帝京大学
宇於崎 宏

宇於崎 宏 主任教授

所属キャンパス板橋キャンパス

帝京大学 医学部 医学科 板橋キャンパス 基礎医学講座 病理学講座

 

連絡先

情報がありません

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

【経歴】──────────────────────────────

2012年04月

帝京大学医学部教授

【学歴】──────────────────────────────

1997年03月

東京大学大学院医学系研究科病因病理学

1993年03月

東京大学医学部医学科

【委員歴】──────────────────────────────

2012年04月

日本病理学会 病理情報ネットワーク委員長

2012年04月

日本病理学会 剖検情報委員

2011年04月

日本病理学会 広報委員

所属学会

日本病理学会 学術評議員

日本癌学会

専門分野

基礎医学 人体病理学

研究テーマ

人体病理学、消化管癌

教育方法・職務上の実績

情報がありません

著書・論文

学術論文

Fukuba M, Uozaki H, Komuro Y

Effectiveness of the combination of fat grafting and injection on radiation ulcer healing.

2019年08月 | Journal of plastic surgery and hand surgery 1-5 

学術論文

Kumagai-Togashi A, Uozaki H, Kikuchi Y, Watabe S, Numakura S, Watanabe M

Tumorous CD10 Is More Strongly Related to the Progression of Urothelial Carcinoma than Stromal CD10.

2019年02月 | Anticancer research 39 2 635-640 

学術論文

Numakura S, Uozaki H, Kikuchi Y, Watabe S, Togashi A, Watanabe M

Mesenchymal Stem Cell Marker Expression in Gastric Cancer Stroma.

2019年01月 | Anticancer research 39 1 387-393 

学術論文

原藤 緑, 田中 隆光, 武岡 伸太郎, 林 耕太郎, 石川 武子, 大西 誉光, 渡辺 晋一, 宇於崎 宏, 多田 弥生

【細菌・抗酸菌感染症】病理組織像で典型的な微小血栓像を示した壊死性筋膜炎の1例

2018年07月 | 金原出版(株) 皮膚科の臨床 60 8 1192-1193 

学術論文

石田 毅, 近藤 福雄, 東海林 琢男, 斉藤 光次, 大島 康利, 藤倉 睦生, 妹尾 和憲, 山本 貴嗣, 近藤 浩史, 宇於崎 宏

いわゆる細胆管細胞癌と肝内胆管癌の組織が併存した原発性肝癌の1例

2018年04月 | (一社)日本病理学会 診断病理 35 2 110-117 

学術論文

Shimoda K, Mimaki M, Fujino S, Takeuchi M, Hino R, Uozaki H, Hayashi M, Oka A, Mizuguchi M

Brain edema with clasmatodendrosis complicating ataxia telangiectasia.

2017年08月 | Brain & development 39 7 629-632 

学術論文

Uchida K, Tanaka Y, Ichikawa H, Watanabe M, Mitani S, Morita K, Fujii H, Ishikawa M, Yoshino G, Okinaga H, Nagae G, Aburatani H, Ikeda Y, Susa T, Tamamori-Adachi M, Fukusato T, Uozaki H, Okazaki T, Iizuka M

An Excess of CYP24A1, Lack of CaSR, and a Novel lncRNA Near the PTH Gene Characterize an Ectopic PTH-Producing Tumor.

2017年06月 | Journal of the Endocrine Society 1 6 691-711 

学術論文

Ohno R, Uozaki H, Kikuchi Y, Kumagai A, Aso T, Watanabe M, Watabe S, Muto S, Yamaguchi R

Both cancerous miR-21 and stromal miR-21 in urothelial carcinoma are related to tumour progression.

2016年12月 | Histopathology 69 6 993-999 

学術論文

Hau CS, Kanda N, Tada Y, Shibata S, Uozaki H, Fukusato T, Sato S, Watanabe S

Lipocalin-2 exacerbates psoriasiform skin inflammation by augmenting T-helper 17 response.

2016年07月 | The Journal of dermatology 43 7 785-794 

学術論文

Kumagai A, Kondo F, Sano K, Inoue M, Fujii T, Hashimoto M, Watanabe M, Soejima Y, Ishida T, Tokairin T, Saito K, Sasajima Y, Takahashi Y, Uozaki H, Fukusato T

Immunohistochemical study of hepatocyte, cholangiocyte and stem cell markers of hepatocellular carcinoma: the second report: relationship with tumor size and cell differentiation.

2016年07月 | Journal of hepato-biliary-pancreatic sciences 23 7 414-421 

学術論文

Sugihara T, Nakagawa S, Sasajima Y, Ichinose T, Hiraike H, Kondo F, Uozaki H, Fukusato T, Ayabe T

Loss of the cell polarity determinant human Discs-large is a novel molecular marker of nodal involvement and poor prognosis in endometrial cancer.

2016年04月 | British journal of cancer 114 9 1012-1018 

学術論文

Aso T, Uozaki H, Morita S, Kumagai A, Watanabe M

Loss of ARID1A, ARID1B, and ARID2 Expression During Progression of Gastric Cancer.

2015年12月 | Anticancer research 35 12 6819-6827 

学術論文

Fukusato T, Soejima Y, Kondo F, Inoue M, Watanabe M, Takahashi Y, Aso T, Uozaki H, Sano K, Sanada Y, Niki T

Preserved or enhanced OATP1B3 expression in hepatocellular adenoma subtypes with nuclear accumulation of β-catenin.

2015年10月 | Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology 45 10 E32-42 

学術論文

Fujioka S, Banzai Y, Kamide I, Uozaki H, Takatsu K

[For the realization of the medicine capital Toyama flapping in the world
].

2015年06月 | Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica 145 6 311-317 

学術論文

Kato H, Fujigaki Y, Asakawa S, Yamaguchi Y, Uozaki H, Komatsuda A, Nagata M, Uchida S

Rapid Deterioration of the Renal Function Caused by the Coexistence of Intratubular Amyloidosis and Myeloma Cast Nephropathy.

2015年 | Internal medicine (Tokyo, Japan) 54 23 3023-3028 

学術論文

Soejima Y, Inoue M, Takahashi Y, Uozaki H, Sawabe M, Fukusato T

Integrins αvβ6, α6β4 and α3β1 are down-regulated in cholangiolocellular carcinoma but not cholangiocarcinoma.

2014年12月 | Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology 44 14 E320-34 

学術論文

Uozaki H, Morita S, Kumagai A, Aso T, Soejima Y, Takahashi Y, Fukusato T

Stromal miR-21 is more important than miR-21 of tumour cells for the progression of gastric cancer.

2014年12月 | Histopathology 65 6 775-783 

学術論文

Takahashi Y, Soejima Y, Kumagai A, Watanabe M, Uozaki H, Fukusato T

Japanese herbal medicines shosaikoto, inchinkoto, and juzentaihoto inhibit high-fat diet-induced nonalcoholic steatohepatitis in db/db mice.

2014年10月 | Pathology international 64 10 490-498 

学術論文

Takahashi Y, Soejima Y, Kumagai A, Watanabe M, Uozaki H, Fukusato T

Inhibitory effects of Japanese herbal medicines sho-saiko-to and juzen-taiho-to on nonalcoholic steatohepatitis in mice.

2014年01月 | PloS one 9 1 e87279 

学術論文

Kawamorita Y, Fujigaki Y, Imase A, Arai S, Tamura Y, Tanemoto M, Uozaki H, Yamaguchi Y, Uchida S

Successful treatment of infectious endocarditis associated glomerulonephritis mimicking c3 glomerulonephritis in a case with no previous cardiac disease.

2014年 | Case reports in nephrology 2014 569047 

学術論文

Kato H, Fujigaki Y, Inoue R, Asakawa S, Shin S, Shima T, Furunishi J, Higaki M, Tanemoto M, Yamaguchi Y, Hoshimoto K, Uozaki H, Uchida S

Therapeutic dose of acetaminophen as a possible risk factor for acute kidney injury: learning from two healthy young adult cases.

