帝京大学

富岡 直子 講師

所属キャンパス板橋キャンパス

帝京大学 薬学部 薬学科

 

連絡先

電話番号

[]

研究室URL

[]

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

【経歴】──────────────────────────────

2017年07月

帝京大学薬学部講師

2012年04月

帝京大学薬学部助教 〜2017年06月

2008年04月

独立行政法人理化学研究所 脳科学総合研究センター研究員 〜2012年03月

【学歴】──────────────────────────────

2008年03月

東京大学大学院薬学系研究科 機能薬学専攻

2005年03月

東京大学大学院薬学系研究科 機能薬学専攻

2003年03月

東京大学薬学部

所属学会

日本薬理学会

日本痛風・核酸代謝学会

日本薬学会

専門分野

ライフサイエンス 神経科学一般、ライフサイエンス 神経科学一般、ライフサイエンス 機能生物化学、ライフサイエンス 薬系衛生、生物化学

研究テーマ

トランスポーター、尿酸

教育方法・職務上の実績

情報がありません

著書・論文

学術論文

Alena Hadzic, Teresa D Nguyen, Makoto Hosoyamada, Naoko H Tomioka, Linda H Bergersen, Jon Storm-Mathisen, Cecilie Morland

The Lactate Receptor HCA1 Is Present in the Choroid Plexus, the Tela Choroidea, and the Neuroepithelial Lining of the Dorsal Part of the Third Ventricle.

2020年09月04日 | International journal of molecular sciences 21 18  

学術論文

Makoto Hosoyamada, Naoko H Tomioka, Toshio Ohtsubo, Kimiyoshi Ichida

Xanthine oxidoreductase knockout mice with high HPRT activity were not rescued by NAD+ replenishment.

2020年03月04日 | Nucleosides, nucleotides & nucleic acids 1-9 

学術論文

Takuji Hosoya, Shunya Uchida, Shigeru Shibata, Naoko H Tomioka, Makoto Hosoyamada

Perfecting a high hypoxanthine phosphoribosyltransferase activity-uricase KO mice to test the effects of purine- and non-purine-type xanthine dehydrogenase (XDH) inhibitors.

2020年01月23日 | British journal of pharmacology  

学術論文

Naoko Morimura, Hiroki Yasuda, Kazuhiko Yamaguchi, Kei-ichi Katayama, Minoru Hatayama, Naoko H. Tomioka, Maya Odagawa, Akiko Kamiya, Yoshimi Iwayama, Motoko Maekawa, Kazuhiko Nakamura, Hideo Matsuzaki, Masatsugu Tsujii, Kazuyuki Yamada, Takeo Yoshika

Autism-like behaviours and enhanced memory formation and synaptic plasticity in Lrfn2/SALM1-deficient mice

2017年06月 | NATURE PUBLISHING GROUP NATURE COMMUNICATIONS 8 15800 

学術論文

Naoko H. Tomioka, Yoshifuru Tamura, Tappei Takada, Shigeru Shibata, Hiroshi Suzuki, Shunya Uchida, Makoto Hosoyamada

Immunohistochemical and in situ hybridization study of urate transporters GLUT9/URATv1, ABCG2, and URAT1 in the murine brain

2016年12月12日 | BioMed Central Ltd. Fluids and Barriers of the CNS 13 1 22 

学術論文

Tamaki Watanabe, Naoko Hara Tomioka, Shigekazu Watanabe, Yoshihiko Suzuki, Masao Tsuchiya, Makoto Hosoyamada

The Mechanism of False in Vitro Elevation of Uric Acid Level in Mouse Blood

2016年07月 | PHARMACEUTICAL SOC JAPAN BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN 39 7 1081-1084 

学術論文

K. Inazawa, S. Yamaguchi, M. Hosoyamada, T. Fukuuchi, N. H. Tomioka, N. Yamaoka, K. Kaneko

Urinary excretion of uric acid, allantoin, and 8-OH-Deoxyguanosine in uricase-knockout mice

2016年 | TAYLOR & FRANCIS INC NUCLEOSIDES NUCLEOTIDES & NUCLEIC ACIDS 35 10-12 559-565 

学術論文

Makoto Hosoyamada, Yu Tsurumi, Hidenori Hirano, Naoko H. Tomioka, Yuko Sekine, Takayuki Morisaki, Shunya Uchida

