帝京大学

肥合 康弘 教授

Yasuhiro Hiai

所属キャンパス福岡キャンパス

帝京大学 福岡医療技術学部 診療放射線学科

帝京大学大学院 保健学研究科 診療放射線科学専攻

帝京大学大学院 保健学研究科 看護学専攻

診療放射線技師の役割としては、画像診断に用いる画像の撮影を行うだけではなく、診断しやすい画像を作るための画像処理、画像の維持管理、また、診断だけでは無く、放射線治療や、近年では福島の原発事故での線量測定などでの放射線の専門家としての知識もクローズアップされています。
 医学的な知識、画像に関する知識、放射線に関する知識、そしてそれらを扱うためにコンピュータを操る事、それに加えて、病院の中で患者さんと接し、チーム医療の一員として役割を果たしていくための、コミュニケーション能力も求められています。
 これらの事を、帝京大学で、そして地域の病院の方々と一緒に実習や研究を通して学んでいける人を求めています。

連絡先

メールアドレス

電話番号

0944-88-8254

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

1983年03月

熊本大学医療技術短期大学部診療放射線技術学科 卒業

1983年04月

熊本大学医学部附属病院 診療放射線技師

1997年08月

学位授与機構 保健衛生学士 取得

1997年09月

米国シカゴ大学放射線科カートロスマン放射線像研究所 短期留学(1997年12月まで)

2003年04月

熊本大学医学部附属病院 副診療放射線技師長

2004年04月

熊本大学大学院医学教育部病態制御学専攻博士課程 入学(社会人)

2005年04月

熊本大学医学部保健学科 助手

2008年03月

熊本大学大学院医学教育部病態制御学専攻博士課程 博士(医学)取得

2010年04月

熊本大学大学院生命科学研究部 助教

2014年04月

帝京大学福岡医療技術学部 診療放射線学科 教授

所属学会

一般社団法人熊本県放射線技師会 (2013-2017会長)

公益社団法人日本診療放射線技師会 

公益社団法人日本放射線技術学会 (代議員)

一般社団法人日本磁気共鳴医学会

一般社団法人日本医学物理学会

日本医用画像管理学会

専門分野

MRI

研究テーマ

高磁場MR画像評価
位相差強調画像
MR血管撮像の最適化
MR画像の施設間比較

教育方法・職務上の実績

職務上の実績

現職のみ記載
熊本MR撮像技術研究会 代表世話人
熊本画像診断テクノロジー研究会 世話人
熊本県プライマリ・ケア研究会 世話人
熊本県医療・保健・福祉団体協議会 役員
熊本市保健医療専門団体連合会 理事
公益財団法人肥後医育振興会 評議員
九州地域放射線技師会 理事
熊本県がん検診従事者(機関)認定協議会 肺がん部会委員
熊本大学医学部保健学科同窓会 副会長

資格
1983年 診療放射線技師免許 (第23580号)
1987年 第1種放射線取扱主任者 (第12407号)
2008年 エックス線作業主任者
2008年 ガンマ線透過写真撮影作業主任者

特許
2008年12月共同、米田哲也、肥合康弘
日本:特許第4982881号、欧州:09834726.3、米国:US8,829,902B2 Sep.9,2014
位相差強調画像化方法(Phase Difference Enhanced Imaging;PADRE)、機能画像作成法、位相差強調画像化プログラム、位相差強調画像化装置、機能画像作成装置および磁気共鳴画像化
PHASE DIFFERENCE ENHANCED IMAGING METHOD(PADRE), FUNCTIONAL IMAGE CREATING METHOD, PHASE DIFFERENCE ENHANCED IMAGING PROGRAM, PHASE DIFFERENCE ENHANCED IMAGING APPARATUS, FUNCTIONAL IMAGE CREATING APPARATUS, AND MAGNETIC RESONANCE IMAGING(MRI)APPARATUS

著書・論文

教科書(共著)

MR撮像技術学

2001年12月20日 | オーム社 

教科書(共著)

MR撮像技術学(改訂2版)

2008年02月28日 | オーム社 

著書(共著)

放射線機器管理シリーズ X線・MRI・CT

2007年06月11日 | 日本放射線技師会出版会 

教科書(共著)

医用画像検査技術学(改訂3版)

2007年11月15日 | 南山堂 

学術論文(共著)

Interimager variability in ADC measurement of the human brain

2014年 | Magn Reson Med Sci. 2014;13(2):81 

学術論文(共著)

Diagnosis of intracranial hemorrhagic lesions: comparison between 3D-SWAN(3D T2*-weighted imaging with multi-echo acquisition) and 2D-T2*-weighted imaging

2014年02月 | Acta Radiologica 

学術論文(共著)

Parkinson’s disease: diagnostic potential of high-resolution phase difference enhanced MR imaging at 3 T

2012年 | Eur Radiol.  

学術論文(共著)

Delineation of Optic Radiation and Stria of Gennari on High-resolution Phase Difference Enhanced Imaging.

