帝京大学

宿輪 純一  博士(経済学) 教授

Junichi SHUKUWA PhD

所属キャンパス八王子キャンパス

帝京大学 経済学部 国際経済学科

「学問を通じて学生の就職力を上げたい」
博士(経済学)/ 専門:国際金融・金融・経済・経営
三菱UFJ銀行出身、映画評論家・監修・俳優
日本経済新聞社と東洋経済新報社から15冊書籍出版
社会貢献公開講義「宿輪ゼミ」
https://www.facebook.com/groups/shukuwaseminar
15年・300回実施/会員1万1千人/日本経済新聞でも紹介


連絡先

メールアドレス

電話番号

042 678 3441

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

1963年07月

東京都 生まれ

1982年03月

麻布高校 卒業

1987年03月

慶應義塾大学 経済学部 卒業(山田太門ゼミ/理論経済学)

1987年04月

富士銀行: 新橋支店、国際資金為替部、海外勤務等   

1998年05月

三和銀行: 企画部、決済業務部等、

2002年01月

UFJ銀行(合併): UFJホールディングス経営企画部、UFJ総合研究所国際本部等

2006年01月

三菱東京UFJ銀行(合併): 企画部経済調査室、決済事業部等

2011年03月

博士(経済学)拝受:

2015年03月

三菱東京UFJ銀行 退職

2015年04月

帝京大学 経済学部 経済学科 教授 〈現任〉

2020年03月

日本橋倶楽部 会員

所属学会

日本金融学会

証券経済学会

日本ファイナンス学会

専門分野

国際金融・通貨・決済・金融、フィンテック、マクロ経済・国際経済、企業戦略・経営、映画評論・監修・俳優。

研究テーマ

博士(経済学)保有。メガバンク27年勤務。
国際金融・通貨・決済・金融、フィンテック、マクロ経済・国際経済、企業戦略・経営、映画評論・監修・俳優。

教育方法・職務上の実績

職務上の実績

【教歴】
2003年 東京大学大学院 非常勤講師(3年)
2006年 清華大学大学院(中国)顧問(1年)
2007年 早稲田大学 非常勤講師(5年)
2009年 上智大学 非常勤講師(1年)
2012年 慶應義塾大学 経済学部 非常勤講師(国際金融論)(5年)
2014年 帝京大学 経済学部 非常勤講師(1年)
2015年 慶應義塾大学 グローバルセキュリティ研究所 客員上席研究員(3年)

【委員歴】
アジア開発銀行「アジア債券市場イニシアティブ(ABMI)」
財務省「ASEAN為替制度と金融市場研究会」
経済産業省「グローバル財務研究会」
外務省「アジア太平洋経済委員会」
全国銀行協会「SWIFT委員会」「全銀システム検討部会」「大口決済システム検討部会」
日本郵政「金融2社未来創造プロジェクト」他

【著書】
<単著>
『決済インフラ入門[2020年版]』(東洋経済新報社)
『通貨経済学入門(第2版)』(日本経済新聞社)
『アジア金融システムの経済学』(日本経済新聞社)
『実学入門 社長になる人のための経済学―経営環境、リスク、戦略の先を読む』(日本経済新聞社)
『ローマの休日とユーロの謎―シネマ経済学入門』(東洋経済新報社)

<共著>
『金融が支える日本経済―真の成長戦略を考える』(東洋経済新報社)
『円安vs.円高―どちらの道を選択すべきか(第2版)』(東洋経済新報社)
『マネークライシス・エコノミー グローバル資本主義と国際金融危機』(日本経済新聞社)
『決済システムのすべて(第3版)』(東洋経済新報社)
『証券決済システムのすべて(第2版)』(東洋経済新報社)
『ビットコイン入門』(毎日新聞出版)他

(参加)~1章以上=名前の記述あり
『証券事典』(日本証券経済学会)きんざい
『中国の台頭と東アジアの金融市場』 日本評論社
『金融用語辞典』 東洋経済新報社
『いまから始めるFX』 日本実業出版社
『こうなる欧州通貨統合 』 中央経済社
『金融機関のアウトソーシング』 シグマベイズキャピタル
『動け!日本―イノベーションで変わる生活・産業・地域 』 日経BP社

(卒業生代表で名前の表示あり)
『麻布の教育―なぜ、麻布学園出身者は卒業後に強いのか』青志社

(引用)~小職の原稿の引用
『けいざい心理学!―「気分」と「直感」で経済は動く』 日本経済新聞社
『経済学を知らないエコノミストたち 』日本評論社
『安倍政権と社会主義 アベノミクスは日本に何をもたらしたか』 (朝日新書)

【現連載】
ダイヤモンド・オンライン 『 宿輪ゼミLIVE 』
講談社・現代ビジネス・オンライン『経済・金融解説』
ハフィントンポスト(Huffington Post) 『 宿輪純一のシネマ経済学 』

【社会活動】
社会貢献公開講義「宿輪ゼミ」(代表)
https://www.facebook.com/groups/shukuwaseminar
2006年4月~(15年・300回開催・会員1万1千人超)日本経済新聞で紹介
日本橋倶楽部 会員 2020年3月~

著書・論文

「職務上の実績」欄に記述、ご参照のこと。

|