Urat1-Uox double knockout mice are experimental animal models of renal hypouricemia and exercise-induced acute kidney injury

2016年 | TAYLOR & FRANCIS INC NUCLEOSIDES NUCLEOTIDES & NUCLEIC ACIDS 35 10-12 543-549 

学術論文

Naoko H. Tomioka, Hiroki Yasuda, Hiroyuki Miyamoto, Minoru Hatayama, Naoko Morimura, Yoshifumi Matsumoto, Toshimitsu Suzuki, Maya Odagawa, Yuri S. Odaka, Yoshimi Iwayama, Ji Won Um, Jaewon Ko, Yushi Inoue, Sunao Kaneko, Shinichi Hirose, Kazuyuki Yama

Elfn1 recruits presynaptic mGluR7 in trans and its loss results in seizures

2014年07月 | NATURE PUBLISHING GROUP NATURE COMMUNICATIONS 5 4501 

学術論文

Naoko Tomioka, Hiroyuki Miyamoto, Minoru Hatayama, Naoko Morimura, Yoshifumi Matsumoto, Toshimitsu Suzuki, Yoshimi Iwayama, Kazuyuki Yamada, Takeo Yoshikawa, Kazuhiro Yamakawa, Jun Aruga

Role of Elfn1 in hippocampal inhibitory neural circuits containing somatostatin-positive neurons

2014年 | JAPANESE PHARMACOLOGICAL SOC JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES 124 121P-121P 

学術論文

Naoko Tomioka, Makiko Nakamura, Yoshiharu Deguchi, Kimiyoshi Ichida, Takayuki Morisaki, Makoto Hosoyamada

Ependymal cells of the mouse brain express urate transporter 1 (URAT1)

2014年 | JAPANESE PHARMACOLOGICAL SOC JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES 124 1 209P-209P 

学術論文

Tamaki Watanabe, Naoko H. Tomioka, Shigekazu Watanabe, Masao Tsuchiya, Makoto Hosoyamada

FALSE IN VITRO AND IN VIVO ELEVATIONS OF URIC ACID LEVELS IN MOUSE BLOOD

2014年 | TAYLOR & FRANCIS INC NUCLEOSIDES NUCLEOTIDES & NUCLEIC ACIDS 33 4-6 192-198 

学術論文

Naoko H. Tomioka, Makiko Nakamura, Masaru Doshi, Yoshiharu Deguchi, Kimiyoshi Ichida, Takayuki Morisaki, Makoto Hosoyamada

Ependymal cells of the mouse brain express urate transporter 1 (URAT1)

2013年10月24日 | Fluids and Barriers of the CNS 10 1  

学術論文

Yohsuke Ohba, Takeshi Sakuragi, Eriko Kage-Nakadai, Naoko H. Tomioka, Nozomu Kono, Rieko Imae, Asuka Inoue, Junken Aoki, Naotada Ishihara, Takao Inoue, Shohei Mitani, Hiroyuki Arai

Mitochondria-type GPAT is required for mitochondrial fusion

2013年05月 | WILEY EMBO JOURNAL 32 9 1265-1279 

学術論文

Tamaki Watanabe, Naoko H. Tomioka, Masaru Doshi, Shigekazu Watanabe, Masao Tsuchiya, Makoto Hosoyamada

Macrophage Migration Inhibitory Factor Is a Possible Candidate for the Induction of Microalbuminuria in Diabetic db/db Mice

2013年05月 | PHARMACEUTICAL SOC JAPAN BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN 36 5 741-747 

学術論文

Naoko Morimura, Hiroki Yasuda, Kazuyuki Yamada, Naoko H. Tomioka, Kei-ichi Katayama, Kazuhiko Yamaguchi, Maya Ota, Akiko Kamiya, Jun Aruga

Lrfn2/SALM1 regulates excitatory synapse function in the hippocampus and its deficient mice display mental disorder-like behavioral abnormalities

2011年 | ELSEVIER IRELAND LTD NEUROSCIENCE RESEARCH 71 E17-E17 

学術論文

Rieko Imae, Takao Inoue, Masako Kimura, Takahiro Kanamori, Naoko H. Tomioka, Eriko Kage-Nakadai, Shohei Mitani, Hiroyuki Arai