2012年07月31日 | Acad Radiol. 2012 Jul 31 

学術論文(共著)

各種心電図同期3D-FSE 差分法を用いた非造影MRA 法の血管狭窄描出能の検討

2012年 | 日本放射線技術学会雑誌 2012;68(7) 

学術論文(共著)

Pitfalls of 3D FLAIR Brain Imaging: A Prospective Comparison with 2D FLAIR

2012年07月 | Acad Radiol 

学術論文(共著)

IDEAL法における計算不良アーチファクトについての検討

2012年02月 | 熊本大学医学部保健学科紀要 第8号 

学術論文(共著)

A novel tract imaging technique of the brainstem using phase difference enhanced imaging: normal anatomy and initial experience in multiple system atrophy.

2011年05月 | Eur Radiol. 2011 Oct;21(10) 

学術論文(共著)

3.0 T MRI における心電図同期3D-FSE 差分法を用いた非造影MRA の基礎的検討

2010年08月 | 日本放射線技術学会雑誌. 2010 Aug 20;66(8) 

学術論文(共著)

3.0T MRIにおける非造影MRA(NATIVE)と造影MRAのファントムを用いた描出能の検討

2010年02月 | 熊本大学医学部保健学科紀要 第6号 2010 

学術論文(共著)

Handedness: dependent asymmetrical location of the human primary gustatory area, area G.

2009年03月 | Neuroreport. 2009 Mar 4;20(4) 

学術論文(共著)

Phase Difference Enhanced Imaging

2008年02月 | 熊本大学医学部保健学科紀要 第4号 2008 

学術論文(共著)

短径8チャンネルコイルによる新生児頭部MRI

2008年02月 | 熊本大学医学部保健学科紀要 第4号2008  

学術論文(共著)

MRA of intracranial aneurysms embolized with platinum coils: a vascular phantom study at 1.5T and 3T

2008年07月 | J Magn Reson Imaging. 2008 Jul;28(1) 

学術論文(共著)

3D TOF MRA of intracranial aneurysms at 1.5 T and 3 T: influence of matrix, parallel imaging, and acquisition time on image quality - a vascular phantom study.

2008年05月 | Acad Radiol. 2008 May;15(5) 

学術論文(共著)

Interactive scan control for kinematic study in open MRI.

2007年05月 | Magn Reson Med Sci. 2007;6(4) 

学術論文(共著)

Detection of hemorrhagic hypointense foci in the brain on susceptibility-weighted imaging clinical and phantom studies.

2007年09月 | Acad Radiol. 2007 Sep;14(9) 

学術論文(共著)

Positional lumbar imaging using a positional device in a horizontally open-configuration MR unit - initial experience.

2007年09月 | J Magn Reson Imaging. 2007 Sep;26(3) 

学術論文(共著)

Detection of brain metastasis at 3T: comparison among SE, IR-FSE and 3D-GRE sequences.

2007年02月 | Eur Radiol. 2007 Sep;17(9): Epub 2007 Feb 22 

学術論文(共著)

Automated hepatic volumetry for living related liver transplantation at multisection CT.

2006年07月 | Radiology. 2006 Sep;240(3): Epub 2006 Jul 20. 

学術論文(共著)

胸部結節状陰影と間質性肺病変の検出に関するLCDとCRTモニタの比較

2006年05月 | 日本放射線技術学会雑誌、2006 May20; 62(5) 

共著

APRETOにおけるSPIO造影MRIの有用性について

2005年03月 | INNERVISION 付録 磁遊空間 vol.288 

学術論文(共著)

Evaluation of the intracranial dural sinuses with a 3D contrast-enhanced MP-RAGE sequence: prospective comparison with 2D-TOF MR venography and digital subtraction angiography

2001年 | AJNR Am J Neuroradiol22(3) 

学術論文(共著)

Abdomen, pelvis, and extremities: diagnostic accuracy of dynamic contrast-enhanced turbo MR angiography compared with conventional angiography-initial experience.

2000年09月 | Radiology216(3) 

学術論文(共著)

Three-dimensional high-resolution dynamic contrast-enhanced MR angiography of the pelvis and lower extremities with use of a phased array coil and subtraction: diagnostic accuracy.

1998年 | J Magn Reson Imaging. 12(3) 

学術論文(共著)

half Fourier single shot turbo spin echo(HATSE)法における空間的ボケについて

1998年07月 | 放射線技術学会雑誌54(7) 

学術論文(共著)

Subtraction法による骨盤、四肢領域の3D造影MRangiography−血管描出能の検討−

1998年 | 日本磁気共鳴医学会雑誌3 

学術論文(共著)

わが国における増感紙ーフィルム系のMTFの測定精度の比較;全ての測定過程における相互比較

1995年 | 医用画像情報学会雑誌 

学術論文(共著)

わが国における増感紙ーフィルム系のMTFの測定精度の比較;スキャニング過程における相互比較

1994年 | 医用画像情報学会雑誌.11 

学術論文(共著)

スリット法を用いた増感紙ーフィルム系の相互比較

1993年11月 | 日本放射線技術学会雑誌.49