帝京大学

渡邊 清高 病院教授

所属キャンパス板橋キャンパス

帝京大学 医学部 医学科 板橋キャンパス 臨床医学講座・診療科 内科学講座

 

連絡先

電話番号

[]

研究室URL

[]

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

専門分野

情報通信 生命、健康、医療情報学 医療情報学、ライフサイエンス 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない がん対策、ライフサイエンス 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む がん対策、ライフサイエンス 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない がん対策、ライフサイエンス 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む がん対策、ライフサイエンス 医療管理学、医療系社会学 医療情報学、ライフサイエンス 消化器内科学 消化器内科学、ライフサイエンス 腫瘍診断、治療学 臨床腫瘍学

研究テーマ

がん登録、ゲノム医療、地域連携、ヘルスコミュニケーション、がん情報、医療情報、肝臓病学、消化器内科学、ヘルスリテラシー、がん対策、内科学、腫瘍学、がん

教育方法・職務上の実績

職務上の実績

肝癌治療後の再発予測判定薬 特願2006-512846 特許第4658926号
DKK1の遺伝子、蛋白質及び抗体を用いた癌の診断・モニター方法及び治療方法 特願2005-033227 特開2006-217844
大腸癌および/または大腸ポリープの診断ならびに術後経過観察および再発のモニター薬 JP2005022955 WO2006-064844
肝癌治療後の再発予測判定薬 JP2005008194 WO2005-106485
特願2006-512846 特許第4658926号
特願2005-033227 特開2006-217844
JP2005022955 WO2006-064844
JP2005008194 WO2005-106485

著書・論文

学術論文

Masashi Ishihara, Ryosuke Ochiai, Terunobu Haruyama, Takahiko Sakamoto, Shigeru Tanzawa, Takeshi Honda, Shuji Ota, Yasuko Ichikawa, Tsuyoshi Ishida, Kiyotaka Watanabe, Nobuhiko Seki

Pretreatment neutrophil-to-lymphocyte ratio predicts treatment efficacy and prognosis of cytotoxic anticancer drugs, molecular targeted drugs, and immune checkpoint inhibitors in patients with advanced non-small cell lung cancer.

2021年01月 | Translational lung cancer research 10 1 221-232 

学術論文

Masatsugu Orui, Chihiro Nakayama, Nobuaki Moriyama, Masaharu Tsubokura, Kiyotaka Watanabe, Takeo Nakayama, Minoru Sugita, Seiji Yasumura

Current Psychological Distress, Post-traumatic Stress, and Radiation Health Anxiety Remain High for Those Who Have Rebuilt Permanent Homes Following the Fukushima Nuclear Disaster.

2020年12月19日 | International journal of environmental research and public health 17 24  

学術論文

Shuji Ota, Toru Tokizaki, Masakazu Sugimoto, Ryosuke Ochiai, Terunobu Haruyama, Masashi Ishihara, Maika Natsume, Yoko Fukasawa, Takahiko Sakamoto, Shigeru Tanzawa, Ryo Usui, Takeshi Honda, Yasuko Ichikawa, Kiyotaka Watanabe, Hirotaka Kawano, Nobuhiko

Importance and Difficulty of Differentiating BMA-induced AFF Prodromal Symptoms from Hormonal Therapy-related Femoral Pain.

2020年03月15日 | Internal medicine (Tokyo, Japan) 59 6 855-857 

学術論文

Tanzawa Shigeru, Ishihara Masashi, Haruyama Terunobu, Ochiai Ryosuke, Sakamoto Takahiko, Honda Takeshi, Ota Shuji, Ichikawa Yasuko, Watanabe Kiyotaka, Seki Nobuhiko

Which is better, EGFR-TKI mono or combination for non-small cell lung cancer with mutated EGFR?

2019年10月 | TRANSLATIONAL CANCER RESEARCH 8 6 2223-2229 

学術論文

Ota S, Sakamoto T, Ochiai R, Haruyama T, Ishihara M, Natsume M, Fukasawa Y, Tanzawa S, Usui R, Honda T, Ichikawa Y, Watanabe K, Sasajima Y, Mizota A, Seki N

Successful Treatment with Taxane-Based Chemotherapy in Advanced Sebaceous Carcinoma: A Case Report and Literature Review.

2019年01月 | Case reports in oncology 12 1 47-52 

学術論文

Ota S, Fujigaki Y, Tamura Y, Kojima K, Ochiai R, Haruyama T, Ishihara M, Natsume M, Fukasawa Y, Sakamoto T, Tanzawa S, Usui R, Honda T, Ichikawa Y, Watanabe K, Seki N

Significance of Earlier Initiation of Chemotherapy for Lung Cancer Complicated with Primary or Secondary Nephrotic Syndrome following Its Appropriate Differential Diagnosis.

2019年01月 | Case reports in oncology 12 1 53-58 

学術論文

Seki N, Ochiai R, Haruyama T, Ishihara M, Natsume M, Fukasawa Y, Sakamoto T, Tanzawa S, Usui R, Honda T, Ota S, Ichikawa Y, Watanabe K

Need for Flexible Adjustment of the Treatment Schedule for Aprepitant Administration against Erlotinib-Induced Refractory Pruritus and Skin Rush.

2019年01月 | Case reports in oncology 12 1 84-90 

学術論文

Seki N, Natsume M, Ochiai R, Haruyama T, Ishihara M, Fukasawa Y, Sakamoto T, Tanzawa S, Usui R, Honda T, Ota S, Ichikawa Y, Watanabe K

Promising Combination Therapy with Bevacizumab and Erlotinib in an EGFR-Mutated NSCLC Patient with MET Amplification Who Showed Intrinsic Resistance to Initial EGFR-TKI Therapy.

2019年01月 | Case reports in oncology 12 1 91-97 

学術論文

Maika Natsume, Kiyotaka Watanabe, Satoko Matsumoto, Daisuke Naruge, Kazuhiko Hayashi, Junji Furuse, Masafumi Kawamura, Hiromitsu Jinno, Keiji Sano, Ryoji Fukushima, Gakuji Osawa, Etsuko Aruga, Yojiro Hashiguchi, Atsushi Tanaka, Hajime Takikawa, Nobuh

Factors Influencing Cancer Patients' Choice of End-of-Life Care Place.

2018年06月 | Mary Ann Liebert Inc. Journal of palliative medicine 21 6 751-765 

学術論文

Shuji Ota, Terunobu Haruyama, Masashi Ishihara, Maika Natsume, Yoko Fukasawa, Takahiko Sakamoto, Shigeru Tanzawa, Ryo Usui, Takeshi Honda, Yasuko Ichikawa, Kiyotaka Watanabe, Yuko Sasajima, Nobuhiko Seki

A Patient with Advanced Gastric Cancer Who Achieved a Long-Term Prognosis by Early Diagnosis of Sister Mary Joseph's Nodule

2018年01月19日 | S. Karger AG Case Reports in Oncology 11 1 11-16 

学術論文

Shuji Ota, Terunobu Haruyama, Masashi Ishihara, Maika Natsume, Yoko Fukasawa, Takahiko Sakamoto, Shigeru Tanzawa, Ryo Usui, Takeshi Honda, Yasuko Ichikawa, Kiyotaka Watanabe, Yuko Sasajima, Nobuhiko Seki

Paraneoplastic iga vasculitis in an adult with lung adenocarcinoma

2018年 | Japanese Society of Internal Medicine Internal Medicine 57 9 1273-1276 

学術論文

Yoko Fukasawa, Kazuya Sasaki, Maika Natsume, Makoto Nakashima, Shuji Ota, Kiyotaka Watanabe, Yoshihisa Takahashi, Fukuo Kondo, Ken Kozuma, Nobuhiko Seki

Nivolumab-induced myocarditis concomitant with myasthenia gravis

2017年11月16日 | S. Karger AG Case Reports in Oncology 10 3 809-812 

学術論文

Yoko Fukasawa, Takeshi Honda, Maika Natsume, Terunobu Haruyama, Masashi Ishihara, Takahiko Sakamoto, Ryo Usui, Shigeru Tanzawa, Shuji Ota, Yasuko Ichikawa, Kiyotaka Watanabe, Koji Saito, Nobuhiko Seki

A case of advanced submandibular gland cancer in which increased prostate-specific antigen and multiple bone metastases wrongly suggested concurrent prostate cancer

2017年11月16日 | S. Karger AG Case Reports in Oncology 10 3 1127-1130 

学術論文

Takahiko Sakamoto, Shuji Ota, Terunobu Haruyama, Masashi Ishihara, Maika Natsume, Yoko Fukasawa, Shigeru Tanzawa, Ryo Usui, Takeshi Honda, Yasuko Ichikawa, Kiyotaka Watanabe, Nobuhiko Seki

A case of paraneoplastic remitting seronegative symmetrical synovitis with pitting edema syndrome improved by chemotherapy

2017年11月16日 | S. Karger AG Case Reports in Oncology 10 3 1131-1137 

学術論文

Maika Natsume, Takeshi Honda, Terunobu Haruyama, Masashi Ishihara, Yoko Fukasawa, Takahiko Sakamoto, Shigeru Tanzawa, Ryo Usui, Shuji Ota, Yasuko Ichikawa, Kiyotaka Watanabe, Nobuhiko Seki

A case of lung adenocarcinoma with marked improvement of pulmonary lymphangitic carcinomatosis by adding bevacizumab to cisplatin and pemetrexed

2017年11月16日 | S. Karger AG Case Reports in Oncology 10 3 1065-1069 

学術論文

Takeshi Honda, Hirofumi Uehara, Maika Natsume, Yoko Fukasawa, Takahiko Sakamoto, Ryo Usui, Shuji Ota, Yasuko Ichikawa, Kiyotaka Watanabe, Nobuhiko Seki

The Possibility of the Additional Local Therapy to Systemic Chemotherapy in Advanced Lung Cancer Cases with Multiple Metastases

2017年01月 | ELSEVIER SCIENCE INC JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY 12 1 S676-S677 

学術論文

Takeharu Asano, Kiyotaka Watanabe, Naoto Kubota, Toshiaki Gunji, Masao Omata, Takashi Kadowaki, Shin Ohnishi

Adiponectin knockout mice on high fat diet develop fibrosing steatohepatitis

2009年10月 | WILEY-BLACKWELL PUBLISHING, INC JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY 24 10 1669-1676 

学術論文

Kiyotaka Watanabe, Shin Ohnishi, Ichiro Manabe, Ryozo Nagai, Takashi Kadowaki

KLF6 in nonalcoholic fatty liver disease: Role of fibrogenesis and carcinogenesis

2008年07月 | W B SAUNDERS CO-ELSEVIER INC GASTROENTEROLOGY 135 1 309-312 

学術論文

Kiyotaka Watanabe, Takeharu Asano, Yoshitaka Hippo, Akira Watanabe, Yutaka Midorikawa, Shin Ohnishi, Tatsuhiko Kodama, Masao Omata, Masatoshi Makuuchi, Hiroyuki Aburatani

Serum glypican 3 after curative hepatectomy predicts early-phase recurrence of hepatocellular carcinoma

2007年04月 | W B SAUNDERS CO-ELSEVIER INC GASTROENTEROLOGY 132 4 A731-A731 

学術論文

Takeharu Asano, Kiyotaka Watanabe, Naoto Kubota, Toshiaki Gunji, Hiroshi Kanamori, Shin Ohnishi, Masao Omata, Takashi Kadowaki

Adiponectin KO mice on high fat diet developed fibrosing steatohepatitis and tumors

2006年10月 | JOHN WILEY & SONS INC HEPATOLOGY 44 4 661A-662A 

学術論文

Y Hippo, K Watanabe, A Watanabe, Y Midorikawa, S Yamamoto, S Ihara, S Tokita, H Iwanari, Y Ito, K Nakano, J Nezu, H Tsunoda, T Yoshino, Ohizumi, I, M Tsuchiya, S Ohnishi, M Makuuchi, T Hamakubo, T Kodama, H Aburatani

Identification of soluble NH2-terminal fragment of glypican-3 as a serological marker for early-stage hepatocellular carcinoma

2004年04月 | AMER ASSOC CANCER RESEARCH CANCER RESEARCH 64 7 2418-2423 

学術論文

T Gunji, N Kawauchi, M Akahane, K Watanabe, H Kanamori, S Ohnishi

Treatment of unresectable hepatocellular carcinoma less than 2 centimeters by transcatheter arterial chemoembolization with autologous blood clot

2003年04月 | LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS JOURNAL OF CLINICAL GASTROENTEROLOGY 36 4 347-351 

その他

風張 広樹, 太田 修二, 春山 輝亘, 石原 昌志, 坂本 貴彦, 丹澤 盛, 本田 健, 市川 靖子, 渡邊 清高, 関 順彦

感冒症状後に脳静脈洞血栓症を合併した進行歯肉癌の1例

2020年10月 | 日本内科学会-関東地方会 日本内科学会関東地方会 663回 37-37 

その他

丹澤 盛, 春山 輝亘, 落合 亮介, 石原 昌志, 坂本 貴彦, 本田 健, 太田 修二, 市川 靖子, 渡邊 清高, 関 順彦

Pembrolizumabによる薬剤性胃炎を発症した肺扁平上皮癌の1例

2020年04月 | (NPO)日本肺癌学会 肺癌 60 2 138-138 

その他

春山 輝亘, 石原 昌志, 落合 亮介, 坂本 貴彦, 丹澤 盛, 本田 健, 太田 修二, 市川 靖子, 渡邊 清高, 関 順彦

骨転移を伴う肺癌化学療法中にデノスマブによるクインケ浮腫を認めた1症例

2019年12月 | 日本内科学会-関東地方会 日本内科学会関東地方会 656回 45-45 

その他

北澤 京子, 佐藤 正惠, 渡邊 清高, 山本 美智子

薬物療法に関する新聞記事のメディアドクター評価

2019年11月 | (一社)日本医薬品情報学会 医薬品情報学 21 3 109-115 

その他

渡邊 清高, 調 憲, 浅尾 高行, 相羽 惠介, 佐々木 治一郎, 藤 也寸志, 竹山 由子, 片渕 秀隆, 境 健爾, 吉田 稔, 矢野 篤次郎, 加藤 雅志, 冨田 尚裕, 西山 正彦