Intracellular Phospholipase A(1) and Acyltransferase, Which Are Involved in Caenorhabditis elegans Stem Cell Divisions, Determine the sn-1 Fatty Acyl Chain of Phosphatidylinositol

2010年09月 | AMER SOC CELL BIOLOGY MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL 21 18 3114-3124 

その他

Haruka Fujikawa, Yuki Sakamoto, Natsuki Masuda, Kentaro Oniki, Shunsuke Kamei, Hirofumi Nohara, Ryunosuke Nakashima, Kasumi Maruta, Taisei Kawakami, Yuka Eto, Noriki Takahashi, Toru Takeo, Naomi Nakagata, Hiroshi Watanabe, Koji Otake, Yasuhiro Ogata,

Higher Blood Uric Acid in Female Humans and Mice as a Protective Factor against Pathophysiological Decline of Lung Function.

2020年05月06日 | Antioxidants (Basel, Switzerland) 9 5  

その他

細山田真, 細谷拓司, 富岡直子, 柴田茂, 内田俊也

HPRT高活性ウリカーゼノックアウトマウスにおける尿中オキシプリン排泄量低下

2019年05月15日 | 日本腎臓学会誌 61 3 410 

その他

細谷拓司, 内田俊也, 柴田茂, 富岡直子, 細山田真

新規高尿酸血症モデルHPRT高活性Uox‐KOマウスに対するプリン型および非プリン型XOR阻害薬の尿酸代謝に与える影響

2019年01月 | 日本痛風・核酸代謝学会総会プログラム・抄録集 52nd 98 

その他

富岡直子, 細山田真

モデルマウスを用いた中枢神経系における尿酸の機能解析

2019年01月 | 日本痛風・核酸代謝学会総会プログラム・抄録集 52nd 70 

その他

富岡直子, 鈴木友也, 和崎敦子, 細山田真

アルツハイマー病モデルマウスにおける血中尿酸値上昇の影響の解析

2019年 | 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM) 139th ROMBUNNO.21PO‐am130 

その他

細谷拓司, 富岡直子, 細山田真

新規高尿酸血症モデルHPRT高活性Uox‐KOマウスに対するプリン型及び非プリン型キサンチン酸化還元酵素阻害薬の効果

2019年 | 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM) 139th ROMBUNNO.22PO‐pm177S 

その他

藤川春花, 益田菜月, 亀井竣輔, 亀井竣輔, 野原寛文, 野原寛文, 丸田かすみ, 中嶋竜之介, 川上太聖, 江藤結花, 竹尾透, 中潟直己, 細山田真, 富岡直子, 渡邊博志, 鬼木健太郎, SUICO Mary Ann, 甲斐広文, 甲斐広文, 猿渡淳二, 首藤剛

尿酸高値は高齢女性及び慢性閉塞性肺疾患モデル雌マウスの呼吸機能低下を抑制する

2018年06月 | 医療薬学フォーラム講演要旨集 26th 199 

その他

細山田真, 福内友子, 富岡直子, 市田公美, 金子希代子, 大坪俊夫

Hprt高活性Xorノックアウトマウスの寿命延長メカニズムの検討

2018年04月30日 | 日本腎臓学会誌 60 3 436 

その他

細山田真, 富岡直子, 大坪俊夫, 市田公美, 内田俊也, 鎌谷直之

ヒポキサンチンホスホリボシルトランスフェラーゼ(Hprt)高活性キサンチンデヒドロゲナーゼ(Xdh)ノックアウトマウスの作出

2018年01月 | 日本痛風・核酸代謝学会総会プログラム・抄録集 51st 94 

その他

細山田真, 山崎綾子, 富岡直子, 押鐘浩之, 岡本研

ヒト尿酸トランスポーターURAT1のリコンビナント発現・精製系の検討

2018年01月 | 日本痛風・核酸代謝学会総会プログラム・抄録集 51st 80 

その他

安藤太介, 福内友子, 藤田恭子, 富岡直子, 金子希代子, 細山田真, 市田公美

キサンチンデヒドロゲナーゼノックアウトマウスが短命である理由の検討

2018年 | 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM) 138th ROMBUNNO.26PA‐pm084S 

その他

渡邉楊叡, 秋山秀樹, 東奈実, 福内友子, 山岡法子, 富岡直子, 細山田真, 安田誠, 馬渡健一, 中込和哉, 金子希代子

高尿酸血症モデルマウスにおける漢方薬のプリン・ピリミジン代謝への影響

2018年 | 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM) 138th ROMBUNNO.27PA‐pm310 