2014年 | Internal medicine (Tokyo, Japan) 53 14 1531-1534 

学術論文

Kanda H, Koya J, Uozaki H, Tateishi S, Sato K, Hagino N, Sawada T, Yamamoto K

Membranous nephropathy with repeated flares in IgG4-related disease.

2013年04月 | Clinical kidney journal 6 2 204-207 

学術論文

Nogami M, Hoshi T, Toukairin Y, Arai T, Uozaki H, Fukusato T

A case of the large retroperitoneal solitary fibrous tumor.

2013年01月 | 1 Legal medicine (Tokyo, Japan) 15 1 19-22 

学術論文

Fukushima Y, Ota T, Mukasa A, Uozaki H, Kawai K, Saito N

Tumor-to-tumor metastasis: lung adenocarcinoma metastasizing to vestibular schwannoma suspected on preoperative [18F]-fluorodeoxyglucose positron emission tomography imaging.

2012年11月 | 5 World neurosurgery 78 5 553.e9-553.e13 

学術論文

Abe H, Maeda D, Hino R, Otake Y, Isogai M, Ushiku AS, Matsusaka K, Kunita A, Ushiku T, Uozaki H, Tateishi Y, Hishima T, Iwasaki Y, Ishikawa S, Fukayama M

ARID1A expression loss in gastric cancer: pathway-dependent roles with and without Epstein-Barr virus infection and microsatellite instability.

2012年10月 | 4 Virchows Archiv : an international journal of pathology 461 4 367-377 

学術論文

宇於崎宏

胃癌とDNAメチル化

2012年09月25日 | 帝京医学雑誌 35 5 231-239 

学術論文

Miyazaki H, Uozaki H, Tojo A, Hirashima S, Inaga S, Sakuma K, Morishita Y, Fukayama M

Application of low-vacuum scanning electron microscopy for renal biopsy specimens.

2012年09月 | 9 Pathology, research and practice 208 9 503-509 

学術論文

Ikeda Y, Nangaku M, Ishibashi Y, Hirohama D, Uozaki H, Tojo A, Ishikawa A, Fujita T

A case of de novo focal segmental glomerulosclerosis occurred one and half years after kidney transplantation supposed to be caused by calcineurin inhibitor.

2012年07月 | Clinical transplantation 26 Suppl 24 76-80 

学術論文

宇於崎宏

データブック A.日本人小児~成人の平均身長と諸臓器平均重量

2012年04月23日 | 病理と臨床 30 398-404 

学術論文

Sun M, Uozaki H, Hino R, Kunita A, Shinozaki A, Ushiku T, Hibiya T, Takeshita K, Isogai M, Takada K, Fukayama M

SOX9 expression and its methylation status in gastric cancer.

2012年03月 | 3 Virchows Archiv : an international journal of pathology 460 3 271-279 

学術論文

假屋太郎, 松坂恵介, 黒飛京子, 高澤豊, 山形裕美, 波多野将, 志賀太郎, 八尾厚史, 安東治郎, 絹川弘一郎, 平田恭信, 宇於崎宏, 深山正久, 永井良三

目でみる循環器CPC 心移植待機入院中に心室細動を発症し,CRT‐D適正作動にもかかわらず救命しえなかった拡張型心筋症の1例

2012年02月01日 | 診断と治療 100 2 163-169 

学術論文

Satoh Y, Mori K, Kitano K, Kitayama J, Yokota H, Sasaki H, Uozaki H, Fukayama M, Seto Y, Nagawa H, Yatomi Y, Takai D

Analysis for the combination expression of CK20, FABP1 and MUC2 is sensitive for the prediction of peritoneal recurrence in gastric cancer.

2012年02月 | 2 Japanese journal of clinical oncology 42 2 148-152 

学術論文

Unuma K, Uozaki H, Kuroda R, Uemura K, Yoshida K

Death from axillary haemorrhage during haemodialysis in a patient with a history of microscopic polyangiitis.

2012年01月 | BMJ case reports 2012  

学術論文

宇於崎宏

IT活用による次世代病理 ネットでの病理医交流

2011年12月01日 | 病理と臨床 29 12 1349-1353 

学術論文

Matsusaka K, Kaneda A, Nagae G, Ushiku T, Kikuchi Y, Hino R, Uozaki H, Seto Y, Takada K, Aburatani H, Fukayama M

Classification of Epstein-Barr virus-positive gastric cancers by definition of DNA methylation epigenotypes.

2011年12月 | 23 Cancer research 71 23 7187-7197 

学術論文

川上拓也, 前田大地, 波多野将, 廣井透雄, 絹川弘一郎, 山下尋史, 平田恭信, 宇於崎宏, 深山正久, 永井良三

目でみる循環器CPC 人工弁心内膜炎から出血性脳梗塞をきたした僧帽弁置換術後の1例

2011年11月01日 | 診断と治療 99 11 1777-1783 

学術論文

Inoue H, Yamazaki S, Shimizu M, Uozaki H, Goto T, Ohnishi S, Koike K

Liver injury induced by the Japanese herbal drug kamishoyosan.

2011年10月 | 10 Gastroenterology & hepatology 7 10 692-695 

学術論文

Hanamura K, Tojo A, Kinugasa S, Asaba K, Onozato ML, Uozaki H, Fukayama M, Fujita T

Detection of myeloperoxidase in membranous nephropathy-like deposits in patients with anti-neutrophil cytoplasmic antibody-associated glomerulonephritis.

2011年05月 | Human pathology 42 5 649-658 

学術論文

藤田大司, 森田茂樹, 志賀太郎, 西村剛, 廣井透雄, 平田恭信, 宇於崎宏, 深山正久, 永井良三

目でみる循環器CPC 虚血性心筋症による慢性心不全で死亡した一例

2011年04月01日 | 診断と治療 99 4 551-557 

学術論文

Uozaki H, Barua RR, Minhua S, Ushiku T, Hino R, Shinozaki A, Sakatani T, Fukayama M

Transcriptional factor typing with SOX2, HNF4aP1, and CDX2 closely relates to tumor invasion and Epstein-Barr virus status in gastric cancer.

2011年03月 | International journal of clinical and experimental pathology 4 3 230-240 

学術論文

Ohta K, Sekiya M, Uozaki H, Igarashi M, Takase S, Kumagai M, Takanashi M, Takeuchi Y, Izumida Y, Kubota M, Nishi M, Okazaki H, Iizuka Y, Yahagi N, Yagyu H, Fukayama M, Kadowaki T, Ohashi K, Ishibashi S, Osuga J

Abrogation of neutral cholesterol ester hydrolytic activity causes adrenal enlargement.

2011年01月 | Biochemical and biophysical research communications 404 1 254-260 

学術論文

Morikawa T, Hino R, Uozaki H, Maeda D, Ushiku T, Shinozaki A, Sakatani T, Fukayama M

Expression of ribonucleotide reductase M2 subunit in gastric cancer and effects of RRM2 inhibition in vitro.

2010年12月 | Human pathology 41 12 1742-1748 

学術論文

Igarashi M, Osuga J, Uozaki H, Sekiya M, Nagashima S, Takahashi M, Takase S, Takanashi M, Li Y, Ohta K, Kumagai M, Nishi M, Hosokawa M, Fledelius C, Jacobsen P, Yagyu H, Fukayama M, Nagai R, Kadowaki T, Ohashi K, Ishibashi S

The critical role of neutral cholesterol ester hydrolase 1 in cholesterol removal from human macrophages.