地域における患者支援ニーズの分析 がん医療ネットワークナビゲーターの役割の検討

2019年10月 | (一社)日本癌治療学会 日本癌治療学会学術集会抄録集 57回 O44-2 

その他

渡邊 清高, 田城 孝雄

大人のがん教育 放送大学オンライン講座「がんを知る」「がんとともに生きる」の実践

2019年10月 | (一社)日本癌治療学会 日本癌治療学会学術集会抄録集 57回 O44-3 

その他

上見 葉子, 市川 靖子, 渡邊 清高, 別所 昭宏, 細川 忍, 猶木 克彦, 四方田 真紀子, 岩澤 俊一郎, 時任 高章, 関 順彦, 岡本 浩明

PS2進行非小細胞癌に対するカルボプラチン+アブラキサンの第II相試験 TORG1426

2019年10月 | (一社)日本癌治療学会 日本癌治療学会学術集会抄録集 57回 O48-2 

その他

渡邊清高, 渡邊清高

医療健康報道の質を探る―メディアドクターで記事を「科学」する

2019年09月01日 | 日本ヘルスコミュニケーション学会雑誌(Web) 28 (WEB ONLY) 

その他

落合 亮介, 深澤 陽子, 丹澤 盛, 春山 輝亘, 石原 昌志, 坂本 貴彦, 本田 健, 太田 修二, 市川 靖子, 渡邊 清高, 関 順彦

肺扁平上皮癌に対し免疫チェックポイント阻害薬併用化学療法でPRESが疑われた症例

2019年08月 | (NPO)日本肺癌学会 肺癌 59 4 445-445 

その他

佐藤 正恵, 北澤 京子, 渡邊 清高

メディアドクター指標を活用したワークショップにおけるヘルスリテラシー向上の取組み

2019年08月 | 医学情報サービス研究大会事務局 医学情報サービス研究大会抄録集 36回 34-34 

その他

渡邊 清高

「終活」医療の現場から アドバンス・ケア・プランニングとは これからのことを、「考える」「話し合う」アドバンス・ケア・プランニングとは

2019年07月 | (公社)板橋区医師会 板橋区医師会医学会誌 23 64-75 

その他

渡邊 清高

地域住民へのがん・緩和教育の実際 「がんの在宅療養」プロジェクト 地域における緩和ケアと療養支援の普及に向けた取り組み

2019年06月 | (NPO)日本緩和医療学会 Palliative Care Research 14 Suppl. S154-S154 

その他

渡邊 清高, 河原 正典, 唐渡 敦也, 田代 志門, 的場 元弘, 清水 哲郎

がん医療フォーラムにおける自由回答を用いた「がんになっても安心して暮らせる社会」の要素分析

2019年06月 | (NPO)日本緩和医療学会 Palliative Care Research 14 Suppl. S237-S237 

その他

渡邊 清高, 和泉 典子, 河原 正典, 今野 まゆみ, 鈴木 聡

がん患者の療養を地域で支える 山形県鶴岡・三川地域の在宅緩和ケア推進のための研修会

2019年06月 | (NPO)日本緩和医療学会 Palliative Care Research 14 Suppl. S429-S429 

その他

落合 亮介, 深澤 陽子, 丹澤 盛, 春山 輝亘, 石原 昌志, 坂本 貴彦, 本田 健, 太田 修二, 市川 靖子, 渡邊 清高, 関 順彦

Pembrolizumab治療によって薬剤性脳炎をきたした1例

2019年06月 | (NPO)日本肺癌学会 肺癌 59 3 323-323 

その他

渡邊 清高, 関 順彦

骨・軟部腫瘍のゲノム医療とカウンセリング がんゲノム医療の現状とこれから

2019年06月 | (公社)日本整形外科学会 日本整形外科学会雑誌 93 6 S1450-S1450 

その他

田城 孝雄, 渡邊 清高, Takao Tashiro, Kiyotaka Watanabe

オンライン講座「がんを知る」の効果

2019年03月25日 | 放送大学研究年報 = Journal of The Open University of Japan 36 1-6 

その他

渡邊 清高, 有賀 悦子, 橋本 俊一, 堀江 大輔, 坂本 義一, 小澤 盛博, 坂井 元, 渡邊 友浩, 田中 由紀, 武田 忠利, 関 順彦

帝京大学中学校・高等学校における中学1年生を対象としたがん教育授業

2019年03月 | 帝京大学医学部 帝京医学雑誌 42 2 51-60 

その他

大坂 巌, 渡邊 清高, 志真 泰夫, 倉持 雅代, 谷田 憲俊

わが国におけるWHO緩和ケア定義の定訳 デルファイ法を用いた緩和ケア関連18団体による共同作成

2019年 | (NPO)日本緩和医療学会 Palliative Care Research 14 2 61-66 

その他

渡邊清高

ステロイドの使い方と注意点 がん治療におけるステロイドの使い方

2018年11月15日 | 成人病と生活習慣病 48 11 1251‐1257 

その他

佐藤正惠, 磯部ゆき江, 三輪眞木子, 北澤京子, 渡邊清高

公共図書館における医療健康情報サービスの質向上のためのメディアドクター指標活用の可能性

2018年11月03日 | 日本図書館情報学会 日本図書館情報学会研究大会発表論文集 66th 105‐108-108 

その他

渡邊 清高

がん治療におけるステロイドの使い方 (特集 ステロイドの使い方と注意点)

2018年11月 | 東京医学社 成人病と生活習慣病 : 日本成人病(生活習慣病)学会準機関誌 48 11 1251-1257 

その他

渡邊清高, 佐藤恵, 吉野正俊, 馬場実央, 山田陽介, 砂川昌子, 高山忠輝, 石川徹, 水野重樹

板橋サバイバーシップ研究会活動報告~患者と家族を支える多職種による研修の取り組み~

2018年05月25日 | 板橋区医師会医学会誌 22 257 

その他

石原昌志, 春山輝亘, 夏目まいか, 深澤陽子, 坂本貴彦, 丹澤盛, 臼井亮, 太田修二, 本田健, 市川靖子, 渡邊清高, 関順彦

往診医との連携により化学療法の継続が可能であった小細胞肺癌の1例

2018年05月25日 | 板橋区医師会医学会誌 22 256 

その他

落合亮介, 本田健, 石原昌志, 深澤陽子, 坂本貴彦, 丹澤盛, 太田修二, 市川靖子, 渡邊清高, 関順彦

免疫療法中にPseudoprogressionの診断が困難であった進行肺扁平上皮癌の1例

2018年 | 日本内科学会関東支部関東地方会 647th 53 

その他

長阪一憲, 長阪一憲, 青木美保, 木戸浩一郎, 瀬戸理玄, 杉原武, 平池春子, 渡邊清高, 梁栄治, 関順彦, 関順彦, 神野浩光, 綾部琢哉

帝京大学における遺伝性乳癌卵巣癌症候群(HBOC)に対する遺伝カウンセリング外来の実施と体制整備について

2018年 | 日本人類遺伝学会大会プログラム・抄録集 63rd 336 

その他

渡邊清高, 花田梢, 河原正典, 今田敏宏

がん患者と家族を支える在宅療養について考える~島根県出雲地域の在宅緩和ケア啓発・推進のためのフォーラム~

2018年 | Palliative Care Research (Web) 13 Supplement S499(J‐STAGE) 

その他

矢口明子, 木下乙女, 早川雅代, 沖崎歩, 木内大佑, 坂元敦子, 松本陽子, 渡邊清高, 若尾文彦, 高山智子

エビデンスが少ない領域における患者向け情報の作成・提供方法の検討―療養情報を例に

2018年 | 日本癌治療学会学術集会(Web) 56th ROMBUNNO.P120‐4 (WEB ONLY) 

その他

太田修二, 坂本貴彦, 春山輝亘, 石原昌志, 夏目まいか, 深澤陽子, 丹澤盛, 臼井亮, 本田健, 市川靖子, 渡邊清高, 関順彦

進行大腸癌をもつ血液透析患者に対するmFOLFOX6の長期的投与管理

2018年 | 日本臨床腫瘍学会学術集会(CD-ROM) 16th ROMBUNNO.O1‐1‐4 

その他

落合亮介, 本田健, 春山輝亘, 石原昌志, 夏目まいか, 深澤陽子, 坂本貴彦, 丹澤盛, 臼井亮, 太田修二, 市川靖子, 渡邊清高, 関順彦

免疫療法中にPseudoprogressionの診断が困難であった進行肺扁平上皮癌の1例

2018年 | 肺癌(Web) 58 2 168(J‐STAGE) 

その他

渡邊清高

生活・療養環境による要望特性に応じたがん情報提供・相談支援体制の在り方:地域ニーズの検証と活性化人材の育成と普及に関する研究―地域の医療・療養情報提供体制の検証研究,地域情報づくりモデルの提案,支援人材介入モデルの検討―

2018年 | 生活・療養環境による要望特性に応じたがん情報提供・相談支援体制の在り方:地域ニーズの検証と活性化人材の育成と普及 平成29年度 総括研究報告書(Web) 61‐71 (WEB ONLY) 

その他

矢口明子, 早川雅代, 木下乙女, 沖崎歩, 木内大佑, 坂元敦子, 松本陽子, 渡邊清高, 若尾文彦, 高山智子

将来に亘って持続可能ながん情報提供と相談支援の体制の確立に関する研究 エビデンスが少ない領域に関するコンテンツ(療養情報)の持続可能な情報作製および提供方法の検討

2018年 | 将来に亘って持続可能ながん情報提供と相談支援の体制の確立に関する研究 平成29年度 総括・分担研究報告書(Web) 64‐72 (WEB ONLY) 

その他

丹澤盛, 春山輝亘, 石原昌志, 夏目まいか, 深澤陽子, 坂本貴彦, 太田修二, 本田健, 市川靖子, 渡邊清高, 関順彦

癌性髄膜炎にErlotinib+Bevacizumab併用療法が奏効した1例

2018年 | 肺癌(Web) 58 5 389(J‐STAGE) 

その他

渡邊清高, 調憲, 浅尾高行, 相羽惠介, 佐々木治一郎, 藤也寸志, 竹山由子, 片渕秀隆, 境健爾, 吉田稔, 矢野篤次郎, 加藤雅志, 冨田尚裕, 西山正彦

6都県における情報提供と相談体制 がん医療ネットワークナビゲーターの普及に向けて

2018年 | 日本癌治療学会学術集会(Web) 56th ROMBUNNO.O51‐3 (WEB ONLY) 

その他

沖崎歩, 木内大佑, 坂元敦子, 松本陽子, 渡邊清高, 早川雅代, 木下乙女, 矢口明子, 若尾文彦, 高山智子

将来に亘って持続可能ながん情報提供と相談支援の体制の確立に関する研究 科学的根拠に基づく質の高い療養情報の作成に必要な参考資料の優先順位および選定方法に関する検討

2018年 | 将来に亘って持続可能ながん情報提供と相談支援の体制の確立に関する研究 平成29年度 総括・分担研究報告書(Web) 58‐63 (WEB ONLY) 

その他

深澤陽子, 佐々木和哉, 中島真, 夏目まいか, 春山輝亘, 石原昌志, 坂本貴彦, 臼井亮, 丹澤盛, 本田健, 太田修二, 市川靖子, 近藤福雄, 渡邊清高, 上妻謙, 関順彦

Nivolumab投与中に心筋炎と重症筋無力症を発症した進行肺腺癌の1例

2018年 | 日本臨床腫瘍学会学術集会(CD-ROM) 16th ROMBUNNO.P2‐214 

その他

渡邊清高, 渡邊清高, 大澤岳史, 前村聡, 北澤京子, 北澤京子, 佐藤正惠, 佐藤正惠

「緩和ケア」は市民にどのように伝えられ,受けとめられているか?―報道・辞書・事典の記述を読み解く―

2018年 | Palliative Care Research (Web) 13 Supplement S510(J‐STAGE) 

その他

田城 孝雄, 渡邊 清高

オンライン講座「がんを知る」の効果

2018年 | 放送大学 放送大学研究年報 = Journal of The Open University of Japan 36 1-6 

その他

渡邊清高, 渡邊清高, 北澤京子, 北澤京子, 佐藤正惠, 佐藤正惠

メディアドクター指標を用いた中学生を対象としたヘルスリテラシー教育の有用性

2017年09月16日 | 日本ヘルスコミュニケーション学会雑誌(Web) 41 (WEB ONLY) 

その他

関順彦, 渡邊清高

肺がん死亡率の地域差:東京都の現状と対策

2017年09月05日 | 日本肺癌学会総会号 58th 363 

その他

渡邊清高, 夏目まいか, 深澤陽子, 坂本貴彦, 臼井亮, 丹澤盛, 太田修二, 本田健, 市川靖子, 関順彦

がん領域における患者との対話の重要性~診療・研究からがん対策へ~

2017年05月27日 | 安全医学 14 44 

その他

渡邊清高, 古瀬純司, 林和彦

都市部の3大学病院を受診するがん患者におけるニーズ調査(実施報告)都市型がん医療のニーズを探る―がん患者のサバイバー調査から見えてきたもの―

2017年04月25日 | 東京女子医科大学雑誌 87 1/2 26‐32 

その他

有賀 悦子, 佐野 圭二, 近藤 福雄, 渡邊 清高, 大澤 岳史, 朝倉 比都美, 笹野 仲史, 市川 靖子, 澤村 成史, 矢口 成美, 岸浪 由治, 江口 研二

