番号】特許第4644363号
【発明者】村島弘一郎、西村智子、佐藤右一、古賀仁一郎、河野敏明

17)【発明の名称】ビフィズス菌増殖促進剤およびこれを含有する飲食品
【特許番号】特許第4748512号
【発明者】深澤朝幸、古賀仁一郎

18)【発明の名称】GPR43陽性・腸内分泌細胞増加促進剤
【特許番号】特許第5561639号
【発明者】桑原厚和、唐木晋一郎、後藤祥二、田代靖人、川島順市、古賀仁一郎

19)【発明の名称】タンパク質含有組成物、およびその製造法(カカオプロテインの製造法)
【特許番号】特許第5626817号
【発明者】古賀仁一郎、米倉久美子、田村一二、深澤朝幸、新榮麗英

著書・論文

区分 発行年月、著書・論文名、発行元
論文

Horie, K. et al. Identification of UV-induced diterpenes including a new diterpene phytoalexin, phytocassane F, from rice leaves by complementary GC/MS and LC/MS approaches.

2015年 | J. Agric. Food Chem. 63, 4050-4059 

論文

Toyomasu, T. et al. Reverse-genetic approach to verify physiological roles of rice phytoalexins: characterization of a knockdown mutant of OsCPS4 phytoalexin biosynthetic gene in rice.

2014年 | Physiol. Plant. 150, 55-62. 

論文

Oba, C., Ohara, H., Morifuji, M., Ito, K., Ichikawa, S., Kawahata, K., and Koga, J. Collagen hydrolysate intake improves the loss of epidermal barrier function and skin elasticity induced by UVB irradiation in hairless mice.

2013年 | Photodermatol. Photoimmunol. Photomed. 29, 204-211 

論文

Iida, H., Nakamura, Y., Matsumoto, H., Kawahata, K., Koga, J., and Katsumi, O. Differential effects of black currant anthocyanins on diffuser- or negative lens-induced ocular elongation in chicks.

2013年 | J. Ocul. Pharmacol. Ther. 29, 604-609 

論文

Kanda, A., Nakayama, K., Fukasawa, T., Koga, J., Kanegae, M., Kawanaka, K., and Higuchi, M. Post-exercise whey protein hydrolysate supplementation induces a greater increase in muscle protein synthesis than its constituent amino acid content.

2013年 | Br. J. Nutr. 110, 981-987 

論文

Kanda, A., Morifuji, M., Fukasawa, T., Koga, J., Kanegae, M., Kawanaka, K., and Higuchi M. Dietary whey protein hydrolysates increase skeletal muscle glycogen levels via activation of glycogen synthase in mice.

2012年 | J. Agric. Food Chem. 60, 11403–11408 

論文

Sano, A., Koshinaka, K., Natsuki, A., Morifuji, M., Koga, J., Kawasaki, E., and Kawanaka, K.   The effect of high-intensity intermittent swimming on post-exercise glycogen supercompensation in rat skeletal muscle.  

2012年 | J. Physiol. Sci. 62, 1-9 

論文

Endo, H., Tamura, K., Fukasawa, T., Kanegae, M., and Koga, J. Comparison of fructooligosaccharide utilization by Lactobacillus and Bacteroides species.

2012年 | Biosci. Biotechnol. Biochem. 76, 176-179 

論文

Morifuji, M. et al. Post-exercise ingestion of different amounts of protein affects plasma insulin concentration in Humans.

2012年 | Eur. J. Sport Sci. 12, 152-160 

論文

Hamada, H. et al.  Regulation of a proteinaceous elicitor-induced Ca2+ influx and production of phytoalexins by a putative voltage-gated cation channel, OsTPC1, in cultured rice cells.

2012年 | J. Biol. Chem. 287, 9931-9939 

論文

Sannohe, Y., Gomi, S., Murata, T., Ohyama, M., Yonekura, K., Kanegae, M., and Koga, J. A new glycosylated dihydrophaseic acid from cacao germs. (Theobroma cacao L.)

2011年 | Biosci. Biotechnol. Biochem. 75, 1606-1607 

論文

Yasuda, A., Natsume, M., Osakabe, N., Kawahata, K., and Koga, J. Cacao polyphenols influence the regulation of apolipoprotein in HepG2 and Caco2 cells.

