帝京大学
押鐘 浩之

押鐘 浩之 講師

所属キャンパス板橋キャンパス

帝京大学 医療技術学部 臨床検査学科

 

連絡先

電話番号

[]

研究室URL

[]

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

【経歴】──────────────────────────────

2018年04月

帝京大学医療技術学部臨床検査学科講師

2013年07月

帝京大学医学部薬理学講座助教 〜2018年03月

2007年04月

ケンブリッジ大学ダーウィンカレッジリサーチアソシエイト 〜2010年04月

2007年04月

英国MRC分子生物学研究所構造生物学部研究員 〜2010年04月

【学歴】──────────────────────────────

2007年03月

東京工業大学大学院生命理工学研究科

2004年03月

東京大学大学院新領域創成科学研究科

2002年03月

京都大学農学部

所属学会

日本生物教育学会

日本理科教育学会

日本薬理学会

日本生化学会

専門分野

ライフサイエンス 分子生物学、ライフサイエンス 生物物理学、ライフサイエンス 構造生物化学、ライフサイエンス 薬理学

研究テーマ

進化生物学、生化学、分子生物学、生物物理学、薬理学

教育方法・職務上の実績

情報がありません

著書・論文

学術論文

Hiroyuki Oshikane, Masahiko Watabe, Toshio Nakaki

Facilitation of yeast-lethal membrane protein production by detoxifying with GFP tagging

2018年08月01日 | Academic Press Inc. Protein Expression and Purification 148 40-45 

学術論文

Hiroyuki Oshikane, Masahiko Watabe, Toshio Nakaki

A simple and effective method for detecting precipitated proteins in MALDI−TOF MS

2018年04月01日 | Academic Press Inc. Analytical Biochemistry 546 1-4 

学術論文

Oshikane H, Watabe M, Kikuchi-Utsumi K, Nakaki T

Rab1a Rescues the Toxicity of PRAF3

2018年03月 | Biochemistry and Biophysics Reports 14 16-19 

学術論文

Kinoshita Chisato, Oshikane Hiroyuki, Watabe Masahiko, Kikuchi-Utsumi Kazue, Nakaki Toshio

Regulation of GTRAP3-18 by RNA-binding proteins modulated by microRNA

2017年03月 | JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES 133 3 S211 

学術論文

Oshikane Hiroyuki, Watabe Masahiko, Nakaki Toshio

A Method for the Production of Pharmacologically Potent Recombinant Membrane Proteins with Avoiding the Toxicity thereof

2017年03月 | JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES 133 3 S171 

学術論文

Oshikane Hiroyuki, Watabe Masahiko, Aoyama Koji, Nakaki Toshio

Novel, Versatile Method for the Production of Pharmacologically Potent Recombinant Membrane Protein

2016年03月 | JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES 130 3 S182 

学術論文

Kinoshita Chisato, Kikuchi-Utsumi Kazue, Oshikane Hiroyuki, Watabe Masahiko, Nakaki Toshio

Identification of negative regulatory factor of GTRAP3-18 modulated by miR-96-5p

2016年03月 | JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES 130 3 S166 

学術論文

Oshikane Hiroyuki, Arisaka Fumio, Watabe Masahiko, Aoyama Koji, Nakaki Toshio

Construction trials for PPI-based drug screening system on neurodegenerative diseases

2015年07月 | JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES 128 3 S156 

学術論文

Teruo Akuta, Takane Kikuchi-Ueda, Keitaro Imaizumi, Hiroyuki Oshikane, Toshio Nakaki, Yoko Okada, Sara Sultana, Kenichiro Kobayashi, Nobutaka Kiyokawa, Yasuo Ono

Expression of bioactive soluble human stem cell factor (SCF) from recombinant Escherichia coli by coproduction of thioredoxin and efficient purification using arginine in affinity chromatography

2015年01月 | ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE PROTEIN EXPRESSION AND PURIFICATION 105 1-7 

学術論文

Koji Aoyama, Wattanaporn Sumida, Hiroyuki Oshikane, Toshio Nakaki

Feeding behavior in mice influences glutathione synthesis in the hippocampus

2014年 | JAPANESE PHARMACOLOGICAL SOC JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES 124 122P-122P 

その他

田澤 沙綾, 押鐘 浩之

タンパク質のMALDI-TOF/MSにおける新規改良法

2020年09月 | (公社)日本生化学会 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 93回 [P-478] 

その他

増田 聖也, 武田 朋子, 押鐘 浩之

α-シヌクレインの溶解度に着目した溶液学的研究

2020年09月 | (公社)日本生化学会 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 93回 [P-02)] 

その他

村松空, 押鐘浩之

酒精酵母由来MDHを中心としたリンゴ酸生成量に関わる株特異性のメカニズムの解明

2020年 | 日本生化学会大会(Web) 93rd  

その他

倉股春希, 藤澤明, 押鐘浩之

膠を手掛かりとした動物種の分子的同定

2020年 | 日本生化学会大会(Web) 93rd  

その他

永尾 千夏, 押鐘 浩之

酵母を用いたヒトヘモグロビンタンパク質の安全かつ効率的な調製法に対する研究

2019年09月 | (公社)日本生化学会 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 92回 [1P-091] 

