帝京大学

 

柴田 德太郎

帝京大学
経済学部
国際経済学科

柴田 德太郎 教授 しばた とくたろう

Tokutaro Shibata 

大学では多くの人と出会い、コミュニケーション能力を養ってください。

連絡先

メールアドレス
研究室URL http://researchmap.jp/ryogen/

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

1951年06月25日

  

東京都生まれ

1983年03月31日

  

東京大学大学院経済学研究科第2種博士課程単位取得満期退学

1983年04月01日

  

西南学院大学経済学部講師

1985年04月01日

  

西南学院大学経済学部助教授

1987年02月18日

  

東京大学大学院経済学研究科第2種博士課程修了(経済学博士)

1989年04月01日

  

東京大学経済学部助教授

1995年04月01日

  

東京大学経済学部教授

1996年04月01日

  

東京大学大学院経済学研究科教授

2017年04月01日

  

帝京大学経済学部教授(現在に至る)

所属学会

1982年

経済理論学会

1983年

日本金融学会

1996年

進化経済学会

2010年

経済学史学会

専門分野
アメリカ経済論、現代資本主義論、金融制度論、景気循環論、制度の経済学、経済思想
研究テーマ
プラグマティズムと制度経済学、現代の金融危機、計算貨幣論の研究
所属キャンパス
八王子キャンパス

教育方法・職務上の実績

教育方法
①演習ではディベートを実施し、学生の議論する能力を高める試みを行っている。
東京大学-ソウル大学学生ゼミナール共同コンファランス開催(於:ソウル、2006年)
東京大学-慶応大学インターゼミ実施(金子研究会と共催、2005-2016年)
東京大学―高崎経済大学インターゼミ実施(矢野ゼミと共催、2007-2016年)
②テキスト『現代経済学』(岩波書店、2008年)を共同で編集執筆。
③2014年5月31日:東京大学第119回公開講座「人間は進歩しているか?」講師「人間は経済危機を制御できるか?」
2014年12月13日: 東京大学第120回公開講座「恵み」司会
東京大学EMP(エグゼクティブ・マネジメント・プログラム)講師(第11期-第18期、2014年-2017年)
職務上の実績
マサチューセッツ大学経済学科客員研究員(1995年9月-1996年8月)

“The Great Depression and the Modern Capitalism”, Political Economy Workshop, February, 1996, University of Massachusetts at Amherst

“The Great Depression and the Modern Capitalism”, Workshop on Institutional Economics, Michigan State University, March, 1996

共同プロジェクトPacific Rim Conference :Housing Finance Futures: Globalization, Housing and Inequality in Japan, the US and South Korea, University of California, Riverside, 1999, において“The American Great Depression and the Japanese Heisei-era Depression Compared – from an institutional approach”を報告(with Masaru Kaneko)

著書・論文

区分 発行年月、著書・論文名、発行元
その他 単著

柴田德太郎

「プラグマティズムと制度経済学の可能性-現代資本主義分析への適用-」

2017年03月18日 | Discussion Paper CIRJE-J-284, Faculty of Economics, The University of Tokyo 

著書 編著

柴田德太郎

『世界経済危機とその後の世界』

2016年03月25日 | 日本経済評論社 

学術論文 共著

柴田德太郎

「住宅抵当債権の証券化と法の不確実性の問題-J.R.コモンズの視点から-」

2013年10月 | 東京大学『経済学研究』第79巻第3号 

学術論文 単著

柴田德太郎

「『慣習』に依存し,『慣習』を『創発』する人間像-ヒューム・パース・コモンズ・ケインズの慣習論-」

2012年01月 | 東京大学『経済学論集』第77巻第4号 

学術論文 単著

柴田德太郎

「世界金融危機とドル体制の行方」

2011年01月 | 『比較経済研究』第48巻第1号 

学術論文 単著

柴田德太郎

「見えざる手とコンヴェンション-スミスとヒュームの秩序生成論-」

2010年01月 | 東京大学『経済学論集』第75巻第4号 

著書 単著

柴田德太郎

『資本主義の暴走をいかに抑えるか』

2009年04月10日 | ちくま新書 

著書 共編著

柴田德太郎

『現代経済学-市場・制度・組織-』

2008年09月25日 | 岩波書店 

著書 編著

柴田德太郎

『制度と組織-理論・歴史・現状-』

2007年06月25日 | 桜井書店 

学術論文 単著

Tokutaro Shibata

“The American Great Depression and the Japanese Heisei-era Depression Compared – from an institutional approach”

2004年 | Seoul Journal of Economics, Volume 17, Number 2, 

著書 共編著

柴田德太郎

『多元的経済社会の構想』

2001年06月20日 | 日本評論社 

学術論文 単著

Tokutaro Shibata

“An Evolutionary Interpretation of the Japanese Depression in the 1990s”

1998年 | Journal of Economic Issues, XXXII (2) 

著書 単著

柴田德太郎

『大恐慌と現代資本主義』

1996年07月 | 東洋経済新報社 



ご利用にあたって
プライバシーポリシー
教職員専用
Copyright(C) 2006 Teikyo University. All Rights Reserved