2011年 | J. Agric. Food Chem. 59, 1470-1476 

論文

Nakamura, Y., Natsume, M, Yasuda, A., Ishizaka, M., Kawahata, K., and Koga, J.  Fructooligosaccharides suppress high-fat diet-induced fat accumulation in C57BL/6J mice.

2011年 | Biofactors  

総説

古賀 仁一郎  プレバイオティクスとしてのフラクトオリゴ糖の機能

2010年 | 食品と容器 51, 724-730 

論文

Fukasawa, T., Kamei, A., Watanabe, Y., Koga, J., Abe, K. Short-chain fructooligosaccharide regulates hepatic peroxisome proliferator-activated receptor α andfarnesoid X receptor target gene expression in rats.

2010年 | J. Agric. Food Chem. 58, 7007-7012 

論文

Morifuji, M., Kanda A., Koga, J., Kawanaka, K., and Higuchi, M. Post-exercise carbohydrate plus whey protein hydrolysates supplementation increases skeletal muscle glycogen level in rats.

2010年 | Amino Acids 38, 1109-1115 

論文

Fukasawa, T. et al. Identification of marker genes for lipid-lowering effect of a short-chain fructooligosaccharide by DNA microarray analysis.

2009年 | Journal of Dietary Supplements 6, 254-262 

論文

Okada, A., Okada, K., Miyamoto, K., Koga, J., Shibuya, N., Nojiri, H., and Yamane, H. OsTGAP1, a bZIP transcription factor, coordinately regulates the inductive production of diterpenoid phytoalexins in rice.

2009年 | J. Biol. Chem. 284, 26510-26518 

論文

Koga, J., Baba, Y., Shimonaka, A., and Kono, T. Purification and characterization of a new family 45 endoglucanase STCE1 from Staphylotrichum coccosporum, and its overproduction in Humicola insolens.

2008年 | Appl. Environ. Microbiol. 74, 4210-4217 

論文

Sannohe, Y., Fukasawa, T., Koga, J., Kubota, H., and Kanegae, M. Comparison of the growth of bfidobacteria in two culture media containing either 1-kestose (GF2) or nystose (GF3).

2008年 | Bioscience Microflora 27, 13-17 

総説

古賀仁一郎  胆汁酸やスフィンゴ脂質によるイネの病害抵抗性誘導

2007年 | バイオサイエンスとインダストリー 65, 16-19 

論文

Shimizu, T. et al. Effects of the bile acid elicitor, cholic acid, on the biosynthesis of diterpenoid phytoalexins in suspension-cultured rice cells.

2007年 | Phytochemistry 69, 973-981 

論文

Shimura, K.et al. Idntification of a biosynthetic gene cluster in rice for momilactones.

2007年 | J. Biol. Chem. 282, 34013-34018 

論文

Fukasawa, T. et al. Identification of marker genes for intestinal immunomodulating effect of a fructooligosaccharide by DNA microarray analysis. 

2007年 | J. Agric. Food. Chem. 55, 3174-3179 

論文

Shimonaka, A., Murashima, K., Koga, J., Baba, Y., Nishimura, T., Kubota,H., and Kono, T. Amino acid regions of family 45 endoglucanases involved in cotton defibrillation and in resistance to anionic surfactants and oxidizing agents.

2006年 | Biosci. Biotechnol. Biochem. 70, 2460-2466 

論文

Koga, J., Kubota, H., Gomi, S., Umemura, K., Ohnishi, M., and Kono, T. Cholic acid, a bile acid elicitor of hypersensitive cell death, pathogenesis-related protein synthesis, and phytoalexin accumulation in rice.

2006年 | Plant Physiol. 140, 1475-1483 

論文

Shimonaka, A., Koga, J., Baba, Y., Nishimura, T., Murashima, K., Kubota, H., and Kono, T. Specific characteristics of family 45 endoglucanases from Mucorales in the use of textile and laundry.

2006年 | Biosci. Biotechnol. Biochem. 70, 1013-1016 

論文

Baba, Y., Shimonaka, A., Koga, J., Kubota, H., and Kono, T.  Alternative splicing produces two endoglucanases with one or two carbohydrate-binding modules in Mucor circinelloides.

2005年 | J. Bacteriol. 187, 3045-3051 

論文

Shimonaka, A., Baba, Y., Koga, J., Nakane, A., Kubota, H., and Kono, T. Molecular cloning of a gene encoding endo-β-D-1,4-glucanase PCE1 from Phycomyces nitens.

