帝京大学
太田 樹

太田 樹 准教授

所属キャンパス板橋キャンパス

帝京大学 医療技術学部 診療放射線学科

 

連絡先

メールアドレス

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

【経歴】──────────────────────────────

2017年04月

帝京大学医療技術学部 診療放射線学科准教授

2013年09月

帝京大学医学部 内科学講座特任講師 〜2017年03月

【学歴】──────────────────────────────

1994年03月

東京大学医学部医学科

2003年03月

東京大学大学院医学系研究科内科学専攻

所属学会

日本老年医学会

日本骨代謝学会

日本放射線技術学会

日本内科学会

日本腎臓学会

日本透析医学会

専門分野

内科系臨床医学 放射線科学、内科系臨床医学 内科学一般(含心身医学)

教育方法・職務上の実績

情報がありません

著書・論文

学術論文

Inoue R, Fujigaki Y, Kobayashi K, Tamura Y, Ota T, Shibata S, Ishida T, Kondo F, Yamaguchi Y, Uchida S

Clinical Presentation of Tubulointerstitial Nephritis Caused by Amyloid Light-chain Amyloidosis in a Patient with Sjögren's Syndrome.

2017年 | Internal medicine (Tokyo, Japan) 56 4 419-423 

学術論文

Fujigaki Y, Kawamorita Y, Yamaguchi H, Arai S, Tamura Y, Ota T, Shibata S, Kondo F, Yamaguchi Y, Uchida S

Pathological implications of linear immunoglobulin G staining on the glomerular capillary walls in a case of infection-related glomerulonephritis.

2016年09月 | Pathology international 66 9 524-528 

学術論文

Kumagai T, Ota T, Tamura Y, Chang WX, Shibata S, Uchida S

Time to target uric acid to retard CKD progression.

2016年06月 | Clinical and experimental nephrology  

学術論文

Chang WX, Xu N, Kumagai T, Shiraishi T, Kikuyama T, Omizo H, Sakai K, Arai S, Tamura Y, Ota T, Shibata S, Fujigaki Y, Shen ZY, Uchida S

The Impact of Normal Range of Serum Phosphorus on the Incidence of End-Stage Renal Disease by A Propensity Score Analysis.

2016年04月 | PloS one 11 4 e0154469 

学術論文

Chang WX, Arai S, Tamura Y, Kumagai T, Ota T, Shibata S, Fujigaki Y, Shen ZY, Uchida S

Time-dependent risk factors associated with the decline of estimated GFR in CKD patients.

2016年02月 | Clinical and experimental nephrology 20 1 58-70 

学術論文

Kuribayashi-Okuma E, Shibata S, Arai S, Ota T, Watanabe S, Hisaki H, Okazaki T, Toda T, Uchida S

Proteomics Approach Identifies Factors Associated With the Response to Low-Density Lipoprotein Apheresis Therapy in Patients With Steroid-Resistant Nephrotic Syndrome.

2016年01月 | Therapeutic apheresis and dialysis : official peer-reviewed journal of the International Society for Apheresis, the Japanese Society for Apheresis, the Japanese Society for Dialysis Therapy 20 2 174-182 

学術論文

Uchida S, Chang WX, Ota T, Tamura Y, Shiraishi T, Kumagai T, Shibata S, Fujigaki Y, Hosoyamada M, Kaneko K, Shen ZY, Fujimori S

Targeting Uric Acid and the Inhibition of Progression to End-Stage Renal Disease-A Propensity Score Analysis.

2015年12月 | PloS one 10 12 e0145506 

学術論文

Mera J, Okada E, Okuda M, Ota T, Sibata S, Uchida S

Long-term efficacy of vildagliptin in patients with type 2 diabetes undergoing hemodialysis.

2015年11月 | Journal of diabetes and metabolic disorders 14 83 

学術論文

Chang WX, Asakawa S, Toyoki D, Nemoto Y, Morimoto C, Tamura Y, Ota T, Shibata S, Fujigaki Y, Shen ZY, Uchida S

Predictors and the Subsequent Risk of End-Stage Renal Disease - Usefulness of 30% Decline in Estimated GFR over 2 Years.

2015年07月 | PloS one 10 7 e0132927 

学術論文

Ota T, Uchida S

[Kidney diseases and metabolic disorders--Basics and applications required for general physicians. Topics: I. Disorders of water balance and sodium metabolism].

2015年05月 | Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine 104 5 906-916 

学術論文

Ohse T, Inagi R, Tanaka T, Ota T, Miyata T, Kojima I, Ingelfinger JR, Ogawa S, Fujita T, Nangaku M

Albumin induces endoplasmic reticulum stress and apoptosis in renal proximal tubular cells.

2006年10月 | 8 Kidney international 70 1447-1455 

学術論文

Ohse T, Ota T, Kieran N, Godson C, Yamada K, Tanaka T, Fujita T, Nangaku M

Modulation of interferon-induced genes by lipoxin analogue in anti-glomerular basement membrane nephritis.

2004年04月 | 4 Journal of the American Society of Nephrology : JASN 15 4 919-927 

学術論文

Ota T, Fujii M, Sugizaki T, Ishii M, Miyazawa K, Aburatani H, Miyazono K

Targets of transcriptional regulation by two distinct type I receptors for transforming growth factor-beta in human umbilical vein endothelial cells.

