帝京大学
伴 良行

伴 良行 講師

所属キャンパス千葉キャンパス

帝京大学 医学部 医学科 ちば総合医療センター 第三内科学講座

連絡先

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

【経歴】──────────────────────────────

2008年04月

昭和大学医学部内科学講座糖尿病、代謝、内分泌部門助教 〜2012年12月

所属学会

アメリカ甲状腺学会

アメリカ内分泌学会

日本糖尿病学会

日本甲状腺学会

日本内分泌学会

日本内科学会

専門分野

内科系臨床医学 内分泌学

研究テーマ

全ゲノムマッピング、自己免疫性甲状腺疾患、疾患感受性遺伝子、関連解析、連鎖解析、罹患同胞対解析、バセドウ病、橋本病

教育方法・職務上の実績

情報がありません

著書・論文

学術論文

Ban Y, Tozaki T, Taniyama M

The replication of the association of the rs9355610 within 6p27 with Graves' disease.

2013年09月 | 6 Autoimmunity 46 395-398 

学術論文

Taniyama M, Otsuka F, Tozaki T, Ban Y

Thyroid profiles in a patient with resistance to thyroid hormone and episodes of thyrotoxicosis, including repeated painless thyroiditis.

2013年07月 | 7 Thyroid : official journal of the American Thyroid Association 23 898-901 

学術論文

Ban Y

Genetic factors of autoimmune thyroid diseases in Japanese.

2012年 | Autoimmune diseases 2012 236981 

学術論文

Ban Y, Yamamoto G, Takada M, Hayashi S, Ban Y, Shimizu K, Akasu H, Igarashi T, Bando Y, Tachikawa T, Hirano T

Proteomic profiling of thyroid papillary carcinoma.

2012年 | Journal of thyroid research 2012 815079 

学術論文

Ban Y, Tozaki T, Taniyama M, Skrabanek L, Nakano Y, Ban Y, Hirano T

Multiple SNPs in intron 41 of thyroglobulin gene are associated with autoimmune thyroid disease in the Japanese population.

2012年 | 5 PloS one 7 e37501 

学術論文

Taniyama M, Maruyama T, Tozaki T, Nakano Y, Ban Y

Association of PTPN22 haplotypes with type 1 diabetes in the Japanese population.

2010年08月 | 8 Human immunology 71 795-798 

学術論文

Ban Y, Tozaki T, Taniyama M, Nakano Y, Ban Y, Ban Y, Hirano T

Association of the protein tyrosine phosphatase nonreceptor 22 haplotypes with autoimmune thyroid disease in the Japanese population.

2010年08月 | 8 Thyroid : official journal of the American Thyroid Association 20 893-899 

学術論文

Takada M, Ban Y, Yamamoto G, Ueda T, Saito Y, Nishimura E, Fujisawa K, Koide R, Mizutani M, Kozawa T, Shiraishi Y, Bando Y, Tachikawa T, Hirano T

Periostin, discovered by nano-flow liquid chromatography and mass spectrometry, is a novel marker of diabetic retinopathy.

2010年08月 | 2 Biochemical and biophysical research communications 399 221-226 

学術論文

Ban Y, Watanabe T, Suguro T, Matsuyama TA, Iso Y, Sakai T, Sato R, Idei T, Nakano Y, Ota H, Miyazaki A, Kato N, Hirano T, Ban Y, Kobayashi Y

Increased plasma urotensin-II and carotid atherosclerosis are associated with vascular dementia.

2009年06月 | 3 Journal of atherosclerosis and thrombosis 16 179-187 

学術論文

Ban Y, Tozaki T, Taniyama M, Nakano Y, Yoneyama K, Ban Y, Hirano T

Association studies of the IL-23R gene in autoimmune thyroid disease in the Japanese population.

2009年02月 | 2 Autoimmunity 42 126-130 

学術論文

Ban Y, Greenberg DA, Davies TF, Jacobson E, Concepcion E, Tomer Y

'Linkage analysis of thyroid antibody production: evidence for shared susceptibility to clinical autoimmune thyroid disease.

2008年09月 | 9 The Journal of clinical endocrinology and metabolism 93 3589-3596 

学術論文

Menconi F, Monti MC, Greenberg DA, Oashi T, Osman R, Davies TF, Ban Y, Jacobson EM, Concepcion ES, Li CW, Tomer Y

Molecular amino acid signatures in the MHC class II peptide-binding pocket predispose to autoimmune thyroiditis in humans and in mice.