2004年 | Biosci. Biotechnol. Biochem. 68, 2299-2305 

論文

Moriya, T., Murashima, K., Nakane, A., Yanai, K., Sumida, N., Koga, J., Murakami, T. and Kono, T. Molecular cloning of endo-β-D-1,4-glucanase genes, rce1, rce2, and rce3, from Rhizopus oryzae.

2003年 | J. Bacteriol. 185, 1749-1756 

著書

Koga, J. Structure, function, and biological activity of rice phytoalexins and elicitors.

2003年 | Plant-Derived Antimycotics Chaptor 23, p. 497-524 Haworth Press Inc., New York 

論文

Umemura, K., Ogawa, N., Yamauchi, T., Iwata, M., Shimura, M., and Koga, J. Cerebroside elicitors found in diverse phytopathogens activate defense responses in rice plants.

2000年 | Plant Cell Physiol. 41, 676-683 

論文

Koga, J., Yamauchi, T., Shimura, M., Ogawa, N., Oshima, K., Umemura, K., Kikuchi, M. and Ogasawara, N.  Cerebrosides A and C, sphingolipid elicitors of hypersensitive cell death and phytoalexin accumulation in rice plants.

1998年 | J. Biol. Chem. 273, 31985-31991 

論文

Koga, J., Oshima, K., Ogawa, N., Ogasawara, N., and Shimura, M. A new bioassay for measuring elicitor activity in rice leaves.

1998年 | Ann. Phytopathol. Soc. Jpn. 64, 97-101 

論文

Koga, J., Ogawa, N., Yamauchi, T., Kikuchi, M., Ogasawara, N. and Shimura, M. Functional moiety for the antifungal activity of phytocassane E, a diterpene phytoalexins from rice.

1997年 | Phytochemistry 44, 249-253 

論文

Furukawa, T., Koga, J., Adachi, T., Kishi, K. and Syono, K. Efficient conversion of L-tryptophan to indole-3-acetic acid and/or tryptophol by some species of Rhizoctonia.

1996年 | Plant Cell Physiol. 37, 899-905 

論文

Minamisawa, K., Ogawa, K., Fukuhara, H. and Koga, J. Indolepyruvate pathway for indole-3-acetic acid biosynthesis in Bradyrhizobium elkanii.

1996年 | Plant Cell Physiol. 37, 449-453 

論文

Candy, J. M., Koga, J., Nixon, P.F. and Duggleby, R.G. The role of residues glutamate-50 and phenylalanine-496 in Zymomonas mobilis pyruvate decarboxylase.

1996年 | Biochem. J. 315, 745-751 

論文

Koga, J., Shimura, M., Oshima, K., Ogawa, N., Yamauchi, T. and Ogasawara, N. Phytocassanes A, B, C and D, novel diterpene phytoalexins from rice, Oryza sativa L.

1995年 | Tetrahedron 51, 7907-7918 

総説

Koga, J. Structure and function of indolepyruvate decarboxylase, a key enzyme in indole-3-acetic acid biosynthesis.

1995年 | Biochim. Biophys. Acta 1249, 1-13 

論文

Koga, J., Syono, K., Ichikawa, T. and Adachi, T. Involvement of L-tryptophan aminotransferase in indole-3-acetic acid biosynthesis in Enterobacter cloacae. 

1994年 | Biochim. Biophys. Acta 1209, 241-247  

論文

Koga, J., Adachi, T. and Hidaka, H. Purification and characterization of indolepyruvate decarboxylase, a novel enzyme for indole-3-acetic acidbiosynthesis in Enterobacter cloacae.

1992年 | J. Biol. Chem. 267, 15823-15828 

論文

Koga, J., Adachi, T. and Hidaka, H. Molecular cloning of the gene for indolepyruvate decarboxylase from Enterobacter cloacae.

1991年 | Mol. Gen. Genet. 226, 10-16 

論文

Koga, J., Adachi, T. and Hidaka, H. IAA biosynthetic pathway from tryptophan via indole-3-pyruvic acid in Enterobacter cloacae.

1991年 | Agric. Biol. Chem. 55, 701-706 



ご利用にあたって
プライバシーポリシー
教職員専用
Copyright(C) 2006 Teikyo University. All Rights Reserved