小学校高学年へのがん教育 : 帝京サマースクールについて (第82回東京女子医科大学学会総会 シンポジウム「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン『都市型がん医療連携を担う人材の実践的教育』の成果」(Part 1))

2017年04月25日 | 東京女子医科大学学会 東京女子医科大学雑誌 = Journal of Tokyo Women's Medical University 87 1 20-25 

その他

夏目まいか, 本田健, 深澤陽子, 坂本貴彦, 臼井亮, 太田修二, 市川靖子, 渡邊清高, 関順彦

下肢麻痺より診断に至った小細胞肺癌の1例

2017年03月16日 | 板橋区医師会医学会誌 21 205 

その他

夏目まいか, 渡邊清高, 深澤陽子, 塚本貴彦, 臼井亮, 本田健, 太田修二, 市川靖子, 関順彦

都内3大学病院に通院中のがん患者における療養方針に関するニーズの分析

2017年02月20日 | 日本内科学会雑誌 106 236 

その他

本田健, 夏目まいか, 深澤陽子, 石原昌志, 坂本貴彦, 丹澤盛, 太田修二, 市川靖子, 渡邊清高, 関順彦

肺癌症例における多重癌の発生頻度と治療に関する検討

2017年 | 日本成人病(生活習慣病)学会会誌 43 67 

その他

本田健, 夏目まいか, 深澤陽子, 石原昌志, 坂本貴彦, 太田修二, 市川靖子, 渡邊清高, 関順彦

多発転移を伴うIV期肺癌症例において,全身化学療法中に局所療法の追加治療を適応しうる症例の検討

2017年 | 日本臨床腫瘍学会学術集会(CD-ROM) 15th ROMBUNNO.P1‐160 

その他

太田修二, 石原昌志, 夏目まいか, 深澤陽子, 坂本貴彦, 臼井亮, 本田健, 市川靖子, 渡邊清高, 関順彦

再発小細胞肺癌に対するthird‐line以降の化学療法の意義

2017年 | 日本臨床腫瘍学会学術集会(CD-ROM) 15th ROMBUNNO.P1‐140 

その他

市川靖子, 夏目まいか, 深澤陽子, 坂本貴彦, 本田健, 太田修二, 渡邊清高, 関順彦

進行肺がん患者はどのような理由で積極的な薬物療法を終了しているのか?

2017年 | 日本臨床腫瘍学会学術集会(CD-ROM) 15th ROMBUNNO.O2‐1‐6 

その他

成毛大輔, 渡邊清高, 関順彦, 林和彦, 河合桐男, 岡野尚弘, 小林敬明, 夏目まいか, 長島文夫, 古瀬純司

がん患者のニーズ調査と充実したサバイバーシップに向けたアンケート調査研究

2017年 | 日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集 22nd S265 

その他

貫田みゆき, 有賀悦子, 大澤岳史, 近藤福雄, 渡邊清高, 朝倉比都美, 笹野仲史, 市川靖子, 本橋タマ子, 江口研二

小学校高学年へのがん教育・帝京サマースクールについて

2017年 | 日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集 22nd S209 

その他

村上雅彦, 岩渕正之, 熊谷優志, 金野良則, 横澤臣紀, 入澤美紀子, 武田彩, 千葉芙美, 小西悦子, 渡邊清高

がん患者さんを在宅で支える~岩手県気仙地域の啓発・推進のための活動~

2017年 | 日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集 22nd S464 

その他

深澤陽子, 本田健, 江戸直樹, 夏目まいか, 坂本貴彦, 臼井亮, 太田修二, 市川靖子, 渡邊清高, 関順彦

nivolumab投与を契機にACTH単独欠損症を発症した肺腺癌の1例

2017年 | 日本臨床腫瘍学会学術集会(CD-ROM) 15th ROMBUNNO.P3‐221 

その他

夏目まいか, 本田健, 石原昌志, 深澤陽子, 坂本貴彦, 丹澤盛, 臼井亮, 太田修二, 市川靖子, 渡邊清高, 関順彦

高齢者の頭頚部癌に対する放射線照射の有害事象マネジメントの検討

2017年 | 日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集 22nd S509 

その他

渡邊清高

HTLV‐1キャリア相談支援体制整備に資するニーズの収集とATL患者支援体制の整備に関する研究 HTLV‐1キャリア,ATL患者の相談体制の充実に向けた都道府県における拠点のあり方に関する検討

2017年 | HTLV-1キャリアとATL患者の実態把握、リスク評価、相談支援体制整備とATL/HTLV-1感染症克服研究事業の適正な運用に資する研究 平成28年度 総括・分担報告書(Web) 201607006A0008 (WEB ONLY) 

その他

本田健, 春山輝亘, 石原昌志, 夏目まいか, 深澤陽子, 坂本貴彦, 臼井亮, 太田修二, 市川靖子, 渡邊清高, 関順彦

EGFR‐TKI耐性症例の再生検部位の検討

2017年 | 気管支学 39 6 541(J‐STAGE) 

その他

本田健, 春山輝亘, 石原昌志, 夏目まいか, 深澤陽子, 坂本貴彦, 臼井亮, 太田修二, 市川靖子, 渡邊清高, 関順彦

喘息発作と診断された肺癌の2例

2017年 | 気管支学 39 6 536‐537(J‐STAGE) 

その他

深澤陽子, 夏目まいか, 坂本貴彦, 臼井亮, 本田健, 太田修二, 市川靖子, 渡邊清高, 関順彦

nivolumab投与中に重症筋無力症と心筋炎を発症した1例

2017年 | 肺癌(Web) 57 1 57(J‐STAGE) 

その他

臼井亮, 深澤陽子, 夏目まいか, 本田健, 太田修二, 市川靖子, 渡邊清高, 関順彦, 内尾直裕, 清水潤, 北國圭一

Nivolumab投与中に筋炎を発症した肺腺癌の1例

2017年 | 肺癌(Web) 57 1 56‐57(J‐STAGE) 

その他

渡邊清高, 渡邊清高, 田城孝雄

オンライン講座「がんを知る」を活用した多人数を対象とした一般向けがん教育

2017年 | 日本癌治療学会学術集会(Web) 55th ROMBUNNO.WS12‐4 (WEB ONLY) 

その他

渡邊 清高, 佐藤 正惠

集会報告 第51回メディアドクター研究会:「情報源としてのプレスリリース:臨床研究の結果をどう伝えるか」

2017年 | 国立研究開発法人 科学技術振興機構 情報管理 60 4 284-285 

その他

渡邊 清高, 古瀬 純司, 林 和彦

(4)都市部の3大学病院を受診するがん患者におけるニーズ調査(実施報告)都市型がん医療のニーズを探る―がん患者のサバイバー調査から見えてきたもの―

2017年 | 東京女子医科大学学会 東京女子医科大学雑誌 87 1 26-32 

その他

有賀 悦子, 矢口 成美, 岸浪 由治, 江口 研二, 佐野 圭二, 近藤 福雄, 渡邊 清高, 大澤 岳史, 朝倉 比都美, 笹野 仲史, 市川 靖子, 澤村 成史

(3)小学校高学年へのがん教育―帝京サマースクールについて―

2017年 | 東京女子医科大学学会 東京女子医科大学雑誌 87 1 20-25 

その他

本田健, 夏目まいか, 深澤陽子, 坂本貴彦, 臼井亮, 太田修二, 市川靖子, 渡邊清高, 上原浩文, 関順彦

多発転移を伴うIV期肺癌症例において,全身化学療法中に局所療法の追加治療を適応しうる症例の検討

2016年11月05日 | 日本肺癌学会総会号 57th 720 

その他

渡邊清高, 古瀬純司

都市型がん医療のニーズを探る―がん患者のサバイバー調査から見えてきたもの―

2016年08月25日 | 東京女子医科大学雑誌 86 4 161‐162 

その他

渡邊 清高, 古瀬 純司

(シンポジウム「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン『都市型がん医療連携を担う人材の実践的教育』の成果」) 都市型がん医療のニーズを探る-がん患者のサバイバー調査から見えてきたもの-

2016年08月25日 | 東京女子医科大学学会 東京女子医科大学雑誌 86 4 161-162 

その他

夏目まいか, 渡邊清高, 深澤陽子, 坂本貴彦, 臼井亮, 本田健, 太田修二, 市川靖子, 林和彦, 成毛大輔, 古瀬純司, 関順彦

都内3大学病院におけるがん患者の療養場所のニーズ調査

2016年 | 日本癌治療学会学術集会(Web) 54th ROMBUNNO.WS96‐1 (WEB ONLY) 

その他

市川靖子, 和田慶太, 夏目まいか, 深澤陽子, 坂本貴彦, 臼井亮, 本田健, 太田修二, 渡邊清高, 佐野圭二, 関順彦

高齢膵がん患者に対する治療選択

2016年 | 日本癌治療学会学術集会(Web) 54th ROMBUNNO.WS5‐2 (WEB ONLY) 

その他

市川靖子, 和田慶太, 坂本貴彦, 丹澤盛, 本田健, 太田修二, 渡邊清高, 佐野圭二, 関順彦

高齢膵がん患者に対する治療選択

2016年 | 日本臨床腫瘍学会学術集会(CD-ROM) 14th ROMBUNNO.P2‐222 

その他

深澤陽子, 太田修二, 夏目まいか, 坂本貴彦, 臼井亮, 本田健, 市川靖子, 渡邊清高, 斉藤光次, 関順彦

定位放射線治療後に巣症状の再燃を認め,再発と放射線壊死,pseudoprogressionの鑑別困難であった1例

2016年 | 日本内科学会関東支部関東地方会 627th 29 

その他

山本英一郎, 林和彦, 唐澤久美子, 渡邊清高, 古瀬純司

東京女子医科大学病院のがん患者のニーズ調査と充実したサバイバーシップに向けた研究

2016年 | 日本癌治療学会学術集会(Web) 54th ROMBUNNO.P84‐3 (WEB ONLY) 

その他

本田健, 夏目まいか, 深澤陽子, 坂本貴彦, 丹澤盛, 太田修二, 市川靖子, 渡邊清高, 関順彦

肺原発および肺外原発神経内分泌腫瘍に対する薬物治療成績の比較検討

2016年 | 日本臨床腫瘍学会学術集会(CD-ROM) 14th ROMBUNNO.P1‐129 

その他

渡邊清高, 渡邊清高, 田城孝雄

放送大学におけるオンライン講座「がんを知る」の設置とその効果に関する検討

2016年 | 日本癌治療学会学術集会(Web) 54th ROMBUNNO.WS96‐6 (WEB ONLY) 

その他

渡邊清高

HTLV‐1キャリアとATL患者の実態把握,リスク評価,相談体制整備とATL/HTLV‐1感染症克服研究事業の適正な運用に資する研究 HTLV‐1キャリア,ATL患者の相談体制の充実に向けた都道府県における窓口の設置状況に関する検討

2016年 | HTLV-1キャリアとATL患者の実態把握、リスク評価、相談体制整備とATL/HTLV-1感染症克服研究事業の適正な運用に資する研究 平成27年度 総括・分担研究報告書 83‐86 

その他

深澤陽子, 太田修二, 夏目まいか, 坂本貴彦, 臼井亮, 本田健, 市川靖子, 渡邊清高, 関順彦, 斉藤光次

非小細胞肺癌脳転移に対する定位放射線治療後に腫瘍再発と放射線壊死の鑑別が困難であった1例

2016年 | 肺癌(Web) 56 4 322(J‐STAGE) 

その他

夏目まいか, 本田健, 深澤陽子, 坂本貴彦, 臼井亮, 太田修二, 市川靖子, 渡邊清高, 関順彦

Gefitinib自然耐性例に対しErlotinibが奏効した2症例

2016年 | 肺癌(Web) 56 4 321(J‐STAGE) 

その他

本田健, 夏目まいか, 深澤陽子, 森竜久, 斉藤直樹, 坂本貴彦, 丹澤盛, 太田修二, 市川靖子, 渡邊清高, 関順彦

多重癌症例における合併臓器の頻度と治療に関する検討

2015年10月05日 | 日本肺癌学会総会号 56th 447 

その他

丹澤盛, 夏目まいか, 深澤陽子, 森竜久, 坂本貴彦, 太田修二, 本田健, 市川靖子, 渡邊清高, 関順彦

当院でのEGFR‐TKI治療におけるRECIST‐PDとClinical‐PDの後方視的症例比較

2015年10月05日 | 日本肺癌学会総会号 56th 573 

その他

渡邊清高

がんサバイバーシップ がん情報の質とメディアの役割

2015年10月01日 | 治療 97 10 1420-1424 

その他

夏目 まいか, 深澤 陽子, 丹澤 盛, 太田 修二, 市川 靖子, 渡邊 清高, 関 順彦, 菊地 良直, 斉藤 光次

直腸癌とIgG4関連後腹膜線維症の合併が疑われた1例

2015年10月 | 日本内科学会-関東地方会 日本内科学会関東地方会 618回 35-35 

その他

渡邊 清高

がん情報の質とメディアの役割 (特集 がんサバイバーシップ)

2015年10月 | 南山堂 治療 97 10 1420-1424 

その他

渡邊清高, 関順彦

肥満とがん

2015年08月28日 | 月刊腫瘍内科 16 2 171-176 

その他

渡邊 清高, 関 順彦

肥満とがん

2015年08月 | 科学評論社 腫瘍内科 = Clinical oncology 16 2 171-176 

その他

本田健, 夏目まいか, 深澤陽子, 森竜久, 坂本貴彦, 斉藤直樹, 丹澤盛, 太田修二, 市川靖子, 渡邊清高, 関順彦

多重癌症例における合併臓器の頻度と治療に関する検討

2015年03月10日 | 日本呼吸器学会誌 4 167 

その他

丹澤盛, 夏目まいか, 深澤陽子, 森竜久, 齋藤直樹, 坂本貴彦, 太田修二, 本田健, 市川靖子, 渡邊清高, 関順彦

当院でのEGFR‐TKI治療におけるRECIST‐PDとClinical‐PDの後方視的症例比較

2015年03月10日 | 日本呼吸器学会誌 4 170 

その他

丹澤盛, 夏目まいか, 深澤陽子, 森竜久, 坂本貴彦, 太田修二, 本田健, 市川靖子, 渡邊清高, 関順彦

当院でのEGFR‐TKI治療におけるRECIST‐PDとClinical‐PDの後方視的症例比較

2015年02月20日 | 日本内科学会雑誌 104 191 

その他

市川靖子, 夏目まいか, 深澤陽子, 森竜久, 坂本貴彦, 本田健, 丹澤盛, 太田修二, 渡邊清高, 関順彦

PS不良患者に対する治療選択に影響する因子とは?

