帝京大学

宇多 浩 准教授

Hiroshi Uta

所属キャンパス八王子キャンパス

帝京大学大学院 外国語研究科 超域文化専攻

研究所・センター 学修・研究支援センター

大学は自ら主体的に学び、活動する場です。
さまざまな物事について興味や問題意識をもち、関連する資料を自分で収集して深く考え、広い視野のもとで、自分なりの物の見方や考え方を確立できるように努めてください。

連絡先

メールアドレス

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

2003年04月

~2005年 相愛大学非常勤講師(ドイツ語)

2005年03月

京都大学大学院人間・環境学研究科後期博士課程修了 博士(人間・環境学)

2006年04月

帝京大学医学部専任講師(哲学)

2009年04月

帝京大学総合教育センター准教授

所属学会

日本哲学会

日本現象学会

日本生命倫理学会

日本医学哲学・倫理学会

関西哲学会

実存思想協会

専門分野

哲学(とりわけ現象学を中心とする20世紀以降の現代哲学)
倫理学

研究テーマ

知覚および身体に関する現象学的研究
人間存在の現象学的・存在論的研究

教育方法・職務上の実績

情報がありません

著書・論文

著書 共著

宮原勇編 『ハイデガー『存在と時間』を学ぶ人のために』 第二部第3章 「現存在と慮り ― フッサールの主観性概念との対比において」

2012年12月10日 | 世界思想社 

翻訳 共訳

ハラルド・レムケ 「禅の真なる味」

2012年03月20日 | 『帝京大学総合教育センター論集』 Vol.3 帝京大学総合教育センター 

翻訳 共訳

ギュンター・ペルトナー 『医療倫理学の基礎』

2011年06月01日 | 時空出版 

学術論文 単著

「病いの苦悩と癒し―病いについての哲学的・人間学的な考察」

2011年03月20日 | 『帝京大学総合教育センター論集』 Vol.2 帝京大学総合教育センター 

学術論文 単著

「身体と病いの経験―病いの体験の現象学的考察」

2010年03月20日 | 『帝京大学総合教育センター論集』 Vol.1 帝京大学総合教育センター 

翻訳 単訳

ヴィルヘルム・シュミット 「食の倫理:もう一つの近代における生活術の一要素として」

2007年 | 『環境と健康』 vol.20 No.3 財団法人体質研究会 

翻訳 共訳

ゲルノート・ベーメ 『雰囲気の美学-新しい現象学の挑戦』

2006年 | 晃洋書房