2008年09月 | 37 Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 105 14034-14039 

学術論文

Ban Y, Watanabe T, Miyazaki A, Nakano Y, Tobe T, Idei T, Iguchi T, Ban Y, Katagiri T

Impact of increased plasma serotonin levels and carotid atherosclerosis on vascular dementia.

2007年11月 | 1 Atherosclerosis 195 153-159 

学術論文

Kavvoura FK, Akamizu T, Awata T, Ban Y, Chistiakov DA, Frydecka I, Ghaderi A, Gough SC, Hiromatsu Y, Ploski R, Wang PW, Ban Y, Bednarczuk T, Chistiakova EI, Chojm M, Heward JM, Hiratani H, Juo SH, Karabon L, Katayama S, Kurihara S, Liu RT, Miyake I,

Cytotoxic T-lymphocyte associated antigen 4 gene polymorphisms and autoimmune thyroid disease: a meta-analysis.

2007年08月 | 8 The Journal of clinical endocrinology and metabolism 92 3162-3170 

学術論文

Ban Y, Tozaki T, Tobe T, Ban Y, Jacobson EM, Concepcion ES, Tomer Y

The regulatory T cell gene FOXP3 and genetic susceptibility to thyroid autoimmunity: an association analysis in Caucasian and Japanese cohorts.

2007年06月 | 4 Journal of autoimmunity 28 201-207 

学術論文

Suguro T, Watanabe T, Ban Y, Kodate S, Misaki A, Hirano T, Miyazaki A, Adachi M

Increased human urotensin II levels are correlated with carotid atherosclerosis in essential hypertension.

2007年02月 | 2 American journal of hypertension 20 211-217 

学術論文

Ban Y, Tozaki T, Taniyama M, Tomita M, Ban Y

Association of a C/T single-nucleotide polymorphism in the 5' untranslated region of the CD40 gene with Graves' disease in Japanese.

2006年05月 | 5 Thyroid : official journal of the American Thyroid Association 16 443-446 

学術論文

Hodge SE, Ban Y, Strug LJ, Greenberg DA, Davies TF, Concepcion ES, Villanueva R, Tomer Y

Possible interaction between HLA-DRbeta1 and thyroglobulin variants in Graves' disease.

2006年04月 | 4 Thyroid : official journal of the American Thyroid Association 16 351-355 

学術論文

Ban Y, Tozaki T, Taniyama M, Tomita M, Ban Y

The codon 620 single nucleotide polymorphism of the protein tyrosine phosphatase-22 gene does not contribute to autoimmune thyroid disease susceptibility in the Japanese.

2005年10月 | 10 Thyroid : official journal of the American Thyroid Association 15 1115-1118 

学術論文

Ban Y, Tomer Y

Genetic susceptibility in thyroid autoimmunity.

2005年09月 | 1 Pediatric endocrinology reviews : PER 3 20-32 

学術論文

Golden B, Levin L, Ban Y, Concepcion E, Greenberg DA, Tomer Y

Genetic analysis of families with autoimmune diabetes and thyroiditis: evidence for common and unique genes.

2005年08月 | 8 The Journal of clinical endocrinology and metabolism 90 4904-4911 

学術論文

Ban Y, Tomer Y

Susceptibility genes in thyroid autoimmunity.

2005年03月 | 1 Clinical & developmental immunology 12 47-58 

学術論文

Ban Y, Tozaki T, Taniyama M, Tomita M, Ban Y

Association of a CTLA-4 3' untranslated region (CT60) single nucleotide polymorphism with autoimmune thyroid disease in the Japanese population.

2005年03月 | 2 Autoimmunity 38 151-153 

学術論文

Ban Y, Concepcion ES, Villanueva R, Greenberg DA, Davies TF, Tomer Y

Analysis of immune regulatory genes in familial and sporadic Graves' disease.

2004年09月 | 9 The Journal of clinical endocrinology and metabolism 89 4562-4568 

学術論文

Ban Y, Tozaki T, Taniyama M, Tomita M, Ban Y

Association of a thyroglobulin gene polymorphism with Hashimoto's thyroiditis in the Japanese population.

2004年08月 | 2 Clinical endocrinology 61 263-268 

学術論文

Oppenheim Y, Ban Y, Tomer Y

Interferon induced Autoimmune Thyroid Disease (AITD): a model for human autoimmunity.