その他

山崎綾子, 富岡直子, 押鐘浩之, 岡本研, 細山田真

Pichia pastorisを用いたヒト尿酸トランスポーターURAT1リコンビナントの発現・精製の検討

2018年 | 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM) 138th ROMBUNNO.26PA‐pm192S 

その他

細山田真, 高橋蓮, 富岡直子, 関根祐子, 内田俊也

経口Na負荷ウリカーゼノックアウトマウスにおける血漿尿酸値上昇

2017年04月25日 | 日本腎臓学会誌 59 3 366 

その他

細山田真, 高橋蓮, 富岡直子, 関根祐子, 内田俊也

Uox‐KOマウスにおけるクエン酸Naおよびクエン酸K負荷による血漿尿酸値の変化

2017年 | 日本痛風・核酸代謝学会総会プログラム・抄録集 50th 197 

その他

渡部多真紀, 富岡直子, 土屋雅勇, 細山田真

HPRT高活性マウスを用いた血漿尿酸値のin vitro上昇メカニズムに関する検討

2017年 | 日本痛風・核酸代謝学会総会プログラム・抄録集 50th 142 

その他

高橋蓮, 富岡直子, 関根祐子, 細山田真

ウリカーゼKOマウスにおけるNa負荷による血漿尿酸濃度及び尿酸トランスポーター遺伝子発現量の変化

2017年 | 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM) 137th ROMBUNNO.27PB‐am114 

その他

東奈美, 酒井紫帆, 山岡法子, 富岡直子, 細山田真, 安田誠, 馬渡健一, 中込和哉, 金子希代子

動物モデルにおける漢方薬のプリン・ピリミジン代謝への作用

2017年 | 日本痛風・核酸代謝学会総会プログラム・抄録集 50th 213 

その他

富岡直子, 細山田真

Urat1‐Uoxダブルノックアウトマウスの脳内尿酸濃度解析

2017年 | 日本痛風・核酸代謝学会総会プログラム・抄録集 50th 198 

その他

藤川春花, 亀井竣輔, 野原寛文, 丸田かすみ, 中嶋竜之介, 川上太聖, 江藤結花, 竹尾透, 中潟直己, 猿渡淳二, 益田菜月, 細山田真, 富岡直子, 渡邊博志, SUICO Mary Ann, 甲斐広文, 首藤剛

正常および慢性閉塞性肺疾患時の血中尿酸値と肺機能の関係

2016年11月19日 | 日本薬学会九州支部大会講演要旨集 33rd 14 

その他

細山田真, 平野秀憲, 富岡直子, 関根祐子, 内田俊也

腎性低尿酸血症モデルUrat1‐Uoxダブルノックアウトマウスにおけるアロプリノール中断後急性腎障害の経日的変化

2016年05月10日 | 日本腎臓学会誌 58 3 367 

その他

平野秀憲, 関根祐子, 富岡直子, 細山田真

腎性低尿酸血症モデルUrat1‐Uox‐double KOマウスにおけるアロプリノール中断後急性腎障害の経日的経過

2016年 | 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM) 136th ROMBUNNO.29AB‐PM191 

その他

首藤剛, 藤川春花, 亀井竣輔, 野原寛文, 丸田かすみ, 中嶋竜之介, 川上太聖, 江藤結花, 竹尾透, 中潟直己, 猿渡淳二, 益田菜月, 細山田真, 富岡直子, 渡邊博志, SUICO Mary Ann, 甲斐広文

正常およびCOPD病態時における血清または血漿尿酸値と肺機能の関係性

2016年 | 日本薬理学会西南部会プログラム/抄録集 69th 61 

その他

河野眞土加, 早川洸, 秋元南, 東奈実, 酒井紫帆, 富岡直子, 福内友子, 山岡法子, 安田誠, 馬渡健一, 中込和哉, 細山田真, 金子希代子

LC‐MSを用いた高プリン体食負荷におけるマウス血しょう,尿および臓器中のプリン・ピリミジン塩基の体内動態の評価

2016年 | 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM) 136th ROMBUNNO.28AB‐AM349S 

