帝京大学

河野 雄平 教授

KAWANO Yuhei

所属キャンパス福岡キャンパス

帝京大学 福岡医療技術学部 医療技術学科

帝京大学大学院 保健学研究科 診療放射線科学専攻

帝京大学大学院 保健学研究科 看護学専攻

医療従事者には,専門職種のプロとしての知識と技術、医療チームにおける協調性,患者さんへの思いやりが求められます。4年間の学生生活でしっかり学べば,それらを身につけることができると思います。

連絡先

メールアドレス

電話番号

0944-57-8333

FAX番号

0944-55-7703

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

1974年03月

九州大学医学部卒業,第2内科入局

1976年10月

九州大学付属病院第2内科医員,高血圧研究室所属

1978年04月

福岡県立九州歯科大学内科助手

1981年07月

九州大学付属病院第2内科助手

1982年02月

米国クリーブランドクリニック心血管研究部門研究員

1985年04月

国立循環器病センター内科高血圧腎臓部門医員

1987年04月

同 医長

2001年02月

同 部長

2010年04月

独立行政法人国立循環器病研究センター生活習慣病部門部門長/高血圧・腎臓科部長

2015年04月

帝京大学福岡医療技術学部 医療技術学科長/教授(内科学)

所属学会

日本高血圧学会(理事,専門医,指導医,減塩委員会委員長,2013年会長)

日本未病システム学会(理事,2014年会長)

日本循環器心身医学会(理事)

日本腎臓学会(功労会員,専門医,指導医)

日本循環器予防学会(評議員)

日本内科学会(評議員,認定医,指導医)

日本心血管内分泌代謝学会(評議員)

日本循環器学会(専門医,指導医)

アメリカ心臓協会 (AHA,高血圧部会評議員)

国際高血圧学会 (ISH)

専門分野

高血圧,腎臓病,循環器病,内科学

研究テーマ

高血圧の薬物および非薬物治療,血圧変動,血圧の神経性調節

教育方法・職務上の実績

教育方法

講義

職務上の実績

九州歯科大学内科助手,九州大学内科助手として学生教育,指導
国立循環器病研究センターにおいて医師,看護師の教育,指導
大阪府立千里看護学校非常勤講師として看護学生教育
九州大学非常勤講師,関西医科大学非常勤講師として医学生教育

時間循環血圧研究会代表世話人
臨床血圧脈波研究会世話人
血圧管理研究会運営委員
厚生労働省薬事食品衛生専門委員 (2002-2006)
厚生労働省「日本人の食事摂取基準2015年版」策定検討会委員
独立行政法人医薬品医療機器総合機構専門委員 (2004-)
Pulse of Asia (Asian Vascular Research Group) Committee member
World Action on Salt and Health (WASH) Member
「Clinical and Experimental Hypertension」 Associate Editor (2010-2014)
「Hypertension Research」 Editorial Board (2004-)

著書・論文

原著論文 約320編,症例報告 約20編,総説 約300編,著書 約200編,その他 約250編

河野 雄平(共著を含む)

発表論文 約1,000編,英語論文 約300編

|  

著書

河野雄平(総監修)

高血圧:無理なく,自分で下げる、別冊NHKきょうの健康

2015年 | NHK出版 

著書

河野雄平

食塩と高血圧と循環器病

2015年 | 知っておきたい循環器病あれこれ 110,循環器病研究振興財団  

総説

河野雄平

二次性高血圧,治療抵抗性高血圧の診断治療のポイント

2015年 | 日本内科学会雑誌  

総説

河野雄平

血圧変動を高血圧診療に活かす;積極的な立場から

2014年 | 臨床高血圧 

総説

河野雄平

高血圧とエネルギー・栄養素

2014年 | 日本栄養士会雑誌 

著書

日本高血圧学会高血圧治療ガイドライン作成委員会(河野雄平執筆委員)

高血圧治療ガイドライン2014 (JSH 2014)

2014年 | 日本高血圧学会 

総説

河野雄平

減塩プロジェクト:循環器病制圧を目指して

2013年 | 循環器病研究の進歩 

総説

河野雄平

24時間自由行動下血圧測定 (ABPM) のエビデンス

2013年 | 日本医師会雑誌(特別号) 

著書

河野雄平(監修)

高血圧 きっと治せる!この一歩、NHKきょうの健康

2013年 | NHK出版 

著書

日本高血圧学会減塩委員会(河野雄平委員長)

日本高血圧学会減塩委員会報告2012

2012年 | 日本高血圧学会 

総説

Kawano Y

Salt, hypertension, and cardiovascular diseases

2012年 | Journal of the Korean Society of Hypertension  

原著

Kawano Y, Ogihara T, Saruta T, Goto Y, Ishii M

Association of blood pressure control and metabolic syndrome with cardiovascular risk in elderly Japanese:JATOS study

2011年 | American Journal of Hypertension 

総説

Kawano Y

Physio-pathological effects of alcohol on cardiovascular system: role in hypertension and cardiovascular disease

2010年 | Hypertension Research 

総説(報告)

Kawano Y, Ando K, Matsuura H, Tsuchihashi T, Fujita T, Ueshima H

Report of the Working Group for Dietary Salt Reduction of the Japanese Society of Hypertension: (1) Rationale for dietary salt reduction and salt-restriction target level for the management of hypertension

2007年 | Hypertension Research 

原著

Kawano Y, Okuda N, Minami J, Takishita S, Omae T

Effects of a low energy diet and an insulin-sensitizing agent on ambulatory blood pressure in overweight hypertensive patients

2000年 | Journal of Hypertension 

原著

Kawano Y, Abe H, Takishita S, Omae T

Effects of alcohol restriction on 24-hour ambulatory blood pressure in Japanese men with hypertension

1998年 | American Journal of Medicine  

原著

Kawano Y, Matsuoka H, Takishita S, Omae T

Effects of magnesium supplementation in hypertensive patients: assessment by office, home, and ambulatory blood pressures

1998年 | Hypertension 

原著

Kawano Y, Abe H, Kojima S, Ashida T, Yoshida K, Yoshimi H, Imanishi M, Kimura G, Kuramochi M, Omae T

Acute depressor effect of alcohol in patients with essential hypertension

1992年 | Hypertension 

原著

Kawano Y, Ferrario CM

Neurohormonal characteristics of cardiovascular response due to intraventricular hypertonic NaCl

1984年 | American Journal of Physiology  

原著

Kawano Y, Fukiyama K, Takeya Y, Abe I, Omae T

Elevated plasma catecholamines without alteration in cardiovascular responsiveness in young men with borderline hypertension

1982年 | American Heart Journal 

はか

|