2015年02月20日 | 日本内科学会雑誌 104 241 

その他

本田健, 夏目まいか, 深澤陽子, 森竜久, 坂本貴彦, 丹澤盛, 太田修二, 市川靖子, 渡邊清高, 関順彦

多重癌症例における合併臓器の頻度と治療に関する検討

2015年02月20日 | 日本内科学会雑誌 104 284 

その他

渡邊清高, 関順彦

がん薬物療法の最前線~抗体医薬品を中心に~1.がん薬物療法の開発動向と抗体医薬品の位置付け

2015年01月01日 | 医薬ジャーナル 51 1 81-86 

その他

渡邊 清高, 関 順彦

がん薬物療法の開発動向と抗体医薬品の位置付け (特集 がん薬物療法の最前線 : 抗体医薬品を中心に)

2015年01月 | 医薬ジャーナル社 医薬ジャーナル 51 1 81-86 

その他

丹澤盛, 夏目まいか, 森竜久, 坂本貴彦, 太田修二, 本田健, 市川靖子, 渡邊清高, 関順彦

当院でのEGFR‐TKI治療におけるRECIST‐PDとClinical‐PDの後方視的症例比較

2015年 | 日本臨床腫瘍学会学術集会(CD-ROM) 13th ROMBUNNO.P3-1-68 

その他

市川靖子, 夏目まいか, 森竜久, 坂本貴彦, 本田健, 丹澤盛, 太田修二, 渡邊清高, 関順彦

S‐1内服によりCPK上昇をきたした2症例の検討

2015年 | 日本臨床腫瘍学会学術集会(CD-ROM) 13th ROMBUNNO.P1-5-80 

その他

櫻本泰憲, 兼松裕一, 大野広揮, 秋月秀一, 橋本学, 渡邊清高, 関真規人

Coded Multi Flash Imagingによる3次元凹凸構造特徴マッチング

2015年 | 精密工学会誌(Web) 81 10 944-950 (J-STAGE) 

その他

渡邊清高

HTLV‐1キャリアとATL患者の実態把握,リスク評価,相談体制整備とATL/HTLV‐1感染症克服研究事業の適正な運用に資する研究 HTLV‐1キャリア,ATL患者の相談支援体制におけるがん相談支援センターの役割に関する検討

2015年 | HTLV-1キャリアとATL患者の実態把握、リスク評価、相談体制整備とATL/HTLV-1感染症克服研究事業の適正な運用に資する研究 平成26年度 総括・分担研究報告書 45‐48 

その他

市川靖子, 夏目まいか, 森竜久, 坂本貴彦, 本田健, 丹澤盛, 太田修二, 渡邊清高, 関順彦

S‐1内服によりCPK上昇をきたした2症例の検討

2015年 | 日本癌治療学会学術集会(Web) 53rd P82‐10 (WEB ONLY) 

その他

仲本奈々, 増田昌人, 井上亜紀, 渡邊清高, 青木一雄

医療に関する新聞記事の評価とWebを用いたフィードバックシステムの構築とその検討

2014年12月06日 | パーソナルコンピュータ利用技術学会全国大会講演論文集(CD-ROM) 9th ROMBUNNO.B2-4 

その他

渡邊清高, 関順彦

免疫療法の逆襲を現実化した免疫checkpointの修飾 Immune checkpointを標的とする抗腫瘍薬としての抗体

2014年11月28日 | 月刊腫瘍内科 14 5 449-454 

その他

渡邊 清高, 関 順彦

Immune checkpointを標的とする抗腫瘍薬としての抗体 (特集 免疫療法の逆襲を現実化した免疫checkpointの修飾)

2014年11月 | 科学評論社 腫瘍内科 = Clinical oncology 14 5 449-454 

その他

渡邊清高, 内田絵子, 伊東洋介, 矢上奈里, 埴岡健一

地域医療ビジョン・地域医療計画のレビュー報告 がん

2014年10月31日 | 医療の質・安全学会誌 9 Supplement 144 

その他

市川靖子, 夏目まいか, 深澤陽子, 森竜久, 坂本貴彦, 丹沢盛, 本田健, 太田修二, 渡邊清高, 関順彦

PS不良患者に対する治療選択に影響する因子とは?

2014年10月05日 | 日本肺癌学会総会号 55th 576 

その他

高山智子, 八巻知香子, 山崎由美子, 伊東洋介, 渡邊清高, 東尚弘, 若尾文彦

日本のがん対策の新しい動き―科学的根拠に基づいたがん対策を進めるために―がん対策を包括的に進めるための枠組みの検討

2014年02月28日 | 癌の臨床 60 1 131-138 

その他

渡邊清高

臓器障害の薬剤投与―注意と禁忌薬―がん合併時の薬剤投与の注意と禁忌薬

2014年02月15日 | 成人病と生活習慣病 44 2 199-204 

その他

渡邊 清高

がん合併時の薬剤投与の注意と禁忌薬 (特集 臓器障害の薬剤投与 : 注意と禁忌薬) -- (各種疾患と薬剤)

2014年02月 | 東京医学社 成人病と生活習慣病 : 日本成人病(生活習慣病)学会準機関誌 44 2 199-204 

その他

渡邊清高, 清水秀昭, 谷水正人, 増田昌人, 浦久保安輝子, 大賀有記, 大塚良子, 高山智子, 若尾文彦

地域の療養情報作成から普及に至るプロセスの検討‐地域における情報発信と患者支援

2014年 | 日本癌治療学会学術集会(CD-ROM) 52nd ROMBUNNO.P129-12 

その他

増田昌人, 大久保礼子, 井上亜紀, 望月祥子, 吉本多佳子, 渡邊清高, 樋口美智子

地域の療養情報『おきなわがんサポートハンドブック第三版』の評価

2014年 | 日本癌治療学会学術集会(CD-ROM) 52nd ROMBUNNO.P129-13 

その他

岩本桃子, 神谷泉, 東尚弘, 高山智子, 八巻知香子, 奥山絢子, 田中洪太, 松本聡子, 中村文明, 伊東洋介, 渡邊清高, 若尾文彦

デルファイ法を用いたがん対策の分野別進捗管理指標の策定

2014年 | 日本癌治療学会学術集会(CD-ROM) 52nd ROMBUNNO.P84-9 

その他

渡邊清高, 浦久保安輝子

がん診療中核医療機関における臨床試験・治験の認知や情報入手指向に関する調査

2014年 | 日本癌治療学会学術集会(CD-ROM) 52nd ROMBUNNO.P84-8 

その他

八巻知香子, 高山智子, 渡邊清高, 松本聡子, 若尾文彦

がん相談支援センターの活動の充実に向けた広域ブロック地域相談支援フォーラムの意義

2014年 | 日本癌治療学会学術集会(CD-ROM) 52nd ROMBUNNO.P37-8 

その他

櫻井雅代, 澤井映美, 高山智子, 渡邊清高, 岩本桃子, 中村文明, 東尚弘, 西本寛, 柴田大郎, 中村健一, 福田治彦, 若尾文彦

希少がん患者・家族による相談の特徴と今後の情報提供と相談対応方法の検討

2014年 | 日本癌治療学会学術集会(CD-ROM) 52nd ROMBUNNO.O39-4 

その他

野口都美, 荻野大助, 藤井仁, 佐藤元, 渡邊清高

国民・患者への臨床研究・治験の普及啓発に関する研究 がん患者における臨床研究・治験情報利用の現状と課題

2014年 | 国民・患者への臨床研究・治験の普及啓発に関する研究 平成25年度 総括・分担研究報告書 49-53 

その他

渡邊清高, 浦久保安輝子

国民・患者への臨床研究・治験の普及啓発に関する研究 国立がん研究センターおよびがん分野における臨床試験・治験の普及啓発に関する研究

2014年 | 国民・患者への臨床研究・治験の普及啓発に関する研究 平成25年度 総括・分担研究報告書 60-65 

その他

加藤雅志, 上杉英生, 大江裕一郎, 岡村健, 小川俊夫, 助友裕子, 武村真治, 田部井敏夫, 東尚弘, 増田昌人, 山下紀子, 渡邊清高, 的場匡亮, 樋口由起子

がん対策とその推進に資する国立がん研究センターの新たな機能のあり方に関する研究

2014年 | 国立がん研究センターがん研究開発費総括研究報告書(Web) 2013 23-A-33 WEB ONLY 

その他

若尾文彦, 高山智子, 渡邊清高, 八巻知香子, 田尾絵里子

がん情報の収集と発信,評価に関する研究

2014年 | 国立がん研究センターがん研究開発費総括研究報告書(Web) 2013 23-A-36 WEB ONLY 

その他

深澤陽子, 太田修二, 夏目まいか, 森竜久, 斎藤直樹, 坂本貴彦, 本田健, 市川靖子, 渡邊清高, 関順彦, 森田茂樹, 森田茂樹

放射線療法後に器質化肺炎を発症した限局型小細胞肺癌の1例

2014年 | 肺癌(Web) 54 7 998(J‐STAGE) 

その他

夏目まいか, 本田健, 深澤陽子, 森竜久, 坂本貴彦, 斉藤直樹, 丹澤盛, 太田修二, 市川靖子, 渡邊清高, 関順彦

一次化学療法中にベバシズマブを追加併用療法することで癌性リンパ管症の改善が得られた肺腺癌の1例

2014年 | 肺癌(Web) 54 7 993(J‐STAGE) 

その他

丹澤盛, 夏目まいか, 深澤陽子, 森竜久, 齋藤直樹, 坂本貴彦, 太田修二, 本田健, 市川靖子, 渡邊清高, 関順彦

Erlotinib治療中に全脳照射を併用し頭皮皮膚炎に苦慮した肺腺癌多発脳転移の1例

2014年 | 肺癌(Web) 54 7 1002(J‐STAGE) 

