帝京大学

 

戸部 良一

帝京大学
文学部
史学科

戸部 良一 教授 とべ りょういち

Tobe Ryoichi

連絡先

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

1976年03月

  

京都大学大学院法学研究科(政治学専攻)博士課程単位修得満期退学  博士(法学、京都大学、1992年9月)

1976年04月

  

防衛大学校講師(国際関係学科)

1980年07月

  

防衛大学校助教授

1990年10月

  

防衛大学校教授

2009年04月

  

国際日本文化研究センター教授兼総合研究大学院大学教授

2014年04月

  

帝京大学教授

所属学会

軍事史学会 顧問

国際政治学会

東アジア近代史学会

戦略研究学会 顧問

所属キャンパス
八王子キャンパス

教育方法・職務上の実績

著書・論文

区分 発行年月、著書・論文名、発行元
論文 単著

太平洋戦争末期における日本の対中和平構想

2017年11月 | 波多野澄雄・久保亨・中村元哉編「日中終戦と戦後アジアへの展望」慶應義塾大学出版会 

著書 共編著

<日中戦争>とは何だったのか

2017年09月 | ミネルヴァ書房 

著書 単著

自壊の病理―日本陸軍の組織分析

2017年04月 | 日本経済新聞出版社 

論文 単著

『滞日十年』(グルー)と『西園寺公と政局』(原田熊雄)―駐日アメリカ大使から見た日本の「穏健派」

2017年04月 | 黒沢文貴・季武嘉也編「日記で読む近現代日本政治史」ミネルヴァ書房 

論文 単著

日本陸軍的中国共産党観(1926-1937)

2016年06月 | 黄自進主編「国共関係與中日戦争」稲郷出版社 

著書 共編著

大学でまなぶ日本の歴史

2016年03月 | 吉川弘文館 

論文 単著

総力戦・冷戦と日本の安全保障

2016年03月 | 「軍事史学」第51巻第3号 

論文 単著

How Japanese People Understood the Sino-Japanese War, 1937-41

2015年12月 | 呂芳上主編「戦争的歴史記憶(1)和與戦(Peace and War)」(台湾)国史館 

論文 単著

日本の対ソ政策―不侵略条約問題を中心として

2015年10月 | 五百旗頭真・下斗米伸夫ほか編「日ロ関係史―パラレル・ヒストリーの挑戦」東京大学出版会 

論文 単著

ベトナムと「大東亜共栄圏」

2015年03月 | 劉建輝編「日越交流における歴史、社会、文化の諸問題」国際日本文化研究センター 

論文 単著

日本は何のために戦ったのか―戦争の理念と「政治戦」

2014年09月 | 「中央公論」 

論文 単著

欧洲大戦と日本のゆらぎ

2014年05月 | 「アステイオン」第80号 

著書 共編著

国家経営の本質―大転換期の知略とリーダーシップ

2014年11月 | 日本経済新聞出版社 

著書 編著

近代日本のリーダーシップ―岐路に立つ指導者たち

2014年03月 | 千倉書房 

著書 単著

外務省革新派―世界新秩序の幻影

2010年06月 | 中央公論新社 

著書 共編著

日中戦争の軍事的展開

2006年04月 | 慶應義塾大学出版会 

著書 共著

戦略の本質―戦史に学ぶ逆転のリーダーシップ

2005年08月 | 日本経済新聞社 

著書 単著

日本陸軍と中国―「支那通」に見る夢と蹉跌

1999年12月 | 講談社 

著書 単著

逆説の軍隊

1998年12月 | 中央公論社 

著書 共編著

日本の岐路と松岡外交

1993年12月 | 南窓社 

著書 単著

ピース・フィーラー―支那事変和平工作の群像

1991年08月 | 論創社 

著書 共著

昭和史ーその遺産と負債

1989年05月 | 朝日出版社 

著書 共著

失敗の本質―日本軍の組織論的研究

1984年05月 | ダイヤモンド社 



ご利用にあたって
プライバシーポリシー
教職員専用
Copyright(C) 2006 Teikyo University. All Rights Reserved