帝京大学
川杉 和夫

川杉 和夫 教授

Kawasugi Kazuo

所属キャンパス板橋キャンパス

帝京大学 医療技術学部 臨床検査学科

 

連絡先

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

【経歴】──────────────────────────────

1991年

帝京大学医学部・第一内科助手 〜1992年

専門分野

境界医学 病態検査学

研究テーマ

β_2ーmicroglobulin、adenosine deaminase、好中球機能、抗カルジオリピン抗体、ネオプテリン、AIDS予知マ-カ-、アデノシンデアミナーゼ、neopterin、AIDS発症予知マーカー

教育方法・職務上の実績

情報がありません

著書・論文

学術論文

Tashiro H, Shirasaki R, Watanabe M, Kawasugi K, Takahashi Y, Shirafuji N

Direct Factor X sequestration by systemic amyloid light-chain amyloidosis.

2018年03月 | Clinical case reports 6 3 513-515 

学術論文

Wada H, Takahashi H, Uchiyama T, Eguchi Y, Okamoto K, Kawasugi K, Madoiwa S, Asakura H, DIC subcommittee of the Japanese Society on Thrombosis and Hemostasis.

The approval of revised diagnostic criteria for DIC from the Japanese Society on Thrombosis and Hemostasis.

2017年 | Thrombosis journal 15 17 

学術論文

Aota T, Wada H, Fujimoto N, Sugimoto K, Yamashita Y, Matsumoto T, Ohishi K, Suzuki K, Imai H, Kawasugi K, Madoiwa S, Asakura H, Katayama N

The valuable diagnosis of DIC and pre-DIC and prediction of a poor outcome by the evaluation of diagnostic criteria for DIC in patients with hematopoietic injury established by the Japanese Society of Thrombosis and Hemostasis.

2016年11月 | Thrombosis research 147 80-84 

学術論文

Shirai T, Yamamoto T, Kawasugi K, Kuyama Y, Kita H

Gastrointestinal bleeding risk of non-vitamin K oral anticoagulants is similar to warfarin - a Japanese retrospective cohort study
.

2016年11月 | International journal of clinical pharmacology and therapeutics 54 11 841-846 

学術論文

Asakura H, Takahashi H, Uchiyama T, Eguchi Y, Okamoto K, Kawasugi K, Madoiwa S, Wada H, DIC subcommittee of the Japanese Society on Thrombosis and Hemostasis.

Proposal for new diagnostic criteria for DIC from the Japanese Society on Thrombosis and Hemostasis.

2016年 | Thrombosis journal 14 42 

学術論文

Nogi K, Kawasugi K, Matsuzawa M, Okufuji Y, Shimadu C, Miyazawa Y, Furukawa T

[Changes in PT and APTT When Administrating Rivaroxaban, a Direct Inhibitor of Activated Factor X].

2015年02月 | Rinsho byori. The Japanese journal of clinical pathology 63 2 194-200 

学術論文

Kawasugi K

[Influence of NOACs on Thrombin Generation Assay].

2014年10月 | Rinsho byori. The Japanese journal of clinical pathology 62 10 965-969 

学術論文

Oka Y, Tashiro H, Sirasaki R, Yamamoto T, Akiyama N, Kawasugi K, Shirafuji N, Fujimori S

Hyperuricemia in hematologic malignancies is caused by an insufficient urinary excretion.

2014年 | Nucleosides, nucleotides & nucleic acids 33 4-6 434-438 

学術論文

Seki Y, Wada H, Kawasugi K, Okamoto K, Uchiyama T, Kushimoto S, Hatada T, Matsumoto T, Imai H, Japanese Society of Thrombosis Hemostasis/DIC Subcommittee.

A prospective analysis of disseminated intravascular coagulation in patients with infections.

2013年 | Internal medicine (Tokyo, Japan) 52 17 1893-1898 

学術論文

Kushimoto S, Wada H, Kawasugi K, Okamoto K, Uchiyama T, Seki Y, Hatada T, Imai H, Nobori T, Japanese Society of Thrombosis Hemostasis/DIC subcommittee.

Increased ratio of soluble fibrin formation/thrombin generation in patients with DIC.

2012年11月 | Clinical and applied thrombosis/hemostasis : official journal of the International Academy of Clinical and Applied Thrombosis/Hemostasis 18 6 628-632 

学術論文

Hatada T, Wada H, Kawasugi K, Okamoto K, Uchiyama T, Kushimoto S, Seki Y, Okamura T, Imai H, Kaneko T, Nobori T, Japanese Society of Thrombosis Hemostasis/DIC subcommittee.