その他

土岐 和生子, 押鐘 浩之

α-シヌクレインの各領域の物性に着目した生物物理学的解析

2019年09月 | (公社)日本生化学会 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 92回 [2P-079] 

その他

田中 花菜, 田角 泰子, 押鐘 浩之

異性化タンパク修復酵素PIMTの特異性解析

2019年09月 | (公社)日本生化学会 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 92回 [2P-100] 

その他

村松 空, 押鐘 浩之

リンゴ酸生成量の酵母株特異性に関する分子メカニズムの究明

2019年09月 | (公社)日本生化学会 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 92回 [2P-101] 

その他

香取 明都, 押鐘 浩之

α-シヌクレインの溶解度に着目した凝集体形成能に対する研究

2019年09月 | (公社)日本生化学会 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 92回 [2P-352] 

その他

渡部 正彦, 押鐘 浩之

Rabタンパク質によるPRAF3シグナルの機能調節

2019年 | 公益社団法人 日本薬理学会 日本薬理学会年会要旨集 92 0 3-P-120 

その他

栃尾 尚哉, 村田 拓哉, 押鐘 浩之, 楯 直子

家族性パーキンソン病変異が引き起こすα-シヌクレインの単量体/多量体会合変化と線維形成速度変化の解析

2018年09月 | (公社)日本生化学会 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 91回 [1P-079] 

その他

細山田 真, 山崎 綾子, 富岡 直子, 押鐘 浩之, 岡本 研

ヒト尿酸トランスポーターURAT1のリコンビナント発現・精製系の検討

2018年07月 | (一社)日本痛風・尿酸核酸学会 痛風と核酸代謝 42 1 84-84 

その他

Oshikane H, Watabe M, Nakaki T

A Challenge for making hard-to-fly Stuffs Fly – an Introduction of Simple and Effective Method for Protein MALDI-TOF MS.

2018年03月 | Science Trends  

その他

栃尾 尚哉, 鈴木 美有, 根本 舞, 押鐘 浩之, 楯 直子

パーキンソン病原因タンパク質α-シヌクレインのモノマー/テトラマー変換と線維形成に関する解析

2018年03月 | (公社)日本薬学会 日本薬学会年会要旨集 138年会 2 260-260 

その他

山崎 綾子, 富岡 直子, 押鐘 浩之, 岡本 研, 細山田 真

Pichia pastorisを用いたヒト尿酸トランスポーターURAT1リコンビナントの発現・精製の検討

2018年03月 | (公社)日本薬学会 日本薬学会年会要旨集 138年会 3 190-190 

その他

細山田 真, 山崎 綾子, 富岡 直子, 押鐘 浩之, 岡本 研

ヒト尿酸トランスポーターURAT1のリコンビナント発現・精製系の検討

2018年01月 | (一社)日本痛風・尿酸核酸学会 日本痛風・核酸代謝学会総会プログラム抄録集 51回 80-80 

その他

荒磯 裕平, Palioura Sotiria, 石谷 隆一郎, 押鐘 浩之, 堂前 直, Soell Dieter, 濡木 理

tRNAに依存したセレノシステイン生合成の構造的基盤(Structural insights into RNA-dependent eukaryal and archaeal selenocysteine formation)

2007年11月 | (一社)日本生物物理学会 生物物理 47 Suppl.1 S207-S207 

その他

石谷隆一郎, 押鐘浩之, 大森淳彦, SHEPPARD Kelly, 渡邉信久, 深井周也, SOLL Dieter, 濡木理

古細菌のグルタミン翻訳系にかかわる酵素類の結晶構造解析

2007年 | 生化学  

その他

荒磯裕平, PALIOURA Sotiria, 押鐘浩之, 堂前直, SOLL Dieter, 石谷隆一郎, 濡木理

tRNAに依存したセレノシステイン生合成の構造的基盤

2007年 | 日本RNA学会年会要旨集 9th  

その他

押鐘浩之, 中村裕子, 深井周也, 石谷隆一郎, SHEPPARD Kelly, FENG Liang, SOLL Dieter, 濡木理

タンパク3000プロジェクト「転写・翻訳」拠点の成果(21)-古細菌特有アミノ基転移酵素GatDE/tRNA複合体の立体構造解析

2006年 | 日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集 6th  

その他

荒磯裕平, 押鐘浩之, 深井周也, SALAZAR Juan, YUAN Jing, SOLL Dieter, 濡木理

タンパク3000プロジェクト「転写・翻訳」拠点の成果(23)-メタン菌特有システイニル及びセレノシステイニルtRNA形成機構の立体構造解析

2006年 | 日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集 6th  

その他

沼田 倫征, 深井 周也, 押鐘 浩之, 中村 裕子, 鈴木 勉, 濡木 理

1SE55 離合集散するタンパク質・RNA複合体(インタラクトーム構造生物学の展開に向けて)

2005年 | 一般社団法人 日本生物物理学会 生物物理 45 0 S16 

その他

押鐘 浩之, 深井 周也, 中間 崇, Feng Liane, Soiwl Dieter, 濡木 理

2P058 古細菌特有アミノ基転移酵素GatDEのX線結晶構造解析(蛋白質 A) 構造)

2004年 | 一般社団法人 日本生物物理学会 生物物理 44 0 S124