帝京大学

上瀧 健二 講師

所属キャンパス福岡キャンパス

帝京大学 福岡医療技術学部 理学療法学科

連絡先

メールアドレス

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

2003年03月

学校法人高木学院 専門学校柳川リハビリテーション学院 卒業

2007年04月

長崎大学大学院 修士課程 医歯薬学総合研究科 理学療法学専攻 入学

2010年03月

長崎大学大学院 修士課程 医歯薬学総合研究科 理学療法学専攻 修了

2010年04月

長崎大学大学院 博士課程 医歯薬学総合研究科 リハビリテーション科学専攻 入学

2014年09月

長崎大学大学院 博士課程 医歯薬学総合研究科 リハビリテーション科学専攻 卒業

所属学会

2005年04月

心臓リハビリテーション指導士 免許取得

2005年04月

呼吸器リハビリテーション学会 会員

2013年04月

European Respiratory Society 会員

2003年04月

日本理学療法士協会

2018年10月

大牟田摂食嚥下リハビリテーション、栄養研究会

2017年04月

日本サルコペニア・フレイル学会 会員

2017年04月

大牟田吸入療法研究会 

2019年11月

サルコペニア・フレイル指導士

2019年12月

Journal of Rehabilitation Practice Research 
editorial board

専門分野

内部障害系理学療法を中心に指導しています

研究テーマ

「15m Shuttle Walk&Run Testを用いてATを予測できるか?」
「Exacerbation of respiratory symptoms is associated with tobacco use in victims of pollution-related illness」
主に内部障害理学療法について
「大牟田COPD連携の構築とその効果について」
「サルコペニア・フレイル予防について」

教育方法・職務上の実績

職務上の実績

「週1回の運動教室はフレイルの予防に効果があるか」
第26回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 福岡 2020.7
シンポジウム 

「Trends in the prevalence of COPD in elderly individuals in an air-polluted city in Japan:a cross-sectional study 」
International Conferrence on Nursing 2019 Italy Roma:2019

「握力は上肢のレジスタンストレーニング強度の指標となるか?」《優秀演題賞》
第5回日本心臓リハビリテーション学会九州支部地方会 長崎:2019

「COPDに対する予防事業への取り組み 住民健診を用いたCOPD病診連携システムの構築」
 第二回帝京大学研究交流シンポジウム 板橋キャンパス:2019

「COPDに対する予防事業への取り組み-大牟田市COPD検診現状報告」
大牟田喘息勉強会 2017 Autumn  大牟田市 

「週1回の運動療法はサルコペニア/フレイルの進行を遅延させる」
第4回 日本心臓リハビリテーション学会 九州支部地方学会 福岡:2018

「サルコぺニア・フレイユ患者における栄養療法の臨床的意義」《優秀演題賞》
第3回 JACR日本心臓リハビリテーション学会 鹿児島 2017

「Exacerbation of respiratory symptoms is associated with tobacco use in victims of pollution-related illness」
European Respiratory Society Annual Congress in Barcelona:2014

「死腔負荷に伴う6分間歩行試験後の心音変化について」
九州理学療法士・作業療法士合同学会 鹿児島 2016

「15m Shuttle Walk&Run Testを用いてATを予測できるか?」
第19回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会 東京:2009

「15m Shuttle Walk&Run Testを用いてATを予測できるか?」
第4回九州心臓リハビリテーション研究会 佐賀:2009

「15m Shuttle Walk&Run Testの信頼性と妥当性について」
第20回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会 長崎:2010

大牟田吸入療法研究会 座長 
「吸入療法と理学慮法」 帝京大学福岡キャンパス 2017

2021年8月 TOEIC 公開テスト 585点 取得

著書・論文

学術論文

上瀧 健二, 畑中 秀行, 日野 邦彦, 堺 裕, 関 誠, 行平 崇, 壇 順司, 柏木 正勝, 丸山 倫司, 﨑村 真紀, 吉村 和代, 福田 猛

COVID-19パンデミック下でのLMSを用いた授業システムの実践報告 ~授業評価調査の結果から見えてきたこと~

2021年07月27日 | 帝京大学ラーニングテクノロジー開発室年報 

学術論文 共著

吉村和代 矢倉千昭 上瀧健二 池田久雄 他

サルコペニア・フレイル予防教室に参加した地域在住高齢者における参加継続のための方針の検討

2021年07月01日 | 帝京大学福岡医療技術学部紀要 

短編論文

Kenji Kotaki

Trends in the prevalence of COPD in elderly individuals in an air-polluted city in Japan

2020年01月28日 | International Journal of Physical medicine & Rehabilitation 

学術論文

Kenji Kotaki Hisao Ikeda Takeshi Fukuda Kawano Yuhei Fumiko Yuki Masayuki Kawasaki Kentaro Wakamatsu Kenzo Sugahara

