帝京大学

海老坂 高 教授

Ebisaka Takashi

所属キャンパス八王子キャンパス

帝京大学 外国語学部 外国語学科

帝京大学大学院 外国語研究科 超域文化専攻

大学は発見の場だと思います。外国の文化を理解することは、自分自身も変わることです。別の言い方をすると、子供の時から教えられてきた価値観や感覚が絶対ではないことに気付くことです。それは、外国の動向を正確に把握しなければならない本格的国際化時代を迎えて、益々重要になっていると思います。そして自分とは異なる文化を学ぶ方法は外国語以外にないのではないでしょうか。

連絡先

情報がありません

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

慶應義塾大学大学院文学研究科独語独文学博士課程単位取得退学

所属学会

1983年

日本独文学会

1981年

Hoelderlin-Gesellschaft

1999年

日本ディルタイ協会

日本ヘルダー学会

専門分野

日独交流史、心理学思想史、比較思想、精神史、認識論、ドイツ文学、芸術論

研究テーマ

18世紀のドイツ文学・思想。
ディルタイの哲学および文学論。
比較思想史。
20世紀における芸術、文学、科学思想の関連。

教育方法・職務上の実績

情報がありません

著書・論文

思想史

ジャン・ゲプサア入門

2011年03月 | 慶應義塾大学日吉紀要ドイツ語学・文学 

翻訳

ペーター・ソンディ『ヘルダーリン研究』

2009年01月15日 | 法政大学出版局 

学術論文・単著

ヴァハター、カバラ、ヘルダーの『神』

1996年01月 | 帝京国際文化9号 

学術論文・単著

スピノザ主義

2002年02月 | 帝京国際文化15号 

著書 共著

『シェリングとドイツ・ロマン主義』

1997年 | 晃洋書房 「シェリングとヘルダーリン」 

学術論文・単著

ディルタイのヘルダーリン論注解

2002年03月 | イドゥーナ2号 

学術論文・単著

ヘルダーの『神話の近代的使用をめぐって』

1987年04月 | 慶應義塾大学「研究年報」4号 

学術論文 単著

「ヘルダーリンと神智学」

1997年 | ヘルダーリン研究会  『イドゥーナ』創刊号 

学術論文・単著

Marginalien zu Hoelderlins "Andenken".

1994年02月 | 帝京国際文化7号 

書誌・共著

日本におけるフリードリヒ・ヘルダーリン

2001年05月 | ドイツ文学106、107号 

編集

Begegnung mit dem Fremden. Grenzen-Tradition-Vergleiche.

1990年 | iudicium Verlag 

学術論文 単著

「人類最古の文書」―原啓示・ヒエログリフ・神秘主義―

1995年03月28日 | 日本ヘルダー学会 『ヘルダー研究』創刊号 

学術論文 共著

『感性と社会』

2004年12月20日 | 論創社 

学術論文 単著

Einige Bemerkungen über Herders “Aelteste Urkunde''.

1994年02月03日 | 「帝京国際文化」第6号 

学術論文 単著

「ディルタイのヘルダーリン論文」

2000年02月08日 | 「帝京大学外国語外国文学論集」第6号 

学術論文 単著

「日独合作映画『新しき土』をめぐって」(その1)

2003年02月15日 | 「帝京大学外国語外国文学論集」第9号 

学術論文 単著

「シラーの『カリアス書簡』への道」

1991年02月08日 | 「帝京大学英語英文学」第22号 

学術論文 単著

「ヘルダーと現代」

2003年02月08日 | 「帝京国際文化」第16号