Analysis of the cutoff values in fibrin-related markers for the diagnosis of overt DIC.

2012年09月 | Clinical and applied thrombosis/hemostasis : official journal of the International Academy of Clinical and Applied Thrombosis/Hemostasis 18 5 495-500 

学術論文

Shirasaki R, Tashiro H, Oka Y, Matsuo T, Yamamoto T, Sugao T, Akiyama N, Kawasugi K, Shirafuji N

Chronic Myelogenous Leukemia Cells Contribute to the Stromal Myofibroblasts in Leukemic NOD/SCID Mouse In Vivo.

2012年 | Journal of oncology 2012 901783 

学術論文

Sugimoto-Sekiguchi H, Tashiro H, Shirasaki R, Arai T, Yamamoto T, Oka Y, Akiyama N, Kawasugi K, Shirafuji N

Colonic EBV-Associated Lymphoproliferative Disorder in a Patient Treated with Rabbit Antithymocyte Globulin for Aplastic Anemia.

2012年 | Case reports in gastrointestinal medicine 2012 395801 

学術論文

Kawasugi K, Wada H, Hatada T, Okamoto K, Uchiyama T, Kushimoto S, Seki Y, Okamura T, Nobori T, Japanese Society of Thrombosis Hemostasis/DIC Subcommittee.

Prospective evaluation of hemostatic abnormalities in overt DIC due to various underlying diseases.

2011年08月 | Thrombosis research 128 2 186-190 

学術論文

Shirasaki R, Tashiro H, Oka Y, Sugao T, Yamamoto T, Yoshimi M, Akiyama N, Kawasugi K, Shirafuji N

Vascular endothelial growth factor-C and its receptor type-3 expressed in acute lymphocytic leukemia cases with t(1;19).

2011年08月 | International journal of hematology 94 2 203-208 

学術論文

Shirasaki R, Tashiro H, Mizutani-Noguchi M, Kawasugi K, Shirafuji N

Chronic myelogenous leukemia cells convert to myofibroblasts in vitro: effect of vascular endothelial growth factor on development of the microenvironment.

2011年05月 | Leukemia research 35 5 663-669 

学術論文

Tashiro H, Shirasaki R, Oka Y, Sugao T, Mizutani-Noguchi M, Yamamoto T, Akiyama N, Kawasugi K, Shirafuji N

FLT3 internal tandem duplication is associated with a high relapse rate and central nervous system involvement in acute promyelocytic leukemia cases: single institutional analysis.

2011年03月 | European journal of haematology 86 3 272-273 

学術論文

Kawasugi K, Wada H

[Diagnosis of DIC in each underlying disease].

2011年02月 | Rinsho byori. The Japanese journal of clinical pathology Suppl 147 123-129 

学術論文

Kawasugi K

[Thrombin generation test in patients with DIC].

2011年02月 | Rinsho byori. The Japanese journal of clinical pathology Suppl 147 62-64 

学術論文

Kawasugi K

[The effect of the recombinant thrombomodulin which merged to hematological malignancy].

2011年02月 | Rinsho byori. The Japanese journal of clinical pathology Suppl 147 181-187 

学術論文

Wada H, Hatada T, Okamoto K, Uchiyama T, Kawasugi K, Mayumi T, Gando S, Kushimoto S, Seki Y, Madoiwa S, Okamura T, Toh CH, Japanese Society of Thrombosis Hemostasis/DIC subcommittee.

Modified non-overt DIC diagnostic criteria predict the early phase of overt-DIC.

2010年09月 | American journal of hematology 85 9 691-694 

学術論文

Okamoto K, Wada H, Hatada T, Uchiyama T, Kawasugi K, Mayumi T, Gando S, Kushimoto S, Seki Y, Madoiwa S, Asakura H, Koga S, Iba T, Maruyama I, Japanese Society of Thrombosis Hemostasis/DIC subcommittee.

Frequency and hemostatic abnormalities in pre-DIC patients.

2010年07月 | Thrombosis research 126 1 74-78 

学術論文

Oka Y, Tashiro H, Shirasaki R, Sugao T, Nishi R, Akiyama N, Kawasugi K, Fujimori S, Shirafuji N

Vascular endothelial growth factor acted as autocrine growth factor in an acute promyelocytic leukemia case.