2010年11月 | Circulation research 107 11 1387-1395 

学術論文

下山省二, 藤城光弘, 矢作直久, 宇於崎宏

胃腺腫の内視鏡的切除後に発生しHelicobacter pylori除菌療法とプロトンポンプ阻害剤投与期間の相違により異なる経過を示した2個の過形成性ポリープの1例

2010年10月20日 | Gastroenterol Endosc 52 10 2938-2945 

学術論文

下山 省二, 藤城 光弘, 矢作 直久, 宇於崎 宏

胃腺腫の内視鏡的切除後に発生し Helicobacter pylori 除菌療法とプロトンポンプ阻害剤投与期間の相違により異なる経過を示した2個の過形成性ポリープの1例

2010年10月20日 | 社団法人 日本消化器内視鏡学会 日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy 52 10 2938-2945 

学術論文

宇於崎宏

病理形態学キーワード 第6章 胃 Lymphoid stroma

2010年04月22日 | 病理と臨床 28 122-123 

学術論文

Maeda E, Akahane M, Uozaki H, Kato N, Hayashi N, Fukayama M, Ohtomo K

CT appearance of Epstein-Barr virus-associated gastric carcinoma.

2009年09月 | 5 Abdominal imaging 34 618-625 

学術論文

宇於崎宏

臨床検査にITを活用する・1 病理でのインターネットの活用

2009年08月01日 | 検査と技術 37 8 743-749 

学術論文

Shinozaki A, Ushiku T, Morikawa T, Hino R, Sakatani T, Uozaki H, Fukayama M

Epstein-Barr virus-associated gastric carcinoma: a distinct carcinoma of gastric phenotype by claudin expression profiling.

2009年08月 | 8 The journal of histochemistry and cytochemistry : official journal of the Histochemistry Society 57 775-785 

学術論文

宇於崎宏, 深山正久

エピジェネティクスと病理 Epstein‐Barrウイルス関連胃がんにおけるDNAメチル化異常

2009年07月01日 | 病理と臨床 27 7 631-636 

学術論文

Yoneda K, Iida H, Endo H, Hosono K, Akiyama T, Takahashi H, Inamori M, Abe Y, Yoneda M, Fujita K, Kato S, Nozaki Y, Ichikawa Y, Uozaki H, Fukayama M, Shimamura T, Kodama T, Aburatani H, Miyazawa C, Ishii K, Hosomi N, Sagara M, Takahashi M, Ike H, Sai

Identification of Cystatin SN as a novel tumor marker for colorectal cancer.

2009年07月 | 1 International journal of oncology 35 33-40 

学術論文

Kikuchi Y, Uozaki H, Itoyama S, Saijo H, Takato T, Fukayama M

Pagetoid spread to oral mucosa from submandibular gland salivary duct carcinoma: a case report.

2009年07月 | 7 Human pathology 40 1036-1039 

学術論文

Hino R, Uozaki H, Murakami N, Ushiku T, Shinozaki A, Ishikawa S, Morikawa T, Nakaya T, Sakatani T, Takada K, Fukayama M

Activation of DNA methyltransferase 1 by EBV latent membrane protein 2A leads to promoter hypermethylation of PTEN gene in gastric carcinoma.

2009年04月 | 7 Cancer research 69 2766-2774 

学術論文

Ushiku T, Uozaki H, Shinozaki A, Ota S, Matsuzaka K, Nomura S, Kaminishi M, Aburatani H, Kodama T, Fukayama M

Glypican 3-expressing gastric carcinoma: distinct subgroup unifying hepatoid, clear-cell, and alpha-fetoprotein-producing gastric carcinomas.

2009年04月 | 4 Cancer science 100 626-632 

学術論文

Maeda E, Akahane M, Kiryu S, Kato N, Yoshikawa T, Hayashi N, Aoki S, Minami M, Uozaki H, Fukayama M, Ohtomo K

Spectrum of Epstein-Barr virus-related diseases: a pictorial review.

2009年01月 | 1 Japanese journal of radiology 27 4-19 

学術論文

Suzuki J, Kazama S, Kitayama J, Uozaki H, Miyata T, Nagawa H

Signet ring cell carcinoma of the appendix manifesting as colonic obstruction and ovarian tumors: report of a case.

2009年 | 3 Surgery today 39 235-240 

学術論文

坂谷貴司, 日野るみ, 牛久哲男, 宇於崎宏, 深山正久

消化器疾患とエピジェネティクス 胃癌でのDNAメチル化異常

2008年12月01日 | 分子消化器病 5 4 358-363 

学術論文

Fukayama M, Hino R, Uozaki H

Epstein-Barr virus and gastric carcinoma: virus-host interactions leading to carcinoma.

2008年09月 | 9 Cancer science 99 1726-1733 

学術論文

Mimura I, Tojo A, Uozaki H, Fujita T

Erythrophagocytosis by renal tubular cells.

2008年08月 | 3 Kidney international 74 398 

学術論文

丹羽 隆善, 野村 幸世, 山田 和彦, 神保 敬一, 岡本 真, 宇於崎 宏, 上西 紀夫

根治的放射線化学療法,内視鏡的粘膜下層剥離術後に胃噴門部に粘膜下腫瘍様血行性転移が疑われた食道癌の1例

2008年05月01日 | 一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌 41 5 487-492 

学術論文

Hino R, Uozaki H, Inoue Y, Shintani Y, Ushiku T, Sakatani T, Takada K, Fukayama M

Survival advantage of EBV-associated gastric carcinoma: survivin up-regulation by viral latent membrane protein 2A.

2008年03月 | 5 Cancer research 68 1427-1435 

学術論文

宇於崎宏

病理とIT―実践へ―11 IT時代の病理教育

2008年02月01日 | 病理と臨床 26 2 171-175 

学術論文

石川俊平, 宇於崎宏

病理とIT―実践へ―10 病理診断におけるインターネットの活用

2008年01月01日 | 病理と臨床 26 1 75-79 

学術論文

Uozaki H, Fukayama M

Epstein-Barr virus and gastric carcinoma--viral carcinogenesis through epigenetic mechanisms.

2008年01月 | 3 International journal of clinical and experimental pathology 1 198-216 

学術論文

Igaki H, Nakagawa K, Uozaki H, Akahane M, Hosoi Y, Fukayama M, Miyagawa K, Akashi M, Ohtomo K, Maekawa K

Pathological changes in the gastrointestinal tract of a heavily radiation-exposed worker at the Tokai-mura criticality accident.

2008年01月 | 1 Journal of radiation research 49 55-62 

学術論文

金子伸行, 宇於崎宏

病理とIT―実践へ―9 標本作製の自動化

2007年12月01日 | 病理と臨床 25 12 1267-1272 

学術論文

宇於崎宏

病理とIT‐実践へ‐8 病理業務支援システム

2007年11月01日 | 病理と臨床 25 11 1163-1170 

学術論文

Arai S, Asai T, Uozaki H, Hangaishi A, Kanda Y, Motokura T, Chiba S, Kurokawa M

Splenic peliosis in a patient with aplastic anemia during danazol therapy.

2007年11月 | 4 International journal of hematology 86 329-332 

学術論文

Mori K, Suzuki T, Uozaki H, Nakanishi H, Ueda T, Matsuno Y, Kodera Y, Sakamoto H, Yamamoto N, Sasako M, Kaminishi M, Sasaki H

Detection of minimal gastric cancer cells in peritoneal washings by focused microarray analysis with multiple markers: clinical implications.

2007年05月 | 5 Annals of surgical oncology 14 1694-1702 

学術論文

Takizawa Y, Kanda H, Sato K, Kawahata K, Yamaguchi A, Uozaki H, Shimizu J, Tsuji S, Misaki Y, Yamamoto K

Polymyositis associated with focal mesangial proliferative glomerulonephritis with depositions of immune complexes.

2007年05月 | 5 Clinical rheumatology 26 792-796 

学術論文

Nishi H, Tojo A, Onozato ML, Jimbo R, Nangaku M, Uozaki H, Hirano K, Isayama H, Omata M, Kaname S, Fujita T

Anti-carbonic anhydrase II antibody in autoimmune pancreatitis and tubulointerstitial nephritis.

2007年04月 | 4 Nephrology, dialysis, transplantation : official publication of the European Dialysis and Transplant Association - European Renal Association 22 1273-1275 

学術論文

Ushiku T, Chong JM, Uozaki H, Hino R, Chang MS, Sudo M, Rani BR, Sakuma K, Nagai H, Fukayama M

p73 gene promoter methylation in Epstein-Barr virus-associated gastric carcinoma.