その他

渡邊 清高

つながれインフォプロ 第11回

2014年 | 国立研究開発法人 科学技術振興機構 情報管理 57 5 344-347 

その他

大賀有記, 浦久保安輝子, 山崎由美子, 渡邊清高, 高山智子, 若尾文彦

がん診療連携拠点病院における相談支援センターの相談員の役割に関する調査

2013年10月31日 | 医療の質・安全学会誌 8 Supplement 256 

その他

渡邊清高, 秋元秀俊, 飯野靖彦, 石川隆, 北澤京子, 西田博, 保坂隆, 前村聡, 丸木一成, 本島玲子

医療・健康情報の質向上を目指して メディアドクター日本版の活動

2013年10月31日 | 医療の質・安全学会誌 8 Supplement 255 

その他

八巻知香子, 高山智子, 渡邊清高, 櫻井雅代, 澤井映美, 若尾文彦, 岩井和彦, 高橋三智世

医療専門機関と点字図書館との連携による情報弱者へのがん情報提供の試み

2013年10月31日 | 医療の質・安全学会誌 8 Supplement 294 

その他

渡邊清高, 浦久保安輝子, 山崎由美子, 大賀有記, 篠田雅幸, 清水秀昭, 増田昌人, 篠崎勝則, 高山智子, 若尾文彦

地域におけるがん情報提供と普及支援に向けた取り組み―患者必携「地域の療養情報」の作成支援を通して―

2013年10月31日 | 医療の質・安全学会誌 8 Supplement 256 

その他

渡邊清高, 高山智子, 若尾文彦

医療対話・相談支援の充実に向けた組織間,地域における連携―がん相談支援センター・がん診療連携拠点病院における体制づくり

2013年10月31日 | 医療の質・安全学会誌 8 Supplement 122 

その他

若尾文彦, 高山智子, 渡邊清高, 八巻智香子

患者・家族参加によるがん情報発信の取り組み

2013年10月31日 | 医療の質・安全学会誌 8 Supplement 162 

その他

渡邊清高

療養過程のそれぞれの場面で緩和ケアをどう伝えるか がん情報としての緩和ケアの情報提供のあり方

2013年04月30日 | がん患者と対症療法 24 1 61-66 

その他

石田也寸志, 樋口明子, 山崎由美子, 浦久保安輝子, 伊藤照生, 平野真紀, 渡邊清高

がん患者向け情報提供ツールに対する小児がん関係者によるアンケート調査

2013年04月12日 | 日本小児血液・がん学会雑誌 50 1 92-99 

その他

浦久保安輝子, 清水秀昭, 増田昌人, 篠崎勝則, 篠田雅幸, 高田由香, 元雄良治, 北村周子, 宮内正之, 辻晃仁, 山崎由美子, 渡邊清高

心理特性を踏まえたがん情報入手指向性の検討

2013年 | 日本癌治療学会学術集会(CD-ROM) 51st ROMBUNNO.P68-3 

その他

大賀有記, 八巻知香子, 鈴木望, 浦久保安輝子, 山崎由美子, 渡邊清高, 高山智子, 若尾文彦

がん診療連携拠点病院における相談支援センターの役割分担の検討

2013年 | 日本癌治療学会学術集会(CD-ROM) 51st ROMBUNNO.P69-13 

その他

渡邊清高, 清水秀昭, 篠崎勝則, 篠田雅幸, 増田昌人, 浦久保安輝子, 山崎由美子, 高山智子, 若尾文彦

地域の療養情報作成と普及に向けたワークショップ―地域における情報発信と患者支援―

2013年 | 日本癌治療学会学術集会(CD-ROM) 51st ROMBUNNO.O52-2 

その他

浦久保安輝子, 的場元弘, 田代志門, 清水哲郎, 唐渡敦也, 伊藤照生, 山崎由美子, 渡邊清高

在宅緩和ケアに対する意識の変化に関する研究~緩和ケア・療養支援に関するフォーラムにおける質問紙調査~

2013年 | 日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集 18th 288 

その他

的場元弘, 伊藤達朗, 村上雅彦, 金野良則, 武田彩, 渡邊清高, 浦久保安輝子, 加賀谷肇, 吉本鉄介, 赤木徹, 宮下光令

被災地に展開可能ながん在宅緩和医療システムの構築に関する研究 被災地域の緩和ケア連携体制の再構築と大規模災害下での緩和ケア関連情報の提供体制に関する研究

2013年 | 被災地に展開可能ながん在宅緩和医療システムの構築に関する研究 平成24年度 総括・分担研究報告書 23-136 

その他

賀出朱美, 篠崎勝則, 木下真由美, 迎川ゆき, 土井美帆子, 新田朋子, 山内理海, 浦久保安輝子, 渡邊清高

患者必携がんになったら手にとるガイドによる情報処方により期待されるもの

2013年 | 日本臨床腫瘍学会学術集会(CD-ROM) 11th ROMBUNNO.P3-161 

その他

渡邊清高, 浦久保安輝子

国民・患者への臨床研究・治験の普及啓発に関する研究 国立がん研究センターおよびがん分野における臨床試験・治験の普及啓発に関する研究

2013年 | 国民・患者への臨床研究・治験の普及啓発に関する研究 平成24年度 総括・分担研究報告書 199-205 

その他

渡邊清高

地域におけるがん対策の推進と患者支援に資する介入モデルの作成に関する研究 平成22~24年度

2013年 | 地域におけるがん対策の推進と患者支援に資する介入モデルの作成に関する研究 平成22-24年度 総合研究報告書 392P 

その他

荻野大助, 渡邊清高, 高橋邦彦, 佐藤元

国民・患者への臨床研究・治験の普及啓発に関する研究「臨床研究(試験)情報検索ポータルサイト」改善に向けたアンケートの評価結果について

2013年 | 国民・患者への臨床研究・治験の普及啓発に関する研究 平成24年度 総括・分担研究報告書 250-261 

その他

渡邊清高

地域におけるがん対策の推進と患者支援に資する介入モデルの作成に関する研究

2013年 | 地域におけるがん対策の推進と患者支援に資する介入モデルの作成に関する研究 平成24年度 総括・分担研究報告書 11-71,73,75-125 

その他

野口都美, 中尾裕之, 荻野大助, 高橋邦彦, 佐藤元, 伊藤俊之, 伊藤澄信, 武田伸一, 山本学, 渡邊清高

国民・患者への臨床研究・治験の普及啓発に関する研究 臨床研究・治験情報ニーズ調査の質問票設計および実施に関する検討

2013年 | 国民・患者への臨床研究・治験の普及啓発に関する研究 平成24年度 総括・分担研究報告書 140-182 

その他

渡邊清高

HTLV‐1キャリア・ATL患者に対する相談機能の強化と正しい知識の普及の促進 ATL患者,HTLV‐1キャリアに関する相談支援に関する研究

2013年 | HTLV-1キャリア・ATL患者に対する相談機能の強化と正しい知識の普及の促進 平成24年度研究総括報告書 97-101,103-135 

その他

渡邊清高, 浦久保安輝子, 山崎由美子, 伊藤照生, 朝戸裕二, 北村周子, 篠崎勝則, 八巻知香子, 高山智子, 若尾文彦

自立支援型がん情報の普及のあり方に関する研究 「患者必携 がんになったら手にとるガイド」の評価と活用の取り組み

2012年10月25日 | 医療の質・安全学会誌 7 Supplement 287 

その他

錢谷聖子, 山崎由美子, 鈴木望, 田尾絵里子, 伊藤照夫, 浦久保安輝子, 八巻知香子, 高山智子, 渡邊清高, 若尾文彦

「地域のがん情報」~都道府県が発信するがん関連情報へのアクセスを容易にするために~

2012年10月25日 | 医療の質・安全学会誌 7 Supplement 379 

その他

浦久保安輝子, 山崎由美子, 伊藤照生, 錢谷聖子, 田尾絵里子, 鈴木望, 八巻知香子, 高山智子, 渡邊清高, 若尾文彦

患者・支援者にとって必要な緩和ケアと療養支援の情報づくりに向けて―患者・家族のニーズ把握のこころみ―

2012年10月25日 | 医療の質・安全学会誌 7 Supplement 368 

その他

山崎由美子, 高山智子, 渡邊清高, 柴田大朗, 若尾文彦

患者・家族向けのがんに関する臨床試験 情報と相談窓口の整備状況と今後の課題に関する検討~がん診療連携拠点病院の現況調査報告より~

2012年10月25日 | 医療の質・安全学会誌 7 Supplement 286 

その他

若尾文彦, 高山智子, 渡邊清高, 八巻知香子

がん情報普及・啓発活動における患者・市民参加の取り組み

2012年10月25日 | 医療の質・安全学会誌 7 Supplement 162 

その他

渡邊清高, 浦久保安輝子, 山崎由美子, 伊藤照生, 篠田雅幸, 増田昌人, 篠崎勝則, 八巻知香子, 高山智子, 若尾文彦

地域におけるがん情報提供支援と普及プロセスのあり方―患者必携「地域の療養情報」の取り組み―

2012年10月25日 | 医療の質・安全学会誌 7 Supplement 273 

その他

伊藤照生, 高山智子, 山崎由美子, 浦久保安輝子, 錢谷聖子, 鈴木望, 田尾絵里子, 八巻知香子, 渡邊清高, 若尾文彦

がんの冊子の需要と供給の適正について

2012年10月25日 | 医療の質・安全学会誌 7 Supplement 368 

その他

若尾 文彦, 高山 智子, 渡邊 清高, 八巻 知香子

患者と医療者の情報共有は医療をどう変えるのか がん情報普及・啓発活動における患者・市民参加の取り組み

2012年10月 | (一社)医療の質・安全学会 医療の質・安全学会誌 7 Suppl. 162-162 

その他

渡邊 清高, 浦久保 安輝子, 山崎 由美子, 伊藤 照生, 篠田 雅幸, 増田 昌人, 篠崎 勝則, 八巻 知香子, 高山 智子, 若尾 文彦

地域におけるがん情報提供支援と普及プロセスのあり方 患者必携「地域の療養情報」の取り組み

2012年10月 | (一社)医療の質・安全学会 医療の質・安全学会誌 7 Suppl. 273-273 

その他

山崎 由美子, 高山 智子, 渡邊 清高, 柴田 大朗, 若尾 文彦

患者・家族向けのがんに関する臨床試験 情報と相談窓口の整備状況と今後の課題に関する検討 がん診療連携拠点病院の現況調査報告より

2012年10月 | (一社)医療の質・安全学会 医療の質・安全学会誌 7 Suppl. 286-286 

その他

渡邊 清高, 浦久保 安輝子, 山崎 由美子, 伊藤 照生, 朝戸 裕二, 北村 周子, 篠崎 勝則, 八巻 知香子, 高山 智子, 若尾 文彦

自立支援型がん情報の普及のあり方に関する研究「患者必携 がんになったら手にとるガイド」の評価と活用の取り組み

2012年10月 | (一社)医療の質・安全学会 医療の質・安全学会誌 7 Suppl. 287-287 

その他

渡邊清高, 山本精一郎

市民に向けたがん情報の普及―その現状と課題―がん情報の普及に向けたわが国の政策と国立がん研究センターがん対策情報センターの役割―がん情報の選定基準と評価,課題と展望―

2012年07月01日 | 保健の科学 54 7 436-446 

その他

渡邊 清高, 山本 精一郎

がん情報の普及に向けたわが国の政策と国立がん研究センターがん対策情報センターの役割 : がん情報の選定基準と評価,課題と展望 (特集 市民に向けたがん情報の普及 : その現状と課題)

2012年07月 | 杏林書院 保健の科学 54 7 436-446 

その他

渡邊 清高

医療報道の「質」を"評価"するメディアドクター(mediadoctor.jp)の取組み

2012年07月 | (株)医学通信社 保険診療 67 7 81-84 

その他

渡邊 清高, 山本 精一郎

【市民に向けたがん情報の普及-その現状と課題-】がん情報の普及に向けたわが国の政策と国立がん研究センターがん対策情報センターの役割 がん情報の選定基準と評価、課題と展望

2012年07月 | (株)杏林書院 保健の科学 54 7 436-446 

その他

野崎雄一, 正木尚彦, 尾上淑子, 近藤崇, 小島康志, 後藤田卓志, 柳瀬幹雄, 阪眞, 渡邊清高, 斉藤紘昭, 伊藤清顕, 今村雅俊, 飯塚利彦, 望月眞, 村田一素, 溝上雅史

肝アミロイドーシスによる急性肝不全が疑われた1症例

2012年04月25日 | 肝臓 53 4 258-259 

その他

渡邊清高

患者の医療情報探索 正しい医療情報の読み解き方「メディアドクター」の取り組み

2012年04月01日 | 病院 71 4 281-284 

その他

渡邊 清高

正しい医療情報の読み説き方 : 「メディアドクター」の取り組み (特集 患者の医療情報探索)

2012年04月 | 医学書院 病院 71 4 281-284 

その他

渡邊 清高

【患者の医療情報探索】正しい医療情報の読み解き方 「メディアドクター」の取り組み

2012年04月 | (株)医学書院 病院 71 4 281-284 

その他

野崎 雄一, 正木 尚彦, 尾上 淑子, 近藤 崇, 小島 康志, 後藤田 卓志, 柳瀬 幹雄, 阪 眞, 渡邊 清高, 斉藤 紘昭, 伊藤 清顕, 今村 雅俊, 飯塚 利彦, 望月 眞, 村田 一素, 溝上 雅史

肝アミロイドーシスによる急性肝不全が疑われた1症例

2012年04月 | (一社)日本肝臓学会 肝臓 53 4 258-259 

その他

今井博久, 中尾裕之, 佐田文宏, 助友裕子, 渡邊清高

都道府県のがん対策の進捗状況と支援体制

2012年02月17日 | 日本衛生学雑誌 67 2 343 

その他

高山智子, 中山健夫, 秋山美紀, 杉森裕樹, 渡邊清高

健康医療政策とコミュニケーションの研究と実践の現状

2012年02月15日 | 日本ヘルスコミュニケーション学会雑誌(Web) 2 1 59-67 (WEB ONLY) 

その他

今井 博久, 中尾 裕之, 佐田 文宏, 助友 裕子, 渡邊 清高

都道府県のがん対策の進捗状況と支援体制

2012年02月 | (一社)日本衛生学会 日本衛生学雑誌 67 2 343-343 

その他

増田昌人, 西田悠希子, 城間駒生, 仲本奈々, 栗山登至, 樋口美智子, 渡邊清高

沖縄県における「患者必携」「地域の療養情報 沖縄がんサポートハンドブック」の作成と地域連携

2012年 | 日本臨床腫瘍学会学術集会プログラム・抄録集 10th 121 

その他

篠崎勝則, 渡邊清高, 山崎由美子

県立広島病院における在宅緩和ケア推進のための地域連携の構築にむけた取り組み

2012年 | 日本臨床腫瘍学会学術集会プログラム・抄録集 10th 150 

その他

渡邊清高, 的場元弘, 八巻知香子, 朝戸裕二, 清水秀昭, 高田由香, 辻晃仁, 吉成朋子, 石川睦弓, 浦久保安輝子, 落合誠一, 篠原恵美子, 冨尾貴美代, 西脇基夫, 樋口いくよ, 藤田敦子, 松枝恵美, 宮原典子, 若尾直子

患者・家族・国民の視点に立った自立支援型がん情報の普及のあり方に関する研究 自立支援型がん情報の普及促進ツールの制作のあり方に関する研究

2012年 | 患者・家族・国民の視点に立った自立支援型がん情報の普及のあり方に関する研究 平成21-23年度 総合研究報告書 195-224 

その他

渡邊清高

患者・家族・国民の視点に立った自立支援型がん情報の普及のあり方に関する研究

2012年 | 患者・家族・国民の視点に立った自立支援型がん情報の普及のあり方に関する研究 平成21-23年度 総合研究報告書 17-130,132-183,185-193 

