帝京大学

 

西沢 保

帝京大学
経済学部
経済学科

西沢 保 教授 にしざわ たもつ

Nishizawa Tamotsu

連絡先

メールアドレス

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

1983年03月

  

一橋大学大学院博士課程単位修得

2008年10月

  

経済学博士(一橋大学)

1983年04月01日

  

一橋大学社会学部助手

1985年04月01日

  

大阪市立大学経済学部専任講師

1990年04月01日

  

一橋大学経済研究所助教授

1993年04月01日

  

一橋大学経済研究所教授

2007年08月01日

  

~2011年3月一橋大学経済研究所所長

2014年04月01日

  

一橋大学名誉教授

2014年04月01日

  

帝京大学経済学部教授

所属学会

経済学史学会

日本経済思想史学会

専門分野
経済思想史
研究テーマ
マーシャル、ピグー、ホブソン、日本の福田徳三を中心に創設期の厚生経済学と福祉国家にについての研究。ケインズとイギリスの経済政策
所属キャンパス
八王子キャンパス

教育方法・職務上の実績

教育方法
授業ではコメントペーパーを書いていただき、学生とのコミュニケーションを大事にする。

著書・論文

区分 発行年月、著書・論文名、発行元
著書 

『マーシャルと歴史学派の経済思想』

2007年03月 | 岩波書店(経済研究叢書) 

著書 単著

『異端のエコノミスト群像:19世紀バーミンガム派の経済政策思想』

1994年03月 | 岩波書店(経済研究叢書44) 

著書 共著 共編著

Kurz, H., Nishizawa, T. , and Tribe, K., eds., 『The Dissemination of Economic Ideas』 pp.vii+367

2011年 | Edward Elgar, UK 

著書 共著 共編著

Raffaelli, T., Nishizawa. T. , and Cook S., eds., 『Marshall, Marshallians and Industrial Economics』 pp.v+325

2011年 | Routeledge, UK 

著書 共編著

Backhouse R., and Nishizawa. T. eds., 『No Wealth but Life: Welfare Economics and the Welfare State in Britain, 1880-1945』 pp.xi+244

2010年 | Cambridge University Press, UK 

共編著

Hagemann, H., Nishizawa. T., and Ikeda, Y., eds., 『Austrian Economics in Transition: From Carl Menger to Friedrich Hayek』 pp.xii+339

2010年 | Palgrave Macmillan, UK 

著書 共編著

Shionoya, Y., and Nishizawa, T., eds., 『Marshall and Schumpeter on Evolution: Economic Sociology of Capitalist Development』,pp.ix + 285

2008年 | Edward Elgar, UK 

共編著

Ikema, M., Inoue, Y., Nisizawa, T., and Yamauchi, S., 『Hitotsubashi University 1875-2000: A 125 Years of Higher Education in Japan』 pp.xix+296

2000年 | London: Macmillan 

共編著

西沢保・栗田啓子・服部正治 共編著『経済政策思想史』

1999年10月 | 有斐閣 

共編著

服部正治・西沢保 共編著『イギリス100年の政治経済学: 衰退への挑戦』

1999年10月 | ミネルヴァ書房 

学術論文・単著

"The economics of social reofrm acrss borders: Fukuda's welfare economic studies in international perspective”

2014年 | 『 Journal of Global History』 9-2 

学術論文・単著

Nishizawa, T., and Caldari, K., "Progress beyond growth: Some insights from Marshall's final book"

2014年04月 | 『European Journal of History of Economic Thought』 1、pp.1-20 

学術論文・単著

「厚生経済学の源流-マーシャル、ラスキン、福田徳三」

2014年04月 | 『経済研究』一橋大学経済研究所、65巻2号、pp.97-112 

学術論文・単著

「創設期の厚生経済学と福祉国家-マーシャルにおける経済進歩と福祉-」

2013年01月 | 『経済研究』一橋大学経済研究所、64巻1号、pp.76-93 

学術論文・単著

"Marshall on Progress and People's Welfare"

2012年 | History of Economic Thought and Policy, 1-1、pp.21-38 

学術論文・単著

"The Emergence of the Economic Science in Japan and the Evolution of Textbooks 1860s-1930s"”

2012年02月 |  

学術論文・単著

"Marshall on Progress and People's Welfare"

2012年02月 | History of Economic Thought and Policy, 1-1 

学術論文 単著

"Business Studies and Management Education in Pre-War Japan: A Comparative Perspective"

2011年12月 | 「Entreprises et Histoire」、No. 65 pp.43-59 

学術論文・単著

「イギリス資本主義と自由主義の変貌」

2011年04月 | 『最近の世界の動き』21、pp.7-12,、山川出版社 

学術論文・単著

「戦前の日本経済学会」

2010年10月 | 日本経済学会編 『日本経済学会75年史-回顧と展望』、pp.3-37、有斐閣 

学術論文・単著

「20世紀」

2010年10月 | 近藤和彦編 『イギリス史研究入門』、pp.154-179、 山川出版社 

学術論文・単著

「1980年以降の『経済研究』における研究動向」

2009年10月 | 『経済研究』一橋大学経済研究所、pp.290-305、60巻4号 

学術論文・単著

「マーシャルにおける経済学と倫理」

2008年01月 | 『経済研究』一橋大学経済研究所、59巻1号、pp.46-58 

学術論文

Nishizawa T. and Ikeo, A., "Japan, economics, "

