帝京大学

吉村 和代 助教

所属キャンパス福岡キャンパス

帝京大学 福岡医療技術学部 理学療法学科

病院や訪問リハビリで理学療法士として働き、この仕事を選んで良かったと思う経験をたくさんいただきました。患者様をはじめ、ご家族や多くの方から理学療法士としての考え方、姿勢、生き方を学ばせていただき、それを伝えていきたいと思います。理学療法士を目指し一緒に勉強していきましょう。帝京大学福岡キャンパスでお待ちしております。

連絡先

電話番号

0944-57-8333

FAX番号

0944-55-7703

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

2006年03月

西日本リハビリテーション学院 卒業

2006年04月

医療法人社団高邦会 高木病院 入職

2010年04月

国際医療福祉大学大学院医療福祉学研究科保健医療学専攻理学療法学分野 修士課程 入学

2012年03月

国際医療福祉大学大学院医療福祉学研究科保健医療学専攻理学療法学分野 修士課程 修了

2016年05月

医療法人社団高邦会 おおかわ訪問看護ステーション

2017年04月

帝京大学福岡医療技術学部理学療法学科 助教

2020年04月

聖隷クリストファー大学大学院リハビリテーション科学研究科 博士後期課程 入学

所属学会

2006年04月

日本理学療法士協会会員

2008年09月

心臓リハビリテーション指導士 取得
(日本心臓リハビリテーション学会会員)

2010年12月

3学会合同呼吸療法認定士 取得

2016年01月

日本循環器病予防学会会員

2016年04月

日本理学療法士協会 認定理学療法士(循環)取得

2017年06月

高血圧・循環器病予防療養指導士 取得

2019年11月08日

サルコペニア・フレイル指導士 取得

専門分野

内部障害系理学療法(循環器)

教育方法・職務上の実績

教育方法

循環器の患者様をはじめ、多くの方々から理学療法士としての考え方や姿勢、そして人間性を教えていただきました。循環器を含め内部疾患を教えるにあたり、図や写真、イラストなどを用いて、臨床でのイメージがわきやすいよう努めていきます。臨床の中で私が経験して学んできたことを、授業の中で伝えていきたいと思います。

職務上の実績

講座
・第4回在宅医療・介護セミナー(高邦会在宅部門主催)2016年7月
・市民公開講座(帝京大学福岡医療技術学部主催)2019年7月
・市民公開講座(公益財団法人生涯学習振興財団主催)2019年7月
 テーマ:知って得する!心臓教室 心臓に優しい運動と生活について
学術論文(共著)
・平田大勝,矢倉千昭,岡真一郎,吉村和代,濱地望,田原弘幸
 デジタル傾斜計を用いた胸椎後弯角の測定
 理学療法学 27(2),115-118,2012
・岡真一郎,矢倉千昭,吉村和代,古賀秀作,高畑哲郎
 上腕二頭筋の段階的な随意収縮に伴う筋電活動および筋硬度の評価
 国際医療福祉大学福岡リハビリテーション学部・福岡看護学部紀要6,
 37-41,2010
・岡崎倫江,那須千鶴,吉村和代,曽田武史,津田拓郎,高畑哲郎,矢倉千昭
 健常若年女性における月経周期中の大腿筋群筋硬度の変動
 理学療法科学23(4),509-513,2008
・森田義満,岡真一郎,平田大勝,吉村和代,森田由佳,光武翼,野田征宏
 炎症性腹部大動脈瘤ステントグラフト内挿術および腎動脈再建術施行例に対す
 る周術期理学療法
 心臓リハビリテーション22(2/3),211-215,2017
・森田義満,金子秀雄,岡真一郎,森田由佳,吉村和代,平田大勝,光武翼,井上健,横田大樹,稲毛 智仁
 入院期の心疾患患者における至適運動負荷量と左室拡張能および足関節上腕血圧比との関連.
 理学療法科学 32(4),577-581,2017
・森田義満、金子秀雄、森田由佳、山口貴司、吉村和代、北島 聡、福島辰朗、冨吉義幸
 維持血液透析患者における至適運動負荷量に関連する評価指標とその推定式.
 理学療法科学 34(6),833-837,2019
学会発表(筆頭演者)
・腰痛部位による腰背部筋群の筋硬度評価
 第43回日本理学療法学術大会(福岡国際会議場、福岡),2008
・下肢筋群に対する筋硬度測定の信頼性
 第30回九州理学療法士・作業療法士合同学会(B-Con Plaza大分),2008
・ 起立傾斜角度による腰部最長筋の筋硬度変化-腰痛の有無による比較-
 第44回日本理学療法学術大会(東京国際フォーラム、東京),2009
・当院における心不全患者に対する心臓リハビリテーションの現状と課題につい
 て.第15回日本心臓リハビリテーション学術大会(東京ファッションタウン
 ビル、東京),2009
・内側広筋の段階的な随意収縮に伴う筋出力と筋電活動および筋硬度の関係
 第45回日本理学療法学術大会(岐阜国際展示場、岐阜),2010
・起立性調節障害様の症状と日常生活状況の関連
 第47回日本理学療法学術大会(神戸ポートピアホテル・神戸国際展示場、兵
 庫),2012
・心肺蘇生法によりflail chestを呈した人工呼吸器管理中の重症急性心筋梗
 塞症例に対する腹部呼吸介助の経験
 第19回日本心臓リハビリテーション学会学術集会(仙台国際センター・東北
 大学百周/記念会館川内萩ホール、仙台),2013
・外来心臓リハビリテーション患者の主観的健康感に関する調査
 第8回九州心臓リハビリテーション研究会(沖縄コンベンションセンター,沖
 縄),2014
・外来心臓リハビリテーション患者の主観的健康感に関連する因子の調査
 第21回日本心臓リハビリテーション学会学術集会(福岡国際会議場、
 福岡),2015

著書・論文

吉村和代、矢倉千昭、上瀧健二、上葉亮太、森﨑麻衣子、福田猛、池田久雄

サルコペニア・フレイル予防運動教室に参加した地域在住高齢者における 参加継続のための方策の検討

2021年03月31日 | 帝京大学福岡医療技術学部紀要 第16号 

吉村和代,津田拓郎,曽田武史,矢倉千昭

腰痛における多裂筋と最長筋の筋硬度

2008年 | 国際医療福祉大学福岡リハビリテーション学部紀要4,47-50