その他

渡邊清高

地域におけるがん対策の推進と患者支援に資する介入モデルの作成に関する研究

2012年 | 地域におけるがん対策の推進と患者支援に資する介入モデルの作成に関する研究 平成23年度 総括・分担研究報告書 11-45,47-90 

その他

渡邊清高

患者・家族・国民の視点に立った自立支援型がん情報の普及のあり方に関する研究

2012年 | 患者・家族・国民の視点に立った自立支援型がん情報の普及のあり方に関する研究 平成23年度 総括・分担研究報告書 15-128,130-181,183-191 

その他

浦久保安輝子, 増田昌人, 北村周子, 宮内正之, 平野真紀, 山崎由美子, 伊藤照生, 渡邊清高

利用者の特性に応じたがん情報入手指向性の検討―自立支援型がん情報の活用を通して―

2012年 | 日本癌治療学会学術集会(CD-ROM) 50th ROMBUNNO.PS1-604 

その他

渡邊清高, 清水秀昭, 篠崎勝則, 篠田雅幸, 岡本直幸, 川上公宏, 北村周子, 辻晃仁, 増田昌人, 浦久保安輝子, 山崎由美子, 伊藤照生, 高山智子, 若尾文彦

がん対策としての情報作成と普及プロセス検討―患者必携「地域の療養情報」の取り組み

2012年 | 日本癌治療学会学術集会(CD-ROM) 50th ROMBUNNO.PS1-603 

その他

鈴木誠二, 浦久保安輝子, 渡邊清高

患者・家族・国民の視点に立った自立支援型がん情報の普及のあり方に関する研究 医療保険者からのがん情報発信の有用性と有効性評価に関する研究

2012年 | 患者・家族・国民の視点に立った自立支援型がん情報の普及のあり方に関する研究 平成23年度 総括・分担研究報告書 289-293 

その他

渡邊清高, 助友裕子, 浦久保安輝子

都道府県がん対策推進計画におけるアクションプランの実施プロセス評価およびサポート体制に関する研究 国立がん研究センターと国立保健医療科学院のサポート体制 都道府県におけるがん情報提供の事例分析とサポート体制のあり方に関する研究

2012年 | 都道府県がん対策推進計画におけるアクションプランの実施プロセス評価およびサポート体制に関する研究 平成23年度 総括・分担研究報告書 31-38 

その他

浦久保安輝子, 渡邊清高

患者・家族・国民の視点に立った自立支援型がん情報の普及のあり方に関する研究 自立支援型がん情報の活用と患者支援に資する評価のあり方に関する研究

2012年 | 患者・家族・国民の視点に立った自立支援型がん情報の普及のあり方に関する研究 平成23年度 総括・分担研究報告書 277-281 

その他

石田也寸志, 樋口明子, 渡邊清高, 山崎由美子

患者・家族・国民の視点に立った自立支援型がん情報の普及のあり方に関する研究 小児がんの診断・治療,療養,長期フォローアップにおける効果的な情報提供

2012年 | 患者・家族・国民の視点に立った自立支援型がん情報の普及のあり方に関する研究 平成23年度 総括・分担研究報告書 283-287 

その他

渡邊清高

談話室 第25回 医療報道の読み解き方を考えるメディアドクター(mediadoctor.jp)

2011年11月25日 | 専門図書館 250 31-34 

その他

成田善孝, 渡邊清高, 加藤雅志, 嘉山孝正

乳癌診療と社会危機管理―二つの大震災を通じて―癌治療と東日本大震災・福島第一原子力発電所事故における社会的危機管理―国立がん研究センターが行った被災地支援と情報収集・公開について

2011年11月18日 | 乳癌の臨床 26 5 565-574 

その他

成田 善孝, 渡邊 清高, 加藤 雅志, 嘉山 孝正

【乳癌診療と社会危機管理-二つの大震災を通じて-】癌治療と東日本大震災・福島第一原子力発電所事故における社会的危機管理 国立がん研究センターが行った被災地支援と情報収集・公開について

2011年11月 | (株)篠原出版新社 乳癌の臨床 26 5 565-574 

その他

秋元 秀俊, 石川 隆, 伊藤 照生, 浦久保 安輝子, 北澤 京子, 西田 博, 平野 真紀, 保坂 隆, 前村 聡, 丸木 一成, 本島 玲子, 山崎 由美子, 渡邊 清高

日本版メディアドクター記事評価指標を用いた評価者間の一致度の検討

2011年11月 | (一社)日本薬剤疫学会 日本薬剤疫学会学術総会抄録集 17回 108-109 

その他

平野真紀, 浦久保安輝子, 篠田雅幸, 渡邊清高

地域における患者・市民との協働に基づく情報作成「患者必携 地域の療養情報 愛知版」の検討

2011年10月31日 | 医療の質・安全学会誌 6 Supplement 230 

その他

渡邊清高, 朝戸裕二, 清水秀昭, 高田由香, 浦久保安輝子, 八巻知香子, 的場元弘, 高山智子, 若尾文彦

患者・市民との協働に基づく情報作成「患者必携活用・普及支援ツール」の検討

2011年10月31日 | 医療の質・安全学会誌 6 Supplement 182 

その他

山崎由美子, 浦久保安輝子, 平野真紀, 伊藤照生, 篠崎勝則, 渡邊清高

地域連携における自立支援型がん情報の活用と薬剤師が担うべき情報提供支援の可能性についての検討

2011年10月31日 | 医療の質・安全学会誌 6 Supplement 181 

その他

渡邊清高, 清水秀昭, 篠崎勝則, 篠田雅幸, 岡本直幸, 照井隆広, 岡部健, 今井博久, 田城孝雄, 山口佳之, 元雄良治, 川上公宏, 北村周子, 辻晃仁, 増田昌人

患者必携「地域の療養情報」―地域におけるがん対策に資する介入モデルの作成

2011年10月15日 | 日本公衆衛生学会総会抄録集 70th 464 

その他

高祖麻美, 今井博久, 小坂健, 渡邊清高, 助友裕子, 福田吉治, 種田憲一郎, 児玉知子, 中尾裕之, 米澤純子, 佐田文宏

都道府県がん対策推進計画のアクションプラン進捗状況

2011年10月15日 | 日本公衆衛生学会総会抄録集 70th 428 

その他

増田昌人, 渡邊清高

沖縄県における地域の療養情報「沖縄がんサポートハンドブック」の作成と配布

2011年10月15日 | 日本公衆衛生学会総会抄録集 70th 464 

その他

清水秀昭, 長野泰恵, 渡辺晃紀, 渡邊清高

栃木県における自立支援型がん情報「患者必携」の配布・普及に関する研究

2011年10月15日 | 日本公衆衛生学会総会抄録集 70th 464 

その他

米澤純子, 今井博久, 小坂健, 渡邊清高, 助友裕子, 福田吉治, 種田憲一郎, 児玉知子, 中尾裕之, 高祖麻美, 佐田文宏

都道府県がん対策推進計画における「がん医療」のアクションプラン評価

2011年10月15日 | 日本公衆衛生学会総会抄録集 70th 429 

その他

高祖 麻美, 今井 博久, 小坂 健, 渡邊 清高, 助友 裕子, 福田 吉治, 種田 憲一郎, 児玉 知子, 中尾 裕之, 米澤 純子, 佐田 文宏

都道府県がん対策推進計画のアクションプラン進捗状況

2011年10月 | 日本公衆衛生学会 日本公衆衛生学会総会抄録集 70回 428-428 

その他

米澤 純子, 今井 博久, 小坂 健, 渡邊 清高, 助友 裕子, 福田 吉治, 種田 憲一郎, 児玉 知子, 中尾 裕之, 高祖 麻美, 佐田 文宏

都道府県がん対策推進計画における「がん医療」のアクションプラン評価

2011年10月 | 日本公衆衛生学会 日本公衆衛生学会総会抄録集 70回 429-429 

その他

渡邊 清高, 清水 秀昭, 篠崎 勝則, 篠田 雅幸, 岡本 直幸, 照井 隆広, 岡部 健, 今井 博久, 田城 孝雄, 山口 佳之, 元雄 良治, 川上 公宏, 北村 周子, 辻 晃仁, 増田 昌人

患者必携「地域の療養情報」 地域におけるがん対策に資する介入モデルの作成

2011年10月 | 日本公衆衛生学会 日本公衆衛生学会総会抄録集 70回 464-464 

その他

増田 昌人, 渡邊 清高

沖縄県における地域の療養情報「沖縄がんサポートハンドブック」の作成と配布

2011年10月 | 日本公衆衛生学会 日本公衆衛生学会総会抄録集 70回 464-464 

その他

清水 秀昭, 長野 泰恵, 渡辺 晃紀, 渡邊 清高

栃木県における自立支援型がん情報「患者必携」の配布・普及に関する研究

2011年10月 | 日本公衆衛生学会 日本公衆衛生学会総会抄録集 70回 464-464 

その他

山崎 由美子, 浦久保 安輝子, 平野 真紀, 伊藤 照生, 篠崎 勝則, 渡邊 清高

地域連携における自立支援型がん情報の活用と薬剤師が担うべき情報提供支援の可能性についての検討

2011年10月 | (一社)医療の質・安全学会 医療の質・安全学会誌 6 Suppl. 181-181 

その他

渡邊 清高, 朝戸 裕二, 清水 秀昭, 高田 由香, 浦久保 安輝子, 八巻 知香子, 的場 元弘, 高山 智子, 若尾 文彦

患者・市民との協働に基づく情報作成「患者必携 活用・普及支援ツール」の検討

2011年10月 | (一社)医療の質・安全学会 医療の質・安全学会誌 6 Suppl. 182-182 

その他

平野 真紀, 浦久保 安輝子, 篠田 雅幸, 渡邊 清高

地域における患者・市民との協働に基づく情報作成「患者必携 地域の療養情報 愛知版」の検討

2011年10月 | (一社)医療の質・安全学会 医療の質・安全学会誌 6 Suppl. 230-230 

その他

渡邊清高

国立がん研究センターがん対策情報センターがん情報サービスの運用と課題

2011年09月13日 | 日本癌治療学会誌 46 2 283 

その他

若尾文彦, 祖父江友孝, 福田治彦, 高山智子, 山本精一郎, 渡邊清高, 西本寛, 石川ベンジャミン光一, 片野田耕太, 松田智大, 柴田大朗, 加藤雅志, 女屋博昭, 長谷部孝裕

情報提供のためのがん情報データベースおよび医療機関データベースの構築

2011年09月13日 | 日本癌治療学会誌 46 2 282 

その他

浦久保安輝子, 平野真紀, 高祖麻美, 今井博久, 渡邊清高

コーピングスタイルからみた自立支援型がん情報「患者必携」評価手法のあり方

2011年09月13日 | 日本癌治療学会誌 46 2 715 

その他

若尾 文彦, 祖父江 友孝, 福田 治彦, 高山 智子, 山本 精一郎, 渡邊 清高, 西本 寛, 石川 ベンジャミン光一, 片野田 耕太, 松田 智大, 柴田 大朗, 加藤 雅志, 女屋 博昭, 長谷部 孝裕

本邦の医療情報環境の現状と課題 データベース構築と情報サービス 情報提供のためのがん情報データベースおよび医療機関データベースの構築

2011年09月 | (一社)日本癌治療学会 日本癌治療学会誌 46 2 282-282 

その他

渡邊 清高

本邦の医療情報環境の現状と課題 データベース構築と情報サービス 国立がん研究センターがん対策情報センターがん情報サービスの運用と課題

2011年09月 | (一社)日本癌治療学会 日本癌治療学会誌 46 2 283-283 

その他

浦久保 安輝子, 平野 真紀, 高祖 麻美, 今井 博久, 渡邊 清高

コーピングスタイルからみた自立支援型がん情報「患者必携」評価手法のあり方

2011年09月 | (一社)日本癌治療学会 日本癌治療学会誌 46 2 715-715 

その他

平野 真紀, 浦久保 安輝子, 篠田 雅幸, 渡邊 清高

「患者必携 地域の療養情報 愛知版」の検討 地域における情報普及の取り組み

2011年09月 | (一社)日本癌治療学会 日本癌治療学会誌 46 2 717-717 

その他

増田 昌人, 西田 悠希子, 城間 駒生, 仲本 奈々, 栗山 登至, 樋口 美智子, 金城 尚美, 喜納 海里, 玉城 徳正, 田名 勉, 宮里 達也, 村山 貞之, 須加原 一博, 渡邊 清高

沖縄県における地域の療養情報「沖縄がんサポートハンドブック」の作成とがん対策

2011年09月 | (一社)日本癌治療学会 日本癌治療学会誌 46 2 717-717 

その他

渡邊 清高, 朝戸 裕二, 清水 秀昭, 高田 由香, 辻 晃仁, 浦久保 安輝子, 八巻 知香子, 的場 元弘, 高山 智子, 若尾 文彦

「患者必携」普及活用に向けた支援ツールの作成プロセスに関する研究

2011年09月 | (一社)日本癌治療学会 日本癌治療学会誌 46 2 728-728 

その他

渡邊 清高, 浦久保 安輝子, 平野 真紀, 田尾 絵里子, 八巻 知香子, 高山 智子, 山本 精一郎, 若尾 文彦

「患者必携」の普及スキーム検討と実践 がん情報提供の取り組み

2011年09月 | (一社)日本癌治療学会 日本癌治療学会誌 46 2 728-728 

その他

長野 泰恵, 佐山 由美子, 清水 秀昭, 児玉 哲郎, 吉成 朋子, 渡邊 清高

栃木県における自立支援型がん情報「患者必携」の普及に関する取り組みについて

2011年09月 | 栃木県公衆衛生協会・栃木県 栃木県公衆衛生学会抄録集 49回 103-105 

その他

増田 昌人, 渡邊 清高

沖縄県における地域の療養情報「沖縄がんサポートハンドブック」の作成とがん対策(Publication and distribution of the Okinawa Cancer Support Handbook for information on local treatment in Okinawa)