2004年07月 | 5 Autoimmunity reviews 3 388-393 

学術論文

Levin L, Ban Y, Concepcion E, Davies TF, Greenberg DA, Tomer Y

Analysis of HLA genes in families with autoimmune diabetes and thyroiditis.

2004年06月 | 6 Human immunology 65 640-647 

学術論文

Ban Y, Greenberg DA, Concepcion E, Skrabanek L, Villanueva R, Tomer Y

Amino acid substitutions in the thyroglobulin gene are associated with susceptibility to human and murine autoimmune thyroid disease.

2003年12月 | 25 Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 100 15119-15124 

学術論文

Tomer Y, Ban Y, Concepcion E, Barbesino G, Villanueva R, Greenberg DA, Davies TF

Common and unique susceptibility loci in Graves and Hashimoto diseases: results of whole-genome screening in a data set of 102 multiplex families.

2003年10月 | 4 American journal of human genetics 73 736-747 

学術論文

Ban Y, Tomer Y

The contribution of immune regulatory and thyroid specific genes to the etiology of Graves' and Hashimoto's diseases.

2003年09月 | 6-7 Autoimmunity 36 367-379 

学術論文

Oppenheim Y, Kim G, Ban Y, Unger P, Concepcion E, Ando T, Tomer Y

The effects of alpha interferon on the development of autoimmune thyroiditis in the NOD H2h4 mouse.

2003年06月 | 2-4 Clinical & developmental immunology 10 161-165 

学術論文

Ban Y, Greenberg DA, Concepcion ES, Tomer Y

A germline single nucleotide polymorphism at the intracellular domain of the human thyrotropin receptor does not have a major effect on the development of Graves' disease.

2002年12月 | 12 Thyroid : official journal of the American Thyroid Association 12 1079-1083 

学術論文

Ban Y, Davies TF, Greenberg DA, Concepcion ES, Tomer Y

The influence of human leucocyte antigen (HLA) genes on autoimmune thyroid disease (AITD): results of studies in HLA-DR3 positive AITD families.

2002年07月 | 1 Clinical endocrinology 57 81-88 

学術論文

Tomer Y, Greenberg DA, Concepcion E, Ban Y, Davies TF

Thyroglobulin is a thyroid specific gene for the familial autoimmune thyroid diseases.

