帝京大学

小林 恒之 准教授

所属キャンパス宇都宮キャンパス

帝京大学 医療技術学部 柔道整復学科

帝京大学大学院 医療技術学研究科 柔道整復学専攻

連絡先

情報がありません

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

2015年

帝京大学 医療技術学部 柔道整復学科准教授

2004年

富山医科薬科大学大学院 医学系研究科 システム情動科学講座助手

2001年

九州工業大学大学院 生命体工学研究科 脳情報専攻認知脳科学講座客員助教授

1998年

理化学研究所 脳科学総合研究センター 脳型デバイスブレインウェイグループ研究員

所属学会

日本神経科学会

専門分野

生理心理学 行動神経科学 神経生理学

研究テーマ

脳高次機能

教育方法・職務上の実績

情報がありません

著書・論文

その他

Kobayashi, T.

Multiple representation of reward and behavioral episode in rat hippocampal place cells.

2006年01月 | 富山大学・文部科学省特定領域研究「統合脳」共催International Workshop on "Neural Bases of Learning, Emotion and Behaviour", 富山. 

その他

西条寿夫, 堀 悦郎, 小林恒之, 小野武年.

順列記憶における海馬体の役割.

2005年05月 | 第82回日本生理学会大会 日本神経回路学会連携シンポジウム「海馬のダイナミック情報表現」,仙台. 

その他

小林恒之, 西条寿夫, 小野武年.

空間学習課題における海馬体ニューロンの応答性.

2005年 | 第82回日本生理学会大会 企画シンポジウム「記憶の形成プロセスにおける行動と神経活動の変容」,仙台. 

その他

小林恒之

ラット海馬体場所細胞と空間学習.

2001年03月 | 第78回日本生理学会大会 シンポジウム,京都. 

その他

小林恒之

ラット場所ニューロンの可塑的応答性変化.

1995年05月 | 第13回日本生理心理学会学術大会 シンポジウム,佐賀. 

学術論文

宮崎淳,松井三枝,奈良原光隆,小林恒之,西条寿夫.

メタ記憶過程における記憶方略選択と脳活動.

2010年 | 人間環境学研究,8, 55-65. 

学術論文

高宮千枝子,松井三枝,小林恒之,川崎康弘,鈴木道雄,西条寿夫,中澤潤,野口京,瀬戸光,倉知正佳.

心の理論に関連した脳活動-脳機能画像研究-.

2009年 | 人間環境学研究,7, 129-135. 

学術論文

福田正治,小野武年, 小林恒之.

海馬体ニューロンと場所学習・記憶.

1995年 | 日本生理学会誌, 57, 145-154. 

学術論文

乾隆子, 永井元, 中川正, 小林恒之, 小野 武年.

食前酒としてのシェリー酒の効果.

1994年 | 日本味と匂学会誌, 344-347. 

学術論文

田渕英一,小野武年, 田村了以,小林恒之.

ラットの食品関連ニオイ嗜好性について.

1990年 | 肥満, 300-301. 

学術論文

宮川洋二,小林恒之,今泉美佳,武井延之,畠中寛,熊倉鴻之助.

牛副腎髄質クロマフィン細胞の凍結保存-二次培養での細胞機能.

1987年 | 神経化学, 26, (1), 232-234. 

学術論文

高原昭典,小林恒之,山中祥男,鈴木牧彦.

ストレス鎮痛におよぼす naltrexone 効果-体性感覚野誘発電位とtail-flick を指標とした用量依存性の検討-.

1987年 | 薬物・精神・行動. 7, 163-164. 

学術論文

小林恒之,高原昭典,山中祥男,鈴木牧彦.

外側視床下部脳内自己刺激行動に対するピクロトキシン微量投与の効果-シャトルボックスを用いて-.

1987年 | 薬物・精神・行動. 7, 137-138. 

学術論文

Ho S.A., Hori E., Kobayashi T., Umeno K., Tran A.H., Ono T., Nishijo H.

