帝京大学

 

有本 泰子

帝京大学
理工学部
情報電子工学科

有本 泰子 講師 ありもと よしこ

Yoshiko ARIMOTO

大学で何を学びたいですか?

連絡先

メールアドレス
研究室URL https://sites.google.com/site/arimotoyoshiko/

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

1996年03月

  

青山学院大学文学部英米文学科卒業

2004年03月

  

東京工科大学メディア学部メディア学科卒業

2005年04月

  

東京工科大学片柳研究所メディアテクノロジーセンター リサーチアシスタント(~2010年3月)

2007年03月

  

東京工科大学バイオ・情報メディア研究科メディアサイエンス専攻博士前期課程修了(修士(工学))

2009年05月

  

独立行政法人科学技術振興機構戦略的創造研究推進事業(JST, ERATO)
岡ノ谷情動情報プロジェクト 研究補助員(~2010年3月)

2010年03月

  

東京工科大学バイオ・情報メディア研究科メディアサイエンス専攻博士後期課程単位取得退学

2010年04月

  

独立行政法人科学技術振興機 戦略的創造研究推進事業(JST, ERATO)
岡ノ谷情動情報プロジェクト 研究員 (~2014年3月)

2010年04月

  

独立行政法人理化学研究所脳機能総合研究センター 客員研究員(~2015)

2013年03月

  

東京工科大学バイオ・情報メディア研究科メディアサイエンス専攻 博士(工学)取得

2014年04月

  

東京大学大学院総合文化研究科 特任研究員(~2015年3月)

2015年04月

  

芝浦工業大工学部共通学群情報科目 特任准教授(~2017年3月)

2015年04月

  

国立研究開発法人理化学研究所脳機能総合研究センター 客員研究員(~現在)

2017年04月

  

帝京大学理工学部情報電子工学科 講師(~現在)

所属学会

2005年

日本音響学会会員

2006年

言語処理学会会員(~2015年)

2014年

日本音声学会

2012年04月

電子情報通信学会VNV研究会 若手サポーター(~2016年)

2016年04月

電子情報通信学会VNV研究会 幹事

専門分野
音声言語情報処理,生体情報処理,感情情報処理
研究テーマ
・コミュニケーション場面に利用可能なマルチモーダル情動推定システムの構築
・対話中のマルチモーダルな情動のコミュニケーションについて考える
・情動の視聴覚統合について考える
・オンラインゲーム中のユーザの感情を認識する仕組みについて考える
・音声から怒りを認識する仕組みについて考える
所属キャンパス
宇都宮キャンパス

教育方法・職務上の実績

教育方法
だめもとで、やってみる
職務上の実績
■担当科目
2008年4月 東京工科大学メディア学部「メディア卒業研究I・II(インテリジェントエージェントプロジェクト)」 ティーチングアシスタント(~2009年1月)
2008年4月 東京工科大学メディア学部「メディアコア演習I・II(音信号操作)」 ティーチングアシスタント(~2010年1月)
2008年9月 東京工科大学メディア学部「感性情報論」 ティーチングアシスタント(~2009年1月)
2008年4月 東京工科大学メディア学部「メディア卒業研究I・II(「使える」「伝わる」プロジェクト)」 ティーチングアシスタント(~2010年1月)
2008年4月 東京工科大学メディア学部 「オブジェクト指向プログラミング」 演習講師(~2008年8月)
2014年4月 東京工科大学コンピュータサイエンス学部「プログラミング基礎I」 演習講師(~同年8月)
2014年9月 東京工科大学コンピュータサイエンス学部「プログラミング基礎II」 演習講師(~同年3月)
2014年4月 東京工科大学コンピュータサイエンス学部「対話システム」非常勤講師(~2017年3月)
2015年4月 芝浦工業大学工学部「C言語入門」 担当教員(~2017年3月)
2015年4月 芝浦工業大学工学部「Java入門」担当教員(~現在)
2015年4月 芝浦工業大学工学部「情報処理概論」 担当教員(~現在)
2017年4月 帝京大学理工学部「情報基礎1」 担当教員(~現在)
2017年4月 帝京大学理工学部「情報メディアプログラミング1」 担当教員(~現在)