2007年01月 | 1 International journal of cancer. Journal international du cancer 120 60-66 

学術論文

Barua RR, Uozaki H, Chong JM, Ushiku T, Hino R, Chang MS, Nagai H, Fukayama M

Phenotype analysis by MUC2, MUC5AC, MUC6, and CD10 expression in Epstein-Barr virus-associated gastric carcinoma.

2006年08月 | 8 Journal of gastroenterology 41 733-739 

学術論文

Chang MS, Uozaki H, Chong JM, Ushiku T, Sakuma K, Ishikawa S, Hino R, Barua RR, Iwasaki Y, Arai K, Fujii H, Nagai H, Fukayama M

CpG island methylation status in gastric carcinoma with and without infection of Epstein-Barr virus.

2006年05月 | 10 Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research 12 2995-3002 

学術論文

孫大輔, 神田浩子, 山口晃弘, 川畑仁人, 川上貴久, 久保かなえ, 東原真奈, 清水潤, 宇於崎宏, 三崎義堅, 竹内二士夫, 山本一彦, 倉持茂, 川村哲也

間質性腎炎を呈したANCA関連血管炎の1例

2006年04月25日 | 腎と透析 60 4 653-659 

学術論文

宇於崎宏, 深山正久

主要疾患―現況・病態・診断・治療 28 胃癌 EBウイルス関連胃癌

2006年04月20日 | 医学のあゆみ 558-561 

学術論文

Nakao K, Mochiki M, Nibu K, Sugasawa M, Uozaki H

Analysis of prognostic factors of nasopharyngeal carcinoma: impact of in situ hybridization for Epstein-Barr virus encoded small RNA 1.

2006年04月 | 4 Otolaryngology--head and neck surgery : official journal of American Academy of Otolaryngology-Head and Neck Surgery 134 639-645 

学術論文

Monzen K, Hosoda T, Hayashi D, Imai Y, Okawa Y, Kohro T, Uozaki H, Nishiyama T, Fukayama M, Nagai R

The use of a supercooling refrigerator improves the preservation of organ grafts.

2005年11月 | 2 Biochemical and biophysical research communications 337 534-539 

学術論文

Uozaki H, Chong JM, Fujimoto E, Itoh M, Saito M, Sakuma K, Sudo M, Ushiku T, Niki T, Nagai H, Takada K, Fukayama M

Soft and hard keratin expression in Epstein-Barr-virus-associated gastric carcinoma.

2005年09月 | 5 Anticancer research 25 3183-3190 

学術論文

明石真言, 宇於崎宏, 深山正久, 中川恵一, 石川隆俊, 三沢章吾, 土井幹雄, 前川和彦

放射線医学と病理学 24 各論 大量被ばく―臨界事故死亡症例―治療法と病理診断

2005年06月01日 | 病理と臨床 23 6 649-660 

学術論文

Sakuma K, Uozaki H, Chong JM, Hironaka M, Sudo M, Ushiku T, Nagai H, Fukayama M

Cancer risk to the gastric corpus in Japanese, its correlation with interleukin-1beta gene polymorphism (+3953*T) and Epstein-Barr virus infection.

2005年05月 | 1 International journal of cancer. Journal international du cancer 115 93-97 

学術論文

Sakamoto T, Uozaki H, Kondo K, Imauchi Y, Yamasoba T, Sugasawa M, Kaga K

Cyclooxygenase-2 regulates the degree of apoptosis by modulating bcl-2 protein in pleomorphic adenoma and mucoepidermoid carcinoma of the parotid gland.

2005年02月 | 2 Acta oto-laryngologica 125 191-195 

学術論文

深山 正久, 宇於崎 宏

EBウイルス関連胃癌

2005年01月10日 | 社団法人 日本内科学会 日本内科学会雑誌 94 1 31-36 

学術論文

深山正久, 宇於崎宏

胃癌:診断と治療の進歩 I.疫学・原因・遺伝子異常 5.EBウイルス関連胃癌

2005年01月10日 | 日本内科学会雑誌 94 1 31-36 

学術論文

Fukayama M, Uozaki H

[EB virus-related stomach cancer].

2005年01月 | 1 Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine 94 31-36 

学術論文

Soft and hard keratin expression in Epstein-Barr-virus-associated gastric carcinoma.

2005年 | Anticancer Res. 25(5):3183-90  

学術論文

放射線医学と病理学 各論 大量被ばく 臨界事故死亡症例 治療法と病理診断

2005年 | 病理と臨床 23巻6号 Page649-660  

学術論文

The pathology of multi-organ involvement: two autopsy cases from the Tokai-mura criticality accident.

2005年 | BJR Suppl. 27:13-6.  

学術論文

Cyclooxygenase-2 regulates the degree of apoptosis by modulating bcl-2 protein in pleomorphic adenoma and mucoepidermoid carcinoma of the parotid gland.

2005年 | Acta Otolaryngol. 125(2):191-5.  

学術論文

The use of a supercooling refrigerator improves the preservation of organ grafts.

2005年 | Biochem Biophys Res Commun. 337(2):534-9  

学術論文

Cancer risk to the gastric corpus in Japanese, its correlation with interleukin-1beta gene polymorphism (+3953*T) and Epstein-Barr virus infection.

2005年 | Int J Cancer. 115(1):93-7.  

学術論文

Sakuma K, Chong JM, Sudo M, Ushiku T, Inoue Y, Shibahara J, Uozaki H, Nagai H, Fukayama M

High-density methylation of p14ARF and p16INK4A in Epstein-Barr virus-associated gastric carcinoma.

2004年11月 | 2 International journal of cancer. Journal international du cancer 112 273-278 

学術論文

宇於崎宏

臨床医のための病理学 Q&A 放射線障害の病理

2004年09月10日 | 現代医療 36 9 1961-1965 

学術論文

宇於崎 宏

臨床医のための病理学Q&A(21)放射線障害の病理

2004年09月 | 現代医療社 現代医療 36 9 1961-1965 

学術論文

Sudo M, Chong JM, Sakuma K, Ushiku T, Uozaki H, Nagai H, Funata N, Matsumoto Y, Fukayama M

Promoter hypermethylation of E-cadherin and its abnormal expression in Epstein-Barr virus-associated gastric carcinoma.

2004年03月 | 2 International journal of cancer. Journal international du cancer 109 194-199 

学術論文

山口優美, 井原涼子, 鈴木毅, 田中良一, 神田浩子, 三崎義堅, 山本一彦, 神田橋宏治, 今井陽一, 平井久丸, 宇於崎宏

前眼房蓄膿,下肢紫斑,急速に進行する糸球体性腎障害を呈したHLA‐B51陽性患者―crystalglobulinemia syndromeの1例―

2004年02月10日 | 関東リウマチ 37 116-130 

学術論文

High-density methylation of p14ARF and p16INK4A in Epstein-Barr virus-associated gastric carcinoma. Int J Cancer. 2004 Nov 1;112(2):273-8.

2004年 | Int J Cancer 112(2):273-8  

学術論文

Promoter hypermethylation of E-cadherin and its abnormal expression in Epstein-Barr virus-associated gastric carcinoma.

2004年 | Int J Cancer 109(2):194-9  

学術論文

宇於崎 宏, 高澤 豊

臨床医のための病理学Q&A--胃腺腫,GIST

2003年07月 | 現代医療社 現代医療 35 7 1725-1729 

学術論文

宇於崎 宏, 竹内 賢吾

臨床医のための病理学Q&A--胃生検の病理

2003年06月 | 現代医療社 現代医療 35 6 1419-1424 

学術論文

Chong JM, Sakuma K, Sudo M, Ushiku T, Uozaki H, Shibahara J, Nagai H, Funata N, Taniguchi H, Aburatani H, Fukayama M

Global and non-random CpG-island methylation in gastric carcinoma associated with Epstein-Barr virus.

