帝京大学

新居 富士美 教授

所属キャンパス福岡キャンパス

帝京大学 福岡医療技術学部 看護学科

帝京大学大学院 保健学研究科 看護学専攻

 

連絡先

FAX番号

0944-55-7703

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

熊本大学医療技術短期大学部看護学科 卒業

大分医科大学医学部看護学科 卒業 学士(看護学)

大分医科大学大学院 医学系研究科臨床看護学分野 修士課程 修了 修士(看護学)

青森県立保健大学大学院 健康科学研究科健康科学専攻看護学分野 博士課程修了 博士(健康科学)

所属学会

日本看護科学学会

日本看護研究学会

日本認知症ケア学会

日本ヒューマンケア科学学会

日本医学看護学教育学会

日本消化器内視鏡技師学会

専門分野

臨床看護学分野 高齢者看護学領域

研究テーマ

・在宅認知症高齢者の身体拘束関連および家族介護者の対処行動
・在宅や高齢者ケアの場における携帯型パルスオキシメータを用いたSpHb 測定の場面有用性

教育方法・職務上の実績

職務上の実績

【外部資金の獲得状況】
1.笹川医学医療財団 看護職員等に対する研究助成 
 (代表)「抑制に対する看護職の認識」
2.若手研究(B)
 「在宅看護に従事する看護職の身体拘束(抑制)問題に関する実態調査」
3.太陽生命ひまわり厚生財団
 (代表)「抑制廃止と転倒・転落事故の関連」
4.若手研究(B)
 「身体拘束相談窓口設置後の活動状況と評価に対する行政側と民間側の認識」
5.基盤研究(C)
 (代表)「在宅や施設の高齢者ケアにおける非侵襲的ヘモグロビン濃度測定の臨床有用性」

著書・論文

・乳がん患者に関する1983年から2013年までの国内文献の検討-若年性乳がん患者の看護を中心に- 

| 日本医学看護学教育学会誌.24(1):pp.68-77.2015  

・Study of effective learning method of home nursing image that nursing students have.

| Aino Journal,Vol.13:pp.45-50.2014 

・Nurse's perception of restraint

| Yearbook on Journal of the Japan Society of Nursing Research:pp.39-46.2014 

・若年性乳癌患者の外来化学療法期間におけるSTAS-Jを用いた疼痛の評価-患者の日記と看護記録からみた継続的アセスメントによる疼痛コントロールの実際-

| 日本医学看護学教育学会誌22号:pp.19-25.2013 

・在宅認知症高齢者を介護する家族介護者の生活時間-ある夫婦の事例-

| 日本認知症ケア学会誌10(4):pp.476-483.2012 

・過疎地域で在宅認知症高齢者を介護する家族の対処行動に関する研究

| 日本ヒューマンケア科学会誌2(1):pp.18-30.2009 

・過疎地域における在宅認知症高齢者の身体拘束に関する研究

| 高齢者虐待防止研究4(1):pp.102-115.2008 

・消化管内視鏡検査における専門性として看護師に求められる能力

| 日本看護研究学会誌 29(5):pp.103-108.2006  

・事故報告書からみた身体拘束廃止前後の転倒・転落事故の変化

| 日本看護学会誌15(1):pp.91-101.2005 

・痴呆高齢者の身体拘束に直面した学生に対する教育的かかわり  

| 老人ケア研究No.20:pp.27-32.2004.