2002年01月 | 1 The Journal of clinical endocrinology and metabolism 87 404-407 

その他

広村宗範, 伴良行, 九島秀樹, 富田高臣, 山本咲, 平野勉

当院における副腎偶発腫49例の臨床学的検討

2013年04月01日 | 日本内分泌学会雑誌 89 1 337 

その他

伴良行, 戸崎晃明, 谷山松雄, 伴良雄, 平野勉

中国人バセドウ病(GD)でのゲノムワイド関連解析によって同定された新規GD疾患感受性領域4p14及び6q27の日本人GDでの検証

2013年04月01日 | 日本内分泌学会雑誌 89 1 223 

その他

広村宗範, 伴良行, 戸崎晃明, 谷山松雄, 平野勉

甲状腺ホルモン受容体β遺伝子の新規変異を認めた1例

2012年12月20日 | 日本内分泌学会雑誌 88 3 1021 

その他

寺崎道重, 伴良行, 原賀子, 福井智康, 平野勉

意識障害,低血糖,低体温,全身浮腫で救急搬送された粘液水腫性昏睡の1例

2012年10月23日 | 日本甲状腺学会雑誌 3 2 123-126 

その他

寺崎道重, 原賀子, 福井智康, 伴良行, 平野勉

診断基準(第3次案)の必須項目,症候・検査項目をすべて満たしていた粘液水腫性昏睡の1例

2012年09月20日 | 日本内分泌学会雑誌 88 2 525 

その他

伴良行, 戸崎晃明, 谷山松雄, 伴良雄, 平野勉

日本人自己免疫性甲状腺疾患におけるサイログロブリン遺伝子のSNP及びハプロタイプ解析

2012年09月20日 | 日本内分泌学会雑誌 88 2 522 

その他

広村宗範, 伴良行, 戸崎晃明, 谷山松雄, 平野勉

甲状腺ホルモン受容体β遺伝子の新規変異を認めた甲状腺ホルモン不応症の1例

2012年09月20日 | 日本内分泌学会雑誌 88 2 515 

その他

伴良行, 岩井信市, 山本剛, 中西孝子, 斎藤雄太, 植田俊彦, 谷山義明, 森下竜一, 立川哲彦, 小出良平, 平野勉

高酸素負荷網膜症ラットにおける網膜のペリオスチンアイソフォームの発現

2012年04月25日 | 糖尿病 55 Supplement 1 S.222 

その他

伴良行, 岩井信市, 山本剛, 中西孝子, 斎藤雄太, 植田俊彦, 谷山義明, 森下竜一, 立川哲彦, 小出良平, 平野勉

高酸素負荷網膜症ラットにおける網膜のペリオスチンアイソフォームの発現

2012年04月01日 | 日本内分泌学会雑誌 88 1 362 

その他

福井智康, 原賀子, 友安雅子, 伴良行, 平野勉

亜急性甲状腺炎の併発により糖尿病性ケトーシスに至った2型糖尿病の1例

2012年 | 日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会プログラム抄録集 13th 69 

その他

寺崎道重, 原賀子, 福井智康, 伴良行, 平野勉

粘液水腫性昏睡の一例

2011年12月20日 | 日本内分泌学会雑誌 87 3 930 

その他

伴良雄, 伴良久, 伴良行, 福成信博

甲状腺外科の進歩 甲状腺疾患の診断と治療方針

2011年10月01日 | 外科治療 105 4 313-318 

その他

伴 良雄, 伴 良久, 伴 良行

甲状腺疾患の診断と治療方針 (特集 甲状腺外科の進歩)

2011年10月 | 永井書店 外科治療 105 4 313-318 

その他

伴良行, 山本剛, 高田道哉, 伴良雄, 清水一雄, 赤須東樹, 五十嵐健人, 立川哲彦, 平野勉

甲状腺乳頭癌の組織切片を用いたプロテオーム解析による新規乳頭癌特異的蛋白の同定

2011年09月20日 | 日本内分泌学会雑誌 87 2 511 

その他

伴良行, 岩井信市, 山本剛, 中西孝子, 斎藤雄太, 植田俊彦, 谷山義明, 森下竜一, 立川哲彦, 小出良平, 平野勉

高酸素負荷網膜症ラットにおける網膜のペリオスチンアイソフォームの発現

2011年09月14日 | 糖尿病合併症 25 Supplement 1 80 

その他

伴良行, 高田道哉, 山本剛, 植田俊彦, 斎藤雄太, 水谷正一, 立川哲彦, 平野勉

糖尿病網膜症増殖膜を用いた新規関連蛋白「ペリオスチン」の同定

2011年04月25日 | 糖尿病 54 Supplement 1 S.222 

その他

中澤紗矢香, 林俊行, 納冨香子, 赤岡利香, 井門京子, 小橋京子, 土屋明子, 友安雅子, 大野香代子, 野木孝准, 寺崎道重, 森田亮, 李相翔, 徳野杏奈, 長嶋理晴, 森雄作, 山本剛史, 勝呂俊昭, 高田道哉, 原賀子, 福井智康, 伴良行, 平野勉