2011年09月 | 日本癌学会 日本癌学会総会記事 70回 347-347 

その他

渡邊 清高

医療と報道(4)医療報道のあり方を探る新しい試み--医療者と報道者、協働して行う検証作業

2011年06月 | 朝日新聞社 メディカル朝日 40 6 77-79 

その他

今井 博久, 中尾 裕之, 佐田 文宏, 高祖 麻美, 渡邊 清高

都道府県がん対策推進計画のアクションプランの実施プロセス評価に関する研究(2)

2011年02月 | (一社)日本衛生学会 日本衛生学雑誌 66 2 513-513 

その他

渡邊清高

知っておきたいがん情報

2011年01月31日 | 薬学図書館 56 1 81-87 

その他

渡邊清高

がん医療のアクションプラン

2011年01月 | 日本医療・病院管理学会誌 48 1 53 

その他

渡邊 清高

知っておきたいがん情報

2011年01月 | 日本薬学図書館協議会 薬学図書館 56 1 81-87 

その他

渡邊 清高

都道府県がん対策推進計画の評価と推進 都道府県のアクションプランをどう進めていくか がん医療のアクションプラン

2011年01月 | (一社)日本医療・病院管理学会 日本医療・病院管理学会誌 48 1 53-53 

その他

浦久保安輝子, 今井博久, 高祖麻美, 渡邊清高

地域におけるがん対策の推進と患者支援に資する介入モデルの作成に関する研究 自立支援型がん情報の活用と患者支援に資する評価のあり方に関する研究

2011年 | 地域におけるがん対策の推進と患者支援に資する介入モデルの作成に関する研究 平成22年度 総括・分担研究報告書 75-83 

その他

渡邊清高

地域におけるがん対策の推進と患者支援に資する介入モデルの作成に関する研究

2011年 | 地域におけるがん対策の推進と患者支援に資する介入モデルの作成に関する研究 平成22年度 総括・分担研究報告書 11-23 

その他

渡邊清高

患者・家族・国民の視点に立った自立支援型がん情報の普及のあり方に関する研究

2011年 | 患者・家族・国民の視点に立った自立支援型がん情報の普及のあり方に関する研究 平成22年度 総括・分担研究報告書 11-38 

その他

渡邊清高, 的場元弘, 八巻知香子, 朝戸裕二, 清水秀昭, 高田由香, 辻晃仁, 吉成朋子, 石川睦弓, 浦久保安輝子, 落合誠一, 篠原恵美子, 冨尾貴美代, 西脇基夫, 樋口いくよ, 藤田敦子, 松枝恵美, 宮原典子, 若尾直子

患者・家族・国民の視点に立った自立支援型がん情報の普及のあり方に関する研究 自立支援型がん情報の普及促進ツールの制作のあり方に関する研究

2011年 | 患者・家族・国民の視点に立った自立支援型がん情報の普及のあり方に関する研究 平成22年度 総括・分担研究報告書 41-79 

その他

浦久保安輝子, 平野真紀, 山崎由美子, 伊藤照生, 八巻知香子, 的場元弘, 渡邊清高

利用者の心理特性に応じた自立支援型がん情報「患者必携」評価手法のあり方―不安の改善に焦点をあてて―

2011年 | 日本サイコオンコロジー学会総会プログラム・抄録集 24th 134 

その他

助友裕子, 渡邊清高, 今井博久

都道府県がん対策推進計画におけるアクションプランの実施プロセス評価およびサポート体制に関する研究 国立がん研究センターがん対策情報センターおよび国立保健医療科学院のサポート体制

2011年 | 都道府県がん対策推進計画におけるアクションプランの実施プロセス評価およびサポート体制に関する研究 平成22年度 総括・分担研究報告書 57-63 

その他

秋元秀俊, 石川隆, 伊藤照生, 浦久保安輝子, 北澤京子, 西田博, 平野真紀, 保坂隆, 前村聡, 丸木一成, 本島玲子, 山崎由美子, 渡邊清高

日本版メディアドクター記事評価指標を用いた評価者間の一致度の検討

2011年 | 日本薬剤疫学会学術総会抄録集 17th 108-109 

その他

渡邊 清高

健康・医療情報シンポジウム2010 in北海道--日本薬学図書館協議会地域連携事業 知っておきたいがん情報

2011年 | 日本薬学図書館協議会 薬学図書館 56 1 81-87 

その他

渡邊清高, 浅野岳晴, 大西真

アディポネクチン 臨床 4 NASH(非アルコール性脂肪肝炎)進展と腫瘍形成におけるアディポネクチンの関与

2010年11月10日 | 治療学 44 11 1238-1241 

その他

渡邊清高

知っておきたいがん患者必携とがん情報サービス―情報提供と相談支援の取り組み―

2010年11月01日 | 日本クリニカルパス学会誌 12 4 355 

その他

渡邊清高, 朝戸裕二, 清水秀昭, 高田由香, 谷水正人, 八巻知香子, 的場元弘, 高山智子, 山本精一郎, 若尾文彦

「がん患者必携」を患者と医療者のコミュニケーションツールに!普及と活用に向けた検討

2010年11月01日 | 医療の質・安全学会誌 5 Supplement 139 

その他

渡邊 清高

病院にCIO(最高情報責任者)は必要なのか? 知っておきたいがん患者必携とがん情報サービス 情報提供と相談支援の取り組み

2010年11月 | (一社)日本クリニカルパス学会 日本クリニカルパス学会誌 12 4 355-355 

その他

渡邊 清高, 朝戸 裕二, 清水 秀昭, 高田 由香, 谷水 正人, 八巻 知香子, 的場 元弘, 高山 智子, 山本 精一郎, 若尾 文彦

「がん患者必携」を患者と医療者のコミュニケーションツールに!普及と活用に向けた検討

2010年11月 | (一社)医療の質・安全学会 医療の質・安全学会誌 5 Suppl. 139-139 

その他

渡邊 清高, 秋元 秀俊, 飯野 靖彦, 石川 隆, 北澤 京子, 西田 博, 保坂 隆, 前村 聡, 丸木 一成, 本島 玲子

医療・健康情報の質向上を目指して わが国におけるメディアドクターの可能性

2010年11月 | (一社)医療の質・安全学会 医療の質・安全学会誌 5 Suppl. 139-139 

その他

渡邊 清高, 浅野 岳晴, 大西 真

【アディポネクチン アディポサイトカインネットワーク制御への期待】臨床 NASH(非アルコール性脂肪肝炎)進展と腫瘍形成におけるアディポネクチンの関与

2010年11月 | ライフサイエンス出版(株) 治療学 44 11 1238-1241 

その他

渡邊清高, 朝戸裕二, 清水秀昭, 谷水正人, 八巻知香子, 的場元弘, 高山智子, 山本精一郎, 若尾文彦

「がん患者必携」試験配布による自立支援型情報の評価と普及に関するパイロット研究

2010年09月21日 | 日本癌治療学会誌 45 2 1074 

その他

渡邊清高

生活習慣改善による疾病予防―エビデンスを求めて 癌

2010年09月15日 | 成人病と生活習慣病 40 9 1050-1055 

その他

渡邊 清高

癌 (特集 生活習慣改善による疾病予防--エビデンスを求めて) -- (How and why?)

2010年09月 | 東京医学社 成人病と生活習慣病 40 9 1050-1055 

その他

渡邊 清高

【生活習慣改善による疾病予防 エビデンスを求めて】癌

2010年09月 | (株)東京医学社 成人病と生活習慣病 40 9 1050-1055 

その他

渡邊 清高, 八巻 知香子, 高山 智子, 山本 精一郎, 若尾 文彦

「がん患者必携」完成版に向けて 内容の評価と普及計画の検討

2010年09月 | (一社)日本癌治療学会 日本癌治療学会誌 45 2 954-954 

その他

渡邊 清高, 朝戸 裕二, 清水 秀昭, 谷水 正人, 八巻 知香子, 的場 元弘, 高山 智子, 山本 精一郎, 若尾 文彦

「がん患者必携」試験配布による自立支援型情報の評価と普及に関するパイロット研究

2010年09月 | (一社)日本癌治療学会 日本癌治療学会誌 45 2 1074-1074 

その他

渡邊 清高

健康医療政策とコミュニケーション 研究と実践の現状 健康政策におけるコミュニケーション 情報づくりと普及にむけて がん患者必携での取り組みから

2010年09月 | 日本ヘルスコミュニケーション学会 日本ヘルスコミュニケーション研究会プログラム・抄録集 2回 41-41 

その他

渡邊清高

完成版 がん『患者必携』―患者の求める情報を網羅したガイドとは

2010年08月10日 | 外来看護 15 6 070-077 

その他

渡邊 清高

完成版 がん『患者必携』患者の求める情報を網羅したガイドとは

2010年08月 | 日総研出版 外来看護 15 6 070-077 

その他

大塚正徳, 矢作直樹, 神谷惠子, 神谷惠子, 秋元秀俊, 尾崎雄, 小林正樹, 竹下啓, 土田尚, 中島勧, 西田博, 長谷川幸子, 山田奈美恵, 渡邊清高

診療関連死の原因究明から始める医療安全

2010年02月28日 | 生存科学 20 B Extra Special Issue 131-241 

その他

大塚 正徳, 矢作 直樹, 神谷 惠子, 秋元 秀俊, 尾崎 雄, 小林 正樹, 竹下 啓, 土田 尚, 中島 勧, 西田 博, 長谷川 幸子, 山田 奈美恵, 渡邊 清高, 財団法人生存科学研究所医療政策研究班

政策提言 診療関連死の原因究明から始める医療安全

2010年02月 | (公財)生存科学研究所 生存科学B 20 131-241 

その他

渡邊清高

都道府県がん対策推進計画におけるアクションプランの実施プロセス評価およびサポート体制に関する研究 栃木県におけるがん対策の現状分析とアクションプランの実施プロセス

2010年 | 都道府県がん対策推進計画におけるアクションプランの実施プロセス評価およびサポート体制に関する研究 平成21年度 総括・分担研究報告書 9-13 

その他

浦久保安輝子, 渡邊清高

患者・家族・国民の視点に立った自立支援型がん情報の普及のあり方に関する研究 「患者必携の普及事業計画の検討に資するがん診療連携拠点病院の情報提供体制に関する調査」自由記述分析

2010年 | 患者・家族・国民の視点に立った自立支援型がん情報の普及のあり方に関する研究 平成21年度 総括・分担研究報告書 439-446 

その他

渡邊清高, 的場元弘, 八巻知香子, 朝戸裕二, 清水秀昭, 堀内智子, 辻晃仁, 藤田敦子, 若尾直子, 落合誠一, 冨尾貴美代, 松枝恵美, 篠原恵美子, 樋口いくよ, 西脇基夫, 宮原典子, 吉成朋子, 浦久保安輝子, 増田英明, 青山英也, 吉村明博

患者・家族・国民の視点に立った自立支援型がん情報の普及のあり方に関する研究 自立支援型がん情報の普及促進ツールの制作のあり方に関する研究

2010年 | 患者・家族・国民の視点に立った自立支援型がん情報の普及のあり方に関する研究 平成21年度 総括・分担研究報告書 363-427 

その他

渡邊清高

患者・家族・国民の視点に立った自立支援型がん情報の普及のあり方に関する研究

2010年 | 患者・家族・国民の視点に立った自立支援型がん情報の普及のあり方に関する研究 平成21年度 総括・分担研究報告書 11-316 

その他

渡邊清高, 土屋了介

今後の医師養成と病院 医師後期専門研修のあり方と病院の役割

2009年12月01日 | 病院 68 12 1010-1014 

その他

祖父江友孝, 坪野吉孝, 山口建, 中面哲也, 藤原康弘, 望月友美子, 高山智子, 東尚弘, 渡邊清高

がん医療政策提言に向けた研究

2009年12月 | 厚生労働省がん研究助成金による研究報告集 2008 436-439 

その他

渡邊 清高, 土屋 了介

医師後期専門研修のあり方と病院の役割 (特集 今後の医師養成と病院)

2009年12月 | 医学書院 病院 68 12 1010-1014 

その他

渡邊 清高, 土屋 了介

【今後の医師養成と病院】医師後期専門研修のあり方と病院の役割

2009年12月 | (株)医学書院 病院 68 12 1010-1014 

その他

渋谷 正人, 沖田 極, 岸 不盡彌, 大竹 一栄, 内野 直樹, 君野 孝二, 伊藤 雅治, 谷口 正作, 福田 實, 岩田 建治, 石本 邦秋, 藤田 信明, 吉田 あや子, 埴岡 健一, 浜田 淳, 阿部 康一, 渡邊 清高, 牧田 篝, 全国社会保険協会連合会社会保険病院医療安全対策委員会