2010年04月 | Leukemia & lymphoma 51 4 717-719 

学術論文

Yamamoto T, Tashiro H, Sugao T, Oka Y, Shirasaki R, Kojima K, Akiyama N, Kawasugi K, Shirafuji N, Teramoto T

[Hypercalcemia due to the administration of all-trans retinoic acid for acute promyelocytic leukemia: report of two cases].

2010年04月 | Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine 99 4 828-830 

学術論文

Oka Y, Tashiro H, Mizutani-Noguchi M, Koga I, Sugao T, Shirasaki R, Miura T, Akiyama N, Kawasugi K, Fujimori S, Shirafuji N

Successful unrelated bone marrow transplantation for a human immunodeficiency virus type-1-seropositive acute myelogenous leukemia patient following HAART.

2010年01月 | International journal of hematology 91 1 140-145 

学術論文

Wada H, Asakura H, Okamoto K, Iba T, Uchiyama T, Kawasugi K, Koga S, Mayumi T, Koike K, Gando S, Kushimoto S, Seki Y, Madoiwa S, Maruyama I, Yoshioka A, Japanese Society of Thrombosis Hemostasis/DIC subcommittee.

Expert consensus for the treatment of disseminated intravascular coagulation in Japan.

2010年01月 | Thrombosis research 125 1 6-11 

学術論文

Noguchi M, Tashiro H, Shirasaki R, Gotoh M, Kawasugi K, Shirafuji N

Dual-specificity phosphatase 10 is fused to MDS1/EVI1-like gene 1 in a case of acute myelogenous leukemia with der1t1;1(p36.3;q21).

2007年02月 | International journal of hematology 85 2 175-176 

学術論文

Fukuda T, Kasai H, Kusano T, Shimazu C, Kawasugi K, Miyazawa Y

A rapid and quantitative D-Dimer assay in whole blood and plasma on the point-of-care PATHFAST analyzer.

2007年 | Thrombosis research 120 5 695-701 

学術論文

Tashiro H, Shirasaki R, Noguchi M, Gotoh M, Kawasugi K, Shirafuji N

Molecular analysis of chronic eosinophilic leukemia with t(4;10) showing good response to imatinib mesylate.

2006年06月 | International journal of hematology 83 5 433-438 

学術論文

Asakura H, Wada H, Okamoto K, Iba T, Uchiyama T, Eguchi Y, Kawasugi K, Koga S, Mayumi T, Koike K, Gando S

Evaluation of haemostatic molecular markers for diagnosis of disseminated intravascular coagulation in patients with infections.

2006年02月 | Thrombosis and haemostasis 95 2 282-287 

学術論文

Mizuguchi K, Kawasugi K, Asano H, Kimura S

[Reversed CPC: forty years old male with leg phlegmon].

2006年02月 | Rinsho byori. The Japanese journal of clinical pathology 54 2 184-187 

学術論文

Gando S, Wada H, Asakura H, Iba T, Eguchi Y, Okamoto K, Ohtomo Y, Kawasugi K, Koga S, Koseki K, Tsuji H, Mayumi T, Murata A, Nakagawa M, Endo S

Evaluation of new Japanese diagnostic criteria for disseminated intravascular coagulation in critically ill patients.

2005年01月 | Clinical and applied thrombosis/hemostasis : official journal of the International Academy of Clinical and Applied Thrombosis/Hemostasis 11 1 71-76 

学術論文

Kawasugi K

[Relationship between hematological disorder and laboratory medicine].

2003年10月 | Rinsho byori. The Japanese journal of clinical pathology Suppl 127 99-104 

学術論文

Kawasugi K

[Present status of high-dose intravenous immunoglobulin therapy and the future prospects ].

2003年06月 | Nihon Rinsho Men'eki Gakkai kaishi = Japanese journal of clinical immunology 26 3 87-95 