2008年 | Durlauf, S. N. and Blume, L., eds., 『The New Palgrave Dictionary of Economics』 Second edition, Vol. 4 Palgrave Macmillan, pp.603-612 

学術論文・単著

「福田徳三の厚生経済研究とその国際的環境」

2006年07月 | 『経済研究』一橋大学経済研究所、57巻3号、pp. 193-207 

学術論文・単著

"The Economic Tripos and the Marshallian School in the Making- With Special Reference to his Industrial Economics"

2004年10月 | 『経済研究』一橋大学経済研究所、55巻4号、pp.358-378 

学術論文・単著

"Ichiro Nakayama and the Stabilization of Industrial Relations in Postwar Japan"

2002年06月 | 『Hitotsubashi Journal of Economics』 43(1), 一橋大学、pp.1-18 

学術論文・単著

"Marshall, Ashley on Educaion of Businessman and 'Science of Business'?: Marshall's school of economics in the making"

2002年 | 『Study Series』 47, 一橋大学社会古典資料センター、pp.1-62 

学術論文・単著

「上田貞次郎の新自由主義・日本経済論」

2001年 | 都築忠七・ゴードンダニエルズ・草光俊雄 編 『日英交流史1600-2000』 東京大学出版会、pp.150-165 

学術論文・単著

“Brentano, Marshall, and Tokuzo Fukuda: The reception and transformation of the German Historical School in Japan"

2001年 | Shionoya Y., ed.『The German Historical School: The Historical and Ethical Apporach to Economics』 London: Routledge、pp.155-172 

学術論文・単著

"Alfred Marshall on Britain's Industrial leadership: With special reference to industrial organization"

2001年07月 | 『経済研究』一橋大学経済研究所、52巻3号、pp239-252 

学術論文・単著

「戦前のイギリスにおける経営人材の育成と高等教育」

2001年 | 青木昌彦・澤沼裕・大東道郎編 『大学改革‐‐課題と争点‐‐』、東洋経済新報社、pp.91-115 

学術論文・単著

「救貧法から福祉国家へ: 世紀転換期の貧困・失業問題と経済学者」

2000年 | 『経済研究』一橋大学経済研究所、51巻1号、pp.73-91 

学術論文・単著

「イギリス経済の停滞とアシュレー、マーシャル」

1999年 | 服部正治・西沢保編著『イギリス100年の政治経済学‐‐衰退への挑戦‐‐』ミネルヴァ書房、pp.1-20 

学術論文・単著

「雇用政策、産業合理化をめぐるケインズと大蔵省」

1999年 | 同書、pp.73-91 

学術論文・単著

「大正デモクラシーと産業民主主義・企業民主主義の展開」

1998年 | 南亮進・中村正則・西沢保編 『デモクラシーのの再生と崩壊: 学際的接近』、日本経済評論社、pp.79-110 

学術論文・単著

"Educational Change and In-Firm Training in Post-War Japan"

1997年 | Abe. E. and Gourvish, T., eds. 『Japanese Success? British Failure? Comparisons in Business Performance since 1945』 Oxford: Oxford University Press Lonodn: Routeledge、pp.101-120 

学術論文・単著

"Business Studies and Management Education in Japan's Economic Development: An Institutional Perspective"

1996年 | Amdam, R. P., ed. 『Management, Educaion and Competitiveness: Europe, Japan and the United States』 London: Routeledge、pp.96-110 

学術論文・単著

「ランカシャー綿業の衰退とマーシャル、ケインズ」

1996年10月 | 『経済研究』一橋大学経済研究所、47巻4号、pp.289-300 

学術論文・単著

「マーシャル: 歴史学派の時代からの照射」

1995年10月 | 『経済学史学会年報』 33、pp.26-38 

学術論文・単著

“The Making of Japan's Business Elites: Tokyo University of Commerce in its Historical Perspective"

1994年 | Yuzawa T. ed., 『Japanese Business Success: The Evolution of a Strategy』 London, Routeledge、pp.202-224 

学術論文・単著

「『企業的失敗』とイギリス経済学」

1992年01月 | 『経済研究』一橋大学経済研究所、43巻1号、65-77 

学術論文・単著

「古典派経済学の衰退と『イギリス歴史学派』」

1990年04月 | 田中敏弘編 『古典経済学の生成と展開』 日本経済評論社、pp.20-237 

学術論文・単著

「アシュリー、マーシャルによる経済学・商学教育の制度化: 創設期のバーミンガム大学商学部を中心に」

1991年04月 | 『経済研究』一橋大学経済研究所、42巻2号、pp.153-174 

学術論文・単著

「技術教育における先進と後進: 世紀転換期のイギリス、ドイツ、日本」

1990年10月 | 中岡哲郎編 『技術形成の国際比較: 工業化の社会的能力』、筑摩書房、pp.302-332 

学術論文・単著

「世紀転換期における高等商業教育運動をめぐって: 飯田、関、福田の留学を中心に」

1987年05月 | 『経済学雑誌』 88(1)、pp.57-78 



ご利用にあたって
プライバシーポリシー
教職員専用
Copyright(C) 2006 Teikyo University. All Rights Reserved