医療有害事象・対応指針 真実説明に基づく安全文化のために

2009年12月 | (一社)医療の質・安全学会 医療の質・安全学会誌 4 4 550-571 

その他

渡邊 清高

試作版が完成! がん『患者必携』患者の求める情報を網羅したガイドとは

2009年11月 | 日総研出版 がん患者ケア 3 2 1-6 

その他

渡邊清高, 八巻知香子, 高山智子, 山本精一郎, 若尾文彦

がん患者必携の取り組み(1)~「がん難民ゼロ」をめざして~

2009年09月14日 | 日本癌治療学会誌 44 2 861 

その他

八巻知香子, 渡邊清高, 高山智子, 山本精一郎, 若尾文彦

がん患者必携の取り組み(2)~「患者・市民パネル」によるわたしの療養手帳の検討~

2009年09月14日 | 日本癌治療学会誌 44 2 861 

その他

渡邊 清高, 八巻 知香子, 高山 智子, 山本 精一郎, 若尾 文彦

がん患者必携の取り組み 「がん難民ゼロ」をめざして

2009年09月 | (一社)日本癌治療学会 日本癌治療学会誌 44 2 861-861 

その他

八巻 知香子, 渡邊 清高, 高山 智子, 山本 精一郎, 若尾 文彦

がん患者必携の取り組み 「患者・市民パネル」によるわたしの療養手帳の検討

2009年09月 | (一社)日本癌治療学会 日本癌治療学会誌 44 2 861-861 

その他

渡邊清高

早期の癌の画像診断 癌の疫学・早期発見の意義

2009年07月25日 | 画像診断 29 9 962-968 

その他

渡邊 清高

【早期の癌の画像診断】癌の疫学・早期発見の意義

2009年07月 | (株)学研メディカル秀潤社 画像診断 29 9 962-968 

その他

渡邊清高

刑事医療過誤事件の分類から学んだ再発予防策

2009年03月31日 | 生存科学 19 B 41-49 

その他

渡邊 清高

診療関連死とプロフェッショナルオートノミー 刑事医療過誤事件の分類から学んだ再発予防策

2009年03月 | (公財)生存科学研究所 生存科学B 19 41-49 

その他

渡邊 清高, 埴岡 健一

謝罪運動(Sorry Works!)の広がりと医療事故調査制度

2008年12月 | (株)学研メディカル秀潤社 医療安全 5 4 105-109 

その他

Takeharu Asano, Kiyotaka Watanabe, Naoto Kubota, Shin Ohnishi, Takashi Kodowaki

TELMISARTAN, ANGIOTENSIN II RECEPTOR BROCKER PROTECTS AGAINST HIGH FAT DIET FEEDING ADIPONECTIN KO MICE AS NONALCOHOLIC STEATOHEPATITIS ANIMAL MODEL

2008年10月 | JOHN WILEY & SONS INC HEPATOLOGY 48 4 840A-840A 

その他

渡邊 清高, 埴岡 健一

謝罪運動(Sorry Works!)の広がりと医療事故調査制度

2008年09月 | 学習研究社 医療安全 5 4 105-109 

その他

浅野岳晴, 渡邊清高, 大西真

アディポネクチンKOマウスを用いたNASH動物モデルにおけるtelmisartanによるNASH進展抑制の可能性

2008年04月30日 | 肝臓 49 Supplement 1 A223 

その他

浅野 岳晴, 渡邊 清高, 大西 真

アディポネクチンKOマウスを用いたNASH動物モデルにおけるtelmisartanによるNASH進展抑制の可能性

2008年04月 | (一社)日本肝臓学会 肝臓 49 Suppl.1 A223-A223 

その他

渡邊清高

ダナファーバー癌研究所病院抗癌剤過剰投与事故から学ぶ医療安全施策

2008年03月31日 | 生存科学 18 B 97-105 

その他

渡邊 清高

ダナファーバー癌研究所病院抗癌剤過剰投与事故から学ぶ医療安全施策

2008年03月 | (公財)生存科学研究所 生存科学B 18 97-105 

その他

渡邊清高, 井上博睦, 浅野岳晴, 緑川泰, 大西真, 小俣政男, 児玉龍彦, 幕内雅敏, 油谷浩幸

肝癌治療後の血清Glypican3の陽性化は術後再発のマーカーとなりうる

2007年09月15日 | 肝臓 48 Supplement 2 A446 

その他

渡邊 清高, 井上 博睦, 浅野 岳晴, 緑川 泰, 大西 真, 小俣 政男, 児玉 龍彦, 幕内 雅敏, 油谷 浩幸

肝癌治療後の血清Glypican 3の陽性化は術後再発のマーカーとなりうる

2007年09月 | (一社)日本肝臓学会 肝臓 48 Suppl.2 A446-A446 

その他

渡邊清高, 大西真

診断ピットフォール―症例から学ぶ X.検査値:アルカリホスファターゼ高値

2007年06月01日 | 内科 99 6 1452-1458 

その他

渡邊 清高, 大西 真

アルカリホスファターゼ高値 (特集 診断ピットフォール--症例から学ぶ) -- (検査値)

2007年06月 | 南江堂 内科 99 6 1452-1458 

その他

渡邊 清高, 大西 真

【診断ピットフォール 症例から学ぶ】検査値 アルカリホスファターゼ高値 肝胆道系酵素の高値をみたらまず器質的疾患を検索する

2007年06月 | (株)南江堂 内科 99 6 1452-1453 

その他

渡邊 清高, 大西 真

【診断ピットフォール 症例から学ぶ】検査値 アルカリホスファターゼ高値 問診と診察から肝機能異常の鑑別診断を行う

2007年06月 | (株)南江堂 内科 99 6 1454-1455 

その他

渡邊 清高, 大西 真

【診断ピットフォール 症例から学ぶ】検査値 アルカリホスファターゼ高値 肝機能異常症例では自己免疫性疾患も念頭に置く

2007年06月 | (株)南江堂 内科 99 6 1456-1457 

その他

渡邊清高, 浅野岳晴, 大西真, 緑川泰, 幕内雅敏, 筆宝義隆, 小俣政男, 児玉龍彦, 油谷浩幸

Glypican3は根治的肝切除後の肝癌再発予測マーカーとして有用である

2007年04月25日 | 肝臓 48 Supplement 1 A146 

その他

渡邊 清高, 浅野 岳晴, 大西 真, 緑川 泰, 幕内 雅敏, 筆宝 義隆, 小俣 政男, 児玉 龍彦, 油谷 浩幸

Glypican 3は根治的肝切除後の肝癌再発予測マーカーとして有用である

2007年04月 | (一社)日本肝臓学会 肝臓 48 Suppl.1 A146-A146 

その他

浅野 岳晴, 渡邊 清高, 窪田 直人, 郡司 俊秋, 金森 博, 大西 真, 小俣 政男, 門脇 孝

肝疾患とメタボリックシンドローム 高脂肪食負荷したアディポネクチンKOマウスでは、NASH進展と、関連した腫瘍形成が促進される

2006年11月 | (一社)日本肝臓学会 肝臓 47 Suppl.3 517-517 

その他

渡邊 清高, 細川 幸子, 高橋 圭史, 斉藤 安希, 佐々木 晃, 大西 真

わが国における医師情報提供システムのモデル構築とその社会的意義

2006年11月 | (一社)医療の質・安全学会 医療の質・安全学会誌 1 Suppl. 200-200 

その他

渡邊清高, 大西真, 山内直子, 深山正久, 油谷浩幸

肝癌の診断 3.腫瘍マーカーの診断と予後推定における意義(3)Glypican3

2006年05月25日 | 臨床消化器内科 21 7 931-936 

その他

渡邊 清高, 大西 真, 山内 直子, 深山 正久, 油谷 浩幸

【肝癌の診療 最新の進歩】肝癌の診断 腫瘍マーカーの診断と予後推定における意義 Glypican 3

2006年05月 | (株)日本メディカルセンター 臨床消化器内科 21 7 931-936 

その他

渡邊 清高

大腸がんとタンパク質リン酸化

2005年06月 | (株)北隆館 BIO Clinica 20 7 616-621 

その他

渡邊 清高

【必携 診療マニュアル 診断から治療まで】検査 超音波・内視鏡検査 腹部超音波

2005年06月 | (株)中外医学社 臨床医 31 増刊 必携 診療マニュアル 診断から治療まで 964-970 

その他

渡邊 清高, 大西 真

症例から学ぶピットフォール 腫瘍マーカーと肝細胞癌

2004年11月 | (株)南江堂 内科 94 5 987-988 

その他

渡邊 清高, 筆宝 義隆, 緑川 泰, 渡辺 亮, 郡司 俊秋, 金森 博, 大西 真, 浜窪 隆雄, 児玉 龍彦, 小俣 政男, 今村 宏, 幕内 雅敏, 油谷 浩幸

肝癌治療後の再発予測マーカーとしての血清GPC3の有用性

2004年09月 | (一社)日本消化器がん検診学会 日本消化器集団検診学会雑誌 42 5 136-136 

その他

渡邊 清高, 筆宝 義隆, 緑川 泰, 渡辺 亮, 郡司 俊秋, 金森 博, 大西 真, 浜窪 隆雄, 児玉 龍彦, 小俣 政男, 今村 宏, 幕内 雅敏, 油谷 浩幸

肝癌治療後の再発予測マーカーとしての血清GPC3の有用性

2004年09月 | (一財)日本消化器病学会 日本消化器病学会雑誌 101 臨増大会 A670-A670 

その他

K Watanabe, Y Midorikawa, H Kanamori, Y Hippo, A Watanabe, S Ohnishi, T Kodama, M Makuuchi, H Aburatani

Soluble glypican-3 (SGPC3), identified by genome-wide analysis of gene-expression profiles using oligonucleotide microarray, is a candidate of biomarker for well to moderately differentiated hepatocellular carcinoma.

2003年10月 | W B SAUNDERS CO HEPATOLOGY 38 4 753A-753A 

その他

金森 博, 渡邊 清高, 大西 真

Granzyme BのinhibitorであるProteinase inhibitor-9の肝細胞での発現誘導による肝炎治療の検討

2003年09月 | (一社)日本肝臓学会 肝臓 44 Suppl.2 A305-A305 

その他

渡邊 清高, 油谷 浩幸, 大西 真

ゲノム解析を利用したバイオマーカー探索により同定した可溶性GPC3の肝癌早期診断マーカーとしての有用性

2003年09月 | (一社)日本肝臓学会 肝臓 44 Suppl.2 A308-A308 

その他

金森 博, 渡邊 清高, 大西 真

肝疾患治療への免疫学の挑戦 Granzyme BのinhibitorであるProteinase inhibitor-9の肝細胞での発現誘導による肝炎治療の検討

2003年09月 | (一財)日本消化器病学会 日本消化器病学会雑誌 100 臨増大会 A361-A361 

その他

筆宝 義隆, 渡辺 亮, 渡辺 清高, 緑川 泰, 時田 進, 伊藤 行夫, 大泉 巌雄, 土屋 政幸, 幕内 雅敏, 大西 真, 児玉 龍彦, 油谷 浩幸

網羅的発現解析による新規肝細胞癌マーカー可溶型GPC3(sGPC3)の同定

2003年08月 | 日本癌学会 日本癌学会総会記事 62回 140-140 

その他

渡邊 清高, 大西 真

【ウイルス性肝炎の現況と展望】肝癌 肝炎ウイルス患者における肝癌の早期発見 効果的なスクリーニングと総合的な診断が予後を改善させる

2003年07月 | 医歯薬出版(株) 医学のあゆみ 別冊 ウイルス性肝炎の現状と展望 117-120 

その他

金森 博, 渡邊 清高, 大西 真

ナチュラルキラー細胞株を用いたin vitroでの肝細胞傷害系の構築

2003年04月 | (一社)日本肝臓学会 肝臓 44 Suppl.1 A93-A93 

その他

渡邊 清高, 郡司 俊秋, 金森 博, 大西 真, 赤羽 正章, 大友 邦, 小俣 政男

手術不能肝細胞癌症例に対する自己凝血塊を用いた肝動脈塞栓術の長期予後 ゼラチンスポンゼルとの比較も含めて

2003年04月 | (一社)日本肝臓学会 肝臓 44 Suppl.1 A247-A247 

その他

渡邊 清高, 筆宝 義隆, 金森 博, 赤羽 正章, 大友 邦, 大西 真

【肝疾患 診療のチェックポイント】肝疾患治療のチェックポイント 肝癌の治療のチェックポイント 内科的治療 経カテーテル肝動脈塞栓治療法(TAE)

2002年05月 | (株)日本メディカルセンター 臨床消化器内科 17 7 1076-1081 

その他

渡邊 清高, 大西 真

肝炎ウイルス患者における肝癌の早期発見--効果的なスクリーニングと総合的な診断が予後を改善させる (〔2002年〕1月第1土曜特集 ウイルス性肝炎の現況と展望) -- (肝癌)

2002年01月05日 | 医歯薬出版 医学のあゆみ 200 1 123-126 

その他

渡邊 清高, 大西 真

【ウイルス性肝炎の現況と展望】肝癌 肝炎ウイルス患者における肝癌の早期発見 効果的なスクリーニングと総合的な診断が予後を改善させる

2002年01月 | 医歯薬出版(株) 医学のあゆみ 200 1 123-126 

その他

K Watanabe, Y Hippo, H Kanamori, T Gunji, M Akahane, K Ohtomo, S Ohnishi

Repeated transcatheter arterial chemoembolization therapy using autologous blood clot for patients with hepatocellular carcinoma: Long-term results and prognostic factors.

2001年10月 | W B SAUNDERS CO HEPATOLOGY 34 4 676A-676A 

その他

渡邊 清高, 筆宝 義隆, 金森 博, 郡司 俊秋, 赤羽 正章, 大友 邦, 河内 伸夫, 大西 真

【肝癌の診断と治療 最新の研究動向】肝癌の治療 肝動脈化学塞栓療法 自己凝血塊を用いた肝動脈塞栓術(S-TAE)

2001年10月 | (株)日本臨床社 日本臨床 59 増刊6 肝癌の診断と治療 528-533 

その他

渡邊 清高, 大西 真, 金森 博

TPA刺激により肝細胞に発現誘導される形態変化に重要な役割を果たすsmall GTP-binding proteinの同定

2001年09月 | (一社)日本肝臓学会 肝臓 42 Suppl.2 A446-A446 

その他

渡邊 清高

劇症肝炎の1例

1998年06月 | 日本救急医学会-関東地方会 日本救急医学会関東地方会雑誌 19 1 64-65