Trends in the prevalence of COPD in elderly individuals in an air-polluted city in Japan: A cross-sectional study

2019年02月28日 | International Journal of Chronic Obstructive Pulmonary Disease Dove Medical Press  

学術論文

上瀧健二

COPDに対する予防事業への取り組み 住民検診を用いたCOPD病診連携システムの構築

2017年04月 | 理学療法福岡 (30): 14 -18 2017 

学術論文

Kenji Kotaki, Hisao Ikeda, Takeshi Fukuda, Fumiko Yuki, Kanehiro Hasuo, Yuhei Kawano, Masayuki Kawasaki

Effectiveness of diagnostic screening tests in mass screening for COPD using a cooperative regional system in a region with heavy air pollution: a cross-sectional study

2016年11月15日 | BMJopen  

共著・論文

Yano Y, Senjyu H, Tanaka T, Asai M, Yanagita Y, Nishinakagawa T, Miyamoto M, Kotaki K, Kozu R, Honda S.

Factors associated with the annual change in forced expiratory volume in 1 second of officially acknowledged victims of     pollution-related

2015年02月 | J Phys Ther Sci. 27(5): 1411-1415, 2015. 

学術論文 

Kenji Kotaki, Hideaki Senjyu, Takako Tanaka, Yudai Yano, Naomi Miyamoto, Tsuyoshi Nishinakagawa, Yorihide Yanagita, Masaharu Asai, Ryo Kozu, Mitsuru Tabusadani, Terumitsu Sawai, Sumihisa Honda

Tobacco use among designated airpollution victims and its association with lung function and respiratory symptoms: a retrospective cross-sectional study

2014年07月31日 | bmjopen 

学術論文 共著

Tsuyoshi Nishinakagawa, Hideaki Senjyu, Takako Tanaka, Masaharu Asai,1 Kenji Kotaki, Yudai Yano, Naomi Miyamoto, Yorihide Yanagita, Ryo Kozu, Mitsuru Tabusadani Sumihisa Honda

Smoking Aggravates the Impaired Pulmonary Function ofSmoking Aggravates the Impaired Pulmonary Function of

2014年09月22日 | The Tohoku Journal of Experimental Medicine 

学術論文 共著

Yorihide Yanagita, Hideaki Senjyu, Masaharu Asai, Takako Tanaka, Yudai Yano, Naomi Miyamoto, Tsuyoshi Nishinakagawa, Kenji Kotaki, Ryo Kozu, Mitsuru Tabusadani, Sumihisa Honda

Air pollution irreversibly impairs lung function: a twenty-year follow-up of officially acknowledged victims in Japan

2013年10月30日 | The Tohoku Journal of Experimental Medicine 

学術論文 共著

Naomi Miyamoto, Hideaki Senjyu, Takako Tanaka, Masaharu Asai, Yorihide Yanagita, Yudai Yano, Tsuyoshi Nishinakagawa, Kenji Kotaki, Chika Kitagawa, Naoto Rikitomi, Ryo Kozu, Sumihisa Honda

Pulmonary rehabilitation improves exercise capacity and dyspnea in air pollution-related respiratory disease.

2013年12月10日 | Tohoku J. Exp.  

学術論文 共著

Takako Tanaka, Masaharu Asai Yorihide Yanagita Tsuyoshi Nishinakagawa Naomi Miyamoto Kenji Kotaki Yudai Yano Ryo Kozu, Sumihisa Honda Hideaki Senjyu

Longitudinal study of respiratory function and symptoms in a non-smoking group of long-term officially-acknowledged victims of pollution-related illness

2013年08月17日 | BMC Public Health 

学術論文

岡田純也、上瀧健二、佐藤正広、西園与之

呼吸訓練器具使用時の姿勢および流量の変化による横隔膜の可動量と運動に関する検討

2015年03月31日 | 帝京大学福岡医療技術学部紀要 

学術論文

上瀧健二、岡田純也、佐藤正広、西園与之

公害認定患者の呼吸器症状の増悪に影響する因子について

2015年03月31日 | 帝京大学福岡医療技術学部紀要 

学術論文

佐藤正広、岡田純也、上瀧健二、西園与之

透析患者における骨密度と骨代謝関連因子との関連性に関する検討

2015年03月31日 | 帝京大学福岡医療技術学部紀要 

学術論文

上瀧健二, 三川浩太郎, 矢野雄大,千住秀明.

15m Incremental shuttle Walking & Run Test を用 いてAT を測定できるか?

2009年03月 | 長崎大学修士論文 

共著・論文

中原和美, 大町いづみ, 糸山景大, 賀村 肇, 河野加奈美, 上瀧健二, 近藤美紗, 松坂誠應

チームアプローチ教育における臨床実習の効果について

2011年12月 | 本リハビリテーション連携科学