■研究助成
日本学術振興会 (JSPS) 平成25年度科学研究費補助金, 若手研究(B)
研究課題名:マン―マシン間対話における双方向型マルチモーダル感情コミュニケーションのモデル化
課題番号:25871139
研究代表者:有本泰子(理研)
研究分担者:単独研究として

公益財団法人 立石科学技術振興財団 平成26年度研究助成(A)
研究課題名:言語情報と音響情報の統合的利用による感情音声コーパスの大規模化
研究代表者:有本泰子(理研)
共同研究者:森大毅(宇都宮大学)

日本学術振興会 (JSPS) 平成26年度科学研究費補助金, 基盤研究(B)
研究課題名:Affect burst―音声対話における無意識な感情表出の分析および合成
課題番号:26280100
研究代表者:森大毅(宇都宮大学)
研究分担者:能勢隆(東北大学),有本泰子(理研)

日本学術振興会 (JSPS) 平成29年度科学研究費補助金, 基盤研究(C)
研究課題名:感情の連続的な変化を推定するリアルタイムマルチモーダル感情認識システムの構築
課題番号:17K00160
研究代表者:有本泰子(帝京大学)
研究分担者:単独研究として

■表彰など
2016年(平成28年)12月 IEICE HCGシンポジウム2016 優秀インタラクティブ発表賞
2010年(平成22年) 3月 日本学生支援機構特に優れた業績による奨学金返還免除(全額免除)
2007年(平成19年) 3月 日本学生支援機構特に優れた業績による奨学金返還免除(全額免除)
1999年(平成11年) 4月 東京工科大学スカラシップ制度獲得(平成12~15年度受給)

著書・論文

区分 発行年月、著書・論文名、発行元
国際会議

Y. Arimoto and H. Mori

Emotion category mapping to emotional space by cross-corpus emotion labeling

2017年 | Proceedings of Interspeech 2017 (in printing) 

論文

永岡篤, 森大毅, 有本泰子

感情音声コーパス共通化のための新たな感情ラベル推定における既存感情ラベル併用の効果

2017年 | 日本音響学会誌(in printing) 

国際会議

Y. Arimoto and K. Okanoya

Comparison of Emotional Understanding in Modality-controlled Environments using Multimodal Online Emotional Communication Corpus

2016年 | Proceedings of The International Conference on Language Resources and Evaluation (LREC2016), pp. 2162-2167 

国際会議

H. Mori and Y. Arimoto

Accuracy of Automatic Cross-Corpus Emotion Labeling for Conversational Speech Corpus Commonization

2016年 | Proceedings of The International Conference on Language Resources and Evaluation (LREC2016), pp. 4019-4023 

書籍

有本泰子

感情音声の分析

2016年 | 音響キーワードブック, 日本音響学会 編, 株式会社コロナ社, 東京, pp. 158-159 

招待講演

有本泰子

コミュニケーション場面におけるリアルな感情表出の分析

2015年 | 日本音響学会2015年秋季研究発表会講演論文集, pp. 1317-1320 

論文

Y. Arimoto and K. Okanoya

Multimodal features for automatic emotion estimation during face-to-face conversation

2015年 | Journal of Phonetic Society of Japan, vol. 19, no. 1, pp. 53-67 

論文

Y. Arimoto and K. Okanoya

Mutual emotional understanding in a face-to-face communication environment: How speakers understand and react to listeners' emotion in a game task dialog

2015年 | Acoustical Science and Technology, vol. 36, no. 4, pp. 370-373 

国際会議

Y. Arimoto and K. Okanoya

Emotional synchrony and covariation of behavioral/physiological reactions between interlocutors

2014年 | Proceedings of the 17th Oriental COCOSDA (International Committee for the Co-ordination and Standardization of Speech Databases and Assessment Techniques) Conference 2014, pp. 100-105 

招待講演

有本泰子

対話場面におけるマルチモーダル感情コミュニケーション

2014年 | ヒューマンストレス産業技術研究会第27回講演会 

国際会議

Y. Arimoto and K. Okanoya

Individual differences of emotional expression in speaker's behavioral and autonomic responses

2013年 | Proceedings of Interspeech 2013, pp. 1011-1015 

解説

有本泰子

コミュニケーション場面における感情表出

2013年 | 生物の科学 遺伝, no. 6, 株式会社エヌ・ティー・エス, 東京, pp. 674-678 

国際会議

Y. Arimoto and K. Okanoya

Dimensional Modeling of Perceptual Difference of Multimodal Emotion Perception

2012年 | Proceedings of the Workshops of the 9th international conference on the Evolution of Language, pp. 45-4 