その他

川杉 和夫

【DIC診断基準】 DIC診断基準における各分子マーカーの感度・特異度

2018年09月 | (株)医学書院 臨床検査 62 9 1011-1016 

その他

和田 英夫, 川杉 和夫, 金子 誠, 松野 一彦, 矢富 裕, 村田 満

抗Xa活性のモニターとその標準化

2018年07月 | (一社)日本臨床化学会 臨床化学 47 Suppl.1 154-154 

その他

川杉 和夫

【最新版 臨床栄養に検査をどう生かすか】 血液疾患と栄養検査

2018年06月 | 臨床病理刊行会 臨床病理レビュー 159 126-131 

その他

片山 大河, 高橋 亜妃, 横山 直之, 中谷 浩章, 細越 巨禎, 渡邊 雄介, 川杉 和夫, 上妻 謙

経カテーテル大動脈弁置換術における血小板数および凝固マーカーの経時的動向と術中出血の影響

2018年05月 | (一社)日本血栓止血学会 日本血栓止血学会誌 29 2 162-162 

その他

和田 英夫, 内山 俊正, 川杉 和夫, 窓岩 清治, 竹迫 直樹, 鈴木 圭, 河野 徳明, 関 義信, 池添 隆之, 本田 剛一, 岡本 好司

DICならびにDIC疑い症例の病態解析

2018年05月 | (一社)日本血栓止血学会 日本血栓止血学会誌 29 2 189-189 

その他

関 義信, 川杉 和夫

APLとそれ以外のAMLによるDICの出血リスク評価 今後の診断基準のあり方も含めて

2018年05月 | (一社)日本血栓止血学会 日本血栓止血学会誌 29 2 190-190 

その他

川杉 和夫, 山本 義

高齢者になるにつれてDダイマー値は上昇する

2018年05月 | (一社)日本血栓止血学会 日本血栓止血学会誌 29 2 199-199 

その他

小川 真澄, 松尾 啄二, 菊池 昂太, 小山 英利奈, 高橋 諭, 山本 義, 真下 大和, 北國 圭一, 盛田 幸司, 園生 雅弘, 川杉 和夫, 塚本 和久, 石川 敏夫

可逆性脳血管攣縮症候群(RCVS)を合併し、併存する特発性血小板減少性紫斑病(ITP)で治療に苦慮した褐色細胞腫の1例

2018年04月 | (一社)日本内分泌学会 日本内分泌学会雑誌 94 1 399-399 

その他

川杉 和夫, 山本 義, 白藤 尚毅

私のこの一枚 急性前骨髄球性白血病に合併した出血傾向の著明なDIC患者に対するrTM製剤の投与経験

2018年03月 | (株)医薬ジャーナル社 血液フロンティア 28 4 473-477 

その他

平山 篤志, 福田 幾夫, 川杉 和夫, 小林 隆夫, 中西 宣文, 中村 真潮, 前田 英明, 山田 典一, 武市 真希子, 岡山 豊, 砂谷 敏行, 大橋 陽平, 坂口 敏晃, 山本 倫行, 山中 聡

静脈血栓塞栓症を有する日本人患者におけるxareltoの市販後調査の中間解析(The Interim Analysis of the Xarelto Post-marketing Surveillance in Japanese Patients with Venous Thromboembolism)

2018年03月 | (一社)日本循環器学会 日本循環器学会学術集会抄録集 82回 LBCS1-5 

その他

福田 幾夫, 平山 篤志, 小林 隆夫, 中西 宣文, 川杉 和夫, 前田 英明, 中村 真潮, 山田 典一, 武市 真希子, 岡山 豊, 砂谷 敏行, 大橋 陽平, 坂口 敏晃, 山本 倫行, 山中 聡, リバーロキサバンPE/DVT適正使用委員会

