帝京大学

 

岡本潤子

帝京大学
文学部
心理学科

岡本潤子 准教授 おかもとじゅんこ

OKAMOTO Junko

連絡先

メールアドレス

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

1982年03月

  

東京大学教育学部教育心理学科卒業(文学士)

1982年04月

  

~2014年3月 家庭裁判所調査官 (2011年より主任家庭裁判所調査官)

1993年07月

  

~1994年7月 最高裁判所一般職在外研究員(米国カリフォルニア州アラメダ郡上位裁判所)

2004年03月

  

臨床心理士

2010年03月

  

東京女子大学文学研究科心理学専攻修士課程修了。
修士(文学)

2014年04月

  

現職

所属学会

1986年08月

日本心理臨床学会

1991年09月

日本犯罪心理学会

2008年08月

日本発達心理学会

専門分野
司法領域における臨床。
研究テーマ
青少年の非行・逸脱行動に対する処遇,及び,更生への支援
親の離婚を経験する子どもに対する支援のあり方
所属キャンパス
八王子キャンパス

教育方法・職務上の実績

職務上の実績
臨床心理士(1995年)
家庭裁判所調査官(1982年~2014年)
カリフォルニア州アラメダ郡Family Court Services Intern for Mediator (1993年~1994年)

著書・論文

区分 発行年月、著書・論文名、発行元
学術論文 単著

「子どもの権利委員会第3回勧告を読み解く」

2010年09月 | クレスコ・第114号 

学術論文 共同

「カリフォルニアにおける非行少年の処遇(上)(下) その実際と考察」

2002年08月 | ケース研究第271号・第272号 

学術論文 単著

「改正少年法施行を前に」

2001年02月 | 家調協フォーラムNo.249 

学術論文 単著

「『カリフォルニアの児童虐待』考」

1995年11月 | ケース研究第245号 

学術論文 単著

「カリフォルニア州における『子の監護に関するミディエーション』」

1994年12月 | 最高裁判所判例調査会・海外司法ジャーナルNo.1 

学術論文 共同

「短時間面接の構造と過程 軽易事件を中心にして」

1987年05月 | 家庭裁判所調査官研修所・調研所報第20号 

学術論文 単著

「ケース理解を問う 因果論への疑問」

1985年01月 | 家庭裁判所調査官研修所紀要第47号 

学会発表 共同

「離婚のプロセスと面会交流 家族臨床の新たな課題」

2012年04月 | 日本家族研究・家族療法学会第29回山口大会 

学会発表 

「父母の離婚を経験する子ども 子どもへの説明と心情聴取の意味を探る」

2010年03月 | 日本発達心理学会第21回大会 

学会発表 共同

「子どもから見た親の離婚 親の離婚を経験した青年の回顧的語りが示唆するもの」

2009年09月 | 日本心理臨床学会第28回秋季大会 

学会発表 共同

「戦後非行の第四のピークは来るのか 最近の少年たちの変化を考える」

1998年09月 | 日本犯罪心理学会第36回大会 

学会発表 共同

「侵入盗累犯女性の心理機制について」

1991年10月 | 日本犯罪心理学会第29会大会 

情状鑑定 共同

成人刑事事件(窃盗,傷害事案)

1990年08月 | 浦和地方裁判所より受命 

翻訳 共同

『専門職としての臨床心理士』

2003年04月 | 東京大学出版会 

翻訳 共同

『カウンセリング辞典』

2000年07月 | ブレーン出版 



ご利用にあたって
プライバシーポリシー
教職員専用
Copyright(C) 2006 Teikyo University. All Rights Reserved