2型糖尿病患者において低HDL3血症はABI値の低下と相関する

2011年04月25日 | 糖尿病 54 Supplement 1 S.220 

その他

伴良行, 高田道哉, 山本剛, 植田俊彦, 斉藤雄太, 水谷正一, 立川哲彦, 平野勉

プロテオーム解析による糖尿病網膜症の新規関連蛋白であるペリオスチンの同定

2011年04月01日 | 日本内分泌学会雑誌 87 1 374 

その他

伴良行, 谷山松雄, 伴良雄, 平野勉

インスリンの自律性分泌が疑われる特発性低血糖の1例

2011年 | 日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会プログラム抄録集 11th 53 

その他

長嶋理晴, 伴良行, 森田亮, 井門京子, 平野勉, 清水一雄, 五十嵐健人

可逆性脳血管攣縮症候群の発症により発見された褐色細胞腫の1例

2010年12月20日 | 日本内分泌学会雑誌 86 3 703 

その他

高田道哉, 伴良行, 山本剛, 植田俊彦, 齋藤雄太, 藤澤邦見, 小出良平, 小沢忠彦, 白石祐司, 立川哲彦, 平野勉

ペリオスチン:糖尿病網膜症の新しいマーカー

2010年10月01日 | 糖尿病合併症 24 Supplement 1 52 

その他

伴良行, 戸崎晃明, 谷山松雄, 伴良雄, 伴良久, 平野勉

日本人自己免疫性甲状腺疾患(AITD)におけるPTPN22遺伝子のSNP及びハプロタイプ解析

2010年09月20日 | 日本内分泌学会雑誌 86 2 287 

その他

林俊行, 納冨香子, 中澤紗矢香, 李相翔, 森田亮, 中西賀子, 高田道哉, 徳野杏奈, 長嶋理晴, 森雄作, 勝呂俊昭, 福井智康, 伴良行, 平野勉

ピオグリタゾンの質的脂質改善作用と動脈硬化関連因子との関係

2010年04月25日 | 糖尿病 53 Supplement 1 S.109 

その他

伴良行

最近の糖尿病薬物治療の進歩―糖尿病治療の目指すもの―遺伝的要因に基づく薬物の選択―オーダーメイド医療をめざす―

2010年02月28日 | 昭和医学会雑誌 70 1 52-57 

その他

福井智康, 李相翔, 原賀子, 長嶋理晴, 伴良行, 平野勉

腎癌に対するインターフェロン療法後に自己免疫性1型糖尿病と潜在性甲状腺機能低下を認めた1例

2010年02月20日 | Diabetes Front 21 1 106-110 

その他

高田道哉, 林俊行, 山尾さや香, 李相翔, 中西賀子, 森田亮, 徳野杏奈, 長嶋理晴, 森雄作, 勝呂俊昭, 福井智康, 伴良行, 平野勉

強化インスリン療法の24時間血圧に及ぼす影響

2010年01月 | 日本成人病(生活習慣病)学会会誌 36 91 

その他

高田道哉, 林俊行, 山尾さや香, LEE Soushou, 原賀子, 森田亮, 徳野杏奈, 長嶋理晴, 森雄作, 勝呂俊昭, 福井智康, 伴良行, 平野勉

2型糖尿病における強化インスリン療法の自由行動下血圧変動に及ぼす影響

2009年12月01日 | 日本臨床生理学会雑誌 39 6 273-278 

その他

伴良行, 山本剛, 高田道哉, 伴良雄, 清水一雄, 赤須東樹, 五十嵐健人, 立川哲彦, 平野勉

甲状腺乳頭癌の組織切片を用いたプロテオーム解析による診断マーカーの探索

2009年09月20日 | 日本内分泌学会雑誌 85 2 490 

その他

伴良雄, 伴良久, 伴良行, 福成信博

内分泌疾患の検査と治療 甲状腺機能異常

2009年08月25日 | 月刊医学と薬学 62 2 149-155 

その他

寺崎道重, 高田道哉, 長嶋理晴, 福井智康, 伴良行, 平野勉

産後無痛性甲状腺炎を契機にアルコール性ケトアシドーシスと反応性低血糖を合併した1例

2009年06月30日 | 糖尿病 52 6 489 

その他

森田亮, 長嶋理晴, 李相翔, 高田道哉, 山本剛史, 勝呂俊昭, 林俊行, 福井智康, 伴良行, 平野勉