2003年01月 | 1 Cancer science 94 76-80 

学術論文

Global and non-random CpG-island methylation in gastric carcinoma associated with Epstein-Barr virus.

2003年 | Cancer Sci 94(1):76-80  

学術論文

Osawa T, Chong JM, Sudo M, Sakuma K, Uozaki H, Shibahara J, Nagai H, Funata N, Fukayama M

Reduced expression and promoter methylation of p16 gene in Epstein-Barr virus-associated gastric carcinoma.

2002年11月 | 11 Japanese journal of cancer research : Gann 93 1195-1200 

学術論文

Chong JM, Sakuma K, Sudo M, Osawa T, Ohara E, Uozaki H, Shibahara J, Kuroiwa K, Tominaga S, Hippo Y, Aburatani H, Funata N, Fukayama M

Interleukin-1beta expression in human gastric carcinoma with Epstein-Barr virus infection.

2002年07月 | 13 Journal of virology 76 6825-6831 

学術論文

Reduced expression and promoter methylation of p16 gene in Epstein-Barr virus-associated gastric carcinoma.

2002年 | Jpn J Cancer Res. 93(11):1195-200  

学術論文

Tabata M, Kitagawa T, Saito T, Uozaki H, Oshiro H, Miyata T, Shigematsu H

Extracranial carotid aneurysm in Takayasu's arteritis.

2001年10月 | 4 Journal of vascular surgery 34 739-742 

学術論文

Fukayama M, Chong JM, Uozaki H

Pathology and molecular pathology of Epstein-Barr virus-associated gastric carcinoma.

2001年 | Current topics in microbiology and immunology 258 91-102 

学術論文

Extracranial carotid aneurysm in Takayasu's arteritis

2001年 | Journal of Vascular Surgery 34  

学術論文

Pathology and molecular pathology of Epstein-Barr virus-associated gastric carcinoma

2001年 | Current topics in microbiology and immunology 258  

学術論文

柴原純二, 宇於崎宏, 鄭子文, 深山正久

ヒトウイルスと発癌 基礎と臨床 臨床 EBVと胃癌

2000年12月10日 | 現代医療 32 12 2849-2853 

学術論文

柴原 純二, 深山 正久, 宇於崎 宏

臨床 EBVと胃癌 (特集 ヒトウイルスと発癌--基礎と臨床)

2000年12月 | 現代医療社 現代医療 32 12 2849-2853 

学術論文

鹿島 健司, 堀内 啓, 瀬田 章, 宇於崎 宏, 倉田 厚, 高澤 豊, 柴原 純二, 北川 洋, 竹内 賢吾, 石田 剛

骨巨細胞腫の細胞学的検討

2000年11月22日 | 特定非営利活動法人日本臨床細胞学会 日本臨床細胞学会雑誌 39 6 453-458 

学術論文

宇於崎 宏, 鹿島 健司, 竹内 賢吾, 瀬田 章, 石田 剛

鼻腔腫瘤で発症したRosai-Dorfman diseaseの1例

2000年09月22日 | 特定非営利活動法人日本臨床細胞学会 日本臨床細胞学会雑誌 39 5 340-342 

学術論文

宇於崎宏, 鹿島健司, 竹内賢吾, 瀬田章, 石田剛

鼻腔腫りゅうで発症したRosai‐Dorfman diseaseの1例

2000年09月22日 | 日本臨床細胞学会雑誌 39 5 340-342 

学術論文

Machida U, Kami M, Uozaki H, Makimura K, Yamaguchi H, Hirai H

Subacute spinal cord infarction due to zygomycotic thrombosis in a patient with myelodysplastic syndrome.

2000年09月 | 9 Haematologica 85 1004-1006 

学術論文

宇於崎宏, CHONG J M, 深山正久

胃癌診療の最前線 最新知識に基づいた胃癌診療 EBウイルスと胃癌

2000年02月01日 | 内科 85 2 223-226 

学術論文

Uozaki H, Ishida T, Kakiuchi C, Horiuchi H, Gotoh T, Iijima T, Imamura T, Machinami R

Expression of heat shock proteins in osteosarcoma and its relationship to prognosis.

2000年 | 10 Pathology, research and practice 196 665-673 

学術論文

Expression of heat shock proteins in osteosarcoma and its relationship to prognosis.

2000年 | Pathology - Research and Practice 196  

学術論文

EBウイルスと胃癌

2000年 | 内科 85 2 223-226 

学術論文

Subacute spinal cord infarction due to zygomycotic thrombosis in a patient with myelodysplastic syndrome

2000年 | Haematologica 85  

学術論文

【ヒトウイルスと発癌】 EBVと胃癌(解説/特集)

2000年 | 現代医療 32  

学術論文

山内 直子, 鹿島 健司, 宇於崎 宏, 岡 輝明, 瀬田 章

多嚢胞性腹膜中皮腫の1例

1999年11月22日 | 特定非営利活動法人日本臨床細胞学会 日本臨床細胞学会雑誌 38 6 619-620 

学術論文

Tsuchida R, Ishida T, Uozaki H, Bessho F, Machinami R

Microtubular aggregates within the rough endoplasmic reticulum of embryonal rhabdomyosarcoma cells: a case report.

1999年05月 | 3 Ultrastructural pathology 23 193-198 

学術論文

Microtubular aggregates within the rough endoplasmic reticulum of embryonal rhabdomyosarcoma cells: a case report.

1999年 | Ultrastructural Pathology 23  

学術論文

Sugawara Y, Sato O, Miyata T, Kimura H, Yamaoka M, Uozaki H, Oka T, Makuuchi M

Ruptured abdominal aorta secondary to psoas muscle abscess due to Klebsiella pneumoniae in an alcoholic.

1997年09月 | 2 The Journal of infection 35 185-188 

学術論文

Uozaki H, Horiuchi H, Ishida T, Iijima T, Imamura T, Machinami R

Overexpression of resistance-related proteins (metallothioneins, glutathione-S-transferase pi, heat shock protein 27, and lung resistance-related protein) in osteosarcoma. Relationship with poor prognosis.

1997年06月 | 12 Cancer 79 2336-2344 

学術論文

Overexpression of resistance related proteins (metallothioneins, glutathione-S-transferase π, heat shock protein 27, and lung resistance-related protein) in osteosarcoma: Relationship with poor prognosis.

1997年 | Cancer 79  

学術論文

病理におけるコンピュータの活用

1997年 | 検査と技術 25 4 343-348 

学術論文

Yamauchi N, Sakamoto A, Uozaki H, Iihara K, Machinami R

Immunohistochemical analysis of endometrial adenocarcinoma for bcl-2 and p53 in relation to expression of sex steroid receptor and proliferative activity.

1996年07月 | 3 International journal of gynecological pathology : official journal of the International Society of Gynecological Pathologists 15 202-208 

学術論文

Immunohistochemical analysis of endometrial adenocarcinoma for bcl-2 and p53 in relation to expression of sex steroid receptor and proliferative activity

1996年 | International Journal of Gynecological Pathology 15  

学術論文

Kuroda M, Ishida T, Horiuchi H, Kida N, Uozaki H, Takeuchi H, Tsuji K, Imamura T, Mori S, Machinami R

Chimeric TLS/FUS-CHOP gene expression and the heterogeneity of its junction in human myxoid and round cell liposarcoma.

