帝京大学

 

江口 建

帝京大学
理工学部
総合基礎

江口 建 講師 えぐち たける

Takeru EGUCHI (Ph.D.)

  【メッセージ】 一緒に「哲学」しましょう!

連絡先

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

2004年03月

  

京都大学大学院人間・環境学研究科人間・環境学専攻修士課程修了

2008年03月

  

京都大学大学院地球環境学舎地球環境学専攻博士(後期)課程修了
博士(地球環境学)

2006年04月

  

日本学術振興会特別研究員(DC)

2008年04月

  

京都大学人間・環境学研究科 思想文化論講座 研修員

2014年02月

  

東京大学大学院総合文化研究科 特任研究員

2016年04月

  

現職

  

【その他】
・東京大学「共生のための国際哲学研究センター」研究協力者
・「たかしま・未来・円卓会議事業」運営メンバー(滋賀県高島市)

  

【教育歴】
・京都大学 〔哲学基礎論〕
・京都文教大学 〔哲学、倫理学〕
・豊田工業大学 〔哲学入門〕
・人間環境大学 〔ドイツ語、倫理学〕
・愛知県立大学外国語学部ドイツ学科
 〔ドイツ語圏研究外書研究(地域研究)、ドイツ語圏研究各論(思想・ドイツ文化)、
 研究各論(特殊講義、ドイツ文化)、研究講読(ドイツ語圏文化)〕
・京都府医師会看護専門学校 〔論理学〕
・学校法人響和会 和歌山国際厚生学院 〔哲学、倫理学〕

所属学会

日本現象学会、 関西哲学会、 フッサール研究会

専門分野
ドイツ現代哲学、現象学(特にフッサール現象学)、自我論、時間論、身体論、地域論、教育手法(アクティブラーニング)、哲学対話、子どものための哲学、禅仏教における食の倫理
研究テーマ
【学校教育活動】

◆矢板東高等学校附属中「哲学対話」(帝京サイエンスキャンプ)講師
2018年9月29日(土)

◆作新学院高等学校「哲学対話」(帝京サイエンスキャンプ)講師
2018年6月2日(土) ☞実施報告(帝京大学「哲学カフェ」サイト)
2018年9月15日(土) ☞実施報告(帝京大学「哲学カフェ」サイト)

◆宇都宮市立豊郷中央小学校「哲学対話」 ゲスト講師
2018年2月19日(水) ☞実施報告(キャンパスニュース)
2018年7月2日(月) ☞実施報告(帝京大学「哲学カフェ」サイト)

◆青森県立青森高等学校「哲学対話」 ファシリテーターとして同行
2016年5月30-31日
協力:東京大学UTCP
SGH講義「哲学対話」活動報告(青森県立青森高等学校)

◆滋賀県高島市立朽木中学校「哲学対話」 ファシリテーターとして同行
2015年10月6日、10月20日
協力:総合地球環境学研究所、東京大学UTCP
朽木中学校の円卓会議報告(たかしま市民協働交流センター)

◆宮崎県立五ヶ瀬中等教育学校「哲学対話」 ファシリテーターとして同行
2014年9月25日―26日
協力:東京大学UTCP
ブログ報告(UTCP)

◆「国際哲学オリンピック」代表選考会および直前強化合宿にチューターとして参加、中学3年生と高校生に哲学エッセイの書き方を指導。
2015年1月17日―18日
2016年1月16日―17日
於 国立オリンピック記念青少年総合センター
共催:上廣倫理財団、東京大学UTCP
ブログ報告(UTCP)

◆「高校生のための哲学サマーキャンプ」にチューターとして参加、中学3年生と高校生に哲学エッセイの書き方を指導。
2015年7月31日―8月1日 於 国立オリンピック記念青少年総合センター
共催:上廣倫理財団、東京大学UTCP
ブログ報告(UTCP)前編
ブログ報告(UTCP)後編