選択的直接作用型第Xa因子阻害薬リバーロキサバンの深部静脈血栓症及び肺血栓塞栓症に対する特定使用成績調査 中間報告第一報

2017年10月 | (一社)日本脈管学会 脈管学 57 Suppl. S192-S193 

その他

白杉 望, 堀口 定昭, 田中 隆光, 白土 裕之, 小野 寿子, 川杉 和夫

凝固第XII因子欠乏症患者に対する下肢静脈瘤血管内焼灼術の1例

2017年10月 | (一社)日本脈管学会 脈管学 57 Suppl. S268-S268 

その他

野木 岐実子, 川杉 和夫, 松澤 真由美, 大澤 健, 古川 泰司

直接型トロンビン阻害薬ダビガトラン投与時におけるプロトロンビン時間、活性化部分トロンボプラスチン時間の変動

2017年09月 | (一社)日本臨床衛生検査技師会 医学検査 66 5 478-485 

その他

川杉 和夫

【日本血栓止血学会DIC診断基準2017年版】 DICの基礎疾患・病態別の症状・臨床所見

2017年08月 | ラボ・サービス 医療と検査機器・試薬 40 4 330-334 

その他

野木 岐実子, 川杉 和夫, 松澤 真由美, 山本 義, 豊岡 亮平, 大澤 健, 奥藤 由紀子, 島津 千里, 宮澤 幸久, 古川 泰司

直接型トロンビン阻害薬ダビガトラン投与時におけるAPTTへの影響 血液型の違いによる比較も含めて

2017年07月 | (一社)日本検査血液学会 日本検査血液学会雑誌 18 2 223-232 

その他

川杉 和夫

NOAC使用時の凝固線溶系マーカーの変化

2017年07月 | (公財)日本心臓財団 心臓 49 7 734-739 

その他

朝倉 英策, 高橋 芳右, 内山 俊正, 江口 豊, 岡本 好司, 川杉 和夫, 小林 隆夫, 瀧 正志, 辻仲 利政, 松下 正, 松野 一彦, 窓岩 清治, 矢冨 裕, 和田 英夫, DIC診断基準作成委員会,日本血栓止血学会学術標準化委員会DIC部会

日本血栓止血学会 DIC診断基準 2017年版

2017年06月 | (一社)日本血栓止血学会 日本血栓止血学会誌 28 3 369-391 

その他

野木 岐実子, 川杉 和夫, 松澤 真由美, 山本 義, 豊岡 亮平, 大澤 健, 奥藤 由紀子, 島津 千里, 古川 泰司

血液型の違いによるダビガトラン投与後のvon Willebrand因子活性、第VIII因子活性、APTT測定値の検討

2017年06月 | (一社)日本検査血液学会 日本検査血液学会雑誌 18 学術集会 S197-S197 

その他

川杉 和夫

血栓症におけるDダイマー測定の有用性

2017年06月 | (一社)日本検査血液学会 日本検査血液学会雑誌 18 学術集会 S252-S252 

その他

川杉 和夫, 山本 義

トロンビン生成測定試験(TGA)によるDOACの抗凝固能を評価 Xa阻害薬を中心として

2017年04月 | (一社)日本血栓止血学会 日本血栓止血学会誌 28 2 216-216 

その他

片山 大河, 細越 巨禎, 中谷 浩章, 村木 亜妃, 横山 直之, 川杉 和夫, 上妻 謙

TAVI valveの種類における可溶性フィブリンモノマー複合体の推移についての検討

2017年04月 | (一社)日本血栓止血学会 日本血栓止血学会誌 28 2 244-244 

その他

川杉 和夫

DOACsの最近の進歩

2016年11月 | (一社)日本検査血液学会 日本検査血液学会雑誌 17 3 295-304 

その他

川杉 和夫, 山本 義

静脈血栓塞栓症を発症した出血高リスク患者にリバーロキサバンを投与した経験

2016年09月 | (株)ライフ・サイエンス Progress in Medicine 36 9 1271-1278 

その他

豊岡 亮平, 川杉 和夫, 野木 岐実子, 奥藤 由紀子, 松澤 真由美, 大澤 健, 古川 泰司

ITP治療における幼若血小板比率と幼若血小板実数の比較

2016年09月 | 日本臨床検査医学会 臨床病理 64 補冊 3-49 

その他

野木 岐実子, 川杉 和夫, 山本 義, 豊岡 亮平, 大澤 健, 松澤 真由美, 奥藤 由紀子, 島津 千里, 古川 泰司

直接型トロンビン阻害薬投与時における血液型の違いによる活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT)測定値への影響

2016年07月 | (一社)日本検査血液学会 日本検査血液学会雑誌 17 学術集会 S199-S199 

その他

田村 史織, 山本 義, 川杉 和夫, 住吉 立, 松尾 琢二, 松本 謙介, 大井 淳, 秋山 暢, 白藤 尚毅, 滝川 一

外傷を契機に診断された後天性第5凝固因子欠乏症の1例

2016年06月 | 日本内科学会-関東地方会 日本内科学会関東地方会 624回 20-20 

その他

川杉 和夫, 山本 義

エドキサバンのPT、APTT、TGAに対する影響

2016年05月 | (一社)日本血栓止血学会 日本血栓止血学会誌 27 2 221-221 

その他

川杉 和夫, 山本 義, 齋藤 紀子, 山田 晋吾, 伊藤 隆史, 丸山 征郎

敗血症性DIC患者における血中ヒストンの動態

2016年05月 | (一社)日本血栓止血学会 日本血栓止血学会誌 27 2 250-250 

その他

川杉 和夫

【抗血栓療法-おさえておきたい最新のエッセンス】 抗血栓療法で治す 特殊な病態 播種性血管内凝固症候群(DIC)