1995年11月 | 5 The American journal of pathology 147 1221-1227 

学術論文

日常の病理業務におけるカラーコピー

1995年 | 検査と技術 23 7 515 

学術論文

Chimeric TLS/FUS-CHOP gene expression and the heterogeneity of its junction in human myxoid and round cell liposarcoma

1995年 | American Journal of Pathology 147  

学術論文

臨床統計解析のためのソフトウェア「FISHER」

1994年 | 医療とコンピュータ 6 498-503 

学術論文

臨床統計解析のためのソフトウェアFISHER

1991年 | 計算機統計学 4 71-74 

その他

山口 亮平, 河添 悦昌, 嶋本 公徳, 篠原 恵美子, 堂本 裕加子, 宇於崎 宏, 塚本 達雄, 清水 章, 長田 道夫, 深山 正久, 大江 和彦

AI画像診断に向けた、糸球体PAS染色画像の医師間所見一致度の評価

2019年05月 | (一社)日本腎臓学会 日本腎臓学会誌 61 3 316-316 

その他

宇於崎 宏

【肉眼病理-症例から探る鑑別のヒント-】(第6章)胃 多発胃癌

2019年04月 | (株)文光堂 病理と臨床 37 臨増 146-147 

その他

宇於崎 宏

【肉眼病理-症例から探る鑑別のヒント-】(第6章)胃 残胃癌

2019年04月 | (株)文光堂 病理と臨床 37 臨増 148-150 

その他

宇於崎 宏

【肉眼病理-症例から探る鑑別のヒント-】(第6章)胃 胃リンパ腫

2019年04月 | (株)文光堂 病理と臨床 37 臨増 151-153 

その他

宇於崎 宏

【肉眼病理-症例から探る鑑別のヒント-】(第6章)胃 GIST

2019年04月 | (株)文光堂 病理と臨床 37 臨増 154-155 

その他

宇於崎 宏

【肉眼病理-症例から探る鑑別のヒント-】(第6章)胃 粘膜下異所性胃腺

2019年04月 | (株)文光堂 病理と臨床 37 臨増 156-157 

その他

大島 康利, 池田 豊, 斉藤 光次, 石田 毅, 藤倉 睦生, 笹島 ゆう子, 佐野 圭二, 東海林 琢男, 宇於崎 宏, 近藤 福雄

細胆管細胞癌の免疫組織学的研究 非腫瘍性細胆管、小葉間胆管、隔壁胆管、細胆管増生性病変との比較

2019年04月 | (一社)日本病理学会 日本病理学会会誌 108 1 381-381 

その他

山口 亮平, 河添 悦昌, 嶋本 公徳, 堂本 裕加子, 宇於崎 宏, 清水 章, 長田 道夫, 大江 和彦

AIによる画像診断に向けた、腎病理糸球体画像の所見一致度の評価

2018年11月 | (一社)日本医療情報学会 医療情報学連合大会論文集 38回 760-765 

その他

宇於崎 宏, 佐々木 毅, 吉澤 明彦, 深山 正久

AIと医療(第7回) 日本病理学会でのデジタル画像収集基盤整備

2018年10月 | (株)文光堂 病理と臨床 36 10 1017-1021 

その他

大島 康利, 菊地 良直, 沼倉 里枝, 大田 泰徳, 渡部 朱織, 佐藤 健二, 山本 麻子, 石田 剛, 元井 亨, 宇於崎 宏

下腿に発生したmyxoid leiomyosarcomaの1例(Myxoid leiomyosarcoma of the lower leg: report of a case)

2018年10月 | (一社)日本病理学会 日本病理学会会誌 107 2 117-117 

その他

馬杉 英男, 横山 直之, 千久田 いくみ, 河野 葵, 石橋 瑠璃, 今水流 智浩, 下川 智樹, 宇於崎 宏, 古川 泰司

超音波検査が経過観察に有用であったCoral reef aortaの1症例

2018年09月 | (一社)日本脈管学会 脈管学 58 Suppl. S242-S242 

その他

島田 竜, 端山 軍, 大野 航平, 岡田 有加, 八木 貴博, 塚本 充雄, 福島 慶久, 堀内 敦, 小澤 毅士, 土屋 剛史, 田村 純子, 飯沼 久恵, 野澤 慶次郎, 松田 圭二, 宇於崎 宏, 笹島 ゆう子, 近藤 福雄, 藤井 正一, 橋口 陽二郎

横行結腸に多発穿孔をきたしたサイトメガロウイルス腸炎の1例

2018年09月 | (一社)日本大腸肛門病学会 日本大腸肛門病学会雑誌 71 抄録号 A131-A131 

その他

柳澤 大輔, 阿部 浩一郎, 大隅 瞬, 大和 洸, 松本 康佑, 櫻井 美代子, 中村 直裕, 丸山 喬平, 三木 淳史, 青柳 仁, 磯野 朱里, 三浦 亮, 有住 俊彦, 小田島 慎也, 高森 頼雪, 山本 貴嗣, 喜多 宏人, 田中 篤, 滝川 一, 沼倉 里枝, 宇於崎 宏

左頸部リンパ節腫大を契機に発見された食道神経内分泌癌の一例

2018年06月 | (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 Progress of Digestive Endoscopy 93 Suppl. s95-s95 

その他

佐々木 毅, 宇於崎 宏, 吉澤 明彦, 坂元 宇亨, 深山 正久

【医療情報が紡ぐ『いのち・ヒト・夢』】医療AIに向けた医療画像データベース基盤構築の新しい動向 AI等の利活用を見据えた病理組織デジタル画像(WSI)の収集基盤整備と病理支援システム開発 Japan Pathology AI Diagnostics Project(JP-AID)

2018年04月 | (一社)日本医療情報学会 医療情報学 38 1 48-48 

その他

渡部 朱織, 菊地 良直, 森田 茂樹, 富樫 有紗, 渡邉 雅人, 松谷 哲行, 川村 雅文, 安田 政実, 宇於崎 宏

肺腺癌組織および術前胸腔洗浄液中細胞外分泌小胞に含まれるmiR-21の発現は胸膜浸潤と相関する

2018年04月 | (一社)日本病理学会 日本病理学会会誌 107 1 293-293 

その他

東海林 琢男, 近藤 福雄, 副島 友莉恵, 斉藤 光次, 笹島 ゆう子, 甲嶋 洋平, 吉留 博之, 安達 章子, 宇於崎 宏, 福里 利夫

TERT promoter領域遺伝子変異を認めたbeta-catenin遺伝子活性化型肝細胞腺腫の一例

2018年04月 | (一社)日本病理学会 日本病理学会会誌 107 1 370-371 

その他

石田 毅, 近藤 福雄, 東海林 琢男, 斉藤 光次, 大島 康利, 藤倉 睦生, 妹尾 和憲, 山本 孝嗣, 近藤 浩史, 宇於崎 宏

いわゆる細胆管細胞癌と肝内胆管癌の組織が併存した原発性肝癌の一例

2018年04月 | (一社)日本病理学会 日本病理学会会誌 107 1 371-371 

その他

沼倉 里枝, 西東 瑠璃, 富樫 有紗, 渡部 朱織, 渡邉 雅人, 菊地 良直, 宇於崎 宏

胃癌間質におけるCD90発現の意義

2018年04月 | (一社)日本病理学会 日本病理学会会誌 107 1 432-432 

その他

西東 瑠璃, 宇於崎 宏, 渡邉 雅人, 本田 絢子, 北國 圭一, 園生 雅弘, 村山 繁雄

Creutzfeldt-Jakob病(MM2-thalamic type)の1剖検例

2018年04月 | (一社)日本病理学会 日本病理学会会誌 107 1 450-450 

その他

熊谷 有紗, 渡邉 雅人, 渡部 朱織, 宇於崎 宏

ワンポイントアドバイス miRNAに対するISH法での工夫

2017年07月 | (株)医学書院 検査と技術 45 7 778-780 

その他

小川 真澄, 江戸 直樹, 松尾 啄二, 山本 義, 高橋 諭, 真下 大和, 盛田 幸司, 笹島 ゆう子, 宇於崎 宏, 近藤 福雄, 大田 泰徳, 白藤 尚毅, 江藤 一弘, 塚本 和久, 石川 敏夫

