帝京大学

 

山本 博幸

帝京大学
経済学部
経済学科

山本 博幸 教授 やまもと ひろゆき

Yamamoto,Hiroyuki

こんな人を作りたい
・世の中で起きていることがつぶさに理解できる
・社会に出て、知識では誰にも負けない

すべてのことは知ることができない
だから
すべてのことを少しずつ知ることだ
パスカルの言葉(パンセの37段)


こんな教育をしたい
・楽しい
・役に立つ
・分かり易い
・そして学んだ知識が生涯つかえる

本物の教養人になってほしい
それが、有能な実務者になる必要条件だろう
・教養とは人生観の豊かさだ
・すべてのことにコメントできる知識と
・一つの分野についてはすべて知っている

これが完成形だろう

完成形を一緒にめざそう

連絡先

メールアドレス

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

1976年03月

  

早稲田大学 商学部 卒業

1976年04月

  

野村證券 入社

1981年06月

  

ベルギー ルーヴァン・カトリック大 社費留学

1983年06月

  

同大学院 欧州学研究修士課程単位取得満期退学 

2001年06月

  

野村證券 投資調査部長

2003年06月

  

野村フランス 代表取締役社長

2009年07月

  

野村アセットマネジメント 出向

2011年04月

  

大阪経済大学大学院 経営情報学科 非常勤講師(兼務)2013年まで 

2014年04月

  

帝京大学短期大学 現代ビジネス学科 教授

2016年04月

  

帝京大学経済学部経営学科 教授

2018年04月

  

帝京大学経済学部経済学科 教授

所属学会

2011年04月

日本証券経済学会

専門分野
投資管理論 プライベートバンキング論 証券経済学 経営経済学 欧州学
研究テーマ
欧州投資信託ビジネスの現状
我が国のプライベートバンキング/現状と今後
日仏の国家経営比較
大企業病
経済発展と国民の幸福
所属キャンパス
八王子キャンパス

教育方法・職務上の実績

教育方法
38年に及ぶビジネス界での経験を生かして、実業の世界で必要とされる知識やスキルの基本を習得させる。タフで柔軟で粘り強い卒業生を送り出すことをめざす。壁に突き当たったときは、頼られる存在になりたい。
日常の講義は、「楽しく」「分かり易く」「役に立つ」をモットーとして「一生使える知識、気づきの場」としたい。社会人となった時、どこに行っても気後れしない知識と教養を授けましょう。
職務上の実績
パネルディスカッション(パネリスト)

Stock Exchange Competition (英語)
Building the Financial System of the 21st Century
An Agenda for Japan & the United States
主催ハーバード・ロースクール&日本国際フォーラム
証券取引所の今後について議論
(2001・12経団連ゲストハウス御殿場市於)

日仏経済セミナー (フランス語)
「ユーロの未来と開かれた欧州市場」
主催日本経済新聞社・パリ商工会議所
欧州中央銀行 ジャン・クロード・トリシェ総裁
と対論
(2005・6パリ商工会議所本部パリ市於)

著書・論文

区分 発行年月、著書・論文名、発行元
書籍(単著)

山本博幸

図解日経新聞が読める本 ISBN978-4-7993-2247-5

2018年03月25日 | ディスカヴァー・トゥエンティワン出版 

論文

山本博幸

我が国の株主総会の現状と今後に関する一考察

2018年02月 | 帝京大学短期大学紀要38号 

論文

日本プライベートバンキング試論

2016年02月29日 | 帝京大学短期大学紀要 第36号 

論文

山本博幸

日本の株主優待制度と日本的資本主義に関するメモランダム

2107年02月28日 | 帝京大学短期大学紀要 第37号 

書籍(単著)

山本博幸

日経新聞が読める本 ISBN978-4-7993-1849-2

2016年03月30日 | ディスカヴァー・トゥエンティワン出版 

論文

山本博幸

ファミリーオフィスと金融機関の連携

2015年12月26日 | 月刊金融ジャーナル2016年1月号/金融ジャーナル社 

論文

欧州MMF市場改革に関する考察

2015年03月30日 | 帝京大学短期大学「紀要」第35号 

論文

政権交代と投資信託市場

2009年12月 | ファンドマネジメント誌 

論文

フランスのMMF市場をめぐって

2010年06月 | ファンドマネジメント誌 



ご利用にあたって
プライバシーポリシー
教職員専用
Copyright(C) 2006 Teikyo University. All Rights Reserved