帝京大学

 

山口 修

帝京大学
経済学部
経済学科

山口 修 教授 やまぐちおさむ

Osamu Yamaguchi 

主観的な意見だけでなく、データや先行事例にもとづいて、できるだけ客観的な観点から議論できる人間になれることが、大学で学ぶ大きな利点です。
そして、多くの友人と生涯にわたる人間関係を構築する中で、あなたの人生は確実に実り多いものになる筈です。信頼できる友人や仲間に囲まれ共に語り、スポーツに汗を流し、これからの将来を設計して、その実現に向けて踏み出していく。
時には挫折もあるかもしれませんが、大学での生活は、総じてそんな「胸はずむ時間の積み重ねだったね」ときっと後から気が付くでしょう。

連絡先

メールアドレス
電話番号 042-678-3959

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

1972年03月15日

  

大阪大学理学部数学科卒業、理学士

1972年04月01日

  

住友信託銀行(現・三井住友信託銀行)入社

1996年07月01日

  

同行 年金運用部長

1999年09月01日

  

同行 理事・本店支配人(年金担当)
  兼 年金研究センター研究理事

2002年07月01日

  

住信パーソネルサービス(株)常務取締役

2003年04月01日

  

中央大学 大学院国際会計研究科客員教授を兼務
  (~2005.3)

2004年04月01日

  

横浜国立大学 経営学部教授に就任

2005年04月01日

  

早稲田大学 大学院商学研究科客員教授を兼務
  (~2007.3)

2008年04月01日

  

横浜国立大学 評議員を兼務(~2010.3)

2012年04月01日

  

横浜国立大学 評議員・附属図書館長を兼務(~2014.3)

2013年04月01日

  

横浜国立大学 大学院国際社会科学研究院 教授
 兼 京都大学 経営管理大学院 客員教授 (~2015.3)

2015年04月01日

  

横浜国立大学 名誉教授

2015年04月01日

  

帝京大学 経済学部教授

所属学会

1972年04月01日

日本アクチュアリー会
(1993年~1999年 同会理事)

1989年04月04日

日本年金数理人会
(2004年~2008年 同会理事長)

2009年04月

日本年金学会
(2015年~ 同会代表幹事 現任中)

専門分野
企業年金、社会保障
研究テーマ
・持続可能な公的年金制度の仕組み
・企業年金と退職給付会計
所属キャンパス
八王子キャンパス

教育方法・職務上の実績

教育方法
・統計学などの講義も担当していますが、できるだけ数式での説明を避け、実例などにもとづき、講義内容を具体的にイメージできるに工夫しています.

著書・論文

区分 発行年月、著書・論文名、発行元
学術論文・共著

津田弘美、山口 修

公的年金を補完する所得保障制度の必要性と加入者行動について

2015年01月 | 年金と経済Vol.33No.4 

学術論文・単著

山口 修

確定拠出年金の今後の課題と対応について

2014年10月 | 京都大学経済論叢Vol.188No.3 

論説

山口 修

公的年金の運用見直し

2013年12月18日 | 日本経済新聞社「経済教室」 

学術論文・単著

山口 修

厚生年金基金の代行制度について

2012年12月 | 横浜経営研究Vol.33No.3 

論説

山口 修

曲がり角の企業年金(上)

2012年09月11日 | 日本経済新聞社「経済教室」 

学術論文・共著

山口 修、毛海健雄

企業年金の制度ミックスに関する研究

2012年07月 | 年金と経済Vol.31No.2 

学術論文・共著

山口 修、田川勝久

受託者責任と企業年金ガバナンス

2011年04月 | 年金と経済Vol.30No.1 

学術論文・単著

山口 修

わが国の企業年金の現状と課題

2010年09月 | 横浜国際社会科学研究Vol.15No.3 

学術論文・単著

山口 修

企業年金の制度設計の変遷と今後の展望

2009年01月 | 年金と経済Vol.27No.4 

学術論文・単著

山口 修

退職給付信託の研究

2008年11月 | 信託研究奨励金論集第29号 

学術論文・単著

山口 修

確定拠出年金の評価と課題

2005年09月 | 横浜経営研究Vol.26No.2 

学術論文・単著

山口 修

企業と企業年金のあるべき関係

2005年07月 | 年金と経済Vol.24No.2 

学術論文・単著

山口 修

退職給付債務の再検討

2004年12月 | 横浜経営研究 

学術論文・単著

山口 修

企業年金の制度設計戦略

2004年03月 | 横浜経営研究Vol.24No.4 

学術論文・単著

山口 修

退職給付会計における割引評価

2003年04月 | 企業会計Vol.54,No.4 

学術論文・単著

山口 修

受給権保護に関する考察

2001年07月 | アクチュアリージャーナル第42号 JUL.2001.Vol.13 

学術論文・単著

山口 修

低迷する運用環境と企業年金改革の視点

1999年05月 | 証券アナリストジャーナルVol.37No.5 

学術論文・単著

山口 修

Expending Pension Funds

1987年03月 | FAIR Foundation for Advanced Information and Research, JAPAN (Fact Series Japan's Financial Markets Vol.33) 

著作・共著

貝塚啓明、田近栄治、山口 修、土屋丈朗、駒村康平、小塩隆士ほか

年金を考える

2006年05月 | 中央経済社 

著作・共著

山口 修、久保知行ほか

企業年金の再生戦略

2004年06月 | 金融財政事情研究会 

著作・共著

山口 修ほか

シリーズ人的資源を活かせるかⅡ、成果と公平の報酬制度

2003年07月 | 中央経済社 

著作・共著

浅野幸弘、山口 修、久保知行、藤林 宏、矢野 学

キャッシュバランスのすべて

2002年08月 | 日本経済新聞社 

著作・単著

山口 修

確定拠出年金のすべて

2001年07月 | 金融財政事情研究会 

著作・単著

山口 修

確定給付企業年金法入門

2001年06月 | 近代セールス社 

著作・共著

浅野幸弘、山口 修、藤林 宏、岡村 孝、松田卓也、奥井英資

確定拠出年金の資産運用

2001年03月 | 中央経済社 

著作・単著

山口 修

退職給付制度

2001年02月 | 近代セールス社 

著作・単著

山口 修

退職給付債務の実務

2000年01月 | 中央経済社 

著書・単著

山口 修

確定拠出年金の導入戦略

1999年03月 | 東洋経済新報社 



ご利用にあたって
プライバシーポリシー
教職員専用
Copyright(C) 2006 Teikyo University. All Rights Reserved