副腎不全症状を契機に診断された副腎悪性リンパ腫の3例

2017年04月 | (一社)日本内分泌学会 日本内分泌学会雑誌 93 1 378-378 

その他

渡部 朱織, 菊地 良直, 向山 淳児, 斉藤 光次, 佐藤 健二, 山本 麻子, 石田 剛, 元井 亨, 近藤 福雄, 宇於崎 宏

非定型的な臨床像を呈したため肉腫との鑑別に苦慮した結節性筋膜炎の細胞像の検討

2017年04月 | (公社)日本臨床細胞学会 日本臨床細胞学会雑誌 56 Suppl.1 407-407 

その他

斉藤 光次, 近藤 福雄, 福里 利夫, 東海林 琢男, 石田 毅, 大島 康利, 笹島 ゆう子, 宇於崎 宏, 副島 友莉恵, 佐野 圭二

Beta-catenin-activated肝細胞腺腫の核異型と癌化率

2017年03月 | (一社)日本病理学会 日本病理学会会誌 106 1 337-337 

その他

東海林 琢男, 近藤 福雄, 斉藤 光次, 笹島 ゆう子, 石田 毅, 大島 康利, 熊谷 有紗, 佐野 圭二, 宇於崎 宏, 福里 利夫

末梢型肝内胆管癌における幹細胞マーカー発現の免疫組織化学的検討

2017年03月 | (一社)日本病理学会 日本病理学会会誌 106 1 444-444 

その他

熊谷 有紗, 渡部 朱織, 渡邉 雅人, 菊地 良直, 宇於崎 宏

尿路上皮癌間質におけるCD10、Periostin、Podoplaninの発現

2017年03月 | (一社)日本病理学会 日本病理学会会誌 106 1 452-453 

その他

深山 正久, 田中 伸哉, 豐國 伸哉, 伊藤 彰彦, 宮崎 龍彦, 宇於崎 宏, 田中 文彦, 林 祥剛, 大澤 佳代, 酒々井 眞澄, 小田 義直, 前田 大地, 川村 公一, 後藤 明輝

はじめの一歩の病理学

2017年 | 羊土社  

その他

白井 俊, 堺 崇, 金岡 里枝, 中山 敬史, 上原 浩文, 松谷 哲行, 川村 雅文, 阿曽 達也, 宇於崎 宏, 近藤 福雄, 笹島 ゆう子

肺癌術前PET-CTにて指摘された同一肺葉内多重肺癌の1例

2016年11月 | (NPO)日本呼吸器内視鏡学会 気管支学 38 6 529-529 

その他

宇於崎 宏

【病理解剖の現在-医療における相互検証文化を築くため-】 現在の問題点 日本病理剖検輯報とNCD

2016年11月 | (株)文光堂 病理と臨床 34 11 1154-1157 

その他

高橋 諭, 小川 真澄, 真下 大和, 江戸 直樹, 盛田 幸司, 岡田 典久, 持木 将人, 廣畑 倫生, 大山 健一, 石井 雄道, 阿曽 達也, 宇於崎 宏, 江藤 一弘, 松野 彰, 石川 敏夫

心筋症と甲状腺乳頭癌を合併し内科治療を先行した先端巨大症

2016年10月 | (一社)日本内分泌学会 日本内分泌学会雑誌 92 2 498-498 

その他

菊地 良直, 渡部 朱織, 宇於崎 宏, 加藤 智美, 鎌倉 靖夫, 瀬山 敦, 榊 美佳, 永田 耕治, 藤野 節, 新井 栄一, 長谷部 孝裕, 安田 政実

副鼻腔に発生した胞巣型横紋筋肉腫の1例

2016年10月 | (公社)日本臨床細胞学会 日本臨床細胞学会雑誌 55 Suppl.2 489-489 

その他

渡部 朱織, 菊地 良直, 向山 淳児, 石井 美樹子, 熊谷 有紗, 東海林 琢男, 近藤 福雄, 宇於崎 宏

骨外性粘液型軟骨肉腫の1例

2016年10月 | (公社)日本臨床細胞学会 日本臨床細胞学会雑誌 55 Suppl.2 490-490 

その他

高橋 諭, 小川 真澄, 真下 大和, 江戸 直樹, 盛田 幸司, 岡田 典久, 持木 将人, 廣畑 倫生, 大山 健一, 石井 雄道, 阿曽 達也, 宇於崎 宏, 江藤 一弘, 松野 彰, 石川 敏夫