2015年12月 | (株)医学書院 Medicina 52 13 2380-2383 

その他

住吉 立, 松本 謙介, 三浦 陽子, 山本 義, 白崎 良輔, 松尾 琢二, 大井 淳, 秋山 暢, 川杉 和夫, 中島 文明, 鎌田 裕美, 藤原 孝記, 白藤 尚毅

抗好中球抗体陽性であった血管免疫芽球性T細胞リンパ腫の1例

2015年11月 | (一社)日本血液学会-東京事務局 臨床血液 56 11 2368-2368 

その他

野木 岐実子, 川杉 和夫, 松澤 真由美, 奥藤 由紀子, 島津 千里, 宮澤 幸久, 古川 泰司

新規経口抗凝固薬エドキサバン投与時におけるPT、APTT測定値の検討

2015年10月 | 日本臨床検査医学会 臨床病理 63 補冊 260-260 

その他

三浦 陽子, 松本 謙介, 白崎 良輔, 山本 義, 松尾 琢二, 大井 淳, 秋山 暢, 川杉 和夫, 白藤 尚毅, 藤森 新

TLS発症予防措置としてFebuxostatは有用である

2015年07月 | (一社)日本痛風・核酸代謝学会 痛風と核酸代謝 39 1 94-94 

その他

奥藤 由紀子, 豊岡 亮平, 野木 岐実子, 島津 千里, 川杉 和夫, 古川 泰司

末梢血に異常細胞を認めなかった急性前骨髄球性白血病における血栓・止血検査の有用性について

2015年06月 | (一社)日本検査血液学会 日本検査血液学会雑誌 16 学術集会 S104-S104 

その他

野木 岐実子, 川杉 和夫, 松澤 真由美, 奥藤 由紀子, 木村 真波, 大澤 健, 遠藤 咲恵, 豊岡 亮平, 島津 千里, 古川 泰司

直接トロンビン阻害薬投与時におけるAPTT秒・APTT延長比・APTT比の各表示法による測定値の比較

2015年06月 | (一社)日本検査血液学会 日本検査血液学会雑誌 16 学術集会 S136-S136 

その他

藤沼 渉, 山本 義, 住吉 立, 松尾 琢二, 三浦 陽子, 白崎 良輔, 松本 謙介, 大井 淳, 秋山 暢, 川杉 和夫, 白藤 尚毅

PSLとCPA併用療法が奏効した後天性血友病Aの1例

2015年05月 | (一社)日本血液学会-東京事務局 臨床血液 56 5 555-555 

その他

川杉 和夫, 山本 義

Thrombin Generation Assay(TGA)はNOACの抗凝固能の評価に有用である

2015年04月 | (一社)日本血栓止血学会 日本血栓止血学会誌 26 2 228-228 

その他

野木 岐実子, 川杉 和夫, 松澤 真由美, 奥藤 由紀子, 島津 千里, 宮澤 幸久, 古川 泰司

直接型活性化第X因子(Xa)阻害薬リバーロキサバン投与時におけるPT、APTTの変動

2015年02月 | 日本臨床検査医学会 臨床病理 63 2 194-200 

その他

川杉 和夫

新たな段階に入った(血栓症に対する)抗凝固薬

2015年01月 | (NPO)日本心臓血管外科学会 日本心臓血管外科学会雑誌 44 Suppl. 225-225 

その他

川杉 和夫

トロンビン生成試験 (Thrombin generation assay) による血液凝固異常症患者の病態解析と治療のモニタリングについて

2011年07月25日 | 臨床病理 59 7  

その他

田代 晴子, 梅沢 幸一, 代田 道彦, 岡 陽子, 白崎 良輔, 西 竜一, 田口 彰典, 秋山 暢, 川杉 和夫, 綾部 琢哉, 白藤 尚毅

妊娠26週で発症した急性骨髄性白血病

2011年01月30日 | 「臨床血液」編集部 臨床血液 52 1 18-22 

その他

山本 義, 田代 晴子, 菅尾 利彦, 岡 陽子, 白崎 良輔, 兒島 憲一郎, 秋山 暢, 川杉 和夫, 白藤 尚毅, 寺本 民生

All-trans retinoic acid により高カルシウム血症を来した急性前骨髄球性白血病の2例

2010年04月10日 | 日本内科学会 日本内科学会雑誌 99 4 828-830 

その他

丸山 征郎, 坂田 洋一, 和田 英夫, 朝倉 英策, 岡嶋 研二, 丸藤 哲, 射場 敏明, 内場 光浩, 内山 俊正, 江口 豊, 岡本 好司, 小倉 真治, 川杉 和夫, 久志本 成樹, 小池 薫, 古賀 震, 関 義信, 窓岩 清治, 真弓 俊彦

