帝京大学

勝田 映子 教授

EIKO KATSUTA

所属キャンパス八王子キャンパス

帝京大学 教育学部 初等教育学科

教師は教えるプロであるだけではありません。学びのプロでもなければなりません。子どもと共に学び、自分で自分を育てていく仕事なのです。社会の変化の激しい今日、身に付けた知識は刻々と塗り替えられていきます。常に学び続け、新しい時代を見据えた柔軟で多面的な思考をこの帝京大学という場で培っていきませんか。

連絡先

メールアドレス

電話番号

042-678-3241

FAX番号

042-678-3241

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

2012年09月

< 学 歴 >
お茶の水女子大学大学院 人間文化創成科学研究科 人間発達科学専攻博士課程前期修了 修士(人文科学)

1978年04月

< 職 歴 >
東京都内公立小学校教諭 (~2004年3月まで)

2004年04月

筑波大学附属小学校教諭(~2014年3月まで)

2013年04月

筑波大学人間学群教育学域非常勤講師(~2015年3月まで)

2013年04月

十文字女子大学人間生活学部児童教育学科非常勤講師(~現在に至る)

2014年04月

帝京大学教育学部講師

2015年04月

帝京大学教育学部准教授

2017年04月

帝京大学教育学部教授

所属学会

2008年04月

日本家庭科教育学会

2012年04月

日本発達心理学会

2016年04月

日本教材学会

専門分野

家庭科教育 住環境教育 食育

研究テーマ

・児童期における生活的自立性の発達
・ESDの視点に立脚した家庭科教育
・学校・園における食育指導法

教育方法・職務上の実績

教育方法

1  作成した教科書、教材(単著)
 ・『環境ワークノート』,塩ビ工業・環境協会、塩化ビニール環境協会,教育図書,2008年
・『小学生のための『問題解決力』養成講座:大豆のはなし』,プレジデント社,2010年
 ・『小学生のための『問題解決力』養成講座:免疫力を高める食事』,プレジデント社,2010年

(共著)
 ・『わたしたちが育てるまちとたてもの』,(社)建築・設備維持保全協会,2005年
 ・『小学生のためのエネルギー副読本 ひらけ!エネルギーのとびら』経済産業省資源エネルギー庁,2008年
 ・『同 解説編(指導書)』経済産業省資源エネルギー庁,2008年
 
 ・小学校家庭科用文部科学省検定済教科書『新しい家庭5・6』,東京書籍,
2000年,2003年,2005年,2008年
 ・同上 『新しい家庭5・6 教師用指導書』教師用指導書,東京書籍,
  2000年,2003年,2005年,2008年

 ・VHSビデオ『ビジュアル家庭科実践講座 自ら課題を見つけ、高め合う体験
的な学習ー夏を気持ちよく過ごそう』,ニチブン,1998年
 ・DVD『新しい家庭5・6』,東京書籍,2008年

2 教育関係機関ならびに組織の委員、講師等
 ・文部科学省 学習指導要領作成協力委員(小学校家庭科)(平成29年6月~
                             平成30年2月)
 ・文部科学省 学習指導要領作成協力委員(小学校家庭科)(平成18年4月                           ~平成20年5月)
 ・文部科学省 教員免許状更新講習(筑波大学会場)講師(平成21年11月,
                         平成22年8月,11月)
 ・東京都消費生活総合センター派遣講師(平成13年4月~現在に至る)
 ・千葉県食育推進モデル校研究支援講師(平成18年4月~平成20年3月末)
 ・千葉県東葛地方小中学校給食連絡協議会 食育講師(平成19年11月)
 ・千葉県教育庁平成21年度学校・家庭・地域で取り組む食育推進大会講師

 ・文部科学省検定済教科書 小学校家庭科『新しい家庭5・6』(東京書籍)                編集・執筆委員(平成12年~現在に至る)           
 
 
 