論文

Y. Arimoto, H. Kawatsu, S. Ohno, and H. Iida

Naturalistic emotional speech collection paradigm with online game and its psychological and acoustical assessment

2012年 | Acoustical Science and Technology, vol. 33, no. 6, pp. 359-369 

論文

Y. Arimoto, S. Ohno, and H. Iida

Assessment of spontaneous emotional speech database toward emotion recognition: Intensity and similarity of perceived emotion from spontaneously expressed emotional speech

2011年 | Acoustical Science and Technology, vol. 32, no. 1, pp. 26-29 

国際会議

Y. Arimoto and K. Okanoya

Dimensional Mapping of Multimodal Integration on Audiovisual Emotion Perception

2011年 | Proceedings of the international conference on Audio-Visual Speech Processing 2011, pp. 89-94 

書籍

Y. Arimoto, S. Ohno, and H. Iida

Emotion labeling for automatic estimation of the speakers' angry intensity

2010年 | in Computer Processing of Asian Spoken Languages, S. Itahashi and C. Tseng, Eds. Los Angeles: Americas Group Publications, Chapter 6, Section 2, Part 4, pp. 292–295. (ISBN 978-0-935047-72-1) 

国際会議

Y. Arimoto, H. Kawatsu, S. Ohno, and H. Iida

Emotion recognition in spontaneous emotional speech for anonymity-protected voice chat systems

2008年 | Proceedings of Interspeech 2008, pp. 322-325 

国際会議

Y. Arimoto, S. Ohno, and H. Iida

Automatic Emotional Degree Labeling for Speakers' Anger Utterance during Natural Japanese Dialog

2008年 | Proceedings of The International Conference on Language Resources and Evaluation (LREC2008), pp. 2279–2284 

論文

有本泰子, 大野澄雄, 飯田仁

「怒り」の発話を対象とした話者の感情の程度推定法

2007年 | 自然言語処理, vol. 14, no. 3, pp. 147-163 

国際会議

K. Murata, M. Enomoto, Y. Arimoto, and Y. Nakano

When Should Animated Agents Give Additional Instructions to Users? - Monitoring user's understanding in multimodal dialogues -

2007年 | Proceedings of International Conference on Control, Automation and Systems (ICCAS 2007), pp. 733-736 

国際会議

Y. I. Nakano, K. Murata, M. Enomoto, Y. Arimoto, Y. Asa, and H. Sagawa

Predicting Evidence of Understanding by Monitoring User's Task Manipulation in Multimodal Conversations

2007年 | Proceedings of the 45th Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics (ACL2007) Demo and Poster Sessions, pp 121-124 

国際会議

Y. Arimoto, S. Ohno, and H. Iida

Acoustic Features of Anger Utterances during Natural Dialog

2007年 | Proceedings of Interspeech2007, pp.2217-2220 

論文

飯田仁, 有本泰子

音響的特徴と言語的特徴をパラメータ化して統合的に扱う感情表現の程度推定手法

2006年 | 語用論研究, no. 8, pp. 33-46 

国際会議

Y. Arimoto, S. Ohno, and H. Iida

Emotion Labeling for Automatic Estimation of Speakers' Anger Emotion Degree

2006年 | Proceedings of Oriental COCOSDA (The International Committee for the Co-ordination and Standardization of Speech Databases and Assessment Techniques) Workshop 2006, 19_jp, pp.48-51 

国際会議

H. Iida, and Y. Arimoto

One-word Utterance Pragmatics and Emotional Speech Intention

2006年 | Proceedings of International Conference on Multidisciplinay Information Sciences and Technologies (InSciT2006), Vol. II, pp.142-146, Merida, Spain 

国際会議

Y. Arimoto, S. Ohno, and H. Iida

A Method for Discriminating Anger Utterances from Other Utterances using Suitable Acoustic Features

2005年 | Proceedings of International Conference on Speech and Computer (SPECOM2005), pp.613-616 

それ以外の論文・発表はこちらへ:

| https://sites.google.com/site/arimotoyoshiko/publication 



ご利用にあたって
プライバシーポリシー
教職員専用
Copyright(C) 2006 Teikyo University. All Rights Reserved