その他

富岡直子, 出村好古, 高田龍平, 内田俊也, 細山田真

マウス脳内における尿酸トランスポーターの発現解析

2016年 | 日本痛風・核酸代謝学会総会プログラム・抄録集 49th 57 

その他

細山田真, 富岡直子, 金子希代子

Urat1‐Uoxダブルノックアウトマウスの尿中尿酸排泄量に対するフェブキソスタットの作用

2016年 | 日本痛風・核酸代謝学会総会プログラム・抄録集 49th 77 

その他

富岡直子, 青木小海, 道志勝, 細山田真

ウリカーゼ欠損マウスの脳内尿酸濃度に対する尿酸トランスポーターURAT1の関与

2016年 | 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM) 136th ROMBUNNO.29AB‐AM207 

その他

TSURUMI Yu, TOMIOKA H Naoko, SEKINE Yuko, HOSOYAMADA Makoto

Urat1-Uox double knockout mice are an experimental animal model of renal hypouricemia and exerciseinduced acute kidney injury

2015年07月 | Journal of Pharmacological Sciences (Web) 128 3 Supplement O1H‐6‐3 (WEB ONLY) 

その他

道志勝, 齋藤実希, 富岡直子, 細山田真, 赤江豊

マウス虚血性神経細胞死の定量評価系を用いた低体温による抑制効果の評価とその機構解析

2015年 | 日本脳循環代謝学会総会プログラム・抄録号 27th 202 

その他

有賀純, 有賀純, 富岡直子, 安田浩樹

Elfnファミリータンパク質による代謝共役型グルタミン酸受容体のトランスシナプス制御

2015年 | 日本薬理学会西南部会プログラム/抄録集 68th 43 

その他

細山田真, 鶴見ゆう, 富岡直子, 関根祐子, 内田俊也

腎性低尿酸血症1型疾患モデル動物としてのUrat1‐Uox‐double KOマウスの検討

2015年 | 日本痛風・核酸代謝学会総会プログラム・抄録集 48th 96 

その他

富岡直子, 道志勝, 渡部多真紀, 土屋雅勇, 細山田真

脳室上衣細胞における尿酸トランスポーターの発現解析

2015年 | 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM) 135th ROMBUNNO.28PB-PM074 

その他

鶴見ゆう, 富岡直子, 関根祐子, 細山田真

腎性低尿酸血症と運動後急性腎不全の疾患モデル動物としてのUrat1‐Uox‐ダブルノックアウトマウス

2015年 | 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM) 135th ROMBUNNO.28PB-AM193S 

その他

細山田真, 鶴見ゆう, 富岡直子, 関根祐子, 内田俊也

尿酸トランスポーターURAT1遺伝子およびウリカーゼ遺伝子ダブルノックアウトマウスの尿酸動態

2014年08月25日 | 日本腎臓学会誌 56 6 833 

その他

富岡 直子, 中村 真希子, 市田 公美, 森崎 隆幸, 内田 俊也, 細山田 真

マウス脳内URAT1は脳室上衣細胞脳室側膜に局在する

2014年07月 | (一社)日本痛風・核酸代謝学会 痛風と核酸代謝 38 1 92-92 

その他

細山田真, 渡部多真紀, 富岡直子, 渡辺茂和, 土屋雅勇

マクロファージ遊走阻止因子(MIF)はdb/dbマウスにおける微量アルブミン尿惹起因子である可能性がある

2014年05月25日 | 日本腎臓学会誌 56 3 336 

その他

道志 勝, 唐沢 健, 富岡 直子, 細山田 真, 赤江 豊

マウス脳虚血再灌流モデルにおける脳ホスホリパーゼA2活性

2014年03月 | (公社)日本薬学会 日本薬学会年会要旨集 134年会 3 102-102 

その他

富岡直子, 中村真希子, 市田公美, 森崎隆幸, 内田俊也, 細山田真

マウス脳内URAT1は脳室上衣細胞脳室側膜に局在する。

2014年 | 日本痛風・核酸代謝学会総会プログラム・抄録集 47th 76 

その他

渡部多真紀, 富岡直子, 渡辺茂和, 土屋雅勇, 細山田真

マウスにおける採血前および採血後偽高尿酸血症

2014年 | 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM) 134th ROMBUNNO.28AMM-053 

