帝京大学

 

堀田 結孝

帝京大学
文学部
心理学科

堀田 結孝 講師 ほりた ゆたか

Yutaka Horita

連絡先

メールアドレス
研究室URL https://sites.google.com/site/yhoritapage/

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

2011年03月

  

北海道大学大学院文学研究科 人間システム科学専攻 博士課程修了

2011年03月

  

博士(文学)

2011年04月

  

日本学術振興会特別研究員-PD

2013年10月

  

国立情報学研究所 ビッグデータ数理国際研究センター JST, ERATO, 河原林巨大グラフプロジェクト 特任助教

2016年04月

  

帝京大学 文学部 心理学科 講師

所属学会

2006年

日本社会心理学会

2006年

日本心理学会

2006年

日本人間行動進化学会

専門分野
社会心理学,進化心理学,行動経済学,文化心理学
所属キャンパス
八王子キャンパス

教育方法・職務上の実績

著書・論文

区分 発行年月、著書・論文名、発行元
学術論文 共著

Horita, Y. & Takezawa, M.

Cultural differences in strength of conformity explained through pathogen stress: A statistical test using hierarchical Bayesian estimation.

2018年 | Frontiers in Psychology, 9, 1921. 

学術論文 共著

Horita, Y., Takezawa, M., Inukai, K., Kita, T., & Masuda, N.

Reinforcement learning accounts for moody conditional cooperation behavior: experimental results.

2017年 | Scientific Reports, 7, 39275. 

学術論文 共著

Horta, Y., Takezawa, M., Kinjo, T., Nakawake, Y., & Masuda, N.

Transient nature of cooperation by pay-it-forward reciprocity.

2016年 | Scientific Reports, 6, 19471. 

学術論文 共著

Horita, Y., & Takezawa, M.

Observation enhances third-party punishment only among people who were not hot-tempered.

2014年 | Letters on Evolutionary Behavioral Science, 5, 5-8. 

学術論文 共著

波多野礼佳・堀田結孝・山岸俊男

他者意見が罰行動に与える影響

2013年 | 心理学研究,83, 582-588. 

学術論文 単著

Horita, Y.

Punishers may be chosen as providers but not as recipients.

2010年 | Letters on Evolutionary Behavioral Science, 1, 6-9. 

学術論文 共著

堀田結孝・山岸俊男

集団内における互恵性の適応基盤

2010年 | 心理学研究, 81, 114-122. 

学術論文 共著

Schug, J., Matsumoto, D., Horita, Y., Yamagishi, T., & Bonnet, K.

Emotional Expressivity as a signal of cooperation.

2010年 | Evolution and Human Behavior, 31, 87-94. 

学術論文 共著

Yamagishi, T., Horita, Y., Takagishi, H., Shinada, M., Tanida, S., & Cook, K. S.

The private rejection of unfair offers and emotional commitment.

2009年 | Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 106, 11520-11523. 

学術論文 共著

堀田結孝・山岸俊男

最後通告ゲームでの意図のない不公正分配の拒否

2008年 | 実験社会心理学研究, 47, 169-177. 

学術論文 共著

堀田結孝・山岸俊男

互酬性と同一性保護――最後通告ゲームにおける拒否の理由――

2007年 | 心理学研究, 78, 446-451. 



ご利用にあたって
プライバシーポリシー
教職員専用
Copyright(C) 2006 Teikyo University. All Rights Reserved