帝京大学

 

古内 博行

帝京大学
経済学部
経営学科

古内 博行 教授 ふるうち ひろゆき

FURUUCHI Hiroyuki 

学ぶことに面白さ、楽しさを感じながら、探究事始に乗り出しましょう。

連絡先

メールアドレス

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

1982年03月

  

東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得満期退学

1982年04月

  

日本学術振興会奨励研究員(1982年6月15日まで)

1982年06月

  

千葉大学教養部専任講師

1987年12月

  

千葉大学教養部助教授

1994年04月

  

千葉大学法経学部助教授

1996年12月

  

千葉大学法経学部教授

2005年09月

  

博士(経済学):東京大学

2011年04月

  

千葉大学評議員(2013年3月31日まで)

2013年04月

  

千葉大学法経学部長(2014年3月31日まで)

2014年04月

  

千葉大学法政経学部長(2015年3月31日まで)

2015年04月

  

帝京大学経済学部教授、現在に至る

所属学会

1980年07月

社会経済史学会

1980年07月

政治経済学・経済史学会

専門分野
現代ヨーロッパ(ドイツ)経済史・EU農業経済論
研究テーマ
ワイマール・ナチス期の農業政策・農業問題を出発点にして世界恐慌期の農業問題の共有と戦後農業政策の連続性の観点からEU共通農業政策を研究テーマとして拡げながら、同時に第一級の工業国ドイツ経済の歴史を辿り、現代ドイツ経済論を考察している。近年、欧州債務危機のなかでのドイツの経済的立ち位置を検討している。
所属キャンパス
八王子キャンパス

教育方法・職務上の実績

教育方法
学生向けのテキストの必要性を痛感し、2007年8月に東京大学出版会から中・上級向けだが、初心者にも用いられうる教材として『現代ドイツ経済の歴史』を著した。

著書・論文

区分 発行年月、著書・論文名、発行元
学術論文  単著

古内博行

「ドイツ連邦憲法裁判所のOMT判断をめぐる経済諮問委員会の認識」

2015年03月 | 『国際金融』1270号 

学術論文  単著

古内博行

「ドイツ経済諮問委員会のOMT観」

2014年09月 | 『千葉大学経済研究』第29巻第2号 

学術論文  単著

古内博行

「CAP新改革に揺れるドイツ農民」

2014年05月 | 『農村と都市をむすぶ』No.751 

学術論文  単著

古内博行

「欧州債務危機とドイツの試練」

2013年06月 | 『千葉大学経済研究』第28巻第1号 

学術論文  単著

古内博行

「最新ドイツ経済の真実--歴史的不況その後」

2012年12月 | 『千葉大学経済研究』第27巻第2・3号 

単著

古内博行

『ボンド・スキーム構想とCAP改革の健康診断(Health Check)』

2010年11月 | 千葉大学法経学部経済学科:千葉大学経済研究叢書7 

単著

古内博行

『現代ドイツ経済の歴史』

2007年08月 | 東京大学出版会 

単著

古内博行

『EU穀物価格政策の経済分析』

2006年12月 | 農林統計協会 

単著

古内博行

『ナチス期の農業政策研究--穀物調達措置の導入と食糧危機の発生』

2003年12月 | 東京大学出版会 



ご利用にあたって
プライバシーポリシー
教職員専用
Copyright(C) 2006 Teikyo University. All Rights Reserved