心筋症と甲状腺乳頭癌を合併し内科治療を先行した先端巨大症

2016年10月 | (一社)日本内分泌学会 日本内分泌学会雑誌 92 2 498-498 

その他

菊地 良直, 渡部 朱織, 宇於崎 宏, 加藤 智美, 鎌倉 靖夫, 瀬山 敦, 榊 美佳, 永田 耕治, 藤野 節, 新井 栄一, 長谷部 孝裕, 安田 政実

副鼻腔に発生した胞巣型横紋筋肉腫の1例

2016年10月 | (公社)日本臨床細胞学会 日本臨床細胞学会雑誌 55 Suppl.2 489-489 

その他

渡部 朱織, 菊地 良直, 向山 淳児, 石井 美樹子, 熊谷 有紗, 東海林 琢男, 近藤 福雄, 宇於崎 宏

骨外性粘液型軟骨肉腫の1例

2016年10月 | (公社)日本臨床細胞学会 日本臨床細胞学会雑誌 55 Suppl.2 490-490 

その他

松坂 恵介, 宇於崎 宏

【消化管I-上部消化管-】 EBウイルス関連胃癌

2016年09月 | (株)文光堂 病理と臨床 34 9 959-962 

その他

岡田 有加, 川瀬 圭祐, 江戸 直樹, 山本 義, 阿部 浩一郎, 盛田 幸司, 阿曽 達也, 宇於崎 宏, 石川 敏夫, 滝川 一

慢性副腎不全を呈した両側副腎原発悪性リンパ腫の1例

2016年05月 | 日本内科学会-関東地方会 日本内科学会関東地方会 623回 28-28 

その他

斉藤 光次, 近藤 福雄, 福里 利夫, 東海林 琢男, 石田 毅, 笹島 ゆう子, 宇於崎 宏, 副島 友莉恵, 池田 豊, 佐野 圭二

良性肝細胞性結節のheterogeneityとprogression

2016年04月 | (一社)日本病理学会 日本病理学会会誌 105 1 367-367 

その他

石田 毅, 近藤 福雄, 熊谷 有紗, 東海林 琢男, 斉藤 光次, 佐野 圭二, 藤井 丈士, 橋本 雅司, 福里 利夫, 宇於崎 宏

肝細胞癌における幹細胞性形質発現の免疫組織化学的検討

2016年04月 | (一社)日本病理学会 日本病理学会会誌 105 1 384-384 

その他

東海林 琢男, 近藤 福雄, 斉藤 光次, 笹島 ゆう子, 石田 毅, 熊谷 有紗, 渡邊 雅人, 佐野 圭二, 宇於崎 宏, 福里 利夫

肝内胆管癌における幹細胞マーカー発現の検討

2016年04月 | (一社)日本病理学会 日本病理学会会誌 105 1 386-386 

その他

菊地 良直, 大野 玲奈, 阿曽 達也, 熊谷 有紗, 渡部 朱織, 渡邉 雅人, 宇於崎 宏

膀胱癌の腫瘍細胞および腫瘍間質細胞におけるin situ hybridization法を用いたmiR-21発現に関する検討

2016年04月 | (一社)日本病理学会 日本病理学会会誌 105 1 431-431 

その他

熊谷 有紗, 渡部 朱織, 渡邉 雅人, 阿曽 達也, 菊地 良直, 高橋 芳久, 宇於崎 宏

膵癌間質におけるmiR-21、CD10、Podoplanin、Periostinの発現

2016年04月 | (一社)日本病理学会 日本病理学会会誌 105 1 521-521 

その他

柳澤 貴子, 神野 浩光, 高橋 洋子, 吉川 三緒, 森田 茂樹, 宇於崎 宏, 笹島 ゆう子, 近藤 福雄

神経内分泌型非浸潤性乳管癌の1例

2016年03月 | (公社)板橋区医師会 板橋区医師会医学会誌 20 200-200 

その他

柳澤 貴子, 神野 浩光, 高橋 洋子, 吉川 三緒, 森田 茂樹, 宇於崎 宏, 笹島 ゆう子, 近藤 福雄

神経内分泌型非浸潤性乳管癌の1例

2015年10月 | 日本臨床外科学会 日本臨床外科学会雑誌 76 増刊 905-905 

その他

一瀬 隆行, 中川 俊介, 杉原 武, 竹下 茂樹, 福里 利夫, 宇於崎 宏

SRC-3およびERBB2をユビキチンを介して分解するCHIPの子宮内膜癌発症への関与

2015年10月 | 日本癌学会 日本癌学会総会記事 74回 P-2255 

その他

宇於崎 宏城, 窪田 裕幸, 小池 弘太, 池田 誉, 高柳 泰宏

当院における成人腸重積の検討

2015年09月 | (一社)日本消化器内視鏡学会 Gastroenterological Endoscopy 57 Suppl.2 2149-2149 

その他

小池 弘太, 窪田 裕幸, 高柳 泰宏, 池田 誉, 宇於崎 宏城

悪性大腸狭窄による大腸ステントの当院での治療成績

2015年09月 | (一社)日本消化器内視鏡学会 Gastroenterological Endoscopy 57 Suppl.2 2178-2178 

その他

阿曽 達也, 熊谷 有紗, 渡邉 雅人, 森田 茂樹, 高橋 芳久, 宇於崎 宏

胃癌及び胃腺腫におけるARID1A・ARID1B・ARID2の発現状態とその意義

2015年03月 | (一社)日本病理学会 日本病理学会会誌 104 1 306-306 

その他

熊谷 有紗, 渡部 朱織, 渡邉 雅人, 阿曽 達也, 森田 茂樹, 高橋 芳久, 近藤 福雄, 福里 利夫, 宇於崎 宏

CK19陽性肝細胞癌におけるmicroRNA-21の発現

2015年03月 | (一社)日本病理学会 日本病理学会会誌 104 1 415-415 

その他

池田 豊, 近藤 福雄, 東海林 琢男, 齋藤 光次, 石田 毅, 宇於崎 宏, 熊谷 有紗, 渡邉 雅人, 福里 利夫, 佐野 圭二

細胆管細胞癌の形態学的・組織学的検討

2015年03月 | (一社)日本病理学会 日本病理学会会誌 104 1 420-420 

その他

森田 茂樹, 出嶋 仁, 松谷 哲行, 川村 雅文, 近藤 福雄, 宇於崎 宏

10代女性、非喫煙者に発症したPulmonary Langerhans cell histiocytosisの1例

2015年03月 | (一社)日本病理学会 日本病理学会会誌 104 1 444-444 

その他

宇於崎 宏, 深山 正久

【放射線障害の病理】 放射線による細胞死 東海村臨界事故での中性子線大量被ばく

2015年01月 | (株)文光堂 病理と臨床 33 1 50-54 

その他

森田 茂樹, 川本 雅司, 松谷 哲行, 関 順彦, 川村 雅文, 宇於崎 宏

胸腺癌の術前診断で化学療法後に切除した縦隔の絨毛癌の一例

2014年10月 | (NPO)日本肺癌学会 肺癌 54 5 526-526 

その他

一瀬 隆行, 中川 俊介, 杉原 武, 福里 利夫, 宇於崎 宏

タイプ2子宮内膜癌におけるE3 ligase CHIPの強発現(Elevated E3 ligase CHIP expression in type 2 endometrial cancer)

2014年09月 | 日本癌学会 日本癌学会総会記事 73回 J-1003 

その他

杉原 武, 中川 俊介, 一瀬 隆行, 竹下 茂樹, 福里 利夫, 宇於崎 宏

細胞極性の保持に関わる癌抑制蛋白hScribの細胞膜局在の消失は子宮内膜癌再発のバイオマーカーである(Loss of membrane-bound tumor suppressor hScrib is a novel molecular marker for recurrence in endometrial cancer)

2014年09月 | 日本癌学会 日本癌学会総会記事 73回 P-3057 

その他

金子 雅直, 大畠 昭彦, 丸山 保彦, 景岡 正信, 志村 輝幸, 宇於崎 宏城, 渡辺 文利

膵管癒合不全に発生したIPMCの1例

2014年08月 | 肝胆膵治療研究会 肝胆膵治療研究会誌 12 1 112-112 

その他

大野 玲奈, 熊谷 有紗, 森田 茂樹, 高橋 芳久, 宇於崎 宏, 福里 利夫

バスキュラーアクセス血管内膜肥厚におけるmicroRNAの発現

2014年05月 | (一社)日本透析医学会 日本透析医学会雑誌 47 Suppl.1 584-584 

その他

大野 玲奈, 熊谷 有紗, 森田 茂樹, 高橋 芳久, 宇於崎 宏, 福里 利夫

透析患者のバスキュラーアクセスの狭窄病変におけるmicroRNAの発現

2014年03月 | (一社)日本病理学会 日本病理学会会誌 103 1 257-257 

その他

熊谷 有紗, 副島 友莉恵, 渡邉 雅人, 阿曽 達也, 森田 茂樹, 高橋 芳久, 宇於崎 宏, 福里 利夫

肝細胞癌におけるmiR-21発現細胞の特徴と臨床病理学的意義

2014年03月 | (一社)日本病理学会 日本病理学会会誌 103 1 302-302 

その他

副島 友莉恵, 熊谷 有紗, 渡邉 雅人, 井上 雅文, 高橋 芳久, 宇於崎 宏, 沢辺 元司, 福里 利夫

細胆管細胞癌におけるαVβ6、α6β4、α3β1インテグリンと細胞外基質の発現

2014年03月 | (一社)日本病理学会 日本病理学会会誌 103 1 302-302 

その他

佐々木 毅, 伊藤 智雄, 宇於崎 宏, 大橋 健一, 小田 義直, 金井 弥栄, 豊国 伸哉, 豊澤 悟, 日本病理学会将来構想検討委員会

病理医の疫学 2013

2014年03月 | (一社)日本病理学会 日本病理学会会誌 103 1 307-307 

その他

森田 茂樹, 宇於崎 宏, 岡 輝明, 山本 貞裕, 阿曽 達也, 高橋 芳久, 一色 高明, 福里 利夫

急速な経過で死亡した肺高血圧症の1剖検例

2014年03月 | (一社)日本病理学会 日本病理学会会誌 103 1 336-336 

その他

阿曽 達也, 宇於崎 宏, 森田 茂樹, 副島 友莉恵, 熊谷 有紗, 渡邉 雅人, 高橋 芳久, 福里 利夫

胃癌におけるARID1A・ARID1Bの発現状態とその意義

2014年03月 | (一社)日本病理学会 日本病理学会会誌 103 1 380-380 

その他

はじめの一歩のイラスト病理学

2012年11月 | 羊土社  

その他

神保 勝一

消化管がん―臨床医に必要な画像 病理診断の知識と見方

2011年04月 | 日本医事新報社  

その他

深山正久, 大倉康男

胃癌 (腫瘍病理鑑別診断アトラス)

2009年11月 | 文光堂  

その他

がんプロフェッショナル養成講座 腫瘍病理学

2008年05月 | 文光堂  

その他

吉川充浩, 幸山正, 水口英彦, 大石展也, 村川知弘, 深見武史, 中島淳, 宇於崎宏, 長瀬隆英

2年の経過で石灰化病変が増大したアスペルギローマの1例

2007年11月25日 | 日本老年医学会雑誌 44 6 772-773 

その他

菅野 健太郎, 榊 信広

H.pylori発癌のエビデンス

2004年10月 | 医学書院  

その他

武藤 徹一郎, 小西 文雄, 松井 敏幸, 藤盛 孝博

テキスト大腸癌

2002年11月 | 日本メディカルセンター  

その他

石川 充子, 大江 和彦, 開原 成允, 中元 哲也, 梅谷 直享, 吉岡 直紀, 井上 将至, 宇於崎 宏

臨床統計解析のためのソフトウエアFISHER

1991年05月16日 | 日本計算機統計学会 日本計算機統計学会大会論文集 5 11-14