その他

稲沢克紀, 富岡直子, 細山田真, 福内友子, 山岡法子, 安田誠, 馬渡健一, 中込和哉, 金子希代子

プリン・ピリミジン塩基同時測定法を用いたウリカーゼノックアウトマウス尿中に含まれる塩基の測定

2014年 | 日本痛風・核酸代謝学会総会プログラム・抄録集 47th 81 

その他

富岡直子, 安田浩樹, 宮本浩行, 山田一之, 吉川武男, 山川和弘, 有賀純

Elfn1はmGluR7をシナプス前部に集積させ,てんかんや多動症の発症に関与する

2014年 | 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web) 37th 2P-0691 (WEB ONLY) 

その他

市瀬実里, 片山圭一, 佐郡和人, 守村直子, 小田川摩耶, 富岡直子, 山田一之, 畑山実, 有賀純

探索行動を制御する神経膜タンパク質Lrtm2の分子機能

2014年 | 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web) 37th 3P-0674 (WEB ONLY) 

その他

山口祥, 森元大介, 稲沢克紀, 福内友子, 安田誠, 山岡法子, 馬渡健一, 中込和哉, 富岡直子, 細山田真, 金子希代子

ウリカーゼノックアウトマウスにおけるプリン代謝と8‐OHdGとの関連について

2013年10月15日 | 日本薬学会関東支部大会講演要旨集 57th 199 

その他

稲沢克紀, 福内友子, 安田誠, 山岡法子, 馬渡健一, 中込和哉, 富岡直子, 細山田真, 金子希代子

LC‐MSを用いたプリン・ピリミジン塩基10種の同時測定法の評価及びマウス生体サンプルへの応用

2013年08月02日 | バイオメディカル分析科学シンポジウム講演要旨集 26th 108-109 

その他

細山田真, 富岡直子, 道志勝

家族性若年性高尿酸血症性腎症1型モデルマウス腎臓では5′‐レダクターゼ2発現が増加する

2013年04月25日 | 日本腎臓学会誌 55 3 387 

その他

HOSOYAMADA Makoto, WATANABE Tamaki, TOMIOKA Naoko, DOSHI Masaru, TSUCHIYA Masao

Generation of uric acid in heparinized mouse blood by .ALPHA.-adrenoceptor agonist

2013年03月15日 | J Pharmacol Sci 121 Supplement 1 166P 

その他

渡部多真紀, 富岡直子, 中村真希子, 道志勝, 金子希代子, 内田俊也, 藤森新, 市田公美, 土屋雅勇, 細山田真

マウス血清尿酸値のインビトロ上昇

2013年 | 日本痛風・核酸代謝学会総会プログラム・抄録集 46th 84 

その他

富岡直子, 道志勝, 市田公美, 森崎隆幸, 出口芳春, 細山田真

尿酸トランスポーターURAT1の脳内局在解析

2013年 | 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM) 133rd ROMBUNNO.28PMC-126 