職務上の実績

1 社会的活動
 A 公的機関・組織関係
 ・農林水産省関東農政局食農教育推進委員(平成13年4月~15年3月末)
 ・農林水産省関東農政局統計職員研修講師(食農教育)(平成15年10月)
 ・経済産業省中央環境審議会廃棄物・リサイクル部会(懇談会),産業構造審  議会環境部会廃棄物・リサイクル小委員会,容器包装リサイクルワーキング
  グループ同号会議参考人(小学校における環境教育)(平成16年10月)
 ・国土交通省住宅局 住教育の推進方策に関する調査委員(平成18年4月~                           平成20年3月末)
 B 法人組織関係
 ・(財団法人)社会経済生産性本部・エネルギー環境教育情報センター編集委   員カリキュラム・教材作成委員(平成10年4月~平成24年3月末)
 ・(社団法人)食品容器包装美化協会 環境教育委員(平成12年4月~平成                             14年3月末)
 ・(社)日本教材備品協会 教材研究委員(平成14年4月~平成18年3月                                   末)
 ・(社)建築・設備維持保全推進協会 教材編集委員(平成16年4月~17年                                3月末)
 ・(社)住宅生産団体連合会 住教育委員(平成17年7月~現在に至る)
 ・(社)住宅生産団体連合会 「まちやすまいの絵本コンクール」審査委員
                     (平成19年6月~現在に至る)
 ・(財)住宅研究総合財団 住教育委員・住教育推進助成審査委員(平成20                          年4月~現在に至る)
 ・(財)日本住宅総合センター 住教育の推進に関する調査研究委員(平成                       20年10月~平成24年3月末)
 ・(財)ベターリビング協会ブルー&グリーン作文コンクール審査委員(平成
                      21年1月~平成24年3月末)
 ・(財)都市文化振興財団 景観まちづくり学習検討委員・景観まちづくり学     習推進助成審査会委員(平成21年4月~現在に至る)
 ・(一般社団法人)産業環境管理協会 3R学習推進委員(平成24年4月~
                              現在に至る)
 ・(一社)新エネルギー環境教育情報センター エネルギー教育ガイドライン
      改訂委員会委員(平成24年4月~平成25年3月まで)


著書・論文

共著

長澤由喜子編、勝田映子他著

『小学校 新学習指導要領の展開』

2017年11月01日 | 明治図書 

共著

岡陽子、鈴木明子編勝田映子他著

『平成29年改訂 小学校教育課邸実践講座 家庭』

2017年12月15日 | ぎょうせい 

共著

牧野カツ子監修勝田映子他著

『アクティブ・ラーニングが育てるこれからの家庭科』

2017年03月05日 | 地域教材社 

単著

勝田映子

『小学校家庭科授業成功の極意』

2016年04月01日 | 明治図書 

単著

『子どものよさを活かす家庭科授業ー出会う・かかわる・つくり出すー』

2010年03月 | 初等教育研究会/不昧堂出版 

共著

『改訂 小学校学習指導要領の展開 家庭編』

1998年08月 | 明治図書 

共著

『通常学級におけるLD・ADHD・高機能自閉症の指導ーつまづきのある子の学習支援と学級経営』

2003年11月 | 東洋館出版社 

共著

『子どもたちの生活世界』

2005年08月 | 日本教育研究センター 

共著

『エネルギー教育ガイドライン』

2006年05月 | (財)社会経済生産性本部・エネルギー環境情報センター 

共著

『国際教育協力ハンドブック』

2008年03月 | 筑波大学附属小学校国際教育拠点形成プロジェクト 

共著

『子ども力を高める授業ー活用する力、○○科好きを育てる』

2008年03月 | 図書文化社 

共著

『小学校学習指導要領の解説と展開』

2008年08月 | 教育出版 

共著

『授業力UP 家庭科の授業』

2008年10月 | 日本標準 

共著

『小学校学習指導要領ポイントと授業づくり』

2008年12月 | 東洋館出版社 

共著

『小学校新学習指導要領の展開』

2009年09月 | 明治図書 

共著

『できますか?教えられますか?家庭科の基本』

2012年04月 | 学研教育みらい 

共著

『小学校家庭科の授業づくりと評価』

2012年07月 | 明治図書 

共著

『筑波大学附属小学校の『独創』の教育-自分らしさとその人らしさを認め合う授業づくりー』

2012年07月 | 図書文化社 

共著

『新編 生活主体を育むー探究する力をつける家庭科ー』

2013年05月 | ドメス出版