帝京大学

 

山下 須美礼

帝京大学
文学部
史学科

山下 須美礼 准教授 やました すみれ

yamashita sumire

連絡先

メールアドレス
電話番号 042-690-8225

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

2000年03月

  

筑波大学第二学群日本語・日本文化学類 卒業

2007年03月

  

筑波大学大学院博士課程人文社会科学研究科歴史・人類学専攻 単位取得満期退学

2008年04月

  

筑波大学人文社会系助教(~2014年3月)

2013年10月

  

博士(文学)(論文)取得

所属学会

2000年04月

歴史人類学会

2005年04月

日本史研究会

2007年11月

弘前大学國史研究会

2009年08月

社会文化史学会

専門分野
日本近世史・近代史、地域史
研究テーマ
〇近世~近代移行期における地域的展開
・北東北諸藩の社会状況
・ハリストス正教会の受容とその土壌
・地方給人層の活動と意識
・北方(ロシア・蝦夷地)との関係史
所属キャンパス
八王子キャンパス

教育方法・職務上の実績

著書・論文

区分 発行年月、著書・論文名、発行元
著書 共著

青森県史編さん通史部会編

青森県史 通史編2 近世

2018年03月 | 青森県 

論文

士族というあり方

2018年01月10日 | 浪川健治・古家信平編『江戸-明治 連続する歴史(別冊環23)』藤原書店 

論文

明治初期のハリストス正教会と政治的活動-南部地域における動向を中心に

2017年02月05日 | 友田昌宏編『東北の近代と自由民権 「白河以北」を越えて』 日本経済評論社 

著書 単著

東方正教の地域的展開と移行期の人間像 北東北における時代変容意識

2014年09月17日 | 清文堂出版 

論文

明治初期旧八戸藩領周辺地域における士族の危機意識とその動向-ハリストス正教会との関連から-

2013年 | 浪川健治・小島康敬編『近世日本の言説と「知」 地域社会の変容をめぐる思想と意識』清文堂 

論文

明治初期ハリストス正教会における仙台藩士族の西日本伝教

2012年 | 『歴史人類』第40号、筑波大学人文社会系歴史・人類学専攻 

論文

明治初期日本人信徒による『正教会』理解-士族ハリステアニンに注目して-

2010年 | 『社会文化史学』第53号、社会文化史学会 

論文

元文期における盛岡藩の給人とその給地-『諸士知行所出物諸品并境書上』に記された知行の状況-

2009年 | 浪川健治編『近世の空間構造と支配 盛岡藩にみる地方知行制の世界』東洋書院 

論文

士族ハリステアニンの在村時代-その日常と知的営為-

2009年 | 『歴史人類』第37号、筑波大学大学院人文社会科学研究科歴史・人類学専攻 

論文

北海道における教導職の活動と意識-少講義 石橋寿備の記録から-

2008年 | 長谷川成一監修、浪川健治・河西英通編『地域ネットワークと社会変容 創造される歴史像』岩田書院 

論文

金銭出納簿にみる明治初期のハリストス正教会

2008年 | 河西英通編『北方社会史の視座-歴史・文化・生活』第3巻、清文堂出版 

論文

銚子市川口神社をめぐる漁業と信仰の変容

2008年 | 石井英也編『景観形成の歴史地理学 関東縁辺の地域特性』二宮書店 

論文

八戸におけるハリストス正教会の成立と展開-受洗者名簿の記録から-

2008年 | 『弘前大学国史研究』第124号、弘前大学国史研究会 

論文

ハリストス正教会入信以前-仙台藩士小野荘五郎の日記より-

2005年 | 河西英通・浪川健治・M.William Steele編『ローカルヒストリーからグローバルヒストリーへ-多文化の歴史学と地域史-』岩田書院 

論文

明治初期ハリストス正教会の方針決定-伝教方針を巡る議論から-

2003年 | 『年報日本史叢』2003、筑波大学歴史・人類学系 



ご利用にあたって
プライバシーポリシー
教職員専用
Copyright(C) 2006 Teikyo University. All Rights Reserved