その他

大場陽介, 井上貴雄, 櫻木健司, 原直子, 井上飛鳥, 岡敏彦, 石原直忠, 中臺枝里子, 青木淳賢, 三谷昌平, 新井洋由

グリセロ脂質de novo合成系で産生されるLPAはミトコンドリアの形態を制御する

2011年 | 生化学 ROMBUNNO.2P-0350 

その他

大場陽介, 井上貴雄, 櫻木健司, 原直子, 中臺枝里子, 三谷昌平, 新井洋由

新規のグリセロ脂質合成のアシルトランスフェラーゼにより産生されたリゾホスファチジン酸はミトコンドリア形態維持に不可欠である

2010年 | 生化学 ROMBUNNO.4P-0141 

その他

原直子

統合失調症発症関連遺伝子DISC1の神経新生への関与と新たなパートナー

2009年11月01日 | ファルマシア 45 11 1139-1140 

その他

今江理恵子, 井上貴雄, 原直子, 安藤恵子, 三谷昌平, 新井洋由

線虫C.elegansを用いた脂肪酸転移酵素LPIAT2の生理機能の解析

2009年10月02日 | 衛生薬学・環境トキシコロジー講演要旨集 2009 146 

その他

櫻木健司, 井上貴雄, 原直子, 今江理恵子, 河野望, 鴻宗義, 安藤恵子, 三谷昌平, 新井洋由

de novoグリセロ脂質合成のアシルトランスフェラーゼの包括的解析

2009年09月25日 | 生化学 ROMBUNNO.2P-185 

その他

櫻木健司, 井上貴雄, 原直子, 河野望, 安藤恵子, 三谷昌平, 新井洋由

グリセロ脂質de novo合成に関与する脂肪酸転移酵素の包括的解析

2009年07月10日 | 脂質生化学研究 51 43-46 

その他

櫻木健司, 井上貴雄, 原直子, 今江理恵子, 河野望, 鴻宗義, 安藤恵子, 三谷昌平, 新井洋由

リン脂質生合成系に関与する脂肪酸転移酵素の系統的解析

2008年10月03日 | 衛生薬学・環境トキシコロジー講演要旨集 2008 101 

その他

今江理恵子, 井上貴雄, 原直子, 安藤恵子, 三谷昌平, 新井洋由

C.elegansにおける進化的に保存されたアシルトランスフェラーゼacl‐10の機能解析

2008年 | 生化学 2P-0045 

その他

櫻木健司, 井上貴雄, 原直子, 今江理恵子, 河野望, 鴻宗義, 安藤恵子, 三谷昌平, 新井洋由

C.elegans突然変異体を用いたde novoグリセロリン脂質合成に関与するアシルトランスフェラーゼの系統的解析

2008年 | 生化学 2P-0044 

その他

守村直子, 山口和彦, 安田浩樹, 片山圭一, 原直子, 太田摩耶, 神谷明子, 有賀純

LRR膜貫通分子Lrfn2/SALM1は海馬興奮性シナプスの形態や機能調節および可塑性に関与する

2008年 | 生化学 2T16-9 

その他

守村直子, 太田摩耶, 山田一之, 原直子, 片山圭一, 有賀純

シナプス接着分子Lrfn2/SALM1ノックアウトマウスにみられた統合失調症様行動異常

2008年 | 生化学 3T16-11 

その他

白江伸一郎, 井上貴雄, 原直子, 安藤恵子, 三谷昌平, 新井洋由

線虫C.elegansを用いた高度不飽和脂肪酸感受性遺伝子の探索

2007年10月10日 | 衛生薬学・環境トキシコロジー講演要旨集 2007 116 

その他

李賢哲, 井上貴雄, 原直子, 今江理恵子, 新井洋由

線虫C.elegansを用いた高度不飽和脂肪酸の機能解析

2007年03月05日 | 日本薬学会年会要旨集 127th 2 76 

その他

白江伸一郎, 井上貴雄, 原直子, 安藤恵子, 三谷昌平, 新井洋由

線虫C.elegansを用いた高度不飽和脂肪酸(PUFA)要求性遺伝子の探索

2007年 | 生化学 2P-0131 

その他

今江理恵子, 井上貴雄, 原直子, 高根沢康一, 新井洋由

線虫C.elegansを用いた新規アシルトランスフェラーゼ様遺伝子acl‐10の機能解析

2005年11月25日 | 日本分子生物学会年会講演要旨集 28th 378 

その他

原直子, 井上貴雄, 高根沢康一, 新井洋由

線虫C.elegansの運動機能に関与する新規アシルトランスフェラーゼ様遺伝子acl‐4の機能解析

2005年11月25日 | 日本分子生物学会年会講演要旨集 28th 378 

その他

今江理恵子, 井上貴雄, 原直子, 高根沢康一, 新井洋由

線虫C.elegansを用いた脂肪酸転移酵素(アシルトランスフェラーゼ)の生理的意義に関する研究

2005年10月01日 | 衛生薬学・環境トキシコロジー講演要旨集 2005 S.103 

その他

原直子, 井上貴雄, 今江理恵子, 高根沢康一, 新井洋由

線虫C.elegansを用いた高度不飽和脂肪酸の生理的意義に関する研究

2005年10月01日 | 衛生薬学・環境トキシコロジー講演要旨集 2005 S.104 

その他

原直子, 井上貴雄, 高根沢康一, 新井洋由

線虫C.elegansを用いたアシルトランスフェラーゼ様遺伝子の機能解析

2004年11月25日 | 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集 27th 849 

その他

原直子, 井上貴雄, 高根沢康一, 新井洋由

線虫C.elegansを用いたアシルトランスフェラーゼファミリーの機能解析

2004年05月20日 | 脂質生化学研究 46 55-57