科学的根拠に基づいた感染症に伴うDIC治療のエキスパートコンセンサス

2009年02月01日 | 日本血栓止血学会 日本血栓止血学会誌 = The Journal of Japanese Society on Thrombosis and Hemostasis 20 1 77-113 

その他

疋田 敏之, 鈴木 晴郎, 脇田 傑, 北國 圭一, 加賀 文彩, 川杉 和夫, 松尾 武文, 神武 裕, 古井 滋, 柳川 幸重

ヘパリン起因性血小板減少症による下大静脈血栓・肺血栓梗塞症

2008年03月01日 | 日本小児科学会 日本小児科学会雑誌 112 3 499-503 

その他

和田 英夫, 朝倉 英策, 内場 光浩, 射場 敏明, 内山 俊正, 江口 豊滋, 岡村 孝, 岡本 好司, 畑田 剛, 川杉 和夫, 丸藤 哲, 久志本 成樹, 小池 薫, 古賀 震, 関 義信

感染症におけるDIC診断のためのフィブリン分解産物の標準化

2007年06月10日 | 臨床化学 36  

その他

川杉 和夫

プロスペクティブスタディの途中経過

2006年07月14日 | 臨床化学 35  

その他

川杉 和夫

ヘパリン類 : B. 低分子ヘパリン, ヘパラン硫酸

2006年06月01日 | 日本血栓止血学会 日本血栓止血学会誌 = The Journal of Japanese Society on Thrombosis and Hemostasis 17 3 301-303 

その他

水口 國雄, 川杉 和夫, 浅野 博, 木村 聡

左下腿の蜂窩織炎で来院した40歳男性

2006年02月25日 | 日本臨床検査医学会事務所 臨床病理 = THE OFFICIAL JOURNAL OF JAPANESE SOCIETY OF LABORATORY MEDICINE 54 2 184-187 

その他

丸茂 達之, 笹本 貴広, 永山 亮造, 川杉 和夫, 星野 惠津夫, 滝川 一, 三宅 和彦, 長島 郁雄, 入江 宏

肝切除術後もDICが遷延し死亡した巨大肝血管腫による Kasabach-Merritt 症候群の1例

2004年01月25日 | 社団法人 日本肝臓学会 肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA 45 1 39-45 

その他

川杉 和夫

免疫グロブリン大量療法の現状と今後

2003年06月30日 | 日本臨床免疫学会 日本臨床免疫学会会誌 = Japanese journal of clinical immunology 26 3 87-95 

その他

和田 英夫, 岡嶋 研二, 朝倉 英策, 射場 敏明, 川杉 和夫, 中川 克, 岡本 好司, 内山 俊正

DIC検討部会の平成14年度活動状況報告と今後の活動予定

2003年 | 日本血栓止血学会 日本血栓止血学会誌 14 6 536-545 

その他

和田 英夫, 登 勉, 森 美貴, 兼児 敏浩, 珠玖 洋, GABAZZA Esteban C, 丸藤 哲, 射場 敏明, 朝倉 英策, 内山 俊正, 川杉 和夫, 小池 薫, 岡本 好司, 林 朋博, 丸山 征郎

厚生省 DIC 診断基準を用いた DIC 診断における Global Test の評価

2001年06月01日 | 日本血栓止血学会 日本血栓止血学会誌 = The Journal of Japanese Society on Thrombosis and Hemostasis 12 3 197-205 