Hippocampal place cell activity during chasing of a moving object associated with reward in rats.

2008年 | Neurosci 157: 254-270, 2008. 

学術論文

Takamura, Y., Tamura, R., Zhou, T.L., Kobayashi, T, Tran, A.H., Eifuku, S., Ono, T.

Spatial firing properties of lateral septal neurons.

2006年 | Hippocampus. 16, 636-644. 

学術論文

Dayawansa, S., Kobayashi, T., Hori, E., Umeno, K., Tazumi, T., Ono, T., Nishijo, H.

Conjunctive effects of reward and behavioral episodes on hippocampal place-differential neurons of rats on a mobile treadmill.

2006年 | Hippocampus, 16, 586-595. 

学術論文

Hori, E., Tazumi, T., Umeno, K., Kamachi, M., Kobayashi, T., Ono, T., and Nishijo, H.

Effects of facial expression on shared attention mechanisms.

2005年 | Physiology & Behavior, 84, 397-405. 

学術論文

Tran, A.H., Tamura, R., Uwano T., Kobayashi, T., Katsuki M., and Ono, T.

Dopamine D1 receptors involved in locomotor activity and accumbens neural responses to prediction of reward associated with place.

2005年 | PNAS., 102, 2117-2122. 

学術論文

Kobayashi, T., Tran, A.H., Nishijo, H., Ono, T., and Matsumoto, G.

Contribution of hippocampal place cell activity to learning and formation of goal-directed navigation in rats.

2003年 | Neuroscience, 117, 1025-1035. 

学術論文

Tran, A.H., Tamura, R., Uwano T., Kobayashi, T., Katsuki M., Matsumoto, G., and Ono, T.

Altered accumbens neuronal response to prediction of reward associated with place in dopamine D2 receptor knockout mice.

2002年 | PNAS., 99, 8986-8991. 

学術論文

Fukuda, M., Tamura, R., Kobayashi, T., and Ono, T.

Relationship between change of movement direction and activity of hippocampal place cells.

1997年 | Neuroreport, 8, 3207-3211. 

学術論文

Kobayashi, T., Nishijo, H., Fukuda, M., Bures, J., and Ono, T.

Task-dependent representations in rat hippocampal place neurons.

1997年 | J. Neurophysiol., 78, 597-613. 

学術論文

Fukuda, M., Kobayashi, T., Bures, J., and Ono, T.

Rat exploratory behavior controlled by intracranial self-stimulation improves the study of place cell activity.

1992年 | J. Neurosci. Meth., 44, 121-131. 

学術論文

Ono, T., Nakamura, K., Fukuda, M. and Kobayashi, T.

Catecholamine and acethylcholine sensitivity of rat lateral hypothalamic neurons related to learning.

1992年 | J. Neurophysiol., 67, 265-279.  

学術論文

Ono, T., Nakamura, K., Fukuda, M., and Kobayashi, T.

Central action of endogenous sugar acid (2-buten-4-olide) comparison with local anesthesia in hypothalamus.

1990年 | Brain Res. Bull., 24, 793-802. 

著書

Nishijo H., Hori E., Kobayashi T., Ono T.

Hippocampal and parahippocampal neuronal responses to spatial and non-spatial factors in rats and monkeys.

2008年 | Advances in Cognitive Neurodynamics. Wang R., Gu F., Shen E. (Ed.); 435-438, Springer, NY 

著書

Tran A.H., Tamura R., Uwano T., Kobayashi T., Katsuki M., Matsumoto G., and Ono T.

Dopamine D2 receptor-knockout changed accumbens neural response to prediction of reward associated with place in mice. In Cognition and Emotion in the Brain

2003年 | Cognition and Emotion in the Brain, by T. Ono, G. Matsumoto, R. R. Llinas, A. Berthoz, R. Norgren, H. Nishijo, and R. Tamura (Ed.); 493-508, Elsevier, Amsterdam