強化インスリン療法導入中の2型糖尿病患者における中間型インスリンからinsulin detemirへの変更の有用性

2009年04月25日 | 糖尿病 52 Supplement 1 S.241 

その他

長嶋理晴, 森田亮, 李相翔, 高田道哉, 山本剛史, 勝呂俊昭, 林俊行, 福井智康, 伴良行, 平野勉

強化インスリン療法導入中の1型糖尿病患者における中間型インスリンからinsulin detemirへの変更の有用性

2009年04月25日 | 糖尿病 52 Supplement 1 S.307 

その他

高田道哉, 林俊之, 山尾さや香, 伴良行, 福井智康, 勝呂俊昭, 長嶋理晴, 森雄作, 山本剛史, 中西賀子, 森田亮, 李相翔, 平野勉

2型糖尿病における強化インスリン療法の自由行動下血圧変動に及ぼす影響

2009年04月25日 | 糖尿病 52 Supplement 1 S.197 

その他

林俊行, 高田道哉, 山尾さや香, 伴良行, 福井智康, 勝呂俊昭, 長嶋理晴, 森雄作, 山本剛史, 李相翔, 森田亮, 中西賀子, 平野勉

2型糖尿病患者における夜間血圧変動パターンと脂質代謝異常

2009年04月25日 | 糖尿病 52 Supplement 1 S.295 

その他

阿部琢巳, 谷岡大輔, 伴良行, 谷山松雄, 廣井直樹

クッシング病の治療・外科的立場から

2009年04月20日 | 日本内分泌学会雑誌 85 1 182 

その他

伴良行, 戸崎晃明, 谷山松雄, 中野泰子, 伴良雄, 平野勉

日本人自己免疫性甲状腺疾患(AITD)とIL‐23受容体(IL‐23R)遺伝子多型との疾患関連性の検討

2009年04月20日 | 日本内分泌学会雑誌 85 1 360 

その他

長嶋理晴, 伴良行, 高田道哉, 寺崎道重, 平野勉

AKAと反応性低血糖を合併した無痛性甲状腺炎の1例

2008年12月20日 | 日本内分泌学会雑誌 84 3 883 

その他

伴良行, TOMER Yaron, GREENBERG David, 平野勉

欧米白人自己免疫性甲状腺疾患(AITD)102家系を用いた甲状腺自己抗体(TAb)感受性遺伝子座の同定

2008年09月20日 | 日本内分泌学会雑誌 84 2 412 

その他

伴良行, 渡部琢也, 宮崎章, 出井恒規, 加藤進昌, 伴良雄, 小林洋一, 平野勉

アルツハイマー病患者におけるピタバスタチンの認知機能改善作用

2008年07月20日 | Ther Res 29 7 1171-1174 

その他

伴良行, 渡部琢也, 宮崎章, 松山高明, 太田秀一, 出井恒規, 加藤進昌, 佐藤龍次, 伴良雄, 小林洋一

血漿ウロテンシンII増加と頸動脈硬化は血管性認知症の危険因子である

2008年06月27日 | 日本動脈硬化学会総会・学術集会プログラム・抄録集 40th 244 

その他

伴良行, 渡部琢也, 宮崎章, 松山高明, 太田秀一, 出井恒規, 加藤進昌, 佐藤龍次, 伴洋雄, 小林洋一

血漿ウロテンシンII増加と頸孫脈硬化は血管性認知症の危険因子である

2008年04月25日 | 糖尿病 51 Supplement 1 S.220 

その他

谷山松雄, 丸山太郎, 戸崎晃明, 伴良行

日本人1型糖尿病におけるPTPN22遺伝子のSNPおよびハプロタイプ解析

2008年04月25日 | 糖尿病 51 Supplement 1 S.111 

その他

飯田志織, 丸山太郎, 戸崎晃明, 伴良行, 飯坂徹, 斉木亮, 谷山松雄

1型糖尿病におけるZFAT遺伝子多型の検討

2008年04月20日 | 日本内分泌学会雑誌 84 1 241 

その他

伴良行, 渡部琢也, 宮崎章, 松山高明, 太田秀一, 出井恒規, 加藤進昌, 佐藤龍次, 伴良雄, 小林洋一

血漿ウロテンシンII増加と頸動脈硬化は血管性認知症の危険因子である

2008年04月20日 | 日本内分泌学会雑誌 84 1 202 

その他

伴良行, 渡部琢也, 宮崎章, 松山高明, 中野泰子, 出井恒規, 加藤進昌, 佐藤龍次, 伴良雄, 小林洋一