その他

合地 研吾, 後藤 守孝, 川杉 和夫, 松田 重三

P-54 柴胡桂枝湯と加味逍遥散の併用療法が奏功した慢性疲労症候群の 3 例

1998年08月12日 | 和漢医薬学会 和漢医薬学会大会要旨集 15  

その他

秋元 寛正, 白井 三紀子, 臼谷 佐和子, 政岡 裕之, 日高 寿美, 角田 祥子, 川杉 和夫, 長瀬 光昌

細線維沈着を伴い膜性増殖性糸球体腎炎様病変を呈したmulticentric Castleman's diseaseの1例

1998年05月25日 | The Japanese journal of nephrology = / 日本腎臓学会 [編集] 40 4 301-308 

その他

合地 研吾, 後藤 守孝, 川杉 和夫, 松田 重三

252 HIV/HCV陽性血友病患者にindinavirを投与中、トランスアミナーゼの著明な上昇をきたした一例

1998年03月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 47 2  

その他

合地 研吾, 後藤 守孝, 川杉 和夫, 松田 重三

31C-10 慢性疲労症候群に対する補中益気湯と加味逍遥散の併用療法に関する検討

1997年08月14日 | 和漢医薬学会 和漢医薬学会大会要旨集 14  

その他

川杉 和夫, 塚本 美代, 齋藤 紀子, 後藤 守孝, 合地 研吾, 松田 重三

67 ラット好塩基球白血病 (RBL-2H3) 細胞の脱顆粒における細胞骨格の役割

1996年09月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 45 8  

その他

川杉 和夫, 塚本 美代, 斉藤 紀子, 後藤 守孝, 合地 研吾, 松田 重三

4 ヒスタミンの分泌に伴ったfocal adhesionの形成

1995年08月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 44 8  

その他

合地 研吾, 塚本 美代, 後藤 守孝, 斉藤 紀子, 川杉 和夫, 松田 重三

592 HIV-1陽性血友病患者における可溶性ICAM-1測定の意義について

1994年08月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 43 8  

その他

後藤 守孝, 合地 研吾, 川杉 和夫, 松田 重三

257 アデノシンデアミナーゼ(ADA),ネオプテリン(NP)は、HIV-1感染血友病患者の予後マーカーとなるか

1993年09月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 42 9  

その他

合地 研吾, 後藤 守孝, 浜 英永, 川杉 和夫, 松田 重三

124 Lipo PGE_1とberaprost sodiumが効果を奏した結節性動脈周囲炎皮膚型の1例

1993年03月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 42 3  

その他

合地 研吾, 斎藤 紀子, 塚本 美代, 川杉 和夫, 松田 重三

II-A-13 膠原病患者のレイノー症状に対する当帰四逆加呉茱萸生姜湯の効果に関する検討

1992年07月20日 | 和漢医薬学会 和漢医薬学会大会要旨集 9  

その他

齋藤 紀子, 塚本 美代, 中山 衡司, 川杉 和夫, 合地 研吾, 松田 重三

I-B-19 小柴胡湯の血小板 superoxide 産生に及ぼす影響

1991年08月01日 | 和漢医薬学会 和漢医薬学会大会要旨集 8  

その他

松田 重三, 斎藤 紀子, 川杉 和夫, 合地 研吾, 木下 忠俊

A study of response of coagulation and fibrinolysis factors to the venous occlusion test in patients with collagen diseases-differencies between those with or without lupus anticoagulant.

1991年 | 日本臨床免疫学会 日本臨床免疫学会会誌 14 6 583-592 

その他

松田 重三, 塚本 美代, 斎藤 紀子, 川杉 和夫, 合地 研吾, 木下 忠俊, 安部 英

237 リンパ球のループスアンチコアグラントbypass活性について

1990年09月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 39 9  

その他

斎藤 紀子, 塚本 美代, 川杉 和夫, 合地 研吾, 松田 重三, 安部 英

I-C-6 小柴胡湯の好中球活性酸素による内皮障害阻止作用

1990年08月01日 | 和漢医薬学会 和漢医薬学会大会要旨集 7  

その他

松田 重三, 斎藤 紀子, 川杉 和夫, 合地 研吾, 風間 睦美, 木下 忠俊

Influence of whole body exposure to cold on blood coagulation and fibrinolysis factors in the plasma of patients with collagen diseases.

1990年 | 日本臨床免疫学会 日本臨床免疫学会会誌 13 6 586-592 

その他

合地 研吾, 川杉 和夫, 松田 重三, 風間 睦美, 安部 英

443 フローサイトメトリーによる好中球貪食能の測定

1985年08月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 34 8  

その他

川杉 和夫, 森岡 真知子, 東恩 納厚, 中村 一路, 風間 睦美, 木下 忠俊, 安部 英, 岩田 久恵, 三島 陽一, 飯島 真一

Compatibility of cellulose, PMMA and EVAL membranes to hemostatic mechanism of the cases on maintenance hemodialysis.

1985年 | 一般社団法人 日本人工臓器学会 人工臓器 14 1 57-60