帝京大学

 

藤井隆至

帝京大学
経済学部
経済学科

藤井隆至 教授 ふじいたかし

Fujii Takashi

大学は、社会人となるための準備をする教育機関です。帝京大学は、生き方の哲学として、「自分流」を教育理念として掲げています。帝京大学では、一人ひとりの学生が自分のなすべきことを見つけだし、自分の個性を生かすために知識や技術を習得し、行動する人間、自分の言動の結果について責任のもてる人間を育てていきます。各自がその教育理念を実現するためには、しっかり勉強しなければなりません。大学での授業を通して、私もそのことに貢献したいと考えています。

連絡先

メールアドレス
電話番号 042-678-3402

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

1971年06月30日

  

東京大学経済学部卒業

1973年06月30日

  

東京大学大学院経済学研究科修士課程修了(経済学修士)

1978年03月31日

  

東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得満期退学

1995年06月01日

  

博士(経済学)取得(論文)

1980年02月16日

  

新潟大学経済学部講師(~1982.3.)

1982年04月01日

  

新潟大学経済学部助教授(~1990.3.)

1990年04月01日

  

新潟大学経済学部教授(~2014.3.)

1998年04月01日

  

新潟大学経済学部長・経済学研究科長(~2000.3.)

2001年04月01日

  

新潟大学大学院現代社会文化研究科長(~2005.3.)

2012年04月01日

  

新潟大学経済学部長(~2014.3.)

2014年04月01日

  

帝京大学経済学部教授(「現在に至る」)

所属学会

1973年10月01日

社会経済史学会(「現在に至る」)

1983年06月01日

日本経済思想史学会(「現在に至る」)
 代表幹事(2008.6.~2012.6.)

専門分野
近代日本経済史、現代日本経済史、日本経済論
研究テーマ
日本経済思想史
所属キャンパス
八王子キャンパス

教育方法・職務上の実績

教育方法
日本経済思想史に関する教科書として、『日本の経済思想四百年』(1990年、日本経済評論社)を共編著として発行したほか、テッサ・モーリス-鈴木の『日本の経済思想』(1991年、岩波書店)も翻訳、出版した。
職務上の実績
新潟大学では、地域貢献活動として、国・県・市の審議会で委員や会長を歴任した。国では新潟地方労働審議会(厚生労働省)、県では新潟県消費生活審議会、市では新潟市都市計画審議会などで会長をつとめてきた。

著書・論文

区分 発行年月、著書・論文名、発行元
単著

『遠野物語』を読もう

2010年07月 | 新潟日報事業社 

単著

評伝日本の経済思想 柳田国男

2008年08月 | 日本経済評論社 

共編著

現代経済学事典

2004年09月 | 岩波書店 

共編著

経済思想史辞典

2000年06月 | 丸善 

共著

日本史小百科 経済思想

1998年09月 | 東京堂 

単著

柳田国男 経世済民の学

1995年09月 | 名古屋大学出版会 

共著

市場と地域

1993年11月 | 日本経済評論社 

共著

日本の経済思想四百年

1990年06月 | 日本経済評論社 

共編著

柳田国男談話稿

1987年04月 | 法政大学出版局 

編著

日本農業新聞雑誌所蔵機関目録1868-1945

1986年09月 | 日本経済評論社 

編著

柳田国男農政論集

1975年07月 | 法政大学出版局 



ご利用にあたって
プライバシーポリシー
教職員専用
Copyright(C) 2006 Teikyo University. All Rights Reserved