ウロテンシンIIの血中レベルの増加は血管性認知症の危険因子である

2007年09月20日 | 日本内分泌学会雑誌 83 2 598 

その他

伴良行, YARON Tomer, 戸崎晃明, 谷山松雄, 伴良雄

自己免疫性甲状腺疾患とFOXP3遺伝子多型との疾患関連性の検討

2007年09月20日 | 日本内分泌学会雑誌 83 2 317 

その他

伴良行, 渡部琢也, 宮崎章, 中野泰子, 戸部敵, 出井恒規, 井口喬, 伴良雄, 片桐敬

血管性認知症におけるセロトニンの血中レベルの増加と動脈硬化の関与

2007年06月28日 | 昭和医学会雑誌 67 3 255-256 

その他

伴良行, 伴良行, 渡部琢也, 出井恒規, 大坪天平, 伴良雄, 片桐敬

ピタバスタチンは血清脂質低下および頸動脈硬化退縮に伴って認知機能を改善させる

2007年06月27日 | 日本動脈硬化学会総会・学術集会プログラム・抄録集 39th 284 

その他

佐藤龍次, 原秀雄, 伴良行, 伴良雄, 荒田義久, 片桐敬

自己免疫性甲状腺疾患患者における血中LIGHT濃度との関連

2007年04月20日 | 日本内分泌学会雑誌 83 1 169 

その他

伴良雄, 伴良行

研修医のための診断・治療マニュアル/甲状腺疾患 鑑別すべき類似の内科的疾患

2006年09月30日 | 内分泌外科 23 3 159-163 

その他

伴 良雄, 伴 良行

鑑別すべき類似の内科的疾患

2006年09月30日 | 内分泌外科 = Endocrine surgery 23 3 159-163 

その他

伴良行, 戸崎晃明, 谷山松雄, 伴良雄

日本人自己免疫性甲状腺疾患とPTPN22遺伝子多型との疾患関連性の検討

2006年09月20日 | 日本内分泌学会雑誌 82 2 282 

その他

伴良雄, 伴良行, 福成信博

甲状腺 甲状腺腫瘍 甲状腺嚢胞

2006年05月28日 | 日本臨床 465-468 

その他

伴良行, 戸崎晃明, 谷山松雄, 伴良雄

日本人自己免疫性甲状腺疾患(AITD)とCD40遺伝子多型との疾患関連性の検討

2006年04月20日 | 日本内分泌学会雑誌 82 1 120 

その他

伴良行, 伴良雄

血液生化学検査/血液ガス・電解質・微量金属 Ca/P

2005年11月30日 | Medicina 42 12 276-278 

その他

伴良行, SUSAN Hodge, DAVID Greenberg, TERRY Davies, YARON Tomer, 伴良雄

バセドウ病におけるHLA‐DRB1遺伝子多型とサイログロブリン遺伝子多型との相互作用

2005年09月20日 | 日本内分泌学会雑誌 81 2 311 

その他

伴良行, 戸崎晃明, 谷山松雄, 伴良雄

日本人自己免疫性甲状腺疾患(AITD)におけるサイログロブリン遺伝子の一塩基多型(SNP)解析

2005年04月20日 | 日本内分泌学会雑誌 81 1 122 

その他

伴良行, 戸崎晃明, 谷山松雄, 伴良雄

日本人自己免疫性甲状腺疾患(AITD)患者におけるサイログロブリン遺伝子の一塩基置換多型(SNP)解析

2004年09月20日 | 日本内分泌学会雑誌 80 2 307 

その他

伴良行, 戸崎輝明, 伴良雄

日本人自己免疫性甲状腺疾患におけるサイログロブリン遺伝子の関連解析

2004年04月20日 | 日本内分泌学会雑誌 80 1 151 

その他

伴良行, 戸崎輝明, 伴良雄

日本人自己免疫性甲状腺疾患患者におけるサイログロブリン遺伝子の関連解析

2003年09月20日 | 日本内分泌学会雑誌 79 2 312 

その他

伴良行, 伴良雄, 長田篤雄, 伊藤公一

TRAb‐humanはバセドウ病の診断,病態の把握に有用か

2003年08月25日 | 月刊医学と薬学 50 2 199-203 

その他

伴良雄, 伴良行, 福成信博

甲状腺疾患にPEITはどこまで有用か?