【市民教育活動】
「哲学カフェ」ファシリテーター/ゲスト講師

◆2019年1月25日(金)母親哲学カフェ 於 帝京大学宇都宮キャンパス
  ☞ブログレポート(ママ哲)
所属キャンパス
宇都宮キャンパス

教育方法・職務上の実績

教育方法
◆2018年12月26日(水)親子哲学カフェ 於 帝京大学宇都宮キャンパス
◆2018年12月18日(火)おとな哲学カフェ 於 帝京大学宇都宮キャンパス
◆2018年10月10日(水)親子哲学カフェ 於 帝京大学宇都宮キャンパス
  ☞実施報告(帝京大学キャンパスニュース)
  ☞ブログレポート・前篇(ママ哲)
  ☞ブログレポート・後篇(ママ哲)
◆2018年8月24日(金)とちぎサイエンスらいおんカフェ第68回×「よるとしょ」 於 宇都宮市立東図書館
  ☞実施報告(帝京大学「哲学カフェ」サイト)
  ☞下野新聞
◆2018年8月21日(火)親子哲学カフェ 於 帝京大学宇都宮キャンパス
  ☞開催概要
  ☞ブログレポート・前篇(ママ哲)
  ☞ブログレポート・後篇(ママ哲)
◆2018年6月11日(月)母親哲学カフェ 於 帝京大学宇都宮キャンパス
  ☞実施報告(帝京大学「哲学カフェ」サイト)
  ☞ブログレポート1(ママ哲)
  ☞ブログレポート2(ママ哲)
◆2018年5月13日(日)親子哲学カフェ 於 帝京大学宇都宮キャンパス
  ☞実施報告(帝京大学「哲学カフェ」サイト)
  ☞ブログ感想1(ママ哲)
  ☞ブログ感想2(ママ哲)
職務上の実績
◆2018年4月23日(月)母親哲学カフェ 於 帝京大学宇都宮キャンパス
  ☞実施報告(キャンパスニュース)
  ☞ブログ感想1(ママ哲)
  ☞ブログ感想2(ママ哲)
◆2017年10月11日(水)とちぎサイエンスらいおんカフェ第58回×マザーズガーデン共催
於 下野新聞NewsCafe(栃木県宇都宮市)
  ☞ブログレポート(サイエンスらいおん)
  ☞ブログレポート(マザーズガーデン)
◆2017年7月10日(月)哲学カフェ(帝京サイエンスキャンプ with マザーズガーデン~子どもワクワク教室「あすなろ」~) 於 帝京大学宇都宮キャンパス
  ☞ブログレポート(マザーズガーデン)
◆2016年6月25日(土)とちぎサイエンスらいおんカフェ第42回 於 下野新聞NewsCafe(栃木県宇都宮市)
  ☞ブログレポート(サイエンスらいおん)


【市民講座・公開講座・講演・社会貢献・地域連携活動】

◆カレッジ・インターンシップ模擬講義「道徳をめぐる哲学的冒険」
2017年6月13日(火) 於 帝京大学宇都宮キャンパス
2018年6月12日(火) 於 帝京大学宇都宮キャンパス

◆オープンキャンパス「哲学&教育カフェ」(「チャレンジ大学生!」企画)
2017年8月6日(日) 於 帝京大学宇都宮キャンパス
2018年8月11日(土) 於 帝京大学宇都宮キャンパス

◆講演
2018年2月2日(金) 於 豊田工業大学
演題:「哲学対話」を用いた教育再生と地域再生

◆「再生可能エネルギープロジェクト委員会」および「阿蘇研究会」出席
2014年9月26日 於 休暇村 南阿蘇
企画:大津愛梨(O2Farm・NPO 法人九州バイオマスフォーラム)
協力:総合地球環境学研究所、東京大学UTCP

◆「阿蘇地域世界農業遺産」意見交換会 出席
2014年7 月18 日(金)―20 日(日)
企画:大津愛梨(O2Farm・NPO 法人九州バイオマスフォーラム)
協力:総合地球環境学研究所、東京大学UTCP

◆つくばみらい市農業実習
2014年5月17日
2014年8月25日―26日
2015年4月18日
2015年7月21―22日
主催:東京大学農学生命科学研究科、東京大学IHS
協力:NPO「古瀬の自然と文化を守る会」
イベント報告(東京大学、2014年5月)

◆公開講座「こころの時間 ~ 哲学入門」
2012年5月26日(土) 於 哲学たいけん村(無我苑)
講演タイトル:「道具と人間」
主催:毎日文化センター、共催:愛知県碧南市 哲学たいけん村 無我苑

著書・論文

区分 発行年月、著書・論文名、発行元
共著

江口 建・平澤 孝枝・石川 朝子・塚原 健太

「校則」と「体罰」をめぐる哲学対話 ― 高校生との対話を通して見えてくる隠れた権力構造と権利意識の問題 ―

2018年12月25日 | 『研究年報 人文編』第24号、帝京大学宇都宮キャンパス 

単著

江口 建

「哲学/倫理学」関連科目に関する学生の需要とその充足度についての一考察 ― 授業アンケートとコメントシートから浮かび上がるもの ―

2018年07月 | 『帝京大学ラーニングテクノロジー開発室年報』第15号、帝京大学ラーニングテクノロジー開発室 

単著

江口 建

「子育て」と「しつけ」をめぐる哲学対話 ― 《怒り》の正体と《認識の外部》をめぐる現象学的一考察 ―

2017年12月25日 | 『研究年報 人文編』第23号、帝京大学宇都宮キャンパス 

共著

渡辺博芳・山根健・江口建

「哲学対話」の手法によるクラスミーティングの試み

2017年07月 | 『帝京大学ラーニングテクノロジー開発室年報』第14号、帝京大学ラーニングテクノロジー開発室 

単著

Takeru EGUCHI

Intensified Daily Life – Toward a Phenomenological Zen-Gastrosophy: On the Ethics of Food-Zen as Human Education

2017年03月 | Series Praxis of Coexistence in Cultural Diversity, Volume 2, Food and Civil Society, Integrated Human Sciences Program for Cultural Diversity. 