2002年12月 | 3 Journal of cellular physiology 193 3 299-318 

学術論文

Ring C, Ogata S, Meek L, Song J, Ohta T, Miyazono K, Cho KW

The role of a Williams-Beuren syndrome-associated helix-loop-helix domain-containing transcription factor in activin/nodal signaling.

2002年04月 | 7 Genes & development 16 820-835 

その他

太田樹, 内田俊也

腎臓病と代謝障害―内科医に求められる基礎と応用―I.水・ナトリウム代謝異常

2015年05月10日 | 日本内科学会雑誌 104 5 906-916 

その他

太田 樹

【病態生理と症例から学ぶ輸液ガイド】 (第4章)症例から学ぶ輸液療法とその管理の実際 低蛋白血症および低栄養状態にある患者の輸液法

2015年04月 | (株)文光堂 Medical Practice 32 臨増 232-238 

その他

体液異常と腎臓の病態生理 第3版

2015年03月31日 | メディカルサイエンスインターナショナル  

その他

酒井浩之, 太田樹, 内田俊也

水電解質代謝異常の実地診療 この症例から何を学ぶか 診断に苦慮し治療に難渋した低Na血症高齢者の1例

2014年05月01日 | Med Pract 31 5 822-829 

その他

CKDブック -慢性腎臓病管理の手引-

2013年05月 | メディカルサイエンスインターナショナル カナダの保存期医療で果たされていない約束 

その他

シュライアー腎臓病と病態生理

2011年06月 | メディカルサイエンスインターナショナル 閉塞性腎症:病態生理と治療を含む管理 

その他

小堀 勤子, 佐藤 兼俊, 吉田 泰子, 太田 樹, 寺島 裕夫, 江藤 隆史, 岸田 由起子, 田村 浩一

尋常性乾癬と慢性腎不全の経過中に小腸出血をきたし最終的に多発性脳梗塞で死亡した一例

2010年03月 | (株)郵研社 逓信医学 62 2 119-125 

その他

太田 樹

腎臓の病気 腎炎ってどんな病気?

2008年10月 | 逓信協会 逓信協会雑誌 1169 4-13 

その他

Kent R. Nilsson, Jonathan P. Piccini

オスラーメディカルハンドブック

2008年09月 | エルゼビア・ジャパン 栄養管理 

その他

野口 信, 太田 樹, 西田 広一郎, 伊藤 正一, 畑佐 まどか, 長村 誠, 大井川 悟

【地域連携および救急医療】 東京逓信病院の救急診療 現状と問題点

2007年12月 | (株)郵研社 逓信医学 59 5 321-329 

その他

ヘルムート・G. レンケ, ブラッドリー・M. デンカー

体液異常と腎臓の病態生理

2007年06月 | メディカルサイエンスインターナショナル 慢性腎不全の症候 

その他

小沢尚, 森瞳, 太田樹, 高本江利子, 高橋俊雅

透析患者の栄養評価における新理論と新技術 III 身体計測法による透析患者の栄養評価

2004年11月10日 | 臨床透析 20 12 1507-1512 

その他

太田樹, 内田俊也

よりよい透析療法のために―保存期腎不全治療の重要性 II 保存期腎不全の病態と治療・予後 (6) 酸塩基平衡

2004年06月10日 | 臨床透析 20 6 677-684 

その他

Hricik Donald E., Miller R. Tyler, Sedor John R., 奥田 俊洋, 南学 正臣, 太田 樹

腎臓病シークレット

2004年03月 | メディカルサイエンスインターナショナル どのようなアセスメントをするか? 

その他

太田樹, 南学正臣

特集 尿細管間質病変 〔尿細管間質病変の発症と進展〕 尿中補体の関与

2003年09月25日 | 腎と透析 55 3 451-455 

その他

太田樹, 南学正臣

腎機能が低下した患者の受け持ちになるとき 3.腎障害はどのように進行するか?―基礎編―

2003年08月10日 | 臨床医 29 8 1503-1510 

その他

太田樹, 南学正臣

病態生理に関する基礎的・臨床的研究の進歩 6 腎疾患と補体

2003年01月20日 | 医学のあゆみ 22-26 

その他

太田樹, 奥田俊洋

今日の臨床ビタミン学 骨代謝疾患とビタミン

2000年02月01日 | 臨床栄養 96 2 137-144 

その他

太田樹, 花井順一

遺伝子診断 多発性嚢胞腎

1999年06月15日 | 臨床検査 43 6 688-695 

その他

太田樹, 宮川博, 内田俊也

初期診療のピットフォール C.検査の解釈によるミスは? 13 間違いやすい電解質異常の読み

1999年05月10日 | 臨床医 25 5 606-610 

その他

太田樹, 奥田俊洋

検査値活用マニュアル I. 症候別検査の進め方 浮腫

1998年06月 | 内科 81 6 1032-1033 

その他

太田 樹, 深川 雅史

【腎疾患における内分泌・代謝異常】 腎不全とカルシウム調節ホルモンの異常

1998年04月 | (有)科学評論社 内分泌・糖尿病科 6 4 320-327 

その他

太田樹, 加藤哲夫, 内田俊也

腎硬化症 利尿薬使用上の注意

1997年12月 | 綜合臨床 46 12 2912-2917 

その他

Burton D. Rose, Helmut G. Rennke

体液異常と腎臓の病態生理

1997年01月 | メディカルサイエンスインターナショナル