2003年07月15日 | モダンフィジシャン 23 7 1152-1154 

その他

伴 良行, 伴 良雄, 伊藤 公一

バセドウ病寛解女性における骨塩量, 骨代謝マーカーとビタミンD受容体遺伝子Fok1多型の検討

2003年05月30日 | 日本骨形態計測学会雑誌 = Journal of Japanese Society of Bone Morphometry 13 2  

その他

谷山松雄, 伴良行, 伴良雄, 丸山太郎

ビタミンD受容体遺伝子多型と自己免疫性内分泌疾患

2002年02月20日 | 日本内科学会雑誌 91 264 

その他

伴良行, 谷山松雄, 伴良雄

ビタミンD受容体遺伝子多型と自己免疫性甲状腺疾患との疾患関連性の検討

2001年04月20日 | 日本内分泌学会雑誌 77 1 115 

その他

伴良行, 谷山松雄, 柳川達生, 山田悟, 丸山太郎, 春日明, 伴良雄

ビタミンD受容体遺伝子多型と1型糖尿病との疾患関連性の検討

2001年03月20日 | 糖尿病 44 Supplement 1 S.81 

その他

谷山松雄, 戸崎晃明, 王敵, 鈴木吉彦, 伴良行, 片桐敬, 伴良雄

糖尿病性腎症透析患者のアルドースリダクターゼ遺伝子マイクロサテライト多型

2000年04月20日 | 糖尿病 43 Supplement 1 S. 149 

その他

谷山松雄, 伴良行, 伴良雄, 宇佐見真一

甲状腺ヨード有機化障害が境界域のPendred症候群における遺伝子診断の有用性

2000年04月20日 | 日本内分泌学会雑誌 76 1 198 

その他

伴良行, 谷山松雄, 戸崎晃明, 柳川達生, 山田悟, 丸山太郎, 春日明, 伴良雄

CTLA‐4マイクロサテライト遺伝子多型と成人発症1型糖尿病との関連

2000年04月20日 | 糖尿病 43 Supplement 1 S.126 

その他

伴良行, 戸崎晃明, 谷山松雄, 伴良雄

エストロゲン受容体(ER)遺伝子多型がバセドウ病患者の骨代謝に与える影響

2000年04月20日 | 日本内分泌学会雑誌 76 1 128 

その他

伴良雄, 長倉穂積, 福成信博, 吉村弘, 伴良行, 谷山松雄

甲状腺・副甲状腺の新しい手術法・治療法 PEIT(経皮エタノール注入療法)適応と問題点 バセドウ病のPEIT療法

2000年04月01日 | ホルモンと臨床 48 4 339-345 

その他

伴 良雄, 長倉 穂積, 福成 信博, 吉村 弘, 伴 良行, 谷山 松雄

バセドウ病のPEIT療法

2000年04月01日 | ホルモンと臨牀 48 4 53-59 

その他

谷山松雄, 柴田洋孝, 安藤孝, 笹野公伸, 大塚敏彦, 伴良行, 猿田享男, 村井勝, 伴良雄

一側副腎にアルドステロン産生腫ようとコルチゾール産生腫ようが併存し,preclinical Cushing症候群を伴う原発性アルドステロン症の病態を呈した一例

2000年02月20日 | 日本内分泌学会雑誌 76 86 

その他

伴良行, 伴良雄, 谷山松雄, 片桐敬

副腎皮質ホルモン製剤の内服で急性増悪を繰り返し局注が有効であった橋本病の一例

2000年02月20日 | 日本内分泌学会雑誌 76 110 

その他

谷山松雄, 伴良行, 伴良雄, 牧野文則, 百渓尚子, 伊藤公一

甲状腺ホルモン受容体β遺伝子exon9に変異を見出した甲状腺ホルモン不応症の2家系

2000年02月20日 | 日本内科学会雑誌 89 196 

その他

伴良雄, 福成信博, 北川亘, 伴良行, 谷山松雄, 鳥屋城男

ケアにつながる解剖・生理学事典 生検のための解剖・生理学 甲状腺生検

1999年11月25日 | 臨床看護 25 13 1965-1968 

その他

堀江均, 春木寿美, 伴良行, 原秀雄, 谷山松雄, 伴良雄

各種抗サイログロブリン抗体および抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体測定法の比較検討

1999年07月25日 | 月刊医学と薬学 42 1 144-159 

その他

川内章裕, 森田嘉生, 鳥屋城男, 服部博之, 鰐部幹男, 伴良行, 伴良雄, 草野満夫

超音波診断update スクリーニングから精査の時代へ 甲状腺の腫りゅう性疾患 カラードプラ

1998年10月 | 臨床放射線 43 11 1358-1362 

その他

伴良雄, 森田嘉生, 浜田昇, 伴良行, 杉田江里, 長倉穂積, 原秀雄, 谷山松雄, 田代善久

ダイレックス・メディカル・システムズ社製デクサスキャンDX‐10によるとう骨骨塩量の測定

1997年09月 | 月刊医学と薬学 38 3 547-554 

その他

伴良雄, 伴良行

甲状腺疾患 プライマリケアでの実践・専門医との連携 橋本病への適切な対処法

1997年04月 | 臨床と薬物治療 16 4 329-332 

その他

佐藤 龍次, 伴 良雄, 原 秀雄, 杉田 江里, 伴 良行, 榎本 詳, 森田 嘉生, 長倉 穂積, 海原 正宏, 谷山 松雄, 王 敵

化学発光法を用いたアマライトTSH-30キットの基礎的ならびに臨床的検討

1996年03月01日 | ホルモンと臨牀 44 3 69-81 

その他

佐藤龍次, 伴良雄, 原秀雄, 杉田江里, 伴良行, 榎本詳, 森田嘉生, 長倉穂積, 王敵

化学発光法を用いたアマライトTSH‐30キットの基礎的ならびに臨床的検討

1996年03月 | ホルモンと臨床 44 3 307-319 

その他

原秀雄, 佐藤龍次, 海原正宏, 杉田江里, 伴良行, 谷山松雄, 伴良雄

超高感度測定法アマライトTSH30の臨床応用への有用性の検討

1995年07月 | 診療と新薬 32 7 1346-1349