単著

江口 建

「哲学対話」型アクティブ・ラーニングに関する原理的考察および教育実践報告 ― 「動機」の発掘と「知的安心空間」の創出に向けて ―

2016年12月25日 | 『研究年報 人文編』第22号、帝京大学宇都宮キャンパス 

単著

江口 建

哲学対話を用いた「安心して学べる空間」の創出と「動機」の発掘に向けて

2016年09月 | 帝京大学宇都宮キャンパス・アクティブラーニング推進WGニューズレター「Guide By Side」第11号 

単著

江口 建

「地域」から逆照射される「都会」のあり方~熊本県阿蘇地方での哲学対話から

2015年 | 『Philosophy for Everyone 2013-2015』、UTCP-Uehiro Booklet 11、P4E研究会編、東京大学「共生のための国際哲学研究センター(UTCP)」 

単著

Takeru Eguchi

Die Ernährungsethik der zen-buddhistischen Praxis

2012年 | Zeitschrift für Kulinaristik, Wissenschaft - Kultur - Praxis, Heft 4, Kulinaristik-Forum 

単著

江口 建

フッサールの「再想起」理論に潜む形而上学的前提について ― 「反復可能性」と「同一化可能性」をめぐって

2008年03月 | 『人間存在論』第14号、京都大学大学院人間・環境学研究科/大学院地球環境学堂『人間存在論』刊行会 

単著

江口 建

フッサールにおける「原-自我」の思想 ― 『イデーンII』と『ベルナウ草稿』の狭間で ― あるいは《現象学の現象学》の一つの始まり

2008年03月 | 『フッサール研究』第6号、平成19年度科学研究費補助金(基盤研究B)「いのち・からだ・こころ」をめぐる現代的問題への応用現象学からの貢献の試み(課題番号18320003) 

単著

Takeru EGUCHI

Zur genetischen Lehre des reinen Ich und dem Gedanken des „Ur-Ich“ bei Husserl: Der Anfang einer Phänomenologie der Phänomenologie - Im Übergang von den Ideen II zu den Bernauer Manuskripten -

2007年 | Interdisziplinäre Phänomenologie, Vol.4 

単著

Takeru EGUCHI

Über den Zirkel oder den unendlichen Regreß in der Leibeskonstitution bei Husserl

2006年 | Interdisziplinäre Phänomenologie, Vol.3 

単著

江口 建

「純粋自我」の発生論に向けて ― 『イデーンII』から『ベルナウ草稿』へ

2006年06月 | 『アルケー』No.14 

単著

江口 建

フッサールの身体構成に見られる「循環」あるいは「無限遡行」について

2006年03月 | 『人間存在論』第12号、京都大学大学院人間・環境学研究科/大学院地球環境学堂『人間存在論』刊行会 

単著

江口 建

フッサールにおける「内在」の錯綜構造 ― 中期時間論の観点から『ベルナウ草稿』を手がかりに ―

2005年03月 | 『人間存在論』第11号、京都大学大学院人間・環境学研究科/大学院地球環境学堂『人間存在論』刊行会 

単著

江口 建

「哲学」は役に立つか ― ジャック・デリダの死に想うこと ―

2004年12月15日 | 『京都大学人間・環境学研究科総合人間学部図書館報』第9巻・第1号(通巻16号) 

博士論文

江口 建

「自我」と「時間」 ― フッサールの「原-自我(Ur-Ich)」と「時間化(Zeitigung)」をめぐる思索の統一的視点からの解明

2008年03月 | 京都大学 

修士論文

江口 建

時間性の次元における「認識」と「存在」の根源的構造 ― フッサール中期時間論の観点から『ベルナウ草稿』を手がかりに ―

2004年03月 | 京都大学 

共訳

宇多 浩、江口 建 共訳

ハラルド・レムケ「禅の真なる味」〔ドイツ語〕

2012年03月 | 『帝京大学 総合教育センター論集』Vol.3、帝京大学総合教育センター 

共訳

小川 侃、江口 建 共訳

クラウス・ヘルト「真理をめぐる抗争 ― 現象学的エポケーの前史」〔ドイツ語〕

2008年02月 | 『知を愛する者と疑う心 ― 懐疑論八章 ―』佐藤義之・安部浩・戸田剛文 編、晃洋書房 

共訳

江口 建、笹岡健太、嶋本慶太、久山雄甫 共訳

ゲルノート・ベーメ「靄の像、あるいは無への途上での写真術」〔ドイツ語〕

2007年12月 | 『カリスタ ΚΑΛΛΙΣΤΑ 美学・藝術論研究』第14号、東京藝術大学 美術学部美学研究室 

単訳

江口 建 編訳

アンケ・ハールマン「消化の精神について」〔ドイツ語〕

2006年12月 | 『環境と健康』Vol.19,No.4 WINTER 2006、財団法人体質研究会、財団法人慢性疾患・リハビリテイション研究振興財団 

共訳

江口 建、濱 善昭、笹岡健太 共訳

ウルリッヒ・メレ「環境現象学」〔ドイツ語〕

2005年03月 | 『人間存在論』第11号、京都大学大学院人間・環境学研究科/大学院地球環境学堂『人間存在論』刊行会 



ご利用にあたって
プライバシーポリシー
教職員専用
Copyright